土光敏夫

行動となって現れないような思考は無用であり、時には有害でさえある。

土光敏夫(どこう・としお)はエンジニア、実業家。
1896年(明治29年)9月15日〜1988年(昭和63年)8月4日。
石川島播磨重工業、東芝などで社長を歴任。日経連会長に就任。土光臨調で辣腕。
質素な生活で「メザシの土光」と呼ばれた。

人気ブログランキング←応援、よろしく!