注目と期待が集まる山下真瑚
ノーミス演技ならGPファイナル進出か

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第5戦「ロシア杯(大会)」女子シングル。
GPシリーズ第2戦「スケートカナダ」で2位となった新星、山下真瑚が登場します。

山田満知子コーチの指導を受けた同門の浅田真央はシニアデビュー、2005年GPシリーズ初戦で2位となり、次戦で1位となりました。
(その勢いに乗り、GPファイナルで優勝を収めました。)
先輩と同じ道を歩むには、ロシア杯で勝たなければなりません。

山下真瑚は出発前に成田空港で取材に応じました。
スケートカナダ後は上半身の動きに迫力を出そうと肩甲骨などのストレッチを続けてきました。

GPシリーズ第4戦「NHK杯」で同学年の紀平梨花がフリースケーティング(FS)でトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を2度決め、男女を通じて日本勢初のGPシリーズ初出場初優勝の快挙を達成しました。
目覚ましい活躍をテレビで観戦し、刺激を受けたそうです。

ロシア杯には平昌五輪金メダリスト、アリーナ・ザギトワが出場します。
山下真瑚が胸を借りる一戦になりますが、オリンピックシーズンのような絶対的な強さが影を潜めています。
シニアデビューの15歳が勝たないまでも慌てさせられると大会も盛り上がります。

「スケートカナダの合計203.06点を上げていかないといけない」としつつ、「GPファイナルを意識しすぎてもいけない」と語っています。
山下真瑚が平常心で臨み、ノーミスの演技を見せられれば2位に入るかもしれません。
ならば、GPファイナル進出が濃厚です。

しかし、大きな注目と期待が集まり、重いプレッシャーがかかりますので、スケートカナダみたいに無心で滑るのは簡単でありません。

怖いもの知らずで、のびのびとやってほしい。
はたして得点は? 順位は?


category:山下真瑚ブログはこちら。

◆書き加え(11月17日)

私はあす日曜日から出張になり、その前に片づけなければならないデスクワークに追われています。
午前3時を回ったところで、ウェブに山下真瑚のショートプログラム(SP)の得点が表示されました。
スケートカナダの 66.30点から急降下の 51.00点です。
映像を見ていないので、何が起こったか分かりません。
緊張に押しつぶされてしまったのでしょうか。
残念ながら、表彰台に上るのは絶望的な点差になりました。

開き直ってFSを滑れるかもしれません。

◆書き加え(11月17日)

山下真瑚はミスを連発しました。
3回転ルッツ−3回転トウループのコンビネーションはルッツで後ろに傾いて手をつき、トウループを跳べませんでした。
ダブルアクセル(2回転半)は回転不足、後半の3回転フリップも転倒しました。
つまり、ジャンプが壊滅でした。

スケートカナダ後に体調を崩したり、新調した靴が足に合わなかったりし、練習不足で今大会に臨みました。
本人によれば、緊張でなく「不安」を感じていました。

FSも後半の体力が心配だそうです。

◇◆◇

山下真瑚に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年11月6日「山下真瑚、ロシア杯2位でGPファイナル進出へ」はこちら。

⇒2018年11月2日「山下真瑚は一生懸命さが伝わってこない」はこちら。

⇒2018年11月1日「山下真瑚と村上佳菜子、女子フィギュア新星の鮮烈デビュー」はこちら。

⇒2018年10月27日「山下真瑚はスケートカナダで表彰台へ、ブレイクの予感」はこちら。

⇒2018年3月14日「山下真瑚がフィギュア世界ジュニアで銅メダル」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!