コンサルの引き出し|和田創ブログ


だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。

2016年04月

66歳の起業 〜職業人生のラストステージ

66歳を迎える2017年4月1日に新会社を立ち上げます。

人生を11年刻みでとらえてきた私は、2017年に職業人生のラストステージとなる「66歳〜77歳」に差しかかります。
40歳まではプランナー、40歳からはコンサルタントとして生計を立ててきましたが、最後の最後に虚業でなく実業の会社を設立したくなりました。
(ここでの虚業とは、モノをつくったり売ったりするかつての実業に対する言葉。)

「なぜ自分でやらないのか」というのは、私のクライアントである社長から多く寄せられた質問です。
素朴な疑問をぶつけたものと思われます。
起業はその返事でもあります。

私は、これまでのクライアントに対する教育指導をそのまま自分の会社に適用することになります。
その有効性はクライアントの業績が物語っていますが、それを自分の会社でさらに鮮明に証明できるはずです。
せっかくの機会なので、文系・ローテクの私がもっとも苦手とする先端技術分野に挑戦します。

また、恩返しの意味を含め、生まれ故郷の新潟・直江津(現上越市)を何とか絡められないかと思案しているところです。
ふるさとの衰退と疲弊は目に余るものがあり、たとえささやかでも地域活性化と雇用創出に寄与したいという願いが年々強くなっていました。

実は、66歳で起業に踏み切らないと燃焼しきらずに職業人生を終え、悔いを残すと考えてきました。
私は起業家養成を謳うMBAで講師を務めており、社会人学生に実践して見せたいとも考えてきました。
いよいよ機は熟しました。

結果を恐れず、やれるだけやります。

Copyright (c)2016 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

「営業精鋭学校」が開講

お世話になります。
和田創でございます。

teiei-koukaikosu0102来月から「営業精鋭学校」が開講します。
今年度も新しい出会いと新しい始まりの予感に満ちています。
営業強化に留まらず、新商品・新事業・新会社の開発などにチャレンジしてください。

ご受講のお申し込みは4月末日まで受け付けております。
平日コースと土日コースの2タイプからご都合のいいほうをお選びいただけます。
⇒「営業精鋭学校
それぞれ若干名の定員に達し次第、締め切ります。

teiei-koukaikosu0101いわゆる公開セミナーと異なり、前日の午後や当日の終了後、翌日の午前など、相談の時間をたっぷりとお取りすることも可能です。
講師との交流を通じ、業績の劇的回復、大幅向上の具体的なヒントをお持ち帰りください。
おそらく日本でもっとも親身な公開コースです。

以下は、私ども主催の公開セミナーのご案内です。
くつろいだ雰囲気のなかで、ご参加者に楽しんでいただけるように心がけています。

◇◆◇

tuyoikaisha業績が確実によくなる営業を自社に根づかせるための経営セミナー(約3時間)を開催します。
環境にかかわらず収益やシェアを伸ばしている「営業が強い会社」が共通して大切にする常識です。
本講座では、内需企業や地場企業が数年後に見舞われるはずの淘汰の嵐に備え、自社の消滅をまぬかれるために営業活動をどのように変えるかについて明快に解説します。

◆演題
内需・地場企業の数字をよみがえらせる
「営業が強い会社」の常識
勝ち組が本気でこだわる収益伸長のポイントを明快に解説

◆日時
いずれかお選びください。
2016年5月28日(土) 午後1時40分〜4時20分
2016年6月27日(月) 午後1時40分〜4時20分
2016年7月29日(金) 午後1時40分〜4時20分
◆会場
和田創研セミナールーム(東京・銀座)
◆対象
経営者、取締役、後継者の方々

社長が受講後、営業管理者と営業担当者に勝ち残りの方向性とポイントを指導できます。
一目瞭然の大判テキストをお配りし、希望の持てる営業を指し示します。

本セミナーの詳しいご案内と参加のお申し込みはこちら。
⇒「営業が強い会社の常識 〜勝ち残りへの道筋」

以上。
なにとぞ奮ってご参加ください。

今後ともよろしくお願いします。

Copyright (c)2016 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

小塚崇彦、不完全燃焼の現役引退

フィギュアスケート男子のバンクーバー五輪代表の小塚崇彦(27歳)が「スターズ・オン・アイス東京公演」の最終日に出演し、ファンに別れを告げた。
すでに現役引退を発表していた。
最後の演目は坂本龍一の「エピローグ」だった。
演技の終了後にファンからスタンディングオベーションを受けると感極まり、目頭を押さえた。

小塚崇彦はスケーティングの技術に定評があった。
そして、長らく課題とされてきた表現力が備わりはじめ、これからが楽しみというところで不振に陥った。
得点の比重が高いジャンプがほとんど決まらないのだ。
せっかく跳んでも着地で踏ん張れず、転倒が相次いだ。
この頃からけがを抱えていたのだろう。

小塚崇彦は高橋大輔や織田信成、安藤美姫や浅田真央らとともにフィギュア王国を築いた。
最後の挨拶を済ませ、佐藤信夫コーチから背中をポンと叩かれる儀式で新たな職業人生に送り出された。
トヨタ自動車所属からトヨタ自動車社員になり、スポーツ関連の仕事に専念するらしい。

私は近い将来、フィギュアスケートのコーチとして世界で戦える若手を育ててほしい。
本人はけがに苦しみ、選手としては不完全燃焼だったのでなかろうか。
競技人生の目標をきわめて高いところに置いていたはずだ。

                 ◇◆◇

小塚崇彦に関するブログは以下のとおり。

⇒2014年2月4日「小塚崇彦、美しい滑りと端正な演技…現役続行」はこちら。

⇒2014年1月23日「小塚崇彦は燃焼し尽くしたのか…現役引退」はこちら。

⇒2013年11月14日「小塚崇彦危うし、現役引退の危機」はこちら。

⇒2013年11月13日「小塚崇彦、ソチ五輪代表は崖っぷち!」はこちら。

⇒2013年11月10日「高橋大輔と小塚崇彦はソチへ行けるのか」はこちら。

⇒2012年12月29日「小塚崇彦不調、ジャンプ崩壊…佐藤信夫コーチ怖い?」はこちら。

Copyright (c)2014 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

講師の代役…ピンチヒッター

「団塊の世代」が仕事からリタイアしています。
サラリーマンは大半が現役を引退しました。
このところ企業経営者や自営業者も相次いで引退しています。

私の先輩に当たる講師も少なくなりました。
急に体調を崩される方が増えています。

私自身も60代の半ばに達しており、ここ3年ほどは企業研修や公開セミナーをどんどん減らしてきました。
いまは原則として体力的に負担の少ない自前セミナーに留めています。
そして、書斎を含めた室内で行えるクライアントの受託業務を主体にするようになりました。

ところで、私は公開セミナーの講師の代役を務めることがあります。
参加者はその先生を評価する方が中心になりますので、率直なところとてもやりにくいです。
しかし、長らくお世話になった主催者(事務局)から頼み込まれると、むげにお断りできません。
きょうは私が尊敬する先生のピンチヒッターです。

私を含めた職業講師は世代交代の時期を迎えています。

Copyright (c)2016 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

大地震から命を守る…減災チャート

熊本地震の破壊力は凄まじいものがあります。
余震が震度6強、6弱というのは驚きです。
私は九州全域に大勢の受講者がおり、夜通しテレビをつけていました。
朝を迎え、被害と損失の深刻さが明らかになるでしょう。
心よりお見舞い申しあげます。

表裏


「減災チャート」という、地震・津波の発生時における対応のありようをまとめた防災早見盤がリリースされています。

残念ながら、絶対の安心と安全は望めません。
しかし、いざというときに基礎的な知識を持っているかいないかで、受ける被害や損失に差が生じるのも事実です。
それにより守れる命と暮らしもきっとあります。
家庭はもとより、人が集まる役所や公共施設、幼稚園や小学校、医療介護施設、職場や店舗などに常備してほしいと思います。

大地震や大津波では「減災のいろは」をわきまえたうえで、一人ひとりが素早く判断を下し、素早く行動を起こすことが大事になります。
結局、自分の頭で考え、自分の身を守るほかにありません。

・・・被災地の迷惑になることを恐れつつ、きのうはどうしても気になる関係者に電話をかけました。
きょうは仕事に追われていたこともありますが、気になって一睡もできませんでした。
NHK総合から一晩中、緊急地震速報が鳴り響きました。
無事を祈るばかりです。

Copyright (c)2016 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

防災早見盤…減災チャート

熊本県で最大震度7の強い地震が発生しました。
震度7を観測したのは熊本県の中部に位置する益城町(ましきまち)です。
この熊本地震で多数の負傷者のほか、これまでに9人の死亡が確認されています。
家屋の倒壊や火災も発生しています。
また、停電や断水、道路の陥没など、ライフラインに広範な影響が出ています。
被災地の皆さまにお見舞い申しあげます。

私は長年、講師として九州生産性大学で「提案営業実践コース」を受け持っており、熊本県から毎年、営業管理者や営業担当者が参加してくださいました。
無事をお祈りします。

世間ではほとんど知られていませんが、「減災チャート」という、地震・津波の発生時における対応のありようをまとめた早見盤がリリースされています。

発売元は、自然災害対策に特化した「東海技術製作所」。
このブログでも取りあげたことがあります。
CIに「減災のパートナー」と謳い、なかでも巨大地震と巨大津波の被害・損失の軽減を支援する専門家です。

東海技術製作所は、震災から命や暮らしを守りたいとの創業者の高い志と強い思いから生まれました。
ホームページの代表挨拶、社是、営業憲章などに目を通すだけで、本気と決意が伝わってきます。

⇒2016年2月20日「減災の専門家…ユニークな東海技術製作所」はこちら。

本チャートは、減災と防災の簡易マニュアルに相当します。
地震・津波の発生時における対応は、各人が置かれた状況により大きく異なります。
いざというときにパニックに陥らず、基本に則って冷静な対処と措置を行うことが大切です。

残念ながら、絶対の安心と安全は望めません。
しかし、基礎的な知識を持っているかいないかで、受ける被害や損失に差が生じるのも事実です。
決して「命」を諦めるわけにいきません。

以下は、東海技術製作所の「減災チャート」のあらましです。

◆名称
いざというときに身を守る

減災チャート

地震・津波編


表裏◆表面:発生時
“生時の安全
発生直後の安全
2个慮気粒稜
げ从劼悗梁弍
ダ験莎’宗周辺の確認
正確な情報の入手
О柁櫃料蠍瀟⇒
避難の判断
避難前の確認
避難の開始
帰宅の判断
津波への対応

◆裏面:状況別
◇屋外
(盥埣
運転中
乗車中
っ浪竺
コご澑茲
山間部
◇屋内
〇業所
⊂学校・幼稚園
商業・娯楽施設
ぅ┘譽戞璽拭
ゥ肇ぅ譟ν畆
就寝中

以上。
減災・防災の基礎知識がコンパクトにまとまっています。
家庭はもとより、人が集まる役所や公共施設、幼稚園や小学校、医療介護施設、職場や店舗などに常備してほしいと思います。

日本では、南海トラフ巨大地震(東海・東南海・南海3連動地震)、首都直下地震の発生時期が切迫しています。
自治体と住民、企業などが一体となった備えが急務でしょう。

熊本地震では、震度6強、6弱といった凄まじい余震が発生しています。
「減災のいろは」をわきまえたうえで、一人ひとりが素早く判断を下し、素早く行動を起こすことが大事になります。
結局、自分の頭で考え、自分の身を守るほかにありません。
ぜひ「減災チャート」を参考になさってください。

Copyright (c)2016 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

直江津駅乗降客激減…北陸新幹線開業

生まれ故郷の新潟・直江津は北陸新幹線の開業により交通の要衝の地位を奪われ、衰退に拍車がかかっていました。
7年前に訪れたときも驚きましたが、言葉を失うほどの深刻さです。
何せ土曜日の日中に商店街を歩いていて、だれにも出会いません。
それ以前に、商店がほとんど閉まっています。

私が今回もっともショックを受けたのは、直江津駅の乗降客が激減したことでした。
ホームや改札口までさみしくなりました。

商店街の活性化が大事なのは否定しませんが、もっと大事なのは地元での雇用だと痛感しました。
とくに若い世代向けの職場を増やさなくては、人口減少に歯止めをかけられません。
そうでなくては商店街に賑わいも取り戻せません。
自治体(行政)の支援を得て、有志が抜本的な解決に乗り出すことが急務になっています。

私は新会社の設立と創業後の成長を請け負っており、そのノウハウを上越市の再生にいくらかでも生かせないかと考えているところです。
職業人生の最後に、ふるさとにささやかな貢献を果たしたいという気持ちはあるのですが・・・。

Copyright (c)2016 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

授業が素晴らしいSBI大学院大学

私が経営幹部向けの営業講座を受け持つ「SBI大学院大学」が横浜・関内から東京・丸の内に移転しました。

いわゆるMBA、社会人向けの2年制のビジネススクールです。
東京駅から至近距離という最高のロケーションになりました。
八重洲ブックセンターと道路を挟んだ正面にそびえ立つパシフィックセンチュリープレイス丸の内(地上32階建て高層ビル)の9階に事務局があります。

住所は泣く子も黙る千代田区丸の内一丁目11番1号で、いやというほど「1」が並んでいますから、これだけでも偉くなった気分に浸れます。
SBI大学院大学は通学が不要なインターネット授業を行っていますが、履修科目によってはスクーリングなどのリアル(対面)授業も開いています。

私は仕事場が銀座一丁目であり、横浜の自宅から新幹線の新横浜駅経由で東京駅に降ります。
タクシーで1メーターで行けますが、気分転換に歩くこともあります。
目の前を通るので、これからはときどき顔を出してみたいと思います。

・・・先だって出張から自宅に戻ってくると、SBI大学院大学からとても立派な教員証と名刺が届いていました。
どちらも厚みが凄く、老いた私は片手で持ちあげられません。

SBI大学院大学は、この私が講師を務めるくらいですから授業が素晴らしいのは確かですが、今回の移転を契機にたとえば「丸の内大学院大学」とかに改称してほしかった。
ならば、これでもかというくらい名刺をばらまきます。
銀座のホステスにもフレンドリー(←親密の意)に手渡します。
卒業生や在学生もどんどん名乗れるでしょう。
私は「惜しい!」と感じた次第です。

同校の運営がSBIグループ(役員・社員など)の頑張りによって支えられているのは事実ですが、それと名称は切り離すべきです。

Copyright (c)2016 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

日本一親身の社長精鋭学校

お世話になります。
和田創でございます。

私はクライアントの受託業務に追われ、2月半ば頃から夜間はデスクワークに没頭しています。
teiei-koukaikosu0101年度の変わり目に特有の中期経営計画と年度経営計画の策定、そして広い意味での「営業ツール」の制作が中心になります。
納期のピークは年度明けにまたがりますので、まだしばらくはこの状態が続きます。
一区切りをつけられるのはゴールデンウィークの直前辺りでしょうか。

さて、今年も「営業精鋭学校」の開講が迫ってきました。
ただいまご受講のお申し込みを受け付けております。
平日コースと土日コースの2タイプからご都合のいいほうをお選びいただけます。
⇒「営業精鋭学校
teiei-koukaikosu0102それぞれ若干名の定員に達し次第、締め切ります。


いわゆる公開セミナーと異なり、前日の午後や当日の終了後、翌日の午前など、相談の時間をたっぷりとお取りすることも可能です。
講師との交流を通じ、業績の劇的回復、大幅向上の具体的なヒントをお持ち帰りください。
おそらく日本でもっとも親身な公開コースです。

◇◆◇

営業精鋭学校」の説明会を開きます。
おもに中小企業の社長など役員、そして近い将来を担う優秀な中堅や若手を対象としています。
名称は「営業精鋭学校」ですが、内容は実質的に「経営精鋭学校」「社長精鋭学校」です。
社長は業績がすべて、経営は結果がすべてです。
本コースでは、自社の収益の柱となる顧客開発・販路開発は当然として、新商品・新事業・新会社開発に取り組んでいただきます。

◆演題
営業精鋭学校説明会
◆日時
いずれかお選びください。
2016年4月11日(月) 午後1時20分〜4時40分
2016年4月18日(月) 午後1時20分〜4時40分
teiei-koukaikosu-setumeikai◆会場
和田創研セミナールーム(東京・銀座)
◆対象
社長、営業役員、営業部長、後継者の方々

当日は、優良顧客や大口商談の取り込みの事例、新商品や新事業、新会社の立ち上げの事例に触れていただけます。

本セミナーの詳しいご案内と参加のお申し込みはこちら。
⇒「営業精鋭学校説明会 〜深い学びと大きな感動」」

以上。
なにとぞ奮ってご参加ください。

今後ともよろしくお願いします。

Copyright (c)2016 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表

数字がすべて、結果がすべて。
目標達成、業績向上、成長持続、社業発展など、「収益伸長」の一点に特化したコンサルタント。
プランナー時代を含めて40年を超える経験と実績、信念と情熱を土台に、多くのクライアントを優良企業に育ててきた。
近年は新商品や新事業、新会社の開発を請け負いながら、内需・地場の中小・中堅企業の短期再生に取り組む。
その一環として、年中無休、昼夜を問わず、社長の個別相談に応じる。
また、経営から管理、人事(採用)、マーケティング、事業、商品、企画まで、おもにトップを対象としたセミナーを行う。

和田創研

お気に入り




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ