私は2度にわたり、横浜トヨペットで新型ハリアーに触れた。
売れる車種、とくに専売車種が少なくなり、弱り果てていた馴染みのセールスマンが胸をなでおろしていた。
小さなクラウン(セルシオ)と称されたプログレの消滅もひどく堪えたとのこと。
プログレはフルモデルチェンジ(FMC)を受けることはなかったが、私は2度、最上級グレードを購入した。

さて、2003年に2代目ハリアーはデビューした。
が、日本でもレクサスRXに移行することになり、ハリアーは消滅する運命だった。
ところが、後継の期待を背負うヴァンガードはさっぱり人気を得られなかった。
トヨタは、ラインナップを絞っても売れるハリアーをずっと引っ張った。

レクサスRXをハリアーに戻すこともできない。
そこで、ヴァンガードのプラットフォームを用い、国内専用モデルとして3代目ハリアーをつくった。
したがって、ヴァンガードを3代目ハリアーにフルモデルチェンジしたことになり、話がややこしい。
ハリアーの観点から述べれば、車格が下がった。

「高級クロスオーバーSUV」の先駆けとなったハリアーはもともと北米市場を意識しており、初代、2代目と日本の道路事情では大きめのクルマだった。
3代目は開発の経緯からおのずとボディサイズが小さくなった。
後席の膝元が楽になるなど、パッケージングの努力で居住性はむしろよくなった。

デザインはラグジュアリーさを追求した。
外装(エクステリア)は2代目ハリアーのイメージを残しているが、どっしり感が増した。
内装(インテリア)はブラックやメタルを基調にしており、クオリティを備えている。
車内は流れるようなデザインで、包み込まれ感が増した。
内外ともにハリアー特有の先進性もそれなりに感じられる。

新型ハリアーはエンジンの排気量が2.4Lから2.0Lになった。
おもに街乗りに使うユーザーはたいていFFを選んでいる。
燃費が大幅に向上した。
4WDは重いので、高速道路で加速しようとすると力不足。
が、パワーモードにすれば問題はない(燃費は悪くなる)。

新型ハリアーは静粛性や乗り心地が高まり、安全面と環境面も充実した。
ハンドルが軽く、取り回しが楽だ。
カーブでのロールもわりと抑えられている。
ただし、路面の凸凹はそれなりに拾う。

ハリアーは買い替えを含め、指名買いが多い。
開発のテーマは、デートカーにもなりうるカッコよさを買いやすい価格で強く押し出すことだった。
それに惹かれた20代〜30代が支持している。

私は、3代目ハリアーはかなり頑張ったと思う。
トヨタは高級感とお得さを見事に両立させた。
コストパフォーマンスの高さはSUVでぶっちぎりである。
売れ行きが好調で当然といえる。
富裕層は別として、わざわざレクサスに手を延ばすこともない。
新型ハリアーは、ユーザーの満足度が飛び切り大きいのでなかろうか。
下取り価格も抜群のはずだ。

⇒2014年9月4日「新型ノア&ヴォクシーは出来がいい」はこちら。

⇒2014年8月31日「アルファード、フルモデルチェンジへ」はこちら。

Copyright (c)2014 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!