コンサルの引き出し|和田創ブログ


だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。

2011年06月

和田創ブログ 2011年6月タイトル一覧

◇2011年6月30日(木) 北島康介の勝負脳、浅田真央の脱皮計画を応援しよう!
◇2011年6月29日(水) 自動車部品産業、下請け・孫請け製造業の受注強化
◇2011年6月28日(火) 井上真央と寺脇康文、おひさまに見る昔の父と娘
◇2011年6月27日(月) 佐藤信夫コーチのカミナリ、浅田真央を直撃!?
◇2011年6月26日(日) なでしこジャパン澤穂希、川島永嗣の眼光…W杯
◇2011年6月25日(土) 菅直人の原発解散、小泉純一郎の郵政解散…二匹目のどじょう
◇2011年6月24日(金) 投手は天国、打者は地獄、巨人は本塁打が半減
◇2011年6月24日(金) 北島康介と高橋大輔、五輪への思い再燃…現役続行
◇2011年6月23日(木) セールストークセミナー…顧客納得・売上激増!
◇2011年6月22日(水) 浅田真央の肉球、アメショーのトリプルアクセル
◇2011年6月21日(火) 井上真央、迷いを引きずった演技、おひさまに疑問
◇2011年6月20日(月) 浅田真央、看板を引っ込める勇気…トリプルアクセル
◇2011年6月19日(日) 宮城愛・ハレルヤ、命をつなぐ山の歌姫…徳島・神山
◇2011年6月18日(土) AKB48の隆盛、浅田真央の奇跡、読売巨人軍の凋落
◇2011年6月17日(金) 地獄の沙汰も金次第…ことわざの意味と由来
◇2011年6月17日(金) ヘイリー・ウェステンラ、ボチェッリとデュエット
◇2011年6月16日(木) セールストークセミナー…顧客納得の“真逆話法”を紹介
◇2011年6月16日(木) 浅田真央の準備、プロ講師の準備
◇2011年6月15日(水) 管理なんか糞喰らえ!…日本一の営業管理者セミナー
◇2011年6月15日(水) 巨人、ホームラン・得点激減…飛ばないボールの影響?
◇2011年6月14日(火) 名古屋で社長・幹部向け講演会…受注拡大・業績向上
◇2011年6月14日(火) 浅田真央・井上真央・大地真央…血液型と美人度
◇2011年6月13日(月) 原辰徳監督がサイン攻め…巨人軍はスター不在
◇2011年6月12日(日) 青春の影、歌詞の意味、求愛・結婚ソングのお墨付き
◇2011年6月11日(土) アメショーは愛嬌たっぷり、家族の話に耳を傾ける
◇2011年6月11日(土) 浅田真央と高橋大輔、二人の熱愛のその後
◇2011年6月10日(金) 武田鉄矢の武勇伝…福岡出身タレント・芸能人
◇2011年6月9日(木) 北島康介、ロンドンオリンピックへの苦闘と挫折
◇2011年6月8日(水) Facebookに見る労働の画一性と均質性の崩壊
◇2011年6月8日(水) 斎藤佑樹、復帰戦は変化球主体の投球から脱却?
◇2011年6月7日(火) 澤村拓一の面構えとオーラ…真っ向勝負の魅力!
◇2011年6月6日(月) 井上真央、おひさまの陽子、八日目の蝉の恵理菜
◇2011年6月5日(月) できることはもうやらない…職業人生の自己実現
◇2011年6月4日(土) 松任谷由実の無防備、能天気なのか自信家なのか・・・
◇2011年6月3日(金) お客さまに役立ちたい…課題解決営業への転換を決意
◇2011年6月2日(木) 物流会社で講演・営業研修…セミナーアンケート
◇2011年6月1日(水) セミナーアンケート、受講者満足度…浜銀総研

Copyright (c)2011 by Sou Wada

北島康介の勝負脳、浅田真央の脱皮計画を応援しよう!

私が尊敬する北島康介。
2012年ロンドン夏季五輪(オリンピック)に挑んでいる。
まずは日本代表に選ばれること。
が、彼の場合はその先を目指しており、表情台にのぼること、さらに金メダルを獲ること。
年齢を考えると、勝ち目の厳しい戦いだ。
ゆえに、彼の偉大さが一層際立つ。

北島康介は大勝負に滅法強い。
もっとも苦しい準備段階を含めたメンタルは驚異的といってよい。
平たく言えば「勝負度胸」がずば抜けている。
これが競泳男子平泳ぎで奇跡の4冠をもたらした。

が、その彼がかつてゴール前に失速するという失敗を繰り返していた。
そこで、「勝負脳」を鍛えた。
この概念を提唱したのは、脳外科の第一人者・林成之教授。
氏は、北京オリンピックの日本代表競泳チームに脳の専門家として参加した。

世界のトップアスリートは、肉体や技術の強化はもちろん、精神の鍛錬に努めている。
これが今日の常識、「メンタルトレーニング」「脳トレーニング」。
自分の能力を最大限に発揮する脳の活用法を知っていないと表彰台、とくに頂点に立てない。

氏によれば、人は「ゴールが目前」と思った瞬間、失速する。
したがって、何か挑戦を行っているとき、ゴール自体を目標に設定するのでなく、その先をゴールに設定する。
北島康介に対する処方箋は、結局これだった。
ゴールにタッチし、電光掲示板の数字をしっかりと確認すること!

脳と心のメカニズムは科学的に解明されていない部分が多いが、私は自分自身に思いが及んだ。
仕事の締め切りに追われていて、これで何とか間に合いそうだと胸をなで下ろしたらエンジンブレーキがかかることは無数に経験している。
知的生産性ががくっと落ちてしまうのだ。

私はここ数年、自分商品の開発など、新たなタスクに挑んできたが、何一つやり遂げられなかった。
自分商品とは、営業コンサルタントとして試行錯誤の末に確立した収益向上・業績拡大のセオリーとメソッドを教材にブラッシュアップすること。
つまり、職業人生の集大成の一つ。
私は仕事をさぼったわけでない。
すべて息切れし、中途半端な状態で止まってしまった。

これは昨夏、ひょんなことから「更年期障害」が原因と判明した。
女性に特有の病気と勘違いしていた。
しかし、それだけでない。
タスクの終盤の胸突き八丁で挫折し、ゴールテープを切ることができなかったのだ。
私も「勝負脳」の考え方を取り入れることにした。

これまでは新商品を完成にこぎ着けることをゴールに設定していた。
そうでなく、発売記念パーティで挨拶に立つことや、自分へのご褒美である休暇(旅行)を楽しむことをゴールに設定すべきだった。

人は、顕在意識で鞭を入れても、潜在意識で達成間近を感じていたら失速するようにできている。
要は、頭と心が緩む。

半生を振り返り、和田創は緩々・・・。

私が畏敬する浅田真央は2014年ソチ冬季五輪(オリンピック)で栄冠をつかむべく、スケーティングの脱皮計画を実行に移している。
今シーズンも苦しみそうだ。
温かく見守っていこう。

以下に、「浅田真央は五輪4冠の北島康介の脱皮計画に学べ」と題する2010年12月14日のブログを収める。

                      ◇◆◇

日本男子競泳平泳ぎの第一人者・北島康介。
2004年アテネ五輪(オリンピック)の百メートル、2百メートルで金メダルを獲得した。
2008年北京五輪(オリンピック)の同じ種目で2冠。
男子百メートル平泳ぎの2連覇は世界初。
平泳ぎで2大会連続2種目制覇は世界初。
私が考えていた以上の快挙である。

北島康介は中学2年生で東京SCコーチの平井伯昌に才能を見出された。
図抜けた何かを持っていたのだろう。
そして、初めて臨んだ2000年シドニー五輪(オリンピック)の百メートルで決勝に進出したが、4位入賞に留まった。

そこで、北島康介はアテネオリンピックへ向けて大きな脱皮に挑んだ。
スポーツ選手にとり最高の舞台で頂点に立てる泳ぎを追求したのだ。
さらに、北京オリンピックへ向けて脱皮に挑んだ。
しかも、2012年ロンドン五輪(オリンピック)へ向けて脱皮に挑んでいる。
私は、二人三脚で歩んできた平井伯昌コーチのもとを離れたという話を耳にした(不確か)。
驚きだ。

北島康介は五輪を節目に「進化」を遂げてきた。
もう一度言うが、「勝つ」ためだ。
逆に言えば、それまでの泳ぎでは勝てないと判断を下した。

私は思う。
北島康介の最大の凄みは、オリンピックをしっかりと見据えた準備にある。
過酷極まりない計画。
2〜3年がかりで古い泳ぎを脱ぎ捨てる。
いや、新しい泳ぎをつくりあげる。
いかなる変化もリスクをともなうが、それを強固な意志でやり遂げてきた。

年齢的にきわめて微妙なロンドンオリンピック。
それでも北島康介は諦めていない。
参りました。

2014年ソチ冬季五輪(オリンピック)で表彰台の一番高いところを目指す浅田真央がもっとも学ぶべきアスリートは、北島康介を置いてほかにいない。

                      ◇◆◇

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ&ファイナルに関するブログは以下のとおり。

⇒2010年12月11日「村上佳菜子は僅差3位、織田信成は後退2位」はこちら。

⇒2010年12月9日「真央二世・村上佳菜子、安藤美姫と頂点を競う」はこちら。

⇒2010年12月8日「安藤美姫はエロい大輪を咲かせよ…神秘的セクシー」はこちら。

⇒2010年12月7日「高橋大輔は心に訴えない…内臓を揺さぶる泥臭さ」はこちら。

⇒2010年11月28日「イケメン小塚崇彦に足りないもの…GP圧勝」はこちら。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

自動車部品産業、下請け・孫請け製造業の受注強化

私は先週金曜日、2時間も眠らないうちに午前5時に目が覚めた。
悪い頭を限界まで動かしているせいか、神経が昂った状態がずっと続いている。
今月に入り、自分でも驚くほどの睡眠時間である。
人は案外、生きられるものだ。

私は朦朧とした意識で午前中に名古屋・錦へ移動。
「のぞみ」の車中で眠ると乗り越してしまうので、がまん・・・。

午後1時から5時まで、地場の中堅・中小・零細製造業の社長など取締役クラスを対象に「トップセールス」に関する講演(セミナー)を行った。
主催者は、旧東海銀行のシンクタンクが母体。
現在は三菱UFJリサーチ&コンサルティング名古屋。
クルマ業界のすそ野を形成する部品メーカーなどの経営層が参加した。
コンテンツの仕上がりは万全であり、私は講師としてベストを尽くした。

電気自動車(EV)へシフトすると、自動車メーカーは電気系部品も使いはじめる。
従来のクルマ部品メーカーのなかには仕事が大幅に減るところも出てくる。
そうでなくても、リーマンショック、トヨタ車の世界規模のリコール、東日本大震災と、自動車業界は立て続けに激震に見舞われている。
とくに下請けや孫請けは厳しい試練にさらされている。

昨今、新市場(新分野)への進出、脱下請けなど、生き残りをかけたさまざまな動きが出てきた。
しかし、そうした取り組みを成功へ導くには、新たな仕事を取ってこなくてならない。
営業部門が確立していないとか、営業人員が不足しているといった会社では、社長など取締役がいわゆる「トップセールス」を推し進めるほかにない。

当日、会場は決して明るい雰囲気でなかった。
程度の差こそあれ、受注減少の苦境に陥っている地場企業の集まりなので当然だろう。
仕事が上から降りてくる状態に慣れると、果敢な働きかけを行うことは容易でない。
中小・零細製造業のトップは概して営業活動に苦手意識を持っている。
だが、それを払拭しなければ業績のじり貧、規模の先細りは避けられない。
消滅は時間の問題である。

冒頭、「営業が好きな方?」と挙手で確認したところ、わずか1名。

私は講演が終わる頃には、ふらふら・・・。
その後、事務局と来年度の打ち合わせ。

週明け、当日の参加者からメールをいただいた。
大阪の方のようだ。
「先生のセミナーは 過去にいろいろと受講したセミナーのなかでも大変印象に残る、素敵なセミナーでした。
早速、名古屋拠点の営業マンに参加してみないかと投げかけをしました。」。
ありがたいこと。
実は、私は来週、名古屋で同じ主催者による「提案営業セミナー」の講師を務める。
その受講を皆に勧めてくれたのだ。

                       ◇

東京都大田区や神奈川県川崎市などの零細製造業や町工場は圧倒的大多数が下請けや孫請けであり、やはり経営危機に直面している。
すでに多くが廃業や倒産に追い込まれており、一帯はシャッター工場街と化す。
受注拡大と需要創造のための営業活動が不可欠である。

以前、公益財団法人大田区産業振興協会から4回シリーズの講演の問い合わせが寄せられたが結局、流れてしまった。
このテーマも「トップセールス」だった。
社員を食べさせる仕事は、社長など取締役が取ってくるしかない企業が少なくない。

                      ◇◆◇

営業講演、営業セミナーに関するブログ(ごく一部)は以下のとおり。

⇒2011年3月22日「コンサルティング営業セミナー…中企大広島校」はこちら。

⇒2011年3月7日「提案営業勉強会の衝撃…中小企業家同友会仲間」はこちら。

⇒2011年3月3日「提案営業研修に目から鱗…福岡県中小企業家同友会」はこちら。

⇒2011年2月7日「部品メーカー、下請け・孫請け社長の受注活動」はこちら。

⇒2011年1月26日「大田区町工場を救え…社長の受注強化セミナー」はこちら。

⇒2011年1月25日「名古屋地場製造業が苦しい…社長セミナー」はこちら。

⇒2010年10月28日「仕事がない…何と愚かな言葉だろう」はこちら。

⇒2009年11月4日「社長の悲鳴…中小製造業・零細町工場」はこちら。

⇒2008年12月4日「トヨタ系部品メーカーの悲鳴」はこちら。

⇒2008年11月27日「トヨタに命を預ける…太っ腹経営者」はこちら。

⇒2008年10月27日「やはり名古屋はトヨタ頼み」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

井上真央と寺脇康文、おひさまに見る昔の父と娘

NHK朝の連続テレビ小説「おひさま」。
主演の井上真央が頑張っている。
彼女は女優という仕事に対して誠実である。
朝ドラをまったくといっていいほど見ない妻がわりと気にしているくらいだから、最近の視聴率はきわめて好調でなかろうか。
私の直感では20パーセントを超えている(根拠はない)。
もしそうなら、凄い数字だ。

須藤陽子は、松本の老舗そば屋「丸庵」を営む丸山家の長男・丸山和成(高良健吾)と結ばれ、丸山陽子になった。
また、陽子の父・須藤良一を演じる寺脇康文がいい味を出しており、井上真央との相性はなかなかだ。
昔の父と娘の関係を彷彿とさせる・・・。

さて、私は先週月曜日、久しぶりに「おひさま」を見た。
そして、戦時下の描写に関して翌日のブログで述べた。
一言でいえば、物足らない。
違和感も強い。

⇒2011年6月21日「井上真央、迷いを引きずった演技、おひさまに疑問」はこちら。

ところが、その火曜日から戦争の影響が色濃く反映された展開に一変した。
私はそれ以降、「おひさま」をすべて見たわけでないが、敗戦間近の切迫した状況が伝わってきた。
きのうは長男の須藤春樹(田中圭)の訃報が届いた。
時期は真夏。
1945年8月6日がすぐそこに迫っているようだ。

その日、私の父は山陰から広島へ向かう途中、山からきのこ雲を見た。
戦友と順番が入れ替わり、1日遅くなった。
でなければ、私は生まれていなかった・・・。

以下に、「井上真央、迷いを引きずった演技、おひさまに疑問」と題する2011年6月21日のブログを収める。

                      ◇◆◇

井上真央がヒロイン・須藤陽子を演じるNHK朝の連続テレビ小説「おひさま」。
第1週で最高視聴率が20パーセントを超え、きわめて好調な滑り出し。
なぜかチャンネルを合わせてしまう、したたかなつくりである。

私は当初、「おひさま」を気にかけていた。
しかし、仕事が立て込んできて、しばらくご無沙汰している。
その後ストーリーがどう展開したか気になっているが、テレビを見ることはおろか聞くこともできない。
戦局がかなり険しくなっているのでなかろうか・・・。

月曜日に久し振りに「おひさま」に触れた。
すると、昭和20年3月。
何とまもなく終戦を迎える。
進行が速い。
国民は疲弊し困窮していた。
農家でさえろくに食べられない。
陽子が嫁いだ松本のそば屋もそば粉が入らず、客もおらず、休業に追い込まれていた。
大衆はうすうす敗戦を感じていた?
現在の陽子は井上真央の実年齢(24歳)と同じくらいか。

「おひさま」の脚本を手がけた岡田惠和が言うとおり、人々は戦時下でも暮らしていたのは事実である。
まして、ヒロインは「太陽の陽子」だ。
しかし、戦争の影響が家族の一人ひとり、生活の隅々にまで深く及んでいたのも確かであり、朝ドラとしてどこまで描くかが難しい。
シナリオに対し、おもに高齢の視聴者から踏み込みが浅いといった批判が出ているのでなかろうか。
それを描くのが趣旨でないとしても、私はこれでいいのかといくらか疑問を感じた。
よくできたホームドラマというのは認めるが・・・。

ところで、井上真央は子役時代を含めて女優として豊富な経験と実績を持つのに、迷いを引きずったまま演技を行っていることがある。
それが何ともいえない魅力になっている。
誠実な役者なのだ。
井上真央は戦時下の陽子をどう演じるか、台詞(せりふ)が与えられていないだけに、悩んでいるのかもしれない。
演出からの要求はあるにしろ、脚本にないところをお茶の間にどう伝えようかと・・・。
内面の陽子と幾度も対話しているはずだ。

私よりも井上真央のほうが脚本に疑問を感じているということはないと思う。
当時、戦争への本音はだれも口に出せなかった。

「おひさま」は現時点で平均視聴率が18パーセントを超えている可能性がある。
近年の朝ドラとしてはおそらくもっとも高い。
出演者もスタッフも頑張っているが、やはり脚本と主演がいいからだろう。

なお、「おひさま」の高視聴率に水を差すわけでないが、民放が経営難から制作費のかさむドラマをつくれなくなったことも、朝ドラ復活の要因でなかろうか。

                      ◇◆◇

NHK朝の連続テレビ小説「おひさま」とヒロイン・井上真央などに関するブログは以下のとおり。

⇒2011年6月6日「井上真央、おひさまの陽子、八日目の蝉の恵理菜」はこちら。

⇒2011年5月24日「井上真央は演技に集中していない…おひさまヒロイン」はこちら。

⇒2011年5月21日「斉藤由貴のやかましさ、若尾文子のあでやかさ…おひさま」はこちら。

⇒2011年5月10日「おひさま感想…井上真央の演技、岡田惠和の脚本」はこちら。

⇒2011年5月9日「おひさまオープニング、視聴率を捨てる心地よさ」はこちら。

⇒2011年5月8日「おひさま、てっぱん、ゲゲゲの女房の視聴率比較」はこちら。

⇒2011年5月7日「井上真央と若尾文子、二人の須藤陽子の演技」はこちら。

⇒2011年5月4日「井上真央・おひさま、セーラー服と庶民顔」はこちら。

⇒2011年4月16日「井上真央おひさまの安全運転…朝ドラ視聴率低下」はこちら。

⇒2011年4月11日「おひさま陽子…伊那中・西駒登山、直小・妙高登山」はこちら。

⇒2011年4月9日「井上真央、謎めいた内面…おひさまヒロイン」はこちら。

⇒2011年4月8日「瀧本美織がおひさまヒロインを演じたら・・・」はこちら。

⇒2011年4月7日「八木優希のおかっぱ頭…おひさま陽子の子役」はこちら。

⇒2011年4月5日「おひさまの舞台、安曇野の自然の美しさ」はこちら。

⇒2011年4月4日「井上真央・おひさま、日本を明るく照らす」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

佐藤信夫コーチのカミナリ、浅田真央を直撃!?

私は午前9時がデッドラインの文書を先ほどまとめ終えた。
A3判表裏、簡単な企画書といえるだろう。
日曜日の24時をメドにしていたが、けさにずれ込んだ。
時間管理ができておらず、我ながら情けない。
土曜日と合わせても睡眠はごくわずか。
40時間近く、能力と体力の限界と闘った。
しかし、内容の完成度が低く、出来はよくない。
自分が昔プランナーだったことが信じられない。
達成感は得られず、脱力感、いや無力感が残る。

私は意識がもうろう・・・。
というわけで、本日の午前8時のブログは過去の記事の再録である。
毎日訪れてくれる熱心な読者に申し訳なく思う。

私が応援する浅田真央。
2014年ソチ冬季五輪(オリンピック)で表彰台の頂点に立つことを目指し、自らの意思でスケーティングの矯正に取り組んだとはいえ、昨シーズンは散々だった。
痛ましい姿に、私は胸が苦しくなった。
浅田真央が後に振り返り、この体験を懐かしく思い出せるようになることを切に願う。

世界のトップクラスのフィギュアスケーターに休息の期間はほとんどない。
浅田真央は今シーズンのプログラムを固めている最中だろうか。
ネットで調べれば情報が見つかるはずだが、私は曲と振り付けがどうなったのか知らない。

以前、小塚崇彦がテレビ番組に出演していた。
彼によれば、佐藤信夫コーチは厳しいらしい。
単なる好々爺では一流選手を育成できないから当然といえる。
しかし、昨シーズンは一度も叱られなかった。
小塚崇彦が練習に臨む意識と姿勢が変わったからだ。
劇的な成長を遂げ、立派な実績を残した。
小塚崇彦は顔つきが引き締まり、貴公子に精悍な趣が加わった。
もともとイケメンなので、いい男だ。
また、浅田真央にならい、「有言実行」で自分を追い詰めている。
彼女の影響は絶大だった。
今シーズンは日本男子の第一人者としての自覚がさらなる飛躍をもたらしそうだ。

ところで、佐藤信夫コーチの雷(カミナリ)が浅田真央を直撃することはあるのだろうか。
彼女には怖い指導者が向いているのでは・・・。
遠慮しないタイプを好むように思う。

以下に、「佐藤信夫、浅田真央を叱る…新横浜の好々爺」と題する2011年5月19日のブログを収める。

                      ◇◆◇

私は先日、疲れ切って出張から戻ってきた。
例のパスファインダートロリーをごろごろ引きながら、東海道新幹線・新横浜駅を出て歩道橋を歩いていた。

⇒2009年7月31日「パスファインダートロリーの評価」はこちら。

向こうから小柄で痩せた老人が歩いてくる。
私は視力が非常に悪いが、顔に見覚えがある。
企業研修の講師としてお世話になった役員だろうか…。

職業人生をとうにリタイアしたと思われる年配者が、グレーの地味な普段着に身を包んでいる。
いくらかうつむき加減で、口元からかすかな笑みがこぼれる。
すれ違う直前、私は分かった。
フィギュアスケートの佐藤信夫コーチだった。

⇒2010年11月25日「浅田真央を引き受けた佐藤信夫コーチの胸中」はこちら。

通行者は少なくなかったが、周りはだれも気づいていない。
佐藤信夫コーチは練習場でないので当然かもしれないが、穏やかで控えめな印象である。
好々爺。
日本のエース、浅田真央と小塚崇彦が指導を受けているということが、私は何だか不思議な気がした。
国際試合などで選手をリンクへ送り出すときの雰囲気とまるで違う。

⇒2011年1月27日「浅田真央は小塚崇彦をどう思っているのか?」はこちら。

佐藤信夫コーチは村主章枝(すぐり・ふみえ)、中野友加里、荒川静香、安藤美姫などの選手を指導し、フィギュア王国日本の実現に寄与した。
名伯楽である。
本人によれば、この稼業は絶えざる自己否定が欠かせないのだとか。
このブログで幾度か述べたとおり、フィギュアスケートは審査基準(採点基準)がしばしば変更される。
おもに表現と技術の間で揺れ動いている。
選手が得点を稼いで順位を上げるには、それへの対応が重要になり、したがってコーチは指導を変えなくてならない。
何よりも選手自身に自己否定が求められる。

⇒2011年5月3日「世界フィギュア採点のなぞ…安藤美姫の勝利」はこちら。

噂では、佐藤信夫コーチは案外、怖いらしい。
ときに雷も落とすようだ。
それくらいでなくては有力選手を輩出できない。
2009年〜2010年シーズンまでは小塚崇彦が叱られっ放しだったが、2010年〜2011年シーズンは浅田真央が叱られた。
先だってテレビ番組に出演した二人がそう語っていた。

小塚崇彦と浅田真央。
日本のエースなので厳しさを持っているのは間違いないが、どこかほんわかした部分で通じる。
育ちのよさのせいか。
私にはお似合いに思える。

⇒2011年5月17日「浅田真央と高橋大輔の関係をすっぱ抜く」はこちら。

以下に、「浅田真央、世界で勝つ判断と作戦…佐藤信夫コーチ」と題する2011年5月1日のブログを収める。

                      ◇◆◇

世界フィギュアスケート選手権2011(ロシア大会)。
たったいま女子シングルが終わった。
今季絶好調の安藤美姫が得意のフリーで、SP1位の韓国のキム・ヨナ(金妍児)を逆転し、2007年の東京大会以来4年ぶりに「世界女王」の座に返り咲いた。

⇒2011年4月30日「安藤美姫、逆転世界女王!…審査員の粋な計らい」はこちら。

世界フィギュア優勝2度は浅田真央と並んで日本人最多である。
気づけば、安藤美姫はベテラン選手になっていた。
低迷期が長かった・・・。

⇒2011年4月29日「浅田真央の連覇か安藤美姫の返り咲きか…世界女王」はこちら。

世界フィギュアは今夜、メダリストなど5位以内(おそらく)の選手によるエキシビションで華やかにフィナーレを飾る。
日本勢では金メダルの安藤美姫、銀メダルの小塚崇彦、5位の高橋大輔の3選手が登場する(不確か)。

⇒2011年4月27日「小塚崇彦、金メダルへの距離…世界選手権」はこちら。

⇒2010年12月28日「安藤美姫と高橋大輔…ぶっちぎりエキシビション」はこちら。

私はなかでも高橋大輔の演技が楽しみだ。
フリースケーティングでは、勝負をかけた冒頭の4回転ジャンプでエッジが外れるアクシデントに見舞われた。
この瞬間、現役続行が決まった。
さらに、2014年ソチ冬季五輪(オリンピック)への挑戦が始まった。
悔しいけれど、うれしい。

⇒2011年4月28日「高橋大輔、世界フィギュア優勝へのスイッチ」はこちら。

次のブログに、私の高橋大輔に対する思いの丈(たけ)をつづった。
しかも、ラブ注入モード!

⇒2011年4月26日「高橋大輔は2位じゃダメなんでしょうか」はこちら。

私は浅田真央の姿が見られないエキシビションがとてもさみしい。
6位は出場できない。
が、浅田真央は日本フィギュアスケート界の至宝。
もともと東京大会が「東日本大震災」の発生によりロシア大会に延期・変更された。
ロシア政府からISU(国際スケート連盟)に配慮が要請されている?
エキシビションで見せる浅田真央の明るい笑顔と美しい舞は被災者と日本人を勇気づける。

⇒2011年4月17日「斎藤佑樹のハラハラ、浅田真央のドキドキ…日本の至宝」はこちら。

                       ◇

世界フィギュア女子シングルのフリー。

最終組の一つ前の組の滑走。
SP10位の村上佳菜子は開き直りが出たのか、元気な滑りでシニアデビューの今季を締めくくった。
持てる力を出し切ったのでないか。
途中、トリプルフリップが1回転になった。
私はジャンプ全般に着氷の姿勢がいくらか気になった。
8位。
「滑りが幼稚だと思う…」と、自分に手厳しい。
16歳と思えない。
来季の成長が楽しみだ。

⇒2011年4月25日「村上佳菜子はひょっとして…世界フィギュア」はこちら。

中京高校の後輩の演技の直後。
SP7位、前回優勝の浅田真央は深呼吸をしてから演技を始めた。
冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決めたかに見えたが、回転不足でダブルアクセル(2回転半)と判定された。
途中のジャンプも足を着いたり、タイミングがつかめなかったり、不調・・・。
得点源がこれでは勝てない。
6位。
世界フィギュアにおける自己最低の順位。

⇒2010年12月1日「浅田真央はソチ仕様に工事中、勝てなくて当然」はこちら。

演技直後のインタビューでは、苦難の今季から解放されたせいか、ほっとした感じが伝わってきた。
お疲れさま・・・。
私は、来季も棒に振るくらいの覚悟で2014年ソチ冬季五輪(オリンピック)を睨んだ修正(矯正)に取り組んでほしい。
中途半端で終わらせないことだ。
彼女の才能と力量からすれば、再来季に本調子になっていればオリンピックに十分に間に合う。

⇒2011年3月6日「浅田真央は2位じゃダメなんでしょうか」はこちら。

私はフィギュアスケートに打ち込む浅田真央に感服する。
おそらく名伯楽・佐藤信夫コーチもそうだ。
ゆえに、遠慮が生まれる。
私は、浅田真央の「こだわり」が分からないわけでない。
そうしたものを持っているからこそ一流になれる。
浅田真央にとり、例えば「トリプルアクセル」。
しかし、そのときどきの自分の調子に応じ、大舞台で勝つための判断を下し、作戦を取ることも大事だろう。
そうでなくては、こだわりでなく、単なる「とらわれ」になってしまう。
世界一の座につくうえで、浅田真央は頭と心の柔軟性がほしい。
佐藤信夫コーチの助言を噛み締めよ。

⇒2010年11月25日「浅田真央を引き受けた佐藤信夫コーチの胸中」はこちら。

マスコミ報道などでトリプルアクセルは浅田真央の“代名詞”とされるが、今季を見るかぎりはほぼ壊滅だ。
心中状態・・・。
練習でほとんど決められなかったら、本番でやるべきでない。
なぜなら、自分を窮地に追い詰め、立ち直りを遅らせる悪循環に陥る。
それは挑戦でなく、単なる「無謀」。

浅田真央はときに“看板”を引っ込める冷静さ、そして勇気が必要だ。

私は、彼女が競技者である以上、独自性の追求に加え、主流の2連続3回転ジャンプに目を向けてほしい。
それ自体はありふれていても、前後の流れ(滑りと動き)を含めて他選手の追随を許さないクオリティに磨き上げたらよい。
有力な得点源が2つあって悪いはずがない。
ほかの連続ジャンプも精度が高まるかもしれない。
大会前のゆとりだって違う。

⇒2010年11月29日「浅田真央、ジャンプの修正か改造かの判断」はこちら。

今大会の浅田真央は気の毒なほどやせ細っていた。
はっきり言って、戦える状態でなかった。
世界女王防衛へ、想像を絶する重圧がかかっていたのだろう。
私は痛ましくなった。
しばらく心と体を休めながら今季を客観的に振り返ってほしい。
が、最大のスター(ヒロイン)ゆえにオフシーズンは実質ないのか・・・。

⇒2010年11月27日「浅田真央、得意なジャンプが壊れる恐怖」はこちら。

次のブログに、私の浅田真央に対する敬愛と畏敬の念をつづった。

⇒2011年4月27日「浅田真央の純粋な狂気に学ぶ…プロ講師の心得」はこちら。

最終組の1番目。
SP2位の安藤美姫は冒頭の連続ジャンプ、3回転ルッツ−2回転ループを決めた。
途中、2回転半−3回転の連続ジャンプは後ろが回転不足となった。
このほかは無難にまとめた。
1位。

⇒2011年1月20日「安藤美姫に乗り移る金・荒川静香の優雅」はこちら。

安藤美姫は最初の登場に苦手意識を持っているせいか、今季フリーでほぼ完ぺきなジャンプが珍しく乱れた。
シーズンを通じて絶好調を維持するのは至難だ。
会心の出来とはいえない。
それでも、今季は6試合すべてでフリー1位となり、キム・ヨナとの頂上決戦を制した。
「強い気持ちでリンクに立てた」。
「きょうの結果は、神様がくれたご褒美」。
安藤美姫の思いは被災者に、そして日本人に届いた。
おめでとう!
来季も日本女子を引っ張る存在になるだろう。
世界フィギュア2連覇を狙ってほしい。

⇒2011年4月29日「安藤美姫、世界女王へガッツポーズの品格」はこちら。

SP1位、五輪女王、韓国のキム・ヨナはSPで失敗した冒頭の2連続3回転ジャンプは決めた。
しかし、続く連続ジャンプ、途中の3回転フリップでミスを犯した。
2位。
キム・ヨナは試合勘がなまっていたのだろう。
ブランクの影響が出て、頂点を逃した。

⇒2011年4月23日「キム・ヨナの恩返しと現役引退…世界フィギュア」はこちら。

キム・ヨナにプレッシャーをかけたのは安藤美姫の後、自分の前に滑ったロシアのアレーナ・レオノワだった?
ソチオリンピックの注目株、20歳。
会場がスタンディングオベーションで盛り上がった。
その余韻が残るなか、キム・ヨナはやりにくかったろう。

キム・ヨナは敗れた。
とはいえ高得点、僅差の銀メダルである。
本調子に遠いはずだ。
氷上で女優がバレリーナのように舞う趣・・・。
表現力とスケーティングは見事!
これで本来のジャンプを取り戻すと、手がつけられない。

私は、世界フィギュアでキム・ヨナの強さを改めて思い知らされた。
正直に言うと、いきなり大舞台に現れて表彰台はのぼれないと考えていた。
キム・ヨナはこれからも女子シングルの頂点にそびえる。
高い壁を乗り越えるのは容易でない。

⇒2011年4月24日「世界女王・真央と五輪女王・ヨナ、プライド激突!」はこちら。

キム・ヨナが表彰台で流した涙は美しかった。
悔し涙でない。
嬉し涙でない。
オリンピックで栄冠をつかんだ後の虚脱感に苦しんだ今季を振り返っていた。
おそらく現役引退を含めて揺れつづけた。
なのに世界フィギュアに戻ってこられた。
その感動の涙である。

3位は、イタリアのカロリーナ・コストナー。
4位は、ロシアのアレーナ・レオノワ。
5位は、アメリカのアリッサ・シズニー。

フィギュアスケートの今シーズンは1カ月遅れで終了。
選手は休む間もなく来シーズンのプログラムづくりに取りかかる?

⇒2011年2月6日「浅田真央、バレエ転向の噂…ストナリニ選手権後」はこちら。

◆書き加え1(5月1日)

たったいま世界フィギュアのエキシビションが終わった。
浅田真央は出場できなかった。
滑って当然という存在なので、欠落感が大きい。
私はがっかり・・・。

エキシビションは、選手は試合の緊張感から解き放たれ、自由奔放に滑る。
得点を稼ぐために技術に重きを置かざるをえない本番とは違ったエンターテイメントの側面がクローズアップされる。
演出や振り付けに工夫を凝らした演技が観衆を楽しませ和ませる。

高橋大輔は素晴らしかったなぁ・・・。
演技後に「世界フィギュアで惨敗してすっきりした」と語った。
現役引退か、現役続行か、迷いが吹っ切れたのだ。

⇒2011年4月28日「高橋大輔、世界フィギュア優勝へのスイッチ」はこちら。

安藤美姫はしっとりと情感豊かに舞った。
演技ということを忘れさせるほど、音楽と滑りが一体化している。
何と優雅で美しい。
私はただただ感動・・・。

二人のベテランの演技は完成度が高い。
現時点で世界一と確信した。
幸い、両名はソチオリンピックを目指すと明言した。

私は、ショーマンシップとホスピタリティに満ちた世界を堪能した。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

なでしこジャパン澤穂希、川島永嗣の眼光…W杯

サッカーの話題が私の耳に入ってくる。
きょう開幕するサッカー女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会。
世界ランキングを過去最高の4位に上げた「なでしこジャパン」は初優勝を目指し、6大会連続で出場する。
16チームが参加。
日本代表はスピードと組織力を磨き、2008年北京夏季五輪(オリンピック)で4位に入り、メダルまで後一歩の力をつけている。
ワールドカップでは機敏なパス回しと緊密な連係により、体格とパワーで勝る強豪国に立ち向かう。

日本代表は1次リーグのグループBで、6月27日にニュージーランド戦、7月1日にメキシコ戦、7月5日にイングランド戦を行う。
いずれも格下なので、勝ちあがるだろう。

「なでしこジャパン」の主将(キャプテン)はMF澤穂希(沢穂希。さわ・ほまれ)。
1993年からW杯5大会連続出場となる32歳(INAC)。
眼光が鋭く、闘争心が表情に出ている。
澤穂希は選手生活の集大成としたいと抱負を語っていた。
有終の美を飾れるだろうか。

                       ◇

ところで、私はJリーグの発足時、サッカーがこれほどまでに日本人から支持されるようになるとは夢にも思わなかった。
プロ野球の人気をだいぶ前に超えたということはないのだろうか。

先だってNHK総合テレビに川島永嗣が出演していた。
それが何の番組か、どんな内容か、私は分からない。
テレビに映った彼の顔、そして目は、試合中と打って変わってとても穏やかだった。

以下に、「守護神・川島永嗣の目力と映画・大魔神の睨み」と題する2011年2月1日のブログを収める。

                      ◇◆◇

サッカー・アジアカップの決勝戦。
日本代表は延長戦前半に得点し、単独最多となる4度目の優勝を果たした。

堅守が光ったが、私が驚嘆したのはGK川島永嗣の神がかりのファインセーブである。
オーストラリア代表からすれば、決定的なチャンスを2度封じられたことになる。

川島永嗣は、ペナルティキックやPK戦で自分のポジションを確認するかのように足を踏ん張り、両手を広げる仕草をする。
あるいは、敵を威圧するかのように…。
彼に限らず、ゴールキーパーはたいていそうかもしれない。

が、川島永嗣はその際の眼光がとくに鋭い。
試合直後のインタビューでは興奮しているせいか、目を一杯に開き、目玉をギョロつかせる。
私は、その表情をどこかで見た記憶があるが、どうしても思い出せなかった。

それがようやく判明した。
長野県・伊那中学校時代に見た大映映画「大魔神」だった。
特撮時代劇。
大魔神はそこに登場する“守護神”の名称である。
戦国時代、穏やかな表情の石像が悪事に怒り、恐ろしい相貌にに一変する。
大魔神は目を一杯に開き、まばたきをしない。
そして、血走った目玉をギョロつかせ、悪人を追い詰める。

守護神・川島永嗣の目力は、映画・大魔神の睨みにそっくりだ。
1対1に持ち込んだキューウェルが決められなかったのは、川島永嗣の気迫に圧倒されたからか・・・。

日本代表の勝因は、ザッケローニ監督の采配、チームのまとまり、控えを含めた選手個々の頑張り。
決勝戦に関しては、とくにDF長友佑都の突破力とGK川島永嗣の防御力が大きく貢献した。
素晴らしい戦いぶりだった。

ところで、サッカーアジア杯日豪決勝戦の平均視聴率は33.1パーセント、瞬間最高視聴率は37.5パーセントだった(ビデオリサーチ調べ。関東地区)。
関西地区は若干高い。
これはテレビ朝日系列の数字。
私の書斎のテレビでは映らないが、NHKBS1も生中継したはずだ・・・。

日本代表は1月31日、ドーハから成田空港着と関西空港着の2便に分かれ、凱旋帰国した。
おめでとう。
お疲れさま。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

菅直人の原発解散、小泉純一郎の郵政解散…二匹目のどじょう

私は、新聞はもちろんテレビからも遠ざかっており、世の中の出来事がよく分からない。
このブログで政治や選挙を取りあげたこともあるが、最近は怒りを通り越して呆れ返っている。
書く気にもならない。

菅直人首相。
その退陣を巡って民主党内のグループ(派閥)、そして与野党が駆け引きを繰り広げている。
首相の座に対する執着は並々ならぬものがある。
私は、菅直人が「原発廃止(脱原発)」を争点に衆議院の解散総選挙に打って出るとの噂を聞いた。

はたして8月の「原発解散」、9月の「原発選挙」は現実になるのか?
これが自身の“延命策”でしかないとしたら・・・。
東日本大震災の被災者、そして福島原発事故の被害者と関係者はどのような思いで、この時期の衆院解散総選挙を受け止めるだろう。

菅直人の頭のなかには、小泉純一郎の「郵政解散」による圧勝、長期政権がある。
露骨に二匹目のどじょうを狙っている。

菅直人は「脱原発」のカードなら勝てるという確信を持つに至ったせいか、このところやけに機嫌がいい。
しかし、有権者が菅直人に注ぐ目は非常に険しい。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

投手は天国、打者は地獄、巨人は本塁打が半減

日本プロ野球の投手防御率が今シーズンは劇的に改善している。
「打高投低」から一気に「投高打低」へ。
パ・リーグはもちろん、投手力で見劣りするセ・リーグでも1点台が続出している。
木曜日現在、パ・リーグは1位の田中将大(楽天)が1.19、2位の武田勝(日本ハム)が1.30、3位のダルビッシュ有(日本ハム)が1.39、4位の唐川侑己(ロッテ)が1.41、5位の杉内俊哉(ソフトバンク)が1.78、6位の和田毅(ソフトバンク)が1.84、7位の山田大樹(ソフトバンク)が1.96、8位の帆足和幸(西武)が1.98。
セ・リーグは1位の館山昌平(ヤクルト)が1.26、2位の内海哲也(巨人)が1.32、3位の吉見一起(中日)が1.70。
画期的な変化であり、ファンも華やかな打撃戦を期待して球場に足を運ぶと失望するかもしれない。

最大の理由は、今シーズン採用された低反発の公式球「飛ばないボール」にある。
ホームランが激減しており、現時点で3分の2ほどになっている(不確か)。
巨人はクリーンアップを打つ小笠原道大と阿部慎之介の故障もあり、現時点で半分以下だ。
また、両リーグとも打率が低下している(不確か)。

私はスポーツニュースか何かで、ボールを呼び込む打者がとくに影響を受けていると知った。
引き付けて打とうとすると差し込まれるというか、ボールに負ける。

さらに、投手はボールの曲がりが大きくなったという。
自分が思ったよりも変化する。
打者が手こずるはずだ。

⇒2011年6月15日「巨人、ホームラン・得点激減…飛ばないボールの影響?」はこちら。

それと、パ・リーグではストライクゾーンをセ・リーグ並みに広くした。
さらに、東日本大震災後の国を挙げての「節電」がかなり影響しているのでないか。
ゲーム時間を短縮するには、意図的にストライクゾーンを広げればよい。
私の勘違いか・・・。

これらのことを考えれば、打者がひどく苦戦するのは当然である。
数字を眺めれば、投手は天国、打者は地獄。

ところが、投手も手(首)や肘、肩への負担が大きく、シーズン終盤や終了後の影響を懸念する向きもある。
統一球を決めるのも簡単でないらしく、さまざまな問題が生じる。

                       ◇

先頃、日本生命セ・パ交流戦が終わった。
ソフトバンクが2年振り3度目の優勝を飾った。
これにより、2005年のスタート以来7年連続でパ・リーグ勢が制した。
パ・リーグの強さばかりが目立ち、興醒めだった。
投手防御率でセ・リーグに大差をつけた。

目玉投手を引き当てるドラフトのくじ運に加え、スカウトの眼力と努力でセ・リーグを圧倒し、球界を代表するエースはほとんどがパ・リーグに所属している。
飛ばないボールの採用により、今シーズンは両リーグのレベルが一段と開いた。

「人気のセ、実力のパ」から「人気も実力もパ」へ。

⇒2011年6月18日「AKB48の隆盛、浅田真央の奇跡、読売巨人軍の凋落」はこちら。

⇒2011年6月13日「原辰徳監督がサイン攻め…巨人軍はスター不在」はこちら。

とくに球界の盟主、読売巨人軍の落ちぶれ方がひどい。
そうしたなか、澤村拓一の入団と同時の活躍は久々に明るい話題である。
今年のルーキーでナンバーワンの実力者だ。
打線の援護に恵まれず、現時点で負け星が先行しているが、前評判どおりの投球を見せている。
新人で、防御率2.12は立派である。
勝つコツを覚えれば、彼の場合は楽に投げるコツを覚えれば、もともと体力は並外れていることもあり、勝ち星を伸ばしていくはずだ。

⇒2011年6月7日「澤村拓一の面構えとオーラ…真っ向勝負の魅力!」はこちら。

⇒2011年4月21日「澤村拓一、巨人黄金伝説の扉を開ける」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

北島康介と高橋大輔、五輪への思い再燃…現役続行

先だって、このブログ(ライブドア版)の読者がメッセージ機能を用い、丁寧な感想を寄せてくれた。
それが女性なので、私は余計にうれしい。
仕事で接することがほとんどない。
日本とくに日本企業は依然として「男社会」である。
私は筆箱(古い?)にラブレターを見つけた気分・・・。

以下に、その全文を紹介しよう。
実は、本人には木曜日のブログで取りあげると連絡を差しあげたが、私が仕事に忙殺されて今日にずれ込んだ。
お詫びしたい。

                       ◇

はじめまして。
いつも和田さんのブログを楽しみに読ませていただいています。
多岐にわたる好奇心と、それぞれの事象へのバランスのよい分析を読みたくて・・・。
また、今回はどんな分野の解析をされているのかとワクワクしながら開いています。

最近のブログで印象に残ったのは、少し前の東電だけが悪者になることへの違和感。
それと、北島康介選手のロンドン五輪挑戦の記事でした。

東電については、私の兄が同社の技術者として福島第一・第二原子力発電所(原発)の建設にかかわりました。
その後、廃棄物処理の先進国である南アフリカで視察中に交通事故に合い、亡くなっています。
東電原発事故への私の考えは身びいきからのものだと思っていました。
しかし、和田さんからも自分に近い意見をお聞きすることができ、溜飲を下げました。

東電(会社)の事後対応に関しては歯がゆい気持ちで見守っていますが、現場で命がけで処理に当たる方たちへは心からエールを送りたいと考えます。

そして、北島選手のこと。
私も彼の挑戦するまなざしに魅力を感じているのですが、もう一人注目しているのがフィギュアスケートの高橋大輔選手です。
以前、CSで二人が対談したとき、北島選手は高橋選手の活躍を見て五輪への思いを再燃させたと語っていました。
また、北島選手の金メダルを見た高橋選手が子どものように羨ましがっていたのが印象的でした。

先頃の世界フィギュアスケート選手権でのエッジ・アクシデントを受けてソチ五輪までの現役続行を表明した高橋選手。
私は、あのときの金メダルへの思いが再び植えつけられたのだと思いました。

バレエの熊川哲也さんとの対談では、同じけがをした人の言葉として、1年後もっと進化した自分がいるはずと言われていました。
そうした考えの土壌があり、世界選手権のアクシデントがきっかけとなって、ソチへの思いが芽生えたのだと思いました。

つねに原点から自分を進化させていく北島選手。
若手の台頭目覚ましい男子シングルであえて厳しい闘いに臨もうとしている高橋選手。
私はお二人から目が離せません。

はじめてのメールで長々と失礼しました。
これからも楽しみにしています。

                       ◇

以上。
心より感謝したい。

彼女の東電原発事故に関する思いは非常に複雑だ。

さて、文面から力量が伝わってくる。
こうした読者は、きのうのブログ「浅田真央の肉球、アメショーのトリプルアクセル」(ライブドア版)のようなタイトルに眉をしかめているのかもしれない。
正しくは、「アメショーの肉球、浅田真央のトリプルアクセル」。
が、そもそもタイトルになっていない。
皆さん、ごめんなさい・・・。

私はブログで幾度も述べているが、人の好き嫌いをなるべく表明しないように努めている。
「嫌い」と思った瞬間、その人のいいところまで見えなくなってしまうのが怖いし、またそれでは自分もつまらない。
どんな人にもいいところと悪いところがある。
逆に言えば、私は好き嫌いが極端に激しい。
自分への戒めである。

浅田真央とイチローは「畏敬」の対象である。
見ているとつらくなる。
でも、見てしまう。
二人はいまもがいている。
北島康介と王貞治は「尊敬」の対象である。
憧れの気持ちが混ざる。
高橋大輔は「親愛」の対象である。
要は、好きだ。
お気に入りなので、ブログでつい称賛してしまう。

私は彼らを応援している。
とくに現役続行を選んだ北島康介と高橋大輔を・・・。

ちなみに、長嶋茂雄は別格。
私の気持ちを表す言葉が見つからない。
多分に神格化されているが、でなければ戦後最大のヒーローは生まれなかった。
スーパースターとは、そういうもの。
長嶋茂雄は選手時代から監督時代まで、つねに突き抜けた存在だった。

NHK朝の連続テレビ小説(朝ドラ)は半世紀の節目を迎えた。
現在、井上真央主演の「おひさま」が放送されている。
戦後の世相を明るく照らし出したのが、長嶋茂雄という太陽(おひさま)だった。
まぶしかった。

話を戻して・・・。
私は女性読者からお褒めの言葉をいただいたものの、年明け以降、なかでも1〜2カ月はブログにエネルギーを割けない。
もともと「分析」は得意でないが、ましていまは「解析」と呼べるレベルにまったく達していない。

昨今の政治の混迷と政治家の堕落、東日本大震災後の復興、エネルギー政策の見直しなど、社会的な関心事項について私なりに思うところがないわけでない。
しかし、ブログで取りあげるには、それなりに考える時間が必要であり、現状では不可能である。

私は来月還暦を迎え、それ以降を「サードキャリア」と位置づけている。
数年がかりで準備もいくらか重ねてきた。
今年度の下期以降、新テーマの講演やセミナー、研修が徐々にデビューする。
また、来年度以降、それらが急速に広まっていくと思われる(希望的観測)。

多忙な状態は現役を引退するまで続くはずだが、とくに2012年3月までがコンテンツ作成のピークとなる。
長丁場だ。
すでに素材はおおよそ揃っており、おもに編集と加工によりブラッシュアップを図る。
が、何事も“仕上げ”が一番大変である。
マラソンにたとえれば35キロメートル地点を過ぎて上り坂に差しかかる辺り。
登山なら胸突き八丁。

ここでの頑張り次第で、講演やセミナーの出来が極端に左右される。
講師自らが苦闘を乗り越えてこそ、参加者(受講者)や主催者(事務局)に大きな満足を与えられる。
私は、なるべく感動を与えたいと欲張っている。

                       ◇

余談。
現役復帰後のクルム伊達公子は心の底からテニスを楽しんでいる。
試合に出場できること自体がうれしそう。
それが表情にも全身にも、インタビューなどの言葉にもはっきりと表れている。

こうした心境にたどり着くまで、選手として人間としてどれほどの苦難を味わってきたのだろう。
私は、クルム伊達公子に突き抜けたすがすがしさを感じる。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

セールストークセミナー…顧客納得・売上激増!

私は先日、年間2千本前後を手がける最大手クラスのビジネスセミナー会社で、90分の講演を行った。
主催は三井住友銀行系列のシンクタンク、SMBCコンサルティング。
そして、事務局が仰天する、高い内容評価をいただいた。
参加者のアンケートに目を通す、担当者(部長)の手が震えている。

その場で即座に今年度下期の追加講演が決定。
それも一挙に3時間講演10本(10回)の緊急開催!
今度は私の心が震えている。
感謝の気持ちで一杯だ。

講演のコンテンツのつくり込みに不眠不休で取り組み、膨大なエネルギーを注いだ甲斐があった。
途中、極度の疲労と睡眠不足で何回も意識を失いそうになった。
それを乗り越えてテキストを完成させた。

下期にかけ、再び滅茶苦茶忙しくなりそう。
非常にうれしい悲鳴!
参加者が名刺交換に押しかけ、そして満面の笑みで帰っていく。
皆、知的興奮を覚えたようだ。

私にとり最高・最良の一日となった。
なお、テーマは以下のとおり。

売上激増の“真逆話法”を懇切指導!
顧客がうなずくセールストークのポイント
相手の心をかならずとらえる鉄則と条件とは?

本来は公開セミナーや企業研修のテーマだ。
しかし、時間がわずか90分なので、売れない時代における営業話法の根幹となる思想と姿勢、そしてセールストークのセオリーを述べるのが精一杯。
ゆえに、講演のスタイルになった。
私は機関銃のように話し、酸欠で数回、軽い目まいを起こした。

この「真逆話法」は公開セミナーでも3時間、できれば1日ほしい。
企業研修なら、実際のセールストークの作成と訓練を行う。
ワークショップとロールプレーが必須なので、丸1日。

売れない時代に売るセールストークの要諦を身につけていただく。
衝撃と気づきの連続、目からウロコの講義内容である。
従来(売れる時代)のセールストークを全否定している。
つまり、営業話法を得意とするプロ講師や社内インストラクターの教えを全否定している。

私が言いたいことは一つ、そのセールストークでは不況期に苦しむ。
売れないときに売ることが、会社と自分を守るうえで重要になる。

                       ◇

私が指導するこのセールストークはリレーション系の営業活動でとりわけ有効である。
顧客が法人はもちろん、「個人」にも応用が効く。
例えば、一戸建てやマンションなどの住宅・リフォーム・家財、クルマ、生命保険…。
さらに、学習塾や家庭教師、英会話や自己啓発などの教育、リゾートなどの会員権…。

また、営業活動に留まらず、「店頭販売」でのセールストークに使える。
高額商品ほど有効になるが、宝飾品、洋服・呉服、化粧品、インテリア、食器、美術品…。
カテゴリーを問わず、有名ブランド全般。
威力は絶大!

なお、百貨店の個人外商・法人外商の営業担当者もぜひ知っておきたい。

低迷期に「真逆話法」は真価と威力を発揮する。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

浅田真央の肉球、アメショーのトリプルアクセル

私が講演などの長期出張から戻って真っ先に行うのは、自室のフウ(アメリカンショートヘア♀)への挨拶。
本人は私に探してほしいらしく、ベッドの向こうに隠れていたりする。
かわいい・・・。

私は見つけ出し、フウの手(前足)の匂いをかぐ。
いわゆる「肉球」。
我が家に戻ってきたという実感を持てる。
これを「変態行為」と思う人は、猫好きでない。
また、猫が心を許した飼い主に見せるおなかは感触といい、匂いといい、形容しがたい安ど感が得られる。

                       ◇

私は倒れ込むように眠ったと思ったら、4時ジャストに目が覚めた。
このところ目が回る忙しさ。
睡眠時間が極端に少ない戦闘モードがずっと続いている。
気が張り詰めているせいか、何とか持ち堪えている。
いつか反動がどかーんと出るのでないかと正直、心配・・・。
自分でも恐ろしいくらい、仕事に集中できている。

ただし、ブログに時間をまったく割けない。
心の余裕がないのだ。

                       ◇

ところで、浅田真央は2011年〜2012年シーズンへ向けて準備にかかっているはずだ。
それどころか練習を再開しているかもしれない。
昨シーズンから取り組んでいるスケーティングとジャンプの見直しとレベルアップは順調に進んでいる?
世界フィギュアスケート選手権モスクワ大会での惨敗を受け、浅田真央が得点源として代名詞の3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)に、主流の2連続3回転ジャンプを加えるとの報道に接した。
トリプルアクセルはほとんど成功しておらず、主要大会ではプログラムにとても組み込めない。

安藤美姫、高橋大輔、小塚崇彦ら一流選手に、オフはほとんどないのだろう。
世界の舞台で戦うことは大変である。

以下に、「荒川静香と浅田真央、天才少女の重圧と低迷」と題する2011年5月5日のブログを収める。

                      ◇◆◇

世界フィギュアスケート選手権2011。
ロシア大会の放送を行ったフジテレビのスタジオ解説を務めたのが2006年トリノ冬季五輪(オリンピック)金メダリストの荒川静香だった。
いまは華やかなアイスショーに活躍の舞台を移している。

男女を通じ、日本のフィギュアスケート界に最初の栄冠をもたらした。
国民人気をさらに高め、フィギュア王国を築くうえで彼女が果たした貢献は絶大だった。
歴史に名を刻んだ。

1998年長野冬季五輪(オリンピック)で初出場を果たしながらも、満足のいく結果を得られなかった。
女子は1枠であり、16歳の彼女にどれほどの重圧がかかっただろう。
まして、ファンの期待が爆発する自国開催。
逃げ出したかったかもしれない。
16歳といえば、いまの村上佳菜子と同じ。
このシーズンの世界フィギュアスケート選手権も1枠だった。
3枠が当たり前のように感じる現在と状況がまったく違う。

それが尾を引いたのか、荒川静香は低迷が続く。
2002年ソルトレイクシティ冬季五輪(オリンピック)では出場さえできなかった。
気持ちを立て直せなかったのだ。
2004年世界フィギュアスケート選手権で日本人として10年ぶり3人目の優勝を果たした。
このときに用いたのが、例の「トゥーランドット」。
その後もいま一つ調子が上がらなかったが、トリノオリンピックの最後(3人目)の切符を全日本フィギュアスケート選手権でつかんだ。

荒川静香は2回目のオリンピック出場では開き直り、楽しく参加することを大切にして勝利を収めた。
24歳は五輪女子フィギュア史上最年長の記録。
昨今は10代が中心である。
日本の頂点も凄いが、世界の頂点に立つというのは、どういう感覚か。
おそらく苦しみ抜いて栄冠をつかんだ選手にしか分からない。
4年間に世界にただ一人。
荒川静香は以前から競技よりもショーのほうに魅力を感じると話していた。
即、プロ転向。

韓国のキム・ヨナ(金妍児)も苦しみ抜いて2010年バンクーバー冬季五輪(オリンピック)で勝利を収めた。
1年ぶりの国際試合復帰となった2011年世界フィギュアスケート選手権ロシア大会の表彰台で流した涙がそれを物語っていた。

日本のフィギュアスケート界ではだれも金メダリストの荒川静香に並んでいない。
実は、アジア選手でも初めてだった。
あまりにも偉大な功績である。

以下に、「浅田真央と荒川静香、金メダルの苦闘」と題する2010年2月24日のブログを収める。

                      ◇◆◇

バンクーバー冬季五輪(オリンピック)は終盤に差しかかった。
フィギュアスケート女子シングルが始まる。
きょうがショートプログラム(SP)、あすがフリー。
日本人の注目が一番高い種目だろう。
2006年トリノ五輪で唯一のメダルが、女子フィギュアでの荒川静香(あらかわ・しずか)の金メダルだった。

私は先日、NHK「スポーツ大陸」を見た。
例により、ながら視聴。
日本経済新聞のテレビ欄に、「荒川静香 前年9位からの大逆転 栄光を生んだ選択とは」と記されていた。
インターネットで調べたら、過去の番組の再放送だった。
「大逆転スペシャル 栄光への選択 〜トリノ五輪 荒川静香〜」。
日本人初の金メダルを獲得した荒川静香。
確かに奇跡だったが、まぐれでなかった。
番組では、会心の勝利へ向けた苦悩と苦闘の足跡を紹介していた。

天才少女と称され、1998年長野五輪に16歳で初出場を果たした。
その後は明確な目標を持てず、2002年ソルトレイクシティ五輪は出場を逃した。
2004年世界選手権で優勝し、才能が開花した。
が、採点方法の変更も影響してか、2005年世界選手権は9位に終わった。
何とかトリノ五輪の日本代表の座を手にしたが、荒川静香が目指したのは“勝利”でなかった。

「自分の最高の演技をたくさんの人の記憶に残したい」。
荒川静香は大会直前に非常識な決断を行った。
コーチと曲を変更し、得点につながらないイナバウアーを組み込んだ。
なるほど、私はこれで謎が解けた。
日本経済新聞でスポーツ評論家が荒川静香を問題外と酷評していた。

本番では、ショートプログラム3位。
が、完璧なフリーで、大本命とされたロシアのイリーナ・スルツカヤを圧倒した。
ショートプログラムとフリーで自己ベストを更新。
当然、合計でも…。
大逆転で栄冠をつかんだ。

私は番組を通じ、荒川静香が五輪参加に「価値」を見出せなかったと知り、仰天した。
同時に、納得した。
プロフィギュアスケーターとしてやっていくには、デビューのきっかけが必要だ。
それが五輪でのメダル、なかでも金メダル。
彼女は競技でなく演技を究めたかったのだ。
それゆえ、技術と表現のはざまで葛藤した。

このブログで幾度か述べたが、荒川静香は五輪史上もっともエレガントなスケーティングを見せた。
芸術性はともかく、「優雅さ」ではカタリナ・ヴィットを凌ぐ。
私は「美しさ」という言葉を用いたいのだが、美とは何かという話になるとややこしい。
とりわけ驚嘆したのは、平板になりがちな“つなぎ”のスケーティングの豊かな表現力であり、突出した美しさである。
私は感動した。

五輪会場が熱狂に包まれるにつれ、荒川静香のフリーの演技は冴えわたっていった。
リンクで滑るのは、選手でなくアーティスト。
彼女は自らの願望に従い、ライバルと戦うのでなく、大勢に魅せた。

荒川静香にとり、オリンピックでの金メダルは目的でなく手段にすぎなかった。
目指すは、皆に喜んでもらうこと。
が、結局、自分のために滑った。
それが言いすぎなら、自分の夢を叶えるために滑った。

荒川静香はトリノ五輪の前から「引退」を決めていたのだ。
国民の興奮が冷めやらぬなか、やけにあっさりと表明したと思ったら…。
五輪に何の未練もないのだ。
彼女は競技でなく演技の世界で生きたかった。
栄冠を手みやげにプロへ転向した。
そう、金メダルはゴールでなくスタート!

荒川静香は、日本人の感性では理解しがたいところがある。
「自我と自由」を大事にしているからだ。
そして、それを貫く。
大衆人気がいま一つの最大の理由では…。

                       ◇

やはり先日、私はNHKスペシャル「浅田真央 金メダルへの闘い」を見た。
浅田真央(あさだ・まお)は、勝負のカギとなるフリーで、タチアナ・タラソワコーチと五輪の頂点に立つために磨き上げてきたプログラムを披露する。
可憐なイメージを脱ぎ捨て、ラフマニノフの荘厳な前奏曲「鐘(かね)」の曲調に合わせた表情と表現を打ち出すとか…。
こちらも賭けである。

本大会で日本勢はメダルを獲っているが、「金」はゼロ(2月23日午後9時現在)。
国民が無条件で熱狂するのは金メダルだ。
浅田真央はその期待を一身に背負い、本番のリンクに立つ。

私は、まずは自分のために大舞台での滑りを存分に楽しんでもらいたい。
結果は、後からついてこよう。

NHKスペシャル「浅田真央 金メダルへの闘い」に関するブログは以下のとおり。

⇒2010年2月21日「浅田真央、金メダル極秘練習全記録…NHKスペシャル」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

井上真央、迷いを引きずった演技、おひさまに疑問

井上真央がヒロイン・須藤陽子を演じるNHK朝の連続テレビ小説「おひさま」。
第1週で最高視聴率が20パーセントを超え、きわめて好調な滑り出し。
なぜかチャンネルを合わせてしまう、したたかなつくりである。

私は当初、「おひさま」を気にかけていた。
しかし、仕事が立て込んできて、しばらくご無沙汰している。
その後ストーリーがどう展開したか気になっているが、テレビを見ることはおろか聞くこともできない。
戦局がかなり険しくなっているのでなかろうか・・・。

月曜日に久し振りに「おひさま」に触れた。
すると、昭和20年3月。
何とまもなく終戦を迎える。
進行が速い。
国民は疲弊し困窮していた。
農家でさえろくに食べられない。
陽子が嫁いだ松本のそば屋もそば粉が入らず、客もおらず、休業に追い込まれていた。
大衆はうすうす敗戦を感じていた?
現在の陽子は井上真央の実年齢(24歳)と同じくらいか。

「おひさま」の脚本を手がけた岡田惠和が言うとおり、人々は戦時下でも暮らしていたのは事実である。
まして、ヒロインは「太陽の陽子」だ。
しかし、戦争の影響が家族の一人ひとり、生活の隅々にまで深く及んでいたのも確かであり、朝ドラとしてどこまで描くかが難しい。
シナリオに対し、おもに高齢の視聴者から踏み込みが浅いといった批判が出ているのでなかろうか。
それを描くのが趣旨でないとしても、私はこれでいいのかといくらか疑問を感じた。
よくできたホームドラマというのは認めるが・・・。

ところで、井上真央は子役時代を含めて女優として豊富な経験と実績を持つのに、迷いを引きずったまま演技を行っていることがある。
それが何ともいえない魅力になっている。
誠実な役者なのだ。
井上真央は戦時下の陽子をどう演じるか、台詞(せりふ)が与えられていないだけに、悩んでいるのかもしれない。
演出からの要求はあるにしろ、脚本にないところをお茶の間にどう伝えようかと・・・。
内面の陽子と幾度も対話しているはずだ。

私よりも井上真央のほうが脚本に疑問を感じているということはないと思う。
当時、戦争への本音はだれも口に出せなかった。

「おひさま」は現時点で平均視聴率が18パーセントを超えている可能性がある。
近年の朝ドラとしてはおそらくもっとも高い。
出演者もスタッフも頑張っているが、やはり脚本と主演がいいからだろう。

なお、「おひさま」の高視聴率に水を差すわけでないが、民放が経営難から制作費のかさむドラマをつくれなくなったことも、朝ドラ復活の要因でなかろうか。

                      ◇◆◇

NHK朝の連続テレビ小説「おひさま」とヒロイン・井上真央などに関するブログは以下のとおり。

⇒2011年6月6日「井上真央、おひさまの陽子、八日目の蝉の恵理菜」はこちら。

⇒2011年5月24日「井上真央は演技に集中していない…おひさまヒロイン」はこちら。

⇒2011年5月21日「斉藤由貴のやかましさ、若尾文子のあでやかさ…おひさま」はこちら。

⇒2011年5月10日「おひさま感想…井上真央の演技、岡田惠和の脚本」はこちら。

⇒2011年5月9日「おひさまオープニング、視聴率を捨てる心地よさ」はこちら。

⇒2011年5月8日「おひさま、てっぱん、ゲゲゲの女房の視聴率比較」はこちら。

⇒2011年5月7日「井上真央と若尾文子、二人の須藤陽子の演技」はこちら。

⇒2011年5月4日「井上真央・おひさま、セーラー服と庶民顔」はこちら。

⇒2011年4月16日「井上真央おひさまの安全運転…朝ドラ視聴率低下」はこちら。

⇒2011年4月11日「おひさま陽子…伊那中・西駒登山、直小・妙高登山」はこちら。

⇒2011年4月9日「井上真央、謎めいた内面…おひさまヒロイン」はこちら。

⇒2011年4月8日「瀧本美織がおひさまヒロインを演じたら・・・」はこちら。

⇒2011年4月7日「八木優希のおかっぱ頭…おひさま陽子の子役」はこちら。

⇒2011年4月5日「おひさまの舞台、安曇野の自然の美しさ」はこちら。

⇒2011年4月4日「井上真央・おひさま、日本を明るく照らす」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

浅田真央、看板を引っ込める勇気…トリプルアクセル

私は土曜日と日曜日、睡眠を忘れ、新講演のコンテンツの仕上げに没頭した。
正確に言えば、時間が切迫し、そうしなければ間に合わなかった。
ここしばらく、デスクワークを行える日は正味で20時間ほど頑張ってきた。
昨夜9時過ぎ、胸突き八丁を乗り切った。
テキストがいい感じになり、うれしかった。
マラソンにたとえれば、39キロメートル地点に差しかかった。

11時頃から今朝にかけて追い込み。
さすがに、頭というよりも意識がもうろうとした。
完了したわけでないが、一応のメドはつけられた。
疲労と眠気との格闘だった。
この過程が職業講師としての自信の背景になる。
新しいテーマ(演題)を披露するには避けて通れない。

私はブログに時間を割けない状態が続く・・・。

以下に、「浅田真央、世界で勝つ判断と作戦…佐藤信夫コーチ」と題する2011年5月1日のブログを収める。

                      ◇◆◇

世界フィギュアスケート選手権2011(ロシア大会)。
たったいま女子シングルが終わった。
今季絶好調の安藤美姫が得意のフリーで、SP1位の韓国のキム・ヨナ(金妍児)を逆転し、2007年の東京大会以来4年ぶりに「世界女王」の座に返り咲いた。

⇒2011年4月30日「安藤美姫、逆転世界女王!…審査員の粋な計らい」はこちら。

世界フィギュア優勝2度は浅田真央と並んで日本人最多である。
気づけば、安藤美姫はベテラン選手になっていた。
低迷期が長かった・・・。

⇒2011年4月29日「浅田真央の連覇か安藤美姫の返り咲きか…世界女王」はこちら。

世界フィギュアは今夜、メダリストなど5位以内(おそらく)の選手によるエキシビションで華やかにフィナーレを飾る。
日本勢では金メダルの安藤美姫、銀メダルの小塚崇彦、5位の高橋大輔の3選手が登場する(不確か)。

⇒2011年4月27日「小塚崇彦、金メダルへの距離…世界選手権」はこちら。

⇒2010年12月28日「安藤美姫と高橋大輔…ぶっちぎりエキシビション」はこちら。

私はなかでも高橋大輔の演技が楽しみだ。
フリースケーティングでは、勝負をかけた冒頭の4回転ジャンプでエッジが外れるアクシデントに見舞われた。
この瞬間、現役続行が決まった。
さらに、2014年ソチ冬季五輪(オリンピック)への挑戦が始まった。
悔しいけれど、うれしい。

⇒2011年4月28日「高橋大輔、世界フィギュア優勝へのスイッチ」はこちら。

次のブログに、私の高橋大輔に対する思いの丈(たけ)をつづった。
しかも、ラブ注入モード!

⇒2011年4月26日「高橋大輔は2位じゃダメなんでしょうか」はこちら。

私は浅田真央の姿が見られないエキシビションがとてもさみしい。
6位は出場できない。
が、浅田真央は日本フィギュアスケート界の至宝。
もともと東京大会が「東日本大震災」の発生によりロシア大会に延期・変更された。
ロシア政府からISU(国際スケート連盟)に配慮が要請されている?
エキシビションで見せる浅田真央の明るい笑顔と美しい舞は被災者と日本人を勇気づける。

⇒2011年4月17日「斎藤佑樹のハラハラ、浅田真央のドキドキ…日本の至宝」はこちら。

                       ◇

世界フィギュア女子シングルのフリー。

最終組の一つ前の組の滑走。
SP10位の村上佳菜子は開き直りが出たのか、元気な滑りでシニアデビューの今季を締めくくった。
持てる力を出し切ったのでないか。
途中、トリプルフリップが1回転になった。
私はジャンプ全般に着氷の姿勢がいくらか気になった。
8位。
「滑りが幼稚だと思う…」と、自分に手厳しい。
16歳と思えない。
来季の成長が楽しみだ。

⇒2011年4月25日「村上佳菜子はひょっとして…世界フィギュア」はこちら。

中京高校の後輩の演技の直後。
SP7位、前回優勝の浅田真央は深呼吸をしてから演技を始めた。
冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決めたかに見えたが、回転不足でダブルアクセル(2回転半)と判定された。
途中のジャンプも足を着いたり、タイミングがつかめなかったり、不調・・・。
得点源がこれでは勝てない。
6位。
世界フィギュアにおける自己最低の順位。

⇒2010年12月1日「浅田真央はソチ仕様に工事中、勝てなくて当然」はこちら。

演技直後のインタビューでは、苦難の今季から解放されたせいか、ほっとした感じが伝わってきた。
お疲れさま・・・。
私は、来季も棒に振るくらいの覚悟で2014年ソチ冬季五輪(オリンピック)を睨んだ修正(矯正)に取り組んでほしい。
中途半端で終わらせないことだ。
彼女の才能と力量からすれば、再来季に本調子になっていればオリンピックに十分に間に合う。

⇒2011年3月6日「浅田真央は2位じゃダメなんでしょうか」はこちら。

私はフィギュアスケートに打ち込む浅田真央に感服する。
おそらく名伯楽・佐藤信夫コーチもそうだ。
ゆえに、遠慮が生まれる。
私は、浅田真央の「こだわり」が分からないわけでない。
そうしたものを持っているからこそ一流になれる。
浅田真央にとり、例えば「トリプルアクセル」。
しかし、そのときどきの自分の調子に応じ、大舞台で勝つための判断を下し、作戦を取ることも大事だろう。
そうでなくては、こだわりでなく、単なる「とらわれ」になってしまう。
世界一の座につくうえで、浅田真央は頭と心の柔軟性がほしい。
佐藤信夫コーチの助言を噛み締めよ。

⇒2010年11月25日「浅田真央を引き受けた佐藤信夫コーチの胸中」はこちら。

マスコミ報道などでトリプルアクセルは浅田真央の“代名詞”とされるが、今季を見るかぎりはほぼ壊滅だ。
心中状態・・・。
練習でほとんど決められなかったら、本番でやるべきでない。
なぜなら、自分を窮地に追い詰め、立ち直りを遅らせる悪循環に陥る。
それは挑戦でなく、単なる「無謀」。

浅田真央はときに“看板”を引っ込める冷静さ、そして勇気が必要だ。

私は、彼女が競技者である以上、独自性の追求に加え、主流の2連続3回転ジャンプに目を向けてほしい。
それ自体はありふれていても、前後の流れ(滑りと動き)を含めて他選手の追随を許さないクオリティに磨き上げたらよい。
有力な得点源が2つあって悪いはずがない。
ほかの連続ジャンプも精度が高まるかもしれない。
大会前のゆとりだって違う。

⇒2010年11月29日「浅田真央、ジャンプの修正か改造かの判断」はこちら。

今大会の浅田真央は気の毒なほどやせ細っていた。
はっきり言って、戦える状態でなかった。
世界女王防衛へ、想像を絶する重圧がかかっていたのだろう。
私は痛ましくなった。
しばらく心と体を休めながら今季を客観的に振り返ってほしい。
が、最大のスター(ヒロイン)ゆえにオフシーズンは実質ないのか・・・。

⇒2010年11月27日「浅田真央、得意なジャンプが壊れる恐怖」はこちら。

次のブログに、私の浅田真央に対する敬愛と畏敬の念をつづった。

⇒2011年4月27日「浅田真央の純粋な狂気に学ぶ…プロ講師の心得」はこちら。

最終組の1番目。
SP2位の安藤美姫は冒頭の連続ジャンプ、3回転ルッツ−2回転ループを決めた。
途中、2回転半−3回転の連続ジャンプは後ろが回転不足となった。
このほかは無難にまとめた。
1位。

⇒2011年1月20日「安藤美姫に乗り移る金・荒川静香の優雅」はこちら。

安藤美姫は最初の登場に苦手意識を持っているせいか、今季フリーでほぼ完ぺきなジャンプが珍しく乱れた。
シーズンを通じて絶好調を維持するのは至難だ。
会心の出来とはいえない。
それでも、今季は6試合すべてでフリー1位となり、キム・ヨナとの頂上決戦を制した。
「強い気持ちでリンクに立てた」。
「きょうの結果は、神様がくれたご褒美」。
安藤美姫の思いは被災者に、そして日本人に届いた。
おめでとう!
来季も日本女子を引っ張る存在になるだろう。
世界フィギュア2連覇を狙ってほしい。

⇒2011年4月29日「安藤美姫、世界女王へガッツポーズの品格」はこちら。

SP1位、五輪女王、韓国のキム・ヨナはSPで失敗した冒頭の2連続3回転ジャンプは決めた。
しかし、続く連続ジャンプ、途中の3回転フリップでミスを犯した。
2位。
キム・ヨナは試合勘がなまっていたのだろう。
ブランクの影響が出て、頂点を逃した。

⇒2011年4月23日「キム・ヨナの恩返しと現役引退…世界フィギュア」はこちら。

キム・ヨナにプレッシャーをかけたのは安藤美姫の後、自分の前に滑ったロシアのアレーナ・レオノワだった?
ソチオリンピックの注目株、20歳。
会場がスタンディングオベーションで盛り上がった。
その余韻が残るなか、キム・ヨナはやりにくかったろう。

キム・ヨナは敗れた。
とはいえ高得点、僅差の銀メダルである。
本調子に遠いはずだ。
氷上で女優がバレリーナのように舞う趣・・・。
表現力とスケーティングは見事!
これで本来のジャンプを取り戻すと、手がつけられない。

私は、世界フィギュアでキム・ヨナの強さを改めて思い知らされた。
正直に言うと、いきなり大舞台に現れて表彰台はのぼれないと考えていた。
キム・ヨナはこれからも女子シングルの頂点にそびえる。
高い壁を乗り越えるのは容易でない。

⇒2011年4月24日「世界女王・真央と五輪女王・ヨナ、プライド激突!」はこちら。

キム・ヨナが表彰台で流した涙は美しかった。
悔し涙でない。
嬉し涙でない。
オリンピックで栄冠をつかんだ後の虚脱感に苦しんだ今季を振り返っていた。
おそらく現役引退を含めて揺れつづけた。
なのに世界フィギュアに戻ってこられた。
その感動の涙である。

3位は、イタリアのカロリーナ・コストナー。
4位は、ロシアのアレーナ・レオノワ。
5位は、アメリカのアリッサ・シズニー。

フィギュアスケートの今シーズンは1カ月遅れで終了。
選手は休む間もなく来シーズンのプログラムづくりに取りかかる?

⇒2011年2月6日「浅田真央、バレエ転向の噂…ストナリニ選手権後」はこちら。

◆書き加え1(5月1日)

たったいま世界フィギュアのエキシビションが終わった。
浅田真央は出場できなかった。
滑って当然という存在なので、欠落感が大きい。
私はがっかり・・・。

エキシビションは、選手は試合の緊張感から解き放たれ、自由奔放に滑る。
得点を稼ぐために技術に重きを置かざるをえない本番とは違ったエンターテイメントの側面がクローズアップされる。
演出や振り付けに工夫を凝らした演技が観衆を楽しませ和ませる。

高橋大輔は素晴らしかったなぁ・・・。
演技後に「世界フィギュアで惨敗してすっきりした」と語った。
現役引退か、現役続行か、迷いが吹っ切れたのだ。

⇒2011年4月28日「高橋大輔、世界フィギュア優勝へのスイッチ」はこちら。

安藤美姫はしっとりと情感豊かに舞った。
演技ということを忘れさせるほど、音楽と滑りが一体化している。
何と優雅で美しい。
私はただただ感動・・・。

二人のベテランの演技は完成度が高い。
現時点で世界一と確信した。
幸い、両名はソチオリンピックを目指すと明言した。

私は、ショーマンシップとホスピタリティに満ちた世界を堪能した。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

宮城愛・ハレルヤ、命をつなぐ山の歌姫…徳島・神山

私は先ごろ始めたFacebookの友達から徳島・山の歌姫「宮城愛」というシンガーソングライターを教えられた。
徳島県名西郡神山町に住まう。

至ってオーソドックスなギターの弾き語り。
私は音楽にうとく、ジャンルが分からない。
30年以上前に親しんだフォークのようでもある。

楽曲は、神山の自然とそれに包まれた暮らしのなかから紡ぎ出される。
大きな愛と深い感謝の気持ちがゆったりと流れている。
地球に生きるすべての命をおおらかにつなぐ。
さらっとした歌唱なのだが、情感が溢れ、メッセージ性も強い。

宮城愛は、澄みきるというよりも澄みわたる歌声であり、世界観というか宇宙観が醸し出されている。
それは彼女の存在の根っこだろう。
静かに聴き入るうちに、身も心も癒やされていく。
温かく、優しく、どこか懐かしい・・・。

私がユーチューブで最初に接したのは、「ハレルヤ」。
これが撮影されたときは高校3年生か(不確か)。
年齢不相応といっていいほど、落ち着いている。
人に聴かせようという力みがまったく感じられない。
その必要がないからだ。

宮城愛「ハレルヤ」はこちら。



顔がアップで映っている動画があった。
私は曲名が分からない。

宮城愛「EarthdayKamiyama2010.wmv」はこちら。



宮城愛はとてもチャーミングである。
目や口など、実に表情が豊かだ。
山あいの田舎で歌う彼女は、現代性や都会性を備えている。
洗練された印象を受けるのは、非常に聡明なせいだ。
が、あくまで素朴であり純朴である。

また、宮城愛は歯が特徴的だ。
やや大きく、いくらか出ており、それが彼女の声を遠く広く響かせる。
真っ白で丈夫そうな歯が、彼女の清潔感と健康性、生命力を際立たせる。

宮城愛は大勢を惹きつける魅力を持つ。
すでにオーラを放っている。
天性のものだ。
歌からも、そして佇まいからも、不思議な波動が伝わってくる。
これから楽しみ。

山の歌姫(うたひめ)か、山の歌神(かしん)か。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

AKB48の隆盛、浅田真央の奇跡、読売巨人軍の凋落

先日のブログ「原辰徳監督がサイン攻め…巨人軍はスター不在」についてFacebookにコメントが寄せられた。
私がお世話になった知人である。

⇒2011年6月13日「原辰徳監督がサイン攻め…巨人軍はスター不在」はこちら。

「スポーツといえば、野球しかなかった時代を背景として国民的スターが成立したのかと・・・。
AKB48などを見ても、物語を自らつくり出せるほどの力はなく、ファンとの絶え間ない交流でブランドを構築してゆくようです。」。

まったく同感。
私は、スターのオーラはファンのボリュームに正比例すると考えている。
スターは、ファンが多いほど、輝きが増す。
それが彼らの誇りと自信の背景であり、源泉である。
これについては、木村拓哉と石原裕次郎に関するブログで述べたことがある。

⇒2009年12月5日「スターと役者…木村拓哉に思う」はこちら。

⇒2009年12月6日「石原裕次郎と木村拓哉、孤独の宿命」はこちら。

⇒2009年11月28日「木村拓也と木村拓哉の名言に感動!」はこちら。

今は娯楽と嗜好が多様になり、しかもそれぞれの領域でタレントやアスリートが次々と登場し、国民的なスターが生まれる土壌がなくなった。
つまり、成立しない。
プロ野球とて同様だ。

また、読売巨人軍(ジャイアンツ)に関しては、昔は“アンチ”を含めてプロ野球ファンの多くが巨人ファンだった。
しかし、永久に不滅と思われた巨人人気があっけなく崩れた。
球団運営の傲慢と失態もたたった。
もはや球界の盟主でない。
ファンがセ・パ両リーグの12チームに等分されつつある。
プロ野球の長期かつ健全な発展のためには望ましい。

これにはプロサッカーのJリーグの発足と成功も大きく影響している。
地域密着のファン形成、チーム応援がすっかり定着した。

それとつながるが、ファンのなかでスターの位置づけが変化した。
間接的なメディアを通じて遠くから憧れる存在でなく、直接的なメディア(例えば、ステージやパーティなどのイベント)を通じてナマで触れる存在。
そうでないと納得しない。
一人のスターが抱えられるファンの人数は限られてしまう。
彼らのオーラはファンのボリュームに左右されるので、スターはおのずと“小粒”になる。
時代の流れだ。

私が応援するフィギュアスケート女子の浅田真央は近年まれな国民的なスターである。
彼女は「化け物」だと思うが、ファンに叱られるので「奇跡」と呼ぶことにする。
私のなかで長嶋茂雄と浅田真央は別格。
好き嫌いの次元を超越した存在といえる。
ともにB型。

⇒2009年9月25日「ONの時代…両雄並び立つ奇跡!」はこちら。

なお、隆盛の「AKB48」については1年程前に書きかけた記事があり、それを仕上げて近日中にアップしようと思っている。
が、時間を割けるかどうか・・・。

秋元康は大昔にスターとファンの関係の変化に気づき、しかもそれをいち早くビジネスとして開花させた。
例えば、「おニャン子クラブ」。
こちらは「妖怪」である。

秋元康の名言と人生「人生には好きなことしかやる時間がない。」はこちら。

秋元康の名言と人生「期待よりは責任を意識するようになった。」はこちら。

秋元康の名言と人生「魚でなく釣りざおを与えよ。」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

地獄の沙汰も金次第…ことわざの意味と由来

私は非常に怠惰であり、非常に呑気である。
「地獄の沙汰も金次第」。
だらだらしているとき、この言葉が浮かぶと、身が引き締まる。
頑張って働くしかないと・・・。
生きることの厳しさを私に諭しているかのようだ。

私はカネに無頓着であり、生活設計と無縁である。

「地獄の沙汰も金次第」。
意味は、「世の中、カネさえあればどうにでもなる」。
由来は、「地獄の裁きでさえカネ次第でどうにでもなる」。

俗諺(通俗なことわざ)だろうが、きわめて深い。
社会の残酷、人生の不条理を見事に言い表している。
人類が貨幣を発明して以来、だれもそれから逃れられなくなった。
カネとまったく関わらずに生きることは不可能に近い。
私たちの宿命というか、浮き世の性(さが)のようなものを感じさせられる。

また、私には怠けること、緩むことを戒めているように思える。
閻魔様(閻魔大王)の恐ろしい形相が迫ってくる言葉だ。

◆書き加え1(6月18日)

「おまえは行いも稼ぎも悪いから地獄へ落ちろ」と言われているようで、私は真っ当に生きなければ、真っ当に働かなければと思ってしまう。
両親から閻魔大王の怖さを聞かされて育った。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

ヘイリー・ウェステンラ、ボチェッリとデュエット

私の「Vivo Per Lei…ボチェッリ&ジュディ・ワイス」に関するブログにメッセージが寄せられた。
以下に紹介しよう。

突然ですが、ジュディ・ワイスも素晴らしいですが、ヘイリー・ウェステンラも大好きです。
多分聴かれたことはあると思いますが、フィギュアスケートの女性がウインクするところも気に入っています。
一番は好みによると思いますが、ベスト3位に入るのでないかと思い、メッセージを送らせていただきました。
大変失礼いたしました。

以上。
私は音楽の素人であり、自分が好きな順番を述べたにすぎない。
それ以前に、ジュディ・ワイスの魅力にノックアウトされた。
セクシーで、ぞくぞくする。
このブログは不純である。
きゃ〜。

アンドレア・ボチェッリはデュエットの達人であり、その効果を考えたうえで相手を選んでいる。
「Vivo Per Lei」についても同様で、どのコンビネーションもそれなりに素晴らしい。
メッセージの送信者の気持ちはよく分かる。

単独の歌唱力という観点では、ヘイリー・ウェステンラは二人より上かもしれない。
アイスリンクなので声が響く。
また、曲の途中で幾度もアイスダンサーに拍手が起こる。
顔に見覚えがあるが、私の勘違い?

「Andrea Bocelli & Hayley Westenra ―― Vivo Per Lei」はこちら。



コンサートとアイスショーの融合。
とても楽しい。
アクセスは1千万を超えている。

「Andrea Bocelli ft. Giorgia ―― Vivo Per Lei」はこちら。



アクセスは8百万を超えている。

久々に動画を検索して視聴したが、バリエーションがいくらか増えた。
私は音楽にうといので、映像にかなり影響されていることに気づいた。
女性のタイプで選んでいたかもしれない。
ジュディ・ワイス、万歳!

以下は、2009年9月5日の記事にいくらか手を加えた。

                       ◇

私が聴いたなかで「Vivo Per Lei」のベストを選んでみた。
それもユーチューブの動画に限られる。
「Andrea Bocelli & Judy Weiss」。
もとは分からないが、デュエットの名曲。
私は二人のコンビネーションにしびれた。
最高!

ボチェッリ&ジュディ・ワイス「Vivo Per Lei」はこちら。



おそらくボチェッリはイタリア語、ジュディ・ワイスはドイツ語で歌う。
何度聞いても美しい。
この曲に関しては、二人を超えるデュエットは現れないのでは…。

ベターは「Andrea Bocelli & Sandy」で、「Vivo por Ella」。
二人のコンビネーションもなかなか。

ボチェッリ&サンディ「Vivo por Ella」はこちら。



ブラジルは、2014年FIFAワールドカップと2016年リオデジャネイロ夏季五輪(オリンピック)の開催が決定し、世界でもっとも勢いのある国の一つだ。
二人のデュエットの動画はアクセスが伸びており、すでに3百万を超えている(当時の数字)。

アンドレア・ボチェッリは“包容力”が凄い。
私は呆れるばかり。
ジュディ・ワイスとサンディの歌唱は対照的。
それを難なく包み込んでしまう。
懐が広いというか…。
相手に応じて歌い方を変えているが、あくまでもボチェッリ。
それがデュエットというものなのかもしれないが、相手のよさを引き出しつつ、自分の持ち味も際立たせる。

歌のうまさなら上の女性がいるが、コンビネーションの観点では先の二組に及ばない。

ボチェッリは、デュエットの達人だ。
歌が柔らかく奥行きがあるからこそ。
自分の思いをまっすぐにぶつけるポール・ポッツとの違いである。
それは生まれ持った資質か、それとも人生経験により備わったか…。
とにかくデュエットに傑作が多い。

ただし、ルチアーノ・パバロッティ(Luciano Pavarotti)とのコンビネーションはきわめて悪い。
パバロッティのいやらしさとボチェッリの弱みが浮きあがってしまう。
これに関しては、いつかブログで述べたい。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

セールストークセミナー…顧客納得の“真逆話法”を紹介

私は毎月1回のペースで「実践営業塾」の講師を務めている。
2010年10月よりすでに8回実施済み。
おもに優良顧客の新規開拓を念頭に、営業の要諦を述べている。
もちろん、既存顧客の深耕や拡大にも有益な内容である。
回を追って参加者が増加している。
昨今の社会情勢では、盛況と呼んでいい。

営業マンや営業マネジャーが一段と多忙になり、平日の昼間にセミナーを受講する時間を取ることができない。
自分が苦手に感じるところ、うまくやれないところ、重点的に強化したいところに絞って学べる利便性と実用性が人気の要因だろう。
いわば「営業ピンポイント講座」である。
それだけ営業を取り巻く環境が悪化しているということ。

今月は来週火曜日、東京・半蔵門で開催する。
これまでのセールストークでは売り上げを伸ばせない。
買い手優位の市場を踏まえ、新しい観点から衝撃の“真逆話法(トーク)”についてポイントを明らかにする。

◇日程:2011年(平成23年)6月21日(火)
◇時間:午後6時30分〜午後8時
◇会場:SMBCセミナールーム(千代田区麹町)
◇総称:和田創の営業実践塾(90分夜間講座)
◆演題:顧客がうなずくセールストークのポイント
〜相手の心をかならずとらえる鉄則と条件とは?
◇対象:営業担当者、営業マネジャー、営業所長、営業部課長
◇講師:和田創研代表/営業再建屋 和田創(わだ・そう)
◇主催:SMBCコンサルティング

あすの営業活動に即座に生かせる内容である。
どうか奮ってご参加いただきたい。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

浅田真央の準備、プロ講師の準備

先週日曜日の話。
私は講演とセミナーが続き、目前に迫った新たな講演と重要な会合の準備に追われていた。
睡眠が足りず、疲労が溜まり、頭が動かなくなっていた。
ついに限界に達した夕刻、気分転換を兼ねて近所の床屋「メンツクラブ」へ足を運んだ。
私は身だしなみが大事な講師なのに、髪が伸び放題になっていた。
渋谷・松涛から横浜・港北ニュータウンに引っ越してきて十余年、ずっとお世話になっている。
通常のセットにいつも「毛穴復活マッサージ」をプラスしている。
うまく表現できないが、頭皮の風通しがよくなる感じ。
なぜか、頭のなかも生き返る。

メンツクラブこのメンツクラブに大きなマスコット(?)が置かれている。
私の背よりも高い。
オーナーが遊び心・悪戯心が旺盛で、客を楽しませたり驚かせたりする。
店が多忙な土・日曜日に手伝う女の子に聞いたら、「スター・ウォーズ」に登場する悪役で、名前はおそらく「ダース・ベイダー」とのこと。
何となく見覚えがあるが、私はSF映画にうとい。
正直、苦手だ。
確かなところは分からない・・・。

このところブログに時間を割けず、読者に申し訳なく思う。

以下に、「浅田真央の純粋な狂気に学ぶ…プロ講師の心得」と題する2011年4月27日のブログを収める。

                      ◇◆◇

私は長らく「提案営業(コンサルティングセールス。ソリューションセールス)」にこだわり、それ以外の営業セミナーは行ってこなかった。
7月に還暦を迎える。
それ以降は「サードキャリア」と位置づけている。
職業人生の総仕上げに、営業分野の主要テーマを網羅したい。

そのため、2〜3年がかりでコンテンツの作成に取り組んできた。
まだ3〜5年はかかりそう。

私は原則として年中無休、デスクワークの日は16〜18時間労働。
仕事に熱心というより、仕事が恐ろしく遅い。
自分で呆れる。
プロ講師として駆け出しの頃、1日(6時間)人前で話すのに、コンテンツの作成に正味3カ月を要した。
おおよそ千5百時間、半年(6カ月)分。
むろん、それにかかりきりになれないので、実際には3カ月で終わらない。

私の代名詞となった「提案営業研修8日間コース」はコンテンツの作成に正味2年を要した。
おおよそ1万2千時間、4年分。
この間は一切の収入を捨てるつもりで作業におおよそ没頭したが、それでも2年で終わらなかった。

受講料が1名当たり1日数万円に達するプロ講師は本番へ向けた準備がすべてだ。
命といってよい。
私は、他人の図書(著作)は一切参考にしない。
コンテンツの作成では、あくまで自らの営業経験を踏まえ、寝ても覚めても考えて考えて考えて考えて考える。
知恵の体系化に努めるわけだ。

プロ講師の準備は、例えば浅田真央や高橋大輔などフィギュアスケート選手の準備に通じるところがある。
ただし、彼らはアマチュアにもかかわらず、数分の本番のために数カ月から1年近くを費やす。
毎シーズン、これを繰り返す。
そうした努力を積み重ねた選手のごくごく一部がオリンピックという晴れの舞台に立つことを許される。
プロ講師の努力など取るに足らない。
しょぼい・・・。

ゆえに、私は講演や公開セミナー、企業研修、授業(MBA)の冒頭で「私の話を信じていけない」と述べている。
言い忘れることもあるが…。
これは謙遜でも冗談でもない。
ほんとうにそう思っている。
昨夏に東洋経済新報社から刊行した「起業の教科書(共著)」でも述べている。

まして、このブログは下らん。
信じていけない。
書いている本人がそう言っているのだから間違いない。
自分の頭で考え抜くことだ。
人間はそのためにわざわざ重い頭を乗っけている。

以上、プロ講師の心得を述べた。
浅田真央や高橋大輔の純粋な狂気に学ぶべきだ。
それはあまりに危うく美しい。
大勢を感動させる条件である。

                       ◇

今日、日本にメガバンクは3つしかない。
それぞれが立派なシンクタンクを持つ。
三菱UFJリサーチ&コンサルティング、SMBCコンサルティング(三井住友銀行系列)、みずほ総合研究所。
各社は年間数百本のビジネスセミナーを開催している。
千本を超えるかもしれない。
プロ講師の立場から述べれば、最高の舞台を与えてくれる。
私は十数年お世話になっており、心より感謝したい。

いまにして思えば、50代半ばを過ぎた辺りから3〜4年はスランプだった。
私がこのブログを始めた時期と一致する。
正確には、「更年期障害」。
昨夏、それがたまたま判明した。
一時は、精神的にも肉体的にも講師稼業はもう続けられないと諦めかけた。
昨秋から回復途上にある。
労働意欲を少しずつ取り戻してきた・・・。

私は還暦以降、3社の営業分野の講師を独占しようと欲張ることにした。
むろん、実際には不可能。
が、そうした気迫を大切にして職業人生を全うしたい。
営業に関して日本でもっともしつこく考えているのは自分だという気持ちがある。
愚直が取り柄だ。

もう一つ。
参加者や受講者との率直な交流は、私の錆びかかった心と頭を活性化してくれる。
これも講師稼業の大きな喜び・・・。

私が年明けから始めた丸の内トラストタワー本館(東京駅歩0分)での経営層や上級管理職を対象とした2〜6名のコンサルティングセミナーもその一環。
採算はまったく度外視。
危機感と向上意欲、変革志向の強い企業幹部との濃密なコミュニケーションは至福の時間である。
すでに癖になった。
長く続けていきたい。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

04wadasouken-20110714-s

管理なんか糞喰らえ!…日本一の営業管理者セミナー

私は営業分野の経営コンサルタントとして長年、講演や公開セミナー、企業研修で講師を務めてきた。

今日の業績不振は深刻である。
なぜなら、営業担当者がそれなりに頑張った結果だからだ。
さぼった結果なら「管理」、つまり引き締めによって業績は立て直せる。
が、決してそうでない。

もはや「管理」によって数字を伸ばせる余地はきわめて限られている。
そこで、これまでの管理を全面否定した「真逆管理」のカリキュラムを、例によって膨大な日数・時間をかけて開発した。

主張は至って明快、営業部門・拠点に「管理者」は不要。
私自身、人に管理されるのが大嫌いだ。
いい迷惑!
実際、管理者の管理はなかでも若手に評判が悪い。
彼らは売り上げを立てられなくて困っており、「支援」を望んでいる。

売れない時代の営業部門・拠点に必要なのは「支援者」。
私は思う。
部下をもっとも助ける人が上司になるべきだ。
管理なんか糞喰らえ!

この講座は21世紀の「営業管理者セミナー」の定番にならなくてならない。
日本一と自負する。
主要なビジネスセミナー会社で来年度の実施が検討されはじめた。
衝撃・仰天の内容なので、主催者も恐る恐る・・・。

ひどい数字は管理の結果だ。
これまでの管理の敗北を意味する。
業績不振に苦しむすべての経営者と管理者は、ありきたりな管理講座を捨て、私の管理講座を受けるべきだ。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

巨人、ホームラン・得点激減…飛ばないボールの影響?

読売巨人軍(ジャイアンツ)は原辰徳が監督に就任してから自前の選手育成にこだわり、FAによる選手補強を積極的に行っていない。
とくにクリーンアップを任せられそうな大物の打者にほとんど触手を動かさない。
かつてと様変わりだ。
球団代表の清武英利がそうした意向なのか。
編成本部長、ゼネラルマネジャー、オーナー代行を兼ねる実力者である。

しかし、いまや打線の破壊力が乏しい球団の一つになった。
中軸打者は年齢的な衰えが目立ち、ホームランが激減した。
さらに、定着したかに見えた1番・坂本勇人、2番・松本哲也が不調などで打順が変わったり出番がなくなったり、1・2番の出塁率が大幅に低下した。
その結果、巨人は得点力が極端に落ち込んだ。
両リーグを通じ、もっとも点を取れないチームの仲間入り・・・。

いまだにスポーツニュースなどで巨人の強力打線と相手チームのエースとの対決という形容を耳にする。
が、エースでなくても投手の調子がいいと、1〜2点を取るのがやっとの状態である。
貧打が際立つ。
ダブルクリーンアップと称された頃の迫力、怖さはすっかり影をひそめた・・・。

巨人は、故障者が続々と1軍に復帰した。
阿部慎之介、小笠原道大、高橋由伸、亀井義行。
原辰徳監督は土曜日のオリックス・バファローズ戦で会心の勝利を収めた後、今季初めてベストオーダーを組むことができたと語った。
しかし、日曜日の同一カードでわずか2得点の貧打に逆戻りした。

長打力も機動力もなし。
また、投手力もなし。
私は巨人がセ・リーグ3位につけているのが不思議である。
阪神タイガースが不甲斐ないせいだ。
大型補強が泣く。

                       ◇

今季から統一球(公式球)として反発係数の小さな「飛ばないボール」が採用された。
それにより、外野フライがスタンドインした本拠地球場の狭いセ・リーグ球団が影響をもろに受けている。
ジャストミートしないと、本塁打にならない。
それは本来のあり方だ。
昨季ならフェンスを越えた打球が手前で失速する。

ホームランがもっとも減るのは、東京ドームを本拠地とする巨人だろう。
打者は感覚が狂ったり、自信を失ったりしており、深刻な不振と大きな関係がありそうだ。
本塁打の量産が困難になっても、飛ばないボールに対応するには時間がかかる。
打法は簡単に変えられない。
セ・リーグはホームラン王が30本台になるのでは…。

飛ばないボールはもちろん投手に有利に働く。
防御率が改善しており、1点台が激増した。
「日本生命セ・パ交流戦」では0点台の投手が何人か現れている(不確か)。

打って走ってのほうが、野球は確かに面白い。

                      ◇◆◇

プロ野球今季(2011年シーズン)のルーキー(新人)に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年6月8日「斎藤佑樹、復帰戦は変化球主体の投球から脱却?」はこちら。

⇒2011年6月7日「澤村拓一の面構えとオーラ…真っ向勝負の魅力!」はこちら。

⇒2011年4月21日「澤村拓一、巨人黄金伝説の扉を開ける」はこちら。

⇒2011年4月19日「牧田和久サブマリン…手玉に取る頭とテンポ」はこちら。

⇒2011年4月17日「斎藤佑樹のハラハラ、浅田真央のドキドキ…日本の至宝」はこちら。

⇒2011年2月12日「沢村拓一は伝説の投手になれ…城之内邦雄」はこちら。

⇒2011年2月11日「沢村拓一に開幕投手テスト…巨人原辰徳監督」はこちら。

⇒2011年2月7日「沢村拓一が宮崎牛に舌鼓…巨人1軍キャンプ」はこちら。

⇒2011年2月4日「沢村拓一15番、斎藤佑樹18番…実力はどちら?」はこちら。

⇒2011年2月3日「勝ち星予想…沢村拓一・斎藤佑樹・大石達也」はこちら。

⇒2011年1月31日「斎藤佑樹は1軍キャンプで滅多打ち、プロで通用?」はこちら。

⇒2011年1月30日「斎藤佑樹、日本ハム新ユニフォームを名護で披露」はこちら。

⇒2011年1月24日「スター斎藤佑樹…満員札止めの大舞台」はこちら。

⇒2011年1月11日「斎藤佑樹、勇翔寮出世部屋404号室へ…新人合同自主トレ」はこちら。

⇒2010年12月15日「斎藤佑樹、期待の重圧…プロでの実力と活躍」はこちら。

⇒2010年12月10日「斎藤佑樹は日ハムのユニフォームでいいのか?」はこちら。

⇒2010年11月14日「東海大・菅野智之は巨人、興南・島袋洋奨は中央大」はこちら。

⇒2010年11月12日「沢村拓一は巨人の開幕投手、即沢村賞も…」はこちら。

⇒2010年11月11日「一二三慎太は投手か打者か…阪神タイガース」はこちら。

⇒2010年11月6日「斎藤佑樹エースナンバー18番で開幕投手へ」はこちら。

⇒2010年11月6日「公家の斎藤佑樹と武士の沢村拓一…セ・パ交流戦対決」はこちら。

⇒2010年11月3日「斎藤佑樹は輝かしいスター、大舞台が似合う」はこちら。

⇒2010年11月3日「早慶優勝決定戦、斎藤佑樹と大石達也は登板?」はこちら。

⇒2010年8月22日「夏の甲子園、決勝の残酷…東海大相模・一二三慎太」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

名古屋で社長・幹部向け講演会…受注拡大・業績向上

私は名古屋で社長・幹部を対象とした講演会を行う。
テーマは、地場製造業の受注拡大・業績向上。
その開催が来週に迫ってきた。
主催は三菱UFJ(旧東海)。

以下に、「トヨタ下請け・孫請けを救え…名古屋経営者セミナー」と題する2011年5月29日のブログを収める。

                      ◇◆◇

名古屋といえば、トヨタ自動車の御膝元。
同社がリーマンショック、リコールショックから立ち直りかけた矢先、「東日本大震災」が起こった。
東北や北関東のクルマ部品メーカーが工場の崩壊や損傷などの大打撃を受け、生産ラインが停止した。
たいていは下請けや孫請けの中堅・中小製造業である。
このなかには零細町工場も含まれよう。
1台のクルマは膨大な点数の部品から成り立ち、そのうちの1種類でも欠けると完成できない。
したがって、トヨタ自動車の組み立て工場も長期の休止(操業停止)に追い込まれた。
それにより被災地でない部品メーカーまで仕事が激減した。

日産自動車(ニッサン)や本田技研工業(ホンダ)など国内の自動車メーカーはほとんどが同様の被害を被った。
自動車産業は最大規模のすそ野を形成しており、日本経済全体に深刻な影響を及ぼしている。

私は今月、名古屋の三菱UFJリサーチ&コンサルティングで、危機的状況に陥っている地場の中堅・中小製造業などを対象に、受注回復・拡大のための4時間講演を行う。
主催は、名古屋を地盤とした旧東海銀行系のシンクタンク、ビジネスセミナー会社が母体。
本講演では、社長など取締役クラスがいわゆる「トップセールス」を推進して成功させる要諦を明確に指導する。
参加者は自動車関連業界が中心になるのでは・・・。

◇日程:2011年(平成23年)6月24日(金)
◇時間:午後1時〜午後5時(半日)
◇会場:三菱UFJセミナールーム(名古屋・錦)
◆演題:待っていても仕事は取れない! いまこそ立ち上がるとき!
社長と幹部の営業活動
〜「トップセールス」の常識・基本・実践を分かりやすく解説!
◇対象:経営者、経営幹部
◇講師:和田創研代表/営業再建屋 和田創(わだ・そう)
◇主催:三菱UFJリサーチ&コンサルティング名古屋

◆内容(パンフレットより)
中小企業、地場企業の多くが業績の低迷に苦しんでいます。例えばメーカー。技術力や製造力の部分で劣っているとは限りません。しかし、大手企業や中央企業と比べ、たいていは「営業力」の側面で後れを取っています。
仕事の受注や商品の販売が落ち込む現在、営業活動に注力しなくてなりません。とはいえ、営業部門が弱いとか営業担当者が少ないところもあります。となると、社長や役員がいわゆる「トップセールス」を積極的に推進せざるをえません。
本講座では、経験豊富なトレーナーが、果敢な働きかけをためらいがちな社長を念頭に置き、売れない時代における営業の常識⇒基本⇒実践について解説します。経営層や管理職が社員や部下を指導する際にも即使えるヒントになります。

◆カリキュラム(プログラム)
〔はじめに〕減る一方の引き合いを前提にしたら会社が回っていかない
第吃槇‐鐚永圈織肇奪廛察璽襯垢加速する第一歩
〜営業に対する固定観念をリセットせよ
1.トップセールスならではの4つの重要性と効用
2.会社が回る、社員を養える収益の形成が目的だ
3.営業が強い会社と弱い会社、スイッチはどこ?
4.業績は商品力×営業力。健全経営の両輪である
5.営業に自信を持てなくしている最大の勘違い
6.営業の能力がなくても十分な成果は生み出せる
第局槇ヾ靄槓圈燭海海傍い鼎韻弍超箸好きになる
〜決め手は自分のストレスを減らすこと
1.〔哲学〕営業とは何かという根源的な問いかけ
2.〔開眼1〕立ち位置を変えると見えてくるもの
3.〔開眼2〕しゃべりをやめると見えてくるもの
4.営業が苦手と感じるなら商談をやってならない
5.自分に魔法をかけてしまう松下幸之助の言葉
6.「ミラーの現象」を知るとレベルアップが叶う
第敬槇ー汰編/ここが分かれば営業がらくになる
〜顧客開発、受注・販売の進め方とポイント
1.何がトップセールスの収益を大きく左右するか
2.例の「エンヤコラ」は成約の重大なカギである
3.営業活動を台無しにする禁止事項・禁止トーク
4.「もう来なくて結構です」という言葉の背景
5.成果を上げられる人と上げられない人の違い
6..▲廛蹇璽舛鬚匹行うか(つかみ理論)
7.∨問・面会をどう行うか(呼び水理論)
8.商機発見をどう行うか(泣く子理論)
9.つ鶲討鬚匹行うか(押し返し理論)
10.ゥロージングをどう行うか(バランス理論)
〔おわりに〕社長はソリューションにより大型案件の刈り取りを目指せ

以上。

営業活動が活発にならないと、閉そく感・先細り感を打破できない。
新しい顧客、新しい売り上げが社内を元気にする一番の良薬である。
奮ってご参加いただきたい。

                      ◇◆◇

地場製造業、中堅・中小製造業などの受注・販売強化に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年2月7日「部品メーカー、下請け・孫請け社長の受注活動」はこちら。

⇒2011年1月26日「大田区町工場を救え…社長の受注強化セミナー」はこちら。

⇒2011年1月25日「名古屋地場製造業が苦しい…社長セミナー」はこちら。

⇒2010年10月28日「仕事がない…何と愚かな言葉だろう」はこちら。

⇒2009年11月4日「社長の悲鳴…中小製造業・零細町工場」はこちら。

⇒2008年12月4日「トヨタ系部品メーカーの悲鳴」はこちら。

⇒2008年11月27日「トヨタに命を預ける…太っ腹経営者」はこちら。

⇒2008年10月27日「やはり名古屋はトヨタ頼み」はこちら。

                      ◇◆◇

営業強化・再建、営業教育・指導に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年3月2日「提案営業セミナーの気づき、人気と評価」はこちら。

⇒2011年2月15日「社内に波風を立てる…外部講師の意義と役割」はこちら。

⇒2011年2月14日「社員教育の機会均等は負け組企業への道」はこちら。

⇒2011年2月10日「営業講師・経営講師の使命と価値、実力と評価」はこちら。

⇒2011年2月9日「全員最高評価の営業セミナーアンケート」はこちら。

⇒2011年2月8日「SMBC提案営業セミナー、毎回感動、30回開催」はこちら。

⇒2011年1月24日「新規開拓を活発にする…SMBC実践営業塾」はこちら。

⇒2011年1月22日「ぎっくり腰講師…営業再建・社長向け講演」はこちら。

⇒2010年11月16日「どうしてもお礼を伝えたい…地獄の提案営業研修」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

浅田真央・井上真央・大地真央…血液型と美人度

私は講演とセミナーが続き、週末に自宅に戻ってきた。
途中、我慢ができないほど疲労が溜まり、ホテルの自室で1時間の入念なマッサージ(指圧)を受けた。
おかげで何とか乗り切れた。

土曜日夜、家族に協力してもらい、書斎の模様替えを行った。
マンションの一室ながら、二世帯住宅用なので、玄関もミニキッチンもトイレもついている。
独立した空間。
大きな机と大きなベッドをこれまでと反対側に配置したら、広い部屋がさらに広くなった。

私は2〜3カ月デスクワークがはかどらず、雰囲気を変えたかった。
頭が煮詰まった状態。
締め切りが迫っており、ブログに時間を割けない。
読者に申し訳ない。

以下に、「浅田真央と井上真央、もう一人の真央」と題する2011年4月20日のブログを収める。

                      ◇◆◇

フィギュアスケート女子。
エースの浅田真央は20歳。
B型。
2011年世界フィギュアスケート選手権モスクワ大会の開催が24日に迫る。
ショートプログラム(SP)が29日、フリースケーティングが30日。
その人柄もあり、女子選手への人気が浅田真央に集中している。
“独り占め”に近いのでは…。
昨年、成人に達し、女っぽさが出てきた。
「かわいい」に「きれい」が加わった。

朝の連続テレビ小説「おひさま」。
ヒロインの井上真央は24歳。
O型。
セーラー服姿に三つ編みのお下げ髪で、女学生時代の須藤陽子を演じている。
わりと様になっている。
NHKが朝ドラ半世紀の節目の作品に、これはと見込んで起用した。
彼女自身は大人の女への入口に差しかかっている。
「かわいい」が残る「きれい」。

宝塚歌劇団。
元月組男役トップスターの大地真央は55歳。
B型。
おもに舞台で活躍している。
若々しいし、スタイルも保たれている。
「大地真央を抱いちまおう!」などとおどけてみせる。
女っぽいのに男みたいにさばさばした面を持ち、男性からも女性からも好かれる。
「かわいい」を失わず「きれい」。

ひょっとして「真央」は美人揃いか。

・・・私は思い出した。
先だって、新横浜でもっとも古い名門クラブ「Mana(マナ)」から23周年記念の催しの案内がハガキで届いた。
毎年この時期になると送られてくるが、私は数年前に酒をやめた。
いわゆる「キャバクラ」でない。
この店に「真央」という、きれいで、しかもかわいいホステスがいた。
おまけにスタイルが抜群。
名刺をもらったわけでないので、表記は不明。
私に数回ついたことがある。
AB型。
A型とB型に引き裂かれており、それも魅力的だった。

やはり「真央」は美人揃いだ。

話を戻し、浅田真央。
このところ、テレビで近況が放送されることもない。
4月下旬の世界フィギュアモスクワ大会へ向け、練習に打ち込んでいたことだろう。
3月下旬の東京大会の中止にともない、緩んだ心といくらかなまった体を立て直したうえで、細かな動きを磨いていかなくてならない。
口で言うのはたやすいが、当事者には2倍(2度)の精神的・肉体的負担がかかる。
とくに延期された1カ月間はつらかったろう。

本番にピークをもっていける選手が世界女王の栄冠を手にする。
はたして?

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

原辰徳監督がサイン攻め…巨人軍はスター不在

先週金曜日、博多駅で「のぞみ」に乗車するために12番線のホームを歩いていたら、通行に支障を来たすほどの人ごみができていた。
それは、読売巨人軍(ジャイアンツ)の原辰徳監督を囲む大勢のファン(?)だった。
皆、お目当てはサイン。

そうか、「日本生命セ・パ交流戦」。
巨人は前日までヤフードームで福岡ソフトバンクホークスと2連戦だった。
今季絶好調、とくに交流戦はほとんど負け知らずのホークスに敗れ、巨人は4連敗。
しかも、ホークスに4戦全敗。
原辰徳監督がサイン攻めに合っているということは、選手らも一緒のはずだ(主力は新幹線と飛行機に分乗?)。

巨人は松井秀喜が2003年シーズンにメジャーリーグ(ニューヨーク・ヤンキース)へ移籍して以来、人気と実力を兼ね備えたスター選手がいない状態が続いている。
かつて打者では長嶋茂雄、王貞治、原辰徳など、投手では江川卓など、多くのスター選手がいた。
とはいえ、そこにいるだけで華のあるスター選手は長嶋茂雄など、ごくわずかだ。
両リーグを見渡しても、めったに現れないのかもしれない。

私は原辰徳監督がファンに囲まれる様子に、球界の盟主の凋落を感じた。
もっとも長嶋茂雄は監督在任中に脳梗塞で倒れるまで、巨人軍どころかプロ野球界で最大のスターでありつづけた。
その人気は突出しており、現役選手をまったく寄せつけなかった。

巨人はくじ運に自信がないせいか、ドラフトで人気選手の指名を避けてきた。
それもスター不在の一因だろう。
近年、高校卒に逸材が多いが、入団後の活躍に未知数な部分が大きく、育成に時間もかかりやすい。
巨人は即戦力になりそうな大学卒や社会人出に的を絞っている。
安全牌のドラフト指名選手を育成出身選手で補うとのチーム方針か。
しかし、このところ目覚ましい活躍を見せているのは高校卒だ。

私は驚いた。
原辰徳監督は9号車だったが、コーチなどを含めた10人程が10号車に乗った。
いまは喫煙ルームが設けられているが、もとは喫煙車両である。
ヘビースモーカーの私はずっと10号車であり、地元の神奈川県横浜市では犯罪者みたいに扱われている。
スポーツ選手がタバコを吸うという理由で非難されるのはどうかと思いながらも、意外。
私の後方におそらく小笠原道大、阿部慎之介、久保裕也などがいた。
いずれもチームの主力である。

巨人の選手らは負け疲れのせいか、眠り込んでいる。
移動時間に体を休めるのは悪いことでない。
この間、周囲の視線も気にしなくて済む。
皆、熟睡・・・。
やがて新大阪駅で降りた。
9号車か8号車か、沢村拓一がホームを歩いていた。
横顔が引き締まっている。
スーツを着ていても、鍛え抜いた筋肉が伝わってきた。

余談。
阿部慎之介はでかい。
サングラスをかけているが、まるで似合わない。
キャッチャーはどっしりとした安定感が必要なのかもしれないが、もう少し体を絞ったほうがよいのでは…。
重いとケガが増える。

                      ◇◆◇

プロ野球今季(2011年シーズン)のルーキー(新人)に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年6月8日「斎藤佑樹、復帰戦は変化球主体の投球から脱却?」はこちら。

⇒2011年6月7日「澤村拓一の面構えとオーラ…真っ向勝負の魅力!」はこちら。

⇒2011年4月21日「澤村拓一、巨人黄金伝説の扉を開ける」はこちら。

⇒2011年4月19日「牧田和久サブマリン…手玉に取る頭とテンポ」はこちら。

⇒2011年4月17日「斎藤佑樹のハラハラ、浅田真央のドキドキ…日本の至宝」はこちら。

⇒2011年2月12日「沢村拓一は伝説の投手になれ…城之内邦雄」はこちら。

⇒2011年2月11日「沢村拓一に開幕投手テスト…巨人原辰徳監督」はこちら。

⇒2011年2月7日「沢村拓一が宮崎牛に舌鼓…巨人1軍キャンプ」はこちら。

⇒2011年2月4日「沢村拓一15番、斎藤佑樹18番…実力はどちら?」はこちら。

⇒2011年2月3日「勝ち星予想…沢村拓一・斎藤佑樹・大石達也」はこちら。

⇒2011年1月31日「斎藤佑樹は1軍キャンプで滅多打ち、プロで通用?」はこちら。

⇒2011年1月30日「斎藤佑樹、日本ハム新ユニフォームを名護で披露」はこちら。

⇒2011年1月24日「スター斎藤佑樹…満員札止めの大舞台」はこちら。

⇒2011年1月11日「斎藤佑樹、勇翔寮出世部屋404号室へ…新人合同自主トレ」はこちら。

⇒2010年12月15日「斎藤佑樹、期待の重圧…プロでの実力と活躍」はこちら。

⇒2010年12月10日「斎藤佑樹は日ハムのユニフォームでいいのか?」はこちら。

⇒2010年11月14日「東海大・菅野智之は巨人、興南・島袋洋奨は中央大」はこちら。

⇒2010年11月12日「沢村拓一は巨人の開幕投手、即沢村賞も…」はこちら。

⇒2010年11月11日「一二三慎太は投手か打者か…阪神タイガース」はこちら。

⇒2010年11月6日「斎藤佑樹エースナンバー18番で開幕投手へ」はこちら。

⇒2010年11月6日「公家の斎藤佑樹と武士の沢村拓一…セ・パ交流戦対決」はこちら。

⇒2010年11月3日「斎藤佑樹は輝かしいスター、大舞台が似合う」はこちら。

⇒2010年11月3日「早慶優勝決定戦、斎藤佑樹と大石達也は登板?」はこちら。

⇒2010年8月22日「夏の甲子園、決勝の残酷…東海大相模・一二三慎太」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

青春の影、歌詞の意味、求愛・結婚ソングのお墨付き

博多じまん(九州新幹線版)歌手(ミュージシャン)や役者、お笑い、タレントなど、多くの芸能人を輩出する福岡(博多)。
私がもっとも頻繁に訪れる地方都市であり、大好きだ。
単身赴任者に最大人気となっている(不確か)。
先ごろ九州新幹線が全線開通し、九州地方における一極集中にさらに拍車がかかりそうだ。

おとといのブログに続いて・・・。

⇒2011年6月10日「武田鉄矢の武勇伝…福岡出身タレント・芸能人」はこちら。

私は5日間の福岡出張の帰り、新幹線の博多駅で明月堂の「博多じまん」を買い求めた。
人気と知名度では明月堂の「博多通りもん」だが、家族がそちらを希望した。

⇒2011年3月5日「博多通りもん、福岡土産一番人気の秘密」はこちら。

⇒2011年2月18日「博多じまん、人気の福岡土産のうまさ…明月堂」はこちら。

俗っぽい味を好む私はもちろん「博多じまん」。

                       ◇

さて、その昔、福岡から勝負をかけて上京したチューリップ。
ほしくて仕方がなかった世間の注目をようやく手に入れた。
それが「心の旅」のヒットだった。
しかし、引き換えにまとわりついたアイドルグループというイメージ。
そこにリーダー・財津和夫の苦悩と葛藤、そしてメンバーの違和感があった。

おそらく、人に深さを与えるため、人生は思うとおりにならないようにできている。
財津和夫が軌道修正を図りたくて問うたのが、「青春の影」だった。
アイドルが歌う楽曲にもっとも大事なのは、大衆にとっての分かりやすさである。
皆が一度聞けば、親しみを持てること。
「心の旅」はそうだ。

ところが、一転して「青春の影」は、人の内面へ潜り込んだ。
哲学というか思想性がにじむ。
それは、チューリップとしての原点回帰だった。
ゆえに、この楽曲は最初から受け入れられたわけでない。
心を込めてライブで歌いつづけるうちに、徐々に共感と支持を広げていった。

しかし、それはチューリップがヒットを飛ばした結果、初めて持つに至った余裕の裏返しとも見なせよう。
それが「青春の影」に、若さに似合わない、堂々たる風格をもたらした。
「心の旅」と同様に愛情をテーマとしているものの、「青春の影」は人生の営みに通じる。
私は不朽の名作だと思う。

ところで、「青春の影」はなぜヒットしたか?
むろん、“別れ”を癒やしてくれる楽曲と受け止めた人がいたからだ。
自分がどう感じたか、それがすべて。
「青春の影」は、愛に留まらず人生の高揚と尊さを歌っている。
この曲名と歌詞の意味をどのように解釈するか、その答は聞く人それぞれの愛と人生のなかにあるはずだ。

とはいえ、以前、私なりに財津和夫の「青春の影」について考えたことがある。
以下に紹介しよう。

                       ◇

私は音楽にほとんど関心がないが、財津和夫の「青春の影」に惹かれてきた。
まれに耳にする機会があると、決まって胸が熱くなる。
きっかけが何か、時期がいつか思い出せないが、自分のなかに根を下ろしていた。
しかも、楽曲が先で、ミュージシャンは後だ。
井上陽水とその楽曲から浴びせられたようなインパクトはなかった。

貧乏学生だった私が授業を放り出し、楽譜取次の松沢書店の一員として飛び回っていた頃、チューリップの楽譜が急に売れはじめた。
それは3枚目のシングル「心の旅」を出した1973年だったようだ(姫野達也がリードボーカル)。
チューリップは1974年に「青春の影」と、立てつづけにヒットを飛ばした。

「心の旅」はストレートなラブソングだ。
おそらく愛する人を故郷に残し、自らの意志を貫いて上京する。
これが別れになりそうと、互いに思っている。
どこか切ない。
「青春の影」もラブソングだが、深い。
人間的な成熟が感じられる。
私は財津和夫が20代半ばで書きあげたことに驚かされる。

歌詞の1番をそのまま受け取れば、愛する女性と生涯をともにする決意を固めた男の歌である。
2番の終わりは、プロポーズに向かう途中に湧いてきた、あるいは噛み締めた大人への自覚だろう。
「青春の影」の「影」は、青春を過去に押しやるとの思い、そして惜別の念か…。
おそらく青春時代の幕を下ろし、家庭生活の扉を開ける。
愛のあり方もこれまでとは変わっていく。
二人の旅が始まるのだ。
それは途方もなく長いデコボコ道…。
ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード。

自分を振り返るなら、つきあいと同棲が長かった私と妻(前妻)は機が熟するように結婚へ進んだ。
が、挙式では、独身を手放す喪失感と所帯を構える責任感が一気に押し寄せた。
それは形容しがたい感慨だった。
二人にとり、非常に大きな区切りになった。
私はこれを境に狂ったように働きはじめた。
高校2年から虚無感に苦しんできたので、劇的な変化は自分でも不思議だった。

話を戻し、「青春の影」は「心の旅」に出た後の人生のドラマと主人公の成長を歌っているのか。
それが財津和夫自身の経験を土台にしたものかどうか、私はまったく分からない。
内容としては、ポジティブかつハッピーである。
雄々しい。

が、そうした解釈だと、どうも面白くない。
この楽曲の魅力がするりと逃げていく。
全体からにじみ出る“切なさ”もうまく説明できない。

私は、財津和夫は「謎」を残したかったのでないかと思う。
「心の旅」の歌詞と同様、「青春の影」の歌詞の1番は明快だ。
意味を取り違えようがない。
ところが、一転して2番が分かりにくい。
なかでも前半と最後の2箇所にキーフレーズが置かれている。
財津和夫は“余白”を忍ばせた。
鑑賞者への贈り物か。
曲名も謎を深めるのに一役買っている。

歌詞の1番と2番にそれなりの時間が横たわっていると考えると、違った解釈ができそうだ。
すなわち、出会い、愛、別れ…
愛の掛け替えのなさと厳しさ、まっとうの難しさ…。
それでも人はときを刻み、道を歩みつづける。
財津和夫は、愛すること、生きることへの純粋な情熱を綴った、大きな悔いさえ受け入れながら…。

作者が世の中に作品を送り出せば、独り歩きする。
鑑賞者は気ままに楽曲を楽しむ。
解釈に白黒をつける必要はなかろう。
作者といえど、作品のすべてを理解しているわけでない。
それ以前に、意図が伝わるとは限らない。
そもそも作者はヒットをつくれない。
受け手(鑑賞者)のさまざまな思いが塗り込められ、作品の世界が膨らんでいった結果である。

私自身、失恋を歌った楽曲と捉えるほうがイマジネーションは広がる。
また、一層、心に染み入る。
実際、「青春の影」に接し、人をまっすぐに愛した記憶がよみがえったり、それゆえの失恋の痛手を癒されたりする方も多いのでないか。
単に結婚に至るストーリーだったら、大ヒットはなかった。
プロポーズ(求愛)ソングやウェディング(結婚式)ソングとして多用されただろうが…。

「青春の影」の圧倒的な凄みは、人により、さらにそのときどきで異なった受け止め方を、しかも何の違和感もなくできてしまうことだ。
財津和夫の眼差しは、現実の愛にも、回想の愛にも、やさしく注がれている。
人を愛するのも自分であり、人と別れるのも自分である。
それが人生…。
この楽曲には、懸命に生きる人へのおおらかな包容力がある。
世代を超えて愛されるゆえん。

「青春の影」は、深い愛情は当然として、重い責任をともなう結婚へ踏み出そうとする心情を歌いあげた。
平凡をよしとする覚悟も…。
そうしたとき、結婚に至らなかった相手との愛がよぎるかもしれない。
私たちは人生の節目に、それまでのさまざまな出来事を喜びや幸せ、悲しみや苦しみなどの記憶とともに重ね合わせる。

なお、4タイプしかない血液型を引き合いに出すと叱られそうだが、O型のよさがいかんなく発揮されている。
楽曲の底に保守的な安心感が流れる。
それが聞く者をじんわりと揺さぶる。

                       ◇

「青春の影」には、結婚披露宴で歌うのをためらわせるような深みがある。
歌うとしたら、新郎。
ほかにぜひともというなら、新郎を見守ってきた熟年カップルの男性か。

その「青春の影」がセブン−イレブンのおでんのCMで流れた。
幸福感を強調するため、歌詞が分かりやすい個所を使っている。
CMは認知の向上、販売の促進を意図しているから当然だろう。
「青春の影」が採用されたことにより、おめでたい楽曲という“お墨付き”を頂戴した。

人々が疲弊と孤独を深め、ぬくもりの感じられる楽曲を求めている。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

アメショーは愛嬌たっぷり、家族の話に耳を傾ける

私は疲労困憊の状態で福岡から戻った。
出張中に気になるのが、私の部屋で暮らすアメリカンショートヘア、♀の「フウ」。

huu01渋谷・松涛に暮らしていた頃、賃貸マンションの私の部屋で生まれた。
当時「日経ビジネススクール」の講師の仕事を終え、ヘロヘロになって戻ってきたら、里芋(さといも)みたいな5匹がおっぱいを吸っていた。
父はブラックスモークの「クロ」、母はシルバータビーの「モモ」。
子猫だと油断して“去勢”が遅れたのだった。
わが家は一気にアメリカンショートヘアが9匹になった。

フウは、体毛がクロとモモの中間。
今秋14歳を迎え、猫としてはかなり高齢だ。
顔も体も頭も心も父親に瓜二つだが、優しい気立ては母親譲り。
アメショーらしく愛嬌もたっぷり。
また、家族の話に熱心に耳を傾ける。
言葉がいくらか分かるようだ。

huu02私が長く留守にすると、フウはストレスから自分の体毛を抜くことがある。
むろん、妻が愛情を注ぎ、世話をしている。
それでも以前、体のあちこちにハゲができた。

私が戻ってきて名前を呼んでも、すねて家具に身を隠していることが多い。
「フウ」「フウちゃん」「フウさん」などと呼び方を変えているうちに姿を現す。
フウはほっとした表情を見せた。

                       ◇

私は名古屋・錦でクルマ部品メーカーなど地場企業の社長を対象とした講演が迫る。
主催は三菱UFJリサーチ&コンサルティング(三菱東京UFJ銀行系列)。
その先に、東京・半蔵門で新テーマの講演が控える。
主催はSMBCコンサルティング(三井住友銀行系列)。

私はこのコンテンツの作成に取り組んできたが、終了はまだだいぶ先になる。
連日、時間との闘いである。
というわけで、ブログに手間をかけられない。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

浅田真央と高橋大輔、二人の熱愛のその後

先月だったか、フィギュアスケートの浅田真央と高橋大輔の熱愛・交際報道が飛び出した。
「女性セブン」のスクープ。
私は、その後どうなったのか知らなかった。
話題も聞かない・・・。

ネットで調べたら、浅田真央は完全に否定していた。
小塚崇彦と東日本大震災復興チャリティーイベント「ザ・アイス」の記者会見を行った際に、報道陣の質問に答えた。
また、日本テレビの番組「情報ライブ ミヤネ屋」に生出演した際にも、司会者(?)の質問に答えた。
報道に本人が一番びっくりしたようだ。
かたや、交際相手とされた高橋大輔は問題にもしていなかった。

ゴシップが売りものの週刊誌とてマスコミの一部であり、報道のプロのはずだ。
どうして、これほどいい加減なのか。
昔から兄弟みたいに仲よしだった二人の関係が急に発展したというような、もっともらしい記事を掲載していた。

以下に、「浅田真央と高橋大輔の関係をすっぱ抜く」と題する2011年5月17日のブログを収める。

                      ◇◆◇
私はブログやSNSを以前は社員に、現在は家人に管理してもらっている。
先週、久し振りにライブドアの「和田創 講演講師の引き出し」の管理画面(管理ページ)を覗いて驚いた。
検索キーワードで、「浅田真央 高橋大輔」が急増しているでないか。
次いで、「高橋大輔 浅田真央」も…。

⇒2010年3月4日「あきれた浅田真央と高橋大輔の言葉!」はこちら。

私は何事かと思い、インターネットで調べてみた。
2011年5月12日発売の週刊誌「女性セブン」が浅田真央と高橋大輔の関係をすっぱ抜いた。
フィギュアスケート界の人気選手が交際しているとの報道である。
何せ二人は国民的人気を誇る。
ファンが氷上のビックカップル誕生かと、私のブログにもいくらか訪れたのだろう。

私は現物を読んだわけでない。
以下は、ネット上の情報による。

二人の共通の知人が登場し、世界フィギュアスケート選手権前に正式なつきあいが始まったと証言している。
「正式」という言葉が曲者。
大人同士なので隠す必要はなく、堂々と発表すればいい。
また、「知人」という言葉が曲者。
向こうが知らなくてもこちらが知っていればいい。
「正式」にも「知人」にもほとんど意味がない。

雑誌には東日本大震災のチャリティー演技会の打ち上げで二人がハグする写真が掲載されている。
公の場での出来事だろう。
珍しくもない。

3月下旬に二人が名古屋駅付近で“手つなぎデート”しているところを多くの人が目撃した。
なぜわざわざ雑踏でそんなことをしなければならないのか不思議だ。
また、なぜケータイなどで簡単に撮れるのに写真が出てこないのか不思議だ。

私はむろん真相が分からない。
つきあっているかもしれないし、つきあっていないかもしれない。
どちらでもいい。
私が驚いたのは、この程度の取材で「熱愛中」と結論づける神経である。
編集部はこれといった証拠を一つもつかんでいない。
信頼の置ける材料が見当たらないのだ。
部数激減でよくよく困っているのか・・・。
人気選手に限らず、有名人はいろいろな人とくっつけられるから気の毒である。

検索キーワードで、「浅田真央 小塚崇彦」もかなり増えていた。

⇒2011年1月27日「浅田真央は小塚崇彦をどう思っているのか?」はこちら。

やはり、ネット上の情報による。
メールで、浅田真央が「私たち、付き合ってたことあったっけ?」と送ったら、高橋大輔が「気にしない気にしない」と返した。
これももっともらしい話だ。

以下に、「浅田真央のストイック、金妍児の自由奔放」と題する2011年5月14日のブログを収める。

                      ◇◆◇

世界フィギュアスケート選手権2011(ロシア大会)。
2連覇の期待がかかった世界女王・浅田真央と世界王者・高橋大輔は果たせなかった。
それどころか表彰台にのぼることもできない惨敗を喫した。
浅田真央は極度の不振、高橋大輔は思わぬアクシデントが響いた。

東日本大震災の影響により東京大会がロシア大会に変更された今回、私は二人に、それが難しいなら日本選手に優勝を飾ってほしいと願った。
それに見事に応えたのが絶好調を維持した安藤美姫だった。
実際には下降気味だったが、それでも安定した実力を発揮して日本に金メダルをもたらした。
彼女は自分の演技を通じて復興の思いを届けたいと語っていた。
また、エキシビションかそのアンコールで祈りを込めて滑ったモーツァルトの「レクイエム」は感動的だった。
深く美しかった。

男子は優勝を逃したものの、2014年ソチ冬季五輪(オリンピック)のエース・小塚崇彦がショートプログラム(SP)での厳しい順位から2位に食い込み、銀メダルをつかんだ。
私は正直、小塚崇彦がやわという印象を持っていたが、フリースケーティングの気迫に満ちた滑りに男気を感じた。
選手として技術も表現も、そして人間としても大きな成長を遂げたシーズンだった。
直後のインタビューでは、次は金メダルを目指すとあえて口にした。
日本代表の自覚が増し、たくましさが備わりつつある。
一緒に練習を行う浅田真央の影響は小さくない。

今回の世界フィギュアで私がもっとも気になったのは浅田真央の状態だった。
体が痩せすぎで、顔つきが険しい。
スケートの調子以前の問題である。
彼女にはたとえしばらくの間でも頭と心、そして体を休めながら、終了したシーズンを冷静に振り返ってもらいたい。
いくら調整中とはいえ、私はあまりにつらい姿は見たくない。

⇒2011年5月1日「浅田真央、世界で勝つ判断と作戦…佐藤信夫コーチ」はこちら。

素人の私が考えたところでどうにもならないことは分かっている。
だれよりも本人がもっとも考えており、それを佐藤信夫コーチなどの周囲が懸命に支えている。
それでも浅田真央がどうしたら勝てるか、つい考えてしまうのだ。
来週の土曜日にブログをアップできればと思う。

以下に、「浅田真央の敵、キム・ヨナの敵はだれか?」と題する2010年10月26日のブログを収める。
いくらか手を加えた。

                      ◇◆◇

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第1戦「NHK杯」。
注目・期待の浅田真央は惨敗。
彼女は人気が突出しており、会場全体が元気を失ってしまった。
テレビ画面からそれがはっきりと伝わってきた。

浅田真央は演技を終えて肩を落とし、下を向いた。
私は、彼女が落胆している様子を見て、胸が痛んだ。
どうしたら彼女が心から笑えるか、全身で喜べるかを考えてしまった。
そして、次の2本のブログをアップした。

⇒2010年10月24日「浅田真央、北島康介が最高の教科書…五輪金メダル」はこちら。

⇒2010年10月25日「浅田真央を気づかう高橋大輔と村上佳菜子」はこちら。

きょうの記事は、これらの文脈を継いでいる。

さて、浅田真央は2010年バンクーバー冬季五輪(オリンピック)銀メダル、続いて世界フィギュアスケート選手権トリノ大会優勝。
それなのに、長らく結果を残してきた得意の「ジャンプ」を自ら否定している最中だ。
理由は、オリンピックで韓国のキム・ヨナ(金妍児)に大差で敗れて優勝を逃したこと。
名伯楽・佐藤信夫を新コーチに迎え、二人三脚で“滑り”の修正(矯正)に努めている。
しかし、すでにハイレベルに到達しており、取り組みは容易でない。
彼女もそうだが、指導者も手探りの状態だろう。
互いに迷いや不安を拭い去れないのでは…。
はたして目論みどおりに進むか、微妙。
裏目に出なければよいが・・・。

                       ◇

浅田真央はもがき苦しんでいる。
なぜなら、さらなる“高み”を目指しているからだ。
具体的には、2014年ソチ冬季五輪(オリンピック)で表彰台の頂点に立つ。
人は挑めば、かならずしくじる。
要は、うまくいかない。

私たちは日々できそうなことでお茶を濁しており、したがってあまりしくじらない。
その代わり、これといった成果を収められず、実績を残せない。
できないことに挑戦する狂気は成功者の最大の共通点である。
が、人は挑戦すれば、かならず失敗する。
いまの浅田真央がそれだ。
正気の私は失敗しない。
還暦近くになっても2合目辺りをうろついており、いまだに頂(いただき)を垣間見ることさえできない。
なお、先の狂気を「勇気」と言い換えてもよい。

私はNHK杯をきちんと見たわけでない。
それでも、8位の浅田真央が実力で一番だと思った。
彼女と比べられる選手がいないのだ。

現時点で、ライバルは韓国のキム・ヨナ(金妍児)ただ一人。
これから村上佳菜子など国内外の若い選手が伸びてくるかもしれないが…。

浅田真央はオリンピックで金メダルを獲得することに集中したらよい。
言い換えれば、キム・ヨナを凌駕することに専念したらよい。
何せ彼女はお化けのような得点を叩き出した。
両者はきっとイコールである。

本来はライバルという言葉を用いるべきだが、あえて「敵」という言葉を使う。
浅田真央には「打倒、キム・ヨナ」という気持ちが強くあるはずだ。

浅田真央の敵はキム・ヨナだ。
ほかにいない。

キム・ヨナの敵はキム・ヨナだ。
彼女は韓国のスターであり、収入も破格である。
贅沢もできるし、遊びもできる。
もともと性格が自由奔放であり、ストイックな浅田真央と対照的。
キム・ヨナはソチオリンピックへ向けてモチベーションを高められるか、そして過酷な練習を積めるかは不明である。
いったん緩んだ状態を元に戻すのは、恐ろしく大変だろう。

万全の状態で臨むキム・ヨナは強敵、いや難敵である。
浅田真央は、従来の延長では絶対に上回れないと踏んでいる。
それゆえ、滑りの見直しを決断したはずだ。

「自己否定」は勝者の条件である。
夏季五輪(オリンピック)2大会連続金メダリストの北島康介が好例。
これまでの自分に安住せず、どん欲に進化を模索している。
そうしなくては決して勝てないことを、だれよりもよく分かっているからだ。
彼は4冠。

浅田真央に話を戻そう。
私は、自らに容赦なく“ダメ出し”する彼女を尊敬する。
まだ20歳である。
信じられない。
分野は違えど、少しでも実績を残している人なら浅田真央の偉大さは分かる。
彼女を批判しているのは実績がないどころか、行動そのものを避けたがる連中ばかりだ。
行動しか成果をもたらさないというのに…。

浅田真央の問題は、現在の必死の“取り組み”がほんとうに有効かどうかに尽きる。
フィギュアスケートに関する専門知識を持たない私には悲しいかな、その判断がつきかねる。

                       ◇

このブログで再三述べているが、コーチ体制の構築がソチオリンピックで頂点を極める決め手の一つだ。
そして、練習環境の整備も…。
浅田真央は本気で勝つ気なら、日本を離れるという選択肢もあるのでなかろうか。
真剣に検討すべきだ。

国内はあまりに雑音が多い。

◆書き加え1(2011年5月6日)

浅田真央は過去に海外に練習拠点を移したが、馴染まなかったようだ(不確か)。
その後、年齢と経験を重ね、成長を遂げた。
ソチオリンピックをにらんでもう一度検討してみることは無駄でなかろう。

                      ◇◆◇

フィギュアスケート女子・浅田真央に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年5月12日「金妍児、ソチオリンピック出場と優勝の可能性」はこちら。

⇒2011年5月5日「荒川静香と浅田真央、天才少女の重圧と低迷」はこちら。

⇒2011年5月3日「世界フィギュア採点のなぞ…安藤美姫の勝利」はこちら。

⇒2011年5月1日「浅田真央、世界で勝つ判断と作戦…佐藤信夫コーチ」はこちら。

⇒2011年4月30日「浅田真央、やってみないと分からない…修正途上」はこちら。

⇒2011年4月29日「浅田真央の連覇か安藤美姫の返り咲きか…世界女王」はこちら。

⇒2011年4月27日「浅田真央の純粋な狂気に学ぶ…プロ講師の心得」はこちら。

⇒2011年4月24日「世界女王・真央と五輪女王・ヨナ、プライド激突!」はこちら。

⇒2011年4月23日「キム・ヨナの恩返しと現役引退…世界フィギュア」はこちら。

⇒2011年4月22日「世界フィギュア2011日程…浅田真央は勝てる?」はこちら。

⇒2011年4月20日「浅田真央と井上真央、もう一人の真央」はこちら。

⇒2011年4月17日「斎藤佑樹のハラハラ、浅田真央のドキドキ…日本の至宝」はこちら。

⇒2011年4月17日「浅田真央、世界フィギュア2011延期の影響」はこちら。

⇒2011年3月6日「浅田真央は2位じゃダメなんでしょうか」はこちら。

⇒2011年3月2日「浅田真央、キム・ヨナにめらめら…世界選手権」はこちら。

⇒2011年2月26日「真央ちゃんと二人乗り…うれしはずかし」はこちら。

⇒2011年2月24日「浅田真央、世界フィギュアは崖っぷち」はこちら。

⇒2011年2月19日「復調・浅田真央、本場の中華が高速で回転!」はこちら。

⇒2011年2月17日「浅田真央の調子と連覇…四大陸フィギュア選手権」はこちら。

⇒2011年2月6日「浅田真央、バレエ転向の噂…ストナリニ選手権後」はこちら。

⇒2011年2月5日「浅田真央に連覇の期待…世界フィギュア2011東京大会」はこちら。

⇒2011年1月28日「キム・ヨナ、浅田真央への秘策…世界選手権2011」はこちら。

⇒2011年1月27日「浅田真央は小塚崇彦をどう思っているのか?」はこちら。

⇒2011年1月17日「浅田真央と福耳ボールペン」はこちら。

⇒2010年12月29日「浅田真央と30人31脚」はこちら。

⇒2010年12月26日「浅田真央、蝶の舞、2011世界フィギュア選手権代表」はこちら。

⇒2010年12月25日「浅田真央、観衆総立ち、感動の1位発進…全日本」はこちら。

⇒2010年12月23日「村上佳菜子に挑む浅田真央…全日本フィギュア選手権」はこちら。

⇒2010年12月20日「浅田真央はもうあの頃に戻れない」はこちら。

⇒2010年12月18日「浅田真央を取りあげた、いい加減なブログ」はこちら。

⇒2010年12月16日「浅田真央は貯金を使い果たした」はこちら。

⇒2010年12月14日「浅田真央は五輪4冠の北島康介の脱皮計画に学べ」はこちら。

⇒2010年12月11日「浅田真央がかいた汗の量」はこちら。

⇒2010年12月4日「浅田真央、惨敗後インタビューの残酷と地獄」はこちら。

⇒2010年12月2日「浅田真央のリップサービス…マスコミ対応」はこちら。

⇒2010年12月1日「浅田真央はソチ仕様に工事中、勝てなくて当然」はこちら。

⇒2010年11月29日「浅田真央、ジャンプの修正か改造かの判断」はこちら。

⇒2010年11月28日「惨敗・浅田真央は輝きを取り戻せるか?」はこちら。

⇒2010年11月27日「浅田真央、得意なジャンプが壊れる恐怖」はこちら。

⇒2010年11月25日「浅田真央を引き受けた佐藤信夫コーチの胸中」はこちら。

⇒2010年11月23日「浅田真央、ソチ五輪栄冠への長いトンネル・・・」はこちら。

⇒2010年11月21日「浅田真央が流した悔し涙の価値とは?」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

武田鉄矢の武勇伝…福岡出身タレント・芸能人

私は月曜日から金曜日まで福岡・天神に滞在。
公開研修や公開セミナー、会合などを行った。
けさは重い疲労と背中や腰の激しい痛みでベッドから起き上がることも難儀だった。

このうち火〜水曜日の公開研修は「西鉄イン福岡」での缶詰め・合宿研修であり、講師にも受講者にも超ハード!
例年、たいてい地元の老舗・名門「タカクラホテル福岡」で実施してきた。
石原裕次郎が愛した隠れ家である。
同ホテルは福岡地区で「宿泊客満足度」がトップクラス、おそらく何度も1位に輝いている。
館内と客室が落ち着き、食事がおいしく、私も大好きだ。

20070516-03公開研修の主催者・財団法人九州生産性本部が参加者の経済的負担を軽くしようと、ホテルの変更に踏み切った?
派遣元の企業は経営環境が年々厳しくなっている。
それはちょっと残念だったが、私は講師としてベストを尽くした。
参加者と主催者に心より感謝したい。

あっ、誤解が生じるといけないので述べるが、西鉄イン福岡に何か不満を感じたわけでない。

                       ◇

ところで、福岡(博多)といえば、多くのタレント・芸能人を輩出する土地柄である。
よそ者の私にも心地よい、自由で楽天的な風が吹きわたる。
また、地元の人たちの祭好きとも関連性が低くないはずだ。

私が福岡で思い浮かべるのは、武田鉄矢、財津和夫、タモリ(森田一義)・・・。
武田鉄矢とタモリはデビュー時のインパクトが凄かった。
洗練と程遠い。
タモリはとても「芸」と呼べない、確か動物の形態模写を大勢の前で平気でやってみせた。
私は当時、笑う気にもならなかった。

また、武田鉄矢は呆れ返るほど泥臭かった。
顔が大きく、背が低く、おまけに足が短い。
しかも女の子より髪が長い。
不細工に輪をかけ、それを最大の“売り”にしてメジャーにのしあがった。
歌手として、やがて映画「幸福の黄色いハンカチ」やドラマ「3年B組金八先生」などで俳優として大活躍を示した。
武田鉄矢の代表曲となった「母に捧げるバラード」「贈る言葉」などは、いずれも自身がリーダーとボーカルを務めた「海援隊」時代の作品である(現在、再結成)。

武田鉄矢は若い頃かなり出鱈目だったようで、武勇伝が多い。
一度見ると目に焼き付く容姿・風貌、一度聞くと耳にこびり付く語り・歌声、そしてアクの強いキャラクター。
生き残りが絶望的な芸能界で、武田鉄矢は自分の居場所をしっかりとつくりあげた。
タモリもそうだが、息が長く、いまもなお第一線に立っている。

私が地方都市でもっとも足を運んだのは福岡だ。
大阪や名古屋の比でない。
年によって2カ月近く滞在したかもしれない。
街を歩いていて、彼らがどのような少年期・青年期を過ごしたのだろうと思うことがある。

財津和夫については、あさってのブログで・・・。

⇒2011年2月18日「博多じまん、人気の福岡土産のうまさ…明月堂」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

北島康介、ロンドンオリンピックへの苦闘と挫折

私は北島康介の面構えが好きだ。
高い目標を胸に秘めているからだろう、何かに取り組むとき、何かを語るとき、目が強い光を放ち、キラキラ輝いている。

北島康介はこれまで夏季五輪(オリンピック)を目指し、かならず挑戦の期間を設けてきた。
それは苦闘と挫折を意味する。
私には、北島康介が意図的に自分を“どん底”に突き落としているように思える。
失敗がもっとも成功に近い。
彼は挫折なくして表彰台の頂点に立てないと考えている。
その結果が五輪4冠である。

28歳の北島康介は2012年ロンドン五輪(オリンピック)への挑戦を明言した。
頭が下がる。

以下に、「浅田真央は五輪4冠の北島康介の脱皮計画に学べ」と題する2010年12月14日のブログを収める。

                      ◇◆◇

日本男子競泳平泳ぎの第一人者・北島康介。
2004年アテネ五輪(オリンピック)の百メートル、2百メートルで金メダルを獲得した。
2008年北京五輪(オリンピック)の同じ種目で2冠。
男子百メートル平泳ぎの2連覇は世界初。
平泳ぎで2大会連続2種目制覇は世界初。
快挙だ。

北島康介は中学2年生で東京SCコーチの平井伯昌に才能を見出された。
図抜けた何かを持っていたのだろう。
そして、初めて臨んだ2000年シドニー五輪(オリンピック)の百メートルで決勝に進出したが、4位入賞に留まった。

そこで、北島康介はアテネオリンピックへ向けて大きな脱皮に挑んだ。
スポーツ選手にとり最高の舞台で頂点に立てる泳ぎを追求したのだ。
さらに、北京オリンピックへ向けて脱皮に挑んだ。
しかも、2012年ロンドン五輪(オリンピック)へ向けて脱皮に挑んでいる。
私は、二人三脚で歩んできた平井伯昌コーチのもとを離れたという話を耳にした(不確か)。
驚きだ。

北島康介は五輪を節目に「進化」を遂げてきた。
もう一度言うが、「勝つ」ためだ。
逆に言えば、それまでの泳ぎでは勝てないと判断を下した。

私は思う。
北島康介の最大の凄みは、オリンピックをしっかりと見据えた準備にある。
過酷極まりない計画。
2〜3年がかりで古い泳ぎを脱ぎ捨てる。
いや、新しい泳ぎをつくりあげる。
いかなる変化もリスクをともなうが、それを強固な意志でやり遂げてきた。

年齢的にきわめて微妙なロンドンオリンピック。
それでも北島康介は諦めていない。
参りました。

2014年ソチ冬季五輪(オリンピック)で表彰台の一番高いところを目指す浅田真央がもっとも学ぶべきアスリートは、北島康介を置いてほかにいない。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

04wadasouken-20110714-s

Facebookに見る労働の画一性と均質性の崩壊

知人に勧められ、先だって登録した「Facebook」がなかなか面白そうだ。
私は使い方やルールなどが分かっておらず、手探りの状態。
多忙な私に代わり、妻が「友達」を見つけたりつくってくれたりした。
千名以上の友達を持つ会員が珍しくなく、それと比べると多いといえないが、いくらか増えた。

貧乏暇なしの私はFacebookにほとんど時間を割けない。
それでも仕事に倦んだり疲れたりしたとき、深夜や早朝に仕事を終えたときなど、ウォールに掲載された写真やコメントにいくらか絡むことがある。
時間にゆとりがあれば、のめり込みそう。
はまる人が続出するのもうなずける。

日本でSNSといえば、先行した「mixi」。
しかし、実際の利用者はFacebookにかなり流れている?
Facebookは会員同士を結びつける仕組みが優れており、なおかつ交流がダイナミックでリアルタイムである。
もっとも私が知らないだけで、mixiでも十分に楽しめるのかもしれない。
何せ登録したきりで、使い方が分かっていない。
mixiファンに叱られそうだ。

Facebookはリタイア後のシニアにもよい。
私は職業人生の幕引きが迫っている。
その頃には体を動かして人に会いにいくのが億劫になっているだろう。
友達とのコミュニケーションの機会がたやすく得られるので、退屈をそれほど感じないし、孤独もいくらか和らぐのでは…。

ところで、私はFacebookに入り、非常に驚いたことがある。
日本は変化がきわめてのろいと思っていたが、働き方や生き方の画一性や均質性が大きく崩れていた。
当人がそうしたのか、そうせざるをえなかったのか、おそらく両方でなかろうか。
私が知らないうちに、個人事業主や零細企業の経営者を中心に働き方や生き方がずいぶん多様になっていた。
新しい職業や職種が生まれ、新しいワークスタイルが生まれた。
社会全体に自由の風が吹きわたりつつある。

Facebookは会員(登録者)が原則として顔写真入りの実名なので、そうしたことが実感として分かる。
また、個人の時代を加速させている。

余談。
生き方を変えるには、働き方を変えるのが手っ取り早いように思う。
働き方を思い切って変えないと、生き方をそれほど変えられないのでなかろうか・・・。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表

数字がすべて、結果がすべて。
目標達成、業績向上、成長持続、社業発展など、「収益伸長」の一点に特化したコンサルタント。
プランナー時代を含めて40年を超える経験と実績、信念と情熱を土台に、多くのクライアントを優良企業に育ててきた。
近年は新商品や新事業、新会社の開発を請け負いながら、内需・地場の中小・中堅企業の短期再生に取り組む。
その一環として、年中無休、昼夜を問わず、社長の個別相談に応じる。
また、経営から管理、人事(採用)、マーケティング、事業、商品、企画まで、おもにトップを対象としたセミナーを行う。

和田創研

お気に入り




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ