2016年全日本フィギュアスケート選手権。
2017年世界フィギュアスケート選手権の代表最終選考会を兼ねます。
男子シングルの羽生結弦がインフルエンザを発症して棄権することになりました。

本人は当然として、ひどく落胆しているのが「宇野昌磨」でしょう。
この選手は大口を叩きませんが、国内最高の舞台で戦うことを心待ちにしていたはずです。
先のグランプリ(GP)ファイナルではフリースケーティング(FS)で五輪王者の羽生結弦を上回っています。
もっとも、羽生結弦はジャンプでミスが相次ぎました。

私はひょっとして羽生結弦を倒せるかもしれないと思っていました。
負けず嫌いの二人の激突が見られないのはとても残念です。
観戦する側は気楽ですので、今大会での一番の盛りあがりを望んでいました。

⇒2016年12月19日「宇野昌磨が全日本で羽生結弦に勝つ可能性」はこちら。

羽生結弦の欠場により、宇野昌磨の全日本選手権の初優勝が決定的になりました。
ただし、焦点は「得点」といえます。
世界で羽生結弦とスペインのハビエル・フェルナンデスの二人しか記録していない3百点を超えられるかどうか。

宇野昌磨はシーズン中盤に差しかかって上り調子です。
ショートプログラム(SP)で百点超え、FSで2百点超え、合計で3百点超えを達成してくれることでしょう。
今大会では羽生結弦との技術と表現の両面の差を一気に縮めてください。

⇒2016年12月21日「宇野昌磨は宮原知子と似ている」はこちら。

19歳を迎えたばかりの宇野昌磨一人に注目が集中する状況です。
これまでにない重圧を感じるかもしれません。
表情にあどけなさが残りますが、私はメンタルが弱いと思いません。

率直なところ、男子は勝負の見応えが薄れました。
しかしながら、無良崇人と田中刑事の頑張りに期待しましょう。
今シーズンの得点が拮抗しています。
なかでも田中刑事は初の世界選手権出場を目指しています。

⇒2016年11月27日「羽生結弦は余裕のよっちゃんなのか?」はこちら。

ちなみに男子シングルはだれが優勝しても全日本初制覇となります。
はたして、番狂わせがあるのでしょうか。
宇野昌磨に余裕で勝たせないでください。

◆書き加え(12月22日)

公式練習を行った宇野昌磨が棄権する羽生結弦を気遣いました。
羽生結弦もそうですが、「日本人はいいな」と思いました。

◆書き加え(12月23日)

私は、宇野昌磨は羽生結弦と2018年平昌五輪で金メダルを争えると考えています。
ですから、全日本選手権は勝って当たり前といえます。

その宇野昌磨が曲をかけた公式練習を行いました。
先のGPファイナルで自分より上の2位になった米国のネイサン・チェンしか成功させていない「4回転フリップ―3回転トウループ」のコンビネーションジャンプを決めたそうです。
素晴らしい仕上がりなので3百点を確実に上回ってくれるでしょう。

◆書き加え(12月23日)

宇野昌磨は残念ながらSPがさっぱりでした。
私はGPファイナルの得点をかならず上回ると思っていました。
(いまネットで調べたらちょっと上回っていました。)

強敵に立ち向かえば緊張が高まるし、強敵がいなければ自分一人に重圧がかかるし・・・。
勝って当然という大会のせいか、表情もジャンプを含めた演技もすごく固いなぁ。
FSで巻き返さないと。

◆書き加え(12月24日)

挑戦者としてぶつかっていけばいい羽生結弦がいなくなり、相当な重圧がかかったのでしょう。
SPもFSも固さばかりが目立ちました。

FSでは回転の軸が微妙にずれていたようで、ほとんどのジャンプを耐えて、耐えて着氷しました。
終了後、こらえきれずに涙を流しました。
勝って当然という全日本選手権の苦しさが感じられました。

◇◆◇

宇野昌磨に関するブログは以下のとおり。

⇒2016年12月22日「浅田真央と宇野昌磨、二人の全日本フィギュア」はこちら。

⇒2016年12月21日「宇野昌磨は宮原知子と似ている」はこちら。

⇒2016年12月19日「宇野昌磨が全日本で羽生結弦に勝つ可能性」はこちら。

⇒2016年12月12日「宇野昌磨は羽生結弦に迫れるか・・・全日本選手権」はこちら。

⇒2016年10月15日「宇野昌磨は4回転ループで羽生結弦を追い越す」はこちら。

⇒2016年10月1日「宇野昌磨、4回転フリップ失敗でも優勝」はこちら。

⇒2015年12月30日「宇野昌磨と樋口美穂子コーチの約束」はこちら。

⇒2015年12月29日「宇野昌磨、大トリのエキシビション」はこちら。

⇒2015年12月26日「宇野昌磨、安全運転で世界選手権へ」はこちら。

⇒2015年12月24日「宇野昌磨が羽生結弦に肩を並べる日」はこちら。

⇒2015年12月23日「宇野昌磨は高橋大輔に通じる」はこちら。

Copyright (c)2016 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!