GPシリーズ最終戦へ高まる緊張と重圧
紀平梨花はメドベージェワ超えの 230点台

フィギュアスケート女子シングルの紀平梨花。
シニア1年目です。
グランプリ(GP)シリーズ第4戦「NHK杯」のフリースケーティング(FS)では、ショートプログラム(SP)5位から巻き返し、胸のすく逆転優勝を収めました。

「自分のほぼ最高の演技ができた」。
そう振り返った紀平梨花はSPで転倒したトリプルアクセルをFSで2度決めました。
冒頭のトリプルアクセル−3回転トウループのコンビネーション、次の単独トリプルアクセルを決め、それぞれに2〜3点のGOE(出来栄え点)がつきました。
これだけで25〜26点はルール改定後でも強力な得点源です。
きっとした表情で跳び、ひらりとした姿勢で降りるトリプルアクセルはありか(←なんちて。)

FSで154.72点を記録し、合計224.31点を叩き出しました。
GPシリーズ第5戦「ロシア杯」で平昌五輪金メダリスト、地元のアリーナ・ザギトワが記録した合計222.95点を上回っています。

しかも紀平梨花は強みがジャンプに留まりません。
おもに表現力を示す「演技構成点」でもすべてが8点台であり、 67.55点でした。
ちなみに昨シーズンにGPシリーズ「中国大会」でシニアデビューを果たしたアリーナ・ザギトワは 68.35点でした。
こちらでも世界のトップクラスとあまり遜色がありません。

トリプルアクセルを代名詞とし、トリプルアクセルを着氷できなくなって引退したスーパーヒロイン・浅田真央の後継者として一気に注目と期待が集まりました。

さて、紀平梨花はいよいよGPシリーズ第6戦「フランス杯」に出場します。
平昌五輪銀メダリスト、ロシアのエフゲニア・メドベージェワと激突します。
最終戦ですので、表彰台に上ればGPファイナル進出が確定します。
本人はそこまで考えていなかったとのことですが、「チャンスが出てきたので狙っていく」と力強く語りました。

私自身はここでも1位になると考えています。
少なくともエフゲニア・メドベージェワと互角に戦えます。
武器となるトリプルアクセルをクリーンに着氷でき、ミスをなくせれば 230点に届く可能性は十分です。
ロシアのメディアも「エテリ・トゥトベリーゼコーチの教え子に勝つ」と脅威を報じています。
アリーナ・ザギトワのほか、14歳のアレクサンドラ・トルソワが含まれます。

紀平梨花は身体能力が群を抜きます。
メンタルの強さが備わっていれば、高度なスケーティングスキルも本番で生かせます。
トリプルアクセルの先駆者の伊藤みどりは「軽やか。回転軸のつくり方で効率のいい跳び方をしている」と指摘しました。
だれが跳んでも成功率がなかなか安定しないトリプルアクセルですが、それを自分のものにしつつあります。
緊張や重圧に打ち克つことができれば、そして無欲で滑ることができれば、結果はかならずついてくるでしょう。

遠からず何らかの壁にぶち当たるはずですが、それを乗り越えた暁には世界の頂点に君臨する逸材です。
私はフランス杯の開催が待ち遠しい。

category:紀平梨花ブログはこちら。

◆書き加え(11月21日)

ウェブに、開催地のグルノーブルに到着した紀平梨花と三原舞依のツーショットが載っていました。
紀平梨花はややこわばった笑顔、三原舞依がVサインのポーズです。
こういうところにも二人の性格の違いが出ているのかもしれません。

◆書き加え(11月23日)

SPの滑走順です。
本田真凜が5番、紀平梨花が6番、舌を噛みそうなスタニスラワ・コンスタンチノワが9番、三原舞依が10番、エフゲニア・メドベージェワが12番(最終)です。
本田真凜は気楽に滑れます。
紀平梨花が高得点を出すと、エフゲニア・メドベージェワにプレッシャーをかけられます。

テレビ朝日は土曜日の日中に再放送をやってほしいですね。

◇◆◇

紀平梨花に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年11月14日「紀平梨花はフランス杯 230点超え、メドベージェワ撃破も」はこちら。

⇒2018年11月13日「濱田美栄コーチは胸中複雑、紀平梨花が宮原知子に勝利」はこちら。

⇒2018年11月12日「紀平梨花はエキシビションで女王のオーラ」はこちら。

⇒2018年11月9日「16歳紀平梨花はNHK杯で16歳浅田真央に並ぶ」はこちら。

⇒2018年11月7日「紀平梨花、GPシリーズNHK杯で高得点へ」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!