民主党の小沢一郎幹事長が身の潔白を度々主張している。
よほど自信があるのか、検察との対決姿勢を鮮明にしており、これを鳩山由紀夫代表(首相)も支持する。
真相は捜査の進展を待たなくては分からない。

私は、白か黒かにそれほど関心がない。
資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る資金の流れが複雑かつ曖昧なことが問題だと思う。
なぜそうしなければならないのか。
政治家は襟を正すべき立場にある。
専門家が帳簿を見ても不透明と感じるなら、疑惑を持たれて当然だろう。

また、有権者の圧倒的大多数は、小沢幹事長の説明が不十分としている。
が、実際には説明そのものがない。
本人は、国民は理解してくれる、納得してくれると繰り返し述べているが、それはムリ。

小沢幹事長は検察の事情聴取に応じる意向のようだ。
やましいことはないというなら、早く終わらせるに限る。
4億円の出所を本人自ら証明するだけでよい。

あまりに次元の低い話であり、民主党に投票した有権者でも失望を隠せない人が多いはず。

                       ◇

きょう、東京地検特捜部は中堅ゼネコン(建設会社)の家宅捜索に踏み切った。
東京都中央区の「山崎建設」、兵庫県姫路市の「宮本組」の2社。
容疑は、政治資金規正法違反(虚偽記載)。
岩手県奥州市の胆沢(いさわ)ダム関連工事の下請け受注に絡んで。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!