コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

日本初の「起業ネットワーク」を!

4日のブログでこう述べた。
サラリーマンのうちに「無償で、他人の会社を手伝う」ことにより、起業の練習と研鑽を積んでおく。
実は、そうしたやり方は、起業を助ける側だけでなく、起業に挑む側にも大きなメリットがある。
私は、日本にそろそろ「起業ネットワーク」が形成されるべきだと考えている。
残念ながら、現在は「起業家ネットワーク」の類しかない。これらは起業家やそれもどきの集まりである。
その効用を否定するわけでないが、大半は軽い交流の場としてしか機能していない。
ところで、日本でも起業を促すため、それを支援するインフラがかなり固まってきた。
第1は、ノウハウ面―。
さまざまな公的機関や民間組織が、アントレプレナースクールや創業講座、起業塾などを催している。
それなりの参加者があるようだ。
いよいよ開業という直前には、個別相談に応じる。
第2は、資金面―。
公的機関が中心になるが、所定の条件を満たせば、開業時に融資を行う。
また、証券系や銀行系などのベンチャーキャピタルが出揃い、開業後に資金調達に応じる。
さらに、エンジェルと呼ばれる個人投資家も現れる。
ところが、肝心の問題が見落とされている。
第3は、人材面―。
会社を立ちあげた時点や直後に、起業家が切実に望むのは“手助け”である。
彼が万能ということは、まずない。経営を軌道に乗せるには、いくつかの専門的な知識や技能が必要になる。
それぞれの分野に通じた人の、ちょっとした関与や助言が非常にありがたい。
現行の起業支援は、ノウハウ面と資金面に偏り、人材面に手薄である。いや、ないに等しい。
起業を手伝うボランティアが不可欠だ。
すなわち、「起業ボランティア」の概念が定着し、その組織が確立されること!
他人の起業を助けながら「当事者経験」を積み、やがて自分の起業を助けられる。
以上、3つの面がバランスよく整備されなければ、起業による日本経済の活性化は叶わないだろう。

人気ブログランキング ←応援クリック、いま何位?
毛筆で味わう

就職を急ぐなら、面接を減らす

「有効求人倍率」が上昇している。
新卒や一部の職種については、極端な“売り手市場”に転じたようだ。
ところが、中高年の再就職については、いまだに厳しい。
求職中の人、とくに中高年が知っておくべきことがある。
決まらない「面接」を延々と繰り返す時間があるなら、「無償で、他人の会社を手伝う」。
会社から給料をもらい、まして正社員に収まろうとすると、なかなかよい返事が得られない。
しかし、これまで培った縁やツテを生かし、「タダで働かせてください」と申し入れると、オーナー系の中堅企業や中小企業では、すんなり決まりやすい。
タダだから、失業保険もしっかり受け取れる。
いくつかの業種や会社を経験できるかもしれない。
いいこと尽くめ!
就職を急ぐなら、このやり方をぜひ検討してほしい。
ただし、これまでの職業人生に責任を持てる人や、身につけた職能・技術に自信を持てる人しか通用しない。
そうでないと、ほんとうにタダ働きになる恐れがある。

人気ブログランキング ←応援クリック、いま何位?
毛筆で味わう

ブログの威力に驚き。頭が爆発寸前

私は2月に和田創研のホームページに、自分のブログコーナーを設けた。
いくらか反応があった…。
ところが、知人が「そのやり方では大変だし、もったいない」とアドバイスしてくれた。
ということで最近、いわゆる「ブログサービス」に投稿しはじめた。さらに1週間後くらいに「ブログランキング」に登録するようになった。
かなり辛口の内容であり、私は大勢から好かれるほうでないので、順位は百位前後と振るわない。
しかし、まだ日が浅いというのに、すでに貴重なきっかけをかなりいただいている。
私は、その威力の凄まじさに驚きを隠せない…。
そうした“縁”は、私の人的活動の範囲では恐らく掴めなかったのではないか。
ネットを通じた「つながり」の広さと速さは、私の想像をはるかに超えるレベルだった!
近い将来、仕事どころか運命が変わりそうな予感がある。
私はいま、押し寄せる縁により、人生が別物になる期待と興奮の真っ只中にいる…。
ただし、きっかけをいただくのは嬉しくありがたいのだが、それを生かし切れるだろうか、それに応え切れるだろうか。
正直に明かすと、キャパシティオーバーの状態に近い。
私はベンチャーの創設に参画した責任上、早急にコンテンツをつくり込み、講演を行わなければならない。
さらに、それと関連し、このブログをまとめあげ、本を出さなければならない。
すでに十分に重いが、ご好意の一部にすぎない…。
最近は、頭が勝手に動き、熱がずっとこもる。自分の意思で回転を止められない。
爆発寸前!
体がくたくたなのに、寝つきが悪く、眠りが浅い。すぐに目が覚める、幾度も目が覚める。
疲労が抜けず、溜まる一方…。
梅雨と盛夏を乗り切れるか、不安になってきた。

人気ブログランキング ←応援クリック、いま何位?
毛筆で味わう

営業を通じて自分を磨き、相手を高める

6月7日のブログで、徳川将軍家の剣の指南役、「柳生家」の家訓を取り上げた。
そして、「剣を通じて自分を磨き、相手を高める」と述べた。「活人剣」である。
さて、この剣は、「営業」に置き換えられそうだ。
「営業を通じて自分を磨き、相手を高める」。
営業の仕事とは、そういうこと。
私たちは、“誇り”の世界で働いている。

人気ブログランキング ←応援クリック、いま何位?
毛筆で味わう

営業実践大学のコミュニティを開設

月曜日か火曜日、「ミクシィ」に入会した。
私は何事も奥手である。臆病なのかなぁ。
いまの仕事との絡みもあり、SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)なるものを体験し、実感しておきたかった。
むろん、未知の方々との意見交換を通じて刺激を受けたいし、ネットワークを広げたい。
新しい情報や深い知恵は、何より「人」に属する。
それらに容易に触れられる環境が整ったのだから、使わない手はない。
私の場合は、恐る恐るだが…。
そのついでといっては何だが、昨日、ミクシィに「NPO法人営業実践大学」のコミュニティを設けた。
地味な集まりなので、時間はかかるだろうが、大切に育てていきたい。
管理人の承認を前提として、「営業」を学ぼうとする人なら、だれでも自由に参加できる。
このなかから本大学の会員に加わる方が現れれば、うれしい。
一番は、「会員」の皆さまの参加!
ご存知だと思うが、「ミクシィ」の入会は無料で、手続きはごく簡単だ。
お待ちしています。

人気ブログランキング ←応援クリック、いま何位?
毛筆で味わう

起業家、経営者への第1歩とは…

一昨日の続き―。
2日のブログで、サラリーマンが独立する際に、“起業”のリスクを減らし、成功率を高めるにはどのように進めたらよいか、賢い段取りについて述べた。
そして、「自社を飛び出す前に、仕事をはみ出す」ことが絶対だと結論づけた。
すなわち、サラリーマンのうちに「無償で、他人の会社を手伝う」ことにより、起業の練習と研鑽を積んでおく。
私が先ごろ参画したベンチャーは、ごく短期間での株式公開を目指して走り出したが、真冬の準備から初夏の設立、そして秋口の稼動まで、まったく無報酬である。
それどころか交通費や通信費、食事代、プロジェクトに関わる資料代など、すべて自腹である。
しかし、このプロジェクトの一員になったことが、変化の乏しい職業人生に「自己革新」を巻き起こした。かつて、これほど凄まじい“学び”を経験しただろうか。
私はサラリーマンでないが、本業から一定の“収入”がある。だからこそ、「無償で、他人の会社を手伝う」ことができる。
結果として、私は身内になり、「執行役員」に収まっていた。さらに、このベンチャーが東証マザーズ、東証一部に上場したあかつきに、私が得るものは決して少なくない。
このブログで幾度も述べているが、「目標設定」を行ったところで意味がない。
例えば、6月11日の「職業人生を変えたドラッカーの言葉」である。ブログの一部を引用しよう。
「私は、いわゆるライフプランやキャリアプランなどをつくったことがある。けれどまったくズレていた。
勉強でも仕事でも、自分が“得る”目標を定め、得る計画を立てていた。想像を絶するバカとはこれ。
そう、個人か企業か問わず、周りに“与える”目標を定め、与える計画を立てればよい。そしてひたすら“行う”。
どの道、人間社会では、得ようとして得られるはずもない。大多数が得ようとしているのだから…。
得ようとして得られるなら、私たちはとっくに豊かさと幸せをつかんでいる」。
また、6月16日の「学んでいるのに縁を生かせない悲劇」である。
もう一度言おう。
「無償で、他人の会社を手伝う」。
それが、少ない資金で大きな成功を収める起業家、経営者への第1歩である。
どう、簡単でしょう、これなら即可能!
ちなみに、私はもう2社、立ちあげを無償で手伝おうとしているところ…。

人気ブログランキング ←応援クリック、いま何位?
毛筆で味わう

月刊営業人での原稿執筆者を募集!

営業実践大学の会報『月刊営業人』では、秋からの1年連載を引き受けてくださる会員を何名か求めている。
生意気を申せば、文章力がないから執筆できないなどと考えないこと。執筆するから文章力がつく。
過去に、本誌での連載が、著名企業のPR活動に全面的に採用された会員がいる。とても素敵な単行本(ハードカバー)で、しかも相当な部数だった。事務局も1部いただいた。
とくに数ページの連載を引き受けてくださる方は大歓迎!
ちなみに4〜6ページで1年間連載すると、単行本1冊の分量になる。ぜひとも、出版社から“市販図書”として刊行してほしい。
現在2名が連載中だが、いずれも書店の店頭に並ぶはず。記念すべき第1作になる。
実名でなくペンネームでもOK。印税を楽しんで!
事務局は、内容への助言や有力出版社の紹介など、微力ながら応援する。
執筆経験は、一切問わない。営業力強化、キャリアアップ、自己実現などを目指している方に、強くお勧め!
1冊の本を出すことで、あなたの職業人生はもとより、人生そのものが大きく変わるかもしれない。
詳細については、本大学のホームページと、「原稿執筆要項」コーナーをご覧いただきたい。
皆さまの勇気ある挑戦をお待ちしています。

人気ブログランキング ←応援クリック、いま何位?
毛筆で味わう

「和田創/企画入門講座」がアップ

「和田創/企画入門講座」の7月分「編集企画の愉しみ」がホームページにアップした。
私が日本実業出版社から刊行した『企画の愉しみ』を、毎月1章ずつ公開している。
私の処女作なので、思い入れは格別である。
企画と企画書を学ぼうとする方々の参考になるだろう。
ぜひご愛読ください。
…ところで、私は、このブログの内容を取りまとめ、今年中に「本」を出そうとしている。
年明けから目が回る忙しさが続く。
あっ、けさ、実際に目が回った!
あすはさらに忙しい。虎ノ門と六本木できわめて重要なミーティングが3本入っている。
その合間を縫い、もろもろの仕事をこなさなければならない。ブログも、本も、その一つ。
とくに本を執筆する時間を編み出すのに四苦八苦している。
となると、入浴の時間が惜しい。体が臭いせいか、アメショーがだれも一緒に寝てくれなくなった。ネコは敏感!
「最近、溜め息ばかりついている」。
妻にそう言われ、ハッとした…。

人気ブログランキング ←応援クリック、いま何位?
毛筆で味わう

無料で使えるSFAツールがある

6月26日のブログで、「営業ソフトはもうすぐタダに…」と述べた。
和田創研はIT企業とジョイントベンチャーを立ちあげ、来年度の市場導入を目指している。
これについて、その分野の専門家から情報が寄せられた。
「SFAツールを無料で使いたいというお問い合わせを数件受けていましたので、紹介します」。
関心があれば、この方のブログを覗いてほしい。
その名もずばり「SFAとCRMの賢い活用方法ブログ」である。
営業系ソフト・システムに特化しており、非常に詳しい。

人気ブログランキング ←応援クリック、いま何位?
毛筆で味わう

三菱UFJで提案営業セミナー!

来週水曜日と木曜日、新宿西口のエルタワーにて、三菱UFJリサーチ&コンサルティングが主催する「提案営業セミナー」で講師を務める。
私は2日間にわたり、本物の提案営業、注目のソリューションセールスをじっくりと指導する。
1日目は、提案営業の考え方と進め方の基礎。
2日目は、提案営業の成功事例と提案書の実際。
両日の受講が望ましいが、いずれかを選ぶことも可能である。
皆さまお誘い合わせのうえ、大勢でご参加ください。
では、会場でお会いしましょう。

人気ブログランキング ←応援クリック、いま何位?
毛筆で味わう
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ