9月8日火曜日夜間、交通の要所・地下鉄神保町駅至近で、私が理事長を務める「NPO法人営業実践大学」第159回公開講座を行う。
会場は、営業人材紹介で有名なジェイックのセミナールーム。
同社が行う「JAIC営業カレッジ」は、テレビ東京の「日経スペシャル ガイアの夜明け」や「WBS(ワールドビジネスサテライト)」などで大々的に取りあげられた。
誰よりも売る! アポ取りの達人【法人営業編】 口ベタでも無理なく話せる同社は毎回、番組で映し出された会場を無償で提供してくださる。
財政難で苦しみながらもNPO法人営業実践大学が続いているのは、同社の支援の賜物。
心より感謝したい。

さて、演題は、「『サイレントセールス』のススメ」
副題は、「雄弁をやめよ! 時代は“無口な営業”を求めている!」
ゲストは、渡瀬謙氏(有限会社ピクトワークス代表取締役)。
時間は、午後7時40分〜9時20分(1時間40分)。
氏は、精密機器メーカーを経てリクルートに入社。内向的なため、まったく売れない日々を過ごす。その後、自分の性格に合った営業スタイルへ転換させ、1年目にしてトップセールスを達成した。
ピクトワークスを設立し、持論の「サイレントセールス」を中心に執筆やセミナーなどで活躍する。
内向型営業マンの売り方にはコツがある―ムリに自分を変えないほうがうまくいく!「アポ取りの達人」など著書は多数。
以下は、ご案内文(転載)。

巧みな話術で顧客を説得して商談を成立させる…。これが多くの営業パーソンがイメージする商談ではないでしょうか?
しかし、いまや「トークを磨いても売れない」「話すほど顧客は引いてしまう」のが現実です。売れる時代で武器となったやり方は、売れない時代ではむしろマイナスとなります。商談はトークの良し悪しでなくプロセスの適否で決まります。
ゲストの渡瀬謙氏は、超内気な性格を強みとし、独自の営業手法を生み出しました。それが「ステップ営業法」です。
氏は話さず、ステップを大切にすることで、顧客の“相談相手”として商機を見出し、クロージングに結び付けます。

絶対成功する営業術―知らずに差をつける! (パンドラ新書)以上。
要は、営業マンはしゃべったらダメ。
それはそうだ。
仕事はお客にしゃべらせること。
私は長く営業の勉強を続けながら、いまだに一流になれない。
その理由は、おしゃべりだから。
分かっているのだが、年齢的なものもあり、自分の性格を改められない。

私・和田創は前座として、「社長スクール」で講演を行う。
演題は、「業績低迷拠点・部門の営業テコ入れ」
左利きの人々 (中経の文庫)時間は、午後6時50分〜7時20分(30分間)。
多くの企業が抱える切実な悩みを解消するポイントとは?
社長や役員、支社長や支店長、部課長や所長などにお勧め。
下期の売り上げ巻き返し・積み増しのヒントになろう。

当日の受講料は一般4千円、会員2千円(その場で入会手続きが可能)。
NPO法人なので、収益事業でなく社会貢献事業。
ぜひお気軽にご参加ください。
初めての方、営業未経験者、学生、大歓迎です。

なお、途中の20分間はフリータイム(名刺交換会&休憩)。
毎回、ゲストと会員、会員同士で大盛りあがり。
どうか名刺をお忘れなく。
お持ちでない方は、手書きなどでも結構。

では、当日、お目にかかりましょう。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!