全日本フィギュア2012(フィギュア全日本選手権2012)の女子シングルで大きな注目を集めたのは、「浅田真央2世」の呼び声が高い14歳の宮原知子(みやはら・さとこ)だった(みやはら・ともこ、は誤り)。
高難度のジャンプを苦にせず、技術力がある。
昨シーズンは全日本シニアにデビューして6位。

その宮原知子がほぼノーミスの演技でショートプログラム(SP)、フリーともに3位に入り、総合3位に食い込んだ。
浅田真央、村上佳菜子と表彰台にのぼった。
特筆すべきは、SP、フリーともにトップの技術点である。

宮原知子は身長143センチ、体重30キロ。
小さく軽い少女体形であり、くるくる回れる。
今後の成長にともなって大きな壁にぶつかる可能性がないわけでない。
が、それを乗り越えられれば楽しみだ。
練習に打ち込むのは当然として、筋力トレーニング、バレエ、ヨガを取り入れるなど、非常に熱心だ。
浜田美栄コーチは、性格の謙虚さもほめる。

宮原知子は全日本フィギュア2012で世界フィギュア2013(フィギュア世界選手権2013)の代表選考基準を満たした。
が、年齢制限にひっかかり出場できない。

浅田真央は2006年トリノ冬季五輪(オリンピック)で国際スケート連盟が定める「五輪前年の6月30日までに15歳」の年齢制限に87日足りなかった。
宮原知子は1998年3月26日生まれなので2014年ソチ冬季五輪(オリンピック)に障害はない。
本人は出場を望んでいる(選手は皆そう)。
私は、日本代表になるチャンスは十分にあると思う。

                      ◇◆◇

宮原知子に関するブログは以下のとおり。

⇒2012年1月13日「浅田真央超え、宮原知子13歳の高得点…世界ジュニア2012新星」はこちら。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!