きのうのブログ「吾輩は袋麺である…名作物語」の続き。
私の一番のお気に入りは、イトメン。
Aチャンポンめん。
わが人生0669私は東京・墨田川高校から富山・魚津高校へ転校した。
富山は東日本と西日本の境目に当たり、両方の味(食品)が混在している。
やや西寄りであり、そこで「チャンポンめん」を知った。
あまりのうまさに感動してしまった。
受験勉強をやっているふりをして、夜食にどれほど食べただろう。
袋麺の最高峰、絶品だと思う。

私は東寄りの濃い醤油味を好むので、自分でも不思議。
ちなみに、チェーン店の長崎ちゃんぽん「リンガーハット」は大の苦手。
私みたいな味音痴でも、味覚はデリケートなものなのか。
「チャンポンめん」は、スープはさっぱりしているのに深い味わいがあり、野菜との相性が抜群だ。
わが人生0670私は、とくに白菜(ハクサイ)。それとニンジン。あればサヤエンドウ。
いずれも若干。
ほかに入れるとしたら、干しエビや干しシイタケをごくわずか。
チャーシューやメンマなど、主張の強い具材は避けたい。
卵は微妙。

東の人は湯の量を少なめにするのが無難では…。
また、粉末タイプのコショウは溶け込んで、スープが台無しになる。
それと、ホームページのレシピに記されているコーンやキャベツを入れると西の「ちゃんぽん」ぽくなり、東の私はダメ。
わが人生00671具材を少なくし、貧しく食べるのがおいしい。
ベストマッチングはご飯。
それだけ商品自体の完成度が高いということだろう。
いまでも「チャンポンめん」を食べたいと思うが、首都圏ではめったに売っていない。
イトメンは量販店への営業努力が足らない。
社員はおいしさが分かっていないのでないか。

このブログで、だいぶ前にも取りあげた。
⇒2007年5月15日「イトメン・チャンポンめん」はこちら。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!