何も民主党にかぎらないが、野党の議員の発言はどうしてつまらないのか?
自由さというものがまるで感じられない。
いつだって言葉をぐっと飲み込む。
ほとんど自党の見解。
外から見えないところで、相当な締め付けが働いているのだろうか?

念願が叶って政権与党となった民主党は、もっとも透明性に欠ける政党の一つである。
日本の再生よりも衆院選での政権交代のほうを優先させたので、ポストと引き換えに、これから党内の意思統一を図るはず。
強権により当面、幹部クラスは“緘口令”が敷かれるのでは?

それとも政権与党の自信を背景に、自由な発言が許される風土に変わっていくのか。
確かに、民主的でない民主党では、船出直後に沈没しよう。

Copyright (c)2009 by Sou Wada