コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

講師としてパスファインダーを愛用

私は、体力が充実していた40代半ばから50代初めにかけ、公開セミナーや企業研修の講師として、全国を奔走していた。
当時は、年間で 200回に迫る。移動日を含めると、気分としては「毎日」である。旅がらす。
しかも丸1日の講義であり、しゃべり詰めというより、私の場合は怒鳴り詰めであった。かつては「鬼の講師」だったので。2時間の講演はまずない。
1カ月に28日か29日という非常事態が、2〜3回あったと記憶している。
疲労の限界を超えて“仮死状態”になる。
余談ながら、この頃に信頼を寄せる方から「創生水」を教えられ、私はおおいに助けられた。
そうした事情で、私がこだわらざるをえない商売道具がバッグである。それも2タイプが必要になる。
第1は、スーツやワイシャツ、ネクタイ、下着など、おもに衣類を収める「キャリーバッグ」。
出張期間は2〜3日、4〜5日、1週間ほど。
私は、都心でのセミナーや研修でも、会場近くの都市ホテルにかならず前泊する。
なお、1週間を超える場合には、移動先でキャリーバッグごと交換してしまう。
第2は、教材や資料、名刺、筆記具、クスリなど、おもに講義関連物を収める「ビジネスバッグ」。
移動時は、キャリーバッグの取っ手に絡めて載せている。
つねに2タイプを組み合わせて用いる。
出張では、どうしても第1のほうが重要になる。まずはハード仕様。やがてソフト仕様。
いったいどれくらいのブランドや商品を試しただろう。
やはり実際に使ってみないと、適・不適は分からない。何かに歓喜・満足したら、何かに困惑・失望する、その繰り返し…。
私は結局5〜6年を経て、パラゴン社の「パスファインダー」にたどり着いた。長旅といえる。
講師は、不意の病気、当日の不調、会場の不備、事後の疲労などを想定し、通常の出張と比較にならないほど多様で細々としたものを用意している。
さらにノートパソコンも必須なので、重装備になる。これらの荷物を取り出しやすく、収め切らなければならない。
バッグの内側と外側に、大方の用途に応えうる「ポケット」を備えるパスファインダーは、突出して使い勝手がよい。こうした機能性に加え、耐久性も申し分がない。
表参道に直営店がある「トゥミ」に憧れがないわけでないが、私にマッチしない。あれは上質なスーツケースである。
将来、仕事の性格や内容が変われば、買うかもしれない。
いまウィキペディアで調べて分かったのだが、パスファインダーとは「開拓者」「先駆者」という意味らしく、それを使いこなす私は相当かっこいいのではなかろうか。口笛を吹いてみたい気分である。
私はセミナーや研修の移動の合間を縫い、積極的に営業活動も行っている。当然、パスファインダーがお供することになる。
そして、訪問先でしばしば間違われる。
「先生、海外出張ですか」。
…たかがバッグと言うなかれ。
それは職業講師の私にとり、プライドそのものだ。
明日はりそな総研と営業実践大学の公開セミナーがあるため、私は東京駅近くのホテルに宿泊する。
当然、パスファインダーのキャリーバッグを引きずっていく。
…ゴロゴロ、ゴロゴロ。

Copyright ©2007 by Sou Wada

人気ブログランキング ←応援クリック、いま何位?

私にいまだに残る「幼児性」…

私は、一度も「卒業式」を経験していない。
直江津小学校では、卒業式の前日に伊那市へ引っ越した。
3年間クラスが同じ伊那中学校で卒業式を迎えられると喜んだら、10月下旬に小松島市へ引っ越した。
小松島中学校で卒業式を経験したはずなのだが、記憶がまったくない。感動を味わえなかったとしか思えない。
高校に至っては、徳島県・城北高校、東京都・墨田川高校、富山県・魚津高校と3校にまたがる。
明治大学に合格すると同時に、日本経済新聞社の高円寺専売所に入店したので、卒業式に参加できなかった。家に金がなく、奨学生制度を利用するしかなかったのだ…。
余談だが、苦労をいとわないなら、1円もなくても大学進学は可能である。
そして、4年制の経営学部に5年間在籍したあげく“中退”することになる。むろん、中退式はない。
私は結局、一度も卒業式を経験してこなかった。
古い自分と決別し、新しい自分へ脱皮する機会なのに…。
さらに、だらしなさの延長でフリーランスの道に迷い込んだため、皆が経験する「就職活動」を味わうこともなかった。
フリーランスといえば聞こえはいいが、企業社会からのドロップアウトにほかならない。そう、「成人式」も。
私は、社会の正門を潜る努力と苦労、そして精神の高揚を知らない。裏口から世間に紛れ込んでしまった。
40代になり講師の仕事を始めるまで、スーツもワイシャツもネクタイもベルトもクツもろくに持っていなかった。腕時計はいまだに持っていない。
出口と入口というケジメを欠いた人生…。
我ながら思う。
この齢になっても子どもっぽさが抜けない。というより、「幼児性」が残っている。
それは、大人になるための「社会儀礼」を通過しなかったことと無関係であるまい。
ちなみに、会社に関わる式典や旅行、忘年会や新年会、結婚式や葬儀、接待などで揉まれていない。
…もはや手遅れだ。
できそこないの大人として売っていこう。
おやすみなさい。


Copyright ©2007 by Sou Wada
人気ブログランキング ←応援クリック、いま何位?

ベンチャー企業のネーミング

ベンチャーの設立登記が目前に迫り、創業メンバーは「社名」のアイデアを最低5案、月曜日に提出する約束になっている。
くぅー、わくわくするなぁ。
この「ネーミング」にあたり、留意すべきこと―。
1)一息(覚えやすく言いやすい)
2)違和感(頭にどこか絡みつく)
3)音優先(意味で事業や商品を縛らない)
以上が基本、以下が押さえ―。
4)包含性(個人と会社を問わない)
5)納得性(いわれを後づけできる)
6)国際性(海外でも通用しやすい)
日曜日は“アイデア出し”で完全に潰れそうだ。
それは一向に苦にならない。
だが、老いて頭が固くなった私は、正直自信がない…。
ハックショーン。
言い訳かな。

Copyright ©2007 by Sou Wada

社員と呼ばず、「選手」と改める

「毎日が崖っぷち」。
先だってのテレビ放送。例により“ながら視聴”。
といっても、画面を見ず、音声を聞く程度なので、記憶があいまいだし、内容の大半は抜け落ちている。
これが、私のテレビの見方であり、それは本の読み方にも通じる。
番組は、世界三大バレエ団の一つと称されるイギリスの「ロイヤル・バレエ団」で活躍する吉田都さんを追いかけていた。
ここと契約するバレエダンサーはランク付けされている。
皆が虎視眈々と狙うなかで、吉田さんは41歳にして最高位のプリンシパルに留まる。
インタビューに対し、「毎日が崖っぷち」と語った。偽らざる心境だろう。
十二分の実績を持つ彼女でさえ、それにあぐらをかいた途端に降格するか追放されてしまう。
来る日も来る日も、ぎりぎりの闘いを続けている。
ただし、わりと早い段階で、「人と比較しない」ことの大切さに気づいたそうだ。他者を認めたうえで、自分を生かせる道を歩むことにより、「個」を磨きあげてきた。
彼女に限らず、芸能界やスポーツ界で働く人たちの生存競争は熾烈を極める。
その点、わが身を振り返れば…。
むろん頑張りはするのだが、厳しさの度合いは知れている。
それどころか、崖っぷちの努力を1度も行わないうちに、職業人生が終わっていることがある。
実際、NHKのドキュメンタリー「プロジェクトX」は、たった 187作品の放映で打ち切られている。
ソファに横たわりながら、番組に涙した視聴者は“星の数”ほどいたというのに…。
「挑戦者たち」が底をついたのだ。
同じ職業人でありながら、崖っぷちに身を置く人との違いは非常に大きい。
私たちがそれなりの職歴を持ちながら、プロフェッショナルになれないのも道理である。
そこで、どうだろう。
いっそうのこと、社員と呼ぶのをやめて「選手」と改めたら、劇的な「意識改革」につながるのではないか。
すでに、大半の企業は経営の体力が弱り、アマチュアの社員を抱え込む余裕がない。
さらに、2010年頃から、日本の総人口は毎年百万人近く減少する。大半の市場は空前絶後のスピードで縮小していく。
この好況期でも新車販売は大幅な前年割れを食い止められずにいる。推して測るべし。
会社も社員も厳しい競争を受け入れ、自らの覚醒と成長を促していくしかない。
そして、その前提は、強い危機感を持って経営に当たること、仕事に臨むこと―。
「まさか」。
破綻した証券会社の中堅社員が、転職先で私の研修を受けた際に漏らした言葉だ。
そういえば、いまから40年以上前に、呉羽紡績が東洋紡績に飲み込まれたときに、おやじが発した言葉と同じだ。
…まさかはないでしょう。
それで、自分と家族は守れるの?
会社は生まれるから潰れ、会社は潰れるから生まれると言えなくもない。
「遅かれ早かれ、会社は絶対に潰れる」。
自分が勤めている間に、それがやって来るか来ないかだけの話である。

Copyright ©2007 by Sou Wada

人気ブログランキング ←応援クリック、いま何位?

ベンチャー創設へ秒読み開始…

午後3時半、和田創研にとり、重要な顧客であり、しかも今後は「ビジネスパートナー」となるであろうIT関連企業を港区・虎ノ門に訪ねた。
ただし、私どもは限りなく個人商店に近い零細企業であり、先方は大手企業系列の中堅企業である。上場し、好業績だ。パートナーと呼ぶのは、おこがましいかもしれない。
さて、ごく短期間での株式公開を目指す「ベンチャー企業」の立ちあげが、いよいよ“秒読み段階”に入った。
私は、創業メンバーの端くれとして、大手ベンチャーキャピタルとのミーティングに立ち合う。
しかも、先方は副社長がご足労くださる。凄いこと!
実は、ベンチャーキャピタルが設立時に出資するケースは珍しく、それが叶うなら、上場の“お墨付き”を頂戴したようなものである。
「優れたアイデアがあれば、大きなマネーがついてくる」。
アントレプレナー自身に資金がかならずしも必要でない、「知本主義」「知恵本位制」の現場を目の当たりにし、私は少なからずショックを受けた。
時代は変わった…。
このプロジェクトで、私は事業展開のキモとなる「教育」の部分を担う。
当然であるが、知恵の時代では、学びによる成長を可能にする仕組みを内包したコミュニティ(企業・組織)以外は、発展することができない。
その意味において、このプロジェクトは最初から「成功」が担保されている。凄いこと!
かつてない「カリキュラム」の開発と、それに基づく「インストラクション」の実施が、私の使命である。
エデュケーションの出来が、新会社の成長、したがって株式公開の時期を左右しかねない。
有能な創業メンバーと出資者が揃う。そして、最大の売りは、このベンチャーの「志」の高さである。
世間にパラダイムシフトを促し、豊かさと幸せの「革命」を成し遂げる。
責任の重さに身震いする…。
ハックショーン。
風邪かな。

Copyright ©2007 by Sou Wada

「営業変革」へ賭ける熱意!

昨日の話―。
午前10時、和田創研にとり、きわめて重要な顧客を神奈川県・藤沢に訪ねた(誤解がないように述べておきたい。すべての顧客は大切である)。
ここは大手企業であり、他の事業部とはかれこれ数年のおつきあいがある。
「提案営業研修」と「情報営業研修」という2つのカリキュラムを採用していただき、すでに千名くらいが受講済みである。
前者がオーダーメイドの情報提供であり、後者はレディメイドの情報提供という関係にある。
このたび大変ありがたいことに、別の事業部ともご縁を持つことができた。先方の「営業変革」へ賭ける熱意は並々ならぬものがある。
来月から「提案営業研修8日間コース」がスタートするので、営業役員と教育関係者へご挨拶に伺う。
私は、同社の営業関係者に対し、新たな営業の方向性と指針を示して、それを実現するための基本思想と具体技術を与えたいと考えている。
いまの好況が去ると、国内市場は一気にしぼんでいく。
同社の営業活動の活性化と強化を通じ、生き残り、いや「勝ち残り」に貢献することが、私の使命だ。
責任の重さに身震いする…。

Copyright ©2007 by Sou Wada

人気ブログランキング ←応援クリック、いま何位?

営業変革トップセミナー

私は来週火曜日に、昼夜Wヘッダーで、公開セミナーを行う。
午前10時から午後4時45分まで、東京駅近くのりそな総研で、「営業変革トップセミナー」がある。
「営業を変えて利益を伸ばす」必要性と方向性、そして提案営業のイメージを理解してもらう、幹部向けの講座といってよい。
午後6時50分から9時20分まで、神保町直近のジェイックで、「営業実践大学」の公開講座がある。
大学も、座学の機会を提供するだけでなく、これからは意欲と情熱に富む会員の助けを借り、積極的に情報発信と「事業展開」を図ろうとしている。
何事もスタートは苦労の連続だが、それが軌道に乗ったとき、関係者が得る果実は大きい。ともに行動を起こそう。
また、大学の事業や会員の交流から、ベンチャーが誕生してほしいと切に願っている。
なお、ジェイックは、おもに営業分野の教育&人材ビジネスで急成長を遂げている会社であり、営業実践大学に無償で会場を提供してくださっている。助かります。
皆さま、奮ってご参加ください。お待ちしています。

Copyright ©2007 by Sou Wada

「本は読むものでない」

私は「本」をほとんど読まない。
自分で本を出しておいて、読者からひんしゅくを買うかもしれないが、事実である。
本に頼らず、自力で「考える」ことを優先させている。
これに関しては、4月20日21日のブログで「職業学習の順序と方法」として述べた。
第1に、自分から学ぶ。
第2に、他人から学ぶ。
これらで頭のなかがいつも一杯になる。
第3に、本から学ぶ。
こちらへ時間をなかなか割けないでいる。
もう一つ、私の視力も原因である。
強い近視と乱視に、40代から老眼が加わった。さらに、50歳頃から利き目の右がダメになった。
いまや本を読み切ることが難しくなり、ここでムリをすると仕事に重大な支障を来たしてしまう。
その私が、本をまれに読むことがある。もともと本が嫌いでないようだ。
目がつらいから、読み方が浅くなり、ともすれば“拾い読み”になる。それでも本の難易度により、3時間や5時間、10時間を要する。
私がもっとも大切にするのは、その時間の少なくとも10倍は、「頭」を巡らすことである。そのテーマや内容について、数十時間や百時間は考えつづける。
実際、数週や数カ月は“うだうだ”引きずる。この間、テーマや内容が、自分の経験や他人の事例と激しく交わる。
やがて、プラマンの“書き込み”で本文が見えなくなり、本は原形を留めなくなる(「製本」が読む仕様になっていて、使う仕様になっていない)。
こうしたプロセスを経て、「他人の知識」が「自分の気づき」に変わってくる。したがって、自分の考えとして書いたり述べたりできるし、行動へ移したり成果を上げたりできる。
そして、これが投資を“回収”した状態である。
私に対し、「営業本をたくさん読んでいる」と言ってきた人がいた。それがどうしたの…。
ある分野やテーマの本をたくさん読んだら、少なくとも1冊は自分の考えを著さないとダメでしょう。
私は、ある分野やテーマの本を3冊も読んだら、自分の本を1冊は書くなぁ、絶対に。
まあ、3冊も読むことはないのだが…。
それと、「テレビ番組」や「新聞記事」などについても本と同様に、うだうだ引きずる。
私のブログが、放映日や発行日からかなり遅れて取りあげる理由の一つは、それ。
和田創をやめ、「宇田創」にしようかなぁ。

Copyright ©2007 by Sou Wada

人気ブログランキング ←応援クリック、いま何位?

月収1位、富山は富の山だった!

GW後半、妹夫婦が私のところにクルマでやって来た。
3日3時に富山・滑川を出て、大学進学で上京している次男の住まいに寄り、18時に着く。
私と妻は、力をつけてもらおうと「すき焼き」をつくる。アルコールは、缶ビールで乾杯程度…。
1日運転した義弟には休んでもらい、妹とは深夜過ぎまで暮らしや仕事について話し合う。
妹は、ガンで亡くなった母の血を濃く引いている。体の抵抗力が落ちる年齢に達し、そろそろ要注意ゾーンに入る。
私は妹へ「創生水」を飲むように忠告したが、さっぱり聞こうとしない。母のガンの進行が遅くなり、命が大幅に伸びたことを告げ、妻と一緒に強く勧める。
「長生きして、人生を楽しまなきゃ」。
今度こそ飲んでくれるだろう。
そして、4日3時に横浜・港北ニュータウンを出て、富山・滑川へ向かう。何という慌ただしさ…。
その4日の日本経済新聞、1面の左上に「富山になぜか富がある」という囲み記事があった。
見出しが目に入った瞬間、私はかつての父母や、その近所の世帯を思い出し、納得してしまった。
富山には、共働きでなく“総働き”の風土がある。
3世代同居が2割あり、子どもを除いて全員が働く。しかも頑張りでなく当然と受け止める県民性である。
私が両親を横浜に呼んだから3世代でないが、妹夫婦はやはり働き者である。
義弟は地元企業で営業として真面目に勤務し、会社と顧客の双方から大きな信頼を得ている。
妹はやはり地元企業で事務をこなしたうえで、夕方から同社の店舗を手伝っている。
二人とも帰宅時間は遅い。
実は、富山は突出して「家計」が豊かである。
平均月収は71万円で1位、消費支出は40万円で2位、小遣い月額は4万5千円で1位。
また、女性の常用雇用率は66パーセントで1位、家計に占める世帯主収入の割合が全国平均の82パーセントに対して62パーセント。
1つの世帯が多くの「財布」を持ち、しかも「倹約」の精神を忘れない…。
ところで、なぜ妹夫婦は3時に家を出たのか。
「往復とも高速の深夜割引を利用する」とのこと。
徹底した節約は、両親譲りである。
同じ両親を持つ自分が、とても恥ずかしくなった。

Copyright ©2007 by Sou Wada

人気ブログランキング ←応援クリック、いま何位?
毛筆で味わう

プロ野球記録はこの先、日米通算へ

巨人からヤンキースへ移籍した松井秀喜が6日のマリナーズ戦で、本人も知らぬ間に「日米通算2千本安打」を達成した。
その一打は、レフトへの何でもない飛球…。
初めは野手のエラーと記録され、後でヒットに訂正されるというオマケつき。
したがって、記念ボールを手にすることができなかった。
「名球会」の金田正一会長がブレザーを着せて記念撮影。用意のいいこと―。
松井は、甲子園の常連、石川県の「星陵高校」の出身である。私は、新潟県と富山県に住んでいたので、「北陸」に親近感がある。彼が生まれた頃、たまたま地元を数回訪れた。
松井は、「人間」が素晴らしい。だれも異論はないはずだ。表情や話し振りから、誠実さが伝わってくる。おめでとう。
メジャーへ移籍し、戸惑いは大きかったろう。とくにスター選手ぞろいのヤンキースでは…。
松井は、トーリ監督とチームメートが信頼を寄せる、コンスタントなプレイヤーに生まれ変わることで、確かな存在感を示してみせた。
私は思う。昨年の左手首骨折により連続試合出場が途絶えたことで、人間に一段と磨きがかかった。
せっかくだから、日本でなくアメリカで「3千本安打」の記念ボールを手にしてほしい。
ところで、プロ野球界はこの先、記録の大半が「日米通算」に変わるのではないか。
正確に言えば、「日米日通算」である。
一抹のさみしさを覚えるが、時代は逆戻りしない。
スポーツに限らず、仕事のプロフェッショナルは最高の舞台に集まるようになる。
腕に自信があれば、頂点を目指し、飛び込んで当然―。
日本もそうした人材から選ばれる分野を確立しなくては、国際社会における地位をますます低下させることになる。
さらに、これは企業や組織、地域社会はもとより、チームやサークル、ネットワークなど、すべての「コミュニティ」についても当てはまる。
とくに「社長」は肝に銘じておきたい。
人材についても「ウィナー・テイク・オール」。

Copyright ©2007 by Sou Wada

人気ブログランキング ←応援クリック、いま何位?
毛筆で味わう
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ