コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

山下真瑚はスケートカナダで表彰台へ、ブレイクの予感

グランプリ(GP)シリーズ「スケートカナダ」
山下真瑚、ジャンプに高さと軽やかさ

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第2戦「スケートカナダ」が始まりました。
シニアデビュー、初参戦の山下真瑚はおおいに期待が持てそうです。
出発前の成田空港で取材に応じ、「楽しく勢いよく滑れたら」と意気込みを語っています。

浅田真央などが在籍した中京高校へ4月に進学し、充実した練習を積んでいます。
ショートプログラム(SP)は「セビリアの理髪師」です。
フリースケーティング(FS)は浅田真央も用いた「蝶々夫人」ですが、振付師が違い、表現は選手それぞれと割り切っており、比較されることにプレッシャーは感じていません。

「ロンバルディア杯」では坂本花織を抑えて3位に入りました。
その後の中部選手権で合計201.10点(非公認)を記録して圧勝しました。
しかし、演技でメリハリが弱かったり、ジャンプで回転不足を取られたり、体力が持たなかったり、反省点が見つかりました。

私は前日の公式練習を動画で見て、ハッピーな気持ちになりました。
とても順調な仕上がりです。
3回転ルッツ−3回転トウループの連続ジャンプを見事に決めています。
身長は 151僂塙發ないのですが、体の線が美しく、スケーティングにスピード、ジャンプに高さと軽やかさが感じられます。
15歳の演技としては素晴らしい!

山下真瑚はスケートカナダでスピンの取りこぼしをなくし、得意とする3回転ルッツの加点を伸ばそうとしています。
世界選手権銀メダリストの樋口新葉がけがによりベストコンディションで臨めません。
代わって山下真瑚が表彰台に立つかもしれません。
はたしていきなりのブレイクが見られるのでしょうか。
この選手はとにかく楽しみです。

男女ともSPは26日(日本時間27日)、FSは27日(同28日)に行われます。

category:フィギュアスケートはこちら。

◆書き加え(10月27日)

山下真瑚は滑りに爽快感!

山下真瑚はSPで 66.30点を記録し、樋口新葉に次いで3位につけています。
冒頭の3回転ルッツ−3回転トウループのコンビネーション、続くダブルアクセル(2回転半)、最後の3回転フリップを決めました。
この選手は滑りに「爽快感」があります。

キス・アンド・クライでは納得の表情で得点を確認しています。
平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨と同じ樋口美穂子コーチ(山田満知子コーチ)です。

普通に考えれば、SP7位と大きく出遅れた平昌五輪銀メダリスト、ロシアのエフゲニア・メドベージェワが巻き返してくるはずです。

山下真瑚がトップに迫るつもりでFSに臨むならば、表彰台に上れると思います。

◆書き加え(10月28日)

山下真瑚は演技が新鮮!

山下真瑚はFSで136.76点、合計203.06点で2位に入りました。
1位は合計203.32点、ロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワでした。
私は最終滑走の山下真瑚の演技を見て、いくらか上回れると思いました。
残念、惜しかった。
が、GPシリーズ初参戦で首位と0.26点差の銀メダルは立派でした。
資質でしょうか、彼女は飾らない魅力があり、演技が新鮮です。
落ち着きと安定感も素晴らしい。

山下真瑚のブレイクにより女子シングルは大変な競争になりました。
紀平梨花を含め、宮原知子、坂本花織、樋口新葉、三原舞依、山下真瑚が近い将来、横一線で並びそうです。
(本田真凜は練習環境の変化がプラスになればここに加わります。)
見ているほうは楽しいですが、選手はきついですね・・・。

◇◆◇

山下真瑚に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年3月14日「山下真瑚がフィギュア世界ジュニアで銅メダル」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業代行機能充実バーチャルオフィス(東京都心)

バーチャルオフィス(低費用&高効率)
顧客獲得、売上増加をパッケージ化

和田創研はおもに東京地区にレンタルオフィスを展開するオフィスサービス会社と協力し、営業代行機能が充実した高付加価値型の「バーチャルオフィスサービス」を11月1日より提供します。
本サービスでは都心一等地の住所、専用の電話番号が使えるのは当然として、顧客獲得、売上増加をパッケージ化することができます。
バーチャルオフィスのなかで「営業代行」を謳うところはありましたが、電話や受付での応対に留まっています。
低費用&高効率でボリュームの大きい首都圏市場に確かな足場を築けるようにし、起業や拠点開設を応援します。

《開発背景・趣旨》
日本の起業は先進国や新興国と比べ、極端に低い水準で推移しています。
近い将来の経済の活力低下、ひいては世界における日本の地盤沈下を意味します。
環境変化にともなう産業の新陳代謝もままなりません。

政府が主導して創業環境の整備など支援施策を講じていますが、おのずと限界があります。
起業意欲が低い主因はその「リスク」を避けたいからです。
若年層を含めて保守傾向、安定志向がとても強くなっています。

起業コストを抑えるレンタルオフィスなどもおおいに貢献していますが、最大の後押しは顧客獲得、売上増加になります。
当社は本サービスが普及するなら、起業後の生存率も格段に向上すると考えます。

◆営業代行サービス

1.新規顧客営業代行サービス
  優良顧客・大口商談のアポ取りから刈り取りまでを請け負い。
2.既存顧客営業代行サービス
  正社員が行う定期的・定型的な訪問活動を引き受け。
3.オンライン商談代行サービス
  対面の非効率を排除、一商談当たりのコストが50〜90%低下。

高度な商品知識や専門の技術情報を必要としなければ既存顧客対応だけでなく新規顧客開拓も可能です。

当社では利用者が負担のもっとも小さいバーチャルオフィスから始め、営業の数字の見通しが立ってからシェアオフィスやレンタルオフィスにグレードアップすることをお奨めします。

◆通常オフィスサービス

1.法人住所登記
2.電話秘書・通知・転送
3.来客対応(有人受付)
4.郵便荷物保管・転送
5.ロビーラウンジ利用
6.会議室・応接室利用
7.設立登記・経理代行

ロケーションもグレードもコストも選び放題、信頼性の高いバーチャルオフィスに限定しています。
手数料完全無料で、最適なオフィスを紹介します。

専用ウェブサイトは制作中ですが、告知チラシは以下のとおりです。
疑問点や不明点は何なりとお問い合わせください。
誠実・丁寧にお答えします。

営業代行機能充実バーチャルオフィス(当面東京地区限定)

◆オフィスサービス会社との連携強化

世界経済の好調、東京五輪の前景気に支えられ、バーチャルオフィスやシェアオフィス、レンタルオフィスが増えました。
しかし、次第に飽和状態に変わり、競争激化が起こりつつあります。

本サービスはこうしたオフィスサービス会社が差別化を図るうえできわめて有効です。
利用者は起業そのものでなく、経営を軌道に乗せることを目的としています。
そのために最重要となるのは優良な顧客をつくることです。

当社はオフィスサービス会社との連携を強化し、首都圏や政令指定都市に本サービスを広げたいと考えています。
ご協力くださる企業を求めています。

営業代行機能充実バーチャルオフィス

◆開発者紹介

和田創研代表/シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

営業の数字づくりに特化した経営コンサルタントです。2017年、職業人生のラストステージと定める「66歳〜77歳」に差しかかり、典型的な文系・アナログ・ローテク人間が一番苦手とする最先端ビジネスに挑んでいます。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指します。この内、自らは11社の設立に踏み切り、キャリアの総決算にしたいと悪戦苦闘しています。
両親がアルツハイマーの家系であり、77歳頃に発症して植物人間の状態が長く続きました。自らのカウントダウンもすでに始まっていると覚悟を決めていますが、「頭が働くかぎりはたとえ半歩でも前へ進みたい」と、心から願っています。
合わせて「66歳からの起業」を広く呼びかけており、社会的なムーブメントに盛り上げるために起業セミナーも随時行っています。
本サービスには日本の起業を活発にしたい、日本の起業を応援したいという思いを込めました。

和田創プロフィール

和田創研ウェブサイト

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

東京営業所代行サービス 準備なし、リスクなし

東京営業所代行サービス
自前より有利、有力企業の新規開拓も請け負い


和田創研は事業意欲が旺盛で社業発展を目指す地方企業のための「東京営業所代行サービス」を提供します。
本サービスを利用することにより準備なし、リスクなしで首都圏に新拠点を持てます。

開設も維持もローコスト、顧客獲得も売上向上もハイスピードで実現でき、自前より断然有利です。
当社が満を持して今秋リリースする「新規開拓営業アポ取りシステム LEADpro」「新規開拓営業刈り取りツール SALESgear」「オンライン商談システム WEBsales」の3点セットをフル活用し、既存顧客への対応はもちろん、新規顧客の開拓も請け負います。
ちょっとした案件になると東京本社の決済が必要になることがあります。
本サービスではとくに中央の有力企業の取り込みに注力します。

◆東京営業所代行サービスの特色

1.イニシャルコストもランニングコストも最小です。
  東京は地方と比べ、オフィス代も人件費も跳ね上がります。

2.至難の営業職の採用や大変な労務管理が不要です。
  求人や面接の手間を取られません。営業管理者を置かなくて済みます。

3.軌道に乗らない東京営業所の運営も引き受けます。
  週1回2時間の指導でよみがえります。もしくは営業代行に切り替えます。
  
2020年東京五輪開催へ向けて盛り上がる首都圏市場への進出を応援します。

専用ウェブサイトは制作中ですが、告知チラシは以下のとおりです。
疑問点や不明点は何なりとお問い合わせください。
誠実・丁寧にお答えします。

東京営業所代行サービス

新規開拓営業アポ取りシステム「LEADpro」

新規開拓営業刈り取りツール「SALESgear」

オンライン商談システム「WEBsales」

◆会社紹介

事業は多岐にわたりますが、おもに営業の数字づくりのコンサルタントです。
新規開拓など開発営業の加速による収益伸長・業績向上を長らく支援しています。

クライアントはおもに苦境に直面する業界・市場・地域の最大手でした。
そして、ほぼ共通のプログラムで営業強化・業績テコ入れを成し遂げてきました。
それが代名詞となった「提案営業研修標準講座」です。
1990年代は8日間、2000年代は10日間を要し、2010年代は「10〜14日間いただければ営業を立て直します」と社長に誓っています。
現在ではクライアントが中堅・中小企業に広がっています。
また、ストレッチ目標を掲げる元気な会社も増えています。

和田創研ウェブサイト

最短営業強化プログラム

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

坂本花織はジャンプよし、表現力よし、安定感よし

グランプリ(GP)シリーズ「スケートアメリカ」
坂本花織は宮原知子とワンツーフィニッシュ

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ初戦「スケートアメリカ」が終わりました。

坂本花織はSPもFSもほぼノーミスの演技をそろえられ、ガッツポーズが出ました。
平昌五輪6位がまぐれでなかったことを証明しました。
目標とする日本女子エース・宮原知子を超えられませんでしたが、二人でワンツーフィニッシュを飾っています。
(前回大会の結果と同じです。)

ショートプログラム(SP)では宮原知子に次いで 71.29点で2位となりました。
フリースケーティング(FS)では宮原知子についで142.61点で2位となり、合計213.90点の2位です。
持ち味は十分に出ており、技術点で宮原知子を上回っています。

ジャンプが日本選手としてはダイナミックであり、見栄えがします。
体ががっちりしているせいでしょうか、スピード感も強調されます。
大きく流れるような滑りがとても魅力的です。
スピンもステップもいいのでないでしょうか。

坂本花織は演技点で宮原知子に差をつけられています。
しかし、宮原知子の繊細さと質の違う、おおらかでやわらかな表現力にほっとします。
(私は見ていてストレスを感じさせられません。)

坂本花織は宮原知子の陰に隠れてあまり目立ちませんが、実は「安定感」が抜群です。
この選手の演技も安心して楽しむことができます。
本人は終了後のインタビューなどでしばしば緊張を口にします。
が、私は「勝負度胸」が備わっていると思います。
それくらい落ち着いて滑っています。
大崩れがなく、日本女子ナンバーツーの地位を固めました。
進化の伸び代はまだありますので近い将来、宮原知子を追い抜くかもしれません。

坂本花織の次戦は、11月2〜4日にヘルシンキで行われる「フィンランド大会」です。
どうかGPファイナルへの初出場を果たしてください。

category:坂本花織ブログはこちら。

◇◆◇

坂本花織に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年2月23日「坂本花織、平昌五輪銅メダル獲得の必要条件」はこちら。

⇒2018年2月14日「坂本花織は平昌でどうした? らしくないぞ!」はこちら。

⇒2018年2月10日「坂本花織、平昌五輪で中野園子コーチの愛のしごき」はこちら。

⇒2018年2月3日「坂本花織は平昌五輪で残り一人の表彰台へ」はこちら。

⇒2018年2月2日「坂本花織、平昌五輪はジャンプGOEで稼ぐ」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

宮原知子は横綱相撲、スケートアメリカで坂本花織を圧倒

グランプリ(GP)シリーズ「スケートアメリカ」
宮原知子は横綱相撲で危なげなく2連覇

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ初戦「スケートアメリカ」が終わりました。

SPは首位発進、ジャンプ見直しの成果

ショートプログラム(SP)。
宮原知子は本人の言葉によれば、緊張をうまく力に変えることができ、 73.86点の首位で発進しました。
米国のジャッキー・ウォン記者がとりわけ冒頭の3回転ルッツ−3回転トウループの連続ジャンプの出来を絶賛しました。
おそらく2022年の北京冬季五輪出場を見据え、ジャンプの見直しに取り組んでいます。
早くもその成果が表れたのでしょう。

宮原知子は9月のUSインターナショナルクラシックのSPでは3回転ジャンプがすべて回転不足の判定を受けています。
今大会のSPでは回転不足を取られず、スピンとステップもレベル4をそろえました。

FSはプレッシャーをはねのけノーミス

フリースケーティング(FS)。
宮原知子は1位の145.85点をマークし、合計は今季世界3位の219.71点です。
GPシリーズ通算3勝を挙げました。
スケートアメリカでの2連覇は、2008年と2009年、韓国のキム・ヨナ(金妍児)以来です。
SP2位の坂本花織がFS2位となり、日本勢はワンツーフィニッシュです。
お疲れさま、そしておめでとう。

宮原知子は実に落ち着いて、しかも堂々と滑りました。
3回転ルッツ―3回転トウループの連続ジャンプなどを決めるとともに、華麗なスピンと切れのあるフットワークで楽しませてくれました。
むろんノーミスでした。
表現力もよし。
滑り終えて笑みを浮かべ、声援に応えました。

直前に滑った坂本花織が会心の演技を見せて、暫定トップに立ちました。
しかし、宮原知子はそのプレッシャーを感じさせず、優雅にタンゴを舞いました。
フィギュアスケート、まして女子シングルに対する形容に的確と思えませんが、危なげのない「横綱相撲」です。
風格と貫禄を感じさせます。
ジャンプを含めた演技の「安定感」が抜群であり、自らを追いかける坂本花織を圧倒しました。
(二人を喧嘩させようという気はありません、念のため。)

シーズン初戦ですが、悪い点を見つけられないほど完成度が高まっています。
「質」を重視した採点ルールへの変更も追い風にしており、それは実力があってこそ可能です。
宮原知子の次戦は11月9〜11日に広島で行われる「NHK杯」です。
12月のGPファイナル進出は間違いないでしょう。

category:宮原知子ブログはこちら。

◇◆◇

宮原知子に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年3月23日「宮原知子は「美しい十代」を総括する滑りを!」はこちら。

⇒2018年3月20日「宮原知子、世界選手権3枠確保はエースの責任」はこちら。

⇒2018年2月11日「宮原知子、平昌五輪銅メダル獲得の必要条件」はこちら。

⇒2018年2月11日「宮原知子、足は子鹿ちゃん、頭はおでこちゃん」はこちら。

⇒2018年2月4日「宮原知子と濱田美栄コーチ、自己ベストの平昌五輪」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

本田真凜の得点次第でスケートアメリカ表彰台独占へ

グランプリ(GP)シリーズ「スケートアメリカ」
表彰台独占は本田真凜のFSの得点次第か

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第1戦「スケートアメリカ」がワシントン州エバレットで行われています。

女子のショートプログラム(SP)。
平昌五輪4位の宮原知子が 73.86点で首位に立ち、6位の坂本花織は 71.29点で2位につけました。
二人とも、このくらいの得点は当然です。
私が注目した本田真凜は62.74点で4位に留まりました。

本田真凜は回転不足を取られて表情が一変

本田真凜はミスなく演技を終え、笑顔で両手を突き上げてガッツポーズを見せました。
しかし、冒頭の3回転ループ―3回転トウループの連続ジャンプ、後半の3回転フリップで回転不足を取られました。

本田真凜は浅田真央を指導したこともあるラファエル・アルトゥニアンコーチのもとで練習を積んでいます。
真価が問われるシーズンですが、得点を確かめて表情が曇りました。

本田真凜は自ら口にするとおり練習漬けの毎日を送っているのでしょう。
体つきが引き締まった印象を受けました。
動きも大きく、きびきびしています。
アーティストというだけでなくアスリートという雰囲気が漂いはじめました。

本田真凜は「新生」とまではいきませんが、明確な変化が見て取れます。
私は順調な再スタートを切れたと感じました。
(演技の出来も素晴らしかったと思います。)

中野園子は坂本花織を「いい子」となでる

坂本花織は演技に安定感が増し、ジャンプもダイナミックです。
ノーミスです。
得点が出ると中野園子コーチからいい子、いい子と頭をなでられました。

本人は今シーズンに結果を残さないと、オリンピック出場はまぐれと思われると語っています。
そんな心配は不要です。
あの時点の実力どおりの代表選考でした。

坂本花織は大舞台の経験を踏み、ずいぶんと落ち着いて滑れるようになりました。
動きの大きさだけでなく柔らかさを感じさせます。
宮原知子を超えそうな勢いです。

宮原知子はスケートアメリカ2連覇へ余裕

宮原知子は冒頭の3回転ルッツ−3回転トウループの連続ジャンプを決めました。
ノーミスです。
回転不足の判定を受けた9月のUSインターナショナルから得点を伸ばしました。
スケートアメリカで2連覇を目指しています。

日本女子のエース・宮原知子はさすがでした。
が、ジャンプにもうちょっと伸びやかさがほしいと思いました。
(高さがなく、滞空時間が短いからそう感じるのでしょうか。)
また、選手が丁寧に滑ろうとしすぎると、見る側は緊張や怖さを感じてしまってリラックスできません。
初戦のせいか、演技全体に硬さが出ました・・・。

派手さはありませんが、宮原知子はいまでも着実に成長を遂げています。



4位の本田真凜は3位につけたロシアのソフィア・サモドゥロワと僅差です。
(アリーナ・ザギトワと同い年生まれで、今シーズンがシニアデビューの選手です。)
本田真凜はフリースケーティング(FS)が得意のはずですので、日本勢がスケートアメリカの表彰台を独占するかもしれません。

女子のFSは21日(日本時間22日)に行われます。
また、GPシリーズの成績上位6人が出場するGPファイナルは12月5〜9日にカナダ・バンクーバーで行われます。
ここに進出するにはスケートアメリカでどうしても3位以内に入っておきたいところです。

category:本田真凜ブログはこちら。

◆書き加え(10月22日)

FSはジャンプがミスの連続で散々の出来だったようです。
(日本選手では本田真凜の演技だけ見られませんでした。)
冒頭の3回転ルッツ―3回転トウループの連続ジャンプで転び、右足首を捻りました。

朝の練習から違和感があり、痛みが出ていたとのこと。
ならば、コーチか本人の判断で演技を途中で打ち切るべきでしょう。
転びっ放しのイメージがすり込まれ、マイナスになります。
また、負傷を悪化させるとシーズンを棒に振りますし、選手生命に関わる恐れもあります。

◇◆◇

本田真凜に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年10月21日「本田真凜とアルトゥニアンのスケートアメリカに注目」はこちら。

⇒2018年4月29日「本田真凜、アルトゥニアンコーチとジャンプ強化」はこちら。

⇒2017年12月21日「本田真凜は一発逆転、金の鳥と平昌五輪代表へ」はこちら。

⇒2017年12月15日「残り1枠に本田真凜の奇跡、NHKアスリートの魂」はこちら。

⇒2017年11月11日「本田真凜の得点が低すぎるフィギュア採点」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

本田真凜とアルトゥニアンのスケートアメリカに注目

本田真凜とラファエル・アルトゥニアンコーチ
注目はジャンプの出来と自己ベストの得点

私はウェブで本田真凜に関する情報に触れました。
久しぶりです。

本田真凜は濱田美栄コーチのもとを去り、今春から練習拠点をロサンゼルスに移しました。
そして米国のネイサン・チェンなどを擁するラファエル・アルトゥニアンコーチに師事しています。
同コーチは世界選手権で5度の優勝を誇るミシェル・クワンも育てています。
軽井沢での強化合宿の際に、新生活について「言葉と食事のほかはすべてよかった」と語っていました。

私は本田真凜が「練習嫌い」という噂を聞いたことがあります。
しかし、たとえライバルが欠場したとはいえ、実力なしに世界ジュニア選手権で金メダルを獲れるはずがありません。
トップスケーターと比べ、いくらかは必死さに欠けているくらいだと思っていました。
その後、生まれ持った才能と感性であそこまで滑れたのだということが分かりました。
(むろん練習を積んでいることは知っています。)

本田真凜は、スケート中心の生活に変わり、朝から夕方まで氷上練習や陸上トレーニング、ダンスなどに費やしています。
しっかりと目標を持てるようになり、練習のありようが違ってきました。
オン・オフの切り替えをしやすいのも性分に合っているのでしょう。

今シーズンはショートプログラム(SP)が「セブン・ネーション・アーミー」、フリースケーティング(FS)が「ラバーズ」です。



フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ初戦「スケートアメリカ」が19日(日本時間20日)にワシントン州エバレットで行われます。
そこに、本田真凜が登場します。

「SPもフリーも自己ベストを目指す」と語った本田真凜は公式練習の3回転ジャンプで転倒する場面がありました。
ラファエル・アルトゥニアンコーチの教えでジャンプの跳び方や前後のステップを変えました。
オリンピックシーズンと重なったシニアデビューシーズンは大きな壁にぶつかり、伸び悩みました。

公式練習では2連覇を目指す宮原知子や坂本花織も滑りました。
とりわけ平昌五輪日本代表の2選手には負けたくないでしょう。
私は新生・本田真凜を見られることを楽しみにしています。

SPは20日(同21日)、FSは21日(同22日)になります。

category:本田真凜ブログはこちら。

◆書き加え(10月21日)

SPの出来は素晴らしかったと思います。
私は素人なので、どうも回転不足の判定が腑に落ちません。
得点は伸び悩みましたが、気落ちせずにFSで巻き返してください。
華があり、演技の艶(つや)に魅せられます。

◇◆◇

本田真凜に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年4月29日「本田真凜、アルトゥニアンコーチとジャンプ強化」はこちら。

⇒2017年12月21日「本田真凜は一発逆転、金の鳥と平昌五輪代表へ」はこちら。

⇒2017年12月15日「残り1枠に本田真凜の奇跡、NHKアスリートの魂」はこちら。

⇒2017年11月11日「本田真凜の得点が低すぎるフィギュア採点」はこちら。

⇒2017年11月7日「本田真凜、五輪代表選考レースから脱落か」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

サービスロボットの創り手と使い手をつなぐ勉強会&交流会

創り手と使い手をつなぐ売り手を発掘する
「ロボットビジネス勉強会」を開催
ローテク・アナログ企業でも取り扱える先端商材にフォーカス

和田創研はサービスロボットの創り手と使い手をつなぐ「売り手」の発掘と育成を目指し、任意団体「ロボットビジネス勉強会」を月例会方式で開催しています。

ゲストは先端分野のメーカー・ベンダーです。
AIやITなどを含めた広義のロボットのプレゼンテーションやデモンストレーションを行います。

参加者はおもに文系・アナログ・ローテクの社長が率いる中小企業です。
これからロボットビジネスを始めたい、あるいは既存事業や既存商品に先端技術を取り入れたいと考えています。
専門知識を持たなくても十分に内容を理解することができます。

先週の幕張メッセの「CEATEC」、東京ビッグサイトの「Robot Week」、今週の幕張メッセの「Japan IT Week」「クラウドコンピューティングEXPO」など大がかりな展示会が続きます。
会場の賑わいから、先端分野が急拡大を遂げていることが実感できます。

ロボットビジネス勉強会は市場縮小や事業衰退に直面する中小企業の活性化、技術革新の荒波にもまれる中小企業の環境適応に一役買いたいと願っています。

ロボットビジネス勉強会(交流会)ウェブサイト

◆第11回ロボットビジネス勉強会&交流会

日 程◇2018年10月24日(水)
時 間◇午後6時30分〜8時30分(名刺交換タイムあり)
内 容◇マーケティングオートメーションなら見込客数と商談数をどんどん増やせる
    ホットリード育成MAツール
    購入・発注のタイミングを見極め、ピンポイントでアプローチ
会 場◇JR東京駅そば(申込者に連絡)
参加費◇3千円(会場費・機材費など実費程度。消費税別途)
備 考◇終了後に有志の交流会あり(近隣飲食店。実費)

「ロボットビジネス勉強会」は任意団体であり、主宰者や運営者の営利事業でありません。
ゲストからも参加者からも紹介料や仲介料などを一切いただいておりません。
各自の判断と責任に基づいて希望者は後日、メーカー・ベンダーと直接やり取りを行ってください。

本セミナーの詳しいご案内と参加のお申し込みはこちら。
「第11回ロボットビジネス勉強会 〜ホットリード育成MAツール」

どうか奮ってご参加ください(先着順受付につき、満席の節はご容赦ください)。

◆主宰者紹介

和田創研代表/シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

営業の数字づくりに特化した経営コンサルタントです。
2017年、職業人生のラストステージと定める「66歳〜77歳」に差しかかり、典型的な文系・アナログ・ローテク人間が一番苦手とする最先端ビジネスに挑んでいます。
クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指します。
この内、自らは11社の設立に踏み切り、キャリアの総決算にしたいと悪戦苦闘しています。

両親がアルツハイマーの家系であり、77歳頃に発症して植物人間の状態が長く続きました。
自らのカウントダウンもすでに始まっていると覚悟を決めていますが、「頭が働くかぎりはたとえ半歩でも前へ進みたい」と、心から願っています。

合わせて「66歳からの起業」を広く呼びかけており、社会的なムーブメントに盛り上げるために起業セミナーも随時行っています。

和田創研ウェブサイト

和田創プロフィール

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

オンライン商談システムが人員削減と売上向上を両立

オンライン商談システム「WEBsales」登場
「足を運ばない営業」へ変革、採用難も働き方改革もクリア

和田創研は実を結ばない「相対商談」の非効率性を排除するオンライン商談システム「WEBsales」をリリースします。

本サービスを利用することにより既存顧客との面談件数はもちろんのこと、新規顧客との接触件数が大幅に増えます。
人員削減と売上向上を両立するウェブ営業ソリューションです。

先端技術により営業生産性を向上し、一層の経営合理化を推進して高収益体質の実現に寄与します。

《開発背景》
不人気な営業職は売り手市場であり、採用を含めた雇用コストが高騰しています。
しかも、人口減少や働き方改革、競争激化や市場縮小の大波に見舞われています。
社員が減っても売り上げを伸ばせる「足を運ばない営業」への変革が不可欠です。

PC画面を通じたオンライン商談は米国ではすでに9割近くに達しています。
日本でも急速に普及し、東京五輪開催をはさむ数年ほどで主流になると予想されています。

オンライン商談システム「WEBsales」

◆リアル営業とウェブ営業、4つのプラン
オンライン商談システム「WEBsales」ではリアル営業とウェブ営業の選択・複合による4つのプランのいずれかで「ウェブ営業チーム」を立ち上げます。

◇プラン1 創設(営業確立)
これから営業部門をつくるなら、ハードルの低いオンライン商談に絞り込むのもよいでしょう。
例えば、業務上の打ち合わせで売り上げを立てられるために営業社員がいない企業がありますが、ずっと引き合いが寄せられるという保証はありません。

オンライン商談では価値を生まない移動時間がなく、交通費や出張費などもかかりません。
地方、東京、世界といった距離の壁がなくなり、新規顧客との接点も拡大します。

◇プラン2 区分(営業併用)
営業社員が適性と能力によりリアル営業(フィールドセールス)チームとウェブ営業(インサイドセールス)チームに分かれます。
わざわざ足を運ぶのは高付加価値な商談に限定します。
あるいは、営業社員が顧客や案件の重要度によりリアル営業とウェブ営業を使い分けます。

見込客の有望度をオンライン商談で探ったうえで足を運ぶこともできますので引き合いに振り回され、徒労に終わる状態も解消します。

かたや、顧客のほうも営業社員の訪問に対応する社員と手間を減らしたいと考えています。
また、時間の都合をつけやすいオンライン商談を望んでいます。
双方のメリットは絶大です。

◇プラン3 移行(営業転換)
リアル営業を行う営業社員を思い切ってゼロにします。
狩猟型のフィールドセールスでなく農耕型のインサイドセールスで十分であり、とくに長期の関係形成を土台とした営業活動を重んじる企業に向きます。

「顔出し⇒御用聞き⇒見積書対応」が主体になる習慣性の客回りはウェブ営業に完全に切り替えられる可能性があります。
在宅勤務を取り入れると社員の採用や定着が容易になるうえ、一商談当たりのコストを劇的に下げられます。

◇プラン4 外注(営業委託)
ウェブ営業をアウトソーシングにします。
営業社員の採用や労務管理など、さまざまな苦労から解放されます。

プラン1の「創設(営業確立)」やプラン3の「移行(営業転換)」に適用できます。
プラン2の「区分(営業併用)」のうち、ウェブ営業だけにも適用できます。

オンライン商談システム「WEBsales」

◆社内混乱や売上低下の心配不要
営業特性、販売・受注課題に即し、あくまでユーザーサイドに立って、最適なオンライン商談システムを提案します。
外部のウェブ営業チームでのテストを経て導入しますので、一時的な社内混乱や売上低下が起こる心配がありません。
短期間でオンライン商談が確実に根づきます。

◇こんな会社にお奨め
1.ビジネスチャンスを広げたい
2.営業の収益性を改善・向上したい
3.営業のムダやぜい肉をそぎ落としたい
4.優良な営業ノウハウを蓄積・再現したい
5.低迷者を底上げ、未経験者を戦力化したい

◇優れた使い勝手
1.準備不要(登録・アプリインストール不要)
2.瞬時接続(数秒でオンライン商談スタート)
3.操作簡単(とにかくシンプル。技術不要)
4.顧客共有(PC画面に営業資料・提案書表示)
5.商談支援(PC画面でマニュアル・スクリプト参照)

当社は導入時のコンサルティングと運用時のアフターサポートに注力します。
なお、「どのようなものか、ちょっと試してみたい」という企業のために即利用できる、きわめて低額のクラウドサービスもご用意しています。

当該ウェブサイトは制作中ですので、こちらのパンフレットをご覧ください。

オンライン商談システム「WEBsales」

疑問点や不明点は何なりとお問い合わせください。
誠実・丁寧にお答えします。

和田創研ウェブサイト

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

値上げ交渉マニュアル 〜価格・条件交渉の急所

取引縮小・解消を招かずに同意を取りつける
中小・下請けに必須の『値上げ交渉マニュアル』を発売
「値上げは善」。原材料・人件費上昇、消費税増税の荒波を乗り切れ!

==============================

和田創研は、適正な利益を確保するうえで必須の『値上げ交渉マニュアル』を発売します。
取引縮小・解消を招かずに同意を取りつける価格・条件交渉の急所とコツを公開しました。
本マニュアルに従えば中小や下請けなど、顧客との力関係が弱い企業でも値上げに踏み切ることが可能です。

勝ち組の共通点は概して「価格設定が高い」こと。
社業発展の原資となる「利益」をきちんと確保しています。

値上げは利益改善の即効薬です。
また、「低価格志向」から脱却するきっかけにもなります。
本マニュアルには、社長・幹部に限定した丸一日分の指導内容を完全収録しています。

《発売背景・趣旨》
このところ企業が「値上げ交渉」へ動き出しています。
原材料・人件費上昇、消費税増税など、外部要因によるコストアップは経営努力でカバーしきれないこともあります。
自社が一方的に泣くのでは体力を失い、最終的に顧客に迷惑をかけます。

幸い、世界経済の好調、東京五輪の前景気という緩やかな追い風が吹いています。
当社は格好のチャンスを逃さず、顧客に値上げを働きかけてほしいと呼びかけてきました。

『値上げ交渉マニュアル』

◆「値上げは善」という意識改革

正しい値上げは、会社はもちろん社員を豊かにします。
もろもろの企業活動や労働条件の改善を図れ、社員満足度(ES)が向上します。
それだけでなく顧客を豊かにします。
商品の改良や開発、営業の強化や向上を図れ、顧客満足度(CS)が向上します。
「値上げは善」という意識改革が前提となります。

値上げが「顧客第一」の理念の実践につながることを理解している社長は決して多くはありません。
普段なおざりにしがちな貢献を徹底的に掘り下げる機会となります。
本マニュアルの刊行には、会社をよくするスイッチとして「値上げ」を用いてほしいとの願いも込めました。

◆内容構成

ぜい肉をそぎ落とした明快解説です。

〔はじめに〕交渉で目論見どおりの成果を収める
1 なぜ値上げに踏み切るべきか
  正しい値上げ交渉は互いを豊かにする
2 値上げには環境の整備が先決
  マネジメント&マーケティングを正す
3 値上げ交渉を成功へ導く準備
  新たな価格設定を認めてもらうために
4 手はずを整えて値上げ交渉へ
  全員が勇気と自信を持って動き出そう
5 値上げ交渉で使える実践技術
  これで難しい場面を何とか乗り切れる
6 値上げ交渉のケーススタディ
  収益確保と生き残りを叶えた成功事例
7 値上げ交渉のワークショップ
  最優先すべきはタイムテーブルづくり
〔あすから〕ロイヤル・カスタマーの確保を狙う

幹部や精鋭を対象とした社内研修のテキストにも最適です。

◆仕様・価格・特典

1)A4判・横位置・約90ページ。バインダー入り
2)価格:30,000円(消費税別途。送料込み)

『値上げ交渉マニュアル』の発売を記念して、特典を用意しました。
購入者にもれなく和田創著『社長の営業力 〜トップセールスによる大きな数字のつくり方』を進呈します(予定数に達し次第、終了します)。
会社を回せる、もしくは社員を養える優良顧客・大口商談を取り込むポイントを四六判・ 235ページの書籍にまとめています。
社長の勉強会などで使われ、高い評価を得てきました。

『値上げ交渉マニュアル』『社長の営業力』を合わせてご利用くださることで収益伸長に大きな弾みがつきます。

『値上げ交渉マニュアル』

『社長の営業力』

◆値上げはプロジェクト方式で遂行

値上げは「営業の交渉」でなく「経営の意思」であり、決断が素早い中小企業、それもオーナー企業ほど行いやすくなります。
社長のリーダーシップが重要になるのは当然として、「プロジェクト方式」で遂行します。

値上げ交渉の成否は、事前準備でほぼ決まります。
顧客に提供する価値を高められるなら、価格を上げるのは難しくありません。
当社は、クライアントを値上げできる会社にすることを使命と考えきました。
コンサルティング&ファシリテーションを通じて「値上げプロジェクト」の発足⇒運営⇒実行⇒成功に寄り添っています。

「値上げプロジェクト」

◆値上げ交渉の研修とセミナーも実施

当社は「値上げ交渉」をテーマとした企業研修と公開セミナーを行ってきました。
今回発売したマニュアルはその際に用いる講師用テキストをベースにしています。

なお、公開セミナーについては「値上げ交渉の進め方」と「値引き対策の進め方」を2日連続で開催しています。
どちらも利益率を高めるための具体的な方策です。
せっかく値上げに踏み切っても値引きに頼っては意味がありません。
セットでの受講をお奨めしています。

「値上げ交渉研修」

「値上げ交渉セミナー」

「値引き対策研修」

値引き対策セミナー

和田創研ウェブサイト

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ