地球環境の保護、さらに経済の低迷を背景に、エコロジーでコンパクトなクルマに関心が集まっている。
わが人生0538大型ワンボックスのエルグランドやアルファード、なかでも排気量の大きい3500ccに乗るのがはばかられる。
しかし、大家族にとり最高の1台であることは間違いない。
とりわけ3世代家族。もしくは3世代が集まる機会の多い家族。
買い物やレジャー、旅行、帰省などをゆったりと楽しむのに打ってつけ。
クルマを手放すとき、そこには家族のあふれんばかりの思い出が詰まっているはずだ。

私はエルグランドのフルモデルチェンジ直後に本革仕様の最上級グレードを買った(2代目、3500cc)。
わが人生0539路面が悪かったりカーブが続いたりすると同乗者、とくに3列目が船酔い状態になった。
ところが、フワフワした足回りが高速走行時にはピタッと決まった。
このクルマは大人数でのクルージング専用車でないかと思ったほど。
長距離ドライブでは、例のCMのような爽快感を味わえた。
何ものにも代えがたい至福の時間!

私みたいな初心者は、ラージクラスミニバンがとても運転しやすい。
「こんな大きいクルマは絶対に運転しない」と言っていた、やはり初心者の妻もエルわが人生0540グランドを操って拍子抜けしたようだ。
後ろのクルマに申し訳ないが、せかされる心配がなく、マイペースを守れる。
また、アイポイントが高くて先を見通せ、走っていてゆとりも持てる。
さらに、「箱」なので取り回しがラク。
ミラーが大きく、バックモニターもついており、コーナーセンサーなど不要。
加えて、高速走行時の安心感が違う。

運転がヘタな私は正直なところ、エルグランドやアルファード以外は怖い。
小さくて低いクルマに乗れなくなる。
わが人生0541私としては、運転に苦手意識を持つ女性にお奨め。
旅行や帰省などのロングドライブでは、ご主人と途中で交代すればよい。
昨今、オートキャンプ場があちこちに整備されている。
自炊設備、シャワー・トイレ付き。
和田創レジャー川柳夏の海辺のオートキャンプ場は、海水浴とバーベキューを楽しむ大型ワンボックスだらけだった。
テントを併用すれば宿泊費がいらず、食事代もわずか。
なお、子ども3人の5人家族での利用が大半なら、セレナやノア(ヴォクシー)などのミドルクラスミニバンで十分。

私は視力が一気に衰えて信号の識別が難しくなり、かなり前に運転をやめた。
それでも大型ワンボックスがフルモデルチェンジしたと聞くと、実車を確かめたくなる。
わが人生05422代目アルファードは横浜トヨペットあざみ野店に駆け付けた。
兄弟車の初代ヴェルファイアはネッツトヨタ神奈川センター北店に駆け付けた。
3代目エルグランドが待ち遠しい。
こちらは神奈川日産ニュータウン都筑店に見にいく。
噂では2010年5月。
仕上がりは万全のはず。

ラージクラスミニバンは家族の幸福感の象徴であり、私はその姿を見るだけで心が躍る。
わが人生0543でっかい夢を積むものだろう。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!