羽生結弦は難度にも完成度にもこだわり
苦手のGPシリーズ初戦で勝利を目指す

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第3戦「フィンランド大会」男子シングル。
五連連覇の絶対王者・羽生結弦が出場します。
(この記事は11月2日にまとめました。)

羽生結弦はショートプログラム(SP)が「秋によせて」。
アメリカのジョニー・ウィアが2006年トリノ五輪前から用いていたそうです。
静かな曲に沿って美しさに満ちた演技を追い求めます。
フリースケーティング(FS)が「Origin」。
ロシアのエフゲニー・プルシェンコが2003〜2004年シーズに用いていたそうです。
当時、9人のジャッジ全員が芸術点で満点を出した伝説のプログラム「ニジンスキーに捧ぐ」の3曲から2曲を選んでいます。
重厚な曲に乗せて迫力のみなぎる演技を追い求めます。
(私はぼんやりですが記憶しています。)
二人のスケーターに敬意を表してのことでしょう。

羽生結弦は勝利を目指し、今季初戦のオータムクラシックから演技構成を変えました。
難度を高めながら、さらなる完成度にこだわりました。
飽くなき向上心を持っており、挑戦をやめようとしません。

オータムクラシックでは、SPは曲調に合わせようとしてステップとスピンが後半に集まり、ジャンプが前半に集まりました。
フィンランド大会では、最後の4回転トウループ―3回転トウループのコンビネーションを得点が 1.1倍になる後半に移しました。
それでも自分が表現したいことは譲れないと、音楽のアレンジと振り付けを見直しました。

FSは4回転ループ、4回転サルコウ、3回転ループ、4回転トウループ、後半に4回転トウループ―トリプルアクセル(3回転半)、3回転フリップ―3回転トウループ、トリプルアクセル―オイラー―3回転サルコウを跳びます。
疲れが出る後半の3本のコンビネーションは大変です。
また、ミスをしてもリカバーできないハイリスク・ハイリターンの構成です。
ちなみに、世界初の4回転トウループ―トリプルアクセルはオータムクラシックでは失敗しました。

羽生結弦はGP初戦が得意でなく、2010年「NHK杯」のGPデビューから昨年まで8年連続で優勝を逃しています。
はたして今シーズンはいいスタートを切れるのでしょうか。

category:羽生結弦ブログはこちら。

◆書き加え(11月4日)

SPはめどとしていた百点を超えられて、ほっとしたようです。
FSは勝ちにこだわった攻撃的な構成でした。

冒頭の4回転ループはこらえました。
羽生結弦が跳ぶたびに大歓声が上がりました。
例の4回転トウループは際どくトリプルアクセルをつけました。
SP106.69点、FS190.43点はどちらも世界1位です。
合計297.12点はもちろん世界1位となり、羽生結弦はGP初戦で初勝利を収めました。

ただし、本人が目標にしていたであろう3百点にわずかに及びませんでした。

ジャンプは全体的にあまり調子がよくありません。
気合なのか緊張なのか、表情も動きもかたいように見えました。
本人が演技を楽しむ余裕を持てなかったようです。

SPもFSも先輩に尊敬の念を込めつつ、自分のオリジナルの世界をつくりあげています。
並々ならぬ表現意欲を感じさせられます。

GP初戦ではほころびが出ていましたので、私は心配していました。
今シーズンはとくにFSが難しく、引き返せないプログラムでした。
それでも何とか滑り切りました。
本人は満足できなかったはずで、演技後の顔つきに出ています。

羽生結弦はシーズン中盤以降に調子を上げてくる選手という印象を持っています。
GPグランプリやオリンピック、世界選手権などの大舞台に照準を合わせているからでしょう。

私は、今シーズンの羽生結弦の演技を見て思いました。
この選手は行き着くところまで行き、崇高というより孤高の世界に挑まないとモチベーションを保てなくなっているのでないかと。
羽生結弦をここまで駆り立てるものは何なのでしょう。

◇◆◇

羽生結弦に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年11月4日「羽生結弦はけがなく、北京五輪へ試運転」はこちら。

⇒2018年2月21日「羽生結弦とオーサーコーチ、五輪3連覇への戦略」はこちら。

⇒2018年2月20日「羽生結弦、狙い澄ました平昌五輪金メダル」はこちら。

⇒2018年2月17日「羽生結弦、平昌五輪で人間業と思えない復活劇」はこちら。

⇒2018年2月16日「羽生結弦、うそみたいな絶好調で平昌五輪金メダルへ」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!