NHK朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」。
松下奈緒(まつした・なお)と向井理(むかい・おさむ)が難しい役どころを好演している。

⇒2010年7月5日「向井理の好演、村井茂の名言…ゲゲゲの女房」はこちら。

ドラマは早いもので、半ばを過ぎた。
このところ、2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会や第22回(2010年)参議院議員通常選挙に隠れ、影が薄れがちだった。

水木しげるは1964年、長井勝一が創刊した「ガロ」で商業誌デビューを果たした。
斜陽の貸本漫画家からようやく抜け出せそう。
が、生活は依然として苦しいまま…。

ところが、講談社の漫画雑誌「少年マガジン」では、編集部の一員が水木しげるの漫画を載せようと骨を折っていた。
発行部数は当時、すでに40万部(ほどなく百万部突破)。
番組で最初に使われたのは、実際の建物と社内の映像か?
メジャーデビューが迫っていた。

水木しげるは少年マガジンでの連載により「妖怪漫画」の第一人者と称えられ、妖怪ブームを巻き起こした。
番組では村井茂(向井理)も村井布美枝(松下奈緒)もまだそれを知らない…。

自伝はほとんどが著名人に関するものであり、ドラマにした場合に結末がおおよそ分かっている。
私が、夫婦の苦労にはらはらしながら、どこかで安心してドラマを見ていられるのはそのせいだ。

1964年といえば、戦後にエポックを画した「東京オリンピック」が開催された。
東京を中心に主要なインフラ整備が進み、国中が沸き立っていた。
私は生れ故郷・新潟県直江津市(現上越市)を離れて長野県伊那市に移り、伊那中学校の1年生だった。
世間の空気は明るく、日本人は自信を取り戻しつつあった。

                      ◇◆◇

「ゲゲゲの女房」に関するブログは以下のとおり。

⇒2010年5月8日「ゲゲゲの女房…蘇る前妻との初デート」はこちら。

⇒2010年5月19日「松下奈緒、ゲゲゲの女房を好演する」はこちら。

⇒2010年5月20日「ゲゲゲの女房、小銭入れが空っぽの極貧」はこちら。

⇒2010年5月30日「ふすま一枚の地獄…ゲゲゲの女房」はこちら。

⇒2010年6月6日「ゲゲゲ原稿料を払ってもらえない」はこちら。

⇒2010年6月8日「松下奈緒と向井理が好演…ゲゲゲの女房」はこちら。

⇒2010年6月12日「松下奈緒 ゲゲゲの女房 人気シーン」はこちら。

⇒2010年6月14日「ゲゲゲゲラが出た…私は初校で校了」はこちら。

⇒2010年6月17日「ゲゲゲ、人気ラーメン店の行列が消えた」はこちら。

◆書き加え1(7月10日)

ここまでは数日前に「中小企業大学校広島校」の講師宿泊室で記した。
なかなか快適な研修施設である。
その後、ドラマは進展…。

1965年、少年マガジンの編集者が調布の水木家を訪れた。
「別冊・少年マガジン」に、宇宙を舞台にしたSF漫画を描いてほしいとの依頼である。
ロケットによる月探査が活発になり、子どもたちの間に宇宙に対する関心と夢が大きく膨らんでいた。

編集者は、貸本漫画家・水木しげるの作品に早くから注目していた。
編集会議で幾度か反対されたが、皆を説得して乗り込んできた。
が、水木しげるは断ってしまった。

絶句する妻に、「注文は気乗りせんのだ」。
長女が小学校に上がると、カネがかかるようになる。

水木家は貧しさのあまり、新聞も取れず、テレビも買えない。
漫画の注文を受けても、時代ものについていけない。
そうした事情を察し、自分のミシンを質入れしてテレビを買おうと持ちかける妻に、水木しげるは「仕事のことに口を出すな!」と激高した。

実は、編集者と相対しながら、水木しげるは敗者復活戦のない大勝負と考えていた。
これまでに貸本漫画家が漫画雑誌に描いては消えていった。
「苦手なもので勝負したらかならず失敗する」。
この編集者は断っても、もう一度やってくる。
水木しげるはそう思ったのだ。

◆書き加え2(7月12日)

そして梅雨の初めの蒸し暑い日、編集者が再び訪れた。
水木しげるの直感は当たった。

夏の特大号、読み切り32ページ(不確か)。
テーマは自由。
ただし、「テレビより面白い、インパクトのある作品を描いてほしい」。

この若い編集者は編集長に昇格することが決まっていたようだ。
部数日本一を目指してライバル誌にない魅力をつくり出そうと、新しい漫画家と作品を探していた。

何を描くかは任せる。
これは水木しげるにとり厳しい注文である。
力量を試されているのだ。
実は、別冊での読み切りは本誌での連載への登竜門だった。
そこで評価を得られれば、レギュラーになれる。

◆書き加え3(7月14日)

編集者からテレビより面白い作品を描いてほしいと言われたが、水木しげるはテレビそのものをほとんど知らない。
そこで、馴染みの質屋で有り金をはたいて中古のテレビを買った。
一晩中画面に見入るうちに、現実の世界とテレビの世界を自由に行き来する「テレビくん」を描こうと思いついた。
子どもの夢を作品にしよう…。

企画はすんなりと通った。
悪戦苦闘の末に描きあげた「テレビくん」を、編集者はすんなりと受け取った。
そして、その場で「少年マガジン」本誌での16ページ(不確か)の読み切り漫画を切り出した。
月一本のペース。
水木しげるはメジャーデビューの関門を突破した。
編集者は作品に共感し、その出来栄えに満足したのだ。
私まで天に昇る気持ち…。

水木しげるは「墓場鬼太郎」を描きたいと申し出た。
実は、編集者もその言葉を待っていたのだ。
作品に惚れ込み、愛読していた。

なお、ウィキペディアによれば、「テレビくん」は講談社児童漫画賞を受賞し、一躍人気作家になった。
水木しげるは敗者復活戦のない大勝負を制した。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!