フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第3戦「中国杯」の女子シングルが終わっています。
成長著しい三原舞依、樋口新葉、本田真凜が直接ぶつかり、平昌五輪代表枠「2」を争う全日本フィギュアスケート選手権の前哨戦の様相を呈しました。

おおいに見応えがありましたが、あの放送時間は睡眠不足でへろへろになります。

樋口新葉は国際スケート連盟公認の自己ベストが217.63点であり、三原舞依にわずか 0.64点及ばないだけです。
ほぼ同等の実力の持ち主なのに、率直に言って印象の薄い選手です。
私が活躍を期待した大舞台であまり結果を残していないからでしょうか。

樋口新葉は3年前の全日本選手権で2004年の浅田真央以来となる中学2年で表彰台に立っています。
しかし、シニア1年目の昨シーズンは調子の波に苦しみました。
とくに今年の四大陸フィギュアスケート選手権と世界フィギュアスケート選手権で惨敗を喫し、私は失望しています。

樋口新葉はその悔しさを片時も忘れず、自らに厳しい練習を課してきました。
「オリンピックに絶対に行く」。
そのために「GPファイナルに絶対に行く」と誓いました。
となると、 210点超えは必須となります。

樋口新葉は第1戦「ロシア杯」で3位に入り、自信をつけています。
中国杯のショートプログラム(SP)で 70.53点をマークし、2位につけました。
持ち味の力感と疾走感を武器にバレエ音楽「ジプシーの踊り」を演じました。
高い高難度ジャンプを決めています。
が、スピンとステップで取りこぼしがありました。
後半の3回転フリップでも踏み切りにちょっとミスが出ました。

SP1位、カナダのガブリエル・デールマンとは0.12点差です。
首位から6位の本田真凜、同点の7位の三原舞依までわずか3.75点差であり、だれが優勝を飾っても不思議でないという大混戦でした。
樋口新葉がGPファイナルへ進出するには2位以内が絶対条件です。

フリースケーティング(FS)で映画「007」の世界をほぼノーミスで演じました。
前半と後半に組み込んだルッツ−トウループの連続3回転ジャンプは出来栄え点がつきました。
演技構成点は8点台を揃えています。
五輪シーズンの勝負プログラムが自分のものになってきました。

樋口新葉は合計212.52点で、合計213.88点のロシアのアリーナ・ザギトワにわずかに及びませんでした。

ロシア杯よりはるかに大きなプレッシャーがかかったはずですが、SPでもFSでも集中力を保って滑り切りました。
目標としていたSP70点、FS140点、合計210点をすべてクリアしています。
が、全日本選手権と平昌五輪へ向けて得点をさらに伸ばせそうです。
おそらく 220点超えも不可能でないはずです。

ちなみに、昨シーズンまでの全日本選手権では3位、2位、2位となっています。
樋口新葉が五輪代表の有力候補ということは間違いありません。
中国杯で三原舞依に勝ち、自信を深めたでしょう。

◇◆◇

樋口新葉に関するブログは以下のとおり。

⇒2017年10月22日「樋口新葉と坂本花織のフィギュアGPシリーズ」はこちら。

⇒2017年4月27日「三原舞依と樋口新葉が宮原知子を超える」はこちら。

⇒2017年2月18日「樋口新葉と三原舞依の順位・・・四大陸選手権」はこちら。

Copyright (c)2017 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!