フィギュアスケートグランプリ(GP)シリーズの第1戦「スケートアメリカ(アメリカ杯)」が行われました。
女子シングルの浅田真央は合計176.78点で6位に終わりました。
GPシリーズで表彰台を逃すのは、ジャンプの再構築に取り組んだ2010年以来、6シーズンぶりでした。
これにより、上位6人が競う12月のグランプリ(GP)ファイナルへの出場は消えました。

浅田真央は今シーズン、マイナーな国際大会「フィンランディア杯」を初戦としたにもかかわらず、2位に留まりました。
3月の世界フィギュアスケート選手権前に痛めた左膝が回復していませんでした。
そこで日本に戻らず、カナダで振付師のローリー・ニコルとプログラムを見直し、負担を減らしました。
私は冷静で賢明な判断だと思います。

アメリカ杯、浅田真央はショートプログラム(SP)で 64.47点の5位に沈みました。
冒頭のダブルアクセル(2回転半ジャンプ)は決めましたが、コンビネーションジャンプで回転不足を取られました。
さらに、取りこぼしをなくそうと強化したステップもレベル3と認定されました。
安全策を取ったジャンプだけでなく、そうした想定外の不出来により技術点を伸ばせませんでした。
かすかな慰めはレベル4のスピンと2位の演技点です。

浅田真央はフリースケーティングで112.31点の6位に留まりました。
冒頭のダブルアクセルは決めました。
よかったのは滑り出しだけで、ジャンプのミスが相次ぎました。
3回転で転んだり、3回転が2回転になったり、コンビネーションジャンプを続けられなかったり散々の出来でした。
やはり技術点を伸ばせませんでした。
かすかな慰めは2位の演技点でした。

浅田真央は、滑りの土台となる「スタミナ」が切れました。
疲れの出た後半はスピードとキレを欠き、リズムやタイミングが狂い、自分の流れをつくることができませんでした。
かろうじて最後まで滑りきったという印象でした。

浅田真央はSPを終わって首位が射程圏でしたが、巻き返す余力を残していませんでした。
FSを終わってうなだれました。

◇◆◇

浅田真央に関するブログは以下のとおり。

⇒2016年10月23日「浅田真央はメンタルが弱いのか」はこちら。

⇒2016年10月22日「浅田真央と高梨沙羅の限界…五輪メンタル」はこちら。

⇒2016年10月21日「浅田真央は緊張に負け、重圧につぶれる…東大受験」はこちら。

⇒2016年10月13日「浅田真央は基本が分かっていない」はこちら。

⇒2016年10月12日「浅田真央、引退か現役かで心が揺れる」はこちら。

⇒2016年10月11日「浅田真央はGPシリーズで落ち込む」はこちら。

⇒2016年10月10日「浅田真央は井の中の蛙・・・世代交代」はこちら。

⇒2016年10月9日「浅田真央、振り付けのアイデア」はこちら。

⇒2016年10月8日『浅田真央「リチュアルダンス」世界観の演じ分け』はこちら。

⇒2016年9月22日「浅田真央、ジャパンオープン回避と視聴率」はこちら。

⇒2015年12月28日「浅田真央は生きた心地がしない」はこちら。

⇒2015年12月27日「浅田真央は「魂」をなくしたのか」はこちら。

⇒2015年12月26日「浅田真央、最高難度の無謀と動揺」はこちら。

⇒2015年12月12日「浅田真央評価…努力は報われない」はこちら。

⇒2015年11月29日「浅田真央はあんなもの」はこちら。

⇒2015年10月10日「浅田真央、GPシリーズ2015へ」はこちら。

⇒2015年10月9日「浅田真央、現役続行の条件」はこちら。

⇒2015年10月7日「浅田真央はピョンと跳び、チャンと降りる」はこちら。

⇒2015年10月5日「浅田真央、勝負師の宿命」はこちら。

⇒2015年10月3日「浅田真央が帰ってきた」はこちら。

Copyright (c)2016 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!