コンサルの引き出し|和田創ブログ


だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。

2008年01月

和田創ブログ 2008年1月タイトル一覧

◇2008年1月31日(木) 中小企業を救え!
◇2008年1月30日(水) 嵐を呼ぶ男!?
◇2008年1月30日(水) 年間30万社が消える!?
◇2008年1月29日(火) 残業分を差し引く
◇2008年1月29日(火) ディズニーの名言
◇2008年1月28日(月) 北斗星2号と3号の違い
◇2008年1月28日(月) 情報ボランティアの出現
◇2008年1月27日(日) 北斗星2号で無事生還!
◇2008年1月27日(日) 苫小牧は氷点下!
◇2008年1月26日(土) 北斗星3号、運転打ち切り!
◇2008年1月26日(土) 世界こども図画コンテスト結果発表
◇2008年1月25日(金) 北斗星3号、ご難続き!
◇2008年1月25日(金) 北斗星3号ロイヤル初体験!
◇2008年1月24日(木) 北斗星3号での長旅にいやな予感
◇2008年1月24日(木) 内需型企業の運命
◇2008年1月23日(水) 北斗星ロイヤルで苫小牧へ向かう
◇2008年1月23日(水) 上司の上司たるゆえん
◇2008年1月22日(火) イチローが変身する!?
◇2008年1月22日(火) コンペは、営業の恥
◇2008年1月21日(月) 社長へ研修報告
◇2008年1月21日(月) 寝台特急北斗星ロイヤル完全制覇!
◇2008年1月20日(日) 第10回海洋の夢絵画コンテスト
◇2008年1月20日(日) 言い出しっぺの責任!
◇2008年1月19日(土) よいことを行う
◇2008年1月19日(土) 創業メンバーが揃う
◇2008年1月18日(金) 売り上げの金メダルを取る
◇2008年1月18日(金) イノベーション
◇2008年1月17日(木) 竹村健一の名言
◇2008年1月17日(木) お先真っ暗!?
◇2008年1月16日(水) マムシのマムシたるゆえん
◇2008年1月16日(水) 経済敗戦、間近!?
◇2008年1月15日(火) コンサル・講師の腕
◇2008年1月15日(火) きょう営業実践大学新春講演会
◇2008年1月14日(月) ウサギ年・カニ座・A型
◇2008年1月13日(日) 読者の皆さまへ(続)
◇2008年1月13日(日) 第10回海洋の夢絵画コンテスト
◇2008年1月12日(土) 年とともに豊かになる
◇2008年1月12日(土) 読者の皆さまへ
◇2008年1月11日(金) SWOT分析ができない!?(続)
◇2008年1月11日(金) 教育者は質問を拒む
◇2008年1月10日(木) 壮大なる自己否定
◇2008年1月10日(木) コンサル・講師の使命
◇2008年1月10日(木) 衝撃・感動の貴賓席をご用意!
◇2008年1月9日(水) 奥田碩に期待する
◇2008年1月9日(水) 年始の挨拶回り
◇2008年1月8日(火) マムシ・島田士郎氏 新春講演会
◇2008年1月8日(火) クルマは危険を明記せよ!
◇2008年1月8日(火) 飲酒3児死亡、懲役7年半
◇2008年1月8日(火) 飛び込み営業の条件
◇2008年1月7日(月) SWOT分析ができない!?
◇2008年1月7日(月) 株式、原材料、不動産…
◇2008年1月6日(日) イチローの不機嫌(続)
◇2008年1月6日(日) 寝台特急北斗星3号ロイヤル予約
◇2008年1月5日(土) イチローの不機嫌
◇2008年1月5日(土) 福袋行列、日本一!?
◇2008年1月4日(金) 年始の挨拶回り
◇2008年1月4日(金) トヨタ、恐るべし!
◇2008年1月3日(木) 渡辺美樹「夢に日付を…」
◇2008年1月3日(木) IT・ネットの誤り
◇2008年1月2日(水) 富山第一、高校サッカー出場!
◇2008年1月2日(水) 年頭にブレーキを外す
◇2008年1月1日(火) 謹賀新年

Copyright (c)2008 by Sou Wada

中小企業を救え!

人気ブログランキング←応援、よろしく!

きのうのブログ「年間30万社が消える!?」に対し、マイミクの阿蘓政志氏からコメントが寄せられた。
                    ◇
経営と人生の名言0060確かに中小企業のM&Aが活発になっていますね。
ちなみに、私の後輩の同僚が昨年12月から中小企業向けM&A専門会社に勤めたそうです。
そこは金融機関出身者で占められ、動産評価を行える社員がいなかったとのことで、その方が担当しています。

私はいま、企業のOBとコラボレーションして「事業再建」を手伝っています。
かねてより、中小企業が活力を維持しなければ日本経済が沈没してしまうとの危機感を持っていました。
私の領分はシステムですが、それが業務革新やビジネスモデル構築にどれくらい役立つのかが関心事です。
現場に入って一緒にシステムをつくりあげることに、大きな喜びを感じています。
                    ◇
ありがとうございます。

阿蘓さんは、事業や経営、起業やIPOなどの支援業務を、おもにIT面から手伝っておられる。
きっと“人助け”が好きなのだ。

私は研修続きで疲労が限界に達している。
好きでなくては、とても務まらない。
大変なわりに、そして貢献のわりに実入りが少ない。
心身ともにきつくて投げ出したくなるときがある。
「因果な商売」という形容がぴったり。

それでも、顧客から営業強化や営業再建に役立ったと言われると、また頑張ってしまう。
根が単純なのか、この繰り返し…。
業績の回復や拡大を成し遂げたトップと社員の誇らしい顔を見るのが、一番の喜びかもしれない。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)
毛筆で味わう

2008年2月公開講座

嵐を呼ぶ男!?

人気ブログランキング←応援、よろしく!

北斗星ロイヤルの乗車体験を綴った一連のブログに、多くのコメントをいただいた。
皆さん、ありがとう!
そのうちの2つを紹介しよう。
川柳20071227-03
                    ◇

マイミクの阿蘓政志氏から―。
「和田さん、ほんとうにお疲れさまです。
私は小樽の出身ですので状況は理解できますが、特急が止まるのは1シーズンに何度もありません。
和田さんは“嵐を呼ぶ男”なのかもしれません」。
うれしい!
私はついに嵐を呼ぶ男に昇格した。
コートなしで極寒の苫小牧に降り立った価値があったというもの。

                    ◇

札幌のバスタンテ氏から―。
「列車の件、お疲れさまでした。
別の記事にありましたように、登別温泉の入浴剤で少しでも疲れをお取りください。 
道民として、和田先生の北海道に対するイメージが悪化したのではないかというところが心配です」。
私は自宅で入浴剤の湯にゆっくりと浸かる間もなく、西へ移動。とほほ…。
なお、バスタンテ氏にお詫びしたい。
このブログで何度か紹介したが、「パスタンテ」と誤ってしまった。
名前を間違えるなど営業失格である。
言い訳がましいが、視力が極端に悪い。
お許しを!

                    ◇

さて、お二人とも北海道の印象が悪くなることを案じておられる。
申し訳ない。
私が生まれ育った新潟・直江津(現上越)を深く愛するように、それぞれ北海道をこよなく愛しているのだ。

寒さが堪えたのは、とんでもない薄着のせい。
真冬の北海道に何の罪もない。
コートを忘れた私が悪い。

北斗星が運転打ち切りになったのは、台風並みの低気圧のせい。
それは、人間がコントロールできない自然の猛威。
北海道のJRまして行政に何の罪もない。
私の日頃の行いが悪い。

実は、苫小牧に行く前は、長旅がとても気が重かった。
ハラハラドキドキしたからかもしれないが、あまり苦にならなかった。
それはともかく、すべて社員任せにしていた北海道の仕事を引き受けてみようと考えが変わった。

私の率直な思い…。
仕事を離れ、いつか家族と訪れたい。
その魅力を満喫するには1週間はほしいところ。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)
毛筆で味わう

1日体験版20080228

年間30万社が消える!?

人気ブログランキング←応援、よろしく!

中小企業の廃業は年間30万社に迫る。
「後継者不足」を理由の第1に挙げるのは4分の1近くで、それにより約30万人の雇用が失われる。
経営者の平均年齢は60歳を超えようとしている。
かくいう私も半年後に57歳を迎える。

経営と人生の名言005955歳以上の経営者のうち圧倒的大多数が「事業承継」を望んでいるが、後継者がなかなか見つからない。
個人保証と株式相続が大きなネックとなる。
さらに、事業と家業が一体化している場合も少なくない。
例えば、個人の土地に会社の建物があるなど、切り分けが非常に難しい。

中小企業は、会社の99パーセントを占め、雇用の4分の3を支えている。
相次ぐ廃業は、地域の活力をそぐだけでなく、日本経済の損失につながる。
円滑な事業承継を可能にするには、先の保証と相続に関わる制度を変更するとともに、社会のインフラを整備し拡充しなくてはならない。

こうした中小企業の厳しい現実や事情を踏まえると、昨今のM&Aの活発化は意味がある。
について言えば、和田創研を17年以上続けてきた。
しかし、そろそろ会社の将来を心配すべき時期に差しかかっている。
想定する選択肢は2つ。
第1は、自社の魅力を高め、有力企業に乞われて嫁ぐ。
つまり、よりよく買収される。
第2は、ジョイントベンチャーとして再生し、株式公開(IPO)を果たす。
つまり、よりよく協力する。

ならば、社員の生活を大幅に向上させつつ、私のコンテンツや和田創研のノウハウを広く末永く活用してもらえよう。

                    ◇

ところで、私は研修で、初めてウェスティンホテル大阪に泊まった。
部屋が快適、机が立派である。
貧乏性ゆえ、一人ではもったいない気がした。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)
毛筆で味わう

公開講座案内 提案営業研修 グリーンジャングル

残業分を差し引く

人気ブログランキング←応援、よろしく!

景気が回復局面を迎えた頃から注目を浴びるようになった概念に「ワーク・ライフ・バランス」がある。
そう、仕事と生活を両立させるという考え方。
男女平等の社会、共働きの時代で、これを大切にしない男はパートナーを得られない。
運よく見つけたとしても、結婚生活や家庭生活がすぐに破綻してしまう。

川柳20070117-02以前から、長期的な人手不足が指摘されてきた。
一段と出生率が低下し、労働人口が減少することに…。
企業経営に深刻なダメージを与えかねない。

そこで、トップはそうしたトレンドに応えようと、重い腰を上げはじめた。
要は、社員をなるべく早く退社させる。
ところが、職場の風土や空気がそれを許さない。
頭が凝り固まった管理者やベテランの存在である。
彼らは、長く働くことが頑張りの証と思い込む。
また、それは、部下や後輩の自分への忠誠心の現れと受け止める。
結果として、長く働く順にかわいがる。

営業実践大学に招いたゲストが、笑い話みたいな事実を明かしてくれた。
早々と帰る彼は、上司や同僚から白い目で見られた。
職場の規律と結束が乱れるとの理由で邪魔者として扱われ、ついに会社を追われた。
断トツのトップセールスパーソンなのに…。
周囲はつまらないことにこだわる前に、なぜ彼のやり方を取り入れようとしなかったのか。
とくに営業系では、「定時に帰るのは命がけ」という会社や職場が少なくない。
いつでも辞表を叩きつける覚悟がないと不可能。

最近になり、企業は制度そのものを、社員が早く退社せざるをえないように改めつつある。
例えば、人事考課では、成果から残業分を差し引く。
なるほど合理的だ。

しかし、私は能力のなさを労働時間の長さでカバーするタイプなので、非常に厳しい査定方法といえる。
これまでを振り返り、知的生産性の極端な低さが家族や知人とのふれあいの時間を失わせた主因だったろう。
また、私が社員なら、早く帰りにくい雰囲気をつくった張本人だったろう(実際は就職経験がない)。

ワーク・ライフ・バランス。
新聞などでこの文字を目にするたび、私は冷や汗が出る。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)
毛筆で味わう

2008年2月公開講座

ディズニーの名言

人気ブログランキング←応援、よろしく!

あのウォルト・ディズニーにこんな言葉がある。
起業教本0022「不可能なことをやるのが楽しい」。
成功者の名言というより“本音”でないか。
心の内から素直に発せられた印象を受ける。
信じがたい人が世の中にいるものだ。

私たちは生ぬるい安心に浸っていたい。
例えば、過去に経験したことのない仕事を会社や上司から命じられるだけで尻込みしてしまう。
やりもしないうちに否定的な意見を述べたり、不可能な理由を探したり…。
むろん、ディズニーはそんな低次元の話をしたわけでなかろうが、それが私たちの現実である。
経営と人生の名言0058
人は臆病風に吹かれて生きている。
が、大半は自覚さえない。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)
毛筆で味わう

1日体験版 営業セミナー グリーンジャングル

北斗星2号と3号の違い

人気ブログランキング←応援、よろしく!

函館駅私は先週、上野駅と苫小牧駅を寝台特急北斗星A寝台1人用個室「ロイヤル」で往復した。
さて、往路で利用した北斗星3号はJR東日本の車両で、復路で利用した北斗星2号はJR北海道の車両なのだろうか?
室内のレイアウトはほとんど変わらないが、2号のほうが設計と設備がいくらか新しいという印象を持った。
川柳20070103-03今回の乗車体験から、2号と3号の違いを述べてみよう。

2号はベッドがしっかりしている。3号は古いクルマのシートのようにスプリングがへたっていた。
2号はデスクの照明が直接目に入らない。3号は本を読むとかパソコンを使うときにかなりまぶしい。
2号は壁面パネルに油絵が飾られ、天井にイルミネーションが施されている。昔のラブホテルみたいで、私には不要。
朝食2号はクローゼットのハンガーがゴムを配合したプラスチック製である。3号は木製であり、走行時の振動でカタカタと耳障りな音がする。

その他のおもな違い。
部屋の鍵は、2号は皮革のキーホルダーと金属のキーに対し、3号は持ち帰り可能なカードキーである。
ウェルカムドリンクモーニングサービスの新聞は、2号は読売新聞に対し、3号は北海道新聞である。

以上。
全般的に2号がより快適だったが、暖房が弱く、私には肌寒かった。
カイロをいっぱい持っていたので助かった。
往復とも就寝時は厚手のソックスをはいた。

なお、上野駅発の北斗星1号が翌日の札幌駅発の北斗星2号になり、同様に北斗星3号が北斗星4号になるかどうか、私には分からない。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)
毛筆で味わう

1日体験版20080228

情報ボランティアの出現

人気ブログランキング←応援、よろしく!

ウェルカムドリンク寝台特急北斗星の予約では、私は腰の具合が悪いこともあり、A寝台1人用個室「ロイヤル」にこだわった。
しかし、チケットの入手は非常に難しい。
その際にもっとも助けられたのが、北斗星に関するサイトとQ&Aでの事情通やオタクの情報である。
感謝したい。

経営と人生の名言0057実は、彼らは「情報ボランティア」なのだ。
その代表格がフリー百科事典「ウィキペディア」の執筆者。
インターネットが整備され、だれもが社会へ発信できるようになった。
専門性や価値の高い情報を惜しげもなく開示する人が登場し、増殖する。
函館駅情報ボランティアの出現。

21世紀に入り、出版社、そして雑誌社、さらに新聞社が苦しくなった。
やがてラジオ局、テレビ局が苦しくなろう。
経営が成り立たない。

しかし、グーグルヤフーを原因とするのはどうだろう。まして敵対視するのは…。
ボランティアにより、大抵の情報が無償で提供されるようになったためである。

情報の創造・共有・活用にとり、インターネットがインフラをつくり、グーグルやヤフーがツールを与えたにすぎない。
これに気づかない知識産業は滅びる。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)

1日体験版 営業実践大学 グリーンジャングル

北斗星2号で無事生還!

人気ブログランキング←応援、よろしく!

24日に上野駅と札幌駅を出発するはずの各2本の寝台特急北斗星は運休になった。
川柳20070124-01全滅。
低気圧の余波や爪跡が残っているとすると、25日の北斗星2号も運行が怪しいのでは…。
私は研修を行いながらも気になる。
何せ、会員専用「ビューカードとれTEL」に30回ほど電話をかけて手に入れたロイヤルのチケット。
プラザホテルニュー王子での宿泊を延長するにしろ、仕事が詰まっており、1日失うのは非常に痛い。

結局、その心配は外れた。
私は苫小牧駅で遅れ気味の北斗星2号に乗り、きのう定刻に上野駅に着いた。
昼近く自宅に戻るやいなや、長旅と研修の疲れがドカーンと襲ってきた。
huu01結構な値段のシップとカイロの両方でケアしていたにもかかわらず、腰から背中にかけて強い張りが出ている。
気分が悪い。
例により、アメショーのフウが案じて寄ってきた。

あすから出張研修で大阪、さらに東京へ。
グリーンジャングルの役員会を含め、予定がびっしり。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)

1日体験版 提案営業研修 グリーンジャングル

苫小牧は氷点下!

人気ブログランキング←応援、よろしく!

函館駅私は先週、出張研修のため、北斗星3号ロイヤルで苫小牧へ向かった。
その顛末を綴った一連のブログに対し、マイミクのムッチー氏からコメントが寄せられた。
                    ◇
経営と人生の名言0056苫小牧には、私の兄が3年ほどいました。
私も1度、冬の北海道の登別温泉に行きました。
兄から「屋内は暑いくらいだけれど、屋外はとても寒いので、とにかく厚着をして来い」と言われました。

その意味が現地でよく分かりました。
寒くて食事をラーメンとかにすると汗をかきます。
でも、外に出た途端に冷たくなるんですね。

すごい厚着にして正解でした。
くれぐれも風邪を引かれませんように…。
                    ◇
ありがとうございます。

苫小牧は、日中でも氷点下だった。
しかし、私は着る習慣がないため、せっかく用意したコートを忘れてしまった。
肌着なしのワイシャツとスーツで乗り切らざるをえなかった。
行きは、Tシャツ1枚の薄着とはいえ、ジーンズに革ジャンだったので、それほど目立たなかった。
だが、帰りは、駅の待合で地元の人からジロジロ見られた。
私はにこやかに振る舞った。
ここで寒そうな顔をしてはならない。
歯がガチガチした…。

ところで、行きに知ったのだが、函館と苫小牧の途中に、洞爺と登別の駅があった。
意外!?
それぞれ、今夏サミットが開催される洞爺湖と、有名な登別温泉の最寄り駅だろうか。
私のイメージでは、両方とも北海道の北半分に位置していた。
登別温泉は、入浴剤で度々お世話になっている。
本物はさぞかし気持ちがいいんだろうなぁ。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)

北斗星3号、運転打ち切り!

人気ブログランキング←応援、よろしく!

きのうのブログの続き。
北斗星3号は函館駅で足止めを喰らったまま…。
函館駅定刻から4時間半ほど過ぎた11時頃、台風並みの低気圧の影響により架線と信号機の故障があちこちで生じており、復旧のメドが立たないとのアナウンスが流れた。
運転打ち切り!

乗客はせかされるように電車を降ろされ、駅の待合へ移ることに…。
函館駅前は猛吹雪でかすむ。
函館駅前高速道路が通行止めになり、バス便を望めない。
一般道路をタクシーで行くことを考えたが、時間がまったく読めないのと、料金が恐らく7万円前後になりそう。
はたして苫小牧へたどり着けるだろうか。

大事なのは、少しでも現地に近づくこと。ならば、最後はタクシーを使える。
やがて、私は12時半頃、札幌行きの特急列車の自由席に乗り込んだ。
ただし、途中で運転が取り止めになる可能性があるとか。
グリーン車にこだわると、さらに3時間ほど待たなければならない。
その間に天候が悪化すれば、全列車が運休になりかねない。

経営と人生の名言0061私は運よく座れたが、そうでない人も…。
えっ、全席禁煙、喫煙コーナーなし。
2時間半以上、いらいら。
またもや遅れ…。
さらに、苫小牧駅での払い戻しで、無性に腹が立ってきた。
寝台特急北斗星3号A寝台1人用個室「ロイヤル」を途中で降ろされ、特急自由席に乗り換えたというのに、高額の寝台料金は1円も返してもらえない。
小額の特急料金は受け取ったが、大幅遅延により私が使った金額にまるで満たない。
うーん。

経営と人生の名言0062結局、プラザホテルニュー王子にチェックインしたのは、15時30分近く。
横浜を出てから、実に22時間半後。
丸1日の長旅となった。
私は鉄道での移動により、北海道の広さを実感させられた。玄関口の函館駅から先が長く遠い。

ところで、私は北斗星ロイヤルで時間を持て余し、織田裕二主演の「県庁の星」を3回も見ることに…。
せめて人気作品を2本選べるようにしてほしい。

なお、きょうのブログ「世界こども図画コンテスト結果発表」に、わが子の絵「会津ばんだい山」を載せた。
会津ばんだい山私がルーフバルコニーで撮影したので、写りはよくない。
民謡・会津磐梯山を歌い奏でるカエル。
音譜のようなオタマジャクシ。
子どもは田んぼを描くつもりだったが、草むらみたいになってしまい、がっくりきていたっけ…。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)

世界こども図画コンテスト結果発表

人気ブログランキング←応援、よろしく!

社団法人家の光協会が主催する第15回「世界こども図画コンテスト」の審査結果が一昨日発表された。
会津ばんだい山子どもは悔しい思いをした。
やはり上位入賞の壁は厚い。

子どもは妻の実家のある会津若松に何回か帰省している。大好きなおばあちゃんが一人で暮らしている。
それを思い浮かべ、昨年「会津ばんだい山」と題する絵を描いて応募した。
四つ切りの画用紙、不透明水彩での着色。
このところ1枚に数十時間くらい費やしてきたが、この絵は十数時間でさらさらと仕上げた。

例によりユーモラス。
経営と人生の名言0055全体の構図と個々のカタチへのこだわりも健在。
私はなかなかの作品だと思う。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)
毛筆で味わう

1日体験版20080228

北斗星3号、ご難続き!

人気ブログランキング←応援、よろしく!

私は、今回の研修のために用意したトレンチコートを忘れてしまった。
経営と人生の名言0054極寒期の北海道への出張だというのに…。
いまから思えば、これがケチの付きはじめだった。

北斗星3号は東北に入った辺りで、人身事故の影響により、しばらく駅に停止する。
函館に近づいた辺りで、木が線路に倒れ込んでいるとの情報があり、かなり駅に停止する。

函館駅1時間半以上の遅れで、函館駅に着く。
ところが、一向に動く気配がない。
架線か信号機に故障が発生したとのアナウンスが流れる。
クルマで確認に向かうため、現地にたどり着くのに1時間はかかるそうだ。

約束の9時にボーイが北海道新聞とコーヒーを届けてくれた。
私はすっかり諦めモード。
外は雪が舞う。
ホームに降り、シャッターを切る乗客が増える。
私と違い、一眼レフ。
撮影する姿も様になっている。
鉄道が好きな人たちが北斗星を支えていることが分かる。

函館駅前やがて、故障が直るまで停車を続けるとのアナウンス。現時点で原因が不明らしい。
やれやれ…。

予定通りなら、10時19分に苫小牧駅に着いた。
となると、宿泊先・研修会場のプラザホテルニュー王子のチェックインまで、4時間ほどつぶさなければならない。
駅近かホテル内でゆっくりと朝食兼昼食を楽しもうと考えていた。

ところが、運行が大幅に遅れたので、北斗星ロイヤルの自室で朝食を済ませることにした。
千六百円。
朝食リーズナブルな都市ホテルの朝食と同じくらいの値段。
写真では分かりにくいが、魚料理も添えられている。
なお、洋食と和食のいずれかを選べる。
これも食堂車「グランシャリオ」からルームサービスで届けてもらう。

食べ終わりかけた頃…。
乗客全員に炊き立てご飯のおにぎり2個(鮭・梅)とペットボトルの緑茶が配られた。
先に言ってよ!
歯車が狂い出し、私の機嫌も悪くなっていく。

嵐の予感…。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)
毛筆で味わう

公開講座案内 提案営業研修 グリーンジャングル

北斗星3号ロイヤル初体験!

人気ブログランキング←応援、よろしく!

川柳20080123-03私は一昨夜19時3分、上野駅を北斗星3号ロイヤルで発った。
ロイヤルは、北斗星を代表するA寝台1人用個室である。
車掌が発車前に、持ち帰り可能なカードキーを届けてくれた。
ロイヤルは、シャワー・トイレ、インターフォンによるルームサービスなどが付くので部屋から一歩も出る必要がなく、使わずじまい。

ウェルカムドリンク食堂車「グランシャリオ」のボーイが発車後すぐにウェルカムドリンクを届けてくれた。
北海道産のワインとウイスキー。
ミネラルウォーター、緑茶。
ワイングラス、ワインオープナー。
グラス、コースター。
氷がいっぱいのアイスペールなど。
これでちょっとしたつまみがつけば、クラブで出されるものと変わらない。
呑兵衛にはうれしいかもしれないが、はたしてここまでやる必要があるのだろうか。
なお、この際、朝刊とモーニングコーヒーを届ける時間を尋ねられた。
優越感をくすぐるこれらの演出が、1編成わずか4部屋のロイヤルの最大の“売り”といえよう。
経営と人生の名言0050
ただし、キャンピングカーのスペース効率や使い勝手、内装と比べ、かなり劣る。
設計が古いから致し方ないか。

ロイヤルは、長旅が苦にならない。
あまり贅沢を言うまい。
そうそう、持ち帰り可能なポーチ入りアメニティグッズも備わる。

と、ここまではよかったのだが…。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)
毛筆で味わう

1日体験版 提案営業研修 グリーンジャングル

北斗星3号での長旅にいやな予感

人気ブログランキング←応援、よろしく!

私はきのう夕方、提案営業研修を行う苫小牧を目指し、港北ニュータウンから新横浜へタクシーで向かった。
腰痛が思わしくなく、サイズと形状の異なる3種類のカイロをキャリーバッグにしこたま詰め込む。
これで寒さ対策は万全のはずが、大チョンボをやらかした。

私はコートを着る習慣がまったくない。
真冬でも肌着なしの、ワイシャツと2つボタンのスーツ。メタ坊ゆえ、ボタンがかからない。
今回は厳冬期の北海道なので、さすがにトレンチコートを用意した。
ところが、それを忘れてしまったのだ。
途中で気づいたが、時間的に引き返す余裕がない。

上野駅を19時3分に出発する北斗星3号での長旅に、いやな予感がしてきた…。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)

内需型企業の運命

人気ブログランキング←応援、よろしく!

川柳20080123-02景気減速が現実味を帯びてきた。
世間の予想より早く…。
市場は激しく縮みはじめるのか。

内需型企業の運命は、いよいよ2つに1つである。
飲み込むか、飲み込まれるか。
この先の展開は分かりやすい。
なお、飲み込んでくれる企業が見つからず、つぶれるところも現れる。

かたや世界、とくに新興市場に足場を持つ企業は、業績が絶好調だ。
「BRICs」。
4カ国の経済成長が引っ張ってくれているのだから当たり前といえよう。
しかし、それがいつまで続くかは不透明。
とくに中国は北京五輪と上海万博を控え、過熱気味。
そうした企業は世界シェアの伸びにより、自社が勝ち組か負け組かを判断すべきである。
売り上げの増加に浮かれていてはダメ。
経営と人生の名言0049
私どもの顧客も海外に拠点を持つところが増え、その拠点も各地域へ広がりを見せている。
ある企業は、内外の売上高があっという間に逆転した。それにつれ、国内営業と海外営業の人数も…。

経営者は、会社の命運を左右する重大な決断を立てつづけに迫られよう。
内需型企業では既存事業の見直しと新規事業の探索が急務である。とにかく時間がない。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)
毛筆で味わう

1日体験版 営業実践大学 グリーンジャングル

北斗星ロイヤルで苫小牧へ向かう

人気ブログランキング←応援、よろしく!

きのう和田創研の主催により、「提案営業研修1日体験版」を行った。
川柳20080123-01通常の公開セミナーより講義を1〜2時間増やし、さらに終了後に別会場で和食懐石コースを楽しむ懇親会を設けている。
夕食は、講義の“番外編”と化した。白熱の2時間。
まことにありがとうございました。
なお、この「提案営業研修1日体験版」は大好評につき、2月28日(木)3月19日(水)にも開催を予定している。
どうか早めにお申し込みください。

私は研修続きで、へとへと。
腰から背中にかけて強い張りが出ている。痛みで日常の動作もおっかなびっくり。
また、ブログはストックが底をつき、更新が厳しい(そもそもブログは当日に書くものなのだが…)。

さて、私は夕方、横浜・港北ニュータウンを出て、北斗星3号A寝台1人用個室「ロイヤル」で苫小牧へ向かう。
よりによって、朝からあいにくの雪模様。
ついていない。
寒さとキャリーバッグの重さが老いた身に堪えそう。

ところで、マイミクのまろくん氏から21日のブログ「寝台特急北斗星ロイヤル完全制覇!」にコメントが寄せられた。
                    ◇
ご無沙汰しております。
北斗星ロイヤルの予約に成功されたのですね!
粘り強いキャンセル狙い、そしてJR系会員サービス利用(びゅうえきねっとサイバーステーションなど)がコツです。
これらを駆使すれば、結構取れちゃうものですよ。
いずれぜひ、カシオペアトワイライトエクスプレスに挑戦してみてください。
成功教本0048
ビューカードSuicaとセットになっているタイプがあります。ショッピングも含めた利用額に応じたポイントを、Suicaに還元可能。
JRって、ある意味で良い仕事をしています。

先日、L&Mという人材・教育コンサルタント会社から研修を受けました。
ご存知でしょうか?
今度は和田さんから研修でお話をお聞かせ願いたいなぁ、などと思いました。
                    ◇
まことにありがとうございます。

このロイヤルは1編成にたった4部屋しかないこともあり、凄まじい人気である。
チケットの入手は困難を極める。
彼のアドバイスがおおいに役立った。

L&Mは「リンクアンドモチベーション」のことだろうか。社長は小笹芳央氏。
非常に有名!
かなり昔、私が講師を務めたプレジデントセミナーに、リクルートの新事業企画室(うろ覚え)の室長が参加してくださった。
その方の招きで同社を訪ねたとき、小笹さんをご紹介いただいた。すでに著書を出しておられた。
はにかみ屋さんという印象がある。
いまも名刺が残っているのでは…。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)
毛筆で味わう

週刊営業川柳 グリーンジャングル ミクシィ 和田創

上司の上司たるゆえん

人気ブログランキング←応援、よろしく!

成功教本0087上司の「責務」とは何か?
会社から社員を託されたすべての管理職が真剣に向かい合わなければならない重大なテーマである。
それがいやなら、会社へ降格を申し入れるか、辞職を願い出るほかにない…。

成功教本0088私が講師を務めた「提案営業研修」の冒頭に挨拶に立った社長が、大勢の受講者(社員・管理職)を前にして語った。
「どうか上司はもっと部下に要求してほしい」。
まったく同感!
上司の要求が、部下の成長を左右する。
その度合いにより、まず仕事に取り組む意識や意欲、姿勢が決まる。そして能力が決まる。

成功教本0089「部下は上司を選べない」。
有名な言葉だ。
私は上司に対し、部下の人生に責任を持てと言わないが、部下の職業人生に責任を感じろと言いたい。
とくに最初にどのような上司のもとで働くかは、職業人生における最大の運・不運である。

成功教本0090上司よ、遠慮は要らない。
どしどし要求せよ。
それは部下のためなのだ。
ただし、合理的な要求であることが、絶対条件。
言い換えれば、論理的な上司であれ。

上司と部下では、会社から付与された立場が違い、期待される役割が違う。
立場と役割が異なる以上、ときに利害がぶつかって当然。
成功教本0091衝突を避けようとして、要求を躊躇するのは間違っている。
だからこそ、論理的な上司として、合理的に要求しなければならない。

部下に理解を示しているつもりか、個別に対応するという上司がいる。
聞こえはいいが、現実は部下に妥協したり譲歩したりしているケースが大半である。
成功教本0092上司は部下と仲良しになる必要はない。まして部下に折れる必要はない。
結果を出せる組織にするだけだ。

往々にして、上司の優しさは部下でなく自分のためである。
狭い了見に基づく保身。
上司は部下のほうに降りない。部下が上司のほうにのぼる。
成功教本0093とくに作業に流れようとする部下に対し、仕事に挑むよう、厳しい注文をつけよ。
でないと、職能が養われず、人材へ変わらない。
最大の屈辱は、部下から物分かりのいい上司と好かれること。

結局、上司は部下への要求を通じて職能を開発し、人材を育成する。
つまり、要求が任務、育成が責任である。
成功教本0094それにより、自分を管理者に登用してくれた会社に応える。
結果として、部門や拠点に割り当てられた数値目標をクリアすることになる。

要求は、会社が、部下を預かる上司に保証した正当な権利である。
これを放棄し、管理者の責務は全うできない。
上司とは、部下への要求職なのだ。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)

1日体験版 提案営業研修 グリーンジャングル

イチローが変身する!?

人気ブログランキング←応援、よろしく!

イチローはあまりにストイックであり、私のような凡人は彼の言動に触れるだけで息が詰まりそうだと、このブログで述べた。
ところが、先ごろイチローが2008年の抱負を語った。
私は耳を疑った。
「テーマは遊び」。
そうきましたかぁ…。
「イチローは遊んどるな」。
見ている人にそう思ってもらいたいとのこと。
経営と人生の名言0053
今年は、「8年連続2百本安打」「日米通算3千本安打」の達成がかかっている。
この節目に、イチローはあえて“変身”を企て、新たなステージへ進もうというのか。
やはり、決して現状に満足しない人である。
私たちは、さらなる高みで遊ぶイチローの姿を楽しむことができそうだ。

揺るぎない実績と自信が、いよいよ彼に「余裕」をもたらしはじめた。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)
毛筆で味わう

1日体験版 提案営業研修 グリーンジャングル

コンペは、営業の恥

人気ブログランキング←応援、よろしく!

18日のブログ「売り上げの金メダルを取る」に関連し、マイミクのムッチー氏からコメントが寄せられた。
                    ◇
まったく耳が痛いお言葉です。
プレゼンで負けたときには、準備不足など反省点を言い聞かせるのですが、次回も同じ過ちを犯してしまう。
頭で分かっていながら実行できない自分が嫌になります。
                    ◇
彼は、いわゆる業界人でなかろうか。
だとすれば、企画のプレゼンテーションということになる。
スタッフか、営業か、それとも兼任か。
経営と人生の名言0052
私はプランナーだったので、業界とのつきあいが長かった。
その経験に基づいて言うと、オリエンテーションによるコンペが中心になる場合、スタッフは営業から持ち込まれる案件をやっつけるだけで精一杯!
仕事は断れない。
自分のペースで進められず、満足な準備ができないのは致し方ない面がある。
これは業界に限らず、営業支援スタッフの宿命かもしれない。
私がプランナーを辞めた理由の一つ。

ところが、営業はそうでない。
自分の意思や判断により、顧客へプレゼンテーションを仕掛けるかどうかを決められる。

「売上=商談単価×商談件数×商談成功率」。

商談を「提案」と置き換えてもよい。
私が留意しているのは、商談単価と商談成功率を引き上げること。
仮に商談件数が同じだとしても、単価と成功率を10%ずつ向上させられるなら、売上は21%増加する。
私は件数を思い切り絞っている。
すなわち、優良顧客への大口商談に力を注ぎ、じっくりと進めて確実に決めるようにしている。
これにより、プレゼンテーションを“こなす”という感覚はなくなり、すべてに余裕が生まれた。
営業教本0011
私は、営業に振り回されるスタッフから、スタッフを兼ねる営業へ転身したことになる。
そして、そのやり方が、私の指導する「提案営業」

どうやら根本的な問題は、スタッフか営業かというより、顧客との関係が“受け身”になっているかどうかにある。
私たちが主導権を持って働きかけなければなるまい。
提案営業を「イニシアティブセールス」とも呼ぶゆえんだ。

                    ◇

あすのブログは「上司の上司たるゆえん」と題して。
管理者の責務について考察する。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)
毛筆で味わう

週刊営業川柳 グリーンジャングル ミクシィ 和田創

社長へ研修報告

人気ブログランキング←応援、よろしく!

私は午後、和田創研の重要な顧客を東京・丸の内に訪ね、社長とお会いした。
私どもが受託した「提案営業研修8日間コース」の実施報告である。
第1回では、社長自ら冒頭に挨拶に立ってくださった。

そして1カ月後くらい…。
私はその会社の別のオフィスで別の研修を行っていた。
休憩時間、社長と出くわし、手招きされた。
隣の部屋で、幹部を集めた会議を開いているとのこと。
社長は早速、研修の感触を尋ねてきた。
受講者(社員・管理者)の反応がずっと気にかかっていたようである。

提案営業研修は、第1組の24名を対象に、全4回・計8日間を半年がかりで終えた。
私どもは十余年にわたり、さまざまな業種や会社、そして営業を見てきた。
生意気だが、外部の講師やコンサルタントは“客観視”が可能である。
きょうは、提案内容(ソリューション)の水準や提案書(プロポーザル)の出来を含め、私どもが感じた事柄を率直に述べた。
仮説とはいえ、営業に関わる問題点らしきものも…。
それに対し、社長から突っ込んだ質問をいただく。

オフィス街を見下ろす応接室でのやり取りは1時間に及んだ。
社長のお話から、「顧客第一」はもとより「営業重視」の気持ちが伝わってくる。
それは当然でないかと思う方がいるかもしれないが、メーカーのトップとしては決して多くない。
この会社は昨年、価値提供型の営業活動へ転換しようと、記念すべき第1歩を踏み出した。
研修はまもなく第2組、第3組、第4組がスタートする。
大手企業だから対象者は多い。

私は、彼らの勝ち残りを信じている。
また、そのお手伝いができることを誇りに思う。

                    ◇

あすのブログは「コンペは、営業の恥」と題して。
顧客との関係が“受け身”になっていないだろうか。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)

寝台特急北斗星ロイヤル完全制覇!

人気ブログランキング←応援、よろしく!

きのう午後1時過ぎ、ついに1月25日の寝台特急北斗星2号A寝台1人用個室「ロイヤル」のキャンセルが出た。
川柳20080116-02実は、顧客にお願いし、苫小牧のプラザホテルニュー王子で行う「提案営業研修」の終了時刻を、昼休みの短縮により20分早めていただいた。
ということで、当初予定した北斗星4号でなく2号でも間に合う。
金曜日のロイヤル予約はほとんど諦めていたが、奇跡的にチケットを入手できた。
日頃の行いのせいか。

これで至難と言われた北斗星ロイヤルの予約に往路も復路も成功した。
いずれもJR東日本「ビューカード」の指定席予約でのキャンセル。
今回の出張のために、わざわざ入会したようなもの。
その甲斐があった。
経営と人生の名言0047ちなみに、会員専用電話「ビューカードとれTEL」に往路は確か3回、復路は30回ほどで…。
執念の勝利といえよう。

参考までに…。
私の地元にとても親切な旅行代理店の窓口があるが、ロイヤル予約は難しい。
また、「ビューカードとれTEL」はチケットを受け取る前なら、1回の変更については手数料がかからない。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)

1日体験版 提案営業研修 グリーンジャングル

第10回海洋の夢絵画コンテスト

人気ブログランキング←応援、よろしく!

子どもが「ハガキにかこう海洋の夢絵画コンテスト」の応募作品を描き終えた。
昨年の入賞者宛てに主催者(事務局)から届けられた画用紙代わりの応募ハガキを用いて…。

13日のブログに載せたラフスケッチを土台にした下絵に、不透明水彩で着色した。
なお、背景にサカナを描き入れている。

昨年は40時間ほど費やして上位入賞を果たせなかったので、今年は10時間ほどで済ませた。
あまり入れ込むと、落胆が大きい。
でも、子どもとしては納得がいくまでやりたかったのでは…。
あっけなくできあがり、物足らない顔をしている。

作品は返却されないため、天気のいい日にバルコニーで撮影してから送付する。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)

言い出しっぺの責任!

人気ブログランキング←応援、よろしく!

私は、研修の疲れがずっしりと残っている。
きのうは待ちに待ったジョイントベンチャーのキックオフミーティングだったが、朝はさすがに起きるのがつらかった。
とはいえ、駆けつけてくれたメンバーの顔を見たら、元気が出てきた。
まことにありがとうございます。
企業教本0021
凄い顔触れ!
起業を含め、さまざまなプロジェクトを経験した実務家が揃った。
私を除き、若い。
また、社長と役員が3分の2を占める。
保守性の強い日本企業でも、新産業を中心に変化が確実に起こっている。
私は図らずも「世代交代」を意識させられた。

キックオフミーティングは議題どおりに進行し、終了。
メンバーに作業が割り振られ、これからが大変…。
言い出しっぺの私の責任は重い。

新会社は、企業の勝ち残りを営業面からトータルに支援する。
ついては「ソリューション」への転換と、その定着・加速にフォーカスして…。

和田創研は、これまでおもに「教育」という切り口で、個人商店・先生商売として行ってきたにすぎない。
むろん、日本経済にいくらか役立てたと自負しているが、それも私の老いとともに消える。

新会社の設立、IPOの実現を通じ、はるかに大きな貢献をしかも永続的に果たせるようにしたい。
ジョイント企業や有志との出会い、そして彼らの協力があればこそ!
心より感謝したい。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)

よいことを行う

人気ブログランキング←応援、よろしく!

「よいことを行うには、よい業績を上げなければならない」。
ドラッカーの名言である(うろ覚え)。
例えば、世間を騒がせた一連の偽装問題も、経営状態の悪さが主因になっている場合がある。
川柳20070718-03
和田創研は、NPO法人営業実践大学を十余年にわたって運営している。
公開講座の開催は、今月で 142回を数えた。
延べ参加者は5千名に達し、このなかからトップセールスパーソンのみならずコンサルタントや講師、著者、アントレプレナーや社長などが生まれた。
日本経済への寄与は明白である。

財政が苦しいと言いつつ(実際、苦しい)、何とかNPO法人を続けてこられたのは、和田創研がそれなりの業績を上げていたからではなかったか。

創設以降の持ち出しは、多大な金額にのぼる。
周りからバカに見えるらしく、よく笑われる。
それは、営業実践大学の経営責任を負う理事長、つまり私の不甲斐なさに尽きる。
何せ収益事業をまったく行ってこなかったので、赤字が積もって当然といえよう。
広い世の中、NPO法人のなかには立派に採算を取っているところがある。
お恥ずかしい限り。
経営と人生の名言0045
しかし…。
業績が悪いと、社会貢献すら行えない。
何一つやっていないところがある。

「よいことを行うには、よい業績を上げなければならない」。
ドラッカーの言葉がずっしりと胸に響く。
頑張らなくっちゃ!

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)

1日体験版 提案営業研修 グリーンジャングル

創業メンバーが揃う

人気ブログランキング←応援、よろしく!

先月31日のブログで、和田創研がIT企業と設立するジョイントベンチャーの「キックオフミーティング」をきょう開催すると記した。
ついては、今週に入り、3名の方から参加の申し出をいただいた。
心よりお礼申しあげる。
そのうえで…。
川柳20080109-01
ブログで何度か述べたとおり、私は新会社の立ち上げでは、それを成功させるうえで不可欠な要素(機能)を洗い出し、それに見合った人材を手当てしてから行う。
まして、本件は短期間でのIPOを目指すベンチャーだから、なおさら。大手のベンチャーキャピタルの支援も仰ぎたいと考えている。
で、きょうは「キックオフミーティング」。
少なくともおもな要素について、人材が揃ったという意味である。

すでに全員に然るべき役割を見込んでいる。また、そうでなくては人選を終えられない。
むろん、今後の詰め次第ではビジネスプランを修正したり変更したりするケースが出てきて、新たな要素(機能)が必要になる可能性はある。
きょうは、メンバー各自が責任を持って遂行する作業の割り振りを決める。
つまり、ゴーサインをかける。

当然、早めに資料や食事などの準備を済ませ、「招集通知」をかけている。
きわめて遠方から駆けつける方がいて、頭が下がる。
また、全員に名簿と議題が共有されている。

出資会社と主力メンバーが一堂に会する場。
私は大勢を巻き込むわけで、計画的にことを進めたつもり。
本件に興味のある人が集まり、様子を見るとか、交流や議論を行うとかでない。

以下に、召集通知を掲げよう。ただし、抜粋。
アントレプレナーの参考になり、きょうの雰囲気も分かってもらえるだろう。
                    ◇
各位

さて、来る1月19日に以下のとおり、短期間でのIPOを目指すジョイントベンチャーの「第1回プロジェクトミーティング」を開催しますので、ご連絡します。
この新会社は、企業のソリューションをトータルで支援する、前例のない事業(ビジネスモデル)を展開します。

趣旨◇キックオフミーティング(創業メンバーの顔揃え)
日時◇1月19日(土) 午前11時30分〜午後5時30分
会場◇和田創研会議室(横浜市営地下鉄センター南駅徒歩5分)
    ※隣のセンター北駅と間違えないように…。
参加◇10名(出資会社+主力メンバー限定)
議題◇,完Щ
     秘密保持の件(ごく簡単な覚書き)
     L昌標魎后自己紹介
     っ訖(日本料理「まつ本」の仕出し弁当)
     ゥ咼献優好廛薀鵑寮睫
     Ε咼献優好廛薀鵑慮‘
     Я篭箸泙任侶弉茵蔽兵茲蠅判猗作業)
     創業メンバーへのインセンティブ(準備期間と設立後)
     創業メンバーの決定(参画意思の再確認)
     各自の役割と責任(準備作業の割り振り)
     今後の開催日程(月例会方式)
                    ◇
以上。

ブログで述べたように、先月31日の時点で全要素が揃う。しかも、実務の経験と能力が確か。
さらに、総務・人事スタッフもメドがついた。
経営と人生の名言0046
私は4月より、アントレプレナー養成の「SBI大学院大学」で指導に当たる。
そんなご縁もあり、年間1〜2社のペースでベンチャーの創設に関わりたいと考えている。
参加の申し出をいただいた方は、別の機会に何らかの接点があればご協力ください。
よろしくお願いします。

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)

1日体験版 営業セミナー グリーンジャングル

売り上げの金メダルを取る

人気ブログランキング←応援、よろしく!

きょうは「売り上げの金メダルを取る」と題して―。
さて、営業成績をどう伸ばすか?
そのヒントは「オリンピック」にある。
営業教本0008
アスリートが「このままでは絶対にメダルを取れない」と思ったとする。
大幅に時間を縮めなければならない。あるいは、大幅に距離を伸ばさなければならい。
彼が本番でメダルにこだわるなら、思い切って「練習」にメスを入れる。
そのやり方はもちろん、フォームやテクニックの見直しも含まれよう。

営業教本0009結果をもたらすやり方を変えずして、結果を案じたところでナンセンスである。
その意味において、結果は管理できない。

私たちは、営業成績をもたらすプロセス(過程)とそこにおけるアクションを改めよ。
結果をよくするには、それをもたらす原因を変えればよい。
そう、「因果関係」の考え方に従う。
オリンピックのたとえは、私が飲料・食品メーカーの社長から伺った名言に通じる。
経営と人生の名言0051「営業は、段取り8分、商談2分」。
同感!

いかなる場合も商談など後回し。
それは、段取りの結果にすぎない。
準備がすべて!

もっとも、これは営業に限定されない。
職業人生での「成功」全般に適用できる。
営業教本0010実は、結果を出している人は、そうでない人と、過程(原因)が決定的に違う。
あとは、それに“気づく”ことができるかどうか。

そして、これがいわゆる「頭の良し悪し」。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)
毛筆で味わう

1日体験版0122

イノベーション

勝ち残りを云々する前に、生き残りがきわめて困難な時代となった。
生き残りが叶わないとは、企業がつぶれるか飲み込まれるかいずれか。
今日、貪欲な勝ち組はつぶれないうちにかじるし、賢明な勝ち組はつぶれかかったら切り分ける。
さらに勢いづく道理…。
成功教本0084
経営者は、低迷し下落する業績を横目に、最悪の事態を避けようと必死である。
さて、何をすべきか?

それは、自社にイノベーションを引き起こすこと。

社員と管理者に「マネジメントの視点」を持たせよ。
後者はマネジャーなのだが、意識レベルを含めて社員とあまり違わない。
いまだに年功に対して肩書が与えられる企業がある。
成功教本0085
なるほど、それは必須と認めよう。
しかし、変化が激しく、そのうえ市場が縮む、現在の環境では不十分なのでは?

社員と管理者に「アントレプレナーの精神」を植えつけよ。
従来の事業や商品、その営業を活性化するのと並行し、新規の収益を創造しなければならない。
むしろ後者が早くて確かな場合がある。
成功教本0086
マネジメントの視点とアントレプレナーの精神。
この2つを現場へ持ち込み、根づかせない限り、イノベーションと呼べるほどの成果は上げられない。
経営者に残された時間はわずかである。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)
毛筆で味わう

1日体験版 提案営業研修 グリーンジャングル

竹村健一の名言

人気ブログランキング←応援、よろしく!

名言と接する際には、それと自分の現実との隔たりを踏まえること。
そうでなくては人生に生かせない。
成功教本0080
1月10日のブログに、竹村健一の名言を載せた。
「他人に笑われることを怖れなくなったおかげで、本当にいろいろなことができた」。
成功者しか語りえない感慨、そして真理である。
凡人が一生かかってもたどり着けない境地でないか。
この言葉は非常に深い。

成功教本0081私たちは実際のところ、周りがどう思うか、周りがどう見るかばかり気にしている。
人にバカにされることはもちろん、人に笑われることすら、心のどこかで恐れている。
無意識のうち、言動にワクをはめてしまう(ちなみに無意識とはマヒ)。
私たちの生き方や働き方はとても窮屈なものになる。
似たような毎日を繰り返すことに…。

成功教本0082私は思う。
「凡人は、笑われる恐怖を乗り越えられない」。

名言に限らず、対象との距離を正しく認識することは、能力を高めたり、自己実現を果たしたりするうえで重大である。
では、なぜそれができないか?
自己評価がユルユルだから。
とくに知識型のなかに、めちゃくちゃ甘い人がいる。
成功と永久に無縁だ。

                    ◇

経営と人生の名言0044ところで、「人を笑わす」のはきわめて難しい。
まして、それで食べていくのは…。
お笑い芸人は、タレントそのもの。
努力の末、才能を磨いた。

しかし、彼らが劇的に成長するのは、お笑い芸人になった後である。
人に笑われたければ、それがしたくなくても、またできなくても、果敢に挑戦するほかにない。
成功教本0083ビートたけしもそのまんま東も大化けした。
小化けは無数だ。
生き残りが至難の芸能界で、お笑い芸人がもっとも長続きする最大の理由といってよい。

人の成長は、周りからどれくらい笑われたかで決まる。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)
毛筆で味わう

1日体験版 営業セミナー グリーンジャングル

お先真っ暗!?

人気ブログランキング←応援、よろしく!

ねじれ国会を乗り切るために調整型首相が必要なのかもしれないが、それにしても主張がなさすぎる。
戦略とか方針とかいう以前に、発言に内容を見つけることが難しい。
川柳20080116-03文字どおり日本のソーリー。
停止せいばかり目立つ。

バブル後のどん底期より、はるかに深刻な経済状態に陥らなければよいが…。

当時は不況にしろ、デフレであった。
今度は不況に加え、インフレになろう。
このままでは国民生活が壊れる。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)

1日体験版0122
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表

数字がすべて、結果がすべて。
目標達成、業績向上、成長持続、社業発展など、「収益伸長」の一点に特化したコンサルタント。
プランナー時代を含めて40年を超える経験と実績、信念と情熱を土台に、多くのクライアントを優良企業に育ててきた。
近年は新商品や新事業、新会社の開発を請け負いながら、内需・地場の中小・中堅企業の短期再生に取り組む。
その一環として、年中無休、昼夜を問わず、社長の個別相談に応じる。
また、経営から管理、人事(採用)、マーケティング、事業、商品、企画まで、おもにトップを対象としたセミナーを行う。

和田創研

お気に入り




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ