コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

プロが絶賛、紀平梨花の天性のスケーティング

とんでもない才能の持ち主
彗星のような登場感をまとう

シニア1年目で9点台の「演技構成点」


フィギュアスケーターは顔触れが1年でがらっと変わることがあります。
成長期前に高難度ジャンプを跳びやすく得点を稼ぎやすい女子シングルはとくにそうです。
しかし、紀平梨花のここまで目覚ましいブレイクは長らく指導に当たってきた濱田美栄コーチでさえも予想できませんでした。

シニア1年目のGPシリーズ2戦2勝の戦いぶりから紀平梨花は俄然、GPファイナル優勝候補の筆頭に挙げられるようになりました。

濱田美栄コーチはフリースケーティング(FS)の最終6番滑走で教え子を送り出す際に「トリプルアクセルだけでなく、ほかもよくなっている」と声をかけました。
その言葉どおり、紀平梨花はジャンプなどの技術が評価されるだけでなく、大きな意味の表現が評価される5コンポーネンツが1つを除いて9点台になりました。
それなりの「演技構成点」を得るには、場数や経験による成熟が必要だというのに・・・。

とんでもない才能の持ち主です。

パトリック・チャンが称える「滑り」の質感

世界一のスケーティングスキルを持つと言われてきたカナダの元世界王者、パトリック・チャンは紀平梨花の「スケーティング」の質感を称えています。
緩急や強弱などアクセントのつけ方のうまさは天性のものです。

驚異的な完成度を持つスケーティングに、私は魅了されてしまいました。
すべての要素での高い「GOE(出来栄え点)」を支える土台もここにあります。

助走・踏み切り・回転・着氷・流れよし

八木沼純子は紀平梨花を手放しでほめました。
大技のトリプルアクセルは助走から踏み切り、回転(空中)、着氷、その後の流れが自然でバランスが取れています。

また、スケーティングは一蹴りに伸びがあり、エッジも正確に深く使っています。
力を下半身に伝えるのがうまく、強さとしなやかさがあります。

身体能力の高さと体幹の強さがあり、個々のポジションが美しく、ジャンプもスピンも軸がしっかりしています。
さらに、スタミナがあり、最後までスピードが落ちないとともに動きが途切れません。

美しいスケーティングに技術が溶け込むように乗っているので、GOE(出来栄え点)も演技構成点もおのずと高くなります。

⇒2018年12月8日「紀平梨花、メンタルとGOEであっさりと世界最高得点」はこちら。

一つひとつのポーズの美しさが格別

宇野昌磨は紀平梨花のGPファイナルのFSを会場で見ました。
冒頭のトリプルアクセルで両手をつきましたが、次に2回転トウループをつけるコンビネーションに変えました。
咄嗟のリカバリーに「すごい」と圧倒されました。
さらに、表現力について「僕は一つひとつのポーズが雰囲気だが、紀平さんは一つひとつのポーズを写真で撮ってもきれい」と語りました。
トップ選手ならではの鋭い指摘です。

実は、私もウェブ記事などで見かける紀平梨花の演技中の写真を見て、ポーズが明確と感じていました。
「絵」になります。
写真は一瞬を切り取ったものですが、それでも体の勢いや力感、動きの強さや鋭さが現れます。

紀平梨花はすらっとした四肢を目一杯使うだけでなく、体全体を舞うように使い切れます。

いずれも選手や指導者、解説者の経験を持つプロフェッショナルが紀平梨花の大きな意味のスケーティングを絶賛しています。

私はこの選手がまとう彗星のような登場感はこれが源泉と考えています。
特定の技術や要素でなく、紀平梨花は身体そのものが表現なのです。

⇒2018年12月9日「紀平梨花、ビューティフル・ストームの生命力」はこちら。

(2018年12月14日執筆)

category:紀平梨花ブログはこちら。

◆書き加え(12月20日)

「ザギトワはスケーティングで劣る」

ロシアメディアが名伯楽の声を伝えています。
GPファイナルでのアリーナ・ザギトワの敗因に「少女から大人に変わる時期に入ったこと」「出現したライバルが心理的なプレッシャーを与えたこと」を挙げています。

さらに、アリーナ・ザギトワが紀平梨花と同じ大会に出場すると、スケーティングの伸びやかさ、軽やかさ、きれいさ、スピードにおいて優劣がはっきりすると述べています。
また、アリーナ・ザギトワのFSの演技に「音楽性が乏しかった」とも言い添えています。

このブログで幾度か記しましたが、技術点だけでなく演技構成点でも紀平梨花がかなり上回っていないとおかしいと思います。

⇒2018年12月15日「紀平梨花の演技構成点(PCS)が低すぎるわけ」はこちら。

◆書き加え(12月20日)

紀平梨花はテレビ視聴率の女神になる

全日本選手権は男子シングルのスーパースター・羽生結弦が3年連続で欠場しました。
昨年は平昌五輪の代表最終選考会を兼ねており、国民の関心もそこそこ高かった。
しかし、今年は盛り上がりに欠け、厳しい視聴率が予想されていました。

ところが、シニア1年目の紀平梨花が彗星のように現れました。
GPファイナルで平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワを破り、人気に火がつきました。
浅田真央などの日本女子の伝家の宝刀「トリプルアクセル」を操るだけでなく、スケーティングの美しさも群を抜きます。

紀平梨花は大会を中継するフジテレビにとって視聴率の女神になります。

⇒2018年12月11日「紀平梨花TV視聴率はスターの証、女・羽生結弦へ」はこちら。

◆書き加え(12月21日)

スケート靴が壊れかかって3Aが不安

紀平梨花が本番前に大変な事態に直面しています。
スケート靴が柔らかくなり、最大の得点源であるトリプルアクセルを跳ぶのが難しいそうです。
テープで巻いて固めるなどの応急処置を講じるようですが、不安はぬぐえません。

公式練習ではしきりに足下を気にしていましたので高難度ジャンプ全般に支障が出るだけでは済まず、スケーティング自体に影響が及ぶ恐れもあります。
私は世間に負けましたが、紀平梨花はスケート靴に負けるのでしょうか。

◆書き加え(12月21日)

紀平梨花が米国の専門誌の表紙を飾る

紀平梨花が米国の専門誌「IFSマガジン」の表紙を飾ることになりました。
創刊22年、同誌の2019年の第1号のようです。

カナダ、欧州、アジア、南米、オーストラリアでも隔月で発行されています。
日本選手では羽生結弦や浅田真央、高橋大輔なども表紙を飾っています。
国内大会の全日本選手権に世界のスケートファンの注目が集まっているのかもしれません。
紀平梨花がトップスケーターになった証です。

◆書き加え(12月21日)

先ほどSPが終わりました。

1位 宮原知子(29番滑走)
   76.76点(40.54点 36.22点 0.00点)
2位 坂本花織(20番滑走)
   75.65点(41.08点 34.57点 0.00点)
3位 三原舞依(19番滑走)
   72.88点(39.48点 33.40点 0.00点)
4位 樋口新葉(25番滑走)
   72.63点(38.79点 33.84点 0.00点)
5位 紀平梨花(27番滑走)
   68.75点(36.54点 33.21点 1.00点)
※点数はSP(TES、PCS、減点)です。

中野園子コーチ同門の三原舞依と坂本花織は互いにパーフェクトな演技を見せました。
樋口新葉は久し振りに元気一杯の滑りを見せ、ほっとした表情を浮かべています。

紀平梨花は滑る前からあれだけ足下を気にしていてはトリプルアクセルを跳べるはずがありません。
スタートポーズで顔が引きつっており、これまでの勢いがすっかり消えています。

宮原知子はGPファイナルで得点伸び悩みの最大の原因となった回転不足を解消しました。
安定した演技を見せ、「ミス・パーフェクト」の復活を印象づけました。

山下真瑚は 62.94点で9位、白岩優奈は 59.99点で12位、本田真凜は 52.75点で18位です。

私は坂本花織と樋口新葉が大健闘という印象を受けました。
紀平梨花はFSに同じスケート靴で臨むしかありませんので、さすがに8点以上の差は引っ繰り返せません。
5連覇を目指す宮原知子と初制覇を目指す坂本花織の戦いになるように思います。
が、ひょっとしたら樋口新葉が割り込んでくるかもしれません。
故障明けで7本のジャンプを跳び、4分を滑りきれるかどうか。

演技そのものに破たんのない宮原知子が5連覇へ前進したのは確かです。

◆書き加え(12月23日)

FSで2本決めても引っ繰り返せない

午前に公式練習が行われ、紀平梨花が入念な調整を行いました。
メディアはトリプルアクセルの成功を盛んに取り上げています。
FSで2本決めれば宮原知子を引っ繰り返せるという印象です。

が、実際にはそうはなりません。
紀平梨花はすべてのジャンプを決めたうえで、すべての要素でGOE(出来栄え点)を引き出さなければなりません。
大きな加点が必要です。

SPとFSを比べると、時間は2分40秒から4分に伸び、ジャンプは3本から7本に増えます。
壊れかかったスケート靴の微調整は格段に難しくなります。
まして紀平梨花は神経質になっています。

逆転には 160点近い得点が最低ライン

宮原知子がノーミスで滑ると、紀平梨花はノーミスでなくパーフェクトに滑らないと上回れません。
宮原知子の調子を加味して考えると、 160点近い得点が最低ラインでしょう。
おそらく自力による初制覇は不可能です。

SP5位の紀平梨花は20番滑走です。
驚異的な得点を叩き出せれば、22番滑走で3位の三原舞依、23番滑走で1位の宮原知子、最終24番滑走で2位の坂本花織に大きなプレッシャーをかけられます。
(それを跳ね返せる選手もいます。)

ロシア選手権はSP1位と5位が真逆

とはいえ、ロシア選手権ではSP1位のアリーナ・ザギトワと5位のアンナ・シェルバコワが入れ替わるというとんでもない展開で幕を閉じました。

⇒2018年12月19日「アリーナ・ザギトワはロシア選手権2018で女王陥落か」はこちら。

5連覇を阻止される宮原知子には気の毒ですが、史上最大の逆転劇はさぞかしドラマチックだろうと思わないわけでもありません。

結果はまもなく分かります。
私は濱田美栄コーチ同門の二人に持てる力を出し切ってほしい。

◆書き加え(12月23日)

坂本花織が圧巻の演技で全日本初優勝

FSが終わり、坂本花織が圧巻の演技を見せて初優勝を飾りました。
私が知る範囲でベストだったのでないでしょうか。
昨年はSP1位から宮原知子に逆転され、今年はSP2位から宮原知子を逆転しています。

濱田美栄コーチ、そして選手としては悔しいでしょうが、私は同門としては悪い決着でなかったと思います。
宮原知子が日本女王、紀平梨花が世界女王になると理想的と考えていましたので、ほっとしました。

私は紀平梨花も宮原知子もパーフェクトな出来だったと思いません。
結果から眺めれば、紀平梨花はFSで 160点が必要でした。
(スケート靴をかすかにかばいながら滑っているようで、ダイナミックなスケーティングとはいえません。)

格闘技でないのですが、三原舞依を含めた上位4選手の力勝負は素晴らしかった。

◆書き加え(12月24日)

全日本フィギュア2018女子シングル結果

全日本選手権の結果(順位・得点)は次のとおりです。

1位 坂本花織(24番滑走)
   228.01点(152.36点 79.11点 73.25点 0.00点 75.65点)
2位 紀平梨花(20番滑走)
   223.76点(155.01点 82.95点 72.06点 0.00点 68.75点)
3位 宮原知子(23番滑走)
   223.34点(146.58点 71.49点 75.09点 0.00点 76.76点)
4位 三原舞依(22番滑走)
   220.80点(147.92点 78.15点 69.77点 0.00点 72.88点)
5位 樋口新葉(21番滑走)
   197.63点(125.00点 59.78点 66.22点 1.00点 72.63点)
6位 山下真瑚(17番滑走)
   197.14点(134.20点 69.29点 64.91点 0.00点 62.94点)
※点数はFS(TES、PCS、減点、SP)です。

濱田美栄コーチ門下の宮原知子と紀平梨花、中野園子コーチ門下の三原舞依と坂本花織という関西に練習拠点を置く4選手の戦いになりました。
坂本花織がSPでもFSでも、そしてジャンプなどの技術点でも表現などの演技点でも他の選手を圧倒しました。
とくに最終滑走のFSは出色の出来栄えです。
自らの潜在力を開花させました。

今年の全日本選手権では三原舞依が出した高得点に刺激され、坂本花織がさらに高得点を叩き出しています。
坂本花織の初制覇は、三原舞依の存在も大きかったと考えます。

また、紀平梨花の持つ優れた才能と精神力を改めて感じさせられました。
シニア1年目です。
ただし、FSでトリプルアクセルを2本決めていますが、スケート靴のことがいくらか意識にあるせいか、本来のスケーティングは見られませんでした。
それを土台とした演技点も伸びませんでした。
(ここまでよくぞ立て直したとは思っています。)

日本で開催される世界選手権2019の代表は坂本花織、紀平梨花、宮原知子ですんなりと決まりです。
私としては三原舞依にも行ってほしいのですが、最大3枠ですから致し方ありません。

見応えが凄かった。
選手の皆さん、ありがとう。

◇◆◇

紀平梨花に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年12月19日「紀平梨花、全日本フィギュア初制覇は揺るがず」はこちら。

⇒2018年12月18日「全日本フィギュア選手権2018女子シングル優勝・順位予想」はこちら。

⇒2018年12月15日「紀平梨花の演技構成点(PCS)が低すぎるわけ」はこちら。

⇒2018年12月11日「紀平梨花TV視聴率はスターの証、女・羽生結弦へ」はこちら。

⇒2018年12月10日「紀平梨花に夢中、応援疲れで本日閉店」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

宇野昌磨はなぜ僅差の2位に留まるのか

4回転フリップの成功率が向上
幸先のいいGPシリーズ2連勝

シルバーコレクター返上を誓う

フィギュアスケート男子シングル、宇野昌磨。
GPシリーズ第2戦「スケートカナダ」はショートプログラム(SP)「天国への階段」で 88.87点の2位と出遅れましたが、フリースケーティング(FS)「月光」で188.38点の1位となり、合計277.25点で大会連覇を飾りました。

GPシリーズ第4戦「NHK杯」はSPで 92.49点の1位となりましたが、得意のトリプルアクセルで転倒してフェンスに衝突しています。
FSで完璧な演技を見せようと百パーセントの力で飛ばしたせいか終盤に体力が切れ、2つのジャンプを失敗しています。
が、SPの悔しさをぶつけるような渾身の演技で183.96点の1位となり、合計276.45点でNHK杯初優勝を飾るとともに、GPシリーズ通算5勝目を挙げました。

宇野昌磨は早々とGPファイナル4年連続出場を決めています。
振り返れば2015年と2016年は3位、2017年はネイサン・チェンに 0.5点届かず2位に留まりました。
年が明けて2月の平昌五輪は羽生結弦に続く2位、3月の世界選手権はネイサン・チェンに続く2位になり、あと一歩で涙を呑んでいます。
今年のGPファイナルは「シルバーコレクター」を返上すると誓って臨みました。

平昌五輪金メダリストの羽生結弦がけがで欠場しましたので日本勢の参加は一人です。
したがって、この大会連覇がかかる米国のネイサン・チェンとの一騎打ちになります。

ジャンプミスでGOEを稼げず

今シーズンからジャンプの基礎点が引き下げられたとはいえ、依然として得点の大きな比重を占めます。
高難度ジャンパーのネイサン・チェンを上回るには失敗が許されません。
宇野昌磨は11月29日に現地入りして30日から練習を開始しており、「時差」の不安の解消に努めました。

本人によれば、これまでノーミスが少なく、GOE(出来栄え点)を稼げません。
平昌五輪ではジャンプで 18.77点の加点を得た羽生結弦に対し、宇野昌磨は5.65点の加点であり、 13.12点の大差がついています。

おもな原因の一つに、宇野昌磨が世界で初めて成功させた「4回転フリップ」などの高難度ジャンプをプログラムに組み込んでいることがあります。
SPとFSで計6本の4回転ジャンプを跳んでいますが失敗が多く、GOEで減点を受けています。
(宇野昌磨は表現力が豊かなために演技全体にストーリー性が感じられ、私はミスが多いという印象を持っていません。)

ここを解消してトップに立つために、ジャンプ指導が得意なコーチのもとで海外合宿を行いました。
4回転フリップの成功率が改善するとともに高いGOEも得られるようになりました。
幸先のいいGPシリーズ2連勝もこの特訓の成果です。

宇野昌磨は普段どおりに滑ればGPファイナルで初優勝を収められます。
私はネイサン・チェンに負けるイメージがわいてきません。

羽生結弦が全日本選手権も世界選手権も出場が危ぶまれ、この選手にかかる期待は大きくなります。

(2018年12月6日執筆)

category:宇野昌磨ブログはこちら。

◆書き加え(12月20日)

宇野昌磨はしょうまないなぁと

宇野昌磨はご承知のとおり、またしてもGPファイナルでネイサン・チェンに敗れました。
私は実力で宇野昌磨がかなり勝ると考えています。
率直に言って「何をやっているやら、しょうまないなぁ」。

宇野昌磨は2年近く、GPファイナルや世界選手権、オリンピックの大舞台のどれかで頂点に立ってもおかしくないと思ってきました。
しかし、これまでのところその姿を見られません。
しかも、第一人者の羽生結弦が不在の大会でも勝てていません。
「今度こそは」と思うのですが、期待を裏切られます。
宇野昌磨からはメンタルが弱いとの印象は受けません。

熱心なファンはとても無念に感じていることでしょう。
才能にも恵まれているのですから、どうしたら勝てるかをもっと冷静に探ったほうがいい。
私はこのところじれてきました。

◇◆◇

宇野昌磨に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年12月20日「宇野昌磨ファンはすかっとした気分を味わえず」はこちら。

⇒2018年12月18日「勝てない宇野昌磨は勝てる紀平梨花に学べ」はこちら。

⇒2018年10月29日「宇野昌磨はそろそろ世界一になってもいい」はこちら。

⇒2018年10月8日「宇野昌磨は憧れの高橋大輔を見にいく」はこちら。

⇒2018年3月24日「宇野昌磨、世界選手権枠取りに全日本王者の自覚と気迫!」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

宇野昌磨ファンはすかっとした気分を味わえず

「銀メダルに満足」の言葉に落胆
「ノーミス」への挑戦が一番重要

フィギュアスケート男子シングルの宇野昌磨。
私はオリンピックシーズンと今シーズンにわたり演技に失望させられることが多くなりました。
応援に力が入りますので結構がっかりします。

羽生結弦が本調子ならともかく、けがで出場さえもやっとだった平昌五輪は宇野昌磨が金メダルに輝いても不思議でありませんでした。
本人が銀メダルに満足していると語ったことに私は衝撃を受けるともに正直なところ落胆を覚えました。
珍しいアスリートです。

羽生結弦の実力が突出していて見えにくくなっていますが、私は宇野昌磨の才能もただならぬものがあると考えています。
(次世代が育っていないこともあり、二人の年齢がもうちょっと離れていたらと思わないわけでありませんが、そんなことを言っても仕方ありません。)
美しくて繊細なスケーティングと身のこなしは天性のものです。

宇野昌磨は演技の流れがスムーズで、表現の魅力も優れていますので、見ていてジャンプミスがそれほど苦にならず、何となく滑りがまとまります。
才能のなせる業(わざ)は怖いです。
「まあまあかな・・・」と感じる状態に慣らされ、このところはすかっとした気分を味わえません。

この選手にいま必要なのは、高難度ジャンプへの挑戦でなく、「ノーミス」への挑戦だと思います。
それをいったんクリアしたうえで北京五輪へ向け、ライバルのプログラム構成や得点(点数内訳)を眺めながら表彰台の頂点に立つ戦略を練るのがいい。

そろそろ大舞台で勝たないと資質が枯れてしまいます。

(2018年12月16日)

category:宇野昌磨ブログはこちら。

◆書き加え(12月18日)

宇野昌磨が17日に21歳の誕生日を迎えました。
それに合わせ、IOC運営のオリンピック専門サイトが2012年当時と2018年現在の姿を比べた画像と動画を掲載しました。
ファンが「ずっとかわいい」などと祝福のメッセージを送ったそうです。
確かに宇野昌磨は童顔です。
かわいいと言われて悪いわけでありませんが、トップアスリートに成長した証として、21歳初戦の全日本選手権ではぴりっとした演技を見せてほしいと思います。

◇◆◇

宇野昌磨に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年12月18日「勝てない宇野昌磨は勝てる紀平梨花に学べ」はこちら。

⇒2018年10月29日「宇野昌磨はそろそろ世界一になってもいい」はこちら。

⇒2018年10月8日「宇野昌磨は憧れの高橋大輔を見にいく」はこちら。

⇒2018年3月24日「宇野昌磨、世界選手権枠取りに全日本王者の自覚と気迫!」はこちら。

⇒2018年3月22日「宇野昌磨は世界王者と枠取りへ強行出場か」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

アリーナ・ザギトワはロシア選手権2018で女王陥落か

アレクサンドラ・トルソワ4回転ジャンプ
マサルの肉球パワーを借りても勝てない?

世界選手権5位惨敗は五輪後遺症か

世界フィギュアスケート選手権2018。
平昌五輪金メダリスト、ロシアのアリーナ・ザギトワは本調子と遠い状態でした。
セレモニー(祝賀行事)やメディア対応(取材)が目白押しで練習の時間をろくに取れなかったのでしょう。
ルックスもスタイルも抜群、ファッションモデルに劣らない雰囲気を漂わせおり、世界中から引っ張り凧だったはずです。

アリーナ・ザギトワは「五輪後遺症」との見方もできます。
金メダルをつかむと、重圧や緊張から解放されてほっとします。
それまでの高い「モチベーション」を保てません。
オリンピックの金メダリストはまま世界選手権を欠場してきました。
1か月後に再び心身ともにベストコンディションを整えるのはまず不可能だからです。

ファンは顔や姿を見られれば十分とは思っておらず、オリンピックの演技の再現を期待します。
シニアデビュー7戦7勝、精密ロボットみたいに高難度ジャンプを軽々と成功させましたが、この大会では転倒を繰り返して5位に終わり号泣しました。
「惨敗」も仕方ありません。



契約書は秋田犬マサルが肉球サイン

GPファイナル2018が迫った11月30日、アリーナ・ザギトワは5月に秋田犬保存会から贈られた愛犬「マサル」を連れ、東京の寝具メーカー「エアウィーヴ」と広告出演契約をロシアで結びました。
同社によれば、マサルは契約書に肉球でサインしたそうで、犬との契約は初めてとのこと。
ロシア暮らしに慣れたマサルは「スパシーバ(ありがとう)」と吠えました。

マサルは今夏に同社から自己利用の特製マットレスをプレゼントされており、「とても気に入っている」と周囲に語っていました。

(2018年12月2日執筆)

◆書き加え(12月12日)

紀平梨花のSP世界最高にプレッシャー

GPファイナルはSPが行われ、6番(最終)滑走のアリーナ・ザギトワはミスを犯したわけでありませんが、 77.93点で2位に留まりました。
紀平梨花との差は4.58点にすぎず、射程圏内ともいえます。
(昨年のGPファイナルは逆転優勝を飾っています。)
しかし、技術点(TES)で5点以上の差がついています。
FSはこの差がもっと広がると私は考えます。

今シーズン4試合目で首位以外でのスタートは初めてです。
演技後に「私はナーバスだった。心が離れてしまっていた」と振り返っています。
3番滑走の紀平梨花に自身の持つ今季世界最高得点をあっさりと更新され、大きなプレッシャーがかかったはずです。
「気持ちを切り替えてFSに臨まなければならない」と決意を口にしました。

女子フィギュア界を席巻するかと思われたアリーナ・ザギトワでしたが、早くも同い年の紀平梨花に取って代わられようとしています。
勝負の世界、とりわけ成長期の女子の勝負の世界は厳しい。
絶頂期が1〜2年で終わります。

ザギトワ、悔しいGPファイナル2位

GPファイナルはFSが行われ、SP2位のアリーナ・ザギトワは148.60点の2位、合計226.53点で2位に終わりました。
技術点で紀平梨花を下回り、演技構成点で紀平梨花にほぼ並ばれました。

2本目の3回転ルッツ−3回転トウループの後半のジャンプが1回転になっています。
それ以外はほぼミスのない演技を見せましたが、五輪女王の強さは影をひそめました。
紀平梨花を逆転するにはすべてのジャンプをクリアすることが条件でしたので、演技後にうつむいています。
結局、紀平梨花の代名詞、トリプルアクセルに屈しました。

「シニア1年目は簡単だった。2年目は大きい期待にナーバスになることもある」と苦しい胸の内を語りました。

私はGPファイナルでの不振が五輪後のモチベーション低下や多忙による疲労蓄積でなく、体形変化や体重増加によるものであるとしたら、本来の滑りを取り戻すのは容易でないと思います。
五輪後に身長が7竸びたという情報を目にしました。
高難度ジャンプを跳べなくなったとしても不思議でありません。
それでも安定感を保っているのはすごいです。

GPファイナルは悔しい2位でしたが、追われる重圧から解き放たれたともいえます。
この先のロシア選手権、世界選手権でどのような演技を見せてくれるでしょうか。
日本にも大勢のファンがいる選手ですので頑張ってほしい。

◆書き加え(12月19日)

ロシア選手権2018でトルソワに敗れる?

アリーナ・ザギトワはGPファイナルでオリンピックシーズンと別人のような滑りに終始しました。
女子選手は体が重くなったら、得点力の大きいジャンプを安定して跳べないでしょう。
技術の衰えということは考えにくい。
紀平梨花と比べ、スケーティングの軽やかさも感じられません。

ロシア選手権2018が始まりますが、女子シングルに次世代を担うジュニア勢も出場します。
ジュニアGPファイナル1位の15歳、アリョーナ・コストルナヤ、2位の14歳、アレクサンドラ・トルソワなどです。
おそらくアレクサンドラ・トルソワはFSに4回転ジャンプを何本か組み込むはずであり、完璧に決めると紀平梨花でさえ届かない技術点を記録します。

ロシア選手権はきわめてハイレベルな優勝争いになりそうです。
昨シーズンから不調に沈むエフゲニア・メドベージェワは表彰台に上るのも大変です。
ひょっとするとアリーナ・ザギトワは女王の座を滑り落ちます。

おおよそ15〜16歳に成熟期で入りますのでジュニア勢の先行きは不透明ですが、現時点で恐ろしい存在であることは確かです。

◆書き加え(12月19日)

北京五輪へ4回転ジャンプ競争に突入

ロシア選手権はシニア勢とジュニア勢の対決の構図で眺めると一層興味深いです。
はたしてどのような結果、順位になりますか。
それは来年、再来年の日本勢とロシア勢の戦いを占うヒントになります。
なかでもアレクサンドラ・トルソワが4回転ジャンプを決めて頂点に立つと、紀平梨花も心中穏やかでないでしょう。
女子シングルは2022年北京五輪へ向けて一気に「4回転ジャンプ競争」に突入します。

◆書き加え(12月22日)

ザギトワが意地を見せてSP80点超え

SPが行われ、アリーナ・ザギトワが 80.62点で1位、アレクサンドラ・トルソワが 74.96点で2位、アリョーナ・コストルナヤが 74.40点で3位となりました。
意地は見せました。
エフゲニア・メドベージェワは 62.24点で14位に沈んでいます。
ちょっと前まで絶頂期だったので、痛々しい。
勝負の世界は容赦がありません。

◆書き加え(12月23日)

ジュニアが表彰台独占、ザギトワは5位

FSが行われ、アリーナ・ザギトワはミスが相次いで131.41点、合計212.03点で5位に沈みました。
GPファイナルで紀平梨花に圧倒され、自信も喪失しているのでしょう。
メンタルの強さが分かるのは逆風のときです。

ロシア選手権はやはりジュニア勢が表彰台を独占しました。
1位は229.78点、14歳のアンナ・シェルバコワ、2位は229.71点、昨シーズンの世界ジュニア選手権で優勝を収めた14歳のアレクサンドラ・トルソワ、3位は226.54点、先日のジュニアGPファイナルで優勝を収めた15歳のアリョーナでした。

4回転ルッツ成功、技術要素点は90点超え

アンナ・シェルバコワは冒頭の4回転ルッツを決めて勢いに乗り、ノーミスの演技で90点に迫るTES(技術要素点)をマークしています。

アレクサンドラ・トルソワも冒頭の4回転ルッツを決めていますが、続く4回転トウループで転んでいます。
にもかかわらず技術要素点が90点を超えています。

ちなみに、SP14位と出遅れたエフゲニア・メドベージェワは7位と巻き返しました。
久し振りに笑顔が見られたようです。

選手寿命が短く、いきなり天国から地獄へ

アリーナ・ザギトワはこの先、立て直してくる可能性がゼロではありませんが、エフゲニア・メドベージェワと同様、天国から地獄に突き落とされています。
ロシア選手は日本選手より体形変化や体重増加が激しいので選手寿命が恐ろしく短い。
オリンピックで金メダルを獲得した直後に終わります。

22歳のエリザベータ・トゥクタミシェワは例外です(今大会は肺炎で欠場)。
復活できたのはよほどフィギュアスケートが好きだったのでしょう。
それともオリンピック出場を逃したのが幸運だったのか・・・。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

紀平梨花、全日本フィギュア初制覇は揺るがず

「全日本までスケート靴を持たせる」
コメントが意味不明、説明を補足して


紀平梨花は年齢制限により出場資格を満たせませんでしたが、五輪代表最終選考会を兼ねた昨年の全日本フィギュアスケート選手権で3位となり表彰台に立ちました。
オリンピック出場を懸命に目指すシニアのなかに中学3年生のジュニアが割って入り、インパクトを与えました。
結果として、女子シングル2枠の選考に影響を与えました。
この大会ではショートプログラム(SP)1本、フリースケーティング(FS)2本の「トリプルアクセル」を決めています。

紀平梨花は今シーズン、シニアデビューを果たしています。
あれから1年、ジャンプ、スピン、ステップなどの「技術」、さらには「表現」を磨いてきました。
もともと優れていた「スケーティング」が洗練度を増すにつれ、「GOE(出来栄え点)」で大きく稼げるようになりました。
GPファイナルでノーミスの演技を見せられなかったことが悔しかったのでしょう、全日本選手権で「SPとFSを揃える」と誓いました。

紀平梨花はプログラムの基礎点が高く、得点力は群を抜きますので、とんでもないミスを連発しないかぎり初制覇は揺るぎません。
メンタルが強く、しかも滑っている最中でも沈着冷静ですので、最悪の事態が起こることは考えられません。
失敗を犯しても何とか点数を取り戻せるのは凄いです。

紀平梨花はGPファイナルから帰国後、「トリプルアクセルの調子を下げないこと。靴が柔らかくなってきたので、靴を壊さないように気をつけて練習しないといけないし、何とか全日本選手権まで持たそうと思います」と語っています。
おそらく「貧しくてスケート靴を新調できない」という意味でなく、フィギュアスケートに詳しい人にしか理解できないコメントです。

が、こうした話を聞くとトリプルアクセルを跳ぶのは大変なのだろうと感じます。
そういえば浅田真央もスケート靴の話をよくしていたことを思い出しました。

⇒2018年1月25日「浅田真央のぼろぼろ靴と穴あきソックス」はこちら。

ひょっとしたら、前向きで踏み切って後ろ向きで降りることとも関係しているのかもしれません(不確か)。
高難度ジャンプの失敗後に「靴が合わなくて」とこぼす選手が結構いますので、3Aを跳ぶことは関係ないのかもしれません。

紀平梨花は世界選手権に新調したスケート靴で臨むことになります。
足に馴染むまでに時間がかかり、なおかつ馴染んで柔らかくなると高難度ジャンプを跳べなくなるということなのでしょうか。
先ほどの意味不明のコメントから「フィギュアスケーターにとって靴が一番重要な道具」というニュアンスは伝わってきます。

⇒2011年6月22日「浅田真央の肉球、アメショーのトリプルアクセル」はこちら。

紀平梨花が全日本選手権を制するとGPファイナルと合わせてシニア1年目で2冠に輝くことになり、スーパーヒロインの浅田真央を超えます。
羽生結弦が欠場する男子シングルと異なり、女子シングルは盛り上がります。
それなりのTV視聴率が取れるはずです。

いよいよ全日本フィギュアスケート選手権2018の開幕です。
試合後に「全日本まで靴が持ってよかった・・・」など説明を補ってほしい。

(2018年12月14日執筆)

category:紀平梨花ブログはこちら。

◆書き加え(12月20日)

スケート靴がやばすぎる状態で全日本へ

紀平梨花が公式練習を行い、スケート靴についてコメントを補足しています。
GPファイナルの疲れが取れていい状態で臨めるとのことですが、柔らかくなったスケート靴をしきりに気にする仕草を見せています。
練習では決めているものの、「トリプルアクセル」を跳ぶのが難しそうです。
最大の得点源です。
応急処置としてテープを巻いて固めて微調整を行いますが、苦労しています。

フィギュアスケートはスケート靴で滑るので、それが大切ということは競技経験のない私にも飲み込めます。
本人は靴がギリギリでも「気合で乗り切る」と無理気味の説明をしています。

私の結論として、全日本選手権初制覇の最大の敵はどうやらスケート靴です。

◆書き加え(12月21日)

先ほどSPが終わりました。

1位 宮原知子(29番滑走)
   76.76点(40.54点 36.22点 0.00点)
2位 坂本花織(20番滑走)
   75.65点(41.08点 34.57点 0.00点)
3位 三原舞依(19番滑走)
   72.88点(39.48点 33.40点 0.00点)
4位 樋口新葉(25番滑走)
   72.63点(38.79点 33.84点 0.00点)
5位 紀平梨花(27番滑走)
   68.75点(36.54点 33.21点 1.00点)
※点数はSP(TES、PCS、減点)です。

中野園子コーチ同門の三原舞依と坂本花織は互いにパーフェクトな演技を見せました。
樋口新葉は久し振りに元気一杯の滑りを見せ、ほっとした表情を浮かべています。

紀平梨花は滑る前からあれだけ足下を気にしていてはトリプルアクセルを跳べるはずがありません。
スタートポーズで顔が引きつっており、これまでの勢いがすっかり消えています。

宮原知子はGPファイナルで得点伸び悩みの最大の原因となった回転不足を解消しました。
安定した演技を見せ、「ミス・パーフェクト」の復活を印象づけました。

山下真瑚は 62.94点で9位、白岩優奈は 59.99点で12位、本田真凜は 52.75点で18位です。

私は坂本花織と樋口新葉が大健闘という印象を受けました。
紀平梨花はFSに同じスケート靴で臨むしかありませんので、さすがに8点以上の差は引っ繰り返せません。
5連覇を目指す宮原知子と初制覇を目指す坂本花織の戦いになるように思います。
が、ひょっとしたら樋口新葉が割り込んでくるかもしれません。
故障明けで7本のジャンプを跳び、4分を滑りきれるかどうか。

演技そのものに破たんのない宮原知子が5連覇へ前進したのは確かです。

◆書き加え(12月23日)

FSで2本決めても引っ繰り返せない

午前に公式練習が行われ、紀平梨花が入念な調整を行いました。
メディアはトリプルアクセルの成功を盛んに取り上げています。
FSで2本決めれば宮原知子を引っ繰り返せるという印象です。

が、実際にはそうはなりません。
紀平梨花はすべてのジャンプを決めたうえで、すべての要素でGOE(出来栄え点)を引き出さなければなりません。
大きな加点が必要です。

SPとFSを比べると、時間は2分40秒から4分に伸び、ジャンプは3本から7本に増えます。
壊れかかったスケート靴の微調整は格段に難しくなります。
まして紀平梨花は神経質になっています。

逆転には 160点近い得点が最低ライン

宮原知子がノーミスで滑ると、紀平梨花はノーミスでなくパーフェクトに滑らないと上回れません。
宮原知子の調子を加味して考えると、 160点近い得点が最低ラインでしょう。
おそらく自力による初制覇は不可能です。

SP5位の紀平梨花は20番滑走です。
驚異的な得点を叩き出せれば、22番滑走で3位の三原舞依、23番滑走で1位の宮原知子、最終24番滑走で2位の坂本花織に大きなプレッシャーをかけられます。
(それを跳ね返せる選手もいます。)

ロシア選手権はSP1位と5位が真逆

とはいえ、ロシア選手権ではSP1位のアリーナ・ザギトワと5位のアンナ・シェルバコワが入れ替わるというとんでもない展開で幕を閉じました。

⇒2018年12月19日「アリーナ・ザギトワはロシア選手権2018で女王陥落か」はこちら。

5連覇を阻止される宮原知子には気の毒ですが、史上最大の逆転劇はさぞかしドラマチックだろうと思わないわけでもありません。

結果はまもなく分かります。
私は濱田美栄コーチ同門の二人に持てる力を出し切ってほしい。

◆書き加え(12月23日)

坂本花織が圧巻の演技で全日本初優勝

FSが終わり、坂本花織が圧巻の演技を見せて初優勝を飾りました。
私が知る範囲でベストだったのでないでしょうか。
昨年はSP1位から宮原知子に逆転され、今年はSP2位から宮原知子を逆転しています。

濱田美栄コーチ、そして選手としては悔しいでしょうが、私は同門としては悪い決着でなかったと思います。
宮原知子が日本女王、紀平梨花が世界女王になると理想的と考えていましたので、ほっとしました。

私は紀平梨花も宮原知子もパーフェクトな出来だったと思いません。
結果から眺めれば、紀平梨花はFSで 160点が必要でした。
(スケート靴をかすかにかばいながら滑っているようで、ダイナミックなスケーティングとはいえません。)

格闘技でないのですが、三原舞依を含めた上位4選手の力勝負は素晴らしかった。

◆書き加え(12月24日)

全日本フィギュア2018女子シングル結果

全日本選手権の結果(順位・得点)は次のとおりです。

1位 坂本花織(24番滑走)
   228.01点(152.36点 79.11点 73.25点 0.00点 75.65点)
2位 紀平梨花(20番滑走)
   223.76点(155.01点 82.95点 72.06点 0.00点 68.75点)
3位 宮原知子(23番滑走)
   223.34点(146.58点 71.49点 75.09点 0.00点 76.76点)
4位 三原舞依(22番滑走)
   220.80点(147.92点 78.15点 69.77点 0.00点 72.88点)
5位 樋口新葉(21番滑走)
   197.63点(125.00点 59.78点 66.22点 1.00点 72.63点)
6位 山下真瑚(17番滑走)
   197.14点(134.20点 69.29点 64.91点 0.00点 62.94点)
※点数はFS(TES、PCS、減点、SP)です。

濱田美栄コーチ門下の宮原知子と紀平梨花、中野園子コーチ門下の三原舞依と坂本花織という関西に練習拠点を置く4選手の戦いになりました。
坂本花織がSPでもFSでも、そしてジャンプなどの技術点でも表現などの演技点でも他の選手を圧倒しました。
とくに最終滑走のFSは出色の出来栄えです。
自らの潜在力を開花させました。

今年の全日本選手権では三原舞依が出した高得点に刺激され、坂本花織がさらに高得点を叩き出しています。
坂本花織の初制覇は、三原舞依の存在も大きかったと考えます。

また、紀平梨花の持つ優れた才能と精神力を改めて感じさせられました。
シニア1年目です。
ただし、FSでトリプルアクセルを2本決めていますが、スケート靴のことがいくらか意識にあるせいか、本来のスケーティングは見られませんでした。
それを土台とした演技点も伸びませんでした。
(ここまでよくぞ立て直したとは思っています。)

日本で開催される世界選手権2019の代表は坂本花織、紀平梨花、宮原知子ですんなりと決まりです。
私としては三原舞依にも行ってほしいのですが、最大3枠ですから致し方ありません。

見応えが凄かった。
選手の皆さん、ありがとう。

◇◆◇

紀平梨花に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年12月17日「全日本フィギュア選手権2018女子シングル優勝・順位予想」はこちら。

⇒2018年12月15日「紀平梨花の演技構成点(PCS)が低すぎるわけ」はこちら。

⇒2018年12月11日「紀平梨花TV視聴率はスターの証、女・羽生結弦へ」はこちら。

⇒2018年12月10日「紀平梨花に夢中、応援疲れで本日閉店」はこちら。

⇒2018年12月9日「紀平梨花、ビューティフル・ストームの生命力」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

勝てない宇野昌磨は勝てる紀平梨花に学べ

溜まるファンのフラストレーション
戦い方は紀平梨花のほうが断然冷静

フィギュアスケート男子シングルの宇野昌磨。
GPシリーズ第4戦「NHK杯」後はGPファイナルへ向けて密度の濃い練習を積むことができ、直前に調子が急下降した原因をつかみかねているようです。
逆に言えば、それまでは順調に来ていたわけですから、それほど心配はいらないのかもしれません。

ただし、ライバルが不在の全日本選手権は「内容」が評価されます。
本来のクオリティの高い滑りで視線を釘づけにし、会場を巻き込みながら滑り終えることができるかどうか。
現役復帰の高橋大輔が主役になるようでは話になりません。

宇野昌磨を熱心に応援するファンの期待はノーミスでの会心の演技による優勝に尽きます。
勝って当然という昨季の世界選手権を落として以降、もやもやした気持ちが晴れずに残っています。
ファンの「フラストレーション」はかなり溜まっています。

全日本選手権の先には世界選手権が控えており、GPファイナルで後塵を拝した米国のネイサン・チェンと再び相まみえます。
宇野昌磨もファンの歯がゆさを分かっているからこそ、全日本選手権では皆が納得のいく出来を目指しています。

私は質重視の新ルールの下、高確率で滑れるプログラムを滑り、それでどれくらいの点数を取れるかを確かめることが重要だと思います(国際スケート連盟非公認)。
自分が引き出せそうなGEO(出来栄え点)を探っておかないと、世界選手権での戦い方も定まらず、伸び代のイメージもわきません。

これに関しては、女子シングルのシニア1年目、紀平梨花のほうが断然冷静です。

(2018年12月16日)

category:宇野昌磨ブログはこちら。

◇◆◇

宇野昌磨に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年10月29日「宇野昌磨はそろそろ世界一になってもいい」はこちら。

⇒2018年10月8日「宇野昌磨は憧れの高橋大輔を見にいく」はこちら。

⇒2018年3月24日「宇野昌磨、世界選手権枠取りに全日本王者の自覚と気迫!」はこちら。

⇒2018年3月22日「宇野昌磨は世界王者と枠取りへ強行出場か」はこちら。

⇒2018年2月24日「宇野昌磨は平昌五輪銀メダルを悔しがれ!」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

坂本花織は自分の特色を強く押し出せ

紀平梨花と宮原知子の間に埋没
人気面でも採点面でも勝負面でも損

フィギュアスケート女子シングルの坂本花織。
GPシリーズ第1戦「スケートアメリカ」はショートプログラム(SP)とフリースケーティング(FS)でノーミスの演技を見せて合計213.90を記録しました。
宮原知子に次ぐ2位になっています。

GPシリーズ第3戦「フィンランド大会」はSPでジャンプの転倒が2度あって7位に沈み、演技後に悔し涙を流しています。
しかし、FSで2位となり、合計197.42点を記録しました。
3位と巻き返しました。

連続2位ならば、GPシリーズ上位6人で争うGPファイナル進出はほぼ当確でした。
あとの選手の結果待ちという宙ぶらりんの状態でしたが、出場することができました。

坂本花織はレベル3に留まるステップの改良を課題としていました。
実は、フィンランド大会でのSPの失敗はステップに気を取られた結果です。
ちなみに、FSはジャンプの1つでエッジエラーかエッジ不明瞭となりましたが、残りの6つのジャンプでGOE(出来栄え点)を得ています。
スピンとステップもすべてレベル4であり、ほぼ完璧に近い滑りでした。

平昌五輪代表として6位と大健闘した坂本花織ですが、今シーズンは宮原知子はもとよりシニア1年目の紀平梨花とやや差がついた印象を受けます。
開き直りといっては何ですが、GPファイナルでは思い切りのよさと爆発力を発揮して力強いジャンプとスケーティングを見せてください。

本人もそれを自覚しており、「5番手(5位通過)なので、だいぶ頑張らないと表彰台に上がれない」と話していました。

(2018年12月5日執筆)

category:坂本花織ブログはこちら。

◆書き加え(12月7日)

「FSで頑張れば表彰台にいける」

GPファイナルでSPが行われ、坂本花織は 70.23点で4位でした。
「すごく緊張した」と振り返りつつ、自己採点は90点くらいとしました。

私はしっかりと滑っていて出来は悪くないという印象を受けました。
3本のジャンプにミスは出ませんでしたが、スピンやステップにレベル3が出ました。
ここをなかなか克服できません。

坂本花織自身もFSで頑張れば表彰台にいけると考えています。
おそらく 70.65点で3位のエリザベータ・トゥクタミシェワ、 67.52点で6位の宮原知子との3人の争いになりそうです。

◆書き加え(12月8日)

真っ先に素朴さと元気が伝わってくる

今大会では取材が紀平梨花に集中しています。
坂本花織や宮原知子は煩わしくないともいえますが、一抹の寂しさを感じているのでしょうか。
脚光を浴びてこそのアスリート(フィギュアスケーター)という気もします。
FSでメディアを振り向かせる活躍を見せてください。

坂本花織は主要大会で滑るたびに「すごく緊張した」と語っており、それは嘘だと思っていません。
が、この選手を見ると真っ先に素朴さと元気が伝わってきて、心がほっとします。
性格ですが、演技の持ち味にもなっています。

◆書き加え(12月9日)

「すごいがくがくしちゃって・・・」

GPファイナルでFSが行われ、坂本花織は141.45点、合計211.68点で4位に留まり、表彰台を逃しました。
3位のエリザベータ・トゥクタミシェワと3.64点差でした。

2回転アクセル−3回転トウループ−2回転トウループの最後の2回転ジャンプで転倒しています。
「すごいがくがくしちゃって、それが原因かな」と、平昌五輪の次くらいに緊張感があったことを明かしました。
ほかの要素はすべて加点を得、スピンとステップはレベル4を揃え、演技構成点は 68.00点でした。

◆書き加え(12月10日)

全日本選手権へ神様からお告げがある

GPファイナルの演技を振り返り、トップ選手と比べて「表現の強弱が足りない」と語っています。

「ここで3位になると、ふわふわして全日本選手権へ向かうことになる」「4位はそうならないための神様からのお告げ」と分かったような分からないようなことを口にしました。
全日本選手権へ向け、飛躍を誓いました。

女子シングルでは4回転ジャンプ競争が始まろうとしています。
自身も徐々に練習し、北京五輪までに跳べるようにしたいと語りました。

坂本花織は実力も得点力もあり、私は日本女子の3番手と認めます。
しかし、演技の特色を強く押し出していかないと、紀平梨花と宮原知子の間に埋没します。
人気面でも採点面でも勝負面でも損になるでしょう・・・。

全日本選手権では不調の宮原知子を上回り、2位に割って入ってほしい。

◆書き加え(12月24日)

点数の計算ミスで全日本初制覇の珍事

FSが終わり、坂本花織が圧巻の演技を見せて初優勝を飾りました。
「点数の計算ミス」と言う人もいるようですが、私の知る範囲でベストだったのでないでしょうか。
昨年はSP1位から宮原知子に逆転され、今年はSP2位から宮原知子を逆転しています。

濱田美栄コーチ門下の宮原知子と紀平梨花、中野園子コーチ門下の三原舞依と坂本花織という関西に練習拠点を置く4選手の戦いになりました。

坂本花織がSPでもFSでも、そしてジャンプなどの技術点でも表現などの演技点でも他の選手を圧倒しました。
とくに最終滑走のFSは出色の出来栄えです。
自らの潜在力を開花させました。

今年の全日本選手権では三原舞依が出した高得点に刺激され、坂本花織がさらに高得点を叩き出しています。
坂本花織の初制覇は、三原舞依の存在も大きかったと考えます。

坂本花織は試合後、国際大会よりも全日本選手権のほうが緊張すると語りました。
しかもFSは最終滑走です。
直前滑走の宮原知子の得点を聞いて勝負をかけたようです。
そんなことをしたら余計に緊張が高まると思うのですが、それに打ち克ってノーミスというよりパーフェクトな演技を見せました。

なお、紀平梨花はトリプルアクセルを2本とも決めていますが、スケート靴を気にしながらジャンプミスを防ぐことに精一杯という印象で、スケーティングと表現の魅力が損なわれました。
ちなみに、紀平梨花は2位になってシニア1年目の2冠、宮原知子は3位になって全日本選手権5連覇を逃しました。
会心の演技をそろえた三原舞依は惜しくも4位でした。

日本で開催される世界選手権2019の代表は坂本花織、紀平梨花、宮原知子ですんなりと決まりです。
私としては三原舞依にも行ってほしいのですが、最大3枠ですから致し方ありません。

全日本選手権の結果(順位・得点)は次のとおりです。

1位 坂本花織(24番滑走)
   228.01点(152.36点 79.11点 73.25点 0.00点 75.65点)
2位 紀平梨花(20番滑走)
   223.76点(155.01点 82.95点 72.06点 0.00点 68.75点)
3位 宮原知子(23番滑走)
   223.34点(146.58点 71.49点 75.09点 0.00点 76.76点)
4位 三原舞依(22番滑走)
   220.80点(147.92点 78.15点 69.77点 0.00点 72.88点)
5位 樋口新葉(21番滑走)
   197.63点(125.00点 59.78点 66.22点 1.00点 72.63点)
6位 山下真瑚(17番滑走)
   197.14点(134.20点 69.29点 64.91点 0.00点 62.94点)
※点数はFS(TES、PCS、減点、SP)です。

見応えが凄かった。
選手の皆さん、ありがとう。

◇◆◇

坂本花織に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年11月8日「坂本花織は「トラウマ」から死ぬ気で「カモメ」へ」はこちら。

⇒2018年10月31日「坂本花織、初のGPファイナルへフィンランド大会2位」はこちら。

⇒2018年10月24日「坂本花織はジャンプよし、表現力よし、安定感よし」はこちら。

⇒2018年2月23日「坂本花織、平昌五輪銅メダル獲得の必要条件」はこちら。

⇒2018年2月14日「坂本花織は平昌でどうした? らしくないぞ!」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

全日本フィギュア選手権2018女子シングル優勝・順位予想

全日本選手権競技日程・テレビ放送(予定)
女子シングル優勝・順位予想
1位紀平梨花、2位宮原知子、3位坂本花織


「全日本フィギュアスケート選手権2018」が大阪・門真で開催されます。
女子シングルも男子シングルも出場枠が3人の「世界フィギュアスケート選手権2019」の代表最終選考会を兼ねています。

女子シングルはおそらくだれが予想してもこの順位になるでしょう。
上位選手にかなり力の差がついています。
ただし、宮原知子がGPファイナルからメンタルを立て直せないと、表彰台から外れるかもしれません。
FSでは高難度ジャンプが壊れており、深刻です。

全日本選手権はシニア1年目に大ブレイクを果たした紀平梨花の独壇場になると思います。
ロシアのアリーナ・ザギトワを倒したGPファイナル後に「全日本選手権ではショートプログラム(SP)もフリースケーティング(FS)も完璧に滑りたい」と語りました。
もしそうならば優に 240点を超えるわけで、他の選手が聞いたら絶望的な気分になります。
自らの初制覇を飾るとともに濱田美栄コーチ同門の先輩、宮原知子の5連覇を阻止することになります。
勝負の世界はとても厳しい。

私は紀平梨花のぞくぞくするほど美しいFS「ビューティフル・ストーム」のスケーティングを楽しみたい。

category:紀平梨花ブログはこちら。

◆全日本フィギュア選手権2018女子シングル優勝・順位予想

◇1位 紀平梨花
◇2位 宮原知子
◇3位 坂本花織
◇4位 三原舞依
◇5位 本田真凜
◇6位 白岩優奈
◇7位 山下真瑚

出場選手それぞれがベストの演技を見せられるように祈っています。

爆発力のある樋口新葉の動静がさっぱり伝わってきません。
けががどれくらい回復しているか、練習を十分に積めているかどうかも分かりません。
昨年は表彰台を逃し、平昌五輪代表から漏れています。
リベンジしたいとの気持ちがだれよりも強いはずです。
コンディションが整っていれば、4位か5位に割り込むと思います。

⇒2018年12月16日「全日本選手権2018順位予想 宇野昌磨、織田信成、高橋大輔」はこちら。

◆全日本フィギュア選手権2018競技日程(予定)

◇12月21日(金) 16時25分〜20時54分 女子SP
◇12月22日(土) 16時25分〜20時54分 男子SP
◇12月23日(日) 17時4分〜21時11分 女子FS
◇12月24日(月) 17時4分〜21時11分 男子FS
◇12月25日(火) 開演17時〜終了20時 エキシビション

エキシビションは「オールジャパン メダリスト・オン・アイス2018」として行われます。
予定は変更になることがありますので、かならず確認してください。

◆全日本フィギュア選手権2018テレビ放送(予定)

フジテレビ系列で放送されます。

◇12月21日(金) 19時〜20時54分 女子SP
◇12月22日(土) 19時〜20時54分 男子SP
◇12月23日(日) 19時〜21時15分 女子FS
◇12月24日(月) 19時〜21時30分 男子FS
◇12月25日(火) 24時25分〜25時25分(録画) エキシビション

予定は変更になることがありますので、かならず確認してください。
放送時間の延長もありえるようです。

(2018年12月12日執筆)

◆書き加え(12月14日)

宮原知子が勝つと全日本選手権5連覇となり、浅田真央を超えます。
紀平梨花が勝つとGPファイナルと合わせてシニア1年目で2冠となり、浅田真央を超えます。
女子シングルはテレビ視聴率、とりわけ最高瞬間視聴率が高くなりそうです。
フィギュアスケートファンに最高のクリスマスプレゼントです。

◆書き加え(12月16日)

今シーズンに女子シングルに登場した新星・紀平梨花と男子シングルに現役復帰したベテラン・高橋大輔は全日本選手権を放送するフジテレビの救世主です。
平昌五輪の代表最終選考会を兼ねた昨年の全日本選手権と比べて番組への関心が著しく低下するのは避けらない状況でしたが、テレビ視聴率は何とか持ちこたえそうです。

◆書き加え(12月16日)

どうやら樋口新葉が全日本選手権に出場するようです。
ただし、けがでGPシリーズ第5戦「ロシア杯」を欠場しており、万全のコンディションで臨むのは難しい。
全日本選手権での表彰台入りと世界選手権への2年連続出場を目指しているはずですが、微妙です。

◆書き加え(12月20日)

樋口新葉が公式練習で元気な姿を見せました。
右足甲痛は完治していないとのことですが、五輪選考レースで敗れた昨年の悔しさを晴らすと誓っています。
表彰台に食い込める爆発力を秘めた選手ですので、女子シングルはさらに盛り上がります。それなりに追い込んだ練習を積めたそうで、3回転のコンビネーションジャンプも跳びました。

◆書き加え(12月20日)

本田真凜が公式練習でフリップ―トウループのコンビネーションジャンプなどを跳んでいます。
今年4月から練習拠点を米国のロサンゼルスに移し、スケートと向き合えているそうです。
家族にも久し振りに会え、勇気が湧いてきたことでしょう。

全日本選手権は特別で一番楽しみな試合と語りました。
五輪代表選考がかかった昨年は7位と惨敗を喫しています。
今年はいい演技を見せたいと意気込みました。

◆書き加え(12月21日)

SPの滑走順が決まり、おもな選手は次のとおりです。

◇三原舞依 19番
◇坂本花織 20番
◇山下真瑚 22番
◇樋口新葉 25番
◇本田真凜 26番
◇紀平梨花 27番
◇白岩優奈 26番
◇宮原知子 29番(最終)

濱田美栄コーチは師走状態です。
宮原知子は「やっぱり引いちゃったという感じ」と語りました。
このコメントは何なのでしょう。

紀平梨花の直後は滑りたくないです。

◆書き加え(12月21日)

先ほどSPが終わりました。

1位 宮原知子(29番滑走)
   76.76点(40.54点 36.22点 0.00点)
2位 坂本花織(20番滑走)
   75.65点(41.08点 34.57点 0.00点)
3位 三原舞依(19番滑走)
   72.88点(39.48点 33.40点 0.00点)
4位 樋口新葉(25番滑走)
   72.63点(38.79点 33.84点 0.00点)
5位 紀平梨花(27番滑走)
   68.75点(36.54点 33.21点 1.00点)
※点数はSP(TES、PCS、減点)です。

中野園子コーチ同門の三原舞依と坂本花織は互いにパーフェクトな演技を見せました。
樋口新葉は久し振りに元気一杯の滑りを見せ、ほっとした表情を浮かべています。

紀平梨花は滑る前からあれだけ足下を気にしていてはトリプルアクセルを跳べるはずがありません。
スタートポーズで顔が引きつっており、これまでの勢いがすっかり消えています。

宮原知子はGPファイナルで得点伸び悩みの最大の原因となった回転不足を解消しました。
安定した演技を見せ、「ミス・パーフェクト」の復活を印象づけました。

山下真瑚は 62.94点で9位、白岩優奈は 59.99点で12位、本田真凜は 52.75点で18位です。

私は坂本花織と樋口新葉が大健闘という印象を受けました。
紀平梨花はFSに同じスケート靴で臨むしかありませんので、さすがに8点以上の差は引っ繰り返せません。
5連覇を目指す宮原知子と初制覇を目指す坂本花織の戦いになるように思います。
が、ひょっとしたら樋口新葉が割り込んでくるかもしれません。
故障明けで7本のジャンプを跳び、4分を滑りきれるかどうか。

演技そのものに破たんのない宮原知子が5連覇へ前進したのは確かです。

◆書き加え(12月23日)

FSで2本決めても引っ繰り返せない

午前に公式練習が行われ、紀平梨花が入念な調整を行いました。
メディアはトリプルアクセルの成功を盛んに取り上げています。
FSで2本決めれば宮原知子を引っ繰り返せるという印象です。

が、実際にはそうはなりません。
紀平梨花はすべてのジャンプを決めたうえで、すべての要素でGOE(出来栄え点)を引き出さなければなりません。
大きな加点が必要です。

SPとFSを比べると、時間は2分40秒から4分に伸び、ジャンプは3本から7本に増えます。
壊れかかったスケート靴の微調整は格段に難しくなります。
まして紀平梨花は神経質になっています。

逆転には 160点近い得点が最低ライン

宮原知子がノーミスで滑ると、紀平梨花はノーミスでなくパーフェクトに滑らないと上回れません。
宮原知子の調子を加味して考えると、 160点近い得点が最低ラインでしょう。
おそらく自力による初制覇は不可能です。

SP5位の紀平梨花は20番滑走です。
驚異的な得点を叩き出せれば、22番滑走で3位の三原舞依、23番滑走で1位の宮原知子、最終24番滑走で2位の坂本花織に大きなプレッシャーをかけられます。
(それを跳ね返せる選手もいます。)

ロシア選手権はSP1位と5位が真逆

とはいえ、ロシア選手権ではSP1位のアリーナ・ザギトワと5位のアンナ・シェルバコワが入れ替わるというとんでもない展開で幕を閉じました。

⇒2018年12月19日「アリーナ・ザギトワはロシア選手権2018で女王陥落か」はこちら。

5連覇を阻止される宮原知子には気の毒ですが、史上最大の逆転劇はさぞかしドラマチックだろうと思わないわけでもありません。

結果はまもなく分かります。
私は濱田美栄コーチ同門の二人に持てる力を出し切ってほしい。

◆書き加え(12月23日)

坂本花織が圧巻の演技で全日本初優勝

FSが終わり、坂本花織が圧巻の演技を見せて初優勝を飾りました。
私が知る範囲でベストだったのでないでしょうか。
昨年はSP1位から宮原知子に逆転され、今年はSP2位から宮原知子を逆転しています。

濱田美栄コーチ、そして選手としては悔しいでしょうが、私は同門としては悪い決着でなかったと思います。
宮原知子が日本女王、紀平梨花が世界女王になると理想的と考えていましたので、ほっとしました。

私は紀平梨花も宮原知子もパーフェクトな出来だったと思いません。
結果から眺めれば、紀平梨花はFSで 160点が必要でした。
(スケート靴をかすかにかばいながら滑っているようで、ダイナミックなスケーティングとはいえません。)

格闘技でないのですが、三原舞依を含めた上位4選手の力勝負は素晴らしかった。

◆書き加え(12月24日)

全日本フィギュア2018女子シングル結果

全日本選手権の結果(順位・得点)は次のとおりです。

1位 坂本花織(24番滑走)
   228.01点(152.36点 79.11点 73.25点 0.00点 75.65点)
2位 紀平梨花(20番滑走)
   223.76点(155.01点 82.95点 72.06点 0.00点 68.75点)
3位 宮原知子(23番滑走)
   223.34点(146.58点 71.49点 75.09点 0.00点 76.76点)
4位 三原舞依(22番滑走)
   220.80点(147.92点 78.15点 69.77点 0.00点 72.88点)
5位 樋口新葉(21番滑走)
   197.63点(125.00点 59.78点 66.22点 1.00点 72.63点)
6位 山下真瑚(17番滑走)
   197.14点(134.20点 69.29点 64.91点 0.00点 62.94点)
※点数はFS(TES、PCS、減点、SP)です。

濱田美栄コーチ門下の宮原知子と紀平梨花、中野園子コーチ門下の三原舞依と坂本花織という関西に練習拠点を置く4選手の戦いになりました。
坂本花織がSPでもFSでも、そしてジャンプなどの技術点でも表現などの演技点でも他の選手を圧倒しました。
とくに最終滑走のFSは出色の出来栄えです。
自らの潜在力を開花させました。

今年の全日本選手権では三原舞依が出した高得点に刺激され、坂本花織がさらに高得点を叩き出しています。
坂本花織の初制覇は、三原舞依の存在も大きかったと考えます。

また、紀平梨花の持つ優れた才能と精神力を改めて感じさせられました。
シニア1年目です。
ただし、FSでトリプルアクセルを2本決めていますが、スケート靴のことがいくらか意識にあるせいか、本来のスケーティングは見られませんでした。
それを土台とした演技点も伸びませんでした。
(ここまでよくぞ立て直したとは思っています。)

日本で開催される世界選手権2019の代表は坂本花織、紀平梨花、宮原知子ですんなりと決まりです。
私としては三原舞依にも行ってほしいのですが、最大3枠ですから致し方ありません。

見応えが凄かった。
選手の皆さん、ありがとう。

◇◆◇

紀平梨花に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年12月15日「紀平梨花の演技構成点(PCS)が低すぎるわけ」はこちら。

⇒2018年12月11日「紀平梨花TV視聴率はスターの証、女・羽生結弦へ」はこちら。

⇒2018年12月10日「紀平梨花に夢中、応援疲れで本日閉店」はこちら。

⇒2018年12月9日「紀平梨花、ビューティフル・ストームの生命力」はこちら。

⇒2018年12月8日「紀平梨花、メンタルとGOEであっさりと世界最高得点」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

〔全日本選手権2018順位予想〕宇野昌磨、織田信成、高橋大輔

全日本フィギュア競技日程・テレビ放送(予定)
男子シングル優勝・順位予想
1位宇野昌磨、2位織田信成、3位高橋大輔


「全日本フィギュアスケート選手権2018」が大阪・門真で開催されます。
女子シングルも男子シングルも出場枠が3人の「世界フィギュアスケート選手権2019」の代表最終選考会を兼ねています。
五輪連覇の羽生結弦は3年連続で欠場します。

⇒2018年12月6日「羽生結弦に3年連続特例など問題外、全日本フィギュア2018」はこちら。

私は稀代のスケーターに何よりも選手生命を大切にしてほしい。

◆全日本フィギュア選手権2018男子シングル優勝・順位予想

男子シングルは優勝争いがなく、やる前から順位は決まりです。
シニア1年目で大ブレイクを果たした紀平梨花が出場しておおいに盛り上がる女子シングルと異なり、さみしい限りです。
私は男子シングルの4〜6位に入りそうな選手の名前を挙げられません。

時差のない国内試合なのでテレビのゴールデンタイムに実況放送があります。
申し訳ないですが、男子シングルは試合が終わってから気になる選手だけを動画で見ます。
宇野昌磨は羽生結弦が不在で気合いが入らないせいか、逆にプレッシャーがかかるせいか、全日本選手権で素晴らしい演技を行った印象が残っていません(記憶が曖昧)。

そうか、私は高橋大輔の出場を失念していました。
実況放送をかならず見ます。

◇1位 宇野昌磨
◇2位 織田信成
◇3位 高橋大輔

織田信成は10月にプロアマ混合ジャパンオープンでとんでもない得点を叩き出し、噂になっていました。

⇒2017年1月10日「織田信成は母乳が出ない」はこちら。

この高得点は、10月に近畿選手権で4年振りに現役に復帰した32歳の高橋大輔をおおいに慌てさせました。
実際には織田信成は出場しませんので「氷上のアーティスト」と「氷上のお殿さま」が激突する恐れはないでしょう。
したがって順位はこうなります。
高橋大輔が11月の西日本選手権よりも得点を伸ばすという前提です。
4回転ジャンプをプログラムに取り入れるかどうかは不明です。

◇1位 宇野昌磨
◇2位 高橋大輔
◇3位 友野一希

私は何を言いたいかといえば、羽生結弦と宇野昌磨に続いて世界の大舞台で戦える次世代が育っていません。
織田信成と高橋大輔が表彰台に上るようでは男子シングルの近い将来は暗い。

友野一希はGPシリーズ第2戦「スケートカナダ」で9位に沈んだ悔しさをGPシリーズ第5戦「ロシア杯」にぶつけて3位に輝きました。
GPシリーズで初の表彰台の中央に、友野一希が背中を追う羽生結弦がいました。
2018年世界選手権で5位に入賞し、日本代表の3枠確保に貢献しました。
友野一希にぜひとも高橋大輔を超えてほしい。

category:高橋大輔ブログはこちら。

◆全日本フィギュア選手権2018競技日程(予定)

◇12月21日(金) 16時25分〜20時54分 女子SP
◇12月22日(土) 16時25分〜20時54分 男子SP
◇12月23日(日) 17時4分〜21時11分 女子FS
◇12月24日(月) 17時4分〜21時11分 男子FS
◇12月25日(火) 開演17時〜終了20時 エキシビション

エキシビションは「オールジャパン メダリスト・オン・アイス2018」として行われます。
予定は変更になることがありますので、かならず確認してください。

◆全日本フィギュア選手権2018テレビ放送(予定)

フジテレビ系列で放送されます。

◇12月21日(金) 19時〜20時54分 女子SP
◇12月22日(土) 19時〜20時54分 男子SP
◇12月23日(日) 19時〜21時15分 女子FS
◇12月24日(月) 19時〜21時30分 男子FS
◇12月25日(火) 24時25分〜25時25分(録画) エキシビション

予定は変更になることがありますので、かならず確認してください。
放送時間の延長もありえるようです。

(2018年12月12日執筆)

◆書き加え(12月12日)

高橋大輔は、今シーズンに限定した現役復帰と語っていました。
若い選手の成長の機会を奪いたくないという思いからでしょう。
あるいは、やさしい人柄なので遠慮からでしょう。

私は自分のなかにやりたい気持ちがあるうちはやったほうがいいと考えます。
はっきり言って、十代後半の選手が大ベテランを超えられないようでは今後の活躍は見込めません。

フィギュアスケーターは選手寿命が短い。
が、採点ルールの改定もあり30代前半の選手でも現役を続けられる可能性が出てきました。
フィギュアスケートはもっと大人のスポーツになっていい。

今年の全日本選手権は高橋大輔の円熟した演技を堪能できることがとても楽しみです。
むろん選ばれたら躊躇せず、世界選手権に出場してほしい。

◆書き加え(12月14日)

ウェブで織田信成は現役復帰が可能という記事を見つけました。
例のジャパンオープンで記録した176.95点の滑りを取り上げたものです。
非公認記録ながら、羽生結弦が9月のオータムクラシックで出した165.91点を大きく上回りました。
どうやら4回転トウループも跳びました。

記者は現役時代より「いまのほうがより強く、よりうまくなっている」としています。
当時はいったい何をやっていたのだと思わないわけでありませんが、織田信成がコンディションを整えて全日本選手権に臨めば確実に表彰台に立てそうです。
ぜひ来シーズンにチャレンジしてほしい。

◆書き加え(12月14日)

アイスショー「クリスマス・オン・アイス2018」が行われ、トリノ五輪金メダリストの荒川静香、織田信成、村上佳菜子らが出演しました。
近年は高橋大輔が中心となっていましたが、今年は全日本選手権へ向けて追い込みに入っていてナレーション(音声)での出演に留まりました。

2010年バンクーバー五輪銅メダリスト、大一番に臨む高橋大輔に織田信成は「完璧な演技で大勢を魅了してほしい」、荒川静香は「自分が納得のいくスケートができることを願っている」、村上佳菜子は「やり切ったと思える演技をしてほしい」とエールを送りました。

◆書き加え(12月16日)

昨年は平昌五輪の代表最終選考会を兼ねていましたから、ファンはもとより国民の関心が高まりました。
しかし、「今年は・・・」と案じていたら、女子シングルは紀平梨花の大ブレイクで高視聴率が見込めます。
羽生結弦の欠場で大幅な低下が避けられなかった男子シングルも高橋大輔の出場で何とか補えそうです。
フジテレビは救世主の登場でほっとしていることでしょう。

◆書き加え(12月20日)

高橋大輔が公式練習を行い、4回転トウループを跳び、しかも決めています。
トリプルアクセル、3回転のコンビネーションジャンプなども決めています。
周囲が「先輩、まじっすか」といったかどうかは不明ですが、しっかりとコンディションを整えて表彰台を狙っています。
私は滅茶苦茶楽しみです・・・。

◆書き加え(12月20日)

SPの滑走順が決まり、おもな選手は次のとおりです。

◇宇野昌磨 18番
◇田中刑事 20番
◇高橋大輔 22番
◇友野一希 24番

1つ置きです。
男子シングルは有力選手そのものを思い浮かべられません。

◆書き加え(12月22日)

先ほどSPが終わりました。

1位 宇野昌磨(18番滑走)
   102.06点(56.81点 45.25点 0.00点)
2位 高橋大輔(22番滑走)
   88.52点(43.38点 45.14点 0.00点)
3位 島田高志郎(2番滑走)
   80.46点(44.22点 36.24点 0.00点)
4位 田中刑事(20番滑走)
   79.32点(41.13点 39.19点 1.00点)
7位 友野一希(24番滑走)
   73.09点(36.33点 37.76点 1.00点)
※点数はSP(TES、PCS、減点)です。

宇野昌磨は日本王者の実力どおりでした。
とてもいい出来でした。

4年振りに現役に復帰した高橋大輔が貫録を見せています。
私は宇野昌磨と高橋大輔のPCS(演技構成点)が並んでいることに衝撃を覚えます。
「お帰りなさい点」がちょっぴり加味されている気がしないでもありません。
ただし、魅了する力はさほど衰えていません。
大きな歓声と拍手に包まれており、うれしかったことでしょう。

私は島田高志郎を名前くらいしか知りません。
3本のジャンプをすべて決めました。
(この選手は2番滑走なので見ていません。)
TES(技術要素点)は2位の高橋大輔を上回りますが、演技構成点がきわめて低い。
先日の「ジュニアGPファイナル3位は自信になった」と語っています。
このまま表彰台に留まれるかどうか。

田中刑事は4回転ジャンプをほどんど決められません。
昨年は会心の演技を見せて2位になり、五輪代表に選ばれています。
3位の島田高志郎とは僅差ですが、表彰台に届くかどうか。
この選手はメンタルが弱いという印象があります。

友野一希は補欠繰り上げだったとはいえ、世界選手権の3枠確保に貢献しておきながら、何をやっているのでしょう。
「自分を裏切るような演技をしてしまった」とうなだれました。
FSで巻き返すほかにありませんが、4回転ジャンプを決められないので表彰台はかなり遠い。

中村優は 77.11点で5位、鍵山優真は 74.51点で6位です。

直前の6分間練習で負傷した宇野昌磨が気がかりです。
久し振りに破綻のない演技を見せてくれましたので、FSでもおおいに期待していますが、どうなりますやら・・・。

FSの滑走順抽選が行われ、SP1位の宇野昌磨が22番、2位の高橋大輔は23番、3位の島田高志郎が最終24番になりました。
「島田高志郎」という名前は高い志を持つ男子であってほしいとの願いが込められているのでしょうか。

◆書き加え(12月24日)

高橋大輔の全日本王者返り咲きは気の毒

宇野昌磨は前日の公式練習に姿を現していません。
関係者が「大事を取って休養する」と説明しています。
ホテルで安静にしていて病院に行っていないということですから棄権はないでしょう。
が、状態がかなり心配です。

羽生結弦が3年連続で全日本選手権を欠場しているとはいえ、3連覇を成し遂げれば立派です。

⇒2018年12月6日「羽生結弦に3年連続特例など問題外、全日本フィギュア2018」はこちら。

宇野昌磨はぶっつけ本番でFSに臨むことになります。
ジャンプ構成の難度を落とし、大きなミスを避けることを第一にしてほしい。

絶対にありえないと思いますが、転倒などが相次いで2位になるようだと、32歳で日本王者に返り咲いてしまう高橋大輔が気の毒です。
そういう展開はいかんでしょう。

また、こちらもクリスマス・イヴにあまりにぶざまな演技を見せられると興ざめです。
女子選手は手に汗を握る熱戦を繰り広げてくれました。
男子選手も負けるなよ!

◆書き加え(12月24日)

宇野昌磨は全日本3連覇を諦めて棄権せよ

宇野昌磨が公式練習に2日ぶりに現れました。
始めはほとんどジャンプを跳ばず、リンクの周りをゆっくり滑りました。
右足の状態と氷の感触を確かめる程度でしょうか。

その後、アクセルのタイミングを幾度か確かめていますが、実際には跳んでいません。
FS「月光」の曲かけ練習ではジャンプもスピンも回避し、ステップに留めています。

なお、コーチと入念に話し合った後にトリプルアクセルを数本、4回転トウループを1本かろうじて降りたようです。

この記事から推察するとかなり悪そうで心配です。
右足に体重をかけられないか、体重をかけると重大な負傷を招くかいずれかでしょう。

北京五輪で金メダルを目指しているはずなので全日本選手権3連覇を諦めて、棄権したほうがいい。
自分自身が悔しいという気持ちとファンに申し訳ないという気持ちを置き、選手生命を守ることを第一にすべき。

選手が滑れない状態で滑るなどもってのほか。
メディアも関係者もファンも称えていけない。
コーチとスケート連盟は止めなくちゃダメだ。

◇◆◇

高橋大輔に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年11月3日「高橋大輔、西日本選手権1番滑走から全日本選手権へ」はこちら。

⇒2018年10月9日「高橋大輔、復帰戦ぼろぼろ演技にやばっ」はこちら。

⇒2018年10月7日「高橋大輔、緊張MAX、現役復帰初戦「近畿選手権」」はこちら。

⇒2018年7月3日「おじさんスケーター・高橋大輔、無謀な挑戦」はこちら。

⇒2018年7月2日「高橋大輔がワオ、32歳での現役復帰」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

紀平梨花の演技構成点(PCS)が低すぎるわけ

演技構成点は「感動」を評価できない
紀平梨花の真骨頂は技術でなく「表現」

スケーターとしての完成度は群を抜く

フィギュアスケート女子シングルの紀平梨花。
GPシリーズ第4戦「NHK杯」のフリースケーティング(FS)とGPファイナルのショートプログラム(SP)で見せた「スケーティング」は絶品です。
あまりの美しさに、私は魂が揺さぶられるような感動を覚えました。

採点競技で勝利を収めようとすれば基礎点の高いジャンプをプログラムに組み込まなければなりません。
彼女の代名詞とされる「トリプルアクセル」は有力な選択肢の一つです。
が、私自身は「ジャンプは二の次」です。
音をとらえた全身や四肢の動き、ステップに胸が躍ります。
スピンもむろんきれいです。
紀平梨花はフィギュアスケーターとしての「完成度」が群を抜くと思います。

GPファイナルのFSでは8点台の「つなぎ(つなぎのフットワークと動作)」を除いて演技構成点が9点台でした。
この要素で9点を取ろうとすると、とりわけジャンプの後がせこくなります。
彼女のランディングに際立つ凛とした「余韻」が台無しになります。
ジャンプそのもので高いGOE(出来栄え点)を取れれば十分です。

だれかに教わったという印象を受けない

紀平梨花はここまでの演技ができるようになるまでにスケートは当然として、さまざまな指導を受けてきたことでしょう。
しかし、彼女の滑りを見ていて、「だれかに教わった」という印象を受けません。
(こうしたところは荒川静香にも通じます。)

何かのレッスンの要素が演技に現れるのはスケーティングが未熟だからです。
フィギュアスケートを楽しむ立場からすれば邪魔です。
(私はバレエを見たければバレエを見ます。)

紀平梨花はそうした素養が見事にこなれており、スケーティングがとてもナチュラルです。
だから、演技全体からこの上ない「質感」が立ち昇ってくるのだと思います。
意図した表現に点数を与えるのは簡単であり、意図しない表現に点数をつけられないようでは審判員として失格です。

紀平梨花の「演技構成点」は低すぎます。
私は技術要素点(TES)を排し、全員が演技構成点(PCS)だけで争っても1位だったと思います。

そもそも「感動」を評価できない演技構成点はナンセンスです。
(表現を持ち味とする高橋大輔が被った不利は気の毒でした。)
紀平梨花の真骨頂は技術でなく「表現」です。
トリプルアクセルは決して多くないとはいえ、過去にも現在にも跳べる女子選手がいます。

ちなみに荒川静香が金メダルを獲得できたのは表現が評価されたからであり、荒川静香が現役を引退したのは技術でしか金メダルを獲得できなくなると察知したからです。
(高橋大輔は荒川静香の約4年後に生まれています。)

私は平昌五輪の金メダリストはアリーナ・ザギトワでなく、エテリ・トゥトベリーゼコーチ同門の先輩、エフゲニア・メドベージェワだったと考えています。

浅田真央と宮原知子は憧れの選手か?

紀平梨花は憧れの選手に、トリプルアクセルに競技人生を捧げた「浅田真央」と濱田美栄コーチコーチ同門の「宮原知子」を挙げています。
私の推察ですが、敬愛するのが浅田真央、尊敬するのが宮原知子といったニュアンスでしょう。
どちらも紀平梨花とは異質であり、厳密な意味での「憧れの対象」でないと考えます。
(彼女がうそをついているということでありません。)

オリンピックはその時点でピークを迎えた選手が勝ちます。
成長期の只中にいる紀平梨花が今後どうなるかは不明です。
しかし、いまは世界一です。
「自分は自分」で十分だと思います。
身体能力の高さを生かしたスケーティングをどこまでも磨いていってほしい。

(2018年12月10日執筆)

category:紀平梨花ブログはこちら。

◆書き加え(12月14日)

2006年トリノ五輪金メダリストの荒川静香が紀平梨花への期待を語りました。
「世界に誇れる選手がまた日本から誕生したことに驚くとともに、ここから成長していく段階の選手というのが楽しみです」「どんなふうに大成していくのか、限界を追い求めての頑張りが目標に届くように応援したい」とエールを送りました。
自身はGPファイナルでは2位が最高でした。

◇◆◇

紀平梨花に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年12月11日「紀平梨花TV視聴率はスターの証、女・羽生結弦へ」はこちら。

⇒2018年12月10日「紀平梨花に夢中、応援疲れで本日閉店」はこちら。

⇒2018年12月9日「紀平梨花、ビューティフル・ストームの生命力」はこちら。

⇒2018年12月8日「紀平梨花、メンタルとGOEであっさりと世界最高得点」はこちら。

⇒2018年12月7日「紀平梨花とザギトワ、GPファイナル2018直接対決」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ