日本勢は金4個、銀5個、銅4個を獲得

平昌オリンピック(平昌冬季五輪)が2018年2月9日から25日まで行われました。

⇒2018年3月7日「平昌五輪 国別メダル獲得数ランキング」はこちら。

日本選手の平昌五輪でのメダル獲得数は合計13個となりました。
ソチ五輪の8個、長野五輪の10個を上回り、冬季五輪では過去最多を記録しています。

選手と関係者の皆さん、大きな感動をありがとう!!!
(といっても、私は生放送も再放送もあまり見られませんでした。)

⇒2018年2月9日「平昌五輪メダル獲得予想、日本勢は金も総数も過去最多」はこちら。

◇金メダル:小平奈緒(スピードスケート女子 500m)
◇金メダル:睫敞帆、菊池彩花、佐藤綾乃、睫攤敍(スピードスケート女子チームパシュート)
◇金メダル:睫攤敍(スピードスケート女子マススタート)
◇金メダル:羽生結弦(フィギュアスケート男子シングル)

◇銀メダル:渡部暁斗(スキー・ノルディック複合ノーマルヒル個人)
◇銀メダル:平野歩夢(スキー・スノーボード男子ハーフパイプ)
◇銀メダル:小平奈緒(スピードスケート女子1000m)
◇銀メダル:睫敞帆(スピードスケート女子1500m)
◇銀メダル:宇野昌磨(フィギュアスケート男子シングル)

◇銅メダル:睛沙羅(スキー・ジャンプ女子ノーマルヒル個人)
◇銅メダル:原大智(スキー・フリースタイル男子モーグル)
◇銅メダル:睫敞帆(スピードスケート女子1000m)
◇銅メダル:吉田夕梨花、鈴木夕湖、吉田知那美、藤澤五月、本橋麻里(カーリング女子団体戦)

小平奈緒と睫敞帆の二人がお気に入り

私はすべての日本選手を応援しています。
が、今大会で個人的にとくに好きな選手はスピードスケートの小平奈緒と睫敞帆でした。
いい意味の「鈍(どん)」を備えた二人がお気に入り。
厳しさのなかにも純朴さが感じられます。

また、何色でもいいからメダルをつかんでほしいと心底願ったのがスキー・ジャンプの高梨沙羅でした。
残り二人を残して1位に立ち、表彰台が確定したときにはじーんとしました。

最終的に「銅」になりましたが、メダルを獲るのと獲らないのでは、自分はもちろん関係者やファンの気持ちがまったく違います。

⇒2014年2月16日「ソチメダル獲得数ランキング国別」はこちら。

東京夏季五輪人気チケットは入手困難か

2年後の2020年開催の東京オリンピック(東京夏季五輪)へ向けて弾みがつきました。

1964年開催の東京オリンピックは私が長野県の伊那中学校1年生のときです。
生きている間に2度も「東京五輪」を見られるとは夢にも思いませんでした。

チケットを入手できるかどうか分かりませんが、冥途の土産に日本勢の活躍が予想される1つか2つの人気競技種目を観戦したいものです。
(たいてい買い占められてしまいます。)

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!