NHK朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」。
水木しげる(村井茂。向井理)は原則として仕事を断らない。
来る日も来る日も締め切りとの戦いだ。
漫画家などの作家はもとより、広く創造に携わるフリーランスは似た状態に陥りやすい。
村井布美枝(松下奈緒)は、夫はやってもやっても仕事を終えられないと溜め息をついた。
体を案じると、水木しげるは鉄板並みに強いから大丈夫と取り合わない。
先の見えない極貧生活からやっと抜け出し、家庭を顧みる余裕がなかった。

プランナーだった私は軌道に乗ってからは仕事を選んで受けていたが、それでも水木しげるに負けないくらい多忙を極めた。
時間をかけるほど企画の品質が向上するため、ピリオドを打てないのだ。
実際には、ほぼできあがってしまうと、さらに踏ん張ったところでわずかしかよくならない。
だが、いくらかはよくなる。
これで十分ということがない職業である。
また、顧客(クライアント)の期待水準を超えてこそ、次の依頼が舞い込む。
売れっ子のフリーランスとて、どこかで失業の恐怖を抱えている。

江戸時代からの言い伝えでは、「妖怪いそがし」に取り付かれると、仕事ばかりやるハメになる。
水木しげるがそれだった。
そして、私も…。

水木しげるは自宅兼仕事場だったので、押し寄せる締め切りの嵐に家族を巻き込んだ。
布美枝は眠っていても気の休まる暇がなかったろう。
ドラマでは、仕事の片付かない夫に遠慮し、台所のテーブルによく突っ伏している。
しかし、どうせ朝まで仕事を続ける…。

一つ屋根の下に暮らしながら、布美枝は夫とろくに会話を交わせない。
普通の家庭の一家団欒や外出の機会がまるでなかった。
それが藍子(長女)と喜子(次女)の成長に影を落とした。
さらに、人気漫画家の娘ということで興味の的になっていた。
布美枝は小学生の藍子の心情にようやく気づいた。

私は結婚直後、フリーランスの駆け出しだった。
収入が微々たるもので、しかも不安定。
三鷹に小さな和室二部屋を間借りし、そこで仕事をこなした。
妻は外で働くことにストレスを感じるらしく、長女の出産を機に家庭に入りたいと言ってきた。
おのずと役割分担がはっきりした。
それまでは妻の収入を当てにしていたが、生活費は私が稼ぐしかなくなった。
覚悟が決まり、働き方が豹変した。
もっと驚いたのは妻だった。
狂気の頑張りを目の当たりにし、友人らに私が早死にするとよく言っていた。

私は、ふすま一枚を隔てた隣室で徹夜の連続になった。
食事は、アイデアを考えながらほんの数分間。
いつも神経が高ぶり、ピリピリしていた。
やがて仕事が増え、アシスタントに来てもらうように…。
すべてを締め切りに合わせるため、時間が滅茶苦茶になり、昼も夜もなくなった。
さながら戦場・・・。
体の決して強くない妻(前妻)が参ってしまった。

私は家族の生活を壊さないよう、都心に仕事場を構えた。
妻は混乱と喧騒から解放され、胸をなで下ろしたことだろう。
しかし、そうしたら私が自宅(三鷹)に戻れなくなった。
妻との同棲が長かったので、それはそれで寂しかった。
食事も弁当か至近距離の食堂やファーストフードで済ませるので、丼物やハンバーグ、カレー、チャーハン、ラーメンなど同じメニューの繰り返しになった。
めったに家族と顔を合わせられない。

…子どもが3人に増え、長女が小学校へ。
私は家族が離れて暮らす事態を打開しようと、住まいを移すことを持ちかけた。
実際、徒歩数分の賃貸マンションをいくつか当たった。
が、妻は東京のど真ん中で暮らすことをためらった。
三鷹と異なり、子育てにまったく向かない環境である。
東京女子大学の友人が周辺にいたこともあり、中央線沿線の西荻窪駅から東小金駅辺りの雰囲気を愛していた。
そして、何よりも仕事場の近くで暮らすことを嫌った。
あの頃の強烈な体験が妻の脳裏に焼き付けられ、それが消えなかったのだ。
互いを知り尽くしたうえでの結婚とはいえ、意思の疎通が滞りがちになった。

亡くなる直前、「お父さんの言うとおり、都心に引っ越せばよかった」とつぶやいた。
私は、この件が妻の心にずっと引っかかっていたことを知った。

共働きが今日ほど一般的でなかった。
そこにフリーランスという特殊な条件が加わり、妻に家庭のことを任せっ放しにした。
家事だけでなく子育ても…。
戦後の高度成長を牽引した会社人間もそうだったのかもしれない。
家族が食べていくことにエネルギーの大半を奪われた。

ゲゲゲの女房は他人事でない。
私は半生を振り返るとともに、家庭のあり方について考えさせられる。

                      ◇◆◇

「ゲゲゲの女房」に関するブログは以下のとおり。

⇒2010年5月8日「ゲゲゲの女房…蘇る前妻との初デート」はこちら。

⇒2010年5月19日「松下奈緒、ゲゲゲの女房を好演する」はこちら。

⇒2010年5月20日「ゲゲゲの女房、小銭入れが空っぽの極貧」はこちら。

⇒2010年5月30日「ふすま一枚の地獄…ゲゲゲの女房」はこちら。

⇒2010年6月6日「ゲゲゲ原稿料を払ってもらえない」はこちら。

⇒2010年6月8日「松下奈緒と向井理が好演…ゲゲゲの女房」はこちら。

⇒2010年6月12日「松下奈緒 ゲゲゲの女房 人気シーン」はこちら。

⇒2010年6月14日「ゲゲゲゲラが出た…私は初校で校了」はこちら。

⇒2010年6月17日「ゲゲゲ、人気ラーメン店の行列が消えた」はこちら。

⇒2010年7月5日「向井理の好演、村井茂の名言…ゲゲゲの女房」はこちら。

⇒2010年7月15日「ゲゲゲ水木しげる、少年マガジンデビュー」はこちら。

⇒2010年7月17日「ゲゲゲ水木しげる、テレビくん児童漫画賞受賞」はこちら。

⇒2010年7月24日「水木プロダクション旗揚げ…ゲゲゲの女房」はこちら。

⇒2010年7月31日「ボチェッリが歌う吉岡聖恵・ありがとう」はこちら。

⇒2010年8月5日「水木プロダクション異様な活気…ゲゲゲの女房」はこちら。

⇒2010年8月9日「ゲゲゲの鬼太郎へ題名変更…主題歌もヒット」はこちら。

⇒2010年8月11日「水木プロダクション…アシスタント人件費」はこちら。

⇒2010年8月12日「いじめ…有名人の子の苦悩(ゲゲゲの女房)」はこちら。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!