コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

20歳の宮原知子はもうババリアンなのか?

ベテラン宮原知子は老け込むな
ババリアンで逆襲が始まる

ウェブで「宮原知子はババリアン」という情報を見つけました。
何ということでしょう。

確かに2014〜2017年まで全日本選手権の女子シングルで4連覇を成し遂げたベテラン選手ですが、若干20歳です。
実績と自信に裏打ちされ、落ち着き払った演技で風格を漂わせています。
だからといって、宮原知子をババリアンと呼んでは気の毒です。

どういうことだろうと疑問を感じて記事を読むと、ちょっぴり意味が違いました。
ババリアンはB級の国際大会の名称です。

日本スケート連盟が16日、フィギュアスケートの国際大会の派遣選手を発表しました。
宮原知子はババリアンオープンに出場します。
2月5〜10日にドイツ・オーベルストドルフで開催される試合です。
なお、記事によっては「バヴァリアンオープン」と記されています。
これなら私みたいなそそっかしい勘違いがありません。

ちなみに、四大陸選手権2019は全日本選手権4位の三原舞依が出場し、3位の宮原知子は出場しません。
今シーズンに取り組んでいる高難度ジャンプの見直しにいくらか時間を割けます。
回転不足は克服が容易でないようで、いまだに取られることがあります。

◆ババリアンオープン出場選手

◇男子シングル:島田高志郎 木科雄登
◇女子シングル:宮原知子 青木祐奈

宮原知子は全日本選手権のショートプログラム(SP)で1位に立ちながら、フリースケーティング(FS)で得点を伸ばせませんでした。
1985年〜1992年に8連覇した伊藤みどり以来となる5連覇を逃しました。
宮原知子は試合後に「まだ気持ちの整理ができていない」と語っていました。

⇒2018年12月13日「宮原知子、全日本選手権4連覇は勝ちすぎ」はこちら。

長らく背負ってきた「日本女王」の称号が消え、肩の荷が下りたと思います。
一抹のさみしさも感じているはずですが、心身の活性化を図るチャンスです。
本人も「勝ち続けるよりも、自分を見詰め直す機会になる。プラスに考えたい」と前向きのコメントを発しています。
あくまで2022年北京五輪出場を目指していますので・・・。

宮原知子のババリアンオープンへの出場は、世界選手権に向けた実戦と調整の機会になります。
難敵のロシア勢との戦いに勝利を収めることはもちろん、全日本選手権で5連覇を阻まれた1位の坂本花織、濱田美栄コーチ同門の後輩、2位の紀平梨花を上回ると内心で誓っていることでしょう。

ババリアンから宮原知子の逆襲が始まります。

(1月16日執筆)

category:宮原知子ブログはこちら。

◇◆◇

宮原知子に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年12月14日「濱田美栄コーチ、同門対決の心労とプライド」はこちら。

⇒2018年12月13日「宮原知子、全日本選手権4連覇は勝ちすぎ」はこちら。

⇒2018年12月12日「宮原知子から努力を取ったら何も残らない」はこちら。

⇒2018年12月3日「フィギュアGPファイナル2018優勝予想・順位予想」はこちら。

⇒2018年11月11日「宮原知子、濱田美栄コーチ同門の紀平梨花にライバル心」はこちら。

Copyright (c)2019 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

ゴールドもメドベージェワも成長期と減量の困難に沈む

フィギュアスケートの現実は過酷
女子は成長期の壁、減量の苦しみ

優雅な印象と異なり、フィギュアスケートの現実はとても過酷です。
世界のトップクラスで戦う選手はけがや病気が絶えません。
なかでも女子は得点源となる高難度ジャンプを跳ぶために「減量」が必須となります。
「食欲」という自然な欲求に強いブレーキをかけて「摂食障害」に陥り、それが悪化して「うつ病」を発症する選手が出てきます。

実際、十代半ばの選手(日本では中学2年生から高校1年生まで)が高得点を叩き出しやすく、シニアデビュー直後と成長期がおおよそ重なります。
個人差はありますが、女性特有の体形変化と体重増加が起こります。

したがって、オリンピックシーズンにシニア1年目の選手が表彰台(頂点)に立つ可能性があり、その直後から高難度ジャンプを跳べなくなって姿を消すことが珍しくありません。
期待を裏切られるファンもそうですが、一番落ち込むのは当人です。
(私自身はオリンピックの出場資格を1〜2歳遅らせたほうがいいと考えます。)

絶対女王とされたロシアのエフゲニア・メドベージェワはオリンピックシーズンにシニア2年目を迎え、1年目の後輩、アリーナ・ザギトワに2018年平昌五輪の金メダルをさらわれました。
そのアリーナ・ザギトワが2年目を迎え、1年目の紀平梨花に地位を脅かされました。

ロシアの2選手は成長期と減量の困難に直面し、ジャンプが崩壊したのです。
年齢が上がり演技構成点(PCS)が下がることはありませんが、技術要素点(TES)ががた落ちになります。
そして、TESが落ちるとPCSも引きずられて下がるという関係です。
主要大会で勝てるわけがありません。

米国のグレイシー・ゴールドも大きな注目を集めた選手でした。
女優並みの容姿を持っています。
ところが、摂食障害やうつ病などに苦しみ、2018年平昌五輪出場は叶えられませんでした。
昨年11月のグランプリ(GP)シリーズ第5戦「ロシア杯」で復帰しました。
順調な歩みを始めたように見えましたが、2014年、2016年と2度優勝している全米選手権を欠場します。

グレイシー・ゴールドはインスタグラムを更新し、2022年北京五輪出場を目指すと心に決めたことが最良の選択だったと思えるようにしたいと綴っています。

ロシア選手権が行われましたが、世界選手権の代表選手は確定していません。
まもなく開幕する欧州選手権にはアリーナ・ザギトワ、スタニスラワ・コンスタンチノワ、ソフィア・サモドゥロワの3選手が出場します。

補欠1番手、肺炎で欠場したエリザベータ・トゥクタミシェワの出場が濃厚となりました。
さらに、補欠2番手のエフゲニア・メドベージェワの出場の可能性が急浮上しているようです。
欧州選手権での結果次第ですが、世界選手権では2選手が入れ替わるかもしれません。

こうした混乱が生じるのもこの年代の女子選手が不安定だからです。
不確かですが、エフゲニア・メドベージェワは減量に苦しんでいました。
おそらくアリーナ・ザギトワも身長が伸びるとともに体重が増えていました。
ちょっとしたバランスの変化でも高難度ジャンプは跳びにくくなります。

極寒の地で命を守るには脂肪をため込むしかないせいか、ロシア選手はとくに苦しんでいるように思えます。

(1月13日執筆)

category:フィギュアスケートはこちら。

Copyright (c)2019 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

本田真凜、地上波で放送されない屈辱の順位

気分屋で陶酔型からの脱却
自分の「甘さ」を捨てられるか

環境を変えても結果がともなわない

フィギュアスケート女子シングルの本田真凜。
昨年4月から米国へ練習拠点を移し、世界のトップスケーターを育てているラファエル・アルトゥニアンコーチに師事しています。
米国のネイサン・チェンが教わり、かつては浅田真央も教わっています。

本田真凜はジャンプを中心とした見直しに取り組み、スケートの練習に加えてフィジカルの鍛錬に明け暮れています。
両者の比重は半々とか。
筋肉量が増したことでスケートがかみ合わなかったようですが、徐々に感覚が慣れてきました。

思い切って環境を変えたのは北京五輪出場を見据えての決断でした。
しかし、結果がまったくともないません。
GPシリーズは「スケートアメリカ」で8位、「フランス杯」で6位と精彩を欠きました。
救いはスケーティングにいくらかスピードと力強さが増した印象を受けたことくらいです。

リベンジの全日本選手権でミス続出

本田真凜は2016年世界ジュニア選手権で1位になり、2017年世界ジュニア選手権でもロシアのアリーナ・ザギトワに次いで2位になっています。
大舞台で素晴らしい実績を残し、大きな期待を背負ってオリンピックシーズンにシニアデビューを果たしました。
根が「目立ちがり屋」ですのでメディアの注目を浴びることも苦痛を感じなかったはずですし、自分がもっともわくわくしていました。

しかし、五輪代表選考レースの最後尾を走る展開になり、起死回生を目論んだ全日本選手権で7位に終わり、2018年平昌五輪代表切符を逃しました。
本人はオリンピック出場を前提にした発言を繰り返していましたので、落胆はひどかった。

全日本フィギュアスケート選手権2018はそのリベンジの一戦でした。
「家族にも久しぶりに会えた。全日本選手権は一番楽しみでもある。いい感じで調整ができた」と手応えを口にしていました。

ショートプログラム(SP)が行われました。
冒頭のフリップ―トウループのコンビネーションはフリップで尻餅をつきました。
次のダブルアクセルは着氷が乱れました。
最後のジャンプはかろうじてコンビネーションにしました。
本田真凜は 52.75点という信じられない得点で18位と出遅れました。
地上波の放送時間帯(ゴールデンタイム)に滑ることもできない屈辱の順位です。

以前は得意と語っていたフリースケーティング(FS)が行われました。
ジャンプの転倒や回転不足などのミスが続出しました。
本田真凜は111.48点で15位、合計164.23点で15位に沈みました。

本田真凜の2年近い足踏みが不思議

私は記憶があいまいですが、シニアに上がる2年ほど前に本田真凜の演技を見ました。
そのときに「ポスト浅田真央」の本命がついに現れたと感じました。
ルックスは愛らしくスタイルは抜群です。
スケーティングも美しく、なかでも表現力が突出していました。
「華」があり、視線を釘づけにする存在感を漂わせていました。
大勢のフィギュアスケートファンが魅了されたのも当然でした。

表現を中心とした才能は天性のものです。
体つきからしても高難度ジャンプに不利と思えません。
ステップだってスピンだって大丈夫でしょう。
本田真凜が2年近く足踏みしていることがきわめて不思議です。

いまだに2016年世界ジュニア女王と称されるのは、シニアになってから主要大会で実績を残していないからです。

消えるか輝きを取り戻せるかは不明

本田真凜はジャンプが崩壊しました。
滅茶苦茶です。
採点競技のフィギュアスケートで最大の得点源となる高難度ジャンプを成功させられなくては得点など伸ばせません。
惨敗に次ぐ惨敗から脱出したいと願っても、ジャンプを立て直すには重大な覚悟と相当な時間が必要になるでしょう。

ジュニアでは才能とセンスで勝てたかもしれませんが、シニアでは強烈な向上心を持ち、追い込んだ練習を積めなければトップクラスで戦えません。
濱田美栄コーチが吐き捨てた「すごく甘い」「感覚で跳ぶだけで、頭を使って失敗に備えたジャンプ練習に取り組んでいない」というコメントに尽きるようです。

⇒2018年11月23日「天才肌の芸術家・本田真凜はこのまま消える」はこちら。

このまま消えていくのか、輝きを取り戻せるのか。
来シーズンまで様子を見ないと分かりませんが、正念場を迎えていることは確かです。
それでも結果を出せないようなら、この選手は終わりです。

どのような人間関係でもそうですが、コーチと選手には相性もあります。
が、本田真凜が濱田美栄コーチのもとを去ったのは「環境を変えるためだったのか」、それとも「厳しさを嫌って逃げたのか」ということがはっきりすると思います。

自らに染み着いた「甘さ」を捨てるのは容易でありません。
気分屋で陶酔型の自己を変えられるかどうかにかかっています。
練習に臨む「意識」がまるでなっていないのでしょう。
せっかくの才能が泣いています。

(1月13日執筆)

category:本田真凜ブログはこちら。

◇◆◇

本田真凜に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年11月25日「本田真凜が取り戻した笑顔と輝きはほんものか」はこちら。

⇒2018年11月23日「天才肌の芸術家・本田真凜はこのまま消える」はこちら。

⇒2018年10月22日「本田真凜の得点次第でスケートアメリカ表彰台独占へ」はこちら。

⇒2018年10月21日「本田真凜とアルトゥニアンのスケートアメリカに注目」はこちら。

⇒2018年4月29日「本田真凜、アルトゥニアンコーチとジャンプ強化」はこちら。

Copyright (c)2019 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

高橋大輔は戦う覚悟を決めよ、でないと若手に失礼

現役復帰は勝負の世界に身を投じること
ベテランの趣味にしてしまわない

フィギュアスケート男子シングルの高橋大輔が都内で行われたイベントで取材に応じ、2019年シーズンは「全日本選手権へ向けて現役を続行する」と明言しています。

5年ぶりに出場した年末の全日本選手権で表彰台に立ち、試合後にその意向を語っていましたが、改めて現役へのこだわりを表明しました。
宇野昌磨に次ぐ2位になり、日本スケート連盟から3月にさいたまで行われる世界選手権への出場を打診されましたが、後進に活躍の機会を譲りました。

フリースケーティング(FS)で挑んだ4回転トウループが3回転となりました。
来シーズンはショートプログラム(SP)で4回転ジャンプを入れる目論見です。
「SPとFSそれぞれで1本ずつ決める」とレベルアップに意欲を示しています。
おそらくトウループより基礎点が高い4回転サルコウです。

配慮や情けは若手をスポイルしかねない

高橋大輔は全日本選手権での実績から強化選手入りの可能性があり、国際大会に派遣される見通しです。
本人は「グランプリ(GP)シリーズは念頭にないが、B級大会に出てみたい」と語りました。
「スケートができなくなるくらいまで全力で滑りきりたい」と完全燃焼を誓いました。

ならば、私自身はGPシリーズにも世界選手権にも出てほしい。

そもそも現役復帰とは「勝負の世界に身を投じる」ことを意味し、その結果により与えられた権利は進んで使うべきです。
選手生活が楽しいはずがなく、高橋大輔には「戦う覚悟」を決めてほしいと思います。
そうでないとベテランの趣味に留まり、いかにも中途半端です。

高橋大輔は全日本選手権で自分の演技に納得できませんでした。
しかし、その演技を若手が超えられなかったのも事実です。
配慮や情けはかえって彼らをスポイルします。
あるいは、彼らに失礼です。

勝負の世界では勝った選手が上(国際大会)へ行くのは当然のこと!

なお、このイベントは自身がトータルコーディネートしたマンションの発表会見(4月完成予定)です。
外観や内装にこだわりを施し、「全35部屋に隠れ大輔がある」と意味不明のサプライズ発言をしました。
マンションの写真や模型が披露されています。
フィギュアスケートでは「芸術性」に富んだ演技で魅了した選手ですので、このくらいのことは何でもないのかもしれません。

(1月13日執筆)

category:高橋大輔ブログはこちら。

◇◆◇

高橋大輔に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年12月22日「若者よ、高橋大輔が全日本選手権の主役でいいのか」はこちら。

⇒2018年12月16日「全日本選手権2018順位予想 宇野昌磨、織田信成、高橋大輔」はこちら。

⇒2018年11月3日「高橋大輔、西日本選手権1番滑走から全日本選手権へ」はこちら。

⇒2018年10月9日「高橋大輔、復帰戦ぼろぼろ演技にやばっ」はこちら。

⇒2018年10月7日「高橋大輔、緊張MAX、現役復帰初戦「近畿選手権」」はこちら。

Copyright (c)2019 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

羽生結弦が4Aクワッドアクセルを跳ぶ日

来シーズンは現役続行へ
夢のパーフェクトパッケージ

1年ごとに現役か引退か判断

フィギュアスケート男子シングルの羽生結弦が11日、都内で行われた「テレビ朝日ビッグス
ポーツ賞」の表彰式で、大賞に相当する「ビッグスポーツ賞」を受賞しました。
合わせて、来シーズンの現役続行を表明しました。
(今後は1年ごとに現役続行か現役引退かの判断を下すということでしょうか。)

本人はカナダ・トロントで治療とリハビリに努めており、ビデオレターなどで「来シーズンは4回転半ジャンプ(クワッドアクセル。4A)を取り入れた夢のパーフェクトパッケージをお届けします」という趣旨のメッセージを寄せています。

アクセルは6種類のうち、唯一前向きに踏み切る難しいジャンプといえます。
クワッドアクセルは基礎点が 12.50点であり、8.00点のトリプルアクセル(3回転半)より4.50点を上乗せできます。
国際スケート連盟(ISU)公認大会で成功者が出ていない超高難度ジャンプになります。

グランプリ(GP)シリーズの第5戦「ロシア杯」のフリースケーティング(FS)でロシアのアルトゥール・ドミトリエフが挑戦して転倒しています。
しかも、回転不足で「ダウングレード判定」を受け、基礎点はトリプルアクセルの8.00点になりました。
さらに、GOE(出来栄え点)で4.00点が減点されました。
つまり、このジャンプで得た点数はたった4.00点です。

クワッドアクセルは失敗のリスクが致命傷になりかねないほど大きいのです。
完成度の高いトリプルアクセルを跳んだほうが安定した成績を残せます。
まして「質」を重視した採点ルールの改定が行われましたので。
そうした理由から女子シングルでは世界のトップクラスの選手がダブルアクセルに抑えてきました。
これを突き破ったのがシニア1年目でグランプリ(GP)ファイナルを制した紀平梨花でした。
「超新星」と呼ばれる所以です。

羽生結弦はクワッドアクセルをプログラムに組み込むことで、3百点を超えるハイスコアをマークしようと企てています。
おそらく2018年平昌五輪で男子シングル66年ぶりの五輪連覇を成し遂げ、モチベーションを維持するうえで次の挑戦目標が不可欠なのでしょう。
「世界初」という響きも絶対王者のプライドを刺激するのでしょう。

羽生結弦は全日本選手権を欠場しましたが、救済措置により3月にさいたまで開催される世界選手権の日本代表選手に選ばれています。
現時点で出場を目指して調整に励んでいます。
(浅田真央もそうでしたが、スポンサー、大会運営やテレビ視聴率に著しい影響を及ぼすスーパースターはたやすく休めません。)

⇒2018年12月6日「羽生結弦に3年連続特例など問題外、全日本フィギュア2018」はこちら。

私は2022年北京五輪での史上初の3連覇(これこそ偉業)を視野に自重してほしいと願っていますが、こればかりは選手の意思ですので・・・。
(一生に一人しか見られないフィギュアスケート選手と思います。)
羽生結弦は現役引退の時期が迫っているのは確かです。
「選手寿命」を延ばすことにこだわりがないのかもしれません。

(1月13日執筆)

category:羽生結弦ブログはこちら。

◇◆◇

羽生結弦に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年12月6日「羽生結弦に3年連続特例など問題外、全日本フィギュア2018」はこちら。

⇒2018年11月30日「羽生結弦はけん玉大使、昭和26年生まれはマグマ大使」はこちら。

⇒2018年11月21日「羽生結弦はフィギュアスケートの神なのか」はこちら。

⇒2018年11月20日「羽生結弦に奇跡の復活は期待できない」はこちら。

⇒2018年11月19日「羽生結弦は棄権するわけにいかない」はこちら。

Copyright (c)2019 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

紀平梨花は4回転ジャンプ競争元年に笑顔

世界選手権後に4回転トウループ完成
ライバルの動向と得点次第で組み込み

フィギュアスケート女子シングルの紀平梨花が11日、都内で行われた「テレビ朝日ビッグスポーツ賞」の表彰式に出席し、特別賞を受賞しています。
2018年に活躍した選手や団体が対象になり、本人は「これからも頑張りたいという強い気持ちになれた」と笑顔を見せました。

紀平梨花はシニア1年目でグランプリシリーズ第4戦「NHK杯」、第6戦「フランス杯」、そしてグランプリ(GP)ファイナルを制覇しました。
「連戦で大変だった」と明かしています。

シーズン後半となる2月に米国・アナハイムで行われる四大陸選手権、3月にさいたまで行わる世界選手権に出場します。
四大陸選手権ではリラックスして実力を出し、世界選手権ではショートプログラム(SP)とフリースケーティング(FS)をノーミスで揃えると抱負を語りました。
どちらもパーフェクトに滑れば、おのずと自己ベストを更新します。

これは、初出場の世界選手権で金メダルを獲得するという意志です。
同時に、敵(戦うべき)はロシア勢でなく、自分のほかにいないという認識です。
(私はすでに世界一だと思います。)

また、全日本選手権後に新調したスケート靴が徐々に馴染んできていると語りました。
この大会で味わった苦い経験をもう繰り返さないでしょう。

紀平梨花は来シーズンの始まりまでに「4回転トウループ」を完成させる意向を持っており、世界選手権終了後に練習に取り組みます。
女子シングルは「4回転ジャンプ競争」の元年となる可能性があり、それに備えておくのは当然のことです。
今シーズンの開幕前に練習を続けていましたが、開幕後は中断していました。
けがでシーズンを棒に振ることを避けるためです。

⇒2018年12月30日「賢い紀平梨花は4回転ジャンプを跳ばない」はこちら。

ちなみに、スケート靴がしっくりこない状態ではけがのリスクが大きく、4回転ジャンプの練習は始められないようです。

紀平梨花はシニアに上がってくるロシアのジュニア勢の動向と得点を冷静に眺めながら、プログラムに組み込むことも視野に収めています。

category:紀平梨花ブログはこちら。

◇◆◇

紀平梨花に関するブログは以下のとおり。

⇒2019年1月9日「紀平梨花は米国合宿へ、ブラッシュアップと滑り込み」はこちら。

⇒2019年1月8日「紀平梨花は期待の重圧に寝つかれず」はこちら。

⇒2019年1月6日「紀平梨花はコスチュームにセンスとこだわり」はこちら。

⇒2018年12月30日「賢い紀平梨花は4回転ジャンプを跳ばない」はこちら。

⇒2018年12月26日「紀平梨花と高橋大輔は神、全日本フィギュア視聴率」はこちら。

Copyright (c)2019 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

浅田真央はサンクスツアーで21か所を回る

今年も全国各地で感謝の滑りを!
サンクスツアーチケット料金は抑えめ

東京ミッドタウンアイスリンクに登場

フィギュアスケート元世界女王の浅田真央が7日、東京ミッドタウンアイスリンクオープニングイベントに登場しました。
ゴージャスなゴールドの衣装をまとい、全国各地で行う「浅田真央サンクスツアー」の出演メンバーと華麗なパフォーマンスを見せました。
日本では初めて屋外リンクで滑り、天井のない開放感が素晴らしいと語りました。

活動の主軸は21か所のサンクスツアー

今年も活動の主軸は2月中旬から12月中旬までのサンクスツアーとなり、北は北海道から南は沖縄まで全国21か所を回ります。
夏には沖縄公演もあり、自身が生まれた名古屋で締め括ります。
年末に姉の浅田舞が卒業し、新たなメンバーでよりレベルアップしたアイスショーを見せたいと意気込みました。
現役時代の応援に感謝の滑りを披露したいとの思いで始めた企画であり、チケット料金も抑えた設定のようです。

全日本選手権観戦で次の世代へバトン

浅田真央は全日本選手権をテレビで観戦しました。
女子シングルで初優勝した坂本花織、トリプルアクセルを跳んで浅田真央以来13年ぶりにシニア1年目、GPファイナルで初優勝した紀平梨花らが躍動した姿を目の当たりにしました。
「次の世代へバトンを渡せた」と感じ、世界のトップを取れるように応援したいとエールを送りました。

年末の断捨離で衣料などゴミ袋20袋分

最近はまっていて、年末に行ったのが「断捨離」とか。
衣料を中心にゴミ袋20袋分に及びました。
身の回りが片づき、すっきりした気分で新年を迎えられました。

浅田真央の引退会見は記憶に残る選手

レスリング女子で五輪3連覇を成し遂げた吉田沙保里の引退会見が行われ、2百人の報道陣が集まりました。
彼女は「国民栄誉賞」も受賞していますので当然です。

⇒2019年1月11日「吉田沙保里が現役引退、女性の幸せも」はこちら。

マラソン女子の高橋尚子に約 150人、サッカー女子の澤穂希に3百人以上、ゴルフの宮里藍に3百人以上が集まりました。

浅田真央の引退会見は海外を含めて 430人が集まり、テレビカメラだけで50台でした。
NHKは予定番組を変更して生中継まで行っています。

浅田真央はオリンピックで金メダルを獲っていません。
人気の凄まじさ、記録でなく「記憶」に残るアスリートということが分かります。

category:浅田真央ブログはこちら。

◇◆◇

浅田真央に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年3月19日「浅田真央はスケート靴を捨てなくてよかった」はこちら。

⇒2018年3月17日「浅田真央、サンクスツアーで感謝を伝える」はこちら。

⇒2018年1月25日「浅田真央のぼろぼろ靴と穴あきソックス」はこちら。

⇒2018年1月24日「浅田真央北京五輪とコストナー平昌五輪の31歳」はこちら。

⇒2018年1月23日「浅田真央が一番のライバルを明かす」はこちら。

Copyright (c)2019 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

吉田沙保里が現役引退、女性の幸せも

33年間の現役生活にピリオド
会見には約2百人の報道陣が詰めかけ

女性の幸せへ高速タックルが決まるか

レスリング女子で五輪3連覇を果たした吉田沙保里がきのう都内で引退会見を行いました。
長らく日本女子レスリング界をけん引してきましたが、33年間の現役生活にピリオドを打ちました。
吉田沙保里は世界選手権で2002年から13連覇を遂げ、五輪を含めて16大会連続で「世界一」を成し遂げています。
「人類最強」と称されたレスリング男子、ロシアのアレクサンドル・カレリンの12大会を上回りました。
国民栄誉賞も受賞しました。

会場には約2百人の報道陣が詰めかけました。
バラエティ番組への出演も多いことから注目度が高く、テレビカメラも28台を数えたそうです。
白いジャケット姿で現れ、重圧から開放された笑顔で質問に答えました。
「女性としての幸せは絶対につかみたい」と、次の夢へ力を込めました。
はたして代名詞の高速タックルを決められるかどうか。

東京五輪へ向け現役続行と引退で迷い

とはいえ、現役続行と引退の間で迷ったようです。
2004年アテネ、2008年北京、2012年ロンドン五輪で金メダルを獲りましたが、2016年リオデジャネイロ五輪で銀メダルに留まりました。
リオ五輪後に休養に入りつつ、女子日本代表のコーチを務めるなどしました。
自国開催の2020年東京五輪で女王に返り咲いてほしいという周囲の期待を感じていました。
体力はそれほど落ちたわけでありませんが、気持ちが追いつかない状態が続き、「やり尽くした」という思いが強まりました。
若手の成長、後輩の台頭もあり、昨年12月に最終決断を下しました。

中京女子大(現至学館大)時代から指導を受けてきた栄和人に引退を報告し、「ご苦労さん。泣きそうだよ」と言われたそうです。
また、中京女子大時代のチームメートの伊調馨に対するパワハラ騒動で強化本部長を辞任した状況について「東京五輪へ向け、一つになって頑張っていくしかない」と複雑な心境を語りました。
今後も代表コーチを続ける意向です。

五輪4連覇の伊調馨から東京五輪を目指すと聞いたときには「すごい」と思ったそうです。

会見後に報道陣にサイン入りハンカチ

これまでも感謝をたびたび口にしていた吉田沙保里は報道陣にプレゼントを用意していました。
「たくさん取材していただいて、レスリングを知ってもらうことができた」。
会見後に自身のサインと「感謝」という文字をプリントした黄色いハンカチを配りました。
そこには2002年の世界選手権から最後の試合となった2016年リオ五輪までの世界大会の足跡も記されていました。

母親が引退会見場に駆けつけ、やはり笑顔で花束を渡しました。
「五輪も世界選手権も連れていってくれ、親孝行な娘でした」と称えました。

Copyright (c)2019 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

紀平梨花は米国合宿へ、ブラッシュアップと滑り込み

自己ベストを更新できる強さを!
新年の誓いと今年のテーマを胸に刻む

世界の頂点に立てる品格と迫力備える

フィギュアスケート女子シングルの紀平梨花。
シニア1年目の目覚ましい活躍は「超新星」「スター」と称されるのにふさわしいものでした。
五輪(オリンピック)、世界選手権に次ぐ国際大会のグランプリ(GP)ファイナルでいきなり勝利を収めています。

フィギュアスケートは採点競技なので高得点を出さなければなりません。
彼女の最大の武器となるのが、現時点で跳べる女子選手が限られている「トリプルアクセル(3回転半)」です。
しかし、この選手はスケーティングそのものに世界の頂点に立つにふさわしい品格と迫力が備わっていると思います。

⇒2018年12月21日「プロが絶賛、紀平梨花の天性のスケーティング」はこちら。

初詣は自宅近くの広田神社で必勝祈願

紀平梨花は大会が続いた心身の緊張と疲労で年末年始は家族とゆっくりくつろぎたかったはずですが、休んだのは大晦日と元日の2日間だけでした。
1月2日から練習を再開しています。

初詣は兵庫県西宮市の自宅近くの「広田神社」に出かけ、必勝を祈願しています。
引いたおみくじは「吉」でした。
新年の誓いは「大きな大会で強い選手になる」こと、今年のテーマは「安定した成績を残す」こと。
自己ベストを更新していける勝負強さを追い求めます。

エキシビション「Faded」を披露

紀平梨花は1月5日に名古屋で開催されたアイスショー「名古屋フィギュアスケートフェスティバル」で今年の初滑りを披露しました。
全日本選手権後の12月27日に新調したスケート靴でエキシビション「Faded(フェイデッド)」を滑っています。
3回転サルコウやダブルアクセル(2回転半)などを跳んでいます。

⇒2018年11月12日「紀平梨花はエキシビションで女王のオーラ」はこちら。

トム・ディクソン振付手直しと4回転

今月16日から27日まで米国・コロラドで強化合宿を行い、トム・ディクソンの指導を受けます。
リンクの使用時間を長く取れるため、滑り込むことができます。
フリースケーティング(FS)「ビューティフル・ストーム」の振付の手直しを行い、プログラムにブラッシュアップをかけます。
4回転ジャンプを体に覚えこませたいとの意向を持っています。
また、高地のために空気が薄く、心肺機能とスタミナの強化も図れます。

⇒2018年12月9日「紀平梨花、ビューティフル・ストームの生命力」はこちら。

紀平梨花はつねに目の前の一戦を大切にしてきました。
日本代表として出場する2月の四大陸選手権(米国・アナハイム)と3月の世界選手権(日本・さいたま)では、さらに進化を遂げた演技で世界中を魅了してくれるでしょう。

category:紀平梨花ブログはこちら。

◇◆◇

紀平梨花に関するブログは以下のとおり。

⇒2019年1月8日「紀平梨花は期待の重圧に寝つかれず」はこちら。

⇒2019年1月6日「紀平梨花はコスチュームにセンスとこだわり」はこちら。

⇒2018年12月30日「賢い紀平梨花は4回転ジャンプを跳ばない」はこちら。

⇒2018年12月26日「紀平梨花と高橋大輔は神、全日本フィギュア視聴率」はこちら。

⇒2018年12月25日「紀平梨花と宇野昌磨はまとも、世界選手権の重圧」はこちら。

Copyright (c)2019 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

紀平梨花は期待の重圧に寝つかれず

FSでの巻き返しを支えた強烈な意志
片ときも五輪の金メダル獲得を忘れず

16歳の少女は化け物でなく人間だった

フィギュアスケート女子シングルの紀平梨花。
全日本選手権での初制覇に大きな注目が集まりました。
しかし、ショートプログラム(SP)の冒頭のトリプルアクセルで転倒し、続く3回転のコンビネーションジャンプも失敗しています。
3本のうちの2本でミスが出て、逆転が絶望的な低得点に沈んでいます。

紀平梨花は演技後の会見で、「緊張はなかった」と語りました。
メンタルが強い選手と思っていましたが、この言葉にはさすがに驚きました。

しかし、大会後のウェブ情報で少なくとも期待の「重圧」と戦っていたことを知りました。
化け物でなく人間だったわけで、私はほっとしました。
16歳の少女ですから当然といえます。

全日本選手権前は眠りにつけなくなる

開幕2日前、布団に入っても眠りにつけなかった紀平梨花は深夜0時過ぎに自室から母親の携帯電話を鳴らしたようです。
「寝られないの」。
通常は7〜8時間の睡眠が、大会が近づくにつれて6時間に減っていました。
どこかで重圧を感じていたのでしょう、普段の生活リズムが崩れていました。
公式練習後の昼寝も取りにくかったようです。

フリースケーティング(FS)当日は仮眠ができずに会場に入りました。
SPの悪夢を払拭しようと気合を入れ、会心の演技につなげました。

使い古して限界に達したスケート靴に不安は残っていたはずですが、冒頭のトリプルアクセル−3回転トウループのコンビネーションジャンプを決め、続く単発のトリプルアクセルも決めています。
スピンもステップも取りこぼしなし。
ただし、終盤の3回転ルッツ−2回転トウループ−2回転ループの3連続ジャンプが1本目で体勢が崩れ、3回転ルッツ−1回転オイラー(ダウングレード判定)−2回転サルコウになっています。
このミスとSP5位の出遅れが響いて初制覇を逃しました。

全日本選手権は調子が悪い状態で滑る

紀平梨花はFS後に「ここでできない人は五輪で絶対に勝てないと思った」と語りました。
強烈な意志がストレートに伝わってくる言葉であり、巻き返しを支えました。
片ときもオリンピックでの金メダル獲得を忘れていません。

「集中できた。朝の練習からすれば最高の演技だと思う」と言い添えました。
満足はしていなくても、それなりの納得が得られた表情を見せています。

そもそもコンディションを整えきれずに全日本選手権に臨んでいました。
つまり、調子が悪い状態で滑ったことになります。
にもかかわらず、FSではトップの155.01点を記録しています。

紀平梨花の潜在能力と伸び代は際立つ

私は紀平梨花の潜在能力の高さと伸び代の大きさは際立っていると考えます。
ロシアのエフゲニア・メドベージェワやアリーナ・ザギトワが苦しむ女性特有の成長期の困難も乗り越えられるはずです。

紀平梨花はシニア1年目の素晴らしい実績と全日本選手権での苦い経験を踏まえ、四大陸選手権と世界選手権でどれくらい得点を伸ばすでしょうか。

(2019年1月3日執筆)

category:紀平梨花ブログはこちら。

◇◆◇

紀平梨花に関するブログは以下のとおり。

⇒2019年1月6日「紀平梨花はコスチュームにセンスとこだわり」はこちら。

⇒2018年12月30日「賢い紀平梨花は4回転ジャンプを跳ばない」はこちら。

⇒2018年12月26日「紀平梨花と高橋大輔は神、全日本フィギュア視聴率」はこちら。

⇒2018年12月25日「紀平梨花と宇野昌磨はまとも、世界選手権の重圧」はこちら。

⇒2018年12月23日「なんでかな紀平梨花、トリプルアクセル赤面転倒」はこちら。

Copyright (c)2019 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ