コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。

2011年10月

和田創ブログ 2011年10月タイトル一覧

◇2011年10月31日(月) 威張る小林薫、とぼける麻生祐未…朝ドラ・カーネーション
◇2011年10月30日(日) 巨人1位指名は長身左腕・松本竜也投手…香川・英明高校
◇2011年10月29日(土) 高橋大輔、燃え尽き症候群克服か…GPシリーズ&ファイナル
◇2011年10月29日(土) 菅野智之…巨人油断、ドラフト一本釣り詰め甘く大失態!
◇2011年10月28日(金) 尾野真千子がコシノ三姉妹に対面、夢中のオーラを感じる
◇2011年10月27日(木) 菅野智之、巨人を逆指名…長野久義、澤村拓一に続け!
◇2011年10月26日(水) テレビ局の取材依頼…地獄の営業研修を撮影したい
◇2011年10月25日(火) 横浜モバゲーベイスターズ、新庄剛志監督就任…人気回復優先
◇2011年10月25日(火) 博多みやげ・鶴乃子(季節限定 栗)がうまい…石村萬盛堂
◇2011年10月24日(月) カーネーション・ヒロイン小原糸子のモデル…小篠綾子
◇2011年10月23日(日) 菅野智之は横浜と巨人が指名…ドラフト会議12球団1位予想
◇2011年10月22日(土) フィギュアGPシリーズ2011日程&出場選手…小塚と真央は?
◇2011年10月21日(金) スティーブ・ジョブズ名言/公認伝記と神格化
◇2011年10月21日(金) 尾野真千子・小原糸子の演技、朝ドラ・カーネーションの評判
◇2011年10月20日(木) 井上真央と松本潤、紅白司会の取り合わせ
◇2011年10月20日(木) AKB48はお笑い芸人に脅威…芸能界裏事情
◇2011年10月19日(水) 澤村拓一、森麻季と結婚、エースナンバー18番を背負う
◇2011年10月18日(火) 松下奈緒・瀧本美織・井上真央・尾野真千子…朝ドラヒロイン素顔
◇2011年10月17日(月) 澤村拓一、ぶっちぎりセ・リーグ新人王…巨人4年連続選出
◇2011年10月16日(日) 内村航平モンスター、田中理恵ビーナスに嫉妬
◇2011年10月14日(金) 井上真央「おひさま」総集編は年末に再放送か
◇2011年10月14日(金) ハワイのタイムシェアリゾート会員権が人気…ヒルトン
◇2011年10月13日(木) フェイスブックを通じた交流の意味と楽しさを考える
◇2011年10月13日(木) 営業大学校開校へ…異業種格闘型・最高峰14日間コース
◇2011年10月12日(水) 松下奈緒、朝ドラ視聴率・朝ドラ人気回復に最大の貢献!
◇2011年10月11日(火) リゾート会員権は割高…格安国内旅行を存分に楽しめる
◇2011年10月10日(月) スティーブ・ジョブズの遺言…世界を変えた天才の生きた証
◇2011年10月9日(日) 松下奈緒、男5人と同居…早海さんと呼ばれる日
◇2011年10月8日(土) 二宮星お多福の演技力…カーネーション・朝ドラヒロイン
◇2011年10月7日(金) 和田創プロフィール(略歴)紹介/和田創研会社案内
◇2011年10月6日(木) 浅田真央は順調らしい…GPシリーズ2011NHK杯が初戦
◇2011年10月5日(水) 尾野真千子カーネーション視聴率…井上真央おひさまに及ばず
◇2011年10月4日(火) 企業再生の専門家…支出削減(リストラ)でなく収入増加による立て直し
◇2011年10月3日(月) 小塚崇彦、劇的成長の予感…自分が引っ張るしかない
◇2011年10月3日(月) 尾野真千子、朝ドラオーディション4度目の正直で号泣!
◇2011年10月2日(日) マイコの真知子、満島ひかりの育子、井上真央の陽子…白紙同盟
◇2011年10月2日(日) 安藤美姫、完全休養宣言…現役引退かソチ続行か結論
◇2011年10月1日(土) なぜ? 浅田真央ジャパンオープン、安藤美姫グランプリシリーズ欠場
◇2011年10月1日(土) おひさま井上真央からカーネーション尾野真千子へ…視聴率20%超連発

Copyright (c)2011 by Sou Wada

威張る小林薫、とぼける麻生祐未…朝ドラ・カーネーション

NHK朝の連続テレビ小説「カーネーション」。
飾らない尾野真千子がヒロイン・小原糸子を小気味よく演じている。
コシノ三姉妹(ヒロコ・ジュンコ・ミチコ)を女手一つで育て上げたファッションデザイナーの草分け・小篠綾子の奮闘記だ。

小林薫が父・小原善作、麻生祐未が母・小原千代、正司照枝が祖母・小原ハルを演じる。
3人のベテラン役者はとても面白い。
私はなかでも麻生祐未の演技が楽しい。

神戸の裕福な実業家・松坂家に育った小原千代はおっとりしている。
ちょっと抜けた雰囲気を漂わせる。
この夫婦は駆け落ちしたようだ。

麻生祐未は、とくに苛立ちやすい夫とのやり取りでは、何ともいえないとぼけた味を出している。
それとも、まともに取り合っていられないという自己防衛か。
また、呉服屋商売の振るわない夫の代わりに金を無心に訪れる実家での父とのやり取りでも…。
祖父・松坂清三郎は宝田明が演じる。
また、祖母・松坂貞子は十朱幸代が演じる。
懐かしい顔ぶれだ。

小原千代は一見頼りなさそうだが、どこかに芯の強いところを持つ。
糸子は父の血を引いているように見えるが、母の気質も受け継いでいるのでないか…。

子どものなかでもとりわけ糸子に対し、祖母は心底あたたかく、母はほんわかとやさしい。
がむしゃらに、ひた向きに頑張る子に、それはそれは深い愛情を注いでいる。
小篠綾子に光るものがあったからに違いない。

小林薫が演じる小原善作は家庭で威張り、父の威厳を取り繕っているものの、案外気が小さい。
いわゆる内弁慶。
また、根は自由人なのでないか。

私が久しく見なかった、高齢の庄司照枝は演技が達者だ。
昔はこんなおばあちゃんが確かにいた。
そう思わせる。

「カーネーション」は脇役が実に多彩であり、実在の人物の半生を土台としたドラマに楽しさ、そして「リアリティ」を与えている。
作品の出来が非常によい。

                      ◇◆◇

尾野真千子と朝ドラ「カーネーション」に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年10月28日「尾野真千子がコシノ三姉妹に対面、夢中のオーラを感じる」はこちら。

⇒2011年10月24日「カーネーション・ヒロイン小原糸子のモデル…小篠綾子」はこちら。

⇒2011年10月21日「尾野真千子・小原糸子の演技、朝ドラ・カーネーションの評判」はこちら。

⇒2011年10月18日「松下奈緒・瀧本美織・井上真央・尾野真千子…朝ドラヒロイン素顔」はこちら。

⇒2011年10月12日「松下奈緒、朝ドラ視聴率・朝ドラ人気回復に最大の貢献!」はこちら。

⇒2011年10月8日「二宮星お多福の演技力…カーネーション・朝ドラヒロイン」はこちら。

⇒2011年10月5日「尾野真千子カーネーション視聴率…井上真央おひさまに及ばず」はこちら。

⇒2011年10月3日「尾野真千子、朝ドラオーディション4度目の正直で号泣!」はこちら。

⇒2011年10月1日「おひさま井上真央からカーネーション尾野真千子へ…視聴率20%超連発」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

巨人1位指名は長身左腕・松本竜也投手…香川・英明高校

きのうのブログ「菅野智之…巨人油断、ドラフト一本釣り詰め甘く大失態」に続いて・・・。

⇒2011年10月29日「菅野智之…巨人油断、ドラフト一本釣り詰め甘く大失態」はこちら。

プロ野球ドラフト会議2011(新人選手選択会議2011)。
最大の目玉・菅野智之投手の単独指名は固いと思われていた読売巨人軍(ジャイアンツ)は、北海道日本ハムファイターズの想定外の重複指名に慌て、うろたえた。
この時点で競合抽選の行方は決まった。
当たりくじを引く運は巨人から逃げていった・・・。

                       ◇

大波乱が起こった今年のドラフト会議。
私がつくづく思うのは、横浜ベイスターズは菅野智之を1位指名すべきだったということ。
このブログで述べたとおり、失うもののない横浜は“やけくそ作戦”が正しい。

なぜなら、菅野智之は一貫して地元(神奈川県)である。
相模原市出身。
東海大学付属相模高校を経て東海大学野球部に所属。
強い愛着心は持っているはずだ。

横浜が交渉権を獲得すれば、入団した可能性は十分にあった。
少なくとも日本ハムよりもかなり高い。
同一リーグ(セ・リーグ)の巨人に対して遠慮があったのか。
横浜では巨人ファンのほうがはるかに多い。
その反発も恐れたのか・・・。

が、ゴールデンルーキー・菅野智之の入団により、実力も人気も落ちるところまで落ちたチームを立て直すきっかけになったことは確かだ。
本人も家族もしぶしぶ理解を示したかもしれない。
横浜は非常に惜しいチャンスを逃した。

このブログでやはり述べたとおり、藤岡貴裕投手の1位指名では勝ち目がなかった。
世間がアッと驚く果敢な挑戦で、まったく違った展開が開けた?
実際、横浜はドラフトの成果がきわめて低調である。
地元に暮らす私は、この球団に闘争心を感じない。

                       ◇

ところで、巨人。
菅野智之の交渉権獲得に失敗すると、将来性重視の指名に切り替えた。
外れ1位は香川・英明高校の松本竜也投手。
横浜ベイスターズとの競合・抽選に勝った。
弱腰の横浜にくじ運はなかった。

松本竜也はこの1年でもっとも成長したと評される 193センチの長身選手だ。
にもかかわらず、上半身と下半身をバランスよく使える強さが備わる。
高校球界屈指の大型左腕として、多くの球団が外れ1位指名や2位指名の候補にリストアップしていた。

松本竜也は恵まれた体格から投げ下ろす直球で三振が取れる。
2年生まで安定感に欠けており、無名だった。
3年生になってから制球力が増して夏の甲子園を沸かせ、スカウトの注目を集めた。
粗削りの魅力があり、将来性は十分。

松本竜也はまず体づくり。
1軍のマウンドに立つには3年くらいかかりそう。
記者会見で菅野智之に関する質問も飛んだが、「僕を獲ってよかったと思ってもらえるように頑張りたい」と負けん気の強さをのぞかせた。
もっとも、本人の憧れは入団1年目で5勝を挙げた日本ハムのダルビッシュ有であり、それを超えたいと抱負を語った。

巨人では過去に荒木大輔の外れ1位の斎藤雅樹が押しも押されもせぬ大エースに育った。
甲子園出場を果たしていない。
斎藤雅樹は藤田元司監督の助言でサイドスローへ転向した。
やがて、3試合連続完封勝利を含む11試合連続完投勝利の日本記録を達成するなど20勝をマークした。
「ミスター完投」と呼ばれるまでに・・・。

松本竜也も素晴らしいエースになる可能性がある。
結局、巨人は全体に将来性重視のドラフトになった。
ファンが落胆するほど悪くないのでは…。
それと、澤村拓一という本格派右腕が入団したばかり。
来シーズンにはエースに育っていることだろう。
なお、松本竜也は日本人の左腕投手で球界最長身となる。

私は、この球団にどうしても入りたいという気持ちが分からないわけでない。
そうした思いも大切だろう。
しかし、多くの球団が1位指名候補に挙げる有力選手なら、2〜3年の遠回りは覚悟しなくてならない。
ちなみに、巨人では内海哲也も長野久義もそうだった。

                      ◇◆◇

菅野智之に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年10月29日「菅野智之…巨人油断、ドラフト一本釣り詰め甘く大失態」はこちら。

⇒2011年10月27日「菅野智之、巨人を逆指名…長野久義、澤村拓一に続け!」はこちら。

⇒2011年10月23日「菅野智之は横浜と巨人が指名…ドラフト会議12球団1位予想」はこちら。

⇒2010年11月14日「東海大・菅野智之は巨人、興南・島袋洋奨は中央大」はこちら。

                      ◇◆◇

澤村拓一に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年10月19日「澤村拓一、森麻季と結婚、エースナンバー18番を背負う」はこちら。

⇒2011年10月17日「澤村拓一、ぶっちぎりセ・リーグ新人王…巨人4年連続選出」はこちら。

⇒2011年6月7日「澤村拓一の面構えとオーラ…真っ向勝負の魅力!」はこちら。

⇒2011年4月21日「澤村拓一、巨人黄金伝説の扉を開ける」はこちら。

⇒2011年2月12日「沢村拓一は伝説の投手になれ…城之内邦雄」はこちら。

⇒2011年2月11日「沢村拓一に開幕投手テスト…巨人原辰徳監督」はこちら。

⇒2011年2月7日「沢村拓一が宮崎牛に舌鼓…巨人1軍キャンプ」はこちら。

⇒2011年2月4日「沢村拓一15番、斎藤佑樹18番…実力はどちら?」はこちら。

⇒2011年2月3日「勝ち星予想…沢村拓一・斎藤佑樹・大石達也」はこちら。

⇒2010年11月12日「沢村拓一は巨人の開幕投手、即沢村賞も…」はこちら。

⇒2010年11月6日「公家の斎藤佑樹と武士の沢村拓一…セ・パ交流戦対決」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

高橋大輔、燃え尽き症候群克服か…GPシリーズ&ファイナル

フィギュアスケートグランプリシリーズ2011(GPシリーズ2011)。
その第2戦「スケートカナダ(カナダ大会)」が行われた。
男子シングルのショートプログラム(SP)で、私は久し振りに高橋大輔の充実した演技を見た。
表情も明るい。
世界王者として臨んだ昨シーズン、主要大会のタイトルを逃していた。

高橋大輔はバンクーバー冬季五輪(オリンピック)で銅メダル、トリノ世界選手権で金メダルが獲れた。
後者は、本人によれば「まさか」。
昨シーズンは“燃え尽き症候群”に苦しみ、頭のなかに「引退」の二文字がちらついた状態で現役を続けていた。
練習に身が入らなかったり、試合でモチベーションが上がらなかったり、スケートに集中できなかった。

ところが、今春の世界選手権、スケートシューズのアクシデントなどで5位に沈んだ。
このままでは終われないという気持ちが強くなり、直後のインタビューで「現役を続ける」と口を滑らせてしまった。
が、その言葉により、自身の迷いが完全に吹っ切れた。
2014年ソチ冬季五輪(オリンピック)出場を目指す。

そこで、高橋大輔は3年計画を立てた。
今シーズンは土台をつくり直そうと、長らく違和感を持っていた基礎のスケーティング(滑り)を変えることに取り組んでいる。
定着に1〜2年はかかる。
また、バレエを始め、ストレッチも行っている。
すでに効果がいくらか表れ、体の柔軟性が増し、身のこなしがしなやかになった。

スケートカナダ(カナダ大会)のSPで、高橋大輔の華麗な演技に会場が沸いた。
おおよそノーミスで終えられた。
また、得意のステップが戻りつつある。
本人もほっとしたようで、「ある程度の評価を得られて一安心」。

しかし、高橋大輔は満足していないと語った。
とりわけ不本意なのは冒頭の4回転ジャンプを回避したこと。
直前の練習で調子が上がらず、グランプリファイナル2011(GPファイナル2011)に進みたいと“安全策”を選んだ。
この我慢は正解だった。
スペインのハビエル・フェルナンデスと0.05点差の2位と好位置につけた。

高橋大輔は今シーズンのフリースケーティングでは、脱力感のなかに格好よさを出したいと、自身初のブルースに挑む。
おそらく4回転ジャンプを取り入れる。
これを見事に決められるなら、結果はついてくるはずだ。

なお、世界王者として地元カナダでのGPシリーズ初戦に臨んだパトリック・チャン。
練習と調整が不十分なのか、気負いがあったのか、チャンと滑ることができない。
ジャンプで手を着いたり、回転不足になったり、精彩を欠いて3位に留まった。
もちろん、圧倒的な実力者なので、フリーで巻き返して頂点を狙う。
SP後、地元ファンに逆転優勝を示唆する余裕たっぷりのコメントを残している。
高橋大輔を意識してのことだろう。

                      ◇◆◇

高橋大輔に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年9月30日「ジャパンオープン2011…安藤美姫、高橋大輔、小塚崇彦が出場」はこちら。

⇒2011年4月28日「高橋大輔、世界フィギュア優勝へのスイッチ」はこちら。

⇒2011年4月26日「高橋大輔は2位じゃダメなんでしょうか」はこちら。

⇒2011年2月20日「高橋大輔、金メダル宣言…世界選手権東京大会」はこちら。

⇒2010年12月7日「高橋大輔は心に訴えない…内臓を揺さぶる泥臭さ」はこちら。

⇒2010年10月25日「浅田真央を気づかう高橋大輔と村上佳菜子」はこちら。

⇒2010年4月16日「妹真央を兄大輔が気遣う春の園遊会」はこちら。

⇒2010年3月26日「高橋大輔、日本男子初の金メダル!」はこちら。

⇒2010年3月4日「あきれた浅田真央と高橋大輔の言葉!」はこちら。

⇒2010年2月19日「高橋大輔、4回転失敗も銅メダル!」はこちら。

⇒2010年2月19日「高橋大輔、攻めか守りかメダル予想」はこちら。

⇒2010年2月17日「男子フィギュアSP、高橋3位、織田4位」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

菅野智之…巨人油断、ドラフト一本釣り詰め甘く大失態!

プロ野球ドラフト会議2011(新人選手選択会議2011)で読売巨人軍(ジャイアンツ)が菅野智之獲りを逃すという大失態を演じた。
巨人に続いて北海道日本ハムファイターズが指名すると、会場に招待された千人の野球ファンから拍手と歓声が沸いた。
巨人はまさかの抽選に、予定と異なり監督の代役として清武英利球団代表兼GMが壇上へ。
肉親の情を考慮したものだ。
そして、津田敏一球団社長が運命の当たりくじ「交渉権確定」を引くと、清武英利GMは顔色を失った。
会場は大きくどよめいた。

巨人は過去最速となる昨年12月14日、球団としてドラフトでの1位指名を表明した。
菅野智之は最速 157キロの本格派右腕、即戦力。
一級品の直球に加え、多彩な変化球を投げ分ける。
制球力も抜群だ。
東海大学側も巨人以外ならメジャー挑戦もしくは社会人入りを示唆し、各球団をけん制していた。

ドラフト当日まで、菅野智之投手の1位入札は巨人だけだと予想されていた。
原辰徳監督の甥(おい)という血縁関係。
2009年の長野久義、2010年の澤村拓一と逸材の単独指名に成功した巨人は、そこに割り込む球団はないと警戒心が薄かった。
その隙を日本ハムに突かれた。
これでドラフトの超目玉の3年連続“一本釣り”が阻止された。

監督の身内ゆえ、巨人に油断があったのは事実。
マスコミも単独指名が確定したかのように報道した。
無競争で長野久義と澤村拓一を獲得したとされるが、実際には巨人と本人の努力の結果だった。
それが今回は詰めが甘く、ダメを押せなかった・・・。

菅野智之は伯父である原辰徳監督の引退試合を観戦した小学1年生(6歳)でプロ野球選手を目指しはじめた。
高校生でプロ野球へ進めた。
しかし、伯父や祖父のおかげと言われるのが嫌だった。
そこで、大学で文句なしの実力をつけたうえでプロ野球に行きたいとして進学を選んだ。

菅野智之はあの日以来、巨人でプレーすることが夢となり、それを叶えるために努力を重ねてきた。
ところが、待ちに待った晴れの日が一転した。
神奈川・平塚の大学での記者会見で困惑と失意を隠せず、ぼう然・・・。
相思相愛の巨人入りはならず、ナインによる胴上げ、記念撮影は取りやめた。

                       ◇

日本ハムはダルビッシュ有がポスティング移籍で退団することになりそうで、先発投手の補強が最優先だった。
春の時点から菅野智之を1位指名と決め込んでいたらしい。
ドラフト会議後、東海大学関係者と連絡がつかず、当日の指名挨拶を断念した。
むろん、入団交渉が難航することを覚悟のうえで指名に踏み切っている。

ただし、日本ハムは手続きがまずかった。
事前に指名の挨拶をまったく行っていない。
ドラフト戦略上やむをえなかったとの見方があるが、どうだろう?
むろん、そうしたからといって入団交渉が容易になるわけでないが、最低の礼儀はあってしかるべきだ。
選手本人はもちろん、親は子の職業人生をその球団に託する。

私は、相手の態度を硬化させる方向にしか働かないと思う。
実際、祖父の原貢・東海大学野球部顧問、そして父は強い不信感を口にした。
日本ハムに昨年のドラフトで斎藤佑樹を射止めた驕りがあるのでないか。
菅野智之は監督や両親と相談して11月中旬に態度を明らかにするようだが、入団拒否の可能性も出てきた。

なお、スポーツマスコミに「強行指名」や「交渉権強奪」という表現が見られた。
これはおかしい。
ドラフトは「戦力の均衡化」が趣旨だ。
2008年、一部の人気球団、有力球団に逸材が集中する旧制度が改められ、現在の形になった。
日本ハムはドラフトのルールに則って入札しており、それを非難するのは間違っている。

また、菅野智之が日本ハムへの入団を拒否したとして、それを非難するのも間違っている。
選手には職場(チーム)を選ぶ権利がある。
冷静になって自分が野球に打ち込める結論を導き出すことだ。
時代は変わり、地域密着型の球団経営を志向するパ・リーグに勢いが見られる。

日本ハムは菅野智之の入団にこぎ着ける秘策か別ルートの強力な伝手(ツテ)を持っているのだろうか・・・。
今後の成り行きが注目される。

                      ◇◆◇

菅野智之に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年10月27日「菅野智之、巨人を逆指名…長野久義、澤村拓一に続け!」はこちら。

⇒2011年10月23日「菅野智之は横浜と巨人が指名…ドラフト会議12球団1位予想」はこちら。

⇒2010年11月14日「東海大・菅野智之は巨人、興南・島袋洋奨は中央大」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

尾野真千子がコシノ三姉妹に対面、夢中のオーラを感じる

NHK朝の連続テレビ小説「カーネーション」。
尾野真千子がヒロイン・小原糸子を演じる。
コシノ三姉妹を女手一つで育て上げたファッションデザイナーの草分け・小篠綾子(故人)の半生がシナリオのベースになっている。

その小篠綾子の誕生日に、本人をしのぶ催しが行われた。
「カーネーション」主演の尾野真千子もゲストとして出席した。
そして、コシノ三姉妹と初対面を果たした。

朝ドラでは、小篠綾子の面白くてダイナミックな面と、繊細で女らしい面の両方が描かれる。
小篠綾子は、世間一般の母親像と大きく違っていたようだ。
自分に正直に生き、女であることを貫いた。
小篠綾子は結局、自身の生き方と働き方が3人の娘に対する最良の教育になった。
精神的にはかなり厳しく接したらしい。

小篠綾子は3人の子どもにとり、いまだに手本や目標になっている。
人生の大先輩であるとともに、最大のライバルである。
子は親に負けられない、親を乗り越えたいと、心のなかで戦った。
それが世界的なファッションデザイナー「コシノ三姉妹」が誕生した主因の一つだ。

                       ◇

尾野真千子は小篠綾子について、愛娘にじかに尋ねられた。
彼女の血が流れる子どもと相対し、当人の雰囲気やぬくもりを自分の肌で感じた。
小篠綾子は赤や紫といった原色の生き方だった。

役者が実在した人物を演じる場合、シナリオ上もさることながら、実像をイメージできることが大事だ。
本人を、そして人生(生き様や生き方)をリアルにつかむ。
尾野真千子は「カーネーション」のヒロイン・小原糸子の演技に大きなヒントと自信が得られたのでないか。

一言でいえば、コシノ三姉妹に「夢中のオーラ」を感じた。
母親の小篠綾子から受け継いだDNA。

尾野真千子は、三姉妹が羽ばたいていくまでの波乱万丈の人生を体当たりで演じる。

                      ◇◆◇

尾野真千子と朝ドラ「カーネーション」に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年10月24日「カーネーション・ヒロイン小原糸子のモデル…小篠綾子」はこちら。

⇒2011年10月21日「尾野真千子・小原糸子の演技、朝ドラ・カーネーションの評判」はこちら。

⇒2011年10月18日「松下奈緒・瀧本美織・井上真央・尾野真千子…朝ドラヒロイン素顔」はこちら。

⇒2011年10月12日「松下奈緒、朝ドラ視聴率・朝ドラ人気回復に最大の貢献!」はこちら。

⇒2011年10月8日「二宮星お多福の演技力…カーネーション・朝ドラヒロイン」はこちら。

⇒2011年10月5日「尾野真千子カーネーション視聴率…井上真央おひさまに及ばず」はこちら。

⇒2011年10月3日「尾野真千子、朝ドラオーディション4度目の正直で号泣!」はこちら。

⇒2011年10月1日「おひさま井上真央からカーネーション尾野真千子へ…視聴率20%超連発」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

菅野智之、巨人を逆指名…長野久義、澤村拓一に続け!

先日のブログ「菅野智之は横浜と巨人が指名…ドラフト会議12球団1位予想」に続いて・・・。

2011ドラフト会議で読売ジャイアンツ(読売巨人軍)が1位指名を表明している東海大の即戦力右腕・菅野智之投手。
意中の球団以外から指名された場合には入団しないことが判明した。
日本大学野球連盟の規定によりドラフト前に特定球団への入団希望の意思を表明することができないため、東海大の横井人輝監督が本人の気持ちを代弁した。
社会人野球やメジャーリーグでなく、1年で済む“浪人”を選ぶようだ。
意志は固い。

菅野智之は原辰徳監督のおいに当たる。
実質的に“逆指名”になったことにより、他球団は1位指名がきわめて困難になった。
巨人は長野久義、澤村拓一に続いて“逸材”を単独指名する。
澤村拓一と菅野智之はゴールデンルーキーと呼んでいい。

かつて「球界の盟主」と呼ばれた巨人。
すっかり人気が衰えたと思われているが、わりと根強い・・・。

長野久義が首位打者のタイトルを獲得した。
巨人生え抜きの右打者では、1971年の長嶋茂雄終身名誉監督以来40年ぶり。
また、巨人入団2年目での首位打者は、打撃の神様・川上哲治と長嶋茂雄に次いで3人目。
私は、長野久義が執念で実質逆指名を獲得したことを思い出した。

                       ◇

福岡ソフトバンクホークスが宮崎日大高の武田翔太投手を1位指名することが判明した。
甲子園の出場経験はないが、長身から投げ込む速球は威力がある。
加えて変化球もカーブ、スライダー、シュート、チェンジアップと多彩だ。
「九州のダルビッシュ」と呼ばれている。
ソフトバンクはすんなり交渉権を獲得する。

オリックスバファローズは東洋大の藤岡貴裕投手を指名する。
外れ1位が地元の兵庫県出身で福島・聖光学院の歳内宏明投手になる模様。
今夏の甲子園では2回戦で敗退したが、2試合で30三振を奪った。
「みちのくのドクターK」。

中日ドラゴンズは、東海大甲府高の高橋周平内野手を1位指名する。

いずれも予想であり、もちろん確定でない。

以下に、「菅野智之は横浜と巨人が指名…ドラフト会議12球団1位予想」と題する2011年10月23日のブログを収める。

                      ◇◆◇

プロ野球ドラフト会議2011(プロ野球新人選手選択会議2011)。
球団は戦力補強がかかり、新人は野球人生がかかる運命の一日だ。
私が昨年、品川プリンスホテルアネックスタワー(旧エグゼクティブタワー)に連泊中、夕方やけに騒がしいと思ったことがあった。
人もクルマも普段より明らかに多い。
後で知ったが、ドラフト会議2010が行われていた。

1年前から有力選手の1位指名予想が飛び交っている。
去年は早大の3投手に注目が集まり、おおいに盛りあがった。
結局、大石達也が西武、斎藤佑樹が日本ハム、福井優也が広島(外れ1位)へ。
なかでもスター性が際立つ斎藤佑樹はドラフト前後の話題をほぼ独占した。

スポーツマスコミは当然として、昨今はインターネットにそれらをベースとしながら、さまざまな情報を統合した専門的な判断が示されている。
“おたく”の分析力を含む情報力は侮れない。
プロのスカウトでないかと思うほど、下位指名の選手や将来性豊かな選手にまで目を光らせている。
ブログの記事などを読むと、その鋭さと深さに、そして客観性に感心させられる。
カネを払わなくてもそれなりに信憑性の高い情報が簡単に得られる。

とはいえ、スポーツマスコミでも1位指名予想の“的中率”はそれほど高いわけでない。
ドラフトは各球団が牽制や駆け引きを展開し、手の内を悟られないようにしているからだろう。
平たく言えば、うそや見せかけのポーズの連続・・・。
プロ記者でも騙される。
また、ドラフト会議直前に結論を出す球団も少なくない。
有力選手の競合(指名重複)や他球団の動向(指名順位)を読まなければならず、フロントやスカウト、現場(監督)だってぎりぎりまで迷う。

                       ◇

マスコミとインターネットの情報に基づく1位指名選手の予想は大体こんな感じだ。

◆千葉ロッテマリーンズ
◎藤岡貴裕 投手 東洋大
先発左腕の補強が急務。

◆横浜ベイスターズ
○菅野智之 投手 東海大
東海大相模高出身。
戦績も動員もどん底のチーム状況を打破するため、5割の可能性を選択する。
が、交渉権を得たとしても、入団にこぎ着けるのは至難!
一か八かの賭けに出るか、そのリスクを嫌うか、はたして…。
横浜に暮らす私としては、オーナーが変わることだし、指名に踏み切ってほしい。
ベイスターズは落ちるところまで落ちており、失うものがない。
やけくそ作戦が正しい。
△藤岡貴裕 投手 東洋大
ベイスターズの勢いでは、当たりくじを引き当てられない?

◆東北楽天ゴールデンイーグルス
◎野村祐輔 投手 明大
△藤岡貴裕 投手 東洋大
岩隈久志が抜けた穴を埋めたい。

◆広島カープ
◎野村祐輔 投手 明大
確実。地元出身。

◆オリックスバファローズ
○中後悠平 投手 近畿大
ドラフトでのくじ運が極端に悪く、藤岡貴裕を避ける。
△藤岡貴裕 投手 東洋大

◆阪神タイガース
◎伊藤隼太 外野手 慶大
無競合?
ならば、素晴らしい補強だ。

◆埼玉西武ライオンズ
○藤岡貴裕 投手 東洋大
ドラフトくじに滅法強く、菊池雄星、大石達也と連続で引き当てている。
△武田翔太 投手 宮崎日大

◆読売ジャイアンツ(読売巨人軍)
◎菅野智之 投手 東海大
早々に1位指名を公言。
横浜ベイスターズの動向に神経を尖らせている?

◆北海道日本ハムファイターズ
◎藤岡貴裕 投手 東洋大
ダルビッシュ有が抜けた穴を埋めたい。

◆東京ヤクルトスワローズ
◎高橋周平 内野手 東海大甲府高
1位指名を公言。すんなり交渉権獲得。

◆福岡ソフトバンクホークス
○武田翔太 投手 宮崎日大高
すんなり交渉権獲得。
△伊藤隼太 外野手 慶大
1位指名は伊藤隼太、外れ1位は武田翔太の可能性も…。

◆中日ドラゴンズ
○高橋周平 内野手 東海大甲府高
△伊藤隼太 外野手 慶大
△藤岡貴裕 投手 東洋大
まだ絞り切れていないのでないか。

注目は、藤岡貴裕、菅野智之、野村祐輔、中後悠平の4投手と、アマチュアナンバーワンスラッガーの伊藤隼太に集まる。
藤岡貴裕は数球団が競合するのは確実な情勢。
ただし、今シーズンは“飛ばないボール”の採用により得点力低下で苦しんだことから、とくに長打力のある野手に関心が向かう。

巨人は2009年の長野久義(ホンダ)、2010年の澤村拓一(中大)と連続で逸材を単独指名。
いずれも実質“逆指名”だった。
澤村拓一は文字どおりゴールデンルーキー。
長野久義は今シーズン首位打者の可能性…。
二人ともセ・リーグ新人王(おそらく)。

今年は菅野智之(東海大)を指名。
原辰徳監督のおいに当たる。
球界には、親族に手を出さないという暗黙のルールがある。
となると、菅野智之も逆指名に近いか。

                       ◇

2011年プロ野球ドラフト会議の概要は以下のとおり。

◆日時:2011年10月27日(木) 午後5時〜
◆会場:グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール
◆中継:TBS 午後4時53分〜(予定)

私は知らなかったが、社団法人日本野球機構はドラフト会議の会場にファンを抽選で招待しているようだ。

                      ◇◆◇

プロ野球とプロ野球選手に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年10月19日「澤村拓一、森麻季と結婚、エースナンバー18番を背負う」はこちら。

⇒2011年10月17日「澤村拓一、ぶっちぎりセ・リーグ新人王…巨人4年連続選出」はこちら。

⇒2011年9月27日「落合博満は横浜ベイスターズの監督就任へ…5年で立て直し」はこちら。

⇒2011年9月25日「イチロー監督誕生までのつなぎか?…高木守道監督就任」はこちら。

⇒2011年6月24日「投手は天国、打者は地獄、巨人は本塁打が半減」はこちら。

⇒2011年6月15日「巨人、ホームラン・得点激減…飛ばないボールの影響?」はこちら。

⇒2011年6月13日「原辰徳監督がサイン攻め…巨人軍はスター不在」はこちら。

⇒2011年6月8日「斎藤佑樹、復帰戦は変化球主体の投球から脱却?」はこちら。

⇒2011年6月7日「澤村拓一の面構えとオーラ…真っ向勝負の魅力!」はこちら。

⇒2011年4月19日「牧田和久サブマリン…手玉に取る頭とテンポ」はこちら。

⇒2011年4月21日「澤村拓一、巨人黄金伝説の扉を開ける」はこちら。

⇒2011年2月12日「沢村拓一は伝説の投手になれ…城之内邦雄」はこちら。

⇒2011年2月11日「沢村拓一に開幕投手テスト…巨人原辰徳監督」はこちら。

⇒2011年2月7日「沢村拓一が宮崎牛に舌鼓…巨人1軍キャンプ」はこちら。

⇒2011年2月4日「沢村拓一15番、斎藤佑樹18番…実力はどちら?」はこちら。

⇒2011年2月3日「勝ち星予想…沢村拓一・斎藤佑樹・大石達也」はこちら。

⇒2011年1月31日「斎藤佑樹は1軍キャンプで滅多打ち、プロで通用?」はこちら。

⇒2011年1月30日「斎藤佑樹、日本ハム新ユニフォームを名護で披露」はこちら。

⇒2011年1月24日「スター斎藤佑樹…満員札止めの大舞台」はこちら。

⇒2010年11月14日「東海大・菅野智之は巨人、興南・島袋洋奨は中央大」はこちら。

⇒2010年11月12日「沢村拓一は巨人の開幕投手、即沢村賞も…」はこちら。

⇒2010年11月11日「一二三慎太は投手か打者か…阪神タイガース」はこちら。

⇒2010年11月6日「公家の斎藤佑樹と武士の沢村拓一…セ・パ交流戦対決」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

テレビ局の取材依頼…地獄の営業研修を撮影したい

きのうの夕方、民放から取材の打診が入った。
同局では、ゴールデンタイムの主要番組から幾度か…。
ありがたい。

実は、NHK以外のすべてのキー局から取材の依頼は寄せられている。
が、一度も実現していない。
今回は、企業での厳しい指導・教育(研修)の現場を収録したいというものだった。

私は、営業立て直し・業績テコ入れ専門だ。
また、通称、営業再建屋・真逆講師だ。
仕事の中身は、結果を出せないやり方の“全否定”になる。
激辛の指摘、過酷な要求の連続・・・。

つまり、自分を選んでくれたクライアント(有権者)を目の前にし、至近距離から“ダメ出し”をするコンサルタント(政治家)。
その現場は壮絶の一言。
激しく抵抗・反発・拒絶する相手とのぎりぎりの戦いの連続である。
気の弱い社員は凍り付き、卒倒しかねない。
私は1年の過半を自由経済の“戦場”に身を置く。

再建系のコンサルタントは、乗り込んだ会社や職場で批判や非難の嵐にさらされる。
もっとも必要なのは、腹を括ることだ。
結果を出せないのに、本人が変わる気がないとしたら出ていってもらうしかない。
営業分野でこうした仕事を引き受ける人はきわめて少ない。

当然、クライアントから撮影の許可は下りない。
そもそも、そんな話をこちらから持ちかけられない。
というわけで、今回も期待に応えられなかった・・・。

                       ◇

テレビ局の番組取材や番組出演がまとまらない理由は、おもに以下の3つのいずれか。

1.即座の取材依頼。
「いますぐに伺いたい」。
たいていこれだが、かならず予定が詰まっている。
まったくムリ。
余裕があっても2〜3日以内。
やはり都合をつけられない。

2.番組改編期直前のレギュラー出演依頼。
このブログで幾度か述べているように、例えば、現時点で2013年3月までの講演や公開セミナー、企業研修、コンサルティングの仕事を少しずついただいている。
能率手帳の日程が徐々にふさがりつつある。
4月と10月の番組改編期の1〜2カ月前に話を持ちかけられるが、応じたくても応じられない。
いったん決まった予定は動かせないからだ。

3.クライアント指導・教育の現場取材。
今回がこれ。
テーマによって違うものの、例えば、私の代名詞となった「提案営業研修標準講座」でも相当に過酷だ。
アンケートでときに「地獄の営業研修」などと書かれる。
これまで既存顧客の担当者への顔出しを繰り返してきた営業は逃げ出したくなるはずだ。
結果として、救急車が過去に何回か出動している。
また、大手企業などでは全国から受講者が集合するが、しばしば退場させている。
「あなたが帰るか、私が帰るか、どちらかだ」。
本人はもちろん、クライアントの上層部や事務局が青ざめる。
会場が水を打ったように静まり返る・・・。
私は契約を解除されることを覚悟のうえで、この仕事に真剣に臨んでいる。

                       ◇

私は先週、福岡出張だった。
戻ってくると、朗報がいっぱい・・・。

来年度7週分のスケジュールが一気に埋まった。
2012年5月から11月まで、毎月1週ずつ。
私にとり非常に大きい。
10月の時点で、画期的といえよう。
この不況下にありがたく、クライアントにお礼申しあげる。

また、年明け開催の3時間講演の要請が入っていた。
対象は、従業員・数百名くらいの企業の社長など取締役クラス。
日程が折り合えば、喜んで引き受ける。

さらに、最大手クラスの公開セミナー会社から、来年度の夜間講演の打診が寄せられた。
90分〜2時間の月例で、全12回。
これもありがたく、主催者にお礼申しあげる。
参加者に満足してもらえるテーマと運営方法を企画したい。
きわめて限られた時間だが、私が一方的にしゃべるのでなく、2WAYの要素をいくらか取り入れ、くつろぎながら楽しんでいただきたいと思う。

翌年度のスケジュールが埋まるのが、例年よりかなり早い。
感謝、感謝、感謝・・・。

                       ◇

話は変わる。
政治家の質がひどく低下し、この国の衰退を加速させている。
私がブログなどでそう述べると、「政治家は国民の鏡」とか「それは国民の質が低下した裏返し」とか、退屈なコメントが寄せられる。
政治家を選んだのは国民なので、その程度のことは分かっている。

問題は、それを有権者に面と向かい、しっかりと指摘する政治家がいなくなったことだ。
至近距離から国民を否定すればいいじゃないか。
「愚かな政治家を選び、この国を凋落させている張本人はあなただ」と・・・。

国会議員を有利な商売と考えるなど論外。
彼らは自分の当選、グループや派閥の拡大にしか興味がない。
政治家の選挙演説は、できもしない約束、歯の浮くおべんちゃらのオンパレードである。
聞くに値しない。

世の中、好かれて選ばれようとする政治家ばかりになった。
有権者と戦って選ばれようとする骨のある政治家はほとんど見当たらない。
政治に命を懸けると言うなら、国民と格闘して評価されることを目指すべきだ。

以下に、「民放テレビ局から取材と出演の依頼」と題する2011年2月21日のブログをそのまま収める。

                      ◇◆◇

和田創のブログや和田創研のホームページに掲載された記事がキーワード検索に引っかかり、テレビ局から取材の依頼がポツリポツリと入る。
実際には、番組の担当者や制作会社のスタッフから…。
しかし、当日、翌日、余裕があったとしても3日後。
メディアの特性を考えれば、致し方ないのかもしれない。
が、数日先の予定が空白ということはまずない。
とくに依頼が多いのは、いますぐ。
先日も打診を受け、これでNHKのほかはすべて。
私は最近、時間に余裕のある人でなければテレビ局の期待にとても応えられないということが分かってきた。
マスコミは仕事の進め方においてもスピードが命なのだ。

私は数カ月で還暦を迎える。
体力が低下し、体調が悪化して、企業研修や公開セミナーを含め、多くの講演をこなすことが困難になった。
フェイス・トゥ・フェイスでメッセージを伝えられる機会はどんどん減っていくだろう。
ましてアルツハイマーの家系であり、職業人生の幕引きはそう遠くない。

私は教育基軸のコンサルタントとして、日本の営業の活性化を支援してきたとの強い自負を持つ。
それでも、さらなる貢献が可能である。
生意気を言えば、長い試行錯誤と厳しい研鑽の末に確立し蓄積した営業立て直し、業績テコ入れに関するノウハウは膨大であり、だれにも負けない。
それをより大勢に、より効率的に伝えたい。

ネット社会の到来のなかで情報発信力を大きく落としたとされるテレビ。
だが、そうした目的において、もっとも有効なメディアであることに変わりない。
私はタイミングが合えば、喜んで取材に応じる。

先だって民放テレビ局からレギュラー出演の依頼が入った。
1週間に1回、自分の主張をしっかりと述べられる最良の機会が突然降ってきた。
おそらく新年度(4月)の番組改編期をにらんだ働きかけだろう。
新番組でない。
視聴者は飽きやすいので、鮮度の維持や魅力の増強のためのリニューアルが欠かせない。
担当者がわざわざ私の講演先まで足を運んでくれた。
企画というより、いきなり実務の打ち合わせである。
実質、準備期間は1カ月しかない。

私は年末から次年度の講演などのスケジュールが次第に埋まっていく。
したがって、この時期に話をいただいても、物理的に引き受けられない。
来年4月以降なら日程を取れるのだが・・・。
テレビ局のスピードとなかなか噛み合わない。
残念!

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

横浜モバゲーベイスターズ、新庄剛志監督就任…人気回復優先

先日のブログ「菅野智之は横浜と巨人が指名…ドラフト会議12球団1位予想」に続いて・・・。

⇒2011年10月23日「菅野智之は横浜と巨人が指名…ドラフト会議12球団1位予想」はこちら。


横浜ベイスターズは、TBSホールディングス(HD)からゲームサイト「モバゲー」を運営するディー・エヌ・エー(DeNA)への球団譲渡が合意に達した。
正式発表はドラフト会議の翌日。

新球団名は、会社でなく看板事業の「Mobage(モバゲー)」を用いて「横浜モバゲーベイスターズ」。
DeNAが親しみを重視した結果であり、前例がない。
「モバゲー」という新会社をつくるので大丈夫とか…。
還暦の私は舌を噛みそうになる。

村田修一内野手が内川聖一外野手に続いてFA権を行使して他球団に移籍すると、人気選手がいなくなる。
球団の売却交渉でバタバタしたため、ドラフト会議での1位指名は固まっていないかもしれない。

が、チーム事情からして、大きな注目を集める東洋大の藤岡貴裕投手に賭ける?
明大の野村祐輔投手も候補に入っているようだ。
何せ来季はあの(?)新庄剛志が新監督に就任するらしい。
横浜市民の私は唖然とした。

横浜モバゲーベイスターズ(DeNA)はチーム強化よりも観客動員(人気回復)のほうを優先している。
批判は避けられないが、それも立派な経営判断だろう。
長らく話題にさえ上らず、プロ球団とは呼べない。
セ・パ両リーグを通じて1チームだけ蚊帳の外の状態・・・。
選手に元気を出せと言っても難しい。

飛ぶ鳥を落とす勢いの新興企業ならではの、きわめて乱暴な決断といえよう。
はっきりしているのは、新庄剛志監督のインタビューが面白おかしくスポーツニュースで流されることだ。
ほとんどのコメントが意味不明?
横浜モバゲーベイスターズはマスコミでの露出が爆発的に増える。

DeNAはおそらく新庄剛志をCMのキャラクターとして活用する。
私は新監督が試合中にモバゲーに夢中になり、投手交代が遅れないことを祈る。

ところで、東北楽天ゴールデンイーグルスはDeNAの参入に難色を示している。
私は、そこにどのような理由があるのか知らない。
新興企業が参入すれば、プロ野球の活性化につながると思うが・・・。

◆書き加え1(10月26日)

横浜はドラフト会議で東洋大の藤岡貴裕投手を1位指名することを決めたようだ。

また、私のFacebookの記事に、新球団名は「横浜ゲイスターズ」と省略して呼ばれそうというコメントが寄せられた。
う〜ん・・・。

                      ◇◆◇

プロ野球とプロ野球選手に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年10月23日「菅野智之は横浜と巨人が指名…ドラフト会議12球団1位予想」はこちら。

⇒2011年10月19日「澤村拓一、森麻季と結婚、エースナンバー18番を背負う」はこちら。

⇒2011年10月17日「澤村拓一、ぶっちぎりセ・リーグ新人王…巨人4年連続選出」はこちら。

⇒2011年9月27日「落合博満は横浜ベイスターズの監督就任へ…5年で立て直し」はこちら。

⇒2011年9月25日「イチロー監督誕生までのつなぎか?…高木守道監督就任」はこちら。

⇒2011年6月24日「投手は天国、打者は地獄、巨人は本塁打が半減」はこちら。

⇒2011年6月15日「巨人、ホームラン・得点激減…飛ばないボールの影響?」はこちら。

⇒2011年6月13日「原辰徳監督がサイン攻め…巨人軍はスター不在」はこちら。

⇒2011年6月8日「斎藤佑樹、復帰戦は変化球主体の投球から脱却?」はこちら。

⇒2011年6月7日「澤村拓一の面構えとオーラ…真っ向勝負の魅力!」はこちら。

⇒2011年4月19日「牧田和久サブマリン…手玉に取る頭とテンポ」はこちら。

⇒2011年4月21日「澤村拓一、巨人黄金伝説の扉を開ける」はこちら。

⇒2011年2月12日「沢村拓一は伝説の投手になれ…城之内邦雄」はこちら。

⇒2011年2月11日「沢村拓一に開幕投手テスト…巨人原辰徳監督」はこちら。

⇒2011年2月7日「沢村拓一が宮崎牛に舌鼓…巨人1軍キャンプ」はこちら。

⇒2011年2月4日「沢村拓一15番、斎藤佑樹18番…実力はどちら?」はこちら。

⇒2011年2月3日「勝ち星予想…沢村拓一・斎藤佑樹・大石達也」はこちら。

⇒2011年1月31日「斎藤佑樹は1軍キャンプで滅多打ち、プロで通用?」はこちら。

⇒2011年1月30日「斎藤佑樹、日本ハム新ユニフォームを名護で披露」はこちら。

⇒2011年1月24日「スター斎藤佑樹…満員札止めの大舞台」はこちら。

⇒2010年11月14日「東海大・菅野智之は巨人、興南・島袋洋奨は中央大」はこちら。

⇒2010年11月12日「沢村拓一は巨人の開幕投手、即沢村賞も…」はこちら。

⇒2010年11月11日「一二三慎太は投手か打者か…阪神タイガース」はこちら。

⇒2010年11月6日「公家の斎藤佑樹と武士の沢村拓一…セ・パ交流戦対決」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

博多みやげ・鶴乃子(季節限定 栗)がうまい…石村萬盛堂

先週木曜日、4日間の福岡出張から戻った。
定宿(常宿)の「西鉄グランドホテル」に連泊。
確か建築後半世紀近く経っているが、館内と室内はそれなりに快適だ。
私にとり、仕事にも食事にも便利な立地というのが一番。

その帰路、JR新幹線・博多駅で福岡土産を買い求めた。
構内の「おみやげ街道博多」。
妻が好きな明月堂の「博多通りもん」。
子が好きな明月堂の「博多じまん」。
これは、つぶ餡仕立て。
妻と子が好きそうな石村萬盛堂の「栗 鶴乃子(季節限定)」。
これはマシュマロ。
以上3点。

さらに、苦労をかけっぱなしの妻に、新幹線の車内でフジバンビの「ドーナツ棒」。
加えて、車内で「甘栗 むいちゃいました」。
合計5点。

妻は「栗」が大好物。
文字を見るだけで、表情が緩む。
積もった心身の疲れを吹き飛ばしてもらいたくて、私は奮発。

「栗 鶴乃子(季節限定)」は、鶴の羽毛(?)のような白くてふわふわのマシュマロに、旬の「栗」の濃厚なクリームを閉じ込めた。
妻と子がうまいを連発!
初めて買い求めたが、こんなに喜んでくれるとは・・・。

                       ◇

私は9月〜11月は書き入れ時で、出張の連続。
この間、書斎で暮らすアメリカンショートヘアの「フウ(♀)」は独りぼっち(もちろん、妻が愛情を注ぎ、面倒を見ている)。
たまに自宅に戻ると、私のそばから離れない。
夜は、体の横にピタッと張り付いて眠る。
ネコは体温が高いので、熱い・・・。

以下に、「博多通りもん、福岡土産一番人気の秘密」と題する2011年3月5日のブログをそのまま収める。

                      ◇◆◇

通りもん1このブログで「博多じまん、人気の福岡土産のうまさ…明月堂」と題して、「博多通りもん」と「博多じまん」という和洋折衷の銘菓を取りあげた。
いずれも福岡市の株式会社明月堂が製造している。

⇒2011年2月18日「博多じまん、人気の福岡土産のうまさ…明月堂」はこちら。

私は先ごろ福岡で提案営業研修を行った。
通りもん2
地場企業の社長の熱意にほだされたのだ。
3泊4日の出張の帰路、新幹線博多駅構内の例の売店(「おみやげ街道博多」と判明)で「博多通りもん」と「博多じまん」を買い求めた。
妻と子どものリクエストに応えた。
実は、私もくたくたに疲れていて甘味が欲しかった。

それぞれ6個入りと決めていた。
通りもん3当日、「博多じまん」は10個入りしか置かれていなかった。
売り切れ?
私は原則としてこちらしか食べないので、むしろ好都合。
両方とも洗練されたおいしさが特徴だが、あえて言えば上品な「博多通りもん」に対して俗っぽい「博多じまん」。
通りもん4今回は写真に収めてみた。

「博多通りもん」は福岡土産のなかでも人気ナンバーワンの銘菓である。
その秘密に関しては先のブログで詳しく述べた。

                       ◇

博多じまん1私は職業講師として日本各地を訪れたが、東京を除いて圧倒的に多いのが福岡市である。
大阪や名古屋、広島と比較にならない回数、そして日数である。
私はヒコーキに乗らないので、東海道新幹線と山陽新幹線の「のぞみ」をかならず利用しており、どうも「福岡」という呼称がしっくりしない。
福岡空港を利用している人は、おそらく「博多」という呼称がしっくりしないのでないか。

博多じまん2三大祭(祭り)が「博多どんたく港まつり」「博多祇園山笠」「筥崎宮(箱崎宮)放生会」。
観光の面でも「博多」。
また、繁華街も福岡中洲というより博多中洲のほうがピンとくる。
一度クラブで遊んでみたいと思っているうちに還暦を迎える。
余談ながら博多に限らず、講演や公開セミナー、企業研修の前夜に飲んだことが一度もない。
博多じまん3ひたすら体調の維持と体力の温存に努めてきた。

福岡県福岡市は、生まれ故郷の新潟県直江津市(現上越市)を別にし、一番好きな地方都市である。
私は新幹線新横浜駅でのぞみに乗り込む際、ふるさとに戻る気分になる。
今年も合計1カ月間は滞在しそう。

やはり余談。
博多じまん4博多は、歌手のほか多くの芸能人やタレントを輩出している。
自由の風が吹き、遊びの土壌が培われている。
私が好きな「青春の影」の財津和夫。
彼は勝負をかけて博多から上京した。
そして、ついに「心の旅」のヒットを飛ばした。
この楽曲はそのときの心情と決意を歌った?

⇒2010年12月30日「チューリップ・青春の影…財津和夫の苦悩と葛藤」はこちら。

                      ◇◆◇

福岡・博多に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年2月18日「博多じまん、人気の福岡土産のうまさ…明月堂」はこちら。

⇒2010年8月19日「石原裕次郎が愛した隠れ家…タカクラホテル」はこちら。

⇒2010年5月26日「チャリンコホステス大増殖…博多中洲」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

カーネーション・ヒロイン小原糸子のモデル…小篠綾子

NHK朝の連続テレビ小説「カーネーション」。
尾野真千子がヒロイン・小原糸子を演じる。
ファッションデザイナーの草分け・小篠綾子(故人)の半生がシナリオのベースになっている。
脚本は、尾野真千子が文化庁芸術祭大賞を受賞した2009年のNHKドラマ「火の魚」を手がけた渡辺あや。
二人が再びタッグを組んだ。

小篠綾子は、ファッションを通して大勢に夢を与えることに生涯を捧げた。
朝ドラ「カーネーション」は本人と家族をエピソードも交えて描く。
「綾子」という名前には、「糸」に関わる仕事に就けるようにという願いが込められている。

小篠綾子は15歳で洋装の道へ進んだ。
最初は修行。
1934年(昭和9年)、21歳で岸和田に「コシノ洋装店」を開いた。
おそらく「既製服」という概念のない時代であり、スタートはミシン一台だった。
昼間は、御用聞きに飛び回る。
夜間は、請け負った仕事のためにミシンを踏む。
無我夢中で働いた。

小篠綾子はやがて父に勧められた男性と結婚し、長女ヒロコを出産した。
24歳だった。
そして、次女ジュンコ、三女ミチコ・・・。
この間、オートクチュール(高級仕立服)のヒットを生むなど、草創期のファッション業界で活躍しはじめた。
三女ミチコを身ごもっていた30歳で、紳士服のテーラーだった夫が出征して戦地で病死した。

小篠綾子は戦後のどん底の社会情勢、女手一つで娘3人を育てることになる。
朝から晩まで仕事ずくめ。
しかし、愚痴や弱音を吐かず、仕事に打ち込んだ。
娘たちは母親の必死な姿を目の当たりにした。

日本の復興につれ、小篠綾子はオートクチュールに捉われず、活動のジャンルを広げていった。
娘たちが「コシノ三姉妹」として世界的に活躍するようになっても岸和田で洋装店を続け、さまざまな作品をつくり出した。

小篠綾子は2006年、脳梗塞で死去。
享年92歳。

なお、NHK「カーネーション」公式サイトに、1970年代の「岸和田駅前通商店街」の店舗が写った写真が掲載されている。

                      ◇◆◇

尾野真千子と朝ドラ「カーネーション」に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年10月21日「尾野真千子・小原糸子の演技、朝ドラ・カーネーションの評判」はこちら。

⇒2011年10月18日「松下奈緒・瀧本美織・井上真央・尾野真千子…朝ドラヒロイン素顔」はこちら。

⇒2011年10月12日「松下奈緒、朝ドラ視聴率・朝ドラ人気回復に最大の貢献!」はこちら。

⇒2011年10月8日「二宮星お多福の演技力…カーネーション・朝ドラヒロイン」はこちら。

⇒2011年10月5日「尾野真千子カーネーション視聴率…井上真央おひさまに及ばず」はこちら。

⇒2011年10月3日「尾野真千子、朝ドラオーディション4度目の正直で号泣!」はこちら。

⇒2011年10月1日「おひさま井上真央からカーネーション尾野真千子へ…視聴率20%超連発」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

菅野智之は横浜と巨人が指名…ドラフト会議12球団1位予想

プロ野球ドラフト会議2011(プロ野球新人選手選択会議2011)。
球団は戦力補強がかかり、新人は野球人生がかかる運命の一日だ。
私が昨年、品川プリンスホテルアネックスタワー(旧エグゼクティブタワー)に連泊中、夕方やけに騒がしいと思ったことがあった。
人もクルマも普段より明らかに多い。
後で知ったが、ドラフト会議2010が行われていた。

1年前から有力選手の1位指名予想が飛び交っている。
去年は早大の3投手に注目が集まり、おおいに盛りあがった。
結局、大石達也が西武、斎藤佑樹が日本ハム、福井優也が広島(外れ1位)へ。
なかでもスター性が際立つ斎藤佑樹はドラフト前後の話題をほぼ独占した。

スポーツマスコミは当然として、昨今はインターネットにそれらをベースとしながら、さまざまな情報を統合した専門的な判断が示されている。
“おたく”の分析力を含む情報力は侮れない。
プロのスカウトでないかと思うほど、下位指名の選手や将来性豊かな選手にまで目を光らせている。
ブログの記事などを読むと、その鋭さと深さに、そして客観性に感心させられる。
カネを払わなくてもそれなりに信憑性の高い情報が簡単に得られる。

とはいえ、スポーツマスコミでも1位指名予想の“的中率”はそれほど高いわけでない。
ドラフトは各球団が牽制や駆け引きを展開し、手の内を悟られないようにしているからだろう。
平たく言えば、うそや見せかけのポーズの連続・・・。
プロ記者でも騙される。
また、ドラフト会議直前に結論を出す球団も少なくない。
有力選手の競合(指名重複)や他球団の動向(指名順位)を読まなければならず、フロントやスカウト、現場(監督)だってぎりぎりまで迷う。

                       ◇

マスコミとインターネットの情報に基づく1位指名選手の予想は大体こんな感じだ。

◆千葉ロッテマリーンズ
◎藤岡貴裕 投手 東洋大
先発左腕の補強が急務。

◆横浜ベイスターズ
○菅野智之 投手 東海大
東海大相模高出身。
戦績も動員もどん底のチーム状況を打破するため、5割の可能性を選択する。
が、交渉権を得たとしても、入団にこぎ着けるのは至難!
一か八かの賭けに出るか、そのリスクを嫌うか、はたして…。
横浜に暮らす私としては、オーナーが変わることだし、指名に踏み切ってほしい。
ベイスターズは落ちるところまで落ちており、失うものがない。
やけくそ作戦が正しい。
△藤岡貴裕 投手 東洋大
ベイスターズの勢いでは、当たりくじを引き当てられない?

◆東北楽天ゴールデンイーグルス
◎野村祐輔 投手 明大
△藤岡貴裕 投手 東洋大
岩隈久志が抜けた穴を埋めたい。

◆広島カープ
◎野村祐輔 投手 明大
確実。地元出身。

◆オリックスバファローズ
○中後悠平 投手 近畿大
ドラフトでのくじ運が極端に悪く、藤岡貴裕を避ける。
△藤岡貴裕 投手 東洋大

◆阪神タイガース
◎伊藤隼太 外野手 慶大
無競合?
ならば、素晴らしい補強だ。

◆埼玉西武ライオンズ
○藤岡貴裕 投手 東洋大
ドラフトくじに滅法強く、菊池雄星、大石達也と連続で引き当てている。
△武田翔太 投手 宮崎日大

◆読売ジャイアンツ(読売巨人軍)
◎菅野智之 投手 東海大
早々に1位指名を公言。
横浜ベイスターズの動向に神経を尖らせている?

◆北海道日本ハムファイターズ
◎藤岡貴裕 投手 東洋大
ダルビッシュ有が抜けた穴を埋めたい。

◆東京ヤクルトスワローズ
◎高橋周平 内野手 東海大甲府高
1位指名を公言。すんなり交渉権獲得。

◆福岡ソフトバンクホークス
○武田翔太 投手 宮崎日大高
すんなり交渉権獲得。
△伊藤隼太 外野手 慶大
1位指名は伊藤隼太、外れ1位は武田翔太の可能性も…。

◆中日ドラゴンズ
○高橋周平 内野手 東海大甲府高
△伊藤隼太 外野手 慶大
△藤岡貴裕 投手 東洋大
まだ絞り切れていないのでないか。

注目は、藤岡貴裕、菅野智之、野村祐輔、中後悠平の4投手と、アマチュアナンバーワンスラッガーの伊藤隼太に集まる。
藤岡貴裕は数球団が競合するのは確実な情勢。
ただし、今シーズンは“飛ばないボール”の採用により得点力低下で苦しんだことから、とくに長打力のある野手に関心が向かう。

巨人は2009年の長野久義(ホンダ)、2010年の澤村拓一(中大)と連続で逸材を単独指名。
いずれも実質“逆指名”だった。
澤村拓一は文字どおりゴールデンルーキー。
長野久義は今シーズン首位打者の可能性…。
二人ともセ・リーグ新人王(おそらく)。

今年は菅野智之(東海大)を指名。
原辰徳監督のおいに当たる。
球界には、親族に手を出さないという暗黙のルールがある。
となると、菅野智之も逆指名に近いか。

                       ◇

2011年プロ野球ドラフト会議の概要は以下のとおり。

◆日時:2011年10月27日(木) 午後5時〜
◆会場:グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール
◆中継:TBS 午後4時53分〜(予定)

私は知らなかったが、社団法人日本野球機構はドラフト会議の会場にファンを抽選で招待しているようだ。

                      ◇◆◇

プロ野球とプロ野球選手に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年10月19日「澤村拓一、森麻季と結婚、エースナンバー18番を背負う」はこちら。

⇒2011年10月17日「澤村拓一、ぶっちぎりセ・リーグ新人王…巨人4年連続選出」はこちら。

⇒2011年9月27日「落合博満は横浜ベイスターズの監督就任へ…5年で立て直し」はこちら。

⇒2011年9月25日「イチロー監督誕生までのつなぎか?…高木守道監督就任」はこちら。

⇒2011年6月24日「投手は天国、打者は地獄、巨人は本塁打が半減」はこちら。

⇒2011年6月15日「巨人、ホームラン・得点激減…飛ばないボールの影響?」はこちら。

⇒2011年6月13日「原辰徳監督がサイン攻め…巨人軍はスター不在」はこちら。

⇒2011年6月8日「斎藤佑樹、復帰戦は変化球主体の投球から脱却?」はこちら。

⇒2011年6月7日「澤村拓一の面構えとオーラ…真っ向勝負の魅力!」はこちら。

⇒2011年4月19日「牧田和久サブマリン…手玉に取る頭とテンポ」はこちら。

⇒2011年4月21日「澤村拓一、巨人黄金伝説の扉を開ける」はこちら。

⇒2011年2月12日「沢村拓一は伝説の投手になれ…城之内邦雄」はこちら。

⇒2011年2月11日「沢村拓一に開幕投手テスト…巨人原辰徳監督」はこちら。

⇒2011年2月7日「沢村拓一が宮崎牛に舌鼓…巨人1軍キャンプ」はこちら。

⇒2011年2月4日「沢村拓一15番、斎藤佑樹18番…実力はどちら?」はこちら。

⇒2011年2月3日「勝ち星予想…沢村拓一・斎藤佑樹・大石達也」はこちら。

⇒2011年1月31日「斎藤佑樹は1軍キャンプで滅多打ち、プロで通用?」はこちら。

⇒2011年1月30日「斎藤佑樹、日本ハム新ユニフォームを名護で披露」はこちら。

⇒2011年1月24日「スター斎藤佑樹…満員札止めの大舞台」はこちら。

⇒2010年11月14日「東海大・菅野智之は巨人、興南・島袋洋奨は中央大」はこちら。

⇒2010年11月12日「沢村拓一は巨人の開幕投手、即沢村賞も…」はこちら。

⇒2010年11月11日「一二三慎太は投手か打者か…阪神タイガース」はこちら。

⇒2010年11月6日「公家の斎藤佑樹と武士の沢村拓一…セ・パ交流戦対決」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

フィギュアGPシリーズ2011日程&出場選手…小塚と真央は?

フィギュアスケートグランプリシリーズ(GPシリーズ)2011が開幕する。
男子は世界選手権銀メダルの小塚崇彦、女子は新鋭の村上佳菜子に期待が集まる。
注目の浅田真央は復活を果たせるか。
世界選手権金メダルの安藤美姫、オリンピック金メダルの金妍児(キム・ヨナ)は休養・欠場する。
私は安藤美姫の演技が見られないのがさみしい。

小塚崇彦は「スケートアメリカ」と札幌開催の「NHK杯」に出場する。
日本男子のエースという自覚が芽生えた。
振り付けにこだわっており、表現面で格段の進歩を遂げる。
昨シーズンとオフシーズンの疲れが残っていなければ、相当な活躍を見せるだろう。
顔つきも男らしくなった。

高橋大輔は「スケートカナダ」と「NHK杯」に出場する。
2008年に手術した右ひざからボルトを抜いた。
フリースケーティングで新境地のブルースに挑む。

浅田真央は「NHK杯」と最終戦の「ロシア杯」に出場する。
佐藤信夫コーチの指導で取り組む“滑り”の矯正を少しでも進めたいからだろう。
逆に言えば、まだ時間がかかるということ。
フリーは昨シーズンに続いて「愛の夢」を舞うので、完成度は高まる。
浅田真央はGPファイナル進出を2シーズン連続で逃している。

村上佳菜子は「中国杯」と「フランス杯」に出場する。
昨シーズンのGPファイナルで3位に入って自信をつけた。
ショートプログラム(SP)で3回転−3回転ジャンプの難度を上げ、高得点を狙う。

GPシリーズは今シーズンから、直近の世界選手権上位者は3試合にエントリーできるように変わった。
しかし、調整が難しいのか、疲労が大きいのか、2試合どまり(不確か)。
2試合の得点上位6人がフィギュアスケートグランプリファイナル(GPファイナル)2011へ進出。

なお、フランス・ニースで来春開催される「世界フィギュアスケート選手権2012」の最終選考会は「全日本フィギュアスケート選手権2011」になる。
が、GPシリーズのランキングなども考慮されるようだ。

                       ◇

フィギュアスケートグランプリシリーズ(GPシリーズ)&グランプリファイナル(GPファイナル)2011の日程とおもな出場選手(予定)は以下のとおり。

第1戦◆GPシリーズ アメリカ大会(スケートアメリカ)
日程:2011年10月21〜23日
男子:小塚崇彦、村上大介、フローラン・アモディオ(フランス)
女子:今井遥、アリサ・シズニー(米国)、カロリナ・コストナー(イタリア)

第2戦◆GPシリーズ カナダ大会(スケートカナダ)
日程:2011年10月28〜30日
男子:高橋大輔、パトリック・チャン(カナダ)
女子:鈴木明子、アリョーナ・レオノワ(ロシア)、長洲未来(米国)

第3戦◆GPシリーズ 中国大会(中国杯)
日程:2011年11月4〜6日
男子:織田信成、羽生結弦、アルトゥール・ガチンスキー(ロシア)、ブライアン・ジュベール(フランス)
女子:村上佳菜子、長洲未来

第4戦◆GPシリーズ 日本大会(NHK杯)
日程:2011年11月11〜13日
男子:小塚崇彦、高橋大輔、町田樹、トマシュ・ベルネル(チェコ)
女子:浅田真央、鈴木明子、石川翔子、キーラ・コルピ(フィンランド)、レオノワ

第5戦◆GPシリーズ フランス大会(フランス杯)
日程:2011年11月18〜20日
男子:織田信成、チャン、アモディオ、ジュベール
女子:村上佳菜子、シズニー、コストナー

第6戦◆GPシリーズ ロシア大会(ロシア杯)
日程:2011年11月25〜27日
男子:羽生結弦、ガチンスキー、ベルネル
女子:浅田真央、今井遥、コルピ、レオノワ

◆GPファイナル(カナダ)
日程:2011年12月8〜11日
選手:男女ともGPシリーズの上位6人

                      ◇◆◇

小塚崇彦に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年10月3日「小塚崇彦、劇的成長の予感…自分が引っ張るしかない」はこちら。

⇒2011年9月30日「ジャパンオープン2011…安藤美姫、高橋大輔、小塚崇彦が出場」はこちら。

⇒2011年7月10日「小塚崇彦と浅田真央が初々しい…お似合いカップル」はこちら。

⇒2011年4月27日「小塚崇彦、金メダルへの距離…世界選手権」はこちら。

⇒2011年1月27日「浅田真央は小塚崇彦をどう思っているのか?」はこちら。

⇒2010年12月10日「高橋大輔を追う小塚崇彦に不安、村上佳菜子は自信」はこちら。

⇒2010年11月28日「イケメン小塚崇彦に足りないもの…GP圧勝」はこちら。

⇒2010年11月10日「安藤美姫と小塚崇彦、アベック優勝の注目度」はこちら。

                      ◇◆◇

安藤美姫に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年10月2日「安藤美姫、完全休養宣言…現役引退かソチ続行か結論」はこちら。

⇒2011年9月30日「ジャパンオープン2011…安藤美姫、高橋大輔、小塚崇彦が出場」はこちら。

⇒2011年5月28日「安藤美姫とモロゾフコーチ、キスクラの歓喜とハグ」はこちら。

⇒2011年5月3日「世界フィギュア採点のなぞ…安藤美姫の勝利」はこちら。

⇒2011年4月30日「安藤美姫、逆転世界女王!…審査員の粋な計らい」はこちら。

⇒2011年4月29日「浅田真央の連覇か安藤美姫の返り咲きか…世界女王」はこちら。

⇒2011年4月29日「安藤美姫、世界女王へガッツポーズの品格」はこちら。

⇒2011年2月25日「安藤美姫、世界王者返り咲きへ…世界選手権」はこちら。

⇒2011年2月22日「安藤美姫、ため息が出るほど美しく・・・」はこちら。

⇒2011年1月20日「安藤美姫に乗り移る金・荒川静香の優雅」はこちら。

⇒2011年1月18日「安藤美姫とニコライコーチ、ガッツポーズと涙」はこちら。

⇒2011年1月14日「安藤美姫は精神的に安定、元気と明るさが復活」はこちら。

⇒2010年12月28日「安藤美姫と高橋大輔…ぶっちぎりエキシビション」はこちら。

⇒2010年12月8日「安藤美姫はエロい大輪を咲かせよ…神秘的セクシー」はこちら。

⇒2010年11月10日「安藤美姫と小塚崇彦、アベック優勝の注目度」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

スティーブ・ジョブズ名言/公認伝記と神格化

米アップル創業者、スティーブ・ジョブズ(スティーブン・ポール・ジョブズ)に名言は多い。

⇒2011年10月10日「スティーブ・ジョブズの遺言…世界を変えた天才の生きた証」はこちら。

以下は、私が好きな一つだ。

                       ◇

人生は短い。

他人の言いなりになるな。
世間の常識に捉われるな。
周囲の雑音に惑わされるな。

もっとも重要なのは、
内なる声と直感に従う勇気を持つことだ。

自分が何ものになりたいかは、
自らが一番よく知っている。

このほかはすべて二の次なのだ。

◆書き加え1(10月21日)

スティーブ・ジョブズが当初、膵臓癌(すいぞうがん)の摘出手術を拒否していたという衝撃的な情報が入ってきた。
しかも、当人は決断が遅れなければ一命を取り留める可能性があったと深く後悔していた。

全米発売の公認伝記「スティーブ・ジョブズ」の著者ウォルター・アイザックソンがCBS「60ミニッツ」で明かした。
放送予定は10月23日。

スティーブ・ジョブズは、食事や心霊術などさまざまな療法を試みたが、手術だけは嫌がった。
家族の説得を9カ月拒みつづけた後に受け入れた。

当人は、自分が“神格化”されすぎてはいけないと考え、公認伝記著者に語ったのかもしれない。

                      ◇◆◇

スティーブ・ジョブズ(スティーブン・ポール・ジョブズ)に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年10月10日「スティーブ・ジョブズの遺言…世界を変えた天才の生きた証」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

尾野真千子・小原糸子の演技、朝ドラ・カーネーションの評判

NHK朝の連続テレビ小説「カーネーション」。
大阪・岸和田で大正〜昭和〜平成を駆け抜けたた故・小篠綾子(こしの・あやこ)をモデルにした波乱万丈の物語。
ファッションデザイナーの草分けとしてその道を切り拓きつつ、女手一つで「コシノ三姉妹(コシノヒロコ、コシノジュンコ、コシノミチコ)」を育てあげた。
女優・尾野真千子が強くてエネルギッシュなヒロイン・小原糸子(おはら・いとこ)を演じる。

私は締め切り仕事に追われてたまにしか見られないが、この「カーネーション」が面白い。
尾野真千子は非常に頑張っている。
私が一番気に入ったのは、演技をこねくり回したようないやらしさがまったくないこと。
役づくりは当然として、スパッとした本人の性格によるところが大きいのでは…。
カラッとしており、とにかく小気味よい。

元気になったり、落ち込んだり…。
嬉しくなったり、悲しくなったり…。
やる気になったり、投げやりになったり…。
人は意思や気持ちが揺れ動きながら長い人生を生きていく。
尾野真千子は「演技」ということを忘れさせるほど自然だ。
ヒロイン・小原糸子になりきっている。
視聴率は知らないが、「カーネーション」を見た知人の評判(評価)は良好。

尾野真千子は女優としては美人でない。
高くて大きな鼻に特徴がある。
好き嫌いがはっきりと分かれそうな顔立ちだ。
が、見慣れると、人懐っこい。
朝ドラファンに愛されるのでなかろうか・・・。

                       ◇

尾野真千子は放送がスタートする前の記者会見で、長丁場の朝ドラを全うする秘訣として十分な睡眠と栄養を挙げた。
そして、休日でも「肉」を食べると語った。

ヒロイン・小原糸子は感情とエネルギーを爆発させる。
登場は14歳から。
実年齢と大きく隔たるが、尾野真千子は思い切りテンションを上げて乗り切った。
走ったり、戦ったり、体の動きが激しく急である。
あの身のこなしは、猛烈に大変そう・・・。
腹が減り、疲れがたまる。

奈良出身の尾野真千子が苦戦しているのは意外にも「岸和田弁」だった。
大阪弁と微妙に違うため、かえって難しいらしい。

                      ◇◆◇

尾野真千子と朝ドラ「カーネーション」に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年10月18日「松下奈緒・瀧本美織・井上真央・尾野真千子…朝ドラヒロイン素顔」はこちら。

⇒2011年10月12日「松下奈緒、朝ドラ視聴率・朝ドラ人気回復に最大の貢献!」はこちら。

⇒2011年10月8日「二宮星お多福の演技力…カーネーション・朝ドラヒロイン」はこちら。

⇒2011年10月5日「尾野真千子カーネーション視聴率…井上真央おひさまに及ばず」はこちら。

⇒2011年10月3日「尾野真千子、朝ドラオーディション4度目の正直で号泣!」はこちら。

⇒2011年10月1日「おひさま井上真央からカーネーション尾野真千子へ…視聴率20%超連発」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

井上真央と松本潤、紅白司会の取り合わせ

大晦日恒例「第62回NHK紅白歌合戦」の司会者が決まった。
白組司会は人気アイドルグループ「嵐」、2年連続選出。
紅組司会は朝ドラ「おひさま」でヒロイン・丸山陽子(須藤陽子)を演じた女優・井上真央、初選出。
きのう東京・渋谷のNHK放送センターで記者会見が行われた。

嵐は、2009年(第60回)に歌手として初出場を果たした。
2010年(第61回)に続く白組司会は光栄と喜びを語った。
震災復興の取り組みに協力していた。
メンバーの松本潤は井上真央とテレビドラマ「花より男子」で共演したことがある。
二人の取り合わせもファンには楽しみだろう。

井上真央は「おひさま」でやわらかな日差しのように周囲をあたたかく照らす可憐な女性を演じ、大勢の共感を得た。
そこで、白羽の矢が立ったが、本人は司会も歌手も経験していない。
NHKからの大役のオファーに、荷が重すぎるとためらった。
しかし、応援してくれた視聴者に恩返しができればとの気持ちから10月に入って決断を下した。
「おひさま」はとりわけ被災地の福島県などで高視聴率を上げていた。
その井上真央は記者会見で、6連敗中の紅組の勝利に意欲を示した。
対戦成績は紅組28勝、白組33勝。

「嵐」と朝ドラ主演の組み合わせは、「ゲゲゲの女房」でヒロイン・村井布美枝(飯田布美枝)を演じた松下奈緒に続いて・・・。

⇒2010年12月26日「松下奈緒…第61回NHK紅白歌合戦紅組司会」はこちら。

総合司会は「NHKニュース おはよう日本」のキャスターを務める阿部渉アナウンサーが3年連続で務める。
被災地の岩手県の出身だ。
第52〜55回では4年連続で白組司会を務めた。

なお、「紅白応援隊」はテリー伊藤(4年連続)とAKB48(初)に決まっている。

⇒2011年10月20日「AKB48はお笑い芸人に脅威…芸能界裏事情」はこちら。

おひさま・井上真央が紅組司会を務めるとなると、例の「白紙同盟」も応援に駆け付けるのか?

⇒2011年10月2日「マイコの真知子、満島ひかりの育子、井上真央の陽子…白紙同盟」はこちら。

                       ◇

「第62回NHK紅白歌合戦」は、東日本大震災や台風被害から復興に向かうなかで「あしたを歌おう。」をテーマに掲げている。
同局はそれにふさわしい2組を起用した。
関係者は皆、歌の力により来年に希望が持てる締め括りにしたいと口をそろえた。
どうか日本を明るく元気にしてほしい。

放送は、NHK総合とラジオ第1で歴代最長タイとなる午後7時15分から同11時45分まで。
途中、5分間のニュースをはさむ。

NHKでは“往復はがき”で紅白歌合戦観覧者を募集中。
2011年10月27日(木)必着。

                      ◇◆◇

井上真央と朝ドラ「おひさま」に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年10月14日「井上真央「おひさま」総集編は年末に再放送か」はこちら。

⇒2011年10月2日「マイコの真知子、満島ひかりの育子、井上真央の陽子…白紙同盟」はこちら。

⇒2011年10月1日「おひさま井上真央からカーネーション尾野真千子へ…視聴率20%超連発」はこちら。

⇒2011年9月24日「おひさま井上真央と純情きらり宮崎あおい…O型ライバル女優」はこちら。

⇒2011年9月18日「井上真央のおでことえくぼ、華と存在感…実力派」はこちら。

2011年8月27日「平原綾香が歌うおひさま主題歌…あなたは私の軌跡」はこちら。

⇒2011年8月25日「おいでなさんし…井上真央と高良健吾のそば屋「丸庵」」はこちら。

⇒2011年8月24日「井上真央と高良健吾の呼吸…本物の夫婦のなごみ」はこちら。

⇒2011年8月22日「おひさま脚本家・岡田惠和、庶民の幸せを描く手腕に感心」はこちら。

⇒2011年7月18日「井上真央と松下奈緒、プライド激突、視聴率一騎討ち!」はこちら。

⇒2011年6月28日「井上真央と寺脇康文、おひさまに見る昔の父と娘」はこちら。

⇒2011年6月21日「井上真央、迷いを引きずった演技、おひさまに疑問」はこちら。

⇒2011年6月6日「井上真央、おひさまの陽子、八日目の蝉の恵理菜」はこちら。

⇒2011年5月24日「井上真央は演技に集中していない…おひさまヒロイン」はこちら。

⇒2011年5月21日「斉藤由貴のやかましさ、若尾文子のあでやかさ…おひさま」はこちら。

⇒2011年5月10日「おひさま感想…井上真央の演技、岡田惠和の脚本」はこちら。

⇒2011年5月9日「おひさまオープニング、視聴率を捨てる心地よさ」はこちら。

⇒2011年5月8日「おひさま、てっぱん、ゲゲゲの女房の視聴率比較」はこちら。

⇒2011年5月7日「井上真央と若尾文子、二人の須藤陽子の演技」はこちら。

⇒2011年5月4日「井上真央・おひさま、セーラー服と庶民顔」はこちら。

⇒2011年4月16日「井上真央おひさまの安全運転…朝ドラ視聴率低下」はこちら。

⇒2011年4月11日「おひさま陽子…伊那中・西駒登山、直小・妙高登山」はこちら。

⇒2011年4月9日「井上真央、謎めいた内面…おひさまヒロイン」はこちら。

⇒2011年4月8日「瀧本美織がおひさまヒロインを演じたら・・・」はこちら。

⇒2011年4月7日「八木優希のおかっぱ頭…おひさま陽子の子役」はこちら。

⇒2011年4月5日「おひさまの舞台、安曇野の自然の美しさ」はこちら。

⇒2011年4月4日「井上真央・おひさま、日本を明るく照らす」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

AKB48はお笑い芸人に脅威…芸能界裏事情

私はアイドルに興味がない。
いまだれが売れているか、ほとんど知らない。
それでもアイドルグループ「AKB48」はつけっ放しのテレビにしばしば登場する。
若い世代の熱烈な応援を追い風に、メディアへの露出が非常に多い。

そのAKB48がさらなる活躍の場を求め、バラエティの分野に進出を果たしている。
もちろん「お笑い番組」にも・・・。
彼女らは肝が据わっている。
男の私が驚くほど積極的であり、勇敢であり、とことんチャレンジする。
少しでも収入を増やさないと、このプロジェクトも彼女らも所属事務所もやっていけない。
大勢のアイドル(タレント)が食べていくのは絶望的なくらい大変なはずだ。
芸能界の裏事情に疎い私でも、採算を取りにくいことは察しが付く。

                       ◇

「お笑いブーム」が長く続いている。
お笑いが視聴者の支持を得たためだが、同時にテレビ局の台所事情も関わっている。
不況の長期化とメディアの増加により広告収入が大幅に減り、制作費を思い切って絞らざるをえなくなった。
要は、番組づくりにカネをかけられない。

お笑い芸人は頭がいい。
なぜなら、人を笑わせることがもっとも難しいからだ。
したがって、彼らが本気になれば大抵のことはこなせる。
例えば、さまざまな番組の司会。
彼らは職業柄、面白いトークやパフォーマンス、リアクションなどで視聴者をつなぎとめるのが実にうまい。

テレビ局は視聴率が取れるタレントを使いたい。
しかし、高額のギャランティを払えなくなった。
実際、多くの番組を掛け持ちしていた有名タレントが各局の主要なレギュラーからどんどん外されている。

テレビ局がその代役として目を付けたのが「お笑い芸人」だった。
その結果、夜間と深夜の時間帯はお笑い芸人だらけになり、バラエティ番組だらけになった。
とはいえ、皆が凄いわけでない。
見るに値しない企画と内容が急増した。
わずかな製作費で無理やり放送時間を埋めた印象が拭えない。
番組の質が年々低下し、“テレビ離れ”を加速させる悪循環に陥っている。

絶大な人気を背景にテレビを席巻するAKB48。
お笑いブームの恩恵に浴してきた芸人が出演機会を食われる可能性がある。
AKB48はライバル、いや脅威になる・・・。
しかし、ファンは移ろいやすく、飽きられるのも早いだろう。

                       ◇

作詞家・秋元康がプロデュースする「SDN48」が突然、解散を表明した。
AKB48プロジェクトの一翼を担い、大人のファン層の開拓が狙いだった。
2009年に誕生し、わずか2年ほどで消滅する。
ビジネス(儲け)にならないのだろう。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

澤村拓一、森麻季と結婚、エースナンバー18番を背負う

おとといのブログ「澤村拓一、ぶっちぎりセ・リーグ新人王…巨人4年連続選出」に続いて・・・。

⇒2011年10月17日「澤村拓一、ぶっちぎりセ・リーグ新人王…巨人4年連続選出」はこちら。

前評判どおり、1年間を通じて抜群の活躍を見せた読売巨人軍(ジャイアンツ)のゴールデンルーキー・澤村拓一投手。

その澤村拓一がシーズン終了後、セ・リーグ新人王を手土産に日本テレビの森麻季アナウンサーと結婚することが明らかになった。
おめでとう!

23歳の澤村拓一に対し、30歳の森麻季。
いわゆる姉さん女房だ。
森麻季は「Going! Sports&News」を担当している。

澤村拓一はもともと責任感が非常に強い。
来シーズンは生活面でも精神面でも一段と充実し安定して、巨人投手陣のエースとして開幕投手を務め、20勝に迫る好成績を残すのでないか。
となると、2013年シーズンにはエースナンバー「18番」を背負ってマウンドに立っている?
澤村拓一がメジャー移籍を望むかどうかにより、球団の対応は変わってくるかもしれないが・・・。

                      ◇◆◇

読売ジャイアンツ・澤村拓一投手に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年10月17日「澤村拓一、ぶっちぎりセ・リーグ新人王…巨人4年連続選出」はこちら。

⇒2011年6月7日「澤村拓一の面構えとオーラ…真っ向勝負の魅力!」はこちら。

⇒2011年4月21日「澤村拓一、巨人黄金伝説の扉を開ける」はこちら。

⇒2011年2月12日「沢村拓一は伝説の投手になれ…城之内邦雄」はこちら。

⇒2011年2月11日「沢村拓一に開幕投手テスト…巨人原辰徳監督」はこちら。

⇒2011年2月7日「沢村拓一が宮崎牛に舌鼓…巨人1軍キャンプ」はこちら。

⇒2011年2月4日「沢村拓一15番、斎藤佑樹18番…実力はどちら?」はこちら。

⇒2011年2月3日「勝ち星予想…沢村拓一・斎藤佑樹・大石達也」はこちら。

⇒2010年11月12日「沢村拓一は巨人の開幕投手、即沢村賞も…」はこちら。

⇒2010年11月6日「公家の斎藤佑樹と武士の沢村拓一…セ・パ交流戦対決」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

松下奈緒・瀧本美織・井上真央・尾野真千子…朝ドラヒロイン素顔

NHK朝の連続テレビ小説、通称「朝ドラ」。
番組企画の発想は、毎日連載される新聞小説だった。
多忙な朝でも負担にならない短時間のドラマ。
また、一日の始まりに“お茶の間”に届けるので、視聴者を明るく元気にする内容が基本である。
放送開始から半世紀を迎えた。

視聴者の関心はドラマの面白さ、そしてヒロインの魅力に向かう。
さらに、主演そのものに…。
歴代のヒロインはオーディションで選ばれることが多かった。
やがて女優の登竜門になった。
「カーネーション」の尾野真千子は新人でなかったが、合格の知らせを聞いて号泣した。

主演女優は番宣(番組宣伝)の一環として、NHKのさまざまな番組に登場する。
そのうちの有力な一つは、「スタジオパークからこんにちは」。
最近の朝ドラのヒロインは放送期間中に少なくとも1回は出演しているはずだ。
和やかな雰囲気に包まれ、役柄と異なる素顔や性格が覗く。
視聴者は親しみが湧き、もっとファンになる・・・。

「ゲゲゲの女房」松下奈緒は貪欲だ。
素顔さえつくろうとする。
芸術肌というのとは違う。
どこか計算が感じられるのは、不器用だから。

「てっぱん」瀧本美織は天然だ。
思いをポンとぶつけてくる。
あどけなさが残る。

「おひさま」井上真央は慎重だ。
インタビューに対し、一呼吸置いてから答える。
考えが内向しやすい。

「カーネーション」尾野真千子はざっくばらんだ。
ほとんど飾ろうとしない。
女優としては珍しい。

私の個人的な好みを述べれば、松下奈緒。
とてもセクシーだと思う。

朝ドラでは撮影(収録)に1年近く、連日のように拘束される。
一人の主人公をこれだけ長時間演じられるのは役者冥利に尽きるだろう。
ベテラン女優でもヒロイン役に憧れる。

                       ◇

ところで、東京・渋谷のNHK放送センター内にある「NHKスタジオパーク」が大幅なリニューアルを施され、10月10日に再オープンした。
同局の番組やキャラクター、最新放送技術などに触れられる体験型テーマパークだ。
確か前日にセレモニー(式典)が行われ、尾野真千子も挨拶に立った。

さらに、当日は「スタジオパークからこんにちは 新装開店SP」が放送され、ゲストが登場した。
そのなかに「カーネーション」で同級生・吉田奈津を演じる栗山千明がいた。
高級料亭の娘という役どころで、高価な着物を着てお高く留まっており、庶民の小原糸子(尾野真千子)といがみ合う(?)。
栗山千明は美人系だ。

                      ◇◆◇

尾野真千子と朝ドラ「カーネーション」に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年10月12日「松下奈緒、朝ドラ視聴率・朝ドラ人気回復に最大の貢献!」はこちら。

⇒2011年10月8日「二宮星お多福の演技力…カーネーション・朝ドラヒロイン」はこちら。

⇒2011年10月5日「尾野真千子カーネーション視聴率…井上真央おひさまに及ばず」はこちら。

⇒2011年10月3日「尾野真千子、朝ドラオーディション4度目の正直で号泣!」はこちら。

⇒2011年10月1日「おひさま井上真央からカーネーション尾野真千子へ…視聴率20%超連発」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

澤村拓一、ぶっちぎりセ・リーグ新人王…巨人4年連続選出

読売巨人軍(ジャイアンツ)の2010年ドラフト1位指名のゴールデンルーキー、澤村拓一投手が2011年セ・リーグ新人王を獲得することが確実になった。
ぶっちぎりの活躍を示し、対抗馬が見当たらない。
これにより巨人から4年連続で選出される。

澤村拓一はシーズンを通して先発ローテーションの一角を担った。
私が予想したとおりの実力をコンスタントに発揮しつづけた。
試合をつくれなかったのは2〜3度にすぎない(おそらく)。
大崩れがなく、非常に安定していた。
監督が1年間当てにできる新人投手は滅多に入団するものでない。

ただし、私が考えていたのは15勝以上であり、勝ち星でかなりの差が生じた。
統一球(飛ばない公式ボール)の採用が影響したのか、巨人打線は極度の不振にあえぎ、得点力が大幅に低下した。
打線が元気だったら、15勝を上回ったはずだ。
巨人は2〜3シーズン前の破壊力が消え失せた。

澤村拓一は10月14日に先発し、調子が悪いながらも中日ドラゴンズのセ・リーグ連覇を阻止した。
無四球2失点完投。
これが今季最終登板だろう。
ついに、先行する負け星に勝ち星が追い付いて11勝11敗。
結局、試合数28、投球回数 196 2/3、防御率1.97、完投5、完封1、奪三振 171。

年間2百イニング近く投げる投手の存在は大きい。
負けが多いが、逆に言えば、終盤まで試合をつくった証拠である。

なお、原辰徳監督が今季最終試合で澤村拓一の2百イニング投球をサポートするかもしれない。
最多勝利を競う先発・内海哲也投手のリリーフに回る?
むろん、試合展開による。

                       ◇

澤村拓一(沢村拓一。さわむら・ひろかず)。
1988年4月3日、栃木市生まれ。
184cm、90kg、A型。
佐野日大高、中大を経て、念願の読売巨人軍(ジャイアンツ)に入団した。
注目のドラフトは実質、逆指名になった。
重い速球を武器とする本格派右腕。

澤村拓一は野武士のような不敵な面構えながら、実直で求道的な雰囲気も漂わせる。
研究熱心で、鍛錬を怠らない。
また、負けん気が強く、度胸があってプロ向き。

クライマックスシリーズ(CS)では、巨人投手陣の軸として一番の活躍を見せるのでは…。
来季にはエースとして開幕投手を務めそうだ。

◆書き加え1(10月16日)

巨人は本拠地・東京ドームで中日に3タテを食わせ、胴上げを阻止した。
シーズンの最後に意地を見せた格好。
また、Aクラスを決めた。
クライマックスシリーズ(CS)進出へ勢いのつく勝ち方だ・・・。
これで、阪神タイガース・真弓明信監督の首が飛んだ。
勝負の世界は厳しい。

◆書き加え2(10月20日)

巨人の今季最終試合は本拠地の東京ドーム。
つまり、後攻。
残り3 1/3の澤村拓一の2百イニング投球と内海哲也の最多勝利を両方叶えるには、澤村拓一が先発して内海哲也がリリーフに回るほかにないと気づいた。
例えば、澤村拓一が4回まで投げ、巨人がリードした状態で内海哲也に引き継ぐ。
どうなる?

                      ◇◆◇

読売ジャイアンツ・澤村拓一投手に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年6月7日「澤村拓一の面構えとオーラ…真っ向勝負の魅力!」はこちら。

⇒2011年4月21日「澤村拓一、巨人黄金伝説の扉を開ける」はこちら。

⇒2011年2月12日「沢村拓一は伝説の投手になれ…城之内邦雄」はこちら。

⇒2011年2月11日「沢村拓一に開幕投手テスト…巨人原辰徳監督」はこちら。

⇒2011年2月7日「沢村拓一が宮崎牛に舌鼓…巨人1軍キャンプ」はこちら。

⇒2011年2月4日「沢村拓一15番、斎藤佑樹18番…実力はどちら?」はこちら。

⇒2011年2月3日「勝ち星予想…沢村拓一・斎藤佑樹・大石達也」はこちら。

⇒2010年11月12日「沢村拓一は巨人の開幕投手、即沢村賞も…」はこちら。

⇒2010年11月6日「公家の斎藤佑樹と武士の沢村拓一…セ・パ交流戦対決」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

内村航平モンスター、田中理恵ビーナスに嫉妬

私は昨夜、4泊5日の都心出張から戻ってきた。
当初の予定より1泊延びた。
ホテルの部屋は32階で、とても快適。
そこをハブステーションとして毎日、タクシーで仕事へ向かった。
公開セミナー、企業研修、企業コンサルティングと続き、へとへとになった。
神経が異常に高ぶり、疲れているにもかかわらず眠れない。
夢のなかでも仕事をしている…。

あすから3泊4日の福岡出張へ。
FBでの挨拶(いいね!)はずっと休止。
アメーバでの「ペタ返し」はまったく不能。

                       ◇

東京で開催されている第43回体操世界選手権(第43回世界体操)。
その男子個人総合で、内村航平選手が金メダルを獲得し、史上初の3連覇を成し遂げた。
おめでとう!
内村航平は予選を1位で通過していた。
最初の種目のゆか(床)で高得点を出し、その後もミスのない演技で2位以下を大きく引き離した。
そして、最後の種目の鉄棒で離れ技を決め、着地を止めた。

ルールが改正された2009年以降、国際大会で世界最高の93.631点。
また、2位と 3.101点差は過去最大。
要は、ぶっちぎりの勝利!
男女を通じ、個人総合3連覇は史上初という快挙だった。
通算3度の優勝も、女子のスベトラーナ・ホルキナ(ロシア)と並んで過去最多。
内村航平は世界最強を証明した。

大会前から「かならずやる」と公言していた「どや顔(したり顔、得意顔のこと)」。
前人未到の金字塔を打ち立て、両手を突き上げてガッツポーズ!
スタンドは総立ちになり、惜しみない拍手と歓声を送った。

もっとも本人は、インタビューに「優勝よりもエレガンス賞のほうがうれしい」と語った。
観客をもっとも魅了した選手に与えられる栄誉。
内村航平の一番のこだわりである。
昨年、女子で田中理恵が獲得して話題になった。
彼女は「ビーナス(ヴィーナス)」と評される。
世界体操2009年、2010年、内村航平に次ぐ2位の選手が受賞した。
「優勝するともらえないって聞いて…。理恵さんにも少し嫉妬した」と、苦笑しながら話していた。
個人総合とエレガンス賞の2冠は、過去に女子1人。

「天才」「モンスター(怪物。化け物)」「宇宙人」と評される内村航平。
本人が胸を張る“世界一の努力”が、子どもの頃は弱かった心まで鍛えあげた。
「いまは負ける気がしない。僕はありえない選手になりたい」。
内村航平はまだまだ伸びる可能性がある。

すでに演技は正確無比、完成度が非常に高い。
加えて、強い。
そして、何よりも美しい。
内村航平はとりわけ空中姿勢と着地で他選手を寄せつけない。
幼い頃から親しんだトランポリンで安定した空中感覚と着地感覚を身につけたようだ。

最大の強みはオールラウンダー。
強い種目と弱い種目の差があまりない。
全6種目でメダルを狙える。

過去、日本人で加藤沢男、具志堅幸司、冨田洋之らが男子個人総合優勝に輝いた。
が、五輪と世界選手権の2冠を取った選手は出ていない。
内村航平は2012年ロンドン五輪(オリンピック)で金メダルの最有力、大本命である。
おそらく敵は自分のほかにいない。
内村航平が狙うのは、もちろん団体と個人総合の2冠だろう。
ぜひ叶えてほしい。

                       ◇

内村航平(うちむら・こうへい)。
1989年1月3日、福岡県北九州市の“体操一家”に生まれた。
長崎県諫早市に引っ越した3歳、元体操選手の両親が経営する「スポーツクラブ内村」で体操を始める。
子どもの頃、試合のときは極度の緊張から顔面蒼白になった。
諫早市立諫早中学校を卒業した15歳、両親の反対を押し切り単身で上京。
塚原直也に憧れ、朝日生命体操クラブに入門した。
東洋高等学校を経て、日本体育大学体育学部に進学し、2008年北京五輪(オリンピック)で団体と個人総合で銀メダルを獲得した。
160僉54圈

◆書き加え1(10月15日)

内村航平はゆか(床)で金メダルを獲得した。
日本人がこの種目を制したのは1974年バルナ大会での笠松茂以来、37年振り。
また、内村航平にとり種目別での金メダルは初めてだった。
これはちょっと意外・・・。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

井上真央「おひさま」総集編は年末に再放送か

私はNHK朝の連続テレビ小説(朝ドラ)にそれなりの興味を持ちながら、実際には仕事に追われっ放しでたまにしか見られない。
1作品の放送期間中、数日はおろか1〜2週間ご無沙汰することも…。
瀧本美織主演の「てっぱん」のように目まぐるしいストーリー展開だと、チンプンカンプンになる。

その私にとり、朝ドラ終了後の総集編の放送はありがたく、楽しみでもある。
物語の全体の流れが分かり、頭のなかの細切れの記憶が一本の糸のようにつながる。
朝ドラをちゃんと見たという気分になれるのだ。

私は仕事の締め切りラッシュの時期と重なり、井上真央主演の「おひさま」からしばしば遠ざかった。
ほとんど見られない。

先日、「おひさま」総集編がすでに放送されたことを知った。
つまり、見逃したことになる。
第一章・前編は2011年7月18日(月)午前8時15分〜9時(45分間)。
第一章・後編は2011年7月18日(月)午前9時5分〜9時50分(45分間)。
第二章・前編は2011年10月10日(月)午前8時15分〜9時(45分間)。
第二章・後編は2011年10月10日(月)午前9時5分〜9時50分(45分間)。
私が驚いたのは、本編の放送中に第一章が終わっていたこと。
昔からそうだった?

私は、松下奈緒主演の「ゲゲゲの女房」総集編が年末に放送されたことをはっきりと覚えている。
彼女が紅白歌合戦の紅組の司会者に選ばれ、この時期に出演が集中したからだ。

⇒2010年12月28日「ゲゲゲの女房総集編…松下奈緒、感動を再び!」はこちら。

井上真央主演の「おひさま」も年末に総集編が放送されるのでなかろうか(不確か)。
となると、再放送・・・。

⇒2011年5月2日「てっぱん総集編、感動の嵐…瀧本美織は見納め!」はこちら。

余談だが、「おひさま」が終了すると同時(不確か)に、井上真央が出演する「チョコラBB」のCM(スポット)が再び流れ出した。
エーザイは、井上真央を見たいという視聴者の心理を読んだうえでスケジュールを決めたのか?
それとも販売に力を入れたい時期なのか?

ネットでちょっこら調べれば簡単に分かるはずが、私にはその時間もないぞ、と。

                      ◇◆◇

井上真央と朝ドラ「おひさま」に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年10月2日「マイコの真知子、満島ひかりの育子、井上真央の陽子…白紙同盟」はこちら。

⇒2011年10月1日「おひさま井上真央からカーネーション尾野真千子へ…視聴率20%超連発」はこちら。

⇒2011年9月24日「おひさま井上真央と純情きらり宮崎あおい…O型ライバル女優」はこちら。

⇒2011年9月18日「井上真央のおでことえくぼ、華と存在感…実力派」はこちら。

2011年8月27日「平原綾香が歌うおひさま主題歌…あなたは私の軌跡」はこちら。

⇒2011年8月25日「おいでなさんし…井上真央と高良健吾のそば屋「丸庵」」はこちら。

⇒2011年8月24日「井上真央と高良健吾の呼吸…本物の夫婦のなごみ」はこちら。

⇒2011年8月22日「おひさま脚本家・岡田惠和、庶民の幸せを描く手腕に感心」はこちら。

⇒2011年7月18日「井上真央と松下奈緒、プライド激突、視聴率一騎討ち!」はこちら。

⇒2011年6月28日「井上真央と寺脇康文、おひさまに見る昔の父と娘」はこちら。

⇒2011年6月21日「井上真央、迷いを引きずった演技、おひさまに疑問」はこちら。

⇒2011年6月6日「井上真央、おひさまの陽子、八日目の蝉の恵理菜」はこちら。

⇒2011年5月24日「井上真央は演技に集中していない…おひさまヒロイン」はこちら。

⇒2011年5月21日「斉藤由貴のやかましさ、若尾文子のあでやかさ…おひさま」はこちら。

⇒2011年5月10日「おひさま感想…井上真央の演技、岡田惠和の脚本」はこちら。

⇒2011年5月9日「おひさまオープニング、視聴率を捨てる心地よさ」はこちら。

⇒2011年5月8日「おひさま、てっぱん、ゲゲゲの女房の視聴率比較」はこちら。

⇒2011年5月7日「井上真央と若尾文子、二人の須藤陽子の演技」はこちら。

⇒2011年5月4日「井上真央・おひさま、セーラー服と庶民顔」はこちら。

⇒2011年4月16日「井上真央おひさまの安全運転…朝ドラ視聴率低下」はこちら。

⇒2011年4月11日「おひさま陽子…伊那中・西駒登山、直小・妙高登山」はこちら。

⇒2011年4月9日「井上真央、謎めいた内面…おひさまヒロイン」はこちら。

⇒2011年4月8日「瀧本美織がおひさまヒロインを演じたら・・・」はこちら。

⇒2011年4月7日「八木優希のおかっぱ頭…おひさま陽子の子役」はこちら。

⇒2011年4月5日「おひさまの舞台、安曇野の自然の美しさ」はこちら。

⇒2011年4月4日「井上真央・おひさま、日本を明るく照らす」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

ハワイのタイムシェアリゾート会員権が人気…ヒルトン

10月11日のブログ「リゾート会員権は割高…格安国内旅行を存分に楽しめる」の続き。
これは、だいぶ前の書き溜め記事をアップした。
結論を述べれば、リゾート会員権に手を出すべきでない。

⇒2011年10月11日「リゾート会員権は割高…格安国内旅行を存分に楽しめる」はこちら。

さて、9月28日深夜、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト(WBS)」でリゾート会員権の人気が取りあげられた。
私はとても意外だった。

が、歴史的な円高を背景に、日本のシニア層などが海外のリゾート会員権の購入に動いているとのことだった。
なるほど・・・。
ならば、まったく理解できないわけでもない。

WBSで紹介されたのは、ハワイ州都・ホノルルの中心部?(ワイキキビーチの近く?)の別荘をタイムシェアするものだった(不確か)。
「ヒルトン・グランド・バケーション・クラブ」。

同社は既存のホテルを買い取り、それなりに豪華な内装を施したうえでリゾート会員権として販売している。
新築と異なり、資金負担が小さい。
そのうえ資金回収が即座に行える。
事業者にとりいいこと尽くめである。

リゾート会員権は不動産として登記されるので、相続や売却が可能だ。
しかし、購入者にとり他人への譲渡が難しいため、資産の運用にはなりにくい。
また、管理費を毎年徴収される。

こうした「タイムシェア」は、高級感のあるリゾート物件を“週単位”で所有するバケーション・スタイルとして世界的にかなり普及している。
物件には、ホテルやコンドミニアムのほか、山小屋や豪邸、クルーズ客船やヨットなどが含まれる。
有名なリゾート地が中心。
しかも、異なる地域や施設との交換利用も可能なようだ(不確か)。

が、確約(保証)されているのは、毎年同じ時期(週)に同じ場所(地)で同じホテル(部屋)に宿泊する権利だろう。
ハワイは常夏だが…。
格安・激安の海外旅行がどんどん登場している昨今、行動を束縛されるリゾート会員権をあえて購入するメリットはほとんど見つからない。
仮に毎年何が何でも権利を行使したとして、それでもなお自由なハワイツアーと比べて相当な割高になる?
購入者は「ハワイ」や「リゾート」という響き、そして「ヒルトン」や「別荘」というステータスに酔っているのか。

⇒2011年10月11日「リゾート会員権は割高…格安国内旅行を存分に楽しめる」はこちら。

カネが余っている富裕層が購入しているはずだから、こちらがとやかく言うことはない?
貧乏人のやっかみかなぁ。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

フェイスブックを通じた交流の意味と楽しさを考える

ソーシャルメディアの普及により、それまでは出会うことのなかった方々と気軽に“友達”になれる。
広範囲かつ高効率に、しかもストレスフリーで…。

私が知人に勧められて始めたFacebook(以下、FB)は顔写真付きの「実名登録」である。
自らの発言に責任を持つという観点からも好ましい。
ネット上のやり取りでもマナーやルールはあってしかるべきだが、それが一段と重んじられる。
これまでが異常だった。

ゆえに、FBではリアルの交流に近づく。
が、近づきすぎると、ソーシャルメディアの意味が薄れるように思う。
私たちは普段、気が合う仲間との結びつきに凝り固まっている。
人間関係は「共感」がベースになることに異論はないとして、実生活に似たクラスターをネット上につくっても刺激が乏しい。
価値観や階層が共通のつながりは快適・安心だが、自分の成長にはつながりにくい。
FBはそれを打ち破っていくものだ。

「面識のある人としか友達にならない」とプロフィールに記している人がいる。
私などは、何のためにソーシャルメディアを使うのかと思ってしまう。
しかし、FBはリアルの友人や知人との交流にこの上なく便利なことも確かだ。
電話をかける、メールを出す、足を運ぶなど、こちらが行動をわざわざ起こさなくても彼らの様子や気配を容易に感じられる。
それも、一人ひとりのウォールを覗かなくても自分のウォールで…。
FBの発祥は親しい学生同士のネット上のコミュニティ(共同体)であり、したがってリアルの友人や知人に限定する人を否定はしない。
とりわけ友達を“仲良し”に絞れば、FBはとても楽しいのでは・・・。
その際はきっとやり取りも公開しない。

なお、友達が大勢でも、それを分類しておくことにより、ウォールに書き込むときにシェアする範囲(相手)を指定できるようだ。
ちなみに、FBは機能に改良が頻繁に加えられるため、私はよく分かっていない。

                       ◇

余談。
Facebookはリタイア後のシニアによい。
私は職業人生の幕引きが迫っている。
その頃にはおそらく体を動かして人に会いにいくのが億劫になっている。

友達とのコミュニケーションの機会がたやすく得られるので、退屈をそれほど感じないし、孤独もいくらか和らぐのでは・・・。

問題は、仕事や職場を離れたときにリアルの友人や知人をどれくらい持っているかだろう。
それによりFBを通じた交流の楽しさが決まる。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業大学校開校へ…異業種格闘型・最高峰14日間コース

先月、私が単独で講師を務める14日間コース開催の連絡が入った。
限りなく正式決定に近い仮決定。
来年度に予定を織り込んでおかなくてならない。

                       ◇

私が長年おもに大手企業から受託してきた「提案営業研修」。
内容(カリキュラム)が本格的なため、長期日程にならざるをえない。
最短で8日間、最長で24日間。
当然、クライアントは費用負担がきわめて重い。
日本経済が衰退し、経営環境が悪化するなかで、それを捻出しうる企業は年々減少の一途を辿っていた。

実は、これまで中小企業から問い合わせがしばしば寄せられた。
が、日数もさることながら金額が最大のネックになり、導入に踏み切ったところはそれほど多くない。
こうした状況を解消しようと7〜8年前に始めたのが、数社から十数社による“乗り合い型”の企業研修である。
費用負担が断然軽い。
いわば「異業種交流型研修」なのだが、参加者(受講者)に競争心が強く働くため、「異業種格闘型研修」の様相を呈する。
したがって、成果も上がる。

これは、私が企業で実施してきた「提案営業標準講座(8日間コース)」そのままだ。
それを来年度から14日間コースへ拡大する。
従来のカリキュラムを中核とし、それに密接に関連する「個別スキル研修」を付加する。
例えば、テレフォン・アポイントメント研修、情報営業研修、質問話法研修、営業管理・支援研修など。
これらは提案営業の推進・遂行に不可欠だ。
連続2日間×連続7カ月。
途中、2度の合宿を含む。
また、課題は超ヘビーだ。
これにより、一人の講師が担う公開スタイルの営業研修(セミナー)としては、日程でも時間でも日本最長になるだろう(不確か)。
カリキュラムの部分受講(選択受講)は認めていない。

ソリューション系の“大型案件”を受注する実力を養成する本邦最高峰の「営業大学校」と呼べる。
開校は来春。
私は心待ちにしている。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

松下奈緒、朝ドラ視聴率・朝ドラ人気回復に最大の貢献!

NHK朝の連続テレビ小説「カーネーション」。
尾野真千子がヒロイン・小原糸子を演じる。
私はときどきしか朝ドラを見られないが、大阪制作の後半作品はやや苦手。
“こてこて”の上方風のつくり(脚本・演出)だと余計に・・・。

その「カーネーション」だが、かなり面白そう。
実在した人物の半生をベースにしているので、ストーリーの骨格と流れがしっかりしている。
登場人物の性格付けも…。
私は、まずまずの平均視聴率を残すだろうと思った。
ただし、ドラマはスタートしたばかりであり、予想は外れるかもしれない。
市販されているかどうかも知らないが、「カーネーション」の脚本(シナリオ)を読んだわけでない。

                       ◇

ところで、近年の朝ドラの平均視聴率は・・・。
多部未華子主演、戸田山雅司脚本の「つばさ」は13.8%。
倉科カナ主演、相良敦子脚本の「ウェルかめ」は13.5%。
松下奈緒主演、山本むつみ脚本・武良布枝原作の「ゲゲゲの女房」は18.6%。
瀧本美織主演、寺田敏雄・今井雅子・関えり香脚本の「てっぱん」は17.2%。
井上真央主演、岡田惠和脚本の「おひさま」は18.8%。
平均視聴率はいずれも関東地区、ビデオリサーチ調べ。

こうして振り返ると、松下奈緒「ゲゲゲの女房」が大きな実績を残したことが一目瞭然である。
朝ドラの視聴率の下落傾向に歯止めをかけた。
視聴者が面白さを再認識し、朝ドラ自体の人気回復におおいに貢献した。
表彰ものだ。

井上真央「おひさま」は朝ドラ半世紀の節目の作品として、NHKがかつてない規模で番宣(番組宣伝)を展開した。
とにかく露出が多かった。
しかもあの手この手。
したがって、「おひさま」の視聴率は驚くに当たらない。
私が思っていたよりも低い。

朝ドラヒロインに起用された女優がもっとも気にするのは、視聴率だろう。
むろん、主演一人がそれを決定づけるわけでない。
大きく影響するのは脚本。
そして、演出、共演者の取り合わせと演技である。
加えて、オープニングなど…。

それでも主演女優は朝ドラの顔として、視聴者にとってはドラマとストレートに結びついている。
歴代ヒロインと平均視聴率を横並びで比較されるのは致し方ない。

                      ◇◆◇

尾野真千子と朝ドラ「カーネーション」に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年10月8日「二宮星お多福の演技力…カーネーション・朝ドラヒロイン」はこちら。

⇒2011年10月5日「尾野真千子カーネーション視聴率…井上真央おひさまに及ばず」はこちら。

⇒2011年10月3日「尾野真千子、朝ドラオーディション4度目の正直で号泣!」はこちら。

⇒2011年10月1日「おひさま井上真央からカーネーション尾野真千子へ…視聴率20%超連発」はこちら。

                      ◇◆◇

松下奈緒と朝ドラ「ゲゲゲの女房」に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年10月9日「松下奈緒、男5人と同居…早海さんと呼ばれる日」はこちら。

⇒2011年8月23日「松下奈緒「胡桃の部屋」横目でちらっ…向田邦子原作」はこちら。

⇒2011年7月18日「井上真央と松下奈緒、プライド激突、視聴率一騎討ち!」はこちら。

⇒2011年7月17日「松下奈緒と瀧本美織、相次ぐ主役抜擢の裏事情」はこちら。

⇒2010年11月5日「松下奈緒の紅白司会、水木しげるの文化功労者」はこちら。

⇒2010年9月30日「松下奈緒主演「ゲゲゲの女房」完全再放送を望む」はこちら。

⇒2010年9月29日「松下奈緒と向井理、ゲゲゲの女房の演技に思う」はこちら。

⇒2010年9月28日「松下奈緒が「ゲゲゲの女房」を振り返った

⇒2010年9月25日「ゲゲゲの女房エンディング…松下奈緒&向井理」はこちら。

⇒2010年9月24日「ゲゲゲ松下奈緒から、てっぱん瀧本美織へ」はこちら。

⇒2010年9月22日「大杉漣に感動…松下奈緒と向井理の教育係」はこちら。

⇒2010年9月20日「松下奈緒と向井理の魅力と伸び代、居場所?」はこちら。

⇒2010年9月18日「紅白司会は松下奈緒と福山雅治? 向井理?」はこちら。

⇒2010年9月17日「松下奈緒が向井理への思いを打ち明けた」はこちら。

⇒2010年9月16日「村井藍子は教員、松下奈緒はスタジオパーク」はこちら。

⇒2010年8月30日「松下奈緒・ゲゲゲの女房、大ヒットの立役者」はこちら。

⇒2010年8月29日「松下奈緒&向井理、ゲゲゲの女房の平均視聴率」はこちら。

⇒2010年8月28日「松下奈緒・ゲゲゲの女房・撮影秘話…あさイチ」はこちら。

⇒2010年8月23日「松下奈緒、偏差値39の衝撃、バスト86の疑問」はこちら。

⇒2010年8月21日「松下奈緒の美しさ…思い出のメロディー司会&演奏」はこちら。

⇒2010年8月20日「松下奈緒は号泣、向井理は手料理…ゲゲゲの女房」はこちら。

⇒2010年6月12日「松下奈緒 ゲゲゲの女房 人気シーン」はこちら。

⇒2010年6月8日「松下奈緒と向井理が好演…ゲゲゲの女房」はこちら。

⇒2010年5月19日「松下奈緒、ゲゲゲの女房を好演する」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

リゾート会員権は割高…格安国内旅行を存分に楽しめる

9月26日のブログで、国内の旅行価格が崩壊し、観光地の旅館やホテルは“火の車”になっていると述べた。

⇒2011年9月26日「千里の道も一歩のまま…千里の道も一歩から、がむなしい」はこちら。

私たちは今日、格安・激安で旅行や観光、レジャーを楽しめる。
しかも、いつでもどこでも存分に…。
人気の観光地の人気の旅館やホテルでさえ、バブル崩壊後の宿泊費のさらに「半値」に近い印象である。
恐ろしいほど下落した。

市場環境が激変し、プチ富裕層が「別荘」はもちろん「リゾート会員権」を持つことにほとんど意味がなくなった。
別荘の建築にしろ、リゾート会員権の購入にしろ、現金(キャッシュ)が余っていないかぎり踏み切るべきでない。
ローンを組むなど論外である。

以下に、「リゾート会員権を買う」と題する2008年5月27日のブログをほぼそのまま収める。
世界的な金融バブルで日本人もいくらか浮かれていた時期であろう。

                      ◇◆◇

新聞などに「リゾート会員権」の広告がよく載っている。
それも1ページ、ときに見開き。
リゾート会員権を買う人がかなりいるからだ。
私はそれが不思議でならない。

バブル崩壊の恩恵で、旅館やホテルの宿泊費がずいぶん手頃になった。
昔の半値という印象。
正月やGW、盆休みには2〜3倍に跳ね上がるのが当たり前だったが、いまはそうでもない。
「年中同一料金」さえ現れる。
さらに、トップシーズンの予約も取りやすくなった。
東京から近い箱根や伊豆では1万円台でそれなりに楽しめる。
家族で利用し、ひどく後悔するようなところは、とっくにつぶれている。

さて、こうした市場の変化を踏まえると、リゾート会員権は非常に“割高”に感じる。
年間の宿泊日数が約束されるといっても、それを消化する人がどれほどいるか。
行き先が変わらなければ、すぐに飽きる。
大半のリゾート会員権事業者は複数の施設を展開していて、そこでも使えると謳っている。
だが、一巡すれば、やはり飽きる。
トップシーズンの予約も覚束ない。

私がもっとも理解しがたいのは、特定施設の利用期間をシェアするタイプである。
毎年同じ時期に同じ場所へ出かけなくてはならない。
自宅は動かせないから、せめて旅行くらいはと考えないのだろうか。
四季折々の自然を味わえる、美しい国なのに…。
しかも名目はともかく、まとまった一時金のほか、宿泊するたびに食事代などを支払うハメになる。

私には、わざわざ拘束されるためにリゾート会員権を買っているとしか思えない。
行きたい時期に行きたい場所へ行き、泊まりたい旅館やホテルに泊まり、食べたい料理を食べるほうが、圧倒的に自由で快適である。
平日はさみしいほど空いていて、申し訳ないほど安い。
リタイアまで待たなくても、有給休暇を使えばよい。

概して、リゾート会員権を欲しがる人は「ステータス」の響きに、冷静な判断を失っている。
事業者は会員限定と強調するが、それに値する上質で特別なサービスを提供してくれるのか?
また、事業者は「低利用率」を前提として、経営計画や運営計画を策定していないのか?
だとすれば、端から会員の施設利用を見限っており、その程度の“魅力”なのだ。

昨今、ネットで利用者の評価が簡単に分かる。
そうした声を生かして旅館やホテルを選ぶなら、接客や食事などで少なくとも費用に見合った満足は得られる。

                       ◇

ところで、所有権が登記されるタイプを除き、会員権は事業者が倒産したときに“紙くず”と化す。
知人がバブル末期に確か7百万円で入会した高級フィットネスクラブは3カ月後に消滅した。
2度利用したとのこと。
1回当たり3百5十万円。
金持ちの彼は、「まいったよ」と苦笑いしていたが…。

よほど経済的余裕がある人以外は、リゾート会員権に手を出すべきでない。
あっ、時間的余裕もなくては…。
とことん使わないと、非常に割高になる。
でも、そうした心理はリゾート気分と対極。

以上、リゾート会員権について述べたが、私は興味がないので詳しく調べたわけでない。

                      ◇◆◇

リゾートライフに関するブログは以下のとおり。

⇒2009年8月16日「ハーレーとリゾート会員券」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

スティーブ・ジョブズの遺言…世界を変えた天才の生きた証

私は新講演のコンテンツの作成に追われ、アシスタントの力を借りているにもかかわらず、ぎりぎりで締め切りに間に合わせるという綱渡りの状態が続いている。
今週も来週もそれぞれ3泊4日の出張。
2週間にわたり、講演、セミナー、研修、コンサルティングなど、仕事の予定がびっしりと詰まっている。

昨年末からろくに睡眠時間を取れない。
抵抗力が落ち、全身にアトピー性皮膚炎が噴出している。
いまは気候の変わり目なのでとくにひどい。
薄くなった髪に軽く手をやるだけで、雪のようにフケ(頭皮)が落ちる。

私はほぼ唯一の楽しみのブログにもFacebookにもほとんど時間を割けないまま・・・。
じっくりと内容を考える余裕がない。
このブログを熱心に訪れてくれる読者に申し訳なく思う。
きのう、人気ブログランキングの「マーケティング・経営ブログランキング」において「週間OUT」が2万を大きく超えた。
驚いた。ありがとう。

                       ◇

私は先週、世界を変えた一人の天才の訃報に接した。
米アップル(Apple)創業者で会長の「スティーブ・ジョブズ」。
若すぎる死だった。
まだまだやりたいことがいっぱいあっただろう。
が、スティーブ・ジョブズは来たるべき「死」を受け入れたうえで、一日一日を全力でやりたいことに打ち込んできたので、燃焼しつくしたのかもしれない・・・。

私が死の知らせで真っ先に思い起こしたのは、スティーブ・ジョブズが2005年6月12日に米国スタンフォード大学の卒業式で行った「伝説のスピーチ」である。
大学での教育、教職、学生を否定しかねない内容だった。
自身のそれまでの人生を振り返りつつ、次世代を担うリーダーに率直かつ渾身のメッセージを届けた。
そこにはスティーブ・ジョブズの平明な人生観が凝縮されていた。
私には“遺言”のように思えた。
スティーブ・ジョブズの生きた証。
彼はこの1年程前にガンと診断され、医師から3カ月〜半年後の死を宣告されていたのだ。

「もっとも重大なのは、己の心と直観に従う勇気を持つことだ」。
「そのほかはすべて二の次なのだ」。
「どん欲であれ。愚直であれ」。

やりたいことがあったのに、食べていくために妥協しながら働いてきた私は心を打たれ、体がしびれた。
スピーチの締め括りの名言「ステイ・ハングリー。ステイ・フーリッシュ。」は自身のものでないが、スティーブ・ジョブズはたいそう気に入っていた。

ソフトバンクの孫正義社長はスティーブ・ジョブズを、芸術と技術を融合させた天才という意味で「現代のレオナルド・ダ・ヴィンチ」と評した。
「彼の偉業は、永遠に輝きつづける」。

スティーブン・ポール・ジョブズ(Steven Paul Jobs)。
1955年2月24日〜2011年10月5日。
突出したカリスマ性、そして類まれな先見性と創造性によりパーソナル・コンピューティングの世界を切り拓き、イノベーションを巻き起こしつづけた。
偉大な生涯だ。
ご冥福をお祈りする。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

松下奈緒、男5人と同居…早海さんと呼ばれる日

松下奈緒が2012年1月にスタートするフジテレビ「早海さんと呼ばれる日(仮題)」でヒロイン・優梨子を演じる。
日曜日午後9時放送。
彼女は聡明でセクシーだ。
背が高くて目立つこともあり、主役が続いている。

松下奈緒はこのドラマで、NHK朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」以来約2年ぶりに貧乏女房に返り咲く(?)。
舞台は現代。
優梨子は4人兄弟の長男に嫁ぐ。
夫の母親が失跡し、義理の父親を含めた男5人と同居するはめになる。
家事もできない専業主婦が、男だらけの所帯で成長していくホームドラマである。
いくつもの困難を一つひとつ夫婦や家族で乗り越えるストーリー。
優梨子は「早海さんちの奥さん」と呼ばれたいと奮闘し、ダメ嫁から一家の大黒柱みたいな最強の嫁に変わる。

なお、松下奈緒はきょう午後9時放送のフジテレビ「マルモのおきて スペシャル」に出演する。
結婚して早海優梨子になる前のOL役らしい。

                       ◇

思い返せば、松下奈緒の2010年は朝ドラ史上最低の視聴率から始まった。
ヒロイン・村井布美枝を演じた「ゲゲゲの女房」だ。
が、日々の食事に困る極貧生活のなかでも明るさと希望を失わずに夫を支える姿が共感を呼び、視聴率はうなぎのぼりに・・・。
第1回は14.8%、最終回は23.6%(いずれも関東地区。ビデオリサーチ調べ)。
「ゲゲゲの女房」は国民的な人気を博し、社会現象になった。

結局、「ゲゲゲの〜」は流行語大賞の年間大賞に輝き、松下奈緒は紅白歌合戦の紅組の司会に選ばれた。
大ブレイクの一年だった。

◆松下奈緒プロフィール
1985年2月8日、兵庫県生まれ。
26歳。
血液型はAB。身長は 174cm。
3歳でピアノを始め、東京音楽大学へ進む。
女優活動と音楽活動(ピアニスト、作曲家、歌手)に励む才女。

                      ◇◆◇

松下奈緒に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年8月23日「松下奈緒「胡桃の部屋」横目でちらっ…向田邦子原作」はこちら。

⇒2011年7月18日「井上真央と松下奈緒、プライド激突、視聴率一騎討ち!」はこちら。

⇒2011年7月17日「松下奈緒と瀧本美織、相次ぐ主役抜擢の裏事情」はこちら。

⇒2010年11月5日「松下奈緒の紅白司会、水木しげるの文化功労者」はこちら。

⇒2010年9月30日「松下奈緒主演「ゲゲゲの女房」完全再放送を望む」はこちら。

⇒2010年9月29日「松下奈緒と向井理、ゲゲゲの女房の演技に思う」はこちら。

⇒2010年9月28日「松下奈緒が「ゲゲゲの女房」を振り返った

⇒2010年9月25日「ゲゲゲの女房エンディング…松下奈緒&向井理」はこちら。

⇒2010年9月24日「ゲゲゲ松下奈緒から、てっぱん瀧本美織へ」はこちら。

⇒2010年9月22日「大杉漣に感動…松下奈緒と向井理の教育係」はこちら。

⇒2010年9月20日「松下奈緒と向井理の魅力と伸び代、居場所?」はこちら。

⇒2010年9月18日「紅白司会は松下奈緒と福山雅治? 向井理?」はこちら。

⇒2010年9月17日「松下奈緒が向井理への思いを打ち明けた」はこちら。

⇒2010年9月16日「村井藍子は教員、松下奈緒はスタジオパーク」はこちら。

⇒2010年8月30日「松下奈緒・ゲゲゲの女房、大ヒットの立役者」はこちら。

⇒2010年8月29日「松下奈緒&向井理、ゲゲゲの女房の平均視聴率」はこちら。

⇒2010年8月28日「松下奈緒・ゲゲゲの女房・撮影秘話…あさイチ」はこちら。

⇒2010年8月23日「松下奈緒、偏差値39の衝撃、バスト86の疑問」はこちら。

⇒2010年8月21日「松下奈緒の美しさ…思い出のメロディー司会&演奏」はこちら。

⇒2010年8月20日「松下奈緒は号泣、向井理は手料理…ゲゲゲの女房」はこちら。

⇒2010年6月12日「松下奈緒 ゲゲゲの女房 人気シーン」はこちら。

⇒2010年6月8日「松下奈緒と向井理が好演…ゲゲゲの女房」はこちら。

⇒2010年5月19日「松下奈緒、ゲゲゲの女房を好演する」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

二宮星お多福の演技力…カーネーション・朝ドラヒロイン

NHK朝の連続テレビ小説「カーネーション」。
コシノ三姉妹を女手一つで育てた小篠綾子の実話を土台にした奮闘記。
少女時代のヒロイン・小原糸子を演じているのが、二宮星(にのみや・あかり)である。
おてんばで男勝りの役どころ。

カーネーションの初回放送。
大正13年9月、「岸和田だんじり祭」の日、小原糸子は夜明けに飛び起き、父・善作を大声で見送った。
激しく手を振りながら、ピョンピョン跳ねつづけた。
全身で喜びを爆発させた。
二宮星は、訳が分からないほど元気なヒロイン・小原糸子の将来と「カーネーション」の展開を予感させる演技を見せた。
その家には「小原呉服店」の立派な看板がかかっていた。

小原糸子の夢は大工になり、だんじりの屋根に乗ることだった。
が、それは許されない。
女に生まれたことを悔やんだ。
男に、そして結婚後は夫に従う。
世間の良識に縛られる生き方に疑問を感じていた…。

                       ◇

二宮星は、朝ドラでの髪形のせいもあろうが、お多福(おかめ)のようなユーモラスな顔である。
大阪弁も似合う。
制作陣はよく探してきた(オーディション?)。
ヒロインの子ども時代を任されたのだから当然だが、演技力が凄い。

父・小原善作を演じるのが、小林薫。
糸子は男の子と張り合ってけんかし、川にカネを流してしまった。
そして、激怒した善作にビンタされた。
そのときの二宮星の表情が見事だった。
台詞(せりふ)はないが、ヒロインの性格と内面の感情が伝わってきた。

やはり朝ドラ「おひさま」で須藤陽子の子ども時代を演じた八木優希もそうだった。
子役は演技のレベルが非常に高い。
女優が生き残るのがいかに大変か分かる。
カーネーション・二宮星もおひさま・八木優希も1週間前後で姿を消してしまうが、もう少し見たい気がする。
子役を引っ張りすぎると視聴率に影響するからか…。
二宮星の将来の夢はものまねタレントになることらしい。
どこかおかしい。

大正時代を丁寧に再現したカーネーションの1週間の放送はおそらく大金がかかっている。
いまどきのドラマでこれだけの制作費をかけられるのは、NHKだけだ。

                      ◇◆◇

朝ドラ「カーネーション」、尾野真千子と二宮星(子役)に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年10月5日「尾野真千子カーネーション視聴率…井上真央おひさまに及ばず」はこちら。

⇒2011年10月3日「尾野真千子、朝ドラオーディション4度目の正直で号泣!」はこちら。

⇒2011年10月1日「おひさま井上真央からカーネーション尾野真千子へ…視聴率20%超連発」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

和田創研

お気に入り




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ