レクサスから2014年夏頃に新型SUV「レクサスNX」が発売される。
2013年1月に北米で発売された新型RAV4がベースとなる。
日本でも2014年に発売される。
新型RAV4は2013年に発売される新型ハリアーのベースともなる。
つまり、プラットフォームについては、新型RAV4と新型ハリアーとレクサスNXは共通である。

⇒2013年8月2日「ハリアーフルモデルチェンジ…根強い人気」はこちら。

レクサスNXは「レクサスRX」の下位に当たる。
とはいえ、「RAV4」や「ハリアー」の上位に当たり、最新のシステムが採用される。
ちなみに、新型ハリアー(次期ハリアー)はレクサスRXとたもとを分かち、国内専用モデルに変わる。
3代目は車格が下がり、レクサスRXと別の車である。

レクサスNXは東京モーターショーでコンセプトカーが公開される。

⇒2013年8月3日「新型ハリアー販売予想…トヨタの本気」はこちら。

パワートレイン(エンジン)については、ダウンサイジングターボやハイブリッドが搭載される。
現時点で、NX200t(直42.0Lターボ)と、NX300h(直42.5Lハイブリッド)の存在が明らかになっている。
ハイブリッドはカムリのシステムと同じ。

クオリティについては、プラットフォームを共有する3車種は明確な差別化が図られる。
レクサスNXはプレミアムコンパクトSUVとして質感が磨き抜かれるのは言うまでもない。
ターボは安めの設定になるが、それでも価格は 350万円前後からか…。

日本では、ハリアーからレクサスRXへの誘導が目論見どおりに進まず、販売が振るわなかった。
おまけに、専売の人気車種をレクサス店に奪われたトヨペット店から突き上げを食らい、トヨタは国内専用のハリアーを3代目としてつくることになった。
レクサスNXを投入することで兄貴分のレクサスRXと互いの足を引っ張り合うのは間違いない。

なお、きょうのブログに記した情報は見込みにすぎない。
不確定なので、変更になる可能性がある。
注意してほしい。

⇒2013年7月26日「アルファード&ヴェルファイア、フルモデルチェンジへ」はこちら。

⇒2013年7月23日「ノア、ヴォクシーハイブリッド…FMC」はこちら。

⇒2013年7月24日「ノアFMC、トヨタ店・トヨペット店に兄弟車(姉妹車)」はこちら。

⇒2013年7月28日「トヨペット店で新型ノアが買える…FMC情報」はこちら。

⇒2013年8月2日「ハリアーフルモデルチェンジ…根強い人気」はこちら。

⇒2013年8月3日「新型ハリアー販売予想…トヨタの本気」はこちら。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!