コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

宇野昌磨、ネイサン・チェンを勝たせたのは厄介

宇野昌磨はジャンプのミスが相次ぐ

フィギュアスケート・グランプリ(GP)ファイナルの男子シングルが終わりました。
ジャンプのミスが相次ぎ、出来はきわめて低調でした。
とくにフリースケーティング(FS)はがっかりです。
失敗ばかり見せられた気分です。

私は4番滑走のネイサン・チェンの得点が286.51点に留まったことを知り、6番滑走の宇野昌磨の優勝を確信しましたが、286.01点に留まりました。
1位と2位の差は 0.5点ですが、勝利は勝利です。
競技とはそういうものでしょう。
ネイサン・チェンは金メダルを首にかけられ、自信をつけています。

宇野昌磨は平昌五輪で金メダルを狙えると私は考えていました。
優勝候補に名前の挙がるネイサン・チェンは緊張や重圧に弱い。
私にはきわめて不安定な「高難度ジャンパー」という印象くらいしかありません。

⇒2017年11月18日「宇野昌磨に吹く平昌五輪金メダルの風」はこちら。

ところが、GPファイナルでネイサン・チェンが優勝したことで平昌五輪の表彰台が分からなくなりました。

宇野昌磨もむろん若いのですが、ネイサン・チェンは18歳です。
オリンピックを目前に、若い選手に「勢い」を与えてしまいました。
怖いことです。

宇野昌磨がネイサン・チェンを勝たせたわけでありませんが、ここは確実に倒しておくべきでした。
得点の水準が低かったので、私はなおさらそう思いました。
勝負事の鉄則として「出る杭」を打っておかないと厄介なことになるかもしれません。

伸び盛りのライバルに「勝てる」と思われたら、負けでしょう。
一発勝負のオリンピックは「心理戦」の占める比重が大きいですから・・・。

◆書き加え(2018年1月8日)

ネイサン・チェンは気分よく本番へ

平昌五輪代表選考会を兼ねる全米フィギュアスケート選手権が行われ、ネイサン・チェンが合計315.23点で連覇を成し遂げました。
2位に40点以上の大差をつけており、かなりのハイスコアです。

私の推察にすぎませんが、メンタルがそれほど強くありません。
オリンピックで羽生結弦や宇野昌磨の敵にならないだろうと考えていました。

しかし、アスリートには勝利が何よりの良薬です。
GPファイナルと全米選手権を制した勢いは侮れなくなりつつあります。
今シーズンは5戦全勝であり、海外メディアで金メダルの最有力候補という予想も出ています。
気分よく本番に臨まれると厄介です。

◇◆◇

宇野昌磨に関するブログは以下のとおり。

⇒2017年12月7日「宇野昌磨GP王者と羽生善治永世七冠、勝負師の寝癖」はこちら。

⇒2017年12月7日「宇野昌磨にどえりゃあ期待の名古屋GPファイナル」はこちら。

⇒2017年11月26日「羽生結弦と宇野昌磨は平昌五輪代表内定へ」はこちら。

⇒2017年11月18日「宇野昌磨に吹く平昌五輪金メダルの風」はこちら。

⇒2017年10月29日「三宇野昌磨、スケートカナダは完成度優先」はこちら。

⇒2017年10月11日「三原舞依と宇野昌磨のでこぼこ・・・不安と恐怖」はこちら。

⇒2017年9月23日「宇野昌磨と羽生結弦、海外での評価と人気」はこちら。

⇒2017年9月21日「宇野昌磨のしたたかさ」はこちら。

⇒2017年9月18日「宇野昌磨「UNO1」で平昌五輪敵なし」はこちら。

⇒2017年5月6日「宇野昌磨、トゥ−ランドットで二匹目の金メダル」はこちら。

⇒2017年4月16日「宇野昌磨と羽生結弦、勝ち飯と勝負パンツ」はこちら。

⇒2017年4月9日「宇野昌磨と羽生結弦の得点差と実力差」はこちら。

Copyright (c)2017 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

ハマちゃんとサーさんコンビ、GPファイナルの感動

フィギュアスケート・グランプリ(GP)ファイナルの女子シングルが終わりました。
宮原知子はショートプログラム(SP)もそうでしたが、時間の長いフリースケーティング(FS)も丁寧に滑り切りました。
熱烈なファンの妻のうれしそうなこと・・・。

宮原知子は 210点台に乗せましたが、残念ながら表彰台に届きませんでした。
(とはいえ、別格のアリーナ・ザギトワを除けば、2位とわずか2.79点差です。)
FSでジャンプに回転不足などが出て、得点を伸ばせませんでした。
五輪代表選考レースで優位に立ちたいとの欲が出て、いくらか緊張が高まったのでしょう。
無意識のうちにけがの再発を恐れ、慎重になっていたのかもしれません。
私は、最大の原因は疲労の蓄積だと考えます。
復帰後はGPファイナルへの繰り上げ出場など、スケジュールが過密でした。
踏み切りの弱さや動きの切れのなさにそれが表れています。

しかし、いったん心身を休ませればこれらは解消できます。
平昌五輪代表切符のかかる全日本フィギュアスケート選手権までにきちんと調子を立て直してくるでしょう。
私は何の心配もしていません・・・。



宮原知子が短期間でここまで調子を取り戻すとは驚きです。
「この子は地道な練習を積み重ねて地味に開花したけれど、一番の目標だったオリンピック出場を果たせない」。
よくよく運のない選手だと気の毒に思っていたのです。
ところが、復帰わずか2戦目と3戦目で日本女子のエースということを再認識させました。

私がGPファイナルの演技を見て改めて感じたのは、1年弱のブランクがプラスになっているということでした。
SPも得点の伸びなかったFSもかちっと美しい。
(これなら舞妓としても十分にやっていけます。)

⇒2015年12月13日「宮原知子、京都舞妓の風情が漂う」はこちら。

人間的な成熟がもたらされたのか、全体的な印象が明るく開放的になり、表情が生き生きとしています。
自分と向かい合えた時間、スケート以外と触れ合えた時間が一回りも二回りも大きくしました。
(内向的で神経質な優等生という雰囲気が消えています。)
精神力の強さとそれを反映した演技の安定感にさらに磨きがかかっています。



宮原知子は「練習の虫」と評されてきました。
肝心のオリンピックシーズンにその練習を行えない状況に陥りました。
苦悩と焦りに押し潰されても不思議でありません。

むろん本人も大変でしたが、濱田美栄コーチも大変だったでしょう。
「何とか全日本選手権に間に合わせてやりたい」と願ったはずです。
おそらく互いに、はやる気持ちを抑え、辛抱を重ねました。

濱田美栄コーチは宮原知子の心の状態を前向きに保ち、体の状態を冷静に判断しながら、徐々に体力を取り戻させ、慎重に練習を積ませました。
その結果がぎりぎりのタイミングでの再生につながっています。



私は尊敬と親しみ込め、あえて「濱田美栄コーチをハマちゃん」「宮原知子選手をサーさん」と呼ばせていただきます(映画『釣りバカ日誌18』より)。

釣りの師匠・ハマちゃんと弟子・スーさんの信頼で結ばれたコンビは絶妙でした。
濱田美栄コーチと宮原知子選手の「努力」に対する信念で結ばれたコンビはとても堅固でした。
二人にとり最大の難局に直面しても揺らぐことはありませんでした。
気概と情熱を持って立ち向かっています。

1年近くの困難を乗り越えてつかんだGPファイナルでの手応えには、言い尽くせない感懐と価値があったことでしょう。
この二人の間に言葉は不要です。
(試合後の薄暗い通路で目を見て話さなくても通じるのです。)

「何にも言わなくていいです。何にも言わなくてもお気持ちはよ〜く分かります」(映画『釣りバカ日誌18』より)。

ハマちゃんとサーさん、ほんとうにお疲れさまでした。
感動をありがとう!!!
私はGPファイナルの演技に溢れ出た「生きざま」に胸が一杯になりました。
内面に、生きるひたむきさが詰まっています。

きょうだけは軽い祝杯を挙げ、全日本選手権へ向けて英気を養ってほしい・・・。
(おっと、宮原知子は19歳でした。ジュースにしてください。)
(落ち着いているので未成年ということを忘れてしまいます。)

◇◆◇

宮原知子に関するブログは以下のとおり。

⇒2017年12月8日「宮原知子、GPファイナルは全日本へのステップ」はこちら。

⇒2017年12月2日「宮原知子、GPファイナル出場のマイナス」はこちら。

⇒2017年11月29日「宮原知子は2位に僅差の4位なら平昌五輪代表へ」はこちら。

⇒2017年11月28日「宮原知子へ全日本選手権2位狙いのすすめ」はこちら。

⇒2017年11月27日「宮原知子は全日本選手権2017へ復活をアピール」はこちら。

⇒2017年11月25日「宮原知子はスケートアメリカで 210点に届く」はこちら。

⇒2017年11月15日「宮原知子の復帰で平昌五輪代表争いは大混戦」はこちら。

⇒2017年11月14日「宮原知子は焦りを抑え、全日本選手権に合わせる」はこちら。

⇒2017年11月12日「宮原知子の復帰戦の演技に胸が熱くなる」はこちら。

⇒2017年11月10日「宮原知子がGPシリーズNHK杯で復帰する」はこちら。

⇒2017年10月9日「宮原知子は試練と競争を乗り越えて平昌五輪代表へ」はこちら。

Copyright (c)2017 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

第2回ロボットビジネス勉強会 月刊ロボットビジネスVol.2

第2回ロボットビジネス勉強会(東京・銀座)
参加者募集


「ロボットビジネス勉強会」の第2回を開催する運びとなりました。
第1回は予想を超える参加者が集まり、JR東京駅前の貸し会議室で行いました。
当日はゲストと参加者、参加者と参加者の距離が縮まり、活発な質疑応答が交わされています。
20皆さまにご協力いただき、おおいに盛り上がりました。

ロボットビジネス勉強会では毎回(毎月)メーカーをお呼びし、アプリケーションソフトやクラウドサービスを含めたきわめて広義の「サービスロボット」を詳しくご説明します。
皆さまの新商品や新事業としてただちに取り扱える商材ばかりです。
どうか奮ってご参加ください(先着順受付につき、満席の節はご容赦ください)。

第2回ロボットビジネス勉強会
とにかく導入しやすい、販売しやすい
学び系ソフトウェアの注目商材

日 程◇2017年12月27日(水)
時 間◇午後6時30分〜8時30分
内 容◇利便性の高さと初期費用の小ささが高評価
    コスパ抜群、話題の教育システム
特 色◇営業活動(商談)を再現
    貴社の新事業のイメージが超リアルにつかめます。
    文系でも十分に営業活動が可能なアプリケーションです。
    従量課金により、代理店としての収益も安定します。
ゲスト◇ロゴスウェア株式会社 秋永 将
会 場◇東京・銀座(後日連絡)
参加費◇2千円(会場費・機材費など実費程度。消費税別途)
備 考◇終了後に有志の交流会あり(近隣飲食店。実費)

201712本セミナーの詳しいご案内と参加のお申し込みはこちら。
⇒「第2回ロボットビジネス勉強会 〜学び系ソフトウェアの注目商材」

ロボットビジネス勉強会は任意団体であり、株式会社和田創研および日本ロボコム株式会社の営利事業でありません。
皆さまのご判断のもと、希望者は後日メーカーと直接やり取りを行ってください。

⇒2017年12月3日「ロボットビジネス勉強会への熱い思い、固い誓い」はこちら。

『月刊ロボットビジネスVol.2』2017年12月号

誌面の拡充を図るのはこれからですが、どうかご愛読ください。
また、皆さまの連載や投稿など、ご執筆を心よりお願いします。

Copyright (c)2017 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

紀平梨花は3回転半でロシア勢を吹き飛ばす

フィギュアスケート・ジュニアGPファイナルの女子シングル。
何と6人の出場選手のうち5人がロシア勢で占められています。
7連覇中と、手のつけられない強さです。
(あちこちで使われていますので「オソロシア」とは言いません。)

そこに唯一割り込んだのが全日本ジュニア選手権を制した15歳の紀平梨花でした。
フリースケーティング(FS)はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を2本入れるプログラムで臨み、ショートプログラム(SP)6位から逆転優勝を飾っています。
とくに冒頭のトリプルアクセルは3回転トウループと2回転トウループをつけた3連続ジャンプでした。
目が回らないのでしょうか。

紀平梨花はジュニアGPファイナルを前に、SPを絶対に外せないと語っていました。
規定により、ジュニア女子はSPでトリプルアクセルを跳べません。
結局、首位と6.43点差の4位に踏み止まりました。
(おそらく射程圏内と捉えているはずです。)

今大会のFSで3回転半−3回転トウループの連続ジャンプを決めれば、国際スケート連盟(ISU)公認試合で女子初の快挙となります。
2本のトリプルアクセルを決めれば、バンクーバー五輪銀メダリストの浅田真央以来の快挙となります。

公式練習ではこのコンビネーションジャンプを決めました。
孤軍奮闘の戦いですので「開き直り」も可能です。
表彰台、それも2009年の村上佳菜子以来となる優勝を狙いたいと語りました。
トリプルアクセルの風圧で強豪のロシア勢を吹き飛ばしてほしい・・・。



ところで、紀平梨花は練習でサルコウとトウループの4回転ジャンプに成功しているそうです。
これは「驚き桃の木紀平の紀」です(←相当考えました)。

高さと距離が十分、したがって流れもある天性の高難度ジャンパーなのでしょう。
女子が4回転ジャンプを公式戦で決めれば、いまでも何かと話題を提供してくれる安藤美姫以来となります。
年齢制限で平昌五輪の出場資格はありませんが、北京大会がとても楽しみな存在です。

⇒2017年12月1日「紀平梨花はトリプルアクセルで全日本初優勝の快挙へ」はこちら。

ジュニアGPファイナルで自己ベストを大きく更新するようなら、全日本フィギュアスケート選手権でひょっとするとひょうとするかもしれません。

◆書き加え(12月9日)

紀平梨花は緊張が高まっているのでしょうか、午前の曲かけ練習でジャンプの失敗が目立ちました。
しかし、、残り時間で3回転半−3回転トウループの連続ジャンプを3度、単発の3回転半ジャンプを4度決めています。

2番滑走の紀平梨花は午後3時19分に登場するようです。
はたして本番で決められるのか、私は選手でもないのにどきどきです。

◆書き加え(12月9日)

トリプルアクセルといえば、私が思い出すのは今年現役を引退したばかりの浅田真央。
彼女の代名詞になりました。

平昌五輪まで2か月となり、大会公式ツイッターがオリンピックのSPで女子初のトリプルアクセルを成功させた功績を紹介しています。
19歳で迎えたバンクーバー五輪の動画を添えています。

FSでも2度決めており、1大会で3度成功させています。
最大のライバル、韓国のキム・ヨナ(金妍児)に敗れて金メダルを逃しましたが、ファンに語り継がれる伝説の演技です。

◆書き加え(12月9日)

FSが終わっています。
紀平梨花は公認大会で史上初となる3回転半―3回転トウループのコンビネーションジャンプを冒頭で決めています。
ただし、その後の単発の3回転半ジャンプはシングルになりました。
困難度の高いほうを加点つきで成功させたというのに、私は不思議です。
得点を伸ばせず、表彰台に届きませんでした(全員ロシア勢)。

しかし、日本女子の意地を見せてくれました。
全日本フィギュアスケート選手権で 210点に迫る得点を期待しましょう。

Copyright (c)2017 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

樋口新葉はこの程度で浮かれるわけにいかない

フィギュアスケート・グランプリ(GP)ファイナル女子シングル。
樋口新葉はシニア2年目のGP第1戦「ロシア杯」で3位、第3戦「中国杯」で2位と安定した成績を残し、初のGPファイナル進出を決めました。
その自信を背景とし、大会前に「210点超え と表彰台」を目標に掲げました。

⇒2017年11月30日「樋口新葉はGPファイナルOmg、お歳暮を贈れ」はこちら。

樋口新葉は公式練習では高難度ジャンプにミスが相次ぎ、調子がいま一つでした。
おそらく緊張が高まり、重圧に押し潰されそうになっています。
ショートプログラム(SP)の前はすごく緊張し、体に力が入らない感覚だったそうです。

ところが、本番では自己ベストに1点と迫る、ノーミスに近い演技を見せました。
この選手は体格的に外国勢に見劣りせず、調子に乗ると「躍動感」があふれます。

冒頭の2回転アクセルを決め、心が落ち着いたのでしょう。
後半の3回転ルッツ―3回転トウループのコンビネーションジャンプを決め、GOEで1点を得ました。
3回転フリップを降りましたが、軽い踏み切り違反を取られました。
が、スピンとステップでレベル4をそろえました。
ステップで手拍子も起こっています。
会場を巻き込む力を身につけてきました。

演技後は喜びを抑え、表情を変えていません。
フリースケーティング(FS)のことが念頭にあったからでしょう。
「私、この程度で浮かれるわけにいかないわ」と言ったかどうかは分かりません。

SPで樋口新葉は6人中5位に留まりました。
順位だけ眺めると落胆しますが、一人の選手もジャンプで転倒なし、全員が70点台というハイレベルな戦いとなりました。
首位から6位までの得点差は4.22点です。
3連覇のかかったロシアのエフゲニア・メドベージェワが棄権したとはいえ、世界のトップクラスが集う大会にふさわしい見応えです。

■GPファイナルSP結果
1位 ケイトリン・オズモンド(カナダ) 77.04点
2位 アリーナ・ザギトワ(ロシア) 76.27点
3位 宮原知子 74.61点
4位 マリア・ソツコワ(ロシア) 74.00点
5位 樋口新葉 73.26点
6位 カロリーナ・コストナー(イタリア) 72.82点

勝負はフリースケーティング(FS)へ。
樋口新葉は人間的な成長とともに精神的に強くなってきたのかもしれません。
個性的な「007」を演じ切り、表彰台に立とうとしています。

補欠出場で調整が一番難しかった宮原知子も一段と調子を上げています。
長期の治療休養がうそのような出来栄えです。
いずれかが優勝を収めれば、2013年の浅田真央以来となります。
おおいに期待できそうです。

◆書き加え(12月9日)

FSを控えた公式練習が行われています。
樋口新葉はジャンプのミスが相次ぐ、不安な最終調整となりました。

本人は、ほぼすべてのジャンプの感覚が狂っていたと語っています。
さらに、集中力と意識がなかったと自分にダメ出ししています。
私はそれを知り、心配になってきました。

樋口新葉がスケーティングの実力をつけたのは確かでしょうが、メンタルの弱さを改善できているのでしょうか。

◆書き加え(12月9日)

樋口新葉は公式練習で弱音を吐いていましたが、そのとおりの出来になりました。

転倒を避けるのが精一杯というような慎重な滑りです。
持ち味の勢いとダイナミックさが消え、演じる余裕がまるでありません。
日本女子シングルの五輪代表出場枠のかかった世界フィギュアスケート選手権でもそうでしたが、重圧と緊張に負けてしまいます。
この選手が大舞台で成績を残すのは難しそうです。
(練習環境も関わり、「内弁慶」なのでしょう。)

平昌五輪代表切符のかかる全日本フィギュアスケート選手権までに調子を上げてください。

◇◆◇

樋口新葉に関するブログは以下のとおり。

⇒2017年11月30日「樋口新葉はGPファイナルOmg、お歳暮を贈れ」はこちら。

⇒2017年11月8日「樋口新葉は別人、いったい何が起こったのか」はこちら。

⇒2017年11月6日「樋口新葉が平昌五輪代表選考前哨戦で勝つ」はこちら。

⇒2017年10月22日「樋口新葉と坂本花織のフィギュアGPシリーズ」はこちら。

⇒2017年4月27日「三原舞依と樋口新葉が宮原知子を超える」はこちら。

⇒2017年2月18日「樋口新葉と三原舞依の順位・・・四大陸選手権」はこちら。

Copyright (c)2017 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

宮原知子、GPファイナルは全日本へのステップ

フィギュアスケート・グランプリ(GP)ファイナルが名古屋で行われます。
女子シングルで大会の直前に繰り上げ出場が決まった宮原知子が6日、会場でフリースケーティング(FS)「蝶々夫人」の曲をかけての通し練習に臨みました。
ルッツ−トウループの連続3回転ジャンプなどを決めています。
調子はかなりよさそうです。

復帰2戦目のGPシリーズ第6戦「スケートアメリカ」で素晴らしい演技を見せ、優勝を飾っています。
北米に残ってショートプログラム(SP)とFSの手直しを行い、12月4日に帰国したばかりです。

宮原知子はGPファイナルで2015年、2016年と連続で銀メダルを獲得しています。
金メダルでなかったので大きな注目を集めませんでしたが、実はこれは凄いことです。
今大会は1番手だったロシアのエフゲニア・メドベージェワがけがで欠場しており、優勝に色気が出ても不思議でありません。
ここで目立たなくてもいいので、私は地味に滑ってほしい。

宮原知子は平昌五輪代表最終選考会を兼ねる全日本フィギュアスケート選手権へ向けて、じっくりと調整を進められるはずでした。
私は「GPファイナル出場がマイナスにならなければ」と案じていますが、本人は「試合も一つの練習。場数を踏むいいチャンス」と捉えています。

⇒2017年12月2日「宮原知子、GPファイナル出場のマイナス」はこちら。

宮原知子はけがが回復し、ようやく練習を積めるようになりました。
危ないのは、体が動くようになったときでしょう。
つい無理をしてしまいます。
しかし、あくまでも五輪代表切符がかかる全日本選手権へのステップと位置づけています。
考え方がしっかりしており、大丈夫でしょう。

自分を信じ、五輪代表選考レースのライバルとなる樋口新葉の出来を気にしないことです。



この日は国際オリンピック委員会(IOC)からロシアの平昌五輪出場禁止が発表されました。

⇒2017年12月6日「平昌五輪ロシア出場禁止も五輪旗での個人出場可能」はこちら。

宮原知子は「自分のことに精一杯で考えられない。でも、どの国の選手も五輪には出場してほしい」と語っています。
おそらくエフゲニア・メドベージェワもアリーナ・ザギトワも個人として出場してきます。

◆書き加え(12月8日)

30年近く選手の指導に携わってきた濱田美栄コーチは宮原知子を「辛抱の天才」と評しました。
知り尽くしているとはいえ、何と的確な表現なのでしょう。
「あれだけ真面目にコツコツ練習する子は初めて」と語っています。

その宮原知子は8日の公式練習で3回転ルッツ―3回転トウループ、3回転ループ、ダブルアクセルを次々と決めるなどノーミスの滑りでした。
私としては抑え気味に滑ってもらいたい気持ちもありますが、これだけ調子がよさそうだと期待してしまいます。

◆書き加え(12月8日)

先ほどSPが終わりました。
宮原知子は自己ベストに迫る 74.61点でした。
とても落ち着いて丁寧に滑っており、楽しんでいるように見えたくらいです。
しかし、全員が70点を超すハイレベルな戦いとなり、3位に留まっています。
樋口新葉も素晴らしい演技で 73.26点でしたが、5位に留まっています。
表情がとても硬かったのですが、冒頭のジャンプを決めて勢いに乗りました。
日本勢は二人とも上出来でした。

首位はカナダのケイトリン・オズモンドの 77.04点、2位はロシアのアリーナ・ザギトワの76.27点 でした。
FSでの勝負でしょう。
宮原知子も樋口新葉も表彰台に上る可能性を感じさせてくれました。

気が早いですが、平昌五輪代表は二人で決まりかな・・・。

◆書き加え(12月9日)

先ほどFSが終わりました。
宮原知子は 210点台に乗せましたが、残念ながら表彰台に届きませんでした。
私には1年弱のブランクがプラスになっているように思えます。
よく頑張りました。

平昌五輪代表切符のかかる全日本フィギュアスケート選手権までわずかです。
復帰後はGPファイナルへの繰り上げ出場など、スケジュールが過密になって疲労が蓄積しているはずです。
実績十分のベテランらしく、うまく調子を整えてほしいですね。
(といっても、まだ19歳です。)

◇◆◇

宮原知子に関するブログは以下のとおり。

⇒2017年12月2日「宮原知子、GPファイナル出場のマイナス」はこちら。

⇒2017年11月29日「宮原知子は2位に僅差の4位なら平昌五輪代表へ」はこちら。

⇒2017年11月28日「宮原知子へ全日本選手権2位狙いのすすめ」はこちら。

⇒2017年11月27日「宮原知子は全日本選手権2017へ復活をアピール」はこちら。

⇒2017年11月25日「宮原知子はスケートアメリカで 210点に届く」はこちら。

⇒2017年11月15日「宮原知子の復帰で平昌五輪代表争いは大混戦」はこちら。

⇒2017年11月14日「宮原知子は焦りを抑え、全日本選手権に合わせる」はこちら。

⇒2017年11月12日「宮原知子の復帰戦の演技に胸が熱くなる」はこちら。

⇒2017年11月10日「宮原知子がGPシリーズNHK杯で復帰する」はこちら。

⇒2017年10月9日「宮原知子は試練と競争を乗り越えて平昌五輪代表へ」はこちら。

Copyright (c)2017 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

『社長の営業力』Kindle版、営業精鋭学校エッセンス

『社長の営業力』キンドル版発売

本日『社長の営業力』Kindle版(キンドル版)を発売しました。
すでに紙の本は刊行しています。

9784907620035
本書では「トップセールスによる大きな数字のつくり方」を簡潔・明快に解説しています。
上位1%の営業になるためのセオリーとノウハウです。
優良顧客や大口商談を取り込むコツがつかめます。
営業系の取締役や支社長・支店長、部長・課長・所長、若手精鋭にも役立ちます。

私・和田創は66歳に達しました。
いまだに現役であり、本書の内容はおそらく営業が長い職業人生をかけて追い求めなければならない事柄ばかりだと考えます。

この仕事はどこまでシンプルにとらえられるかの勝負です。
本書では営業活動の現実と事実を踏まえ、どうあるべきか、何をなすべきかを説き明かしています。

『社長の営業力』Kindle版はこちら。

『社長の営業力』紙の本はこちら。



私が長年にわたって教育指導を行う「営業精鋭学校」。
名称は「提案営業標準講座」「提案営業実践コース」「ソリューション営業強化コース」などさまざまです。
このカリキュラムを習得した若手が50億円の案件を決めました。
ここは社歴が約半世紀、従業員が約3百名、年商が約百億円の中小企業です。
習得とは、私が説いたセオリーとノウハウを「真に受けた」という意味。
(そのまま実践した営業がお化けのような数字を叩き出してきました。)

eigyouseiei-gakkou成績が伸び悩む営業は商談をどのように決めたのか、テクニック(技巧)に関心が向かいます。
商談の状況はその都度変わりますので、「やり方」を知ろうとすると無限に本を読みつづけなければなりません。
こうした頭でっかちが最悪です。

もっとも重大なのは、面談相手の財布のなかに50億円以上が入っていたことです。
最大手のトップでした。
当然ながら営業成績は面談相手の財布の中身に比例します。
私はこれまでの人生を振り返り、小銭入れから札束が出てくるところを見たことがありません。
成績が伸び悩む営業は小銭入れしか持っていない窓口や現場の担当者が好きです。
「営業生産性」の概念に欠け、長時間労働・低収入になります。

営業は知識や能力と無関係であり、「行動の度胸」が決め手となります。
つまり、難しい仕事でなく、厳しい仕事です。
逃げたがる弱い自分との闘いになります。
戦う相手はライバル、まして顧客ではありません。

昔、公開セミナーで休憩時間のたびに質問をしてくる20代半ばの営業マンがいました。
おそらく大手企業の社員なのでしょう、猛烈に勉強しています。
営業の仕事を頭のなか(概念)でこねくり回しているせいか、やり方に関する細かな質問ばかりでした。
私はついに我慢ができなくなり、「営業の仕事の本質は顧客との接触にある。いかなる営業活動も顧客との接触から始まる」と諭しました。
彼は血相を変え、「そんなことは分かっています」と帰っていきました。

私が告げた唯一の理由は「そんなことも分かっていなかったから」です。
営業活動における第一の差別化とは「面談相手」と言いたかったのです。
なまじ頭に自信のある営業は提案内容でライバルに勝とうとします。
高学歴の営業や後継者、ITなど先端分野の営業に目立ちます。
恐ろしくレベルが低い。
こちらが担当とやり取りし、ライバルが社長にがっちり食い込んでいたら、戦いになりません。
この程度のことは子どもでも分かります。

営業としてもっとも恥ずべきは、決まりかけていた商談が「鶴の一声」で引っ繰り返ることといえます。
営業の仕事とは、「鶴に会うこと」。
どこまでシンプルにとらえられるか。
それを、職業人生を通じて追求すればいいのです。

『社長の営業力』は和田創研が毎年恒例開催する「営業精鋭学校」のエッセンスです。
これまで経営者や取締役、後継者、中堅幹部や若手精鋭など、営業に苦手意識を持つ方を含め、大勢に受講していただいています。
企業にとっては営業再建・業績回復コースでもあり、社員にとっては知る人ぞ知る出世コースでもあります。

⇒「営業精鋭学校」はこちら。

また、このカリキュラム自体は四半世紀を超え、業種や規模を問わず「企業研修」に採用され、成長持続や社業発展に寄与しつづけてきました。
『社長の営業力』と「営業精鋭学校」をこの仕事の喜びと誇り、尊さを究めたい方にお奨めします。

『社長の営業力』Kindle版はこちら。

『社長の営業力』紙の本はこちら。

まずはアマゾンのキンドル版か紙の本をご覧ください。
そのうえで2018年度の「営業精鋭学校」にご参加くさだい。
第一級の営業力が身につきます。

⇒「営業精鋭学校」はこちら。

私たちが一番頭のいいのはおおよそ小学校5〜6年生です。
そこから知識偏重の受験勉強に毒され、どんどん物事の本質が見えなくなります。
薬に副作用があるように、知識にも副作用があります。
営業力の強化には、詰め込んだ知識の破壊もしくは破棄が先決です。

Copyright (c)2017 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

宇野昌磨GP王者と羽生善治永世七冠、勝負師の寝癖

フィギュアスケート・グランプリ(GP)ファイナルが名古屋で行われます。
地元出身の男子シングル・宇野昌磨は3年連続出場、2年連続3位であり、今大会では金メダルの獲得を目指します。
フリースケーティング(FS)では、4回転ジャンプを4種類・計5本跳ぶ自身最高難度の構成で臨むそうです。
しかもコンビネーションジャンプを後半に集めており、明らかに勝ちにいっています。
ここまでの公式練習を見るかぎり調子はよさそうです。

⇒2017年12月7日「宇野昌磨にどえりゃあ期待の名古屋GPファイナル」はこちら。

宇野昌磨は調整がうまくいきすぎたのか、余裕がありすぎたのか、寝坊したうえに寝癖がついた状態で公式練習に現れました。
しかし、慌てる素振りも悪びれる様子もなく悠然とジャンプの感触を確かめています。
これぞ「王者」の風格です。



先日、将棋の羽生善治が竜王戦に勝利して通算7期となり、すでに保持している6つの永世称号(永世棋聖・永世名人・永世王位・名誉王座・永世棋王・永世王将)と合わせ、史上初の「永世七冠」を達成しました。
第30期竜王戦七番勝負第5局、私は終盤を実況で見ていましたが、挑戦者で先手の羽生善治が永世竜王を決定づけた「8四香」の指し手に感動しました。
こちらが震えたくらい・・・。
羽生善治は獲得タイトルも通算99期とし、百期の大台まであと1期に迫りました。

その羽生善治といえば「寝癖」です。
私は高校時代に寝癖のひどいクラスメイトがおり、ダサすぎると感じていました。
ところが、羽生善治を知ってから、勝負師のトレードマークと思うようになりました。
(私はきょう上場企業の上層部と面談する決戦の日でしたので寝癖をつけて伺いました。)

宇野昌磨が寝癖のままGPファイナル・ショートプログラム(SP)に現れれば勝ったも同然でしょう。
注目の大一番がまもなく始まります。
私はGP王者の誕生を信じて疑いません。

◆書き加え(12月7日)

SPが終わったところです。
宇野昌磨は落ち着いて滑っているように見えましたが、ちょっと硬いかなという印象を受けました。
地元開催のGPファイナルで期待が高まり、プレッシャーがかかっているのでしょう。
予想外の転倒がありました。
FSで巻き返してください。

◆書き加え(12月8日)

女子シングルに比べ、4回転ジャンプ競争の男子シングルは低調でした。
ミスが相次ぎ、興醒めです。

私は4番滑走のネイサン・チェンの得点が286.51点に留まったことを知り、6番滑走の宇野昌磨の優勝を確信しましたが、286.01点に終わりました。
SPでの予想外の転倒による1点はともかくとして、タイムオーバーによる1点の減点が悔やまれます。
とはいえ、少なくとも3百点を上回れなくては話になりません。
残念ながら、地元の応援を「力」に変えることができませんでした。
TV画面を通じ、相当な緊張が伝わってきました。
本来の実力からすれば普通に滑るだけで勝てるのですが、大舞台で自然体を保つのは至難なのでしょう。

「羽生結弦がいればなあ」と言われるようでは、宇野昌磨もネイサン・チェンもまだまだです。
オリンピックシーズンのGPファイナルがまさか 280点台の争いになろうとは思いもしませんでした・・・。

◇◆◇

宇野昌磨に関するブログは以下のとおり。

⇒2017年12月7日「宇野昌磨にどえりゃあ期待の名古屋GPファイナル」はこちら。

⇒2017年11月26日「羽生結弦と宇野昌磨は平昌五輪代表内定へ」はこちら。

⇒2017年11月18日「宇野昌磨に吹く平昌五輪金メダルの風」はこちら。

⇒2017年10月29日「三宇野昌磨、スケートカナダは完成度優先」はこちら。

⇒2017年10月11日「三原舞依と宇野昌磨のでこぼこ・・・不安と恐怖」はこちら。

⇒2017年9月23日「宇野昌磨と羽生結弦、海外での評価と人気」はこちら。

⇒2017年9月21日「宇野昌磨のしたたかさ」はこちら。

⇒2017年9月18日「宇野昌磨「UNO1」で平昌五輪敵なし」はこちら。

⇒2017年5月6日「宇野昌磨、トゥ−ランドットで二匹目の金メダル」はこちら。

⇒2017年4月16日「宇野昌磨と羽生結弦、勝ち飯と勝負パンツ」はこちら。

⇒2017年4月9日「宇野昌磨と羽生結弦の得点差と実力差」はこちら。

Copyright (c)2017 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

宇野昌磨にどえりゃあ期待の名古屋GPファイナル

フィギュアスケート・グランプリ(GP)ファイナルが名古屋で行われます。
3年連続出場となる男子シングルの宇野昌磨が6日、本番会場で公式練習に臨んでいます。
フリースケーティング(FS)「トゥーランドット」の曲をかけての通し練習ではジャンプをスルーする場面が多かったそうです。
しかし、その後に4回転フリップなどを念入りに確認しました。
なぜ練習を切り分けるのか、素人の私には理由が分かりません。
(この時期のけがを避けようと、わずかでも不安を感じたら高難度ジャンプを跳ばないのかもしれません。)

宇野昌磨は名古屋市出身です。
2年連続で3位に入っていますが、地元開催の今大会ではどえりゃあ期待が高まっているようです。

⇒2017年12月6日「王者も女王も不在のフィギュアGPファイナル」はこちら。

かくいう私も宇野昌磨の優勝を信じて疑いません。
出場メンバーに対抗馬が見当たらないのです。
米国のネイサン・チェンは高難度ジャンパーですが、緊張の高まる大舞台ではミスが出やすいという印象を持っています。
ロシアのミハイル・コリャダがちょっぴり不気味なくらいです。

⇒2017年11月4日「ミハイル・コリャダがネイサン・チェンを上回る」はこちら。

宇野昌磨自身も「期待に応えないといけないなと思っています」となぜか苦笑いをしています。
異様な盛り上がりに若干の重圧を感じているのでしょうか。
平常心で滑ることができるなら、おのずと結果はついてきます。
「三度目の正直」という言葉もあります。
ノーミスの演技ですかっと勝ってほしい。

◆書き加え(12月7日)

宇野昌磨は公式練習でGPシリーズ2戦で封印した4種類目のサルコウに挑みました。
FSではフリップ、ループ、トウループを含む4種類の4回転ジャンプを計5本跳びます。
なかでも3度の連続ジャンプはすべて演技後半に組み込みます。
これにより、自身最高難度のプログラム構成になりました。
練習を切り分けたのはジャンプをしっかりとチェックしたかったからでしょうか。
平昌五輪の前哨戦となるGPファイナルで自己ベストの更新を狙っています。

◇◆◇

宇野昌磨に関するブログは以下のとおり。

⇒2017年11月26日「羽生結弦と宇野昌磨は平昌五輪代表内定へ」はこちら。

⇒2017年11月18日「宇野昌磨に吹く平昌五輪金メダルの風」はこちら。

⇒2017年10月29日「三宇野昌磨、スケートカナダは完成度優先」はこちら。

⇒2017年10月11日「三原舞依と宇野昌磨のでこぼこ・・・不安と恐怖」はこちら。

⇒2017年9月23日「宇野昌磨と羽生結弦、海外での評価と人気」はこちら。

⇒2017年9月21日「宇野昌磨のしたたかさ」はこちら。

⇒2017年9月18日「宇野昌磨「UNO1」で平昌五輪敵なし」はこちら。

⇒2017年5月6日「宇野昌磨、トゥ−ランドットで二匹目の金メダル」はこちら。

⇒2017年4月16日「宇野昌磨と羽生結弦、勝ち飯と勝負パンツ」はこちら。

⇒2017年4月9日「宇野昌磨と羽生結弦の得点差と実力差」はこちら。

Copyright (c)2017 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

平昌五輪ロシア出場禁止も五輪旗での個人出場可能

国際オリンピック委員会(IOC)は国家ぐるみでのドーピングが指摘されているロシアについて平昌五輪への参加を禁止すると発表しました。
世界反ドーピング機関(WADA)が作成した報告書とIOCがその後に実施した2回の調査によりソチ五輪をピークとした巧妙な薬物違反が行われていたことが判明しています。

IOCのトーマス・バッハ会長は、国を挙げてのドーピングは五輪とスポーツの高潔性への前代未聞の攻撃と断じました。

今回の決定に対し、ロシア政府やスポーツ界は強い衝撃を受けています。
また、国が侮辱されたという怒りの声が広がるとともに、競技をボイコットすべきという強硬論も出はじめています。
ロシア国営テレビ・ラジオ放送会社はロシア選手団が参加しない五輪は放送しないと発表しました。

ちなみに五輪出場が禁止されたのはアパルトヘイト時代の南アフリカなどの例があります。
しかし、ドーピング問題に関連して国全体に五輪出場が禁止されたのは初めてとなります。
IOCはオリンピック史上でもっとも厳しい制裁を科しました。

ただし、潔白を証明するなど厳格な条件をクリアした場合に限り、「五輪旗」のもとでの個人出場を認めるとしています。
平昌五輪の組織委員会もそうした選手をサポートすると約束しています。

私が一番関心を寄せるフィギュアスケート女子シングルは、エフゲニア・メドベージェワとアリーナ・ザギトワが金メダルの最有力候補に挙げられています。
個人戦は出られても、優勝が固いとされた団体戦は出られないでしょう。

⇒2017年11月20日「平昌五輪フィギュアはロシア不出場か」はこちら。

ロシアは冬季オリンピックの有力選手を多数擁する強国であり、興行的には大きなダメージとなります。
国旗の掲揚と国歌の斉唱が認められない表彰台そして会場はおそらく異様な光景です。

◆書き加え(12月7日)

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は「ロシアにも一部悪いところがあった」とし、選手が個人資格で参加するのを「政権が邪魔することはない」と容認する姿勢を示しています。

トリノ五輪・男子シングルの金メダリスト、ロシアのエフゲニー・プルシェンコもインスタグラムで選手に出場を訴えました。

Copyright (c)2017 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り
カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ