9月と10月は長期出張が相次いだ。
自宅に戻って一息つく間もなく次の出張へ出かけるという繰り返し。

eigyosaiseipurojekuto01私は10月30日、2カ月に及ぶ限界の頑張りから解放された。
途端に深刻な反動が出た。
全身の疲れと痛みがひどく、日常の動作がままならない。
抵抗力が落ちたせいか風邪気味で、しかも歯肉痛まで…。
脱力感がすごく、仕事に手をつけられなかった。

eigyosaiseipurojekuto0231日の昼食、不甲斐ない自分に活を入れようと、激辛のカツカレーを食べた。
ところが、胃がもたれ、気持ちが悪くなってしまった。
結局、自室でだらだらと横たわることに・・・。
老いを嫌というほど実感させられた。

私の直前に激辛を注文した若者と張り合ったのが間違いだった。
互いにイケメンなので引くわけにいかない。
私はカツカレーに負けた。
人生に負けたことになる。

                       ◇

「そこまでやります?」。
営業立て直し一筋の私が、社長や幹部を対象とした面談や「丸の内経営サロン」での個別相談でもっとも耳にした言葉である。
私は「そこまでやります!」と答えている。

売り上げが足りなくて困ったり悩んだりしている社長は非常に多い。
しかし、本気で売り上げを伸ばそうとする社長は滅多にいない。
おそらく全体の3パーセントくらいか。
相談に訪れる社長でも2割前後である。
日本企業が縮みっ放しなのも当然といえる。
そこまでやらなかったから業績の低迷や不振から抜け出せなかったと、なぜ気づかないのだろう。

経営者は自信をなくし、ここ数年は意欲も薄れた。
会社をつぶさないことに精一杯で、成長の持続や企業の発展などということは頭の隅にもないのかもしれない。
家電メーカーなどの大企業の社長もそうだから、中小企業や零細企業の社長はもっとそうだ。

私は面談相手や相談相手からぎらぎらした情熱を感じない。
数字の悪化を受け入れているか、業績を諦めているようだ。
どん欲さを失ったのは若い世代だけでない。

                       ◇

私は2日程、ぼんやりとした時間を過ごしてしまった。
きょうからフル稼働である。
仕事の遅れを取り戻したい。

私にとり初めての講演CDの収録に取り組んだ後、中堅企業での研修、りそな総研の「営業原点セミナー」、みずほ総研の「営業管理者セミナー」、三菱UFJ東京の「提案営業セミナー」、中堅企業での指導、和田創研の「営業提案書セミナー」と、スケジュールが立て込んでいる。

私は腰痛と背筋痛が収まっておらず、痛み止めと筋肉弛緩剤を服用して乗り切る。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!