体形変化と体重増加に直面する16歳
が、紀平梨花はモノが違う

フィギュアスケート女子シングル、米国のアシュリー・ワグナーが紀平梨花の2022年北京五輪における金メダル獲得に太鼓判を押したという情報をウェブで見つけました。
ツイッターを更新し、「リカがオリンピックチャンピオンになる。いまから言っておきます」と予言しました。
私みたいなド素人と違い、彼女は豊富な経験を持つベテラン選手ですので、見る目は確かでしょう。

シニアデビューにもかかわらず、フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズの第4戦「NHK杯」と第6戦「フランス杯」で連続優勝を成し遂げた見事な滑りを見れば、私だってそう思います。
前者では爆発力を、後者では冷静さを感じました。
この選手は強いだけでなく賢い。
2006年トリノ五輪の荒川静香に続く、日本女子2人目の快挙が楽しみになります。

紀平梨花は現時点で限られた選手しか決められないトリプルアクセル(3回転半)を武器としていますが、表現も含めた総合力で戦えます。
しかし、採点ルールの改定後でも高難度ジャンプが得点に占める比重は依然として大きい。

紀平梨花は16歳の高校1年生であり、女性特有の体形変化や体重増加が顕著に現れる時期に差しかかっています。
その度合いも時期も個人差が大きいはずです。

影響を受けない選手もむろんいます。
例えば、宮原知子は4年連続で全日本選手権を制しており、しかも年々着実に成長を遂げています。
しかし、高難度ジャンプが跳べなくなる選手、高難度ジャンプを跳びにくくなる選手もいます。
例えば、浅田真央はジュニア時代のように軽々、くるくると回れなくなりました。

ロシア勢のオリンピックでの活躍を眺めれば察しがつきますが、中学生から高校1年生くらいがもっともジャンプで点数を稼ぎやすい。
率直に言えば、成長期に入る前の15〜16歳の選手に勝たせようとしています。
(この国の選手寿命は極端に短い。)

紀平梨花は体幹がとても強いので、ちょっとした体形変化ならおそらく乗り越えます。
なかでもNHK杯のフリースケーティング(FS)で見せた圧巻の滑りを磨いていけるという前提に立てば、北京五輪で金メダルをつかめそうです。
この選手は「才能」にも恵まれています。
努力だけであのスケーティングを身につけるのはムリです。

シニア1年目の紀平梨花には「勢い」を感じます。
が、目覚ましい活躍を来シーズン以降も続けられるかどうかは予想がつきません。
私はシニア2年目、3年目の失速を見てきました。

それは承知のうえで、紀平梨花にはオリンピックで表彰台の真ん中に立つのにふさわしい「輝き」が備わっていると思います。
ストレートな言い方になりますが、この選手はモノが違う。

(2018年11月28日執筆)

category:紀平梨花ブログはこちら。

◇◆◇

紀平梨花に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年11月27日「紀平梨花、音を「筋肉」で感じ取り再現する才能」はこちら。

⇒2018年11月26日「紀平梨花は頭もいい、超新星は超クール、GP連勝は当然」はこちら。

⇒2018年11月24日「紀平梨花は顔もいい、ロシア勢も止められない強さ」はこちら。

⇒2018年11月22日「紀平梨花、トリプルアクセル成功でGPファイナル確定」はこちら。

⇒2018年11月14日「紀平梨花はフランス杯 230点超え、メドベージェワ撃破も」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!