コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

本を読むとは、自分が変わること

私はこのブログで、いわゆる「読書」について、たびたび取りあげてきた。
なかには誤解する方がいて、「あなたは本が嫌いですか」「おまえは本を憎んでいるのか」。
嫌いでないし、まして憎んでいない。どちらかといえば、本は好きなほうである。学生時代、暇つぶしに重宝した。
私が言いたいことは一つ。
せっかく読むのだから、本との“つきあい方”を考えて、より多く学んでほしい。
とくに仕事や業務に関わる読書については、自分の豊かさと幸せに確実につながるものにしてほしい。
…たかが読書なのに、なぜこだわるのか?
私にとり、「本を読むとは、自分が変わること」を意味するからである。
変わる大変さ、変わるリスクは分かっているつもり。慎重、億劫、臆病になって当然だろう。
したがって、本に手を延ばせない。
私は、1冊読むと、長らく引きずりつづける。
「考え、そして行う」。
例えば、1冊本を書く。これにより、自分の仕事のステージが上がるのは許せるが、方向性が変わるのは怖い。
あるいは、読んだ本が「ベンチャー」に関する内容なら、1つ会社をつくる。
自分が“別人”になる可能性をはらむ…。
本を読むのはベッドに寝そべっていてもできるが、事を起こすのはたいがい命がけである。
実際、本に触れると、私のなかに眠っている何かが騒ぎ出す。脳に鳥肌が立ち、全身の血が逆流する感じ。
何せ世の中は、面白いことだらけ、つまらない仕事など一つもない。
いろんな世界をのぞいてしまうと、収拾がつかなくなる。
職業人生は“波乱万丈”に!
私は、読書を軽んじているわけでない。読書にストイックなのだろう。
覚悟が決まらない限り、本に手を延ばせない。
「読書とは、己の運命を揺るがす冒険である」。
…私が最近出会い、つきあっている人たちは、高学歴だ。最高邦を卒業した方が多い。
「頭がいい」ところへもってきて、まあよく本を読むこと。
でも、私がそれ以上に感心するのは、読んだらかならず考え、すぐ使う、しっかり行うこと!
「成果」への直結性に、目を見張らざるをえない。
20代、30代の社長、役員が大勢いる。しかも、ベンチャーの経営層にありがちな浮ついたところがみじんもない。
もちろん、圧巻は、彼らを見抜き、引き立て、束ねるボスであることは論を待たない。

Copyright ©2007 by Sou Wada

人気ブログランキング ←応援クリック、いま何位?
毛筆で味わう

東大卒とリクルート出身者だらけに

26日のブログ「営業ソフトはもうすぐタダに…」について、コメントをいただいた。
私は、その方のブログをのぞき、びっくり!
SFA、CRMのスペシャリストである。
そこで、昨夜24時近く、「よろしければ本プロジェクトにオブザーバとして参画しませんか」と返した。
即座に「喜んで参加させていただきたいと思います」。
私は、この方をまったく知らない。プロフィールが不明だ。何屋さんなのだろう?
機密保持の件、そして報酬の件があるので、すべては一度お会いしてから…。
まもなく和田創研とIT企業との「ジョイントベンチャー」を立ち上げる。
ここに加わっていただくことになれば、鬼に金棒!
ますます夢が膨らむ。
…今年になって会社のホームページを開設し、先ごろ個人のブログを登録した(遅い遅い)。
それ以来、出会いが凄い、とくに「質」が…。
私の周りは東大卒とリクルート出身者だらけになってきた。
明治大学を5年で中退し、会社勤務をまったく経験していないので、肩身が狭い。
でも、知ってか知らずか、だれも“雑草”の私にそうしたことを尋ねてこない。
彼らの優しさだろう。
気のせいか、私に対してだけは、「ミッション」や「アライアンス」といったカタカナ言葉が少ない。

Copyright ©2007 by Sou Wada

人気ブログランキング ←応援クリック、いま何位?
毛筆で味わう

営業ソフトを無料化!

一昨日、営業ソフトの無料化について打ち合わせを持った。
「ビジネスモデル」の細部を決め込む段階に入っている。
むろん、顧客のベネフィットにフォーカスし、私たちがどこまで踏み込んで“貢献”できるかである。
有料でなく、無料だからこそ肝心。妥協は禁物。
「これはいいっ!」。
そんなアイデアが固まってきた。
興奮するなぁ…。

Copyright ©2007 by Sou Wada

究極の選択で社長はどちらを選ぶか

27日のブログの内容に関し、和田創研の顧客先企業の役員の方から、異議を唱えるメールをいただいた。
わりと長文で、行間に怒りが感じられる。
「社長は、社員を守らない」。
一度もリストラを行っていない会社である。この役員の方は、社長を尊敬しておられるのだろう…。
私は、それほど難しい話をしたつもりはない。
「社員をリストラしないと会社がつぶれるというぎりぎりの状態に追い込まれたとき、社長はそれを行う」。
実際、私がコンサルタントとして十余年見つづけてきたのは、リストラである。
社長は心のなかで社員に詫び、その家族を案じるが、そうするしかない。
つまり、会社がつぶれるか、社員をリストラするか、究極の選択では後者を選ぶと…。
私は、そんな状態に陥らないことを切に願う。
しかし、いよいよとなれば、そうした決断を絶対にダメと退けるわけにいかない。
だって、会社がなくなってしまうのだから…。
長い職業人生では、いろんな“大波”に見舞われるので、社員はしっかりと考え、ちゃんと備えよう。そうでないと、自分と家族の生活を守れないと…。
私が和田創研の社長として、社員に繰り返し述べている言葉がある。
「会社はつぶれるという前提で働いてほしい」。

Copyright ©2007 by Sou Wada

人気ブログランキング ←応援クリック、いま何位?
毛筆で味わう

会社は元気なうちに飲み込まれよう

「倒産の時代」が終わり、「再編の時代」に入った。
むろん、会社の倒産がなくなるわけでない…。
バブル崩壊後、経営者は変わった。自社が危ないとなると、ためらわずリストラに踏み切る。それでも立ち直らないとなると、すぐに身売りに動く。
社会の関心は、会社の再編に向かうようになる。
M&AやTOBなどによる、企業の取得や統合が急増する。事業や部門が対象になることもあるだろう…。
ところで、会社が弱ってから飲み込まれると、資本家や経営者は大損をする。私のようなオーナー社長がすべてを失うのは自業自得だから、どうでもよい。
悲惨なのは、社員である。
大半は、それまでの地位を下げられるか、奪われる。立場が弱いし、肩身も狭い。私の父は、ひどかった。
ただし、給料は上がることがないといえない。
…経営者、とくにオーナー社長は、自社の“衰退”が避けられない状態に陥ってから考えるのでは、明らかに遅い。
ということで、私は、2010年3月31日に和田創研をたたむ算段で動きはじめた。
早めに“次”を手当てしておけば、破格値での「閉店セール」を打たなくて済む。
長らく苦楽をともにした社員に対し、多少は“有利”な条件や環境を残せる…。
「会社は元気なうちに飲み込まれよう」。
これは、ベンチャーにも知っておいてほしい。創業10年後の生存率は10パーセントに満たないのだから…。
手遅れになると、アントレプレナーの再起が難しい。

Copyright ©2007 by Sou Wada

このブログはうちの社長に読んでもらいたいと感じましたら、クリックで応援してください。
人気ブログランキング ←応援クリック、いま何位?
毛筆で味わう

ベンチャーの一員として著作を刊行

昨夕、虎ノ門で、秋に出す「本」の打ち合わせを行った。久し振りの著作である。
私は怠け者のうえに優柔不断ときている。だれかに追い込まれないとダメなのだ。
つまり、尻を叩いてくれる人との相性がとてもよい(相手はちぇっと舌打ちしているだろうが…)。
この5年間、幾度か本を出そうと誓いながら、ずるずる先延ばしにしてきた。
これも、先ごろ設立されたベンチャーとの“縁”があって実現した企画といえよう。
ボスには、感謝の言葉が見つからない。
私は、この人が怖い。「凛」という形容がぴったり。
のらりくらりやってきた私は、この人にちょっと睨まれると、得意の言い訳が出てこない。
「創業メンバーの一員!」。
私のさびた責任感と闘争心に火がついた。
本は、私にとって初のテーマである。一人ではとても浮かばなかった。このブログもかなり収録する。
…刊行半年後には、仕事どころか人生まで変わってしまう予感がある。
優れた人との出会いにより、大きく変えられていく自分が楽しみでならない。

Copyright ©2007 by Sou Wada

このブログはふーんそうなんだと感じましたら、クリックで応援してください。
人気ブログランキング ←応援クリック、いま何位?
毛筆で味わう

「社長は、社員を守らない」

個人と個人のつきあいは、とっくに自由になった。
「処女でなければ」とか、「童貞でなければ」とか、だれもこだわらない。
それどころか、同性が愛し合う。
会社と会社のつきあいも、ずいぶん自由になった。
くっついたり離れたり、上になったり下になったり、飲み込んだり飲み込まれたり、「何でもあり」に近い。
ところが、唯一、自由でないのは、個人と会社のつきあいである。
例えば、「同期」という言葉を、私はいまだに耳にする。
それも経営者でなく、従業員が使っているのだ、特別の想いを込めて…。
新卒入社が、たまたま同じタイミングだったにすぎない。
大昔に、上層部への忠誠心を高め、仲間との連帯感を強め、組織からの離脱を防ぐために編み出された用語である。
終身雇用と年功序列が崩れ、リストラと身売りがはびこり、実力主義と成果給が根づいたというのに、いまさら「同期」はないでしょう。
雇う側はかなり変わったが、雇われる側はまるで変わっていない。
いまの“好況”が終われば、経営者はかならず減らす、削る、無くす。
現役の経営者がそう“言い切る”のだから、間違いない。
「社長は、社員を守らない」。
これがコンサルタントとして十余年、多くの企業を見てきた私の結論である。
自社のことは後に回し、自分と家族のことを先に案じよう。
私たちは、個人と会社のつきあいを、真剣に考え直すべき時期を迎えている。
私は願う。
「この世にせっかく生まれてきたからには、豊かさと幸せをつかんでほしい」。
なお、この「和田創ブログ」に掲載している原稿は、今秋刊行の図書に収録されます。

Copyright ©2007 by Sou Wada

このブログはそんなことを言っていいのと感じましたら、クリックで応援してください。
人気ブログランキング ←応援クリック、いま何位?
毛筆で味わう

「知識産業が滅びることを望む」

昨夜、24日のブログの内容に関してメールをいただいた。
「知識社会では、知識産業は滅びる」。
私の趣旨はこうである。
知識社会が本格化・高度化するなかで、知識産業に求められる価値や効用、知識産業が果たす役割や機能は変わるはずだし、変わるべきだ…。
それについて、当事者の自分も含めて、常識や既成概念に捉われず、まっさらで考えようということ。
実際、旧来の新聞や雑誌、書籍が部数を激しく落としている。
技術革新につれ、思いも寄らないメディアが次々と現れ、利用者にとっての“魅力”が薄れた結果にほかならない。
ユーザーの「利用」にどこまで踏み込めるか?
私は、知識産業の将来に“悲観”しているのでなく、“期待”しているのである。
「知識産業が滅びることを望む」などありえねーっ!

Copyright ©2007 by Sou Wada

このブログは真っ直ぐすぎて誤解されやすいと感じましたら、クリックで応援してください。
人気ブログランキング ←応援クリック、いま何位?
毛筆で味わう

変わらないリスクのほうが大きい!

昨日の続き―。
社会や経済が変わる。市場や顧客が変わる。会社やワークが変わる、かつてないほどに…。
時代が動くとき、自分や自社が変わるリスクより、「変わらないリスク」のほうがはるかに大きい。
これからが、それ―。
変わらないとは、「留まる」とは違う。周りが動くにもかかわらず、自分や自社が留まるということは、「置いていかれる」ということである。
あっという間に、世間や業界の“最後尾”に…。
おこぼれをもらって生きていければよいのだが、いまの好況が終わったとき、そうはいくまい。
…どのような「変化」にもリスクがつきまとう。
私たちは、それをよく知っているから、経営や事業、営業などを変えることをためらう。
あるいは、職場や仕事などを変えることをためらう。
だれかが耳元で甘くささやく。
「リスクは少ないほうがよい」。
それは、内なる声か、それとも社員や家族の声か…。
しかし、環境が変わるのに、自社が変わらないのでは、危険すぎる。
雇う会社が変わるのに、雇われる自分が変わらないのでは、危険すぎる。
…恐怖心を振り払い、腹を括るしかない。
「変わろう」。
変わればうまくいくという保証はないけれど、変わらない限り生き残れない。
私は、そう断言しうる。

Copyright ©2007 by Sou Wada

このブログはまあポイントを突いていると感じましたら、クリックで応援してください。
人気ブログランキング ←応援クリック、いま何位?
毛筆で味わう

営業ソフトはもうすぐタダに…

昨日の続き―。
「営業研修・営業指導はタダになる」と述べた。
それだけでない。
営業ソフトはタダになる。
「SFA」や「CRM」と呼ばれるものである。
実は、営業研修・営業指導の無料化より、営業ソフトの無料化のほうが早い。
和田創研には、十余年に及ぶ営業指導の経験を踏まえて確立した高度なノウハウが豊富に蓄積されている。
今夏、IT企業とジョイントベンチャーを立ち上げ、そのプログラミングに着手する。
恐らく日本で最高峰の、本格的な「営業管理支援システム」になるだろう。
おもに新案件の仕掛けと新収益の積み増しにフォーカスした、勝ち組営業のためのアクティブでダイナミックなプログラムである。先々の収益も見通せる。
キーワードは、「超ルーティン」。
新年度をメドに、市場へ投じたい。
なお、無料なので、営業ソフトを導入し、成果が上がらないどころか利用に至らない企業でも、気軽に試せる…。
ここで、分かりやすい事例を紹介しよう。
「ホームページ」に関わるビジネスは、有力な“収益源”になるはずだった。
ところが、ITブームの追い風に乗って受託したものの、ホームページをつくりっ放しにし、市場の芽を摘んだ。
顧客にとり、ホームページを購入(制作)することは目的でなく、手段にすぎない。それにより、どれくらいの成果を得られたかにしか関心がない。
ホームページの開設でカネをもらうのでなく、その利用に付き添うことで永続的にカネが入るモデルを築くべきだった。
実際、その制作をタダにする企業が現れ、集客や販売などの効果に応じて“報酬”を受け取っている。
マーケティングのノウハウが磨かれるので、顧客の利用価値と満足度が高まる“好循環”が実現する。
また、無料だから、営業の苦労や負担が軽減される。
同様に、営業ソフトについても、販売に熱心で利用に冷淡な企業が、顧客からそっぽを向かれる。
売りっ放しにするのでなく、どこまで営業現場と営業数値に踏み込めるかの“真剣勝負”となる。
仮に有料ソフトが残ったとしても、成果が上がらない場合には“全額返金”するように変わるだろう。
こうしたやり方だと、営業のノウハウが蓄えられ、ソフトにフィードバックされて、利用の成果が上がる。
顧客の信頼と支持を得られるので、自社の成長に弾みがつく。
互いのメリットは計り知れない。

Copyright ©2007 by Sou Wada

人気ブログランキング ←応援クリック、いま何位?
毛筆で味わう
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ