私は講演やセミナー、研修が立て込み、出張が続いた。
疲れが噴出し、2日ほどぐったり・・・。

このブログを「浅田真央 和田創」「和田創 浅田真央」のキーワード検索で訪れる読者がいる。
うれしいやら、はずかしいやら。
万一誤解が生じると、私が敬愛する浅田真央に迷惑が及ぶので、はっきりと断っておきたい。
二人はつきあったことがない。

浅田真央は3月下旬に代々木で行われる「世界フィギュアスケート選手権2011東京大会」へ向け、ぐっと気持ちが高まってきた。
モチベーションの一つに宿命のライバル、韓国のキム・ヨナ(金妍兒)の出場があることは間違いない。

昨季終了後に取り組んだ滑りの矯正が進んだのか、ジャンプがかなり安定してきた。
本人は否定したが、一時は精神的に追い込まれているように見えた。
四大陸フィギュアスケート選手権では、復調の兆しが表れた全日本フィギュアスケート選手権よりもさらにコンディションが上がっていた。
世界選手権は、今季抜群の安定感を誇る安藤美姫との三つ巴の優勝争いになりそうだ。

浅田真央は最近、マスコミに理想の男性像を尋ねられ、「かっこよくて、多情多感でおもしろい人」と答えた。
私が30歳若ければと悔やまれる。
また、10年後について「結婚もして、子どもも産みたい」。
やっぱり・・・。

                       ◇

さて、先日のブログ「空飛ぶ車…トヨタがスバルと本格参戦か」の続き。

⇒2011年2月15日「空飛ぶ車…トヨタがスバルと本格参戦か」はこちら。

米テレフギア(Terrafugia)社が空飛ぶ車(クルマ)「トランジション(Transition)」の生産を開始する。
ガソリンで普通に道を走れて空を飛べる画期的な陸空(空陸)両用車。
私と真央ちゃんの2人が乗れる。
パフォーマンスを考えれば、驚くほど安い。

実は、自動車業界の枠を超え、空飛ぶ車の開発競争が加速・激化していた。
今後、ベンチャーも参戦し、続々と新製品が登場しそうだ。

                       ◇

トヨタはリーマンショック前、国産ジェット旅客機の製造に参加する意向を表明していた(不確か)。
創業者の豊田喜一郎が1930年代に航空機の研究を行っていた。
私は、車を空に飛ばすほうを優先すべきだと考える。
豊田章男社長は決断せよ。

ホンダは2003年、ビジネスジェットの実験機を開発した。
2006年、アメリカを中心に受注活動を開始した。
創業者の本多宗一郎が航空機事業に憧れ、空飛ぶ車の実現を目指していた。

トヨタとホンダはおそらく早い段階から空飛ぶ車の開発に着手している。
実用化の手前までこぎ着けている可能性がある。
先行者利益が非常に大きいので、製造・発売を前倒ししてくるはずだ。

もはや電気自動車さえ斬新でない。
ここに関心を奪われると、今回の動きに乗り遅れる。
業界地位、市場シェアが短期間で劇的に変動するだろう。
もっとも、空飛ぶ自動車が普及すると、車と飛行機という境がなくなる。

余談。
空飛ぶ車の運転(?)にはパイロットのライセンスが必要だ。
苦境に立たされている自動車教習所のなかから空飛ぶ自動車教習所の市場に進出するところが出てくるかもしれない。

以下に、「トヨタのクルマは空を飛べ…東モ評価」と題する2009年11月02日のブログをそのまま収める。

                      ◇◆◇

きのうの続き。
このブログで過去5回にわたりNHKスペシャル「自動車革命」を見ての雑感を述べてきた。
悲観に偏ってしまったが、希望がなくはない。
再建屋雑記帳0920私は、自動車メーカーが空中移動の道具としてのクルマを本気で追求する時代に突入したと感じた。
いつまでも道路を走らなければならない理由はない。
21世紀、自動車メーカーは陸から“空”へ戦いの場を移すのかもしれない。
それは、はるかに巨大で魅力的な市場に育つのでは…。
そう考えると、気持ちが晴れよう。

ところで、10月24日から千葉・幕張メッセで一般公開されている第41回東京モーターショーも残すところ2日間。
かつては世界三大モーターショーとして国内外を問わず、熱い注目を集めた。
再建屋雑記帳0921しかし、今回は史上最小規模。
2年前の前回と様相が一変した。
日本の経済力の衰退を見事に反映している。
コンパニオンが少なくなったことも響いたのか、盛りあがりに欠けたようだ。
テレビ報道で映し出された会場はがらんとしていた。
ひっそりと閉幕…。

さて、環境保護の観点から電気自動車(EV)が大切なことは分かる。
が、私自身は電気自動車そのものにときめかない。
再建屋雑記帳0922動力がガソリンエンジンから電気モーターに変わったにすぎない。
しかも、ガソリン自動車で勝利した日本の自動車産業はそれにより優位性を一気に失いかねない。
大げさな言い方をすれば、私たちの暮らしが壊れる。
電気自動車では、中国など新興国のメーカーがどんどん追いあげてこよう。

私が第41回東京モーターショーで物足らなく感じたのは、トヨタ自動車。
日本最大の製造業だ。
現在は米国ゼネラルモーターズを抜き、世界最大の自動車メーカーにのし上がった。
再建屋雑記帳0923酷な言い方をすれば、私たちの暮らしがかかる。
だが、出品車は、1年後から数年先の目先を睨んだものばかり。
手堅いというか、つまらないというか…。

東京モーターショーは上海モーターショーの規模と勢いに押され、影が薄れるばかり。
トヨタ自動車には、センセーショナルな話題を提供して世界の度肝を抜いてほしかった。
再建屋雑記帳0924富士重工業(スバル。SUBARU)と組み、なぜ空を飛ぶクルマのプロトタイプくらい出さなかったのか?
現段階ではイマジネーションの産物で十分。
モノづくり日本の夢と構想を示したらよい。

…わが国を覆う閉塞感を取り払う。
トヨタ自動車は幕張メッセの天井をぶち抜く気迫を見せよ。
再建屋雑記帳09225「クルマは爆発だ」。
それはモータリゼーションの未来を切り開く第一歩となる。
日本の自動車メーカーは空を目指せ!

なお、私は岡本太郎について語ったことがある。
3分34秒の講話映像、ユーチューブの動画。
「芸術は爆発だ」。
岡本太郎の代表作の一つ「太陽の塔」は、1970年に開催された大阪万博において「お祭り広場」の真ん中辺りに大屋根から突き出す形で建造された。
それは、未来へ伸びる私たち。



再建屋雑記帳0926******************
講演TV(賢人編)
岡本太郎

******************

なお、NHKスペシャル「自動車革命」第1回についての感想は以下。
⇒10月26日「トヨタはいらない…自動車革命」はこちら。
⇒10月27日「トヨタ系部品メーカー、総入れ替え?」はこちら。
また、NHKスペシャル「自動車革命」第2回についての感想は以下。
⇒10月29日「国民の暮らし崩壊…自動車革命の衝撃」はこちら。
⇒10月30日「過去の栄光…自動車メーカー凋落!」はこちら。
⇒11月1日「白物家電へ…自動車周辺市場も壊滅!」はこちら。

岡本太郎自動車周辺市場とは、カーメンテナンス市場、カーリペア市場、カー用品市場、ピットサービス市場、中古車市場、カーレンタル(レンタカー)市場、カーシェアリング市場、ガソリンスタンド(サービスステーション)市場など。
自動車革命(EV化)にともない、これらのビジネスや事業が激しく縮むか成り立たなくなる可能性がある。
再建屋雑記帳0927あわせて、膨大な雇用が消える。

                      ◇◆◇

私が敬愛してやまない浅田真央に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年2月24日「浅田真央、世界フィギュアは崖っぷち」はこちら。

⇒2011年2月19日「復調・浅田真央、本場の中華が高速で回転!」はこちら。

⇒2011年2月17日「浅田真央の調子と連覇…四大陸フィギュア選手権」はこちら。

⇒2011年2月6日「浅田真央、バレエ転向の噂…ストナリニ選手権後」はこちら。

⇒2011年2月5日「浅田真央に連覇の期待…世界フィギュア2011東京大会」はこちら。

⇒2011年1月28日「キム・ヨナ、浅田真央への秘策…世界選手権2011」はこちら。

⇒2011年1月27日「浅田真央は小塚崇彦をどう思っているのか?」はこちら。

⇒2011年1月17日「浅田真央と福耳ボールペン」はこちら。

⇒2010年12月29日「浅田真央と30人31脚」はこちら。

⇒2010年12月26日「浅田真央、蝶の舞、2011世界フィギュア選手権代表」はこちら。

⇒2010年12月25日「浅田真央、観衆総立ち、感動の1位発進…全日本」はこちら。

⇒2010年12月23日「村上佳菜子に挑む浅田真央…全日本フィギュア選手権」はこちら。

⇒2010年12月20日「浅田真央はもうあの頃に戻れない」はこちら。

⇒2010年12月18日「浅田真央を取りあげた、いい加減なブログ」はこちら。

⇒2010年12月16日「浅田真央は貯金を使い果たした」はこちら。

⇒2010年12月14日「浅田真央は五輪4冠の北島康介の脱皮計画に学べ」はこちら。

⇒2010年12月11日「浅田真央がかいた汗の量」はこちら。

⇒2010年12月4日「浅田真央、惨敗後インタビューの残酷と地獄」はこちら。

⇒2010年12月2日「浅田真央のリップサービス…マスコミ対応」はこちら。

⇒2010年12月1日「浅田真央はソチ仕様に工事中、勝てなくて当然」はこちら。

⇒2010年11月29日「浅田真央、ジャンプの修正か改造かの判断」はこちら。

⇒2010年11月28日「惨敗・浅田真央は輝きを取り戻せるか?」はこちら。

⇒2010年11月27日「浅田真央、得意なジャンプが壊れる恐怖」はこちら。

⇒2010年11月25日「浅田真央を引き受けた佐藤信夫コーチの胸中」はこちら。

⇒2010年11月23日「浅田真央、ソチ五輪栄冠への長いトンネル・・・」はこちら。

⇒2010年11月21日「浅田真央が流した悔し涙の価値とは?」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!