serusutoku-eigyowahou01私は数年がかりで「営業話法・販売話法」に関するセオリーとノウハウをまとめ、練りあげてきた。
このたび、「セールストーク研修・セミナー」のカリキュラムが完成に至った。

これは「ベーシックトーク」「コンタクトトーク」「営業・販売話法」「ソリューショントーク」の4種類のカリキュラムにより成り立つ。
「営業・販売話法研修・セミナー」の詳細は以下のとおり。

◆名称(シリーズ全体)
商談を決めるだけでなく成績をよくする
セールストーク研修・セミナー
相手の心をとらえる 真逆話法 シリーズ 《基本編》


serusutoku-eigyowahou02◆内容紹介(シリーズ全体)
営業活動は顧客とのコミュニケーションが基本になります。したがって、営業担当者が繰り出すセールストークが成績に大きな影響を及ぼします。
とはいえ、これまでの発想を土台としたセールストークが売れない時代に通用しなくなり、結果を残せなくなりました。市場環境の変化に合わせ、セールストークのあり方を積極的に見直すべきでしょう。
それは顧客に繁栄や幸福をもたらさなくては意味がありません。同時に、自分に成長をもたらさなくては意味がありません。セールストークを繰り出すことで、顧客と自分の双方が高まることが条件です。
本講座では豊富な営業経験と指導経験を持つ講師が、単に商談を決めるだけでなく、成熟市場で不可欠な収益を伸ばすセールストークのポイントについて、実際を織り交ぜながら分かりやすく解説します。
たかがトーク、されどトーク。不況期でも悠々と数字をつくるコツを身につけられます。

◆演題
横並びでも商品の魅力を際立たせる
営業・販売話法 実際と演習
売れない時代に売る“真逆話法”のコツを徹底指導


◆対象
営業担当者、営業管理者・拠点長、社長・役員

◆内容特色
セールストークは営業の成果を著しく左右する。商談の大半は顧客と言葉をやり取りしているので当然だ。
もはや顧客一般を念頭に展開する通り一遍の話法では心をつかめない。それゆえ、商品が有効だということを、相手の経営や業務、人生や生活に則して具体的に描く。
今日、セールストークはことごとくカスタマイズする。顧客は商品を利用する機会や場面が浮かび、豊かで幸せな姿や状態がイメージできたときに購入を決断する。
演習では、商品が横並びであったとしても顧客が身を乗り出すセールストークの基本形をつくり込む。

◆適合性/備考
 ̄超箸犯稜筺業種と商品をほとんど問いません。また、法人顧客と個人顧客を問いません。
年齢や経験、地位に関わらず、すべての関係者に有益です。
1藹には製品カタログや商品パンフレットなどが必要です。

◆補足
「法人営業」はもちろん「個人(家庭)営業」、さらに「店頭販売」の成績向上に直結します。
例えば、住宅、リフォーム、家具・インテリア、クルマ、生命保険、会員権、結婚式、互助会、学習塾・家庭教師、英会話、学校・教室、教材、趣味・娯楽、スポーツ、レジャー、旅行、宝飾品、洋服・呉服、化粧品、食器、美術品、有名ブランド、百貨店外商、金融商品・・・。

◆カリキュラム(内容構成)
1.「真逆話法」とは何か?
  〜結果を出せるトークに改める
2.これまでのセールストーク
  〜売り手のメッセージを伝える
3.従来話法の問題点と限界
  〜顧客に対して説得力を持たない
4.セールストークの劇的転換
  〜相手とのすれ違いを解消せよ
5.成績優良者と成績不振者のトーク
  〜明白な相違点とは?
6.真逆話法へ、最大のポイント
  〜致命的な勘違いに気づけ
7.真逆話法の驚くべき威力
  〜結果として収益の大幅な増加へ
8.個人営業・店頭販売でも有効
  〜売り上げが激増する可能性
9.セールストークの実際
  〜営業活動のケース・スタディ
10.セールストークの演習(要パソコン)
  〜顧客が身を乗り出す基本形づくり

◆講師紹介
和田創研代表
和田 創(わだ・そう)
営業立て直し一筋の経営コンサルタント。おもに「教育」を通じた成員の意識・行動改革により、組織風土の刷新、業績の拡大、成長の持続を支援する。支出削減(リストラなど)でなく収入増加による企業再生にこだわる。業種や規模を問わず、多くの顧問先を営業が強い会社に短期間で甦らせてきた。
不毛の“ガンバリズム”と決別、「環境適応と経済合理性」を2本柱とした明確な営業指導に対し、経営トップが絶大な信頼を寄せる。とりわけコンサルティングの思想とソリューションの技術に根差した“本物の提案営業”の定着に心血を注ぐ。
また、「丸の内経営サロン」にて社長を対象とした個別経営相談に応じる。さらに、NPO法人営業実践大学理事長として営業の地位向上に尽くすほか、MBA(社会人大学院)講師として営業教育に当たる。企業での指導を含めた年間の講演実績は2百回近く。最新刊『社長と幹部の営業活動』のほか、完成度抜群の各種営業研修教材など著作は多数。

以上。
世の中に商品を買う顧客はいない。
かならず効果を買う。
自社の商品と顧客の効果では、相手はどちらに興味を抱くか述べるまでもない。
セールストークをそれぞれの顧客の効果にフォーカスして展開する。
それにより自社(自分)にフィットした商品であることを納得してもらう。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!