きのう、読売ジャイアンツ(読売巨人軍)に救世主・宮國椋丞が現れたため、横浜DeNAベイスターズはついに指定席に収まった。
とはいえ、試合の内容は昨シーズンよりよくなっている。
人気が盛り返した東京タワーを見習い、投げやりにならずに頑張ってほしい。

⇒2012年4月9日「東京スカイツリーを見るベストスポット」はこちら。

実際、横浜は9回に2点を挙げ、5試合連続完封負けのプロ野球記録を免れた。
最後まで試合を諦めない姿勢がうかがえる。
中畑清監督は戦力不足を痛感しているはずだが、来シーズンは菅野智之が入団するかもしれない。

⇒2011年11月21日「菅野智之入団拒否、勇気ある決断を擁護する…ドラフト2012」はこちら。

⇒2011年11月5日「横浜DeNAベイスターズ、原辰徳監督就任、菅野智之1位指名なら人気回復!」はこちら。

巨人・宮國椋丞は強い意志が大きな目にこもっている。
表情もきりっとしている。
いい投手になる。
新婚の澤村拓一は結果を残さないと・・・。

⇒2011年4月21日「澤村拓一、巨人黄金伝説の扉を開ける」はこちら。

私は2012シーズンの新人王は、セ・リーグが広島東洋カープの野村祐輔、パ・リーグが千葉ロッテマリーンズの藤岡貴裕で決まりだと思っていた。
が、セ・リーグは宮國椋丞が新人王レースに名乗りを上げた。

⇒2011年12月4日「沢村拓一、山口鉄也・松本哲也・長野久義に続く新人王」はこちら。

同一チームから5年連続新人王選出となるのか・・・。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!