ラージクラスミニバン(大型ワンボックス)は、家族の幸福観の象徴である。
7〜8人がゆったりと座れ、3世代でレジャーを楽しめるのが最大の魅力。
わが人生0534私は我が家が大人数だった頃、エルグランド、次いでアルファードを買い求めた。
エルグランドは、フルモデルチェンジ直後の最上級グレード(2代目)。シートが本革。排気量は3500cc。
アルファードは、スポーツ仕様(初代)。
シートがアルカンターラ。排気量は3000cc。

さて、大型1BOXは贅沢と引き換えに、燃費が非常に悪かった。
街乗りが大半だとなおさら。
わが人生0535まして私はチョイ乗りが中心だったので、エルグランド3500ccがリッター5〜6キロメートル、アルファード3000ccが6〜7キロメートルといった印象(うろ覚え)。
燃費に関しては覚悟というか諦めが必要である。

なお、横綱の風格を身につけたアルファードは、エルグランドに肩透かしで勝つのではプライドが許さないのだろう。
ライバルに真っ向からぶつかるよう、2代目では排気量を3500ccに拡大した。
2400ccは変化なし。

私は思う。
ガソリン価格が不安定な状態が続きそうであり、経済的にゆとりのある世帯を除き、大型1BOXにうかつに手を出せない。
わが人生0536とくに排気量の大きい3500cc(しかもハイオク)。
2代目アルファードにはハイブリッド仕様がない。
が、初代にはあった(2400ccのみ)。
きょうのブログで述べたとおり、ガソリン車は下取り価格が大きく落ち込みそう。
値の張るクルマだけに、ハイブリッド仕様の投入の可能性を見極めたいところ。
早まると後悔するかもしれない。

                       ◇

ところで、3代目エルグランドの登場はそろそろ?
噂では2010年5月のフルモデルチェンジ。
わが人生0537FRからFFに変更されるという情報はほんとうなのか。
性能面の進化は当然図られるが、私はデザイン面の変化が楽しみ。
キープコンセプトらしいが、秀逸なエクステリアとインテリアはどう磨かれるのか。
それとも、すでにモーターショーでベールを脱いでいるのだろうか。

我が家は小家族になり、大型1BOXはまったく不要。
私は買わないけれど、3代目エルグランドを自宅近くの「神奈川日産(ニッサン)ニュータウン都筑店」に見にいく。
ここは店舗・展示スペースがとても広い。

ちなみに、その向かいに私のお気に入り「老麺魂(らーめんたましい)」がある。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!