いよいよフィギュアスケートグランプリ(GP)シリーズが開幕します。
浅田真央は第1銭の「スケートアメリカ(アメリカ杯)」に出場します。

私はこれだけの経験と実績のある選手が故障を抱えながら出場することに疑問を感じます。
本音を言えば、それでも構わないと思っていますし、むしろ楽しみにしています。
しかし、結果がともなわないと、浅田真央が落ち込むことが目に見えているからです。
「2018年平昌五輪まで時間の余裕があるので無理はやめよう」。
これが真っ当な判断というものです。

浅田真央は今シーズンの初戦となる「フィンランディア杯」では調整遅れのため、代名詞のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を回避するなど難度を下げました。
ジャンプ以外でも本調子と遠く、B級の国際大会で2位に終わりました。
それほど落ち込まなかったのは人間的な成長の証です。

浅田真央は休養明けの昨シーズンの初戦となる「ジャパンオープン」のフリースケーティング(FS)で、自己ベストにほぼ並ぶ得点を出しました。
さらに、GPシリーズ第1戦の「中国杯」で優勝を飾りました。
彼女の性格を踏まえれば最悪のスタートになりました。

浅田真央が苦しむ重圧はたいてい自らがつくってきました。
いまは満足な練習を積むこともできない状態です。
にもかかわらず、今シーズンの最後にヘルシンキで行われる「世界フィギュアスケート選手権」への出場を、今シーズンの最初に話題にしています。
気分や勢いで口を滑らしてしまう難点は一向に改善されません。

私は浅田真央のけがはこの難点と切り離せないと考えています。
復帰直後の気持ちの高揚と結果への重圧から、焦って頑張りすぎました。
けれど、そうした状態に追い詰めたのは自らの発言でした。

私は浅田真央が「全日本フィギュアスケート選手権」に的を絞るのがいいと考えます。
そこで結果を出せないとしたら、世界選手権に行けないだけのことです。
しっかりと見据えるべきは平昌五輪でしょう。

◇◆◇

浅田真央に関するブログは以下のとおり。

⇒2016年10月10日「浅田真央は井の中の蛙・・・世代交代」はこちら。

⇒2016年10月9日「浅田真央、振り付けのアイデア」はこちら。

⇒2016年10月8日『浅田真央「リチュアルダンス」世界観の演じ分け』はこちら。

⇒2016年9月22日「浅田真央、ジャパンオープン回避と視聴率」はこちら。

⇒2015年12月28日「浅田真央は生きた心地がしない」はこちら。

⇒2015年12月27日「浅田真央は「魂」をなくしたのか」はこちら。

⇒2015年12月26日「浅田真央、最高難度の無謀と動揺」はこちら。

⇒2015年12月12日「浅田真央評価…努力は報われない」はこちら。

⇒2015年11月29日「浅田真央はあんなもの」はこちら。

⇒2015年10月10日「浅田真央、GPシリーズ2015へ」はこちら。

⇒2015年10月9日「浅田真央、現役続行の条件」はこちら。

⇒2015年10月7日「浅田真央はピョンと跳び、チャンと降りる」はこちら。

⇒2015年10月5日「浅田真央、勝負師の宿命」はこちら。

⇒2015年10月3日「浅田真央が帰ってきた」はこちら。

Copyright (c)2016 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!