読売巨人(ジャイアンツ)からドラフト会議で外れ外れとはいえ1位指名を受けた中央大学の21歳の右腕、鍬原拓也(くわはら・たくや)。
「最速」という言葉にどれくらいの価値があるか分かりませんが、 152劼世修Δ任后

大学の先輩、澤村拓一投手タイプのパワーピッチャーとのこと。
球威は澤村拓一が勝りますが、制球は鍬原拓也が勝るそうです。
絶対的なセットアッパー、スコット・マシソンが退団することを想定しているのでしょう。
澤村拓一が右肩痛で戦力として計算できないことも関係しているのでしょう。

その鍬原拓也が体重を増やして来春キャンプで1軍切符をつかもうとしているとの記事を見つけました。
大学3年のオフに体重を7堊やし、平均球速が5kmほど上がりました。
ウエイトトレーニングでも投球に用いる筋肉を調べ、毎日違う部分を鍛えました。
現在は76kgで「冬の間に最低でも80圓砲靴燭ぁ廚里世箸。
走り込みの量も増やす予定です。

野球選手、なかでも投手に必要なのは「柔軟性」でしょう。
なのに「強靭性」にばかり関心を奪われます。
強さとしなやかさをバランスよく養わなければ結果を残せないはずです。
それ以前に肉体的な負担を増してけがや故障を引き起こします。

鍬原拓也は大学の先輩、阿部慎之助捕手からスポーツ報知の紙面に激励のメッセージを寄せられました。
「春からアピールできる態勢をつくることが大事になる。あすからの過ごし方が来年にかならずつながる」。
この教えを胸に刻み、プロで通用する体づくりに励むと述べました。

しかし、ウエイトトレーニングにはまるのは危険です。
専門家の指導を仰ぎながら慎重に進めてほしいと思います。
性急な体重増加と筋力強化は投球に悪影響を与えます。
また、人に合うやり方が自分に適するとも限りません。

率直に言って、中央大学での戦績はそれほど凄いわけでありません。
高橋由伸監督は神宮球場でのヤクルト戦前に東都大学リーグをモニター観戦したそうです。
巨人は即戦力として計算しているはずですが、ポテンシャルというか伸び代に着目したのでしょう。
本人は先発を望んでいますが、球団は勝利の方程式入りを望んでいます。

鍬原拓也は指名直後に「1軍定着を目標にしていけば、おのずと新人王というタイトルも見えてくる」と抱負を語っています。
女手一つで育ててくれた母への恩返しを誓っています。

Copyright (c)2017 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!