私は水曜日に「ロボットビジネス勉強会」で講師として、木曜日に「ロボットビジネス交流会」で参加者として楽しい時間を過ごしました。

後者は「埼玉県先端産業創造プロジェクト」の一環として行われているようで、大盛況でした。
第9回は講師(ゲスト)にハウステンボスでのロボット事業の立役者、富田直美社長を招きました。
(風貌というのでしょうか、たたずまいや雰囲気からしてユニークでした。)

埼玉県がいかに新産業の創出に本腰を入れているかが、実感として伝わってきました。
(ほかにもさまざまなプロジェクトを推し進めています。)

さらに、2017年10月頃に「NPO法人ロボットビジネス支援機構(RobiZy)」の設立を目指しているようです。
(NPO法人とは、特定非営利活動法人のこと。)
取り組みがとても活発であり、うらやましい。

私が暮らす神奈川県には「さがみロボット産業特区」が置かれています。
しかし、ロボットビジネスに関する勉強会や交流会の催し(セミナー)に参加したくても、その機会がほとんど得られません。
横浜市を含め、活動はきわめて低調です。
もっと本気になってほしい。

実は、私は1995年から2011年まで足かけ17年「NPO法人営業実践大学」の理事長として、月例会方式で 180回近く勉強会を開催しました(盆休みを除く年間11回)。
こうした勉強会や交流会を主宰することの大変さは重々承知していますが、私が当面主宰する「ロボットビジネス勉強会(交流会)」についても最低11年は継続しようと考えています。
そして、一日も早く次世代にバトンタッチしたい。

66歳の私は、ロボットビジネス交流会で気持ちがおおいに若返りました。

Copyright (c)2017 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!