2月に開かれる「2017年四大陸フィギュアスケート選手権」。
アフリカ、アジア、アメリカ、オセアニアの4大陸の選手が参加します。
例年、この大会に対する注目度はあまり大きくありません。

しかし、今年は2018年平昌五輪で使われる「江陵アイスアリーナ」が会場となります。
オリンピックのプレイベントと位置づけられています。
1年前に本番のアイスリンクで滑っておくことは明らかなアドバンテージといえます。

もっとも燃えている選手が男子シングルの平昌五輪金メダル本命の羽生結弦です。
GPファイナル4連覇後に5連覇のかかった全日本選手権をインフルエンザで棄権しており、四大陸選手権が復帰戦。

羽生結弦はこれまで四大陸選手権で優勝を収めていません。
オリンピックと同一時期に同一会場で行われる今大会は勝ちにいくはずです。
王者の強さをライバルに見せつけておきたいでしょう。

その先の3月に「2017年世界フィギュアスケート選手権」が開かれます。
自分の成績(順位)だけでなく、平昌五輪の国別出場枠がかかっており、日本のエースとしての責任は重大です。

が、本人は「自分が1位になれば大丈夫」と言い切っています。
何と頼もしいことでしょう。
私もそう思います。
3年ぶりとなる世界王者の奪回を目指します。

所属の城田憲子監督によれば、羽生結弦は併発した咽頭炎の回復がだいぶ遅れました。
年末年始は仙台で家族と過ごし、もう大丈夫とか。
練習拠点のカナダ・トロントで試合をにらんだ調整を始めています。
振付師のシェイリーン・ボーンとプログラムのブラッシュアップを図りながら、ジャンプの精度向上に励んでいます。

⇒2017年1月15日「宇野昌磨は世界選手権で4回転ループを跳ぶ」はこちら。

四大陸選手権でおそらく4回転ループに挑んでくる宇野昌磨と表彰台のてっぺんを競ってください。

私は昨年末の日本選手権で二人の激突が見られなかったので、どちらが勝つのかとても楽しみです。

◇◆◇

羽生結弦に関するブログは以下のとおり。

⇒2016年12月11日「4連覇でもがっくり、羽生結弦GPファイナル」はこちら。

⇒2016年12月10日「羽生結弦、現役引退後はロック歌手へ転身か」はこちら。

⇒2016年12月9日「羽生結弦、GPファイナルの演技」はこちら。

⇒2016年12月5日「怒りながら滑る羽生結弦はすごすぎる」はこちら。

⇒2016年11月30日「羽生結弦、ソチ・平昌・北京五輪3連覇へ始動」はこちら。

⇒2016年11月29日「審判は羽生結弦の「汗」にGOE加点せよ」はこちら。

⇒2016年11月28日「羽生結弦はモンスター、頭が滅茶苦茶いい」はこちら。

⇒2016年11月27日「羽生結弦は余裕のよっちゃんなのか?」はこちら。

⇒2016年11月26日「羽生結弦は全身オーラ、敵は自分だけ」はこちら。

⇒2016年10月16日「羽生結弦、平昌の敵は車俊煥(チャ・ジュンファン)か」はこちら。

⇒2016年10月14日「羽生結弦の不機嫌・・・4回転ループ」はこちら。

⇒2016年9月29日「羽生結弦はライバル不在、平昌五輪で連続金メダルへ」はこちら。

⇒2015年12月11日「羽生結弦、敵なし冬季五輪3連覇へ」はこちら。

⇒2014年3月30日「羽生結弦の強運と精神力…世界フィギュア金メダル」はこちら。

⇒2014年2月18日「美男子&若武者・羽生結弦の評価と人気」はこちら。

⇒2014年2月17日「羽生結弦、転がり込んだソチ金メダル」はこちら。

⇒2014年2月14日「羽生結弦、ソチ金メダルへ…くまのプーさん」はこちら。

⇒2014年2月14日「羽生結弦、史上初SP百点超え…完璧ジャンプ」はこちら。

⇒2014年2月8日「羽生結弦金メダルの勢い…オーサー助言ずばり」はこちら。

⇒2014年2月5日「浅田真央か羽生結弦か…ソチ金メダル予想」はこちら。

⇒2013年11月17日「羽生結弦ソチ金、あまちゃんと楽天の勢い」はこちら。

⇒2013年11月16日「羽生結弦、経験の未熟さ…チャンに敗れる」はこちら。

⇒2013年11月15日「羽生結弦は容姿端麗の美男子…海外でも評判」はこちら。

⇒2013年10月27日「羽生結弦…名前とたたずまいの美しさ」はこちら。

⇒2013年3月16日「羽生結弦、調子最悪…ソチ五輪出場枠3瀬戸際」はこちら。

Copyright (c)2017 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!