ソチオリンピック、フォギュアスケート。
男子シングルから女子シングルまで、私は仕事を緩めず、日本選手を応援した。
といっても、テレビの実況観戦。
寝不足と興奮、感動と怒りがごちゃ混ぜになり、終わったときには精も根も尽きた。
きょうは疲れがどっと出た。

私は、とくに浅田真央のSPの演技に胸が締めつけられ、フリーの演技に鼓動が高鳴った。

日本勢は史上最強とされた。
私は、世界最強だったと思う。
男女シングルのメダルを計3個と予想していたが、実際には羽生結弦の金メダル1個に留まった。
この結果を選手個人の責任に帰するのでなく、協会を含めた関係者は総括を行ってほしい。
そうでなければ従来の改善策と今後の強化策を見出せず、「フィギュア王国」は崩壊していく。

さて、深夜にエキシビションが行われる。
6位入賞の浅田真央と高橋大輔がそれぞれ推薦で選ばれたので、とても楽しみだ。
二人は世界ランキングの上位だったので、ソチの結果と合わせ、妥当である。
日本はもとより世界のフィギュア界を長く引っ張った。
ソチのエキシビションは、5位以内に出場資格が与えられるようなので、金メダルの羽生結弦と5位入賞の町田樹は自動的に選ばれた。

韓国のキム・ヨナ(金妍児)は「世界フィギュア選手権2014」に出場するのだろうか。
もしそうでないとすると、浅田真央と同じリンクで滑るのは最後になる。
二人にしか分からない特別な感情が湧いてくるだろう。

イタリアのカロリーナ・コストナーは勝負弱さを克服し、3度目の五輪で表彰台にのぼった。
もし浅田真央が平昌オリンピックに出場すると、同じ年齢になる。
27歳での銅メダル獲得は立派だ。

浅田真央と高橋大輔には、最後となるオリンピックのエキシビションを存分に楽しんでもらいたい。
(私は、浅田真央については現役続行に希望を捨てていない。)
・・・ひどい寝不足もきょうまで。

Copyright (c)2014 by Sou Wada