「NPO法人営業実践大学」公開講座を行った。
夏季休暇とぶつかる8月を除く年11回の開催…。
会場は都心、「JAIC営業カレッジ」で名高いジェイックのセミナールーム。
演題は、「『サイレントセールス』のススメ」
副題は、「雄弁をやめよ! 時代は“無口な営業”を求めている!」。
ゲストは、有限会社ピクトワークス代表取締役の渡瀬謙氏。

渡瀬謙氏1氏はリクルートに中途入社したが、内向的なためにまったく売れない日々を過ごしていた。
独り苦しむ氏を、素晴らしい成績を上げていた先輩が見兼ねて、自分の営業活動に誘った。
そして、氏はしゃべらなくても売れる事実を目の当たりにする。

内向型営業マンの売り方にはコツがある―ムリに自分を変えないほうがうまくいく!渡瀬謙氏は、「営業はうまくしゃべらなければならない」というのは誤解と気づく。
迷いが吹っ切れた氏は、内気な性格に合った営業スタイルへ転換させ、1年目にしてトップセールスを達成した。
当日は、持論の「サイレントセールス(寡黙な営業)」を、営業活動のシンプルなステップに沿って解説してくれた。

渡瀬謙氏2講義の内容には経済合理性も貫かれており、この辺りはリクルートのトップセールスマンに共通する。
彼らは、営業を科学的に追求する習性を養っている。
したがって、講義が分かりやすく、説得力に富む。
かつての売れる時代で武器となったやり方は、いまの売れない時代でむしろマイナスとなる。

営業ビジネスマナー超入門…私はとても勉強になった。
後日、私は渡瀬謙氏にケータイをかけ、近い将来の再登場をお願いした。
素晴らしい営業セミナーだった。
心より感謝!

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!