大学生の職業観に地殻変動が起こっている。
最大の変化は、「就社意識」が薄らいだこと―。
昔から「就職」という言葉はあった。
しかし、世間や家族、仲間や当人の関心は、どこに決まったかに集中していた。
すなわち「就社」である。
学卒市場において就職が就社でなくなるのは、おそらく戦後初めての「事件」と呼んでよい。
例えば、東大生というと、将来の高級官僚やビジネスエリートを思い浮かべる。
就職先は官庁か大手企業が相場だった。
こうした志向は依然として残るものの、進取の気性に富んだ人たちを中心に、意識と行動の変化が著しい。
景気が悪くなっても、彼らは後戻りしないのではないか…。
実は、東大生の第2新卒が少なくない。
職場をちょっとかじり、まずければ即座に吐き出してしまう。化石のような実態に愕然とするようだ。
第2新卒でなく、そこでの経験を反面教師にし、自分が働きたいと思う理想の企業をつくろうとする人も現れる…。
さて、大学生が会社を選ぶ基準、そして会社に留まる基準が、非常にはっきりしてきた。
唯一、自分を大事にしてくれること!
そこで働きつづけることが、自分を豊かにし、幸せにするかどうかである。
職能の開発やキャリアの形成に対する、会社の貢献をシビアに問う。
昨今、自己実現欲求の強い大学生ほど、会社の名前や歴史、実績や規模を気にしなくなった。
したがって、社長の胸一つで容易に制度などを変えられるオーナー企業、とくにベンチャー企業が、新卒採用に有利な状況となりつつある。
あすのブログは、大学生がごく小資本で起業し、就職では自分の会社ごと買い取ってもらう話―。
新しい現実を目の当たりにし、私は衝撃を受けた。
彼らの発想はすごい!
自分の頭がいかに常識や通念に凝り固まっているか、いやというほど思い知らされた。

↓ 応援クリック、いま何位?
人気ブログランキング  にほんブログ村 経営ブログへ  経営BlogRankers  ビジネスブログ100選
毛筆で味わう

営業川柳大賞 営業セミナー ミクシィ 和田創