コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

2018年09月

新規開拓営業刈り取りツール「SALESgear」

営業ツールを活用した数字づくり
販売・受注を大幅に上積み

============================

新規開拓営業刈り取りツールでスムーズクロージング!
優良顧客獲得支援サービス「SALESgear」誕生

長文になりますが、ニュースリリースの主要個所をそのまま掲載します。
どうかお目とおしください。

◇◆◇

株式会社和田創研(所在地:東京都中央区、代表:和田創)は営業の数字づくりの一環として、優良顧客獲得支援サービス「SALESgear」を2018年10月1日にリリースします。
成約誘導効果を重視した新発想の「新規開拓営業刈り取りツール」です。

会社として社員に営業ツールを与えれば開発営業が活発になり、販売・受注の大幅な上積みを図れます。

《開発背景・趣旨》
競争激化、市場縮小、景気後退・・・・。
こうした環境でも前年割れを防ぐには「習慣性の客回り」に代表される通常営業に留まるわけにいきません。
「新規開拓」などの開発営業に取り組むことが必須となります。
ところが、その初期〜中期段階に立ちはだかる壁は高くなるばかりです。

社長が社員に「やれ」と言ってもやらないワケは、「いやだから=おもにストレス」「できないから=おもに能力」の2つに突きます。
社員が自ら踏んでいるブレーキを緩めることが先決といえます。
いまや、数字づくりに「営業ツール」が欠かせません。

予算達成、勝ち残りへ、「SALESgear」は開発営業の推進・加速を後押しします。

「優良顧客獲得支援サービス(新規開拓営業刈り取りツール)」

◆営業ツールと説明ツールの違い

その営業ツールですが、日本では属人的な要素に頼る企業が多く、活用がほとんど進んでいません。
たいてい会社案内や事業案内、製品カタログや商品パンフレットなどの「説明ツール」を営業ツールと勘違いしています。
これらで望ましい成果を収められるのは、一握りの優秀な営業社員だけです。

実は、営業ツールと説明ツールは性格がまるで対照的です。

◇営業ツールと説明ツールの違い
図版 営業ツールと説明ツールの違い







営業ツールには、「自社について語る」のと「顧客について語る」のではどちらが有効か、有利かという問題提起があります。
説明ツールでは顧客接点で盛り上がりません。
当社がとりわけ新規開拓での積極的な活用を呼びかける最大の理由です。

また、収益伸長の「即効性」において営業ツールは営業研修よりも断然勝ります。
並の営業社員をハイパフォーマーに変えます。

「新規開拓営業刈り取りツール」

◆営業ツールの役目

「SALESgear」は新規開拓のスタートからゴールまでの「プロセス/ネック」に即し、初回面談から継続面談、そして商談成立へナビゲートします。
例えば「訪問/行けない・会えない」⇒「面談/話せない」⇒「関係形成/通えない」⇒「商機発見/見出せない」⇒「案件育成/育てられない」⇒「商談成立/決められない」。
新規開拓にまつわる社長の悩み、社員の苦しみをすっきり・まるごと解消します。
ストレスフリー、スムーズクロージングが実現します。

◇営業ツールのアイテム(一例)
1.テレアポトーク(初回面談の約束を取りつけ)
2.おみやげ(面談を継続。開発営業でもっとも難しい「通う」が可能)
3.アプローチブック(初回面談・初期面談を円滑化。スライドショーやモバイルに展開)
4.サーベイシート(具体的な宿題や引き合いを創出)
5.ビジネスマップ(会社・事業・商品、工程などの全容を印象づけ。俯瞰・一覧が可能)
6.ビジネスチャート(特色、ラインアップ、効果などを際立たせ。発注を誘引)
7.汎用提案書(ひな形の使い回しで提案の効率と効果を向上)
8.質問話法(顧客理解を深める質問・観察を標準化)
9.営業憲章(この会社や職場で営業として働くからにはやり抜く掟、顧客への誓い)
10.ソリューションマニュアル(営業活動のステップとアクションを標準化)

全ツールに共通するのは、「カスタマー・ファースト」の精神。
見込客の目と心を捉え、共感と感動を醸成します。

「SALESgear」は顧客に用い、広げ、見せ、読むだけです。
「習うより慣れよ」。営業ツールを使ううちに開発営業が身につきます。

◆営業ツールの効用

営業ツールを用いることでさまざまな効用を得られます。

1.開発営業へまい進しはじめます。
2.営業の組織風土がよみがえります。
3.決定権者への働きかけが苦になりません。
4.相手とのやり取りが深くなり、面談が充実します。
5.見込客を追跡するきっかけとなります。
6.見込客も増え、商機も広がります。
7.見込客の手元に置かれます。
8.知名度・認知度・理解度が高まります。
9.話題になります。口コミが広がります。
10.会社説明会や面接などで求職者を惹きつけられます。

社長が「新規開拓をやれ」と言うからには、社員がやれるようにしましょう。

◆営業ツールの目的

営業ツールを用いることでさまざまな目的を果たせます。

1.引き合いの創出(問い合わせの増加、資料請求の獲得)
2.きっかけの刈り取り(引き合い、展示会来場者、セミナー参加者、来店者の着地)
3.商談の成立(販売・受注。なかでも有力顧客・大型案件の取り込み)
4.更新・継続(買い替え。契約の延長)
5.顧客の奪取(他社から自社への切り替え。競合の牙城の切り崩し)
6.収益の伸長(技術スタッフの戦力化。営業未経験者・成績低迷者の底上げ)
7.代理店対策(販売・受注実績を上げられないチャネルの強化・テコ入れ)
8.全員営業の実践(間接・製造部門の巻き込みの円滑化。戸惑いや不安の払拭)
9.FC展開の加速(事業説明会参加者の加盟率の改善・向上)
10.量販店対策(本部商談を通じた新商品・重点商品の売場確保・大量陳列)

営業ツールは業績低迷の治療薬、業績回復の特効薬にもなります。

◆先端分野の商談への活用

ロボット、AI、IT、クラウドサービス・・・。
技術革新の進展にともなって新規商材が続々と登場しています。
話題性や注目度が高く、既存商材と比べて見込客に恵まれていますが、だからといって成約がたやすいわけでありません。

クロージングの決め手は予算と権限を持つ「社長」との踏み込んだやり取りです。
概して文系出身が多く、年齢が平均寿命に近づいています。
良好な関係を形成したうえで、平易な言葉で商品を理解させなければなりません。
「顧客第一」に基づく営業ツールはこのどちらにも貢献します。

なお、窓口は安く契約すると社内評価が上がる立場であり、相見積もりを取ることが仕事です。
営業としては不要な性能や機能、スペックまで持ち出され、無意味な商品・価格比較に陥ることを防ぐべきです。

◇営業ツールの特色
1.上層部との接触(気後れや緊張が減る)
2.納得の引き出し(決定権者に分かってもらえる)
3.値引き幅の縮小(相見積もりを防げる)

◇営業ツールの効果
1.スパンの短縮(商談期間が縮まる)
2.スケールの拡大(商談金額が膨らむ)
3.アベレージの向上(商談成功率が高まる)

「SALESgear」はより早く、より大きく、より確かに、先端分野の商談を成功へ導きます。

「優良顧客獲得支援サービス」

◆代理店を募集、同業者と協業

当社は「SALESgear」の代理店を募集しています。
高付加価値な収益源になります。

また、広告・SP代理店、営業・テレアポ代行会社、DM・メール配信会社、ウェブマーケティング・MA会社、コンサルタント会社、印刷会社など同業者との協業も推進しています。
収益を積み増せるだけでなくクライアントの満足度を高められます。
さらに、安定したリピート需要を見込めます。

当社は本サービスに関する説明会を随時開催しており、説明会と同一内容を収めたDVDも用意しています。
お気軽にお問い合わせください。

「営業ツール制作・活用セミナー」

「営業ツール制作・活用セミナー DVD」

◆会社紹介

事業は多岐にわたりますが、おもに営業の数字づくりのコンサルタントです。新規開拓など開発営業の加速による収益伸長・業績向上を長らく支援しています。
クライアントはおもに苦境に直面する業界・市場・地域の最大手でした。そして、ほぼ共通のプログラムで営業強化・業績テコ入れを成し遂げてきました。それが代名詞となった「提案営業研修標準講座」です。1990年代は8日間、2000年代は10日間を要し、2010年代は「10〜14日間いただければ営業を立て直します」と社長に誓っています。現在ではクライアントが中堅・中小企業に広がっています。また、ストレッチ目標を掲げる元気な会社も増えています。
四半世紀を超える経験と実績を踏まえて確立したノウハウがこのたびの「SALESgear」に集約されています。

和田創研ウェブサイト

「最短営業強化プログラム)」

◆開発者紹介

和田創研代表
和田 創(わだ・そう)

営業の数字づくりに特化した経営コンサルタントです。低迷企業では「再建屋」として、好調企業では「発展屋」として、業種や規模を問わず、クライアントを短期間で強く大きくしてきました。教育と指導の年間実績は百〜2百回です。

◇教育指導実績
業界・市場・地域の最大手が主体

FA・SA・OA/電機・電器/自動車・建機/部品・素材/電気・ガス・エネルギー/通信・IT・システム/ロジスティクス・運送/土木・建設/不動産・仲介/管理・保守/セキュリティ/建材・内装・リフォーム/住宅・家具/リース・レンタル/アウトソーシング・人材派遣/商社・卸・問屋/新聞・テレビ・ラジオ/広告・SP・デザイン/展示会・イベント/印刷・用紙・包材/証券/医薬/理美容/化粧品/日用品/食品・飲料/農業・漁業/エコロジー etc.
※秘密保持(契約締結)のため、業種のみ記載。

◇登壇実績
主要ビジネスセミナー会社はほぼ網羅

【マスコミ系】
日本経済新聞社、読売新聞社、日経BP社、プレジデント社ほか
【銀行系】
SMBCコンサルティング(三井住友)、三菱UFJリサーチ&コンサルティング、みずほ総合研究所、りそな総合研究所、浜銀総合研究所、常陽産業研究所、ちばぎん総合研究所、ぶぎん地域経済研究所、静岡経済研究所、北陸経済研究所、長野経済研究所、ごうぎん経営者クラブ、百五経済研究所、商工中金経済研究所、いよぎん地域経済研究センター、大銀経済経宮研究所ほか
【生産性本部】
九州生産性本部、中国生産性本部、四国生産性本部
【公的機関】
官公庁、地方自治体、産業経済団体、社団法人、中小企業大学校、商工会議所、商工会ほか
【教育系】
日本経営合理化協会、ジェイック、産能大学、日本生命、住友生命、マーケティング研究協会、経営管理研究所ほか

◇著作実績
日本経済新聞社、日経BP出版センター、ダイヤモンド社、東洋経済新報社、日本実業出版社など多数。
ほかに教材(テキスト)は多数。

和田創研ホームページ

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

アポ取りと刈り取りを一体化した新規開拓研修・・・最短営業強化

アポ取りと刈り取りを一体化した日本初の営業研修が登場!
怒涛の新規開拓で劇的な顧客増加と業績向上が実現

===========================

営業社員のストレス軽減、優良顧客の多数獲得を両立!

最短10日営業強化完了プログラム
「研修+アポ取りシステム+刈り取りツール」を一体化

長文になりますが、ニュースリリースの主要個所をそのまま掲載します。
どうかお目とおしください。

◇◆◇

「有望見込客創出サービス」」と「優良顧客獲得支援サービス」を組み込める、新発想の「新規開拓研修」を開発

和田創研は最短10日で営業強化を完了する「提案営業研修標準講座」に「アポ取りシステム」と「刈り取りツール」を一体化したプログラムを2018年10月1日より導入します。
営業研修では日本初の試みです。
これによって怒涛の新規開拓が可能になり、劇的な顧客増加と業績向上が実現します。
新事業・新商品の導入、新市場・新エリアへの進出も一気に加速します。
本研修は四半世紀を超えてコンテンツを磨きつづけ、絶大な評価と信頼を得ています。
このたび、営業を巡る環境の悪化を踏まえて発想の一大転換を図り、内容の改訂に留まらず効果の大胆な向上を目指しました。

《開発背景・趣旨》
市場縮小や競争激化が起こっており、予算達成へ向けて「新規開拓」の必要性が増しています。
ところが、初期段階に高い「壁」が立ちはだかります。
初回面談にこぎ着けられません。
それを乗り越えたとしても継続面談に持ち込めません。
さまざまな新規開拓研修がありましたが、大部分の営業社員がそこに苦手意識を持ち、ストレスを感じて、望ましい成果が上がっていませんでした。

アポ取りシステムと刈り取りツールを組み込める本研修はこうした最大のネックをすっきり解消します。

「提案営業研修標準講座(最短10日営業強化完了プログラム)」

◆短期間で「営業が強い会社」へ再生

当社は業種・規模を問わず、営業強化・立て直しを成し遂げてきました。
苦境や危機に直面する業界・市場・地域の最大手もたくさん含まれています。
それらのほぼすべての企業で採用されたのが、バブル後の売れない時代、成熟市場におけるロングセラーとなった「《和田創方式》提案営業研修標準講座」です。
短期間で競合を圧倒する営業力を養成し、「営業が強い会社」へ再生します。

本研修が育成目標とするのは、行動力と提案力に優れ、顧客の課題解決に貢献することができるソリューション系の人財です。
受講者のなかから東証一部上場企業などの経営者や取締役が多数誕生しています。

◆ほかにはない本研修の特色

本研修では予算必達を合言葉に、新規開拓など開発営業を活発化させて販売・受注の上積みを図ります。

最大の特色は、全員が学習でなく「仕事」として取り組むこと。
あくまでも当該年度の「営業計画」として推進しています。
研修に先立って各人がストレッチ目標を設定し、競合他社の顧客・売上・シェアを奪取します。
上司や社長を巻き込んで組織ぐるみで役立ちの限界に挑み、社長や首長など決定権者に渾身のプレゼンテーションを行います。
大型案件はもちろん、まま巨額案件が着地します。

もう一つの特色は、全社改革のムーブメントとして盛りあがること。
「顧客第一営業研修」など、クライアントがさまざまな名称で実施してきました。
社長を筆頭に、全役員・全社員が営業を通して顧客にベクトルを合わせる機会となります。
たいてい製造部門や間接部門の主要メンバーも加わります。
大勢を巻き込むほど会社がみるみる変わっていきます。

「提案営業研修標準講座(最短営業強化プログラム)」

◆技術営業・SIer養成にも有効

時代の変化、技術革新の進展につれ、本研修は理系の受講者の比率が年々高まっています。
AI、IT、RPA、ロボットなどの先端分野では営業専任がゼロという企業が珍しくありません。

また、あえて営業社員を外し、メンテナンススタッフに絞る企業も増えています。
こうしたスタッフは製品利用に関する顧客の不満や問題点をつかんでおり、ちょっとしたソリューションならば営業社員よりもやりやすいからです。

いまや売り上げづくりは総力戦の様相を呈しています。
本研修は、技術営業・SIer養成にも有効です。

◆アポ取りシステムと刈り取りツールの併用が可能

新規開拓営業を「アポ取り」と「商談」に大別します。

アポ取りでは有望見込客創出サービス「LEADpro」を活用します。
アナログな職人技と最先端のAIを融合し、高精度で優良顧客を狙い撃ちします。
営業部門が数年かかっても困難なアプローチを、当社がわずかな期間で終えます。
営業社員は商談、とくに成約に集中できます。

「有望見込客創出サービス(新規開拓営業アポ取りシステム)」

そして商談では優良顧客獲得支援サービス「SALESgear」を活用します。
スタートからゴールまで、初回面談から継続面談、商談成立へナビゲートします。
成約誘導効果を重視しており、ストレスフリーで、スムーズクロージングを図れます。
当社が新規開拓営業のプロセス&ネックに即して企画・制作を行います。

「優良顧客獲得支援サービス(新規開拓営業刈り取りツール)」

本研修はクライアントが必要に応じ、アポ取りシステムと刈り取りツールを併用することができるようになりました。
これまでの単独研修と比べ、効果が異次元に高まりました。
並の営業社員でもハイパフォーマーに負けない優良顧客・大口商談の取り込みが叶います。

◆代理店を募集中

当社は「提案営業研修標準講座」をはじめとする企業研修の代理店を募集しています。
テーマは営業分野に限らず、経営、管理、人事(採用)、事業、商品、企画と広範囲です。
高付加価値な新収益源として加えてください。
有望見込客創出サービス「LEADpro」と優良顧客獲得支援サービス「SALESgear」の代理店も募集しています。
お気軽にお問い合わせください。

「教育研修事業代理店募集」

「提案営業研修標準講座」

◆会社紹介

事業は多岐にわたりますが、おもに営業の数字づくりのコンサルタントです。
新規開拓など開発営業の加速による収益伸長・業績向上を長らく支援しています。

クライアントはおもに苦境に直面する業界・市場・地域の最大手でした。
そして、ほぼ共通のプログラムで営業強化・業績テコ入れを成し遂げてきました。
それが代名詞となった「提案営業研修標準講座」です。
1990年代は8日間、2000年代は10日間を要し、2010年代は「10〜14日間いただければ営業を立て直します」と社長に誓っています。
現在ではクライアントが中堅・中小企業に広がっています。
また、ストレッチ目標を掲げる元気な会社も増えています。

四半世紀を超える豊富な教育指導の経験と実績を踏まえて確立したノウハウがこのたびの「提案営業研修標準講座」の刷新に反映されています。

和田創研ウェブサイト

◆開発者紹介

和田創研代表
和田 創(わだ・そう)

営業の数字づくりに特化した経営コンサルタントです。
低迷企業では「再建屋」として、好調企業では「発展屋」として、業種や規模を問わず、クライアントを短期間で強く大きくしてきました。
教育と指導の年間実績は百〜2百回です。

◇教育指導実績
業界・市場・地域の最大手が主体

FA・SA・OA/電機・電器/自動車・建機/部品・素材/電気・ガス・エネルギー/通信・IT・システム/ロジスティクス・運送/土木・建設/不動産・仲介/管理・保守/セキュリティ/建材・内装・リフォーム/住宅・家具/リース・レンタル/アウトソーシング・人材派遣/商社・卸・問屋/新聞・テレビ・ラジオ/広告・SP・デザイン/展示会・イベント/印刷・用紙・包材/証券/医薬/理美容/化粧品/日用品/食品・飲料/農業・漁業/エコロジー etc.
※秘密保持(契約締結)のため、業種のみ記載。

◇登壇実績
主要ビジネスセミナー会社はほぼ網羅

【マスコミ系】
日本経済新聞社、読売新聞社、日経BP社、プレジデント社ほか
【銀行系】
SMBCコンサルティング(三井住友)、三菱UFJリサーチ&コンサルティング、みずほ総合研究所、りそな総合研究所、浜銀総合研究所、常陽産業研究所、ちばぎん総合研究所、ぶぎん地域経済研究所、静岡経済研究所、北陸経済研究所、長野経済研究所、ごうぎん経営者クラブ、百五経済研究所、商工中金経済研究所、いよぎん地域経済研究センター、大銀経済経宮研究所ほか
【生産性本部】
九州生産性本部、中国生産性本部、四国生産性本部
【公的機関】
官公庁、地方自治体、産業経済団体、社団法人、中小企業大学校、商工会議所、商工会ほか
【教育系】
日本経営合理化協会、ジェイック、産能大学、日本生命、住友生命、マーケティング研究協会、経営管理研究所ほか

◇著作実績
日本経済新聞社、日経BP出版センター、ダイヤモンド社、東洋経済新報社、日本実業出版社など多数。
ほかに教材(テキスト)は多数。

和田創研ホームページ

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

値引き対策の決定版 〜シビアな値引き要求への対応法

中小・下請けでも値引き要求を跳ね返せる実践テクニックあれこれ
「値引き対策」決定版DVDを発売

==============================

営業の数字づくり支援の一環として、社内研修DVD「値引き対策 利益改善決定版」をリリースしました。
高評価の企業研修「値引き対策」のエッセンスを収録しており、優れた学習効果が得られます。
営業活動の現場で飛び出すシビアな値引き要求にどう応じるか、シビアな値引き要求をどう和らげるか、だれでも使える多彩なテクニックを公開しています。
値引き対策のすごさはただちに利益率が高まり、利益額が増えることにあります。

また、値引き要求はクロージングの段階で入りやすく、対応のまずさが原因で商談自体が壊れることも珍しくありません。
値引き対策のツボを押さえることでスムーズな刈り取りも行えます。

◆値引き対策は営業の永遠の課題

世界経済、そして東京五輪を控えた日本経済は総じて好景気が続いています。
しかし、商談では依然として厳しい値引き要求が飛び交っています。
とくに値引きに泣かされているのが力関係の弱い中小企業、下請け企業です。
また、大手企業とて値引きに苦しめられています。

成績の振るわない営業社員はややもすると顧客へ怒りの矛先を向けます。
しかし、自らがクロージングの決め手として、安易に値引きに頼ってきた経緯があります。
売り上げが立っても利益が出ない不毛の商談になることを防ぐべきです。
例えば、これまで何の疑問も持たずに「10%」を値引いてきました。
それを営業努力により、「9%」で踏みとどまります。
わずか「1%」の違いでも、積み重なると勝ち組と負け組の格差になります。

営業社員一人ひとりが適正な利益を確保することが会社の存続や成長につながります。
値引き対策は営業活動における永遠の課題といえます。

◆内容構成

‐鐡綣蠱覆任盡困蕕擦訝涌きはある
∩完が実行できる値引き対策の急所
E渡辰覆匹任涼涌き要求への対応法
じ積書を用いた基礎的な値引き対策
ヂ┣椎宗価格表による値引き減らし
Ψ擇刺し違えるだけで利益は保てる
値引き要求を跳ね返すトークの基本
┐茲ある値切りに応酬話法で備える
値引き要求に即効性の高い対応策13
試す価値のある値引き対策いろいろ
驚くほど利くパフォーマンスのコツ
顧客の納得を引き出せる値引き対策

◆仕様・価格

研修や会議に適した短時間の「講義」に加え、本格的な「テキスト」がついています。
しかも学習効果が高まるように「要点記入式」にしました。
また、まとまった時間を取りにくい職場では、社員が順番に自習することができます。

々峙漸酸次別90分)
 講義を聞き流すだけでも相応の効果が得られます。
■丕庁謄謄スト(36頁。出力可)
 テキストはA4判・横位置・36ページ。デジタルデータですので何人でも何度でも出力して使えます。
2然福18,000円(消費税別途。送料込)

「値引き対策DVD」

◆値引き対策の研修とセミナーを実施

当社は業種・規模を問わず、BtoB・BtoCを問わず、「値引き対策」をテーマとした企業研修と公開セミナーを行ってきました。
要望に応じて、ロールプレイを交えています。
これまでに無数のブラッシュアップを重ね、内容の完成度と有効性を高めました。
今回発売したDVDはこのテキストから営業社員が普段の商談で即座に繰り出せる箇所をピックアップしたものです。

なお、企業で行う研修にはテクニックの駆使による実践的な緩和だけでなく、営業活動の見直しによる根本的な回避を目指す内容が組み込まれています。
こちらもどうかご利用ください。

「値引き対策研修」

「値引き対策セミナー」

◆会社紹介

事業は多岐にわたりますが、おもに営業の数字づくりのコンサルタントです。
新規開拓など開発営業の加速による収益伸長・業績向上を長らく支援しています。

クライアントはおもに苦境に直面する業界・市場・地域の最大手でした。
そして、ほぼ共通のプログラムで営業強化・業績テコ入れを成し遂げてきました。
それが代名詞となった「提案営業研修標準講座」です。
1990年代は8日間、2000年代は10日間を要し、2010年代は「10〜14日間いただければ営業を立て直します」と社長に誓っています。
現在ではクライアントが中堅・中小企業に広がっています。
また、ストレッチ目標を掲げる元気な会社も増えています。

四半世紀を超える豊富な教育指導の経験と実績を踏まえて確立したノウハウが「値引き対策研修」および「値引き対策DVD」に集約されています。

和田創研ウェブサイト

「最短10日営業強化完了プログラム」

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

新規顧客アポ取り有効度ナンバーワンシステム 説明会

有望見込客創出サービス
LEADpro

有望見込客創出サービス「LEADpro」の説明会を追加開催します。
異次元の効果と効率を両立させた新規顧客アポ取り有効度ナンバーワンシステムです。
十分にご納得いただけるように質疑応答の時間を設けています。

優れた商品があるのに、売込先との接触がままならない状態も打破できます。
新事業の展開、新市場や新地域への進出もスムーズになります。

貴社の商品を必要とする見込客を丁寧にしかも迅速に掘り起こします。
今年度の予算達成に間に合わせられます。

説明会では代理店も募集しています。
また、広告・SP代理店、営業・テレアポ代行会社、DM・メール配信会社、ウェブマーケティング・MA会社、コンサルタント会社、印刷会社など同業者との協業も歓迎します。
高付加価値な新収益源として本サービスを加えていただければ幸いです。

なお、本サービスの資料をご用意しています。
ご関心があれば、すみやかにPDF版をお送りします。
LEADpro」ウェブサイトの問合せフォームからご請求ください。



日 程◇2018年9月12日(水)
時 間◇いずれかをお選びください。
    1回目:14:30〜16:30(午後の部)
    2回目:18:00〜20:00(夜間の部)
内 容◇新規顧客アポ取り有効度ナンバーワンシステム
    有望見込客創出サービス説明会
会 場◇JR東京駅近く(後日連絡)
    ※東京・銀座に変更になる場合あり。
参加費◇3千円(消費税別途)
備 考◇希望者は終了後に30分の相談タイム

本説明会のご案内と参加のお申し込みはこちら。
⇒「有望見込客創出サービス説明会

説明会と同一内容のDVDもご用意しました。
当日ご参加が難しい方はどうぞ。

⇒「有望見込客創出サービス説明会 DVD」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研
お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ