コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。

2016年05月

66歳起業の理由

66歳起業の理由

高齢者が早々に老け込んで表舞台から姿を消すのはいかがか。
そんな疑問をずっと感じてきた。

人生を11年刻みで捉えてきた私は2017年に職業人生のラストステージとなる「66歳〜77歳」に差しかかる。
その4月1日に総括の挑戦として、文系・アナログの自分が苦手とする最先端技術分野の新会社を立ちあげる。
日本が迎えつつある超高齢化社会で「団塊の世代」を含めた同世代に勇気を与えることができればとの思いも強い。

人は、この世に生まれてきたからには役立ちたいと願っている。
社会と関わることにより、心身ともに張りのある毎日を保てる。
高齢者は次世代に負担をかけるネガティブな存在でなく、次世代に価値を与えられるポジティブな存在である。

私は高齢者でも起業に踏み切れるというところを示したいのだ。
体力的に衰えたが、自分のなかにまだ働きたいとの気持ちが残っており、それを燃焼し尽くしたい。

Copyright (c)2016 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

若冲展・・・笑うしかない

何とか仕事をやり繰りし、上野公園の東京都美術館で開催されている生誕3百年を祝う「若冲展」を観ようと思っていました。

ところが、ネットで調べると待ち時間が2時間などと記されています。
ためらっているうちに3時間、そして4時間、ついに5時間に達してしまいました。
私が並べる時間は最長でも2時間までです。
結局、5月24日、火曜日で若冲展は終了しました。

悔しくて、せめて図録を買うことにしましたが、手元に届くのは1か月以上先だそうです。
笑うしかありません。

こうした企画展の集客というか動員の予測はできないものなのでしょうか。
実物に触れる感動はそれは素晴らしいですが、ろくに見られないもみくちゃの状態では怒りたくなります。

Copyright (c)2016 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

東京スカイツリーは素晴らしい!!!

浅草から駒形橋を経て押上まで20分、「東京スカイツリー」を見上げながら歩いていたら、首が元に戻らなくなりました。
業界用語でいうところの「上を向いて歩こう」状態です。

「平日・曇天・夕刻」と条件がそろっていましたので、すんなりと展望台に上がれます。
しかし、私が家族に先んじるのは断じて許されないと思い直し、タワーと一体になった商業施設の2階でアイスコーヒー(サイズを選べず)を飲んで銀座に戻ってきました。

ここは「東京ソラマチ」という飛び切り爽やかな名称を与えられているにもかかわらず、施設内に喫煙室がしっかりと設けられているではありませんか。
さすが泣く子も黙り、石橋を叩いても渡らない東武グループです。

東京スカイツリーは素晴らしい!!!

Copyright (c)2016 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

悔いを残して職業人生を終わりたくない

「悔いを残して職業人生を終えたくない」。
そんな思いをずっと抱いていました。

再婚後の子どもがこの春に高校を卒業したことも私の気持ちを軽くしてくれました。
「冒険も許されるだろう」。

私にとり節目の66歳を迎える来年が最高で最後のタイミングだと考え、起業に踏み切ることにしました。
どうせなら、もっとも苦手な分野で、しかも未経験の実業に挑んでみます。
これまで一貫して「知恵」を売ってきましたので・・・。

私がコンサルタントとして教育指導に携わるなかで、とくに高い評価をいだいたクライアント(社長)からよく尋ねられたのが、「なぜ自分でやらないのか」でした。
その返事にもなるでしょう。

Copyright (c)2016 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

和田創研

お気に入り




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ