コンサルの引き出し|和田創ブログ


だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。

2012年10月

和田創ブログ 2012年10月タイトル一覧

◇2012年10月31日(水) 経営合理化協会への憧れ…営業本と営業セミナー
◇2012年10月30日(火) 本を出す…出版社に営業活動をかける
◇2012年10月29日(月) 【コンサルタント】仕事のやりがいと報酬
◇2012年10月28日(日) 【営業再生プロジェクト】営業が強い会社に甦る
◇2012年10月27日(土) 羽生結弦、ソチ五輪への可能性…世界歴代最高点
◇2012年10月26日(金) 菅野智之、晴れて読売巨人軍入団…ドラフト単独指名
◇2012年10月25日(木) 藤浪晋太郎の入団が遠のく…阪神ドラフトくじ運
◇2012年10月24日(水) 【プロ野球ドラフト会議2012】1位指名予想選手
◇2012年10月23日(火) 講師の生命線…研修・講演・セミナーコンテンツ
◇2012年10月22日(月) 朝ドラには約束事がある…遊川和彦「純と愛」
◇2012年10月15日(月) 和田創プロフィール(和田創研代表)
◇2012年10月13日(土) 【営業再生プロジェクト】怒涛の行動改革
◇2012年10月12日(金) 営業リーダー養成コース…日本一の営業研修
◇2012年10月11日(木) 【サンライズ出雲】A寝台1人用個室と「かに寿し」
◇2012年10月10日(水) 彩雲堂の焼き菓子「だんだん」…島根・松江土産
◇2012年10月9日(火) ごうぎんビジネスセミナー、参加者の危機感
◇2012年10月8日(月) 社長と幹部の営業活動…ごうぎん経営者クラブ講演会
◇2012年10月7日(日) 【堀北真希】梅ちゃん先生が終わっていたぞ!

Copyright (c)2012 by Sou Wada

経営合理化協会への憧れ…営業本と営業セミナー

きのうのブログ「本を出す…出版社に営業活動をかける」に続いて・・・。

⇒2012年10月30日「本を出す…出版社に営業活動をかける」はこちら。

私にはおつきあいしたい団体がある。
「日本経営合理化協会」。

いまの仕事に就いてから、同協会が持つ格別のステイタスに惹かれ、憧れていた。
60歳前後に達したら、ぜひ働きかけたいと・・・。
私は営業分野では第一人者という自負があり、職業人生の最終段階にふさわしい舞台をつくりたい。
同協会から営業本を出し、同協会でそれをベースにした営業セミナーを開けるなら理想だ。

そこで、1冊目は経営合理化協会を念頭に置いている。
本(セミナー)のテーマも内容も、同協会のジャストターゲットである中小企業の社長など経営幹部向けだ。
私はわずかな時間をひねり出しては原稿の執筆に当たっている。
全体がおおよそ見え、手応えを感じている。

私は原稿が完成してから日本経営合理化協会に営業活動をかける。
それが受け入れられるかどうかは、足を運ばなくてはまったく分からない。
先方から断わられることも含め、営業活動の醍醐味だ。
日本経済新聞社やダイヤモンド社から本を出せたのも、その結果である。
私は出版の引き受け先が決まるまでの日々がもっともわくわくする。

いわゆるビジネスセミナー会社のほとんどはここ数年、集客が厳しくなる一方だ。
なかでも私が講師を務める営業分野は壊滅状態に陥っている。
開催本数は激減、参加者数(受講者数)は激減・・・。

私は、長年お世話になる九州生産性本部を除き、数日の本格的な営業セミナーを成立させられるのは日本経営合理化協会のほかにないと考える(私の意図や趣旨に沿った公開セミナーのこと)。
同協会は根強い会員に支えられており、集客力が素晴らしい。
生意気ながら、私も寄与しうる。

2014年4月、2015年10月の2段階で消費増税が行われそうだ。
私は、2014年度を含めた3年間は大不況が訪れると予想する。
倒産とリストラの凄まじい嵐が吹き荒れるのでないか。
備えは必須であり、経営幹部は営業力を高めるべきだ。
十数年振りの著作の刊行は、それへのささやかな支援の意味合いもある。

40代に入った直後の、出版社への懸命な営業活動。
1冊目の本がどこに決まるか、私はあの時以来の興奮を覚える。
おおいに楽しみだ。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

本を出す…出版社に営業活動をかける

私は40代になり、プランナーから現在の講師やコンサルタントへの転職を目論み、本を出そうと誓った。
自分の職業人生を変えたかったのだ。
格好をつければ、セカンドキャリアへの挑戦である。

そこで、出版社に営業活動をかけた。
日本経済新聞社やダイヤモンド社、日本実業出版社、サンマーク出版などである。
何の実績も持たなかったので、テレアポや初訪問で歓迎されたわけでない。
懸命の営業努力が実り、世の中に自分の本を送り出すことができた。

その結果、出版社からいろいろとお誘いをいただき、うれしかった。
が、私は先方の依頼に乗らなかった。
原稿を執筆するとしても、自分が究めたいテーマにこだわりたかった。
割ける時間がきわめて限られるからだ。
また、貧乏性のせいか、仕事は自分の頑張りで獲得するものとの思いが強い。
先方の依頼に対しては何事も消極的である。

私は転職が軌道に乗ってから、雑誌の連載をまとめた本を3冊出しただけである。
仕事が立て込み、自分をPRする必要性を感じなかった。
時間のゆとりがなかったのも事実だ。
本を出すと注目が集まり、仕事につながりやすい。

私は再び本に注目している。
願望としては、2〜3年で3〜4冊を出したい。
時代の変化につれ、書籍への注目度が大幅に下がったことは承知している。
しかし、職業人生の集大成の時期に差しかかり、本は打って付けだと思う。

19歳から営業として40年程、40代半ばから営業講師・営業コンサルタントとして20年弱。
私がこれまでに確立し蓄積した営業に関するノウハウを次世代に伝えたい。

また、私が開発中の「営業研修教材」の販売につなげたい。
売り上げが増えるのはありがたいというだけでない。
教材を買っていただけなくては、営業強化や収益伸長に寄与できない。
そのためには認知の拡大が不可欠となる。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

【コンサルタント】仕事のやりがいと報酬

私は疲労がピークに達している。
腰から背中、肩にかけ、コリと痛みが凄い。
それをいくらかでも和らげるため、「バンテリン」をぺたぺた貼っている。
このところ仕事に支障が出てきた。
クライアントでの教育指導でもパフォーマンスに切れがない。
週末は動作がおっかなびっくりだった。

先週、私が公開セミナーでもっともお世話になっている三井住友銀行系のシンクタンク・SMBCコンサルティングから、早くも来年度の相談が寄せられた。
営業分野は集客が壊滅のご時世に、ありがたいことだ。

ところで、私のようなフリーランス(〜40歳。60歳〜)や零細企業(40歳〜60歳。中小企業かもしれない)がやっていけるかどうかは、仕事の受注にかかっている。
それも、やりがいとそれに見合った報酬をともなう仕事である。

いい仕事が得られると、それをこなすうちに職能が開発される。
かつてはプランナーとしての「企画力」であり、現在はコンサルタントとしての「指導力」である。
いずれも「商品力」に当たるが、それは営業力次第なのだ。

私は仕事を選びながら職業人生を歩んできた。
プランナーもコンサルタントもどれくらい仕事を断るかの勝負である。
そうでなくては自分をどんどん消耗させてしまい、長く続けられない。
余裕の営業力を身につけたいところ・・・。

ちなみに、私は顧客の話に首を縦に振らず、横に振ってきた。
前者はリレーション系の営業、後者はソリューション系の営業の特徴である。

世の中、仕事のないコンサルタントがあふれているらしい。
とても「プロコン」と呼べない。
広い意味の「コンサルティング業務」を受託できないのは、「コンサルティングセールス」のレベルに達していないからだ。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

羽生結弦、ソチ五輪への可能性…世界歴代最高点

私が仕事に忙殺されている間にフィギュアスケートの今季が始まっていた。
先日、グランプリシリーズ(GPシリーズ)第1戦「スケートアメリカ」が行われた。

この開幕戦の男子シングルで小塚崇彦が逆転優勝を飾り、日本勢が表彰台を独占した。
痛快である。

ショートプログラム(SP)2位の小塚崇彦が合計251.44点で逆転優勝を飾った。
フリースケーティング(FS)で、最初の4回転トゥループを着氷した。
終盤の3回転サルコウで転倒したが、安定感のある演技を見せた。
フリーは166.12点の1位だった。
スケートアメリカは4季ぶり制覇。
GPシリーズは2季ぶり勝利で、通算4勝目。

SP1位の羽生結弦が合計243.74点で2位に留まった。
フリーで、最初の4回転トゥループ、そして4回転サルコウで転倒した。
体力の消耗が激しく、スピンなどでも得点を伸ばせなかった。
フリーは148.67点の3位だった。

私は、羽生結弦がSPで世界歴代最高の 95.07点を叩き出したことがうれしかった。
昨季からの成長は目覚ましく、それに加速がついた。
ソチ五輪への可能性をはっきりと示した。
彼が日本のエースになっているかもしれない。

また、私は小塚崇彦の復活がうれしかった。
昨季に爆発が期待されたが、不調に沈んだ。
本人によれば、羽生結弦に10点近い差をつけられ、逆転はまったく考えていなかった。
が、ミスの少ない滑りで、大差をひっくり返した。
持ち前の集中力を取り戻したようだ。
小塚崇彦は今季からソチ五輪に照準を合わせ、16カ月を一つのシーズンと捉えている。
私はやはり楽しみである。

なお、3位には合計229.95点で町田樹が入った。

                      ◇◆◇

羽生結弦に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年12月25日「羽生結弦、気迫の表情、渾身の演技…全日本フリー最高得点!」はこちら。

⇒2011年12月23日「羽生結弦は強気…高橋大輔と小塚崇彦を制し全日本初優勝へ」はこちら。

⇒2011年12月13日「羽生結弦トップ3波乱…全日本フィギュア選手権表彰台へ」はこちら。

⇒2011年11月27日「羽生結弦、小塚崇彦先輩を置いていく…GPファイナル2011」はこちら。

                      ◇◆◇

小塚崇彦に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年12月21日「高橋大輔、『どうだ! 小塚君!』…全日本選手権で一蹴」はこちら。

⇒2011年11月27日「羽生結弦、小塚崇彦先輩を置いていく…GPファイナル2011」はこちら。

⇒2011年11月26日「浅田真央、心のなかで『たかちゃん、ごめんね』」はこちら。

⇒2011年11月20日「浅田真央に負けるわけにいかない小塚崇彦…全日本選手権2011」はこちら。

⇒2011年11月15日「高橋大輔と小塚崇彦の比較…スケーターの特性と演技」はこちら。

⇒2011年11月2日「浅田真央をあたたかく見守ろう…心強い小塚崇彦の存在」はこちら。

⇒2011年10月22日「フィギュアGPシリーズ2011日程&出場選手…小塚と真央は?」はこちら。

⇒2011年10月3日「小塚崇彦、劇的成長の予感…自分が引っ張るしかない」はこちら。

⇒2011年9月30日「ジャパンオープン2011…安藤美姫、高橋大輔、小塚崇彦が出場」はこちら。

⇒2011年7月10日「小塚崇彦と浅田真央が初々しい…お似合いカップル」はこちら。

⇒2011年4月27日「小塚崇彦、金メダルへの距離…世界選手権」はこちら。

⇒2011年1月27日「浅田真央は小塚崇彦をどう思っているのか?」はこちら。

⇒2010年12月10日「高橋大輔を追う小塚崇彦に不安、村上佳菜子は自信」はこちら。

⇒2010年11月28日「イケメン小塚崇彦に足りないもの…GP圧勝」はこちら。

⇒2010年11月10日「安藤美姫と小塚崇彦、アベック優勝の注目度」はこちら。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

菅野智之、晴れて読売巨人軍入団…ドラフト単独指名

きのうのブログ「藤浪晋太郎の入団が遠のく…阪神ドラフトくじ運」に続いて・・・。

⇒2012年10月25日「藤浪晋太郎の入団が遠のく…阪神ドラフトくじ運」はこちら。

「プロ野球ドラフト会議2011」。
菅野智之投手は北海道日本ハムファイターズから1位指名を受けた。
まったく予想していなかった。
自分の夢を叶えることにこだわり、入団を拒否した。
世間のバッシングを受けるなど、猛烈な逆境に置かれたが、意志を変えることはなかった。

菅野智之は迷わず浪人生活を選んだ。
プロ野球への回り道になるどころか、実戦から遠ざかるのは大きなリスクをともなうのを承知のうえで・・・。
あれから1年、公式戦に出られないという不利な環境下で、孤独な練習を続けてきた。
モチベーションを保つのは至難だったろう。
1年の浪人を味わった江川卓や元木大介はその大変さを口にした。

読売ジャイアンツ(東京読売巨人軍)のユニフォームを着てプレーする。
それは、自分が野球に進むきっかけとなった伯父(母の兄)・原辰徳監督のもとでプレーすることでもある。
彼は、母方の祖父が元東海大学付属相模高等学校(東海大相模)野球部監督の原貢であり、原家の血を引く。
心のなかで巨人と伯父は重なっているのだ。

今年、菅野智之は巨人の単独1位指名が確実な情勢である。
晴れて入団へ・・・。

⇒2012年10月24日「プロ野球ドラフト会議2012…1位指名予想選手」はこちら。

横浜暮らしの私としては、最下位が指定席になっている横浜DeNAベイスターズで活躍してほしいという気持ちがないわけでない。
開幕直後にペナントレースの蚊帳の外になり、セ・リーグをつまらなくしている元凶である。
横浜の恥だ。

しかも、菅野智之は神奈川県相模原市出身である。
母校の東海大相模も東海大学も神奈川県にある。
私は昨年、横浜ベイスターズが交渉権を得ていたら入団したのではないかと思っている。

菅野智之は1年の浪人を経て、巨人入りの意志がさらに固くなった。
高田繁GMも中畑清監督も1位指名を臭わせている。
が、二人は巨人出身であり、それも中心選手だった。
いまさら指名に踏み切れないはずだ。
拒否を食らったときのダメージがあまりに大きい。
親会社もそれを望んでいない。

私は亜細亜大学の東浜巨投手に絞ってもらいたい。
藤浪晋太郎投手より1位指名の競合は少ない。
巨人が昨年に菅野智之を獲っていたら、今年は東浜巨を狙ったはずだ。

このブログは10月23日に書いた。
ドラフトの結果はどうか?

◆書き加え1(10月25日)

波乱の少ないドラフトだった。
藤浪晋太郎は4球団の競合の末、阪神タイガースが交渉権を獲得した。
本人も球団もファンも大喜びだろう。

東浜巨は3球団の競合の末、福岡ソフトバンクホークスが交渉権を獲得した。
本人も球団もファンも大喜びだろう。

菅野智之は巨人の単独指名だった。
落ち着くところに落ち着いた。

それにしても横浜ベイスターズはくじ運がない。
東浜巨を逃した。
来季も苦労しそうだ。

                      ◇◆◇

菅野智之とドラフト会議に関するブログは以下のとおり。

⇒2012年10月25日「藤浪晋太郎の入団が遠のく…阪神ドラフトくじ運」はこちら。

⇒2012年10月24日「プロ野球ドラフト会議2012…1位指名予想選手」はこちら。

⇒2011年11月21日「菅野智之、入団拒否…勇気ある決断を擁護する」はこちら。

⇒2011年11月5日「横浜DeNAベイスターズ、原辰徳監督就任、菅野智之1位指名なら人気回復!」はこちら。

⇒2011年10月29日「菅野智之…巨人油断、ドラフト一本釣り詰め甘く大失態」はこちら。

⇒2011年10月27日「菅野智之、巨人を逆指名…長野久義、澤村拓一に続け!」はこちら。

⇒2011年10月23日「菅野智之は横浜と巨人が指名…ドラフト会議12球団1位予想」はこちら。

⇒2010年11月14日「東海大・菅野智之は巨人、興南・島袋洋奨は中央大」はこちら。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

藤浪晋太郎の入団が遠のく…阪神ドラフトくじ運

きのうのブログ「プロ野球ドラフト会議2012…1位指名予想選手」に続いて・・・。

⇒2012年10月24日「プロ野球ドラフト会議2012…1位指名予想選手」はこちら。

今夕、「グランドプリンスホテル新高輪」で「プロ野球ドラフト会議2012(新人選手選択会議2012)」が行われる。

最大の注目は、何球団が高校3冠の藤浪晋太郎投手(大阪桐蔭)を1位指名するかだ。
ドラフト直前、大谷翔平投手(花巻東)がメジャー挑戦を表明した。
それにより人気が集中することになった。
ドラフト史上最多タイとなる8球団(野茂英雄、小池秀郎)が競合するかもしれない。

阪神タイガースは地元のスーパースター獲得にいち早く名乗りを上げた。
ところが、くじ運が悪いというより、くじ運がない。
ドラフト1位の抽選では12連敗中である。

チームは選手が育たず、外部からの補強に頼っているが、実績十分のベテランが期待したほど働かず、戦績が振るわない。
自前育成による若返りが急務になっている。
しかし、大谷翔平のメジャー挑戦により藤浪晋太郎の入団が遠のいた。

大谷翔平は両親や佐々木洋監督らと相談を重ねた。
すでにドジャースやレッドソックス、レンジャーズなどのメジャー球団と面談を行った。

プロ野球関係者は、国内球団を経ないメジャー挑戦に危機感を強めている。
最有力クラスの選手がどんどん流出しかねない。
また、メジャー行きを隠れみのに希望球団入りが起こる可能性を否定できない。
ルールの改正を考えるかもしれない。

なお、大谷翔平の今後は次のいずれかになる。

ドラフトで指名を受けると、来年3月31日まで指名球団に交渉権があり、大リーグとの契約は4月1日以降になるだろう。

ドラフトで指名を受けないと、大リーグと交渉できる。
ただし、帰国後3年間(大学・社会人は2年間)はプロ野球に入団できない制約が生じるだろう。

しかし、ドラフトで指名に踏み切ったとしても大谷翔平の翻意は考えにくい。

◆書き加え1(10月25日)

今年の甲子園で春夏連覇を果たした大阪桐蔭の藤浪晋太郎投手は、阪神、ヤクルト、オリックス、ロッテの4球団から1位指名を受けた。
そして、抽選の結果、阪神が交渉権を獲得した。
このところ明るい話題の少なかった阪神ファンは大喜び!
何せ和田豊監督が「当たるとは…」と驚いているくらいだ。

おそらく藤浪晋太郎にとっても最高の結果である。
おめでとう!

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

【プロ野球ドラフト会議2012】1位指名予想選手

私の品川での定宿は「品川プリンスホテル アネックスタワー」である。
ここのダブルルームが気に入っている。
体格の大きい外国人でもゆったりとくつろげるベッドはとくに快適だ。

私はクライアントが品川の近隣や周辺にあり、わりと最近まで頻繁に宿泊した。
木曜日と金曜日に大手企業で教育指導を行うため、品川プリンスホテルのホームページから宿泊の予約を試みた。
水曜日から2泊3日である。
ところが、満室・・・。

直前とはいえ、アネックスタワーのダブルルームが埋まっているというのは、これまでの経験から考えにくい。
腑に落ちなくて調べたら、「プロ野球ドラフト会議2012(新人選手選択会議2012)」が隣接する「グランドプリンスホテル新高輪」で行われることが分かった。
球団関係者や報道関係者だけでなく、プロ野球ファンなど大勢が押しかける。

◆開催日時
2012年10月25日(木) 午後5時〜
◆開催場所
グランドプリンスホテル新高輪
◆テレビ中継
TBS 午後4時53分〜(予定)

2012年ドラフト1位指名予想選手の情報がインターネットを賑わわせている。
実際にはふたを開けてみないと分からないが、以下に示す。

◆セ・リーグ
_I諭‥貮裕陝憤〆抂‖隋法藤浪晋太郎(大阪桐蔭)
阪神 藤浪晋太郎(大阪桐蔭)
ス島 東浜巨(亜細亜大)
東京ヤクルト 藤浪晋太郎(大阪桐蔭)
中日 福谷浩司(慶応大)
巨人 菅野智之(東海大)

◆パ・リーグ
▲リックス 藤浪晋太郎(大阪桐蔭)
だ虱侫蹈奪董‘O何限析此並膾絛涌)、東浜巨(亜細亜大)
ε賈務敕掘‘O何限析此並膾絛涌)、松永昂大(大阪ガス)
福岡ソフトバンク 藤浪晋太郎(大阪桐蔭)、東浜巨(亜細亜大)
埼玉西武 藤浪晋太郎(大阪桐蔭)
北海道日本ハム 藤浪晋太郎(大阪桐蔭)、東浜巨(亜細亜大)

大谷翔平(花巻東)がメジャー挑戦を表明し、藤浪晋太郎(大阪桐蔭)に1位指名が集中しそうだ。
パ・リーグは全球団がそうなることもありうる。

◆書き加え1(10月24日)

北海道日本ハムファイターズが23日、ドラフトで大谷翔平を1位指名すると宣言した。
2011年のドラフトで菅野智之投手(東海大)を1位指名し、即座に入団を拒否された経緯がある。
しかし、その年のナンバーワン選手を指名するという球団の方針に従い、アタックする。
交渉権を獲得しても大谷翔平の決意は固いのでないか。
勇敢なのは確かだが、入団にこぎつけられない1位指名にどれほどの価値があるのだろう。

この動きに追随する球団が現れるかもしれない。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

講師の生命線…研修・講演・セミナーコンテンツ

私は9月、10月と長期出張が続き、自宅にほとんど戻っていない。
企業での教育(研修)と指導、公開の講演とセミナーが立て込んでいる。
夜間はホテルの自室でデスクワークに取り組んでいる。

こちらは企業からの受託業務であり、おもに営業再建計画の策定である。
また、研修、講演やセミナーのコンテンツのブラッシュアップである。

私は還暦(60歳)をはさんだ2年間で新しいテーマに次々と挑んだ。
いまから思うと無謀だったが、営業分野のメニュー(カリキュラム)が一気に広がった。
私はその見直しに追われているのだ。

実際に受講者や参加者を前にして講義を行うなかで、いろいろな気づきが得られる。
それを踏まえて修正をかける。
講師にとりコンテンツは生命線であり、この作業をおろそかにできない。
講義内容の熟成には、相当な期間を要する。
ブラッシュアップを幾度も重ね、コンテンツはようやく完成の域に達する。

私は疲労の蓄積と腰痛・背筋痛の慢性化に加え、気温の急降下にともなう風邪(気味)が長引き、体調は最悪に近い。
ブログもずっと休止・・・。
仕事漬けは苦にならないほうだが、さすがにゆとりを失っている。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

朝ドラには約束事がある…遊川和彦「純と愛」

私はNHK朝の連続テレビ小説からずっと離れている。
堀北真希主演の「梅ちゃん先生」が終わり、夏菜主演の「純と愛」が始まった。
私は長期出張の連続であり、ホテルの部屋で時計代わりにNHKをつけっ放しにしているが、音声(せりふ)もほとんど耳に入ってこない。
心と時間の余裕を失った・・・。

妻が当初、「純と愛」は面白いと語っていた。
が、このところはあまり見ていないのでないか。
話題にしなくなった。

朝ドラの歴史は半世紀を超える。
根強いファンがいて、視聴を支えてきた。
一日の始まりの朝ドラには約束事のようなものがある。
それを大きく踏み外すと、ついていけない人が出てくる。

「純と愛」は、人の心が見えるとか・・・。
ストーカーとか・・・。
怖い世界を描いている?

「梅ちゃん先生」は制作陣の作戦勝ちで、素晴らしい視聴率を残した。
ある意味で計算され尽くしていた。
「純と愛」がそれを凌ぐ(しのぐ)のは大変だ。

私は「純と愛」の視聴率を知らない。
脚本家・遊川和彦は「家政婦のミタ」を手がけたとのことで、この朝ドラでも凄い数字を叩き出している?

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

和田創プロフィール(和田創研代表)

和田創研代表、営業再建屋(非常駐型)
和田 創(わだ・そう)

営業立て直し一筋の経営コンサルタント。

eigyosaiseipurojekuto01おもに「教育」を通じた成員の意識・行動改革により、組織風土の刷新、業績の拡大、成長の持続を支援する。
支出削減(リストラなど)でなく収入増加による企業再生にこだわる。
業種や規模を問わず、多くの顧問先を営業が強い会社に短期間で甦らせてきた。

「営業再生プロジェクト」はこちら。

eigyoridayousei01不毛の“ガンバリズム”と決別、「環境適応と経済合理性」を2本柱とした明確な営業指導に対し、経営トップが絶大な信頼を寄せる。
とりわけコンサルティングの精神とソリューションの技術に根差した“本物の提案営業”の定着に心血を注ぐ。

「営業リーダー養成コース」はこちら。

eigyosaiseipuroguram01また、「丸の内経営サロン」にて社長などを対象とした個別相談に応じる。
さらに、NPO法人営業実践大学理事長として営業の地位向上に尽くすほか、MBA(社会人大学院)講師として営業教育に当たる。
企業での指導を含めた年間の講演実績は2百回近く。

「営業再生プログラム」はこちら。

shacho01最新刊『社長と幹部の営業活動』のほか、完成度の高い各種営業研修教材など著作は多数。

『社長と幹部の営業活動』はこちら。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業リーダー養成コース…日本一の営業研修

私は営業分野のコンサルタントとして、クライアントにおける数字の立て直しに携わってきました。
eigyoridayousei01多くの経験と試行錯誤のなかで社員の成績向上、会社や職場の業績向上に直結する営業のあり方を探り、揺るぎないノウハウを築いてきました。
このたび、それを余すところなく吸収していただく機会として、公開タイプの営業セミナーを実施する運びとなりました。
eigyoridayousei02私にとっても長年にわたる教育・指導の総仕上げを図る機会となります。

名称は、「営業リーダー養成コース 〜第一級の人材に鍛えあげる」

私は、日本一の「営業精鋭道場」を開設したいと願い、プログラムのブラッシュアップに大きな情熱とエネルギーを傾けました。
eigyoridayousei03詳しくは、A4判・観音開き(8ページ)のカラーパンフレットをご覧ください。
本格的かつ高水準のカリキュラムです。
これを超える営業研修・営業セミナーは国内では存在しないのでは・・・。
大不況下でも悠然と数字を残せる、別次元の営業力が身につきます。eigyoridayousei04

「営業リーダー養成コース」はこちら。

以下に、あらましの一部を紹介しましょう。

◆本コースの目的
〔楹个泙靴た字をつくる「営業スペシャリスト」の育成。
⊆勸・部下の数字を伸ばす「営業マネジャー」の育成。

◆本コースの趣旨
農耕型から狩猟型の営業へ。
作付面積(市場規模)が年々減る一方の今日、ライバルの売り上げを奪い取れないと、会社の縮小は避けられません。
ついては、いかなる営業活動も顧客との面談から始まります。
したがって、「どこ」の「だれ」に会うかが第一義となります。
「売上=訪問先(ポテンシャル)×面会先(決定権)」が決め手。
結局、営業とは会いたがらない人に会いにいくこと。
それから逃げ出す弱い自分との闘いです。
行きやすいところに行き、会いやすい人に会うと、成績はかならずじり貧に陥ります。
営業とは知識でなく行動、能力でなく度胸、ゆえにパソコンでなく顧客です。
「提案営業」と称し、パワポで資料づくりに励んでいる場合でありません。

◆本コースの特色
「習ったことはすぐやる」…実行に尽きます。
営業の勉強というより、仕事の一環として取り組みます。
それも通常営業と別次元の「開発営業」です。
※開発営業とは、既存深耕・既存拡大・新規開拓など、収益の大幅伸長を目指した果敢な活動の総称。
講義と並行し、全員が有力企業に大型案件を一斉に仕掛けます。
その遂行に不可欠なカリキュラムを網羅しています。
参加者が絶対にやり抜くとの決意を固めなくては、成果を上げられません。

◆本コースの対象
ー卍后営業統括役員など取締役
営業部長・課長・係長など部門長
支社長・支店長、営業所長など拠点長
ね為の営業担当者、営業支援スタッフ
ジ綏兌圈⊂来の経営幹部

◆収益伸長への四大転換
仝耆冓垢営業⇒案件育成営業
※顧客が進んで語る御用はどんどん減っている。
⊂ι平箴営業(モノ売り営業)⇒課題解決営業(役立ち営業)
※自社商品とライバル商品はほぼ横並びである。
2然閉鷦┗超箱価値提供営業
※価値を与えられないと値引きで戦うしかない。
ね住餐菽ケ超箱予算創出営業
※国内では顧客が減り、さらにその予算が減る。

◆切実な要求に対応
☆既存顧客の深耕や拡大、新規顧客の開拓で顕著な成果を上げたい
☆顧客の値引き要求、他社との値引き競争を和らげたい
☆優良顧客に対する大口商談の成功率を大幅に高めたい
☆ライバルの顧客や売り上げ、シェアを奪い、業績の拡大、成長の持続を叶えたい
☆有力企業の決定権者やキーマンと接触し、魅力的な商機をつかみたい
☆社員や部下に対して的確な指導を施し、迅速な育成を図りたい
☆収益伸長に直結する「本物の提案営業」を会社や職場に根づかせたい etc.

◆受講者の心得
「虎穴に入らずんば虎児を得ず」
もっとも困難な開発営業に特化した本コースは過酷です。
しかし、それを乗り切れば、どのようなストレスにも負けない「心の強さ」と、とことん考え抜く「頭の強さ」が備わります。

以上。

圧倒的な勝ち組を目指す方々に、和田創が自信をもってお勧めします。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

【サンライズ出雲】A寝台1人用個室と「かに寿し」

きのうのブログ「彩雲堂の焼き菓子「だんだん」…島根・松江土産」に続いて・・・。

⇒2012年10月10日「彩雲堂の焼き菓子「だんだん」…島根・松江土産」はこちら。

14ベッド01私は大田市駅前の「あすてらす」で木曜日に行われるセミナーに備え、出雲市駅前の「ツインリーブスホテル出雲」に宿泊した。
当初は2泊し、金曜日に「出雲大社」に出かける予定だった。
正門前の「竹内まりや」の実家(老舗旅館「竹野屋」)も見てこようと・・・。

⇒2011年5月26日「竹内まりやを聞く…やわらかな陽射しに包まれる幸せな気分」はこちら。

15洗面ところが、クライアントへの納品仕事に追われ、なおかつ金曜日にコンサルティングの仕事が入った。
急きょ、1泊に変更・・・。

私は大田でのセミナーの終了後に出雲市駅に戻り、始発の「サンライズ出雲」で帰京することになった。
寝台特急がどんどん姿を消しており、結果的に今回の山陰出張で唯一の楽しみに変わった。

16机よし、出雲市駅の名物駅弁「かに寿し」を買い求め、「サンライズ出雲」のA寝台1人用個室(シングルデラックス)でいただこう。
ところが、売り切れとのこと。
売店に「ご予約ください」と書かれていたのは、そのためだった。
朝に見た際、「夕方に取りにきます」と伝えればよかったのだ。
次に訪れる機会があれば、かならずそうする。
非常に心残り・・・。

20通路ドア「サンライズ出雲」での12時間を超える長旅はとても快適だった。
私がかつて乗車した「北斗星」よりも車両がだいぶ新しく、JRが室内(内装)をミサワホームとコラボレーションしたせいだろう。

⇒2008年6月1日「北斗星ロイヤルチケット予約のコツ」はこちら。

「シングルデラックス」ということも関係するのかもしれないが、私は息苦しさをまったく感じなかった。
2階の部屋だったので、大きな窓の上部はムーンルーフの印象。
デスクとイスがよく、パソコンなどでの仕事も存分に行える。
案外、車両の揺れが創造性の発揮にプラスになるようだ。
私は、アイデアの浮かびやすい場所の一つとして、かつては「馬上」が挙げられたことを思い出した。

17シャワーセットこのシングルデラックスには「シャワーカード」が付き、しかも使い切れないほど充実した「アメニティキット」が付く。
私は発車前、検札の車掌から受け取った。
小さな巾着袋(きんちゃくぶくろ)は驚きのアイテム数である。
中身は、タオル、石鹸(ケース入り)、シャンプー、コンディショナー、シャワーキャップ、男性用ヘアトニック・ヘアリキッド・スキンウオーター(化粧水)、洗顔フォーム、歯ブラシ・練り歯磨き、ヒゲソリ、シェービングフォーム、ヘアブラシ、女性用ヘアバンド・コットン・綿棒、ポケットティッシュ、シューシャイン、サニタリーバッグ。
23アメニティグッズなお、中身はそのときどきで変わるのでないか(不確か)。
そして、貸し切りのシャワールームが同じ車両に設けられている。
値段は張るが、一度はシングルデラックスを体験したい。

私の場合、交通費と宿泊費はクライアントや主催者が負担してくれる。
寝台特急を利用すると、後泊の宿泊費がそっくり浮く。
交通費も特急と新幹線のグリーン料金を含めた総額よりもシングルデラックスのほうが安い。

私が山陰(おもに島根)に出かけるには、乗り継ぎの負担がなく移動時間の無駄がない「サンライズ出雲」がベストだろう。
鈍感なので、睡眠も普通に取れる。
多忙な身にうれしい。
おまけに旅行気分も味わえる。
私は山陰が大好きになった。

余談・・・。
私は先月も今月も山陰を特急で移動したが、「米子(よなご)」「安来(やすぎ)」「出雲(いずも)」「大田(おおだ)」など、濁る地名が多い。
読みも難しい。
また、市が少ないせいかどうか分からないが、「出雲市駅」「大田市駅」などの駅名がちょっとした驚きだった。

                      ◇◆◇

山陰出張と「ごうぎん経営者クラブ」に関するブログは以下のとおり。

⇒2012年10月10日「彩雲堂の焼き菓子「だんだん」…島根・松江土産」はこちら。

⇒2012年10月9日「ごうぎんビジネスセミナー、参加者の危機感」はこちら。

⇒2012年10月8日「社長と幹部の営業活動…ごうぎん経営者クラブ講演会」はこちら。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

彩雲堂の焼き菓子「だんだん」…島根・松江土産

きのうのブログ「ごうぎんビジネスセミナー、参加者の危機感」に続いて・・・。

⇒2012年10月9日「ごうぎんビジネスセミナー、参加者の危機感」はこちら。

私は先頃、山陰の「ごうぎん経営者クラブ」が主催する「ごうぎんビジネスセミナー」で講師を務めた。
演題は「社長と幹部の営業活動」。
会場は鳥取と島根・大田(おおだ)の2カ所。
地場企業の経営層や管理職を対象に、トップセールスによる「開発営業」の進め方のポイントを明かした。
どのようにして有力顧客に大型案件を仕掛け、大幅な収益伸長を成し遂げるか。

07しまね観光マップとはいえ、営業講師としてでなく、数字立て直しの営業コンサルタントとしてクライアントに指導している内容のエッセンスを伝えた。
営業のイロハにすぎないが、参加者にはインパクトが大きかったようだ。
大半の方が驚くほど熱心に受講してくれた。
3時間があっという間に過ぎた。

今日、仕事の受注や商品の販売が激しく落ち込んでいる。
しかし、積極的な営業活動を行ったことのない参加者も含まれる。
どうしてよいか分からなかったのだろう。
休憩時間の喫煙コーナーで、社長が「ありがたいヒントになりました」と話しかけてきた。
目に光が差していたことが、講師にはうれしい。

                       ◇

ところで、私は主催者から島根の土産を2種類手渡された。
一つは、焼き菓子「だんだん」。
製造は、島根・松江の「彩雲堂」。
NHK朝の連続テレビ小説「だんだん」の放送にちなんで開発された商品だろう。
これは私の推察にすぎず、商品が先かもしれない。
「だんだん」は出雲や松江に残る言葉であり、感謝を伝える意味があるのだとか…。
「ありがとう」よりもあたたかい。

「だんだん」は昔ながらのどら焼きの皮の部分が現代的にアレンジされており、新しい食感と味覚を楽しめた。
クルミの風味が添えられている。

もう一つは、「宍道湖七珍 殻付大和しじみ みそ汁用」。
販売は、島根・松江の「みやげ山海」。
佃煮とか、いろいろな加工食品が売られているが、しじみそのものだった。

私が好きな味噌汁は「しじみ」「はまぐり」「なめこ」「とうふ」の順番なので、うれしい。

山陰合同銀行には講演の機会をいただいたうえに、松江の名物・名産をいただいた。
心より感謝したい。
どちらもとてもおいしかった(写真を撮る前に胃のなかへ)。

事務局の女性が別れ際、真っ直ぐな感想を私に伝えてくれた。
これまで幾多のビジネスセミナーを企画し、幾多の講師を招いてきたはずだ。
内容などに対する横並びの客観的な評価を行える立場である。
「先生のお話は、深さが全然違います」。

私は遠方へ出かけた甲斐があった。

                      ◇◆◇

山陰出張と「ごうぎん経営者クラブ」に関するブログは以下のとおり。

⇒2012年10月9日「ごうぎんビジネスセミナー、参加者の危機感」はこちら。

⇒2012年10月8日「社長と幹部の営業活動…ごうぎん経営者クラブ講演会」はこちら。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

ごうぎんビジネスセミナー、参加者の危機感

きのうのブログ「社長と幹部の営業活動…ごうぎん経営者クラブ講演会」に続いて・・・。

⇒2012年10月8日「社長と幹部の営業活動…ごうぎん経営者クラブ講演会」はこちら。

私は先日、山陰合同銀行の「ごうぎん経営者クラブ」が主催する「ごうぎんビジネスセミナー」に招かれた。
地場企業の経営層と管理職を対象に、縮小市場での生き残りに必須となるトップセールスの進め方のポイントについて語った。
演題は「社長と幹部の営業活動」。
私の最新刊『社長と幹部の営業活動』に基づいた内容である。
とはいえ、3時間なのでエッセンスに限定。

私はコンサルタントと講師の仕事が東京、それも都心に集中している。
千代田区がほとんどで、港区、渋谷区、品川区がいくらか。
地方では、福岡(博多)が年間30日〜60日。
ほかに名古屋と大阪が若干。
まれに県庁所在地(それに準ずる規模を持つ都市)。

11大田市駅01私が伺った「ごうぎん経営者クラブ」の講演会場は鳥取と島根・大田の2カ所だった。
鳥取市はともかく、大田市(おおだし)は人口が3万人台である。
参加者が数名になると案じたが、20名近くに達した。
正直、意外だった。
主催者(事務局)はもちろん、大田支店(店舗)が頑張ったのかもしれない。
江津市(ごうつし)、浜田市(はまだし)、益田市(ますだし)などからも参加者が集まった。

私は当日、真剣かつ熱心な受講態度に感動した。
優良顧客、大口商談を取り込む「開発営業」のヒントをつかんでいただきたいと、ときに絶叫してしまった。
セミナーアンケートは彼らの強い危機感が反映されており、高評価だった。
私は終了後、事務局から絶賛され、嬉しいやら恥ずかしいやら・・・。

会場は大田市駅前の「あすてらす」。
島根県の施設らしく、なかなか立派。
研修会場などが充実している。

山陰は人口の減少、地域活力の低下が急激に進む。
地場企業の衰退も深刻だ。
日本のすべての地方が近い将来陥る現実にすでに直面し、苦悩している。
私はご縁があれば、今後も微力を尽くしたいと思う。

なお、私は大田市駅に降り立ち、2007年に「石見銀山遺跡とその文化的景観」が世界遺産に登録されたことを知った。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

社長と幹部の営業活動…ごうぎん経営者クラブ講演会

私は先頃、2カ月連続で鳥取に出かけた(写真は9月の撮影)。
滞在先(宿泊先)は鳥取駅前の「ホテルニューオータニ鳥取」と同じだが、クライアントは別だ。
実は、それまで山陰と縁がなかった。

先月は巨大企業の鳥取地区での講演。
会場は「ホテルニューオータニ鳥取」。
今月は山陰合同銀行主催の講演。
会場は「白兎会館(はくとかいかん)」。
名称の由来は「因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)」だろう。

山陰合同銀行は、島根県松江市に本店を置く。
山陰地方で最大規模の地方銀行であり、「ごうぎん」の愛称で親しまれる。
本店ビルは島根県で最高の高さを誇るランドマーク。

また、山陰合同銀行は島根県と鳥取県の複数の県で指定金融機関となり、こちらは唯一。
さらに、複数の県で最大のシェアを持つ地方銀行であり、こちらはまれ。

私は、山陰合同銀行地域振興部内に置かれる、地場企業の社長組織「ごうぎん経営者クラブ」に声をかけていただいた。
「ごうぎんビジネスセミナー」で「社長と幹部の営業活動」の講師を務めた。
私の最新刊『社長と幹部の営業活動』のごく一部、エッセンスを伝えた。
当日、定員の30名を上回る社長や経営幹部、上級管理者が参加してくれた。
なかには、うなずきっ放しの方も…。
終了後、突出したアンケート評価を得ることができた。
熱心な受講に感謝したい。

営業組織や営業人員が不十分な中小企業・零細企業が縮小市場で生き残るには、いわゆる「トップセールス」を積極的に推進するしかない。
とりわけ山陰の地場企業を取り巻く経営環境は厳しい。
私は、社長や幹部が収益伸長に直結する「開発営業」に取り組み、成果を上げるポイントについて語った。
ついつい力が入り、大声を出してしまった。
もちろん、参加者を叱っているのでなく励ましている。
3時間は一瞬で終わった。

「ごうぎん経営者クラブ」では地場企業を元気にしようと、さまざまなテーマの講演会やセミナーを島根県や鳥取県を中心に開催している。
有名人を囲んで、あるいは私のような実務家を招いて…。
取引先の活性化を支援しないと、地方銀行もやっていけないのだろう。
私は、事務局(女性)の熱心さに心を打たれた。
ご縁があれば、今後も微力を尽くしたい。

                       ◇

私はせっかくの機会なので、日本一の「鳥取砂丘」をぜひ見たいと考えていた。
季節どころか、当日の気象条件で表情が変わるらしい。
風と陽(日差し)が影響するのか?
鳥取砂丘を幾度か訪れるなら、美しさとは当然として、ダイナミックな変貌ぶりも楽しめそうだ。

ところが、私は先月も今月も講演会とホテルの自室でのデスクワーク(クライアントへの納品仕事)に追われ、わずかな時間を取れなかった。
タクシーでの手軽な観光コースが整うが、非常に残念。
一生に一度は行ってみたい・・・。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

【堀北真希】梅ちゃん先生が終わっていたぞ!

私は前期(上期)の終わりから後期(下期)の始まりにかけて目が回る忙しさだった。
脱糞(だっぷん)の時間も惜しいほど…。
そのせいか、疲れているにもかかわらず、かなり太った。
いわゆる「ポッコリお腹(ぽっこりおなか)」に戻った。

私はこの間、講演や公開セミナー、企業研修に加えてコンサルティング、さらにクライアントへの納品仕事(おもに営業再生戦略・計画の策定)に追われっ放し。
体がいくつあっても足りない状態だった。
自分自身が楽しみにしていた「和田創ブログ」が2週間以上も中断してしまった。
書き溜め記事が底を突いたのだ。
つたないブログの更新を待ち望んでくれる読者に心よりお詫びしたい。

NHK朝の連続テレビ小説「梅ちゃん先生」。
ほとんど見ないうちに終わっていた。
平均視聴率は驚異の20.7%だった(ビデオリサーチ調べ。関東地区)。
2003年の「こころ」以来、9年振りの20%超えである。
主演の堀北真希を含めた役者、そして脚本や演出などの制作陣がひねりを利かせて作品づくりに挑戦した勝利だろう。
どこか朝刊の4コマ漫画に通じる。

「梅ちゃん先生」の最終回が21.4%とそれほど盛り上がらなかったのは、この朝ドラの本質と関わる。
見なくてもいいのだが、見ればちょっと明るく元気に素直になれる。
ときにあたたかい感動も得られる。
その気楽さと安心感が大成功につながった。

                       ◇

私は先だって福岡出張から戻ってきた。
家を空けたお詫びとして、家族の夕食に九州北部の名物駅弁「かしわめし」を3人分買い求めようとした。
が、用途を察した店員に「夜までもたない」と言われて断念した。
彼女は誠実だったと思う。

そこで、「一つ栗」と九州ラーメンセットに変えた。
前者は小倉の銘菓で、8個入り2千円(消費税別途)と、土産としては高めの値段である。
私の長期の留守を預かる妻の大好物(写真を撮る前に胃のなかへ)。
後者は豚骨を中心に、5種類の味が楽しめる。
父の顔をたまにしか見ない子の大好物。

今回の出張では2度にわたり、懐かしい方と歓談の機会を持つことができた。
いずれも大変お世話になったクライアントである。
食事までごちそうになり、恐縮・・・。

                       ◇

私は先ごろ関西出張から戻ってきた。
土産は、子のリクエストを踏まえて「柿の葉寿司」にした。
鯖と鮭の切り身を酢飯にのせ、柿の葉で包んだ奈良・吉野の名物駅弁である。
全国的に有名であり、県外でもあちこちで売られている。
私が暮らす横浜でも…。

「柿の葉寿司」は製造元により「柿の葉寿し」「柿の葉すし」などと表記が異なる。
また、他の魚の切り身も用いられているようだ。
私が買い求めたのはオーソドックスな駅弁である。
柿の葉の香りが豊かに広がり、とてもおいしくいただいた(写真を撮る前に胃のなかへ)。

柿の葉(おもに渋柿)には殺菌効果があるとされており、包むことで若干日数の保存が可能になる。
もともと庶民的な郷土料理だと思うが、私は上品な味に感じた。

                      ◇◆◇

堀北真希と朝ドラ「梅ちゃん先生」に関するブログは以下のとおり。

⇒2012年4月2日「堀北真希・梅ちゃん先生…朝ドラ高視聴率のプレッシャー」はこちら。

⇒2012年4月10日「松下奈緒・ゲゲゲの女房、堀北真希・梅ちゃん先生の人気」はこちら。

⇒2012年4月12日「堀北真希と井上真央…朝ドラヒロインおでこ比較」はこちら。

⇒2012年4月15日「朝ドラ梅ちゃん先生の感想…急ごしらえの粗末な作品?」はこちら。

⇒2012年4月16日「梅ちゃん先生…オープンセットはカネの無駄遣い?」はこちら。

⇒2012年4月17日「堀北真希は日本の朝を穏やかにした…梅ちゃん先生の効用」はこちら。

⇒2012年4月18日「堀北真希ドラム缶風呂入浴シーン…梅ちゃん先生視聴率」はこちら。

⇒2012年4月23日「朝ドラ梅ちゃん先生が面白い…平均視聴率上昇へ」はこちら。

⇒2012年4月25日「朝ドラ梅ちゃん先生、林家正蔵ナレーションは興醒め」はこちら。

⇒2012年4月26日「梅ちゃん先生脚本、尾崎将也シナリオはどうよ?」はこちら。

⇒2012年4月27日「梅ちゃん先生、脚本のばかばかしさ、演技のわざとらしさ」はこちら。

⇒2012年4月28日「堀北真希は大根役者?…朝ドラ梅ちゃん先生の演技」はこちら。

⇒2012年4月29日「梅ちゃん先生…苦し紛れの日替わり定食が人気を呼ぶ」はこちら。

⇒2012年4月30日「堀北真希の演技…下村梅子ははまり役」はこちら。

⇒2012年5月1日「梅ちゃん先生、高視聴率…素人芝居への挑戦」はこちら。

⇒2012年5月8日「堀北真希、本気の学芸会並み演技」はこちら。

⇒2012年5月10日「下村松子・ミムラと真田伸吉・平岳大の関係…梅ちゃん」はこちら。

⇒2012年6月14日「宇野実彩子と小出恵介、ミムラと平岳大の破局」はこちら。

⇒2012年6月16日「朝ドラ梅ちゃん先生、絶好調の平均視聴率!」はこちら。

⇒2012年6月18日「梅ちゃん先生SMAP主題歌…目覚めのすきっ腹にスイーツ!」はこちら。

⇒2012年6月20日「山本高樹ジオラマ…梅ちゃん先生タイトルバックの完成度」はこちら。

⇒2012年6月22日「堀北真希熱演、梅ちゃん先生高視聴率…空中分解の魅力」はこちら。

⇒2012年7月6日「梅ちゃん先生視聴率…朝ドラファンを虜にする面白さ」はこちら。

⇒2012年7月7日「徳永えりと世良公則、尾崎将也の危うさ…梅ちゃん先生」はこちら。

⇒2012年7月9日「堀北真希は女を感じさせない…梅ちゃん先生」はこちら。

⇒2012年7月16日「梅ちゃん先生総集編…堀北真希の味」はこちら。

⇒2012年7月29日『能年玲奈(のうねん・れな)…朝ドラ「あまちゃん」ヒロイン』はこちら。

⇒2012年7月31日『夏菜(なつな)…NHK朝ドラ「純と愛」ヒロイン』はこちら。

⇒2012年8月6日「梅ちゃん先生お化け視聴率…朝ドラ過去5作品で断トツ!」はこちら。

⇒2012年8月8日「下村医院は安岡医院か梅子医院か…梅ちゃん先生」はこちら。

⇒2012年8月13日「梅ちゃん先生平均視聴率20%越えと堀北真希の不機嫌」はこちら。

⇒2012年8月18日「朝ドラ「梅ちゃん先生」最高視聴率…堀北真希への支持」はこちら。

⇒2012年8月20日「梅ちゃん先生スペシャル版、結婚できないの尾崎将也脚本」はこちら。

⇒2012年8月26日「堀北真希、「梅ちゃん先生」後の主演の仕事」はこちら。

⇒2012年8月27日「堀北真希『梅ちゃん先生』から夏菜『純と愛』へ」はこちら。

⇒2012年9月17日「堀北真希・梅ちゃん先生…ばかばかしいから面白い」はこちら。

⇒2012年9月19日「駄作すれすれに仕上げる…梅ちゃん先生脚本&演出」はこちら。

⇒2012年9月21日「【堀北真希】人気の朝ドラヒロインは紅組司会へ」はこちら。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表

数字がすべて、結果がすべて。
目標達成、業績向上、成長持続、社業発展など、「収益伸長」の一点に特化したコンサルタント。
プランナー時代を含めて40年を超える経験と実績、信念と情熱を土台に、多くのクライアントを優良企業に育ててきた。
近年は新商品や新事業、新会社の開発を請け負いながら、内需・地場の中小・中堅企業の短期再生に取り組む。
その一環として、年中無休、昼夜を問わず、社長の個別相談に応じる。
また、経営から管理、人事(採用)、マーケティング、事業、商品、企画まで、おもにトップを対象としたセミナーを行う。

和田創研

お気に入り




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ