きのう、このブログに「エスクァイアの値引きを大きくするコツ」と題する記事を載せた。
しかし、何もエスクァイアに限らない。
そこで、新車購入時に限界値引額を引き出すコツとしてまとめ直した。

同じ新車なら、なるべく安く買いたいとの心情は当然だろう。
マイカーが家計に与える負担は決して小さくないので、どうか本命車種を好条件で手に入れてほしい。

さて、参考になるのは雑誌やインターネットで得られる平均値引額や限界値引額に関する情報である。
とはいえ、売り手は人気車種ほどガードを固める。
そうでなくては利益の確保が難しい。

そこで、したり顔で指南されるのが、値引き交渉のコツである。
要は、買い手がタイプの似通った車種で競合をあおる。
たいてい身内や他社の複数のディーラーを巻き込んで見積もりを取り、値引額を競わせる。
何と貧しい発想か。

これは暇人のやり方である。
「時は金なり(Time is money)」なのに、値引き交渉にかかった時間などのコストを度外視している。
しかも、数人のセールスを振り回した挙句、つきあうことになるセールスを追い詰めていく。
相手を困らせるのが大好きという人にしか向かない。
大きな観点で述べれば、無駄に営業を動かしたコストはいつか購入価格に組み込まれるという経済原則も分かっていない。

実際、表面的な値引き交渉のテクニックに頼るのでは金額は高が知れている。
そもそも買う気のないライバル車の見積書までつくらせるとすれば、相手にとりこれほど迷惑な話はない。

限界値引きを引き出すうえで最重要なのは、セールスの立場になって考えることだ。
そう、値引き交渉に持ち込まないのが賢い。
一つのディーラーに絞って商談を行う。
相手にその旨をはっきりと伝え、購入の意思を示すのが先決!

実は、ディーラーやセールスが本気になるのは、自店や自分からかならず買うという確信が得られ、なおかつぜひとも売らなければならないという事情を抱えるときである。
例えば、目標販売台数をもうちょっとでクリアするというケースでは、車両本体はもちろんオプション、そして下取車やローンのなかでやりくりして値引額をひねり出してくる。
買い手がインターネット査定などで適正な下取価格を知っておかないと、見かけの値引きの大きい見積書にごまかされる。
愛車の値段を見くびってはいけない。
案外、高く売れる。

これまで述べたとおり、値切り倒して買うのでなく粘り強く待つという姿勢を基本にするなら、目を疑う金額が出てくることがある。
なかでも大都市圏では想像を絶する金額が出てくる。
なお、月末や年度末、年末や年始に破格の条件が出やすい。
夏や冬の賞与期もわりと…。
ゆえに、これらの時期より早めに出向き、そのディーラーでその車種をどうしても買いたいとの意向を告げる。
「予算的に厳しい…」と顔を曇らせることを忘れるな。

機が熟し、目玉が飛び出しそうな限界値引きが得られたら、その金額を口外しないのがマナーである。
それが次回の新車購入時に大きな信頼となる。
値引きは、セールスとディーラーを味方につけるのがもっともたやすい。

なお、納車は自分で出向くようにし、セールスとディーラーのそれぞれに千円前後の菓子折りを持っていく。
ディーラー用は菓子が全員に行き渡る詰め合わせにする。
菓子折りを買うのはもったいないと思うかもしれないが、とんでもない値引額だから構わない。
「**さんのお骨折りのおかげで一番ほしかったクルマ(グレード)に手が届きました」など、心のこもった一言を添える。
ほとんど知られていないが、セールストークを大切にしなければならないのは買い手である。

以上。
新車購入時に値引きで圧倒的な成果を収めるには、売り手の心理を的確に理解することが前提となる。
このブログで述べたやり方だと、相手から限界値引額と感謝を同時に引き出せる。
人助けにさえなるので、互いにハッピーである。

「和田さんだと引きたくなっちゃうんです」。
私はこちらが気が引ける金額で本命車種を手に入れてきた。
口にするのもはばかられる。
値引額を得意気に言いふらすのは未熟な素人だろう。

               ◇◆◇

エスクァイアに関するブログは以下のとおり。

⇒2016年1月13日「エスクァイアかアルファードか」はこちら。

⇒2016年1月14日「エスクァイアとノアの違い」はこちら。

⇒2016年1月15日「エスクァイアの値引きを大きくするコツ」はこちら。

Copyright (c)2016 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!