女子フィギュアスケート。
長らく宿命のライバルとされた1990年生まれの浅田真央と韓国のキム・ヨナ(金妍児)。

キム・ヨナはシニアに転向して浅田真央に負けつづけた。
この時代に浅田真央さえいなければ…。
自分は何と運が悪いのだろうと思った。
悩み抜いた末、浅田真央が得意なジャンプよりも表現のほうに重きを置いて磨きあげた。
何かで相手を上回れるなら、それが自信となってほかでもしのげるようになることは珍しくない。
そして、2010年バンクーバー冬季五輪(オリンピック)で圧勝した。

キム・ヨナは表彰台の頂点を目指し、必死の努力を重ねた。
アスリートにとり最高の目標を叶えた後、その反動がドカーンと出た。
頑張ろうとしても頑張れない…。
練習を続けられず、国際試合に出られなくなった。
彼女は心も体も立て直せなかったのだ。

一般論だが、アマチュア選手が大金を手にすると、限界の頑張りは保ちにくい。
国民的ヒロインのキム・ヨナが手にした報酬は、世界のトップクラスの選手が得られない金額である。
ましてオリンピックで栄冠に輝くには、食を含めて厳しい摂生が絶対だ。
そのうえで過酷な練習が必須だ。
しかも、これらは日常、日課になっていなくてならない。
資質だけでオリンピックに勝つことはできない。
贅沢でゆとりのある生活にいったん浸ると、以前の自分に戻せない。
彼女はときにVIPのように扱われる・・・。

                       ◇

キム・ヨナはプロスケーターに転向するという噂がくすぶりつづけている。
一時、2011年世界フィギュアスケート選手権後に現役を引退するとの観測が流れた。
彼女は、フリースケーティングを「アリラン」など韓国伝統音楽のメドレーとし、国民に“恩返し”をしたいと語った。
これもそうした気持ちが現れたのでないか。
同時に、恩返しを打ち出さなければ気持ちを高められなかったのでないか。
自身の強い動機づけになろう。

⇒2011年4月23日「キム・ヨナの恩返しと現役引退…世界フィギュア」はこちら。

そして、キム・ヨナは13カ月ぶりに出場した大舞台で銀メダルをつかんだ。
直後、競技生活を続行すると表明した。
どうやら2011年〜2012年シーズンは選手としてやっていく。

ハングリーさにおいて日本選手をしのぐ韓国選手。
しかし、キム・ヨナは十分すぎるほどリッチになった。
今後も現役にこだわるとすれば、最大の敵は自分でなかろうか。
それは他人との戦いよりはるかに厄介である。

私は、キム・ヨナがモチベーションとコンディションを維持して2014年ソチ冬季五輪(オリンピック)に出場するのは困難だと思う。
まして勝利するのは至難・・・。
かたや、リベンジに燃える浅田真央は彼女を倒して金メダルをもぎ取りたいと考えているはずだ。
ソチオリンピックで二人の対決は見られるのだろうか。

                      ◇◆◇

キム・ヨナに関するブログは以下のとおり。

⇒2011年5月7日「キム・ヨナ、現役続行、世界フィギュア出場へ」はこちら。

⇒2011年5月3日「世界フィギュア採点のなぞ…安藤美姫の勝利」はこちら。

⇒2011年4月25日「女子フィギュアと熱烈ファン…勝敗に目くじら」はこちら。

⇒2011年4月24日「世界女王・真央と五輪女王・ヨナ、プライド激突!」はこちら。

⇒2011年4月23日「キム・ヨナの恩返しと現役引退…世界フィギュア」はこちら。

⇒2011年3月4日「浅田真央、キム・ヨナよ出てこいやぁ〜」はこちら。

⇒2011年3月2日「浅田真央、キム・ヨナにめらめら…世界選手権」はこちら。

⇒2011年2月16日「キム・ヨナ、プロ転向、女優転身など基盤固め」はこちら。

⇒2011年1月28日「キム・ヨナ、浅田真央への秘策…世界選手権2011」はこちら。

⇒2010年10月26日「浅田真央の敵、キム・ヨナの敵はだれか?」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!