リヒャルト・シュトラウス(1864〜1949年。ドイツ)の交響詩のランキングを記します。
といっても、全曲でありません。
将来、時間に余裕があれば、こうなった私なりの理由を書き足したいと思います。

◆交響詩「ドン・ファン」 作品20 ★

◆交響詩「死と変容(死と浄化)」 作品24 ★★

◆交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」 作品28 ★★☆

◆交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」 作品30 ★★★

◆交響詩「ドン・キホーテ」 作品35 ★☆

◆交響詩「英雄の生涯」 作品40 ★★☆

※名称は通称を含めて調性の後に記しました。
※★は普通(普通に悪いでなく普通に良い)、★★★★★は最高、☆は★の半分とします。

私は、おもに「ヘルベルト・フォン・カラヤン/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団」で聴きました。
R.シュトラウスを得意とするカラヤンは幾度か収録を行っています。
私は年齢を重ねるにつれて「1950年代後半〜1960年代」「1970年代」「1980年代」の演奏を好むようになりました(これはR.シュトラウスに限りません)。
R.シュトラウスは迷ったらカラヤンで聴くのがいいでしょう。

曲により、「ゲオルグ・ショルティ/シカゴ交響楽団」「ルドルフ・ケンペ/シュターツカペレ・ドレスデン」「カール・ベーム/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団」でも聴きました。
ほかにも実にさまざまな演奏で聴いています。

ハイドン交響曲 ランキング

ベートーヴェン交響曲 ランキング

モーツァルト交響曲 ランキング

◇◆◇

以下は、和田創「クラシック音楽ランキング」に共通する趣旨とあらましです。

私がこれまでに聴いたクラシック音楽のうち、わりと親しんだ楽曲のランキングを残しておきたいと思いました。
音楽でも絵画でも文学でも、そして映画などでもそうですが、おおよそ基礎的な作品から順番につくられていきます。
おもだった試みが出尽した後の作家は細分化や複雑化の道に分け入らざるをえず、それに見合った知見をいくらか持つ愛好者でないと楽しみにくい状況に変わります。
このランキングで取りあげるのは、いわゆる「名曲」とされるものが中心になります。

ただし、専門家でないので根拠の明確な「評価」を行えません。
しかし、かならずしも私の「好み(好き嫌い)」だけで行ったわけでありません。
乱暴でいい加減ですが、それらが混ざり合った「私的ランキング」です。
私はこれまで「直観」を大切にしてきました。

私はそれほど「演奏」にこだわりません。
作曲家の楽曲は演奏家の再現により私たちの耳に入ってきます。
したがって、どのような個人(奏者)や組織(楽団)がそれを行うかで、同じ曲が出来も印象も変わるのは確かです。
しかし、目くじらを立てることもないと思います。
真剣に聴く愛好者に叱られそうですが、私はたいていデスクワークをしながら音楽を流しています。
「BGM」に近い接し方になります。

20世紀に入って「作曲家の時代」が終わり、「演奏家の時代」を迎えました。
とりわけ半ば以降、大衆が豊かになるとともにクラシック音楽を楽しむようになりました。
だから、あれほどまでに多くの「音楽評論家」が食べることができたのです。
演奏の評価は彼らに任せるのがいいでしょう。

そもそもどのような演奏にもいくらか不満はあります。
「違う、そうじゃない・・・」。
こうした不満を解消するには「楽譜・総譜」を見ながら、自分の頭と心のなかに理想とする音楽を鳴り響かせるほかにないのです。
(私は「曲譜」を読めません。)
が、そもそもどのような楽曲にもいくらか不満はあります。
天才といっても人であり、まして私のためにつくってくれたのでありません。

Copyright (c)2017 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!