コンサルの引き出し|和田創ブログ


だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。

2013年12月

浅田真央、エキシビションの美しさ…全日本選手権

来年1冊目の営業本『結果を出せない営業はこう立て直す』は、年内に印刷会社から校正が出てきます。
正月休みが長いので(9連休)、本になるまでもう少し時間がかかりますが、間もなくです。
二転、三転し、紙の本だけにしました。

また、2冊目の営業本『御社の営業をよくするヒント』は、原稿が終わりました。
ソチオリンピック出場にかけるフィギュアスケートの選手たちの頑張りに刺激されながら、何とか仕上げました。
予定より早く進み、自分でも驚いています。
信じられないくらいの集中力を保てました。

ブラッシュアップをかけたのは、1冊目が30〜40回、2冊目が十数回です。
これは、力の入れ具合の差でなく、前者が実務書系、後者が読み物系という性格の違いです。
2冊目は年内に編集と装丁が終わり、いつでも印刷会社に入稿できる状態になります。
が、1冊目との兼ね合いもあり、どうしたものかと迷っています。
正月にじっくりと結論を出します。
もう1回くらい原稿に手を入れるかもしれません。

また、『営業に関する最高の教え』(営業マン向け)と『御社の営業が強くならないワケ』(経営者向け)の原稿もおおよそできています。
こちらはそれぞれ後6〜7回手を入れようと考えており、そうなると3〜4月に原稿が終わるでしょうか。
6〜7月に刊行することになると思います。

話は変わります。
「全日本フィギュアスケート選手権2013」。
エキシビションが火曜日に行われました。
私は仕事に猛烈に追われ、手を止めてテレビを見たのは浅田真央だけです。
演技もさることながら、全身からあふれる美しさに感嘆しました。
大人の女性になり、それに一段と磨きがかかりました。
オリンピックの舞台で、この天使を戦わせていけないのでないかと思えるほどでした。

また、私は織田信成の現役引退発表に感動しました。
高橋大輔とともに長く男子シングルを盛りあげてきました。
彼は激情家であり、競技上ではときにマイナスになったかもしれません。
しかし、他人にも我がことのように感情移入ができ、周囲から愛されてきました。
鈴木明子や村上佳菜子にねぎらわれ、大勢のファンに見守られての引退は幸せだったでしょう。
お疲れさまでした。

おそらくフィギュアスケートと何らかの関わりを持つことになると思いますが、第二の人生をしっかりと歩んでください。

◆書き加え1(12月26日)

私は、ソチ代表選考漏れの小塚崇彦について思うところがあった。
25日のブログでそれを取りあげる予定だったが、仕事に追われて時間を割けない。
日を改めて・・・。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

高橋大輔はなぜ人騒がせなのか?

きのうのブログ「高橋大輔をソチ代表から外すべきでない」に続いて・・・。

⇒2013年12月23日「高橋大輔をソチ代表から外すべきでない」はこちら。

「2014年ソチ冬季五輪(オリンピック)」の日本代表最終選考会を兼ねる「全日本フィギュアスケート選手権2013」が終わった。
私は仕事の都合で、きのうの女子フリースケーティング(FS)と選考結果発表を見られなかった。

ネット情報で知り、驚いたのは女子シングルの順位だった。
そして、もっと驚いたのは鈴木明子の得点だった。
村上佳菜子の得点もかなり高い。
国内大会なので甘めの採点になるのかもしれないが、それにしてもすごい。

妻によれば、鈴木明子の演技は競技人生最高の出来栄えらしい。
現役最後のシーズンに初の全日本制覇を飾った。
28歳の快挙。
気が遠くなるほど長い摂生と精進、鍛練の賜物である。
素晴らしい! おめでとう!

また、村上佳菜子の号泣はなかったそうだ。
どうやらショートプログラム(SP)で水が枯れた。
ソチでは感情の起伏を抑え、落ち着いて滑ってほしい。

ところで、男子シングルのソチ代表。
私は、高橋大輔が選ばれることを望んでいたので、フリーでは4位確保に徹してほしかった。
ならば、代表選考がややこしくならない。
しかし、高橋大輔は3位狙いに挑み、5位に落ちた。

⇒2013年12月20日「高橋大輔は4位でもソチ代表…全日本フィギュア」はこちら。

この順位だと、さすがに選ぶ連盟にもためらいが生じる。
私は、肝を冷やした。

が、この挑戦こそ、高橋大輔たるゆえん。
また、そうした気概を持ちつづけたからこそ、今日まで世界のトップクラスとして戦ってこられた。
フリーの選曲「ビートルズ・メドレー」もその一つ。
彼の持ち味が詰まっており、ファンへの大きなホスピタリティ(おもてなし)と深い感謝が感じられる。
経験が豊富なので(←年寄りのこと)、SPを含め、かつてのプログラムを再生する選択もあったのに・・・。

我らが高橋大輔は人騒がせである。

⇒2013年12月22日「羽生結弦、ソチ金メダルの演技…全日本フィギュア」はこちら。

惜しくも代表切符を逃した小塚崇彦には、心から「お疲れさま」と言いたい。
全日本フィギュアでは、このところの不振を吹き飛ばすプライドに満ちた演技を示した。
選考漏れの痛手から立ち直り、4年後の平昌冬季五輪(ピョンチャンオリンピック)で悔しさを晴らしてほしい。
すでに24歳。
現役引退が頭をかすめて不思議でないが、私はまだ十分にやれると思っている。

⇒2013年12月23日「高橋大輔をソチ代表から外すべきでない」はこちら。

代表切符に手が届きそうだった織田信成にも「お疲れさま」と言いたい。
夫として父として、愛する妻と子どもに希望に満ちた演技を見せられた。
立派だった。

やはり代表切符に手が届きそうだった宮原知子にも「よく頑張った」と言いたい。
これから難しい時期を迎えるのかもしれないが、4年後に日本の女子シングルをけん引している可能性がある。
これからだ。

私は、出場全選手に敬意を表する。

いざ、ソチオリンピックへ!
大所帯の日本勢には、まとめ役が必要だ。
まして「団体戦」が行われる。
私は、高橋大輔が選ばれて当然と考えている。
(後で、満場一致での選出だったと知った。)

なお、「世界フィギュアスケート選手権2014」も同じメンバーが選ばれた。
全日本フィギュアと同じ「さいたまスーパーアリーナ」で行われる。

私は、深夜1時前後にスポーツニュースでダイジェストを見た。
会場は大変な盛りあがりだった。
印象的な映像が流れたので、あすのブログで触れたい。

◆書き加え1(12月26)

私は、ソチ代表選考漏れの小塚崇彦について思うところがあった。
25日のブログでそれを取りあげる予定だったが、仕事に追われて時間を割けない。
日を改めて・・・。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

安藤美姫よ、ここでやめたら悔いを残す

「全日本フィギュアスケート選手権2013」。
女子シングルのショートプログラム(SP)が行われた。

私の最大の注目は安藤美姫。
一言でいえば、彼女自身に感動した。
表情から、全日本の大舞台で演技を行える喜び、そして自分を応援してくれたファンへの感謝がこぼれていた。
彼女は、本来の滑りが戻っていない。動きが鈍いし、切れが悪い。
しかし、私はよくぞここまで演技を高めたと感心した。
ジャンプを含め、素晴らしかった。

浅田真央は、演技はもちろん、表情と全身に大人の女性らしい美しさがあふれていた。
とてもきれい。
私の最大の関心は、先日のブログで述べたとおり、彼女がどれくらいの合計得点を叩き出すかである。
それにより「2014年ソチ冬季五輪(オリンピック)」における韓国のキム・ヨナ(金妍児)との一騎打ちの行方もおおよそ予想できる。
女子シングルのトリプルアクセルは、せめて皆が当たり前のように跳ぶ男子シングルの4回転ジャンプ並みに基礎点を引きあげてほしい。

⇒2013年12月21日「浅田真央はゆうゆう1位、関心は合計得点!」はこちら。

鈴木明子と村上佳菜子の二人の実力者は、ソチオリンピックへの最大関門に調子のピークを合わせてきた。
これも先日のブログで述べたとおり、女子シングルの日本代表は3選手で決まりそうだ。
宮原知子が得意のフリースケーティング(FS)で得意のジャンプをことごとく成功させ、かつ鈴木明子と村上佳菜子に大きなミスが出れば話は別だが・・・。
村上佳菜子には、号泣はフリーの後まで取っておいてほしかった。
愛嬌があり、彼女らしいといえば彼女らしい。

安藤美姫について・・・。
「今シーズンでやめると、かならず悔いを残す」と言いたい。
私はSPを見て、彼女の類まれな才能と体力を改めて感じた。
出産して1年も経っておらず、信じられない。

私はこのブログで、「2018年平昌冬季五輪(オリンピック)」に出場すべきだと述べた。
半分は本気でそう願い、半分は正直難しいと思う。また、本人に酷だとも思う。
しかし、安藤美姫は後1〜2シーズンならトップクラスの選手としてやっていける。
私は素晴らしい成績を残せると考えている。

アスリートにとりオリンピックが最大の目標というのは理解できるが、毎シーズン「世界フィギュア選手権」が行われる。
その年の世界一(世界王者・女王)を決める大会である。

一流の選手には、実績にふさわしい幕引きがある。
安藤美姫は、日本でも世界でも頂点を極めている。
このまま引退しては、物足りなさや後味の悪さを覚えるフィギュアファンも出てくるはずだ。

安藤美姫はおもに個人的な事情が原因で、長く滑れない期間が続いた。
自分自身と冷静に向かい合うことができ、フィギュアスケートへの愛情と情熱を取り戻した。
彼女は心底、好きなのだ。

私は、安藤美姫が全日本フィギュアを最後の舞台にするのは中途半端だし、もったいないと思う。
来シーズンは今シーズンより調子が上がるのは間違いない。その次はもっと上がるかもしれない。

安藤美姫には、大勢のファンに深い感動を与えらるだけの十分な余力が残されている。

               ◇◆◇

安藤美姫に関するブログは以下のとおり。

⇒2013年11月21日「安藤美姫、さみしすぎる引退…全日本選手権」はこちら。

⇒2013年10月25日「安藤美姫、平昌五輪でキム・ヨナと戦え!」はこちら。

⇒2013年10月21日「安藤美姫は平昌オリンピックを狙える!」はこちら。

⇒2013年10月19日「安藤美姫、全日本選手権3位以内への課題」はこちら。

⇒2013年10月6日「フィギュア日本女子代表選考レースは混戦」はこちら。

⇒2013年9月28日「安藤美姫、SPマイウェイとFS火の鳥でソチへ」はこちら。

⇒2013年8月18日「華原朋美と安藤美姫…行方不明の噂」はこちら。

⇒2013年7月21日「安藤美姫、人はつまずくために人生を歩む」はこちら。

⇒2013年7月12日「安藤美姫演技…優しく豊かな情感で包み込む」はこちら。

⇒2013年7月7日「安藤美姫、出産・子育て・未婚でソチ表彰台へ」はこちら。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

高橋大輔をソチ代表から外すべきでない

「全日本フィギュア選手権2013」。
私は、近々刊行する著作の原稿のブラッシュアップに追われ、主要選手の演技しか見られなかった。
しかし、そのすべてにオリンピック出場にかけた4年間、さらにフィギュアスケートにかけた半生の思いが込められ、心を打たれた。
大きな感動をありがとう!

このブログでは、男子シングルのソチ日本代表選考について手短に述べたい。
外野、まして素人がとやかく言うのはどうかと思うが、解説者やコメンテーターが何の指針も見識も示さないので触れる。

すでに2つのブログで述べており、全日本フィギュアの結果はおおよそそのとおりになった。
私は、羽生結弦を別にし、3位の選手はソチへ行けないと述べてきた。
高橋大輔がいるからだ。
だから、彼が3位に収まるのが、もっとも平和な選考レースになるとも述べた。
ならば、全日本フィギュアの表彰台にのぼった選手がそのままソチ代表になる。

⇒2013年12月20日「高橋大輔は4位でもソチ代表…全日本フィギュア」はこちら。

⇒2013年12月22日「羽生結弦、ソチ金メダルの演技…全日本フィギュア」はこちら。

ショートプログラム(SP)が終わった段階で、「高橋大輔をソチオリンピックへ送り込もう!」とも述べた。
予約投稿機能を用い、22日午前8時(ライブドア)にアップした記事である。
足の踏ん張りが利かない高橋大輔を見て、時間の長いフリースケーティング(FS)では織田信成に抜かれ、5位になるかもしれないと思ったからだ。
それでも、彼はソチ代表に選ばれるべきだと述べた。

私は、貴公子・小塚崇彦も応援してきた。フィギュア界のサラブレッドである。
彼からは、誠実で清潔でシャイで飾らない人柄が伝わってくる。
文句のつけようのない好青年だ。
私が暮らす横浜(新横浜)にも練習に通ってきたようで、浅田真央とともに親しみがわく。
だが、小塚崇彦は全日本フィギュアの3位になっただけで、このところ実績を残していない。
また、年齢的に厳しくなるが、彼には進化の余地が十分に残されている。
実力を十分に開花させたとは、私には思えない。
体のケアを済ませ、2018年平昌冬季五輪(オリンピック)への出場をどうか目指してほしい。
パパになっている可能性がないわけでない。

けがは本人の責任ということを、私は承知している。
しかし、世界ランキング3位の高橋大輔をソチ代表から外すという選考はどうしても考えられない。
また、そうであってならないとも思う。
そもそも彼は、全日本フィギュアの前に選考要件をクリアしていた。
私は、連盟内外の力関係やしがらみにとらわれない選考を行ってほしい。
また、競技自体を愛し、その人気を支えるフィギュアスケートファンの声にも耳を傾けてほしい。

なお、高橋大輔は、彼を応援している熱烈なファンのためにも、落選を覚悟したかのようなコメントを発するのは慎むべき。大勢が希望をつないでいる。
いさぎよすぎるのは、よくない。

◆書き加え1(12月23日)

それぞれの選手に、それぞれのファンはいる。
ファンが自分の応援する選手にオリンピックに出てもらいたいと思うのは、当然の心理である。

私は、国費(税金)を投じてオリンピックに送り込むからには、結果を出せる可能性のいくらかでも高い選手を選ぶのがセオリーだと考える。
より大勢の国民が納得できることが大切である。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

羽生結弦、ソチ金メダルの演技…全日本フィギュア

「全日本フィギュア選手権2013」。
選手の凄まじい気迫と緊張が巨大会場を飲み込む。
皆、これまでの半生をかけて出場している。
そう思うだけで、私は強い感動を覚える。

男子シングルは、ショートプログラム(SP)が終わった。

私は、贔屓(ひいき)の選手がいないわけでないが、すべての日本選手を応援している。
「競技」の「競(競争)」のほうに関心が向かうオリンピックと異なり、全日本フィギュアは「競技」の「技(演技)」のほうに関心が向かう。
といっても、重き(比重)のこと。
手に汗を握るのは同じだ。
羽生結弦と浅田真央は決まりとして、「2014年ソチ冬季五輪(オリンピック)」の残りの日本代表切符各2枚はだれがつかむのだろう。

町田樹は、演技に見入ってしまった。
調子不良で臨んだGPファイナル。
SPで出遅れたのに大崩れせず、むしろフリーで巻き返したことが非常に大きな自信になったように思える。
目に光が宿り、表情に力がこもっていた。
何が何でもソチへ行くという強い意志が伝わってきた。

織田信成は、最初の4回転ジャンプが固かった。得点源を決められなかった。

羽生結弦は、日本王者のゆとりが見て取れた。
風格さえも…。
GPファイナルで驚異的な高得点を叩き出し、絶対王者のパトリック・チャン(カナダ)を退けた。
もちろん優勝したが、こちらのほうが彼にとっては大きい。
また、代表内定なので、ほかの選手と精神状態が違う。
彼の実力からすれば、あのくらいの演技は当然だろう。
体が動いており、手足が長いので、動きがさらに際立つ。
私は、百点超えに驚かない。
羽生結弦は、ソチで金メダルを獲ると思う。

高橋大輔は、精神力だけで滑っていた。
足の踏ん張りが利かない。
私は気の毒で、演技を見ていられない。
時間の長いフリーが気がかり。
彼は依然として日本、いや世界の第一人者である。
高橋大輔をソチへ送り込もう!

⇒2013年12月20日「高橋大輔は4位でもソチ代表…全日本フィギュア」はこちら。

小塚崇彦は、姿も演技も見るのは久しぶりだった。
背水の陣で臨んだはずだが、ジャンプにミスが目立った。
得点源が揺らいでは厳しい。
おそらく2位にならないと、ソチへ行けない。

◆書き加え1(12月22日)

5選手にはそれぞれ、これまで支えてきた関係者、そして応援してきたファンがいる(当然、全選手についても同じ)。
その思いは、私にだって分かる。

が、率直な気持ちを述べれば、SPの出来を見るかぎり、羽生結弦、町田樹、高橋大輔の3選手がソチ代表に選ばれるのがしっくりするのでなかろうか。
もちろん、フリーの得点により、小塚崇彦や織田信成が2位になるといった変動があれば、話は別だ。

私自身は、高橋大輔、羽生結弦、小塚崇彦の3選手をとくに応援してきたが、そう思う。
高橋大輔が4位や5位に留まったとしても、彼を外すのはどうなのか。
私が彼を一番好きだからそう述べているわけでない。

フィギュアスケートを愛する国民の感情にもっとも近い選択だと思うのだが・・・。

                      ◇◆◇

フィギュア男子シングルに関するブログは以下のとおり。

⇒2013年12月20日「高橋大輔は4位でもソチ代表…全日本フィギュア」はこちら。

⇒2013年11月17日「羽生結弦と高橋大輔、GPファイナル進出!」はこちら。

⇒2013年11月11日「高橋大輔、ソチ五輪さえ来なければ・・・」はこちら。

⇒2013年11月10日「高橋大輔と小塚崇彦はソチへ行けるのか」はこちら。

⇒2013年11月8日「高橋大輔、闘志にスイッチ…NHK杯」はこちら。

⇒2013年10月13日「浅田真央の人気、高橋大輔の人気」はこちら。

⇒2013年10月9日「高橋大輔、ホスピタリティ…ビートルズメドレー」はこちら。

⇒2013年11月17日「羽生結弦ソチ金、あまちゃんと楽天の勢い」はこちら。

⇒2013年11月16日「羽生結弦、経験の未熟さ…チャンに敗れる」はこちら。

⇒2013年11月15日「羽生結弦は容姿端麗の美男子…海外でも評判」はこちら。

⇒2013年10月27日「羽生結弦…名前とたたずまいの美しさ」はこちら。

⇒2013年11月14日「小塚崇彦危うし、現役引退の危機」はこちら。

⇒2013年11月13日「小塚崇彦、ソチ五輪代表は崖っぷち!」はこちら。

⇒2013年11月10日「高橋大輔と小塚崇彦はソチへ行けるのか」はこちら。

⇒2013年11月12日「織田信成、本番で落ち着いて滑れるか?」はこちら。

⇒2013年10月16日「織田信成はソチ五輪出場枠に入れる?」はこちら。

⇒2013年10月19日「町田樹(たつき)、遅咲きでソチ五輪代表へ」はこちら。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

浅田真央はゆうゆう1位、関心は合計得点!

きのうのブログ「高橋大輔は4位でもソチ代表…全日本フィギュア」はこちら。

⇒2013年12月20日「高橋大輔は4位でもソチ代表…全日本フィギュア」はこちら。

「全日本フィギュアスケート選手権2013」が行われる。
「2014年ソチ冬季五輪(オリンピック)」の日本代表選考会を兼ねている。
日本のシングルは、男女それぞれ3枠である。
だれが代表切符をつかむのか、国民の関心が爆発的に盛りあがっている(おそらく)。
私は、この1カ月弱、新聞もテレビもまったくと言っていいほど見ていない。ネット情報もほとんど…。
世相や社会の出来事にうとくなり、怖い。

きょうのブログは、ソチ代表選考レースについて綴ってみたい。
ネット情報に当たる時間がなかった。

女子シングルは、浅田真央、村上佳菜子、鈴木明子の3選手で決まりだろう。
未曽有の混戦模様の男子シングルと比べれば予想しやすい。
といって、日本代表になるのが楽だとはむろん思っていない。

村上佳菜子は昨シーズンから不調が目立ちはじめた。
私は、女性に特有の体の変化が原因かと思っていたが、それに加えて本人の体質も原因かもしれないと感じた。
高難度ジャンプが壊れて得点を出せないと自信を失い、演技全体に悪影響が及ぶ。
ここまでは技術も表現も精彩を欠いている。
彼女がシニアデビューして1〜2年、私は素晴らしい才能が現れたと思った。
天真爛漫な笑顔が強い輝きを放っていた。
演技後の泣き出しそうな表情を見ると、こちらがつらくなる。
何とかソチへ行ってほしい。

米国選手だが、私が成長を期待した長洲未来の伸び悩みに通じるところがあるのだろうか。
体のバランスがちょっと変わるだけで滑りに大きな影響が出るフィギュアスケートでは、大人になる壁を乗り越えなければならない女子選手がとくに大変そうだ。

現役引退確実の鈴木明子は円熟の演技を見せている。
やわらかな安定感もある。
彼女がごく普通に実力を出せれば、代表切符は間違いない。
しかし、緊張がひどいのか、ほんとうの勝負どころで落胆する表情を見せてきた。
競技人生の集大成として、ぜひソチへ行ってほしい。

代表選考レースの台風の目になるとしたら、宮原知子(みやはら・さとこ)である。
得意の高難度ジャンプをほとんど決め、しかも村上佳菜子や鈴木明子が不本意な得点に留まれば、表彰台にのぼるかもしれない。
2位ならソチ代表に選ばれると思うが、3位だとどうなるのだろう。

浅田真央は全日本フィギュアに関してはゆうゆう1位になる。
が、彼女の場合は、オリンピックの舞台で韓国のキム・ヨナ(金妍児)に勝てるかどうかだ。
私は浅田真央を応援しており、本人が金メダルを望んでいるので、ぜひ獲ってもらいたい。
全日本フィギュアでトリプルアクセル(3回転半)を3回跳ぶのだろうか。
私の最大の関心は、彼女がどれくらいの合計得点を叩き出すかである。
個人的には、女子シングルのトリプルアクセルの基礎点を引きあげてほしい。

オリンピックでは地元の応援に背中を押されるロシア選手を侮れないとしても、私は実質二人の優勝争いになると思っている。

浅田真央は現時点の高難度ジャンプの成功率を考えると、それがいくらか高まったとしても、厳しい戦いになりそうだ。
むろん、キム・ヨナの調子次第だが、そこそこ好調な状態で臨むときわめて手ごわい。
主要大会に出ていないので、コンディションは不明だ。

安藤美姫は、体力と筋力、調子の回復が間に合わない。
出産後たいした時間が経っていない。
しかし、このブログで幾度か述べたとおり、2018年平昌冬季五輪(オリンピック)がある。
彼女に失礼な言い方になるが、失うものは何もない。
開き直り、貪欲に目指してほしい。
図抜けた才能と強い体力に恵まれており、子どもを授かって精神面が安定してきたので、私は4年後も十分にやれると思っている。
奇跡に近い演技を行い、2位に入るようなことがあればソチ代表に選ばれるのだろうか。
1位に限定されると、絶望的である。
いまできる最高の演技を見せてほしい。

私は、ほぼ同時期に刊行する2冊目の営業本『御社の営業をよくするヒント』の原稿の最終仕上げに追われている。
しかし、全日本フィギュアの主要選手の演技だけは仕事の手を休め、かならず見る。
出場全選手の健闘を祈る。

                      ◇◆◇

フィギュア女子シングルに関するブログは以下のとおり。

⇒2013年12月16日「浅田真央や高橋大輔の頑張り…ソチ代表入り」はこちら。

⇒2013年11月20日「浅田真央、ボクサー転向で東京五輪出場か」はこちら。

⇒2013年11月10日「浅田真央は金妍児を上回れるか…ソチ五輪」はこちら。

⇒2013年11月9日「浅田真央と宮原知子の争い…NHK杯」はこちら。

⇒2013年10月26日「浅田真央、現役引退から現役続行へ!」はこちら。

⇒2013年10月20日「浅田真央、GPシリーズ&ファイナルは無敵」はこちら。

⇒2013年10月13日「浅田真央の人気、高橋大輔の人気」はこちら。

⇒2013年10月12日「浅田真央の伸び代…キム・ヨナの高得点」はこちら。

⇒2013年10月10日「浅田真央調子…ソチ五輪へ開き直りと悟り」はこちら。

⇒2013年10月8日「浅田真央、ソチで高得点へ…タラソワ振り付け」はこちら。

⇒2013年10月6日「フィギュア日本女子代表選考レースは混戦」はこちら。

⇒2013年11月4日「村上佳菜子、スランプから復調か…ソチ代表」はこちら。

⇒2013年10月15日「村上佳菜子、ソチ五輪代表3枠入り」はこちら。

⇒2013年10月17日「宮原知子は面白い存在…ソチ代表選考レース」はこちら。

⇒2013年11月21日「安藤美姫、さみしすぎる引退…全日本選手権」はこちら。

⇒2013年10月25日「安藤美姫、平昌五輪でキム・ヨナと戦え!」はこちら。

⇒2013年10月21日「安藤美姫は平昌オリンピックを狙える!」はこちら。

⇒2013年10月19日「安藤美姫、全日本選手権3位以内への課題」はこちら。

⇒2013年10月6日「フィギュア日本女子代表選考レースは混戦」はこちら。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

高橋大輔は4位でもソチ代表…全日本フィギュア

私は、実質15年ぶりとなる市販本『社長虎の巻 結果を出せない営業はこう立て直す』を紙の本と電子書籍で刊行する。
原稿はすでに印刷会社に入っており、校正を経て本の完成を待つばかりになった。
正確なところは分からないが、一通りできた原稿に30〜40回は手を入れた。

また、ほぼ同時期にもう1冊『御社の営業をよくするヒント』を電子書籍で出そうとしており、原稿は最終ブラッシュアップの最終局面に入っている。
実感としては99.9%パーセント以上に達しているが、私の場合はここから先が長い。
自分があまり納得できなければ、さらに2〜3回はブラッシュアップをかける。
こちらはおそらく十数回手を入れた。
年内に終えたい。

2冊の仕上げ回数の多寡(多い・少ない)は、力の入れ具合でなく、性格の相違である。『結果』は実務書系、『ヒント』は読み物系ということ。

オリンピックで勝つというくらいの気持ちで、自分にゲキを飛ばしている。
重度の疲労と極度の睡眠不足が1カ月弱は続いている。
ほおがげっそりした。

                       ◇

さて、「全日本フィギュアスケート選手権2013」が行われる。
「2014年ソチ冬季五輪(オリンピック)」の日本代表選考会を兼ねている。
日本のシングルは、男女それぞれ3枠である。
だれが代表切符をつかむのか、国民の関心が爆発的に盛りあがっている(おそらく)。
私は、この1カ月弱、新聞もテレビもまったくと言っていいほど見ていない。ネット情報もほとんど…。
世相や社会の出来事にうとくなり、怖い。

きょうのブログは、ソチ代表選考レースについて綴ってみたい。
ネット情報に当たる時間がなかった。

誤解が生じると困るので念を押せば、私はフィギュアスケートが好きであり、またすべての日本選手を応援している
だれが代表に決まろうと、心から「おめでとう」と言いたい。
また、だれが代表から漏れようと、心から「お疲れさま」と言いたい。
すべての選手を応援している私だが、その度合いはフラットでない。
高橋大輔、羽生結弦、小塚崇彦、浅田真央、安藤美姫、村上佳菜子の6選手にはとくに思い入れが強い。

男子シングルについて――。

私は、早い段階から、本音では羽生結弦と高橋大輔はかたいと思っていた。
「競技者」としての羽生結弦は、昨シーズンの段階で高橋大輔を抜いた。
「演技者(表現者)」としての高橋大輔はいまだに日本一どころか世界一だと、個人的に思っている。

ところが、高橋大輔は右足を負傷した。
3週間強で回復が間に合うとは思えず、精神力で乗り切るしかない。
現役引退確実の高橋大輔には、どうしても、どうしてもソチへ行ってほしい。
祈るような気持ちだ。

私は、小塚崇彦のことがまるで分かっていない。
今シーズン序盤は、深刻な状態だと思った。
その後、姿も演技も見ていない。

男子シングルは未曽有の混戦模様だが、 ̄生結弦、⊂塚崇彦、9盒饗臺紊世函∩考はもめない。
(羽生結弦の1位は動かないと、私は思っている。)
⊃ヅ朕成か町田樹でも同じ。
9盒饗臺紊房まるのが、もっとも平和である。
これなら、全日本フィギュア表彰台の3選手が代表に選ばれることに異論は出ない。
あっ、勘違いしないでほしい。
高橋大輔が2位になっていけないとか、まして1位を狙っていけないという意味でない。

が、 ̄生結弦、高橋大輔 小塚崇彦だと、選考はもめる。
織田信成、町田樹がGPファイナルに進出し、しかも健闘したからだ。

やはり、現役引退確実の織田信成は、愛するわが子に勇姿を見せたいと頑張った。
私は、家庭(家族)を持つ彼の気持ちが分かる。
また、体調が悪いなかで大崩れしなかった遅咲きの町田樹も頑張った。
二人は進化と成熟を見せた。

選考がもっとも悩ましいのが、織田信成かD田樹で、す盒饗臺紊砲覆辰燭箸だ。
個人的には、高橋大輔を選んでほしい。
彼は、選手としての実績も抜群だが、日本の男子シングルを引っ張った最大の功労者である。

私は、小塚崇彦は2位にならないと、ソチ代表切符をつかめないと考えている。
オリンピック出場のファミリーヒストリーを背負う小塚崇彦には、ソチへ行ってほしい。
正直、あれだけの環境と才能に恵まれながら、何をやっているんだと怒りたくなる。

私に力があれば、代表5枠に変えてしまいたい。

女子シングルについては、次のブログで・・・。

◆書き加え1(12月22日)

5選手にはそれぞれ、これまで支えてきた関係者、そして応援してきたファンがいる(当然、全選手についても同じ)。
その思いは、私にだって分かる。

が、率直な気持ちを述べれば、SPの出来を見るかぎり、羽生結弦、町田樹、高橋大輔の3選手がソチ代表に選ばれるのがしっくりするのでなかろうか。
もちろん、フリーの得点により、小塚崇彦や織田信成が2位になるといった変動があれば、話は別だ。

私自身は、高橋大輔、羽生結弦、小塚崇彦の3選手をとくに応援してきたが、そう思う。
高橋大輔が4位や5位に留まったとしても、彼を外すのはどうなのか。
私が彼を一番好きだからそう述べているわけでない。

フィギュアスケートを愛する国民の感情にもっとも近い選択だと思うのだが・・・。

◆書き加え2(12月24日)

このブログのなかで、次の箇所がおかしいことに気づいた。

「が、 ̄生結弦、高橋大輔 小塚崇彦だと、選考はもめる。
織田信成、町田樹がGPファイナルに進出し、しかも健闘したからだ。」。

GPファイナル進出は無関係であり、シーズンベスト3位の記録を持つ町田樹が選考要件を満たしている。

                      ◇◆◇

フィギュア男子シングルに関するブログは以下のとおり。

⇒2013年11月17日「羽生結弦と高橋大輔、GPファイナル進出!」はこちら。

⇒2013年11月11日「高橋大輔、ソチ五輪さえ来なければ・・・」はこちら。

⇒2013年11月10日「高橋大輔と小塚崇彦はソチへ行けるのか」はこちら。

⇒2013年11月8日「高橋大輔、闘志にスイッチ…NHK杯」はこちら。

⇒2013年10月13日「浅田真央の人気、高橋大輔の人気」はこちら。

⇒2013年10月9日「高橋大輔、ホスピタリティ…ビートルズメドレー」はこちら。

⇒2013年11月17日「羽生結弦ソチ金、あまちゃんと楽天の勢い」はこちら。

⇒2013年11月16日「羽生結弦、経験の未熟さ…チャンに敗れる」はこちら。

⇒2013年11月15日「羽生結弦は容姿端麗の美男子…海外でも評判」はこちら。

⇒2013年10月27日「羽生結弦…名前とたたずまいの美しさ」はこちら。

⇒2013年11月14日「小塚崇彦危うし、現役引退の危機」はこちら。

⇒2013年11月13日「小塚崇彦、ソチ五輪代表は崖っぷち!」はこちら。

⇒2013年11月10日「高橋大輔と小塚崇彦はソチへ行けるのか」はこちら。

⇒2013年11月12日「織田信成、本番で落ち着いて滑れるか?」はこちら。

⇒2013年10月16日「織田信成はソチ五輪出場枠に入れる?」はこちら。

⇒2013年10月19日「町田樹(たつき)、遅咲きでソチ五輪代表へ」はこちら。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

浅田真央や高橋大輔の頑張り…ソチ代表入り

先週金曜日、印刷会社に書籍の本文(残り)と装丁を入稿しました。
編集もレイアウトも装丁もすべて自分一人で行いましたので、ほっとしています。
本日、若干の図版とフォーム(演習書式)を入稿し、後は校正を行うだけです。
造本(用紙)までこだわりましたので、納品が楽しみです。

実は、もう1冊『御社の営業をよくするヒント』のほうも原稿はほぼ完成しています。
最終ブラッシュアップの最終局面、一年にたとえると大晦日の「紅白歌合戦」が終わろうとする辺りに差しかかりました。
作業全体の99.9%以上はクリアしたつもりです。
自分の気持ち次第で、さらに何回か原稿に手を入れるかもしれませんが…。
「これで完全」という状態に達することは永久にないでしょう。

本年度中(〜3月)にと思っていましたが、早ければ1月末、遅くても2月中には出版できそうです。
『結果を出せない営業はこう立て直す』は紙の本と電子書籍になりますが、『御社の営業をよくするヒント』は電子書籍だけになるかもしれません。
1冊目の売れ行きや読者の反応を見ながら決めます。
読者の反応とは、私がお世話になっているクライアントの反応のことです。
おもにその社長です。

私は、疲労がピークの状態が続いていますが、自分でも信じられないくらい気が張っています。
このまま一気に2冊目の営業本を片づけます。

私は、開催目前の2014年ソチ冬季五輪(オリンピック)に挑もうとする浅田真央や高橋大輔ら有力選手の限界を超えた頑張りをイメージしながら、突っ走っています。
むろん、同等の努力を払うことは凡人の私にできませんが、若い彼らに勇気づけられます。

2〜3週間、テレビも新聞もほとんど見られません。また、ネット情報もろくに見られません。
「全日本フィギュア選手権2013」に出場する選手らの調子も分かっていません。
直前にけがをして「グランプリファイナル(GPファイナル)2013」への出場を見送った高橋大輔は復調しているのでしょうか? 正直、心配です。

私自身は、浅田真央と羽生結弦、高橋大輔の3選手については、ソチ日本代表入りがかたいと考えていましたが・・・。

小塚崇彦、安藤美姫はどうしているのでしょう。
また、浅田真央の宿敵、韓国のキム・ヨナ(金妍児)はどうしているのでしょう。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

和田創・営業本の編集と装丁に没頭・・・

12月1日、私にとり実質15年ぶりとなる市販の「営業本」の原稿が完成しました。
最終ブラッシュアップだけでも膨大な日数をかけ、内容と表現の両方にこだわり抜きました。
書名は、『社長虎の巻 結果を出せない営業はこう立て直す』。

それ以来、連日、深夜から早朝にかけての時間帯に「編集作業」に没頭してきました。
何もかも自分一人で進めており、滅茶苦茶楽しいのですが、へろへろです。
ここ数日は、睡眠不足と疲労蓄積が限界を超えています。
背中の張りは異常、腰痛は深刻です。

私は、食うや食わずの20代に何冊か市販本の編集を手伝ったことがあります。
また、その後、プランナーとして企業の記念出版や広報誌などの編集を手伝いました。
実務は久しぶりでしたので戸惑いました。
かなり忘れています。

あす朝一で印刷会社に本文の原稿を入稿します。
全体の4分の3程度。
そして、あさって朝一に残りの原稿を入稿します。
同時に、装丁についても入稿します。
初めて自分でやりましたが、会心の出来栄えです(おそらく)。
あまりの面白さに、すっかりはまりました。
シンプルなデザインですが、我ながら素晴らしい!
さらに、月曜朝一に図版と書式(フォーム)を入稿します。
その後、用紙を指定し、束見本をつくってもらいます。

来週後半もしくは再来週前半に印刷会社から何回かに分けて校正が出てきますので、それを片づけなくてなりません。

正月休みが9連休のようですので、発売がさらに遅れそうです。
紙の本は1月20日でしょうか。
そうなると、電子書籍は先に出すかもしれません。
1月10日と思っていますが、どうでしょう。
まだしばらく作業が続きます。

                       ◇

1日5千ビューを超えることもある「和田創ブログ」はすでに2〜3週間、休止しています。
訪問者が大幅に減りました。
つたない記事ですが、更新を楽しみにしてくれる読者に申し訳なく思います。
実は、私にとっての唯一の趣味(?)でもあります。
ソチ五輪の代表選考会を兼ねる「全日本フィギュア選手権」が迫っており、その前に復活(?)させたいのですが・・・。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業本の原稿がついに完成・・・戦友に捧ぐ

私・和田創にとり実質15年ぶりとなる市販の「営業本」の原稿がついに完成しました。
きのう午後、最終ブラッシュアップを終え、感無量・・・。
むろん、完ぺきという意味でありません。
それは際限がなく、おそらく一生をかけても無理でしょう。

原稿の叩き台は数年前にできました。
7〜8年前かもしれませんし、5〜6年前かもしれません。
あるいは、十年ほど前かもしれません。
素材となる原稿をいくつか寄せ集めて叩き台としているので、正確なところは不明です。

私は、この叩き台にしつこく手を加えてきました。
原稿の最初から最後まで、いやというほど繰り返しました。
10回、20回ということはありません。
30回、40回でないでしょうか、おそらく・・・。

2010年の終わりに最終ブラッシュアップの段階に入りました。
原稿としては、もうそれなりに完成した状態です。
が、その作業をさらに3年間、続けました。
実感としてはエンドレスでした・・・。

私は、昼間はおもに教育指導に当たっています。
夜間はクライアントからの受託業務などをこなしています。
原稿の仕上げの時間を生み出すのが大変でした。
深夜、ときに早朝にかけてコツコツと練り、磨いてきました。
途中、自分の頭が幾度も壊れそうになりました。

11月中旬から「めまい」が始まりました。
気候の変動か、疲労の蓄積か、睡眠の不足か。
11月下旬にめまいがひどくなり、私はブラッシュアップの精神的な負担が主因だと気づきました。
つらくて、つらくて、地獄でした・・・。

私は、今年の元旦に少なくとも2冊の営業本を出すと誓いました。
しかし、それを成し遂げることができませんでした。

原稿が書籍として販売されるのは、年明けにずれ込みます。
当初の心づもりより何カ月か遅れたのは確かですが、私としてはせめて「12月14日」に間に合わせたかった。
前の妻の命日であり、いまの妻の誕生日です。
私にとり妻は戦友であり、その支えと助けがなければ今日までやってこられなかった。
二人の戦友に、何とか感謝の気持ちを伝えたかった。
が、その願いを叶えられず、自分の不甲斐なさに失望しています。

本書は、「営業再建屋」としての私が試行錯誤と苦闘のなかで築いたセオリーとノウハウが詰め込まれています。
タイトル(書名)は、『社長虎の巻 結果を出せない営業はこう立て直す』です。
「アベノミクス」と東京五輪開催決定で日本の景気は沸騰しつつあり、発売のタイミングとしては最悪になりました。
しかし、世の中のすべての企業が絶好調なわけでなく、またいつ大不況に見舞われないとも限りません。
業績が悪くて頭を悩ませている社長や上司(営業部門長・営業拠点長)にお読みいただきたいと思います。
また、今後の成長持続、将来の勝ち残りを目指す社長にもお読みいただきたいと思います。
同書の内容は、要は「営業が強い会社のつくり方」だからです。

私は、もう1冊もすでに最終ブラッシュアップの段階に入っています。
とはいえ、私の場合はここから膨大な時間がかかります。
要は、頭が悪い。
なるべく今年度中(〜3月)に出したいと考えています。
ほとほと疲れました。

先週だけで、来年度の仕事の予約がずいぶん入りました。
手帳(スケジュール)が埋まっていくのがとても早く、経済に強い勢いを感じます。
来年、そして来年度の景気は過熱局面に入っていくのでしょうか。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表

数字がすべて、結果がすべて。
目標達成、業績向上、成長持続、社業発展など、「収益伸長」の一点に特化したコンサルタント。
プランナー時代を含めて40年を超える経験と実績、信念と情熱を土台に、多くのクライアントを優良企業に育ててきた。
近年は新商品や新事業、新会社の開発を請け負いながら、内需・地場の中小・中堅企業の短期再生に取り組む。
その一環として、年中無休、昼夜を問わず、社長の個別相談に応じる。
また、経営から管理、人事(採用)、マーケティング、事業、商品、企画まで、おもにトップを対象としたセミナーを行う。

和田創研

お気に入り




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ