低費用&高効率、一商談当たりコストが50〜90%低下!
オンライン商談システムによる営業代行サービスが登場
「対面商談」の非効率や空振りが大幅に減少!

和田創研は現下の経営課題となる「営業生産性向上」を支援するために、最先端のオンライン商談システムによる格安・簡易タイプの営業代行サービスを2018年10月15日にリリースします。

業種や規模はそれほど問いませんが、おもにルーティン系やルート系といった定期的な訪問、定型的な商談など、顔出し主体の顧客回りに適用できます。
また、一部のBtoC営業に適用できます。
さらに、資料請求など見込客対応、引き合いなどの新規顧客対応も可能です。

本サービスを利用することにより「対面商談」の非効率や空振りが大幅に減少します。

◆絶大なメリット

オンライン商談システムを利用した営業代行サービスのメリットは絶大です。

営業活動が不活発な会社では営業社員一人の1日の商談が1〜2件に留まります。
活発な会社でも足を運べるのは4〜5件が精一杯です。
それが8〜12件に跳ね上がったうえに、正社員の雇用コスト(諸経費を含む)の半分前後に収まります。
したがって一商談当たりのコストは50〜90%も低下します。
(既存の営業代行業者とも連携し、9か月ほどの試行錯誤を経て達成した数字です。)

本サービスでは大手企業での営業経験者、営業に強い在宅ワーカーも携わります。
トレーニングを積んでおり、誠実で丁寧な面談に努めます。

1.営業人件費削減
2.営業諸経費ゼロ
3.営業採用難解消
4.商談件数増加
5.顧客接触頻度向上
6.顧客満足度向上
7.営業収益性改善
8.在宅勤務(時短社員)制度導入⇒併用可能


2〜3年でオンライン商談に対するアレルギーはきれいに消えます。
9割近くに達した米国を追いかけるように日本でも爆発的に普及します。
実は、多忙な顧客もオンライン商談の「簡便性」を歓迎しはじめました。

◆中小企業こそ営業の見直しを!

経営環境の厳しい中小企業こそ販売・受注の見直しを急ぐべきです。
正社員の雇用コストと比べて、ほんのわずかな金額で始められます。
貴社都合・事情に合わせ、1か月〜3か年で切り替えます。
(正社員は高付加価値な案件営業に取り組むことができます。)

まずはお気軽な「テスト兼トライアル」をご利用ください。

「営業代行サービス 簡易・格安タイプ」

クライアント(受託先企業)の協力も得ながら改善とブラッシュアップに努め、平均で一商談当たりコスト80%低下を目指しています。

和田創研ホームページ

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!